5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【VS】ジョジョの奇妙な東方Project 7【クロス】

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/27(日) 02:06:59 ID:FNZDM6Sz
part6
http://anime3.2ch.net/test/read.cgi/anichara/1214213069/
part5
http://anime3.2ch.net/test/read.cgi/cchara/1211408891/
part4
http://anime3.2ch.net/test/read.cgi/csaloon/1210432541/
part3
http://anime3.2ch.net/test/read.cgi/csaloon/1206340134/
part2
http://anime3.2ch.net/test/read.cgi/csaloon/1200662990/
part1
http://anime3.2ch.net/test/read.cgi/csaloon/1187114387/

ジョジョの奇妙な東方Project避難所
http://jbbs.livedoor.jp/otaku/11393/

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/27(日) 06:19:17 ID:4WBfQ0Id
>>1
       ,,vwv,
      ;''rー-、;      ,wwv,、
      6!ー,、-;!     ミ   ミ
     _,ィト、=ノ      ミr'_""_ミ スレ立て乙、褒美に栓しといてやるよ
   ,-'" (_ヽ ̄ノ)"'ー、 ___,ィ! = , =;、_
  /    Y'r-;  |'"_,!_ヽ= <ヽ_ヽ        /
  |  i    .!_,!/  ̄    ̄"`ヽ  ̄`ヽ、    /
  L_| _, - ' ""           ヽ    \,.、/
 _, !- ' "                |   _,....\\__/
'"       i              トー'""   `,ー-'
        !             ノ ̄`>   /ヽ、
       /             /、_i_/  /   \
     /              /ハ `ー"      \
 |、_/              /  \
 | /              /     \


3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/29(火) 00:00:51 ID:KE1HLQJW


4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/29(火) 00:55:04 ID:dFAW22Jx
とりあえず乙。

5 :名無しかわいいよ名無し:2008/07/29(火) 08:35:50 ID:5sYCORRS
>>2がスレたてしたんだろ。

6 :名無しかわいいよ名無し:2008/07/29(火) 08:36:36 ID:5sYCORRS
しかし>>2は相当な暇人なんだな。

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/29(火) 09:23:23 ID:JCgbXP89
>>1

だがスレ立てるのはちょいと早すぎるんじゃあないか?

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/29(火) 14:59:08 ID:Z84DHTXY
>>7
もう容量オーバーしているっぽい

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/29(火) 19:24:25 ID:pLACM2Nt
>>1
しかしお前・・・避難所とかで言ってからスレ立てしような?
しかもテンプレ無いし・・・

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/30(水) 02:13:28 ID:Y9NVA+lo
フランの能力と、カーズの再生能力ってどっちが勝つかな?

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/30(水) 08:12:10 ID:U4fqqKFn
>>10
何を言ってるんだどッ!お前!
能力と再生能力じゃあ比べようがないど!
理解不能理解不能

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/30(水) 09:51:26 ID:ZHHZ7XXK
まあ、究極カーズは破壊されてもそこから新生物を生み出せる強みがあるし
再生力も霧化を除けば、東方吸血鬼は蝙蝠一匹はいるから、柱時代で1cm四方に切り取られない限り活動停止しない分、耐久力は確実にカーズ
究極時には生命生み出せるから、脳の弱点も無いだろうし
戦えばどっちが有利かって点でも、破壊したらヤバイ肉片飛び散るわ、殴り合い挑めば波紋で消滅させられるわ、ヘタすれば波紋帯びた生物飛ばしてくるかも知れない等
フランには著しく不利だと思われる。カーズも反応割と良い方だし

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/30(水) 10:32:48 ID:F0Dh/NKc
フランの能力相手じゃさすがに無理があるんじゃないか?
血一滴残らず消滅させるって事は分子レベルで破壊してるに等しい。
流石にそこまでされたらカーズも再生できんだろう
溶岩に落とされたぐらいで危機かんじてプロテクト作るレベルなのに


14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/30(水) 10:51:16 ID:pwdmBEt6
溶岩に落とされたぐらいでって…
漫画だからあれだけど、東方でも溶岩に浸かって平気な奴なんて一部の上位妖怪くらいじゃないのか?

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/30(水) 11:29:25 ID:Y9NVA+lo
>>13
血一滴残らず消滅させた事なんてあったっけ?

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/30(水) 11:44:25 ID:F0Dh/NKc
>>14
溶岩に落ちたぐらいで危ないような再生能力じゃフランの能力と張り合うのは無理ってこと

>>15
おまけtxtか求聞に
「血を吸おうとしても一滴残らず〜」ってのがあった





17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/30(水) 14:17:53 ID:ZHHZ7XXK
この場合、見るべきはカーズの再生能力の方だろう
溶岩の場合は岩圧と熱の両方が常にかかり続けるが、フランドールは花映のラスト曰く、物体の目を攻撃して崩壊させてるから
超威力の単発攻撃として処理した
後、その描写では血の一滴云々とは矛盾するが、其処は襲い方を知らないでFA
根本的にカーズは対衝撃能力に関しては大気圏突破クラスと、能力を使うか、熱を使った攻撃以外はいくらフランでも通せないし
その上でカーズを一発で消滅させられるか?

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/30(水) 14:56:02 ID:F0Dh/NKc
いや、カーズだって不死とはいえ一つの「物体」だろ?
フランの能力が
「対象の急所を自分の手の平に移動させ、それを握ると対象は破壊される」
と書かれてる以上カーズの体を破壊するのなんて容易
でもそれだけじゃカーズは死なない。
「一滴の血の残さず吹き飛ばす」と描写されてるから手に負えないと言っているんだ

あと花映にフランでて来るってほんと?
花映だけは未だにプレイしてないんだよなぁ

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/30(水) 16:40:09 ID:ZHHZ7XXK
EDでちらっと出るだけだったはず

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/30(水) 16:45:37 ID:F0Dh/NKc
ま、まじか……


21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/30(水) 17:28:36 ID:ZHHZ7XXK
ゴメン嘘ww
文花帖が正解

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/30(水) 19:00:30 ID:RwwEE5sS
一滴の血を残さず消されたら何も無い状態から復活すればいいじゃないby蓬莱人

23 :老化の目と境界の少女:2008/07/30(水) 22:18:22 ID:gebcz1DO
どうも、イルーゾォを書いてた人です。
プロシュート兄貴のドキドキ日本でのはじめてのおつかい編、一時間後に投下します。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/30(水) 22:19:04 ID:YDvGYOYq
C-EEENだ!皆C-EEENするんだ!

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/30(水) 22:28:59 ID:RwwEE5sS
ヒャッハー!投下だぁ!
このタイトルは・・・ゆかりん逃げろぉおおおおおおおおおお!

26 :老化の目と境界の少女:2008/07/30(水) 23:26:08 ID:gebcz1DO
「う・・・・うぉぉぉぉぉぉぉ・・・・・・。」
電車から降りたプロシュートは呻いた。
彼が映姫に言われた入り口から出ると、
彼が電車に乗ったのは、七時半・・・そう、つまり通勤ラッシュの時間帯だった。
「ジャ・・・ジャッポーネは平和ボケした国だと思っていたが・・・・、日常生活にこんな試練があるとは・・・・・。」
基本、外国で満員電車と言う現象があまり起こらないのは窃盗やスリを警戒してだと言われている。
だから満員電車と言う現象はある意味平和ボケと言うか人の和を大事にするといった日本的な観念によるものである。
彼は駅から出る、電子カードでピッ!!と改札を通り抜ける。
「おぉ・・・・・・・・・・・。」
その快感に、思わず彼は感嘆の声を上げる。
始めから都会に住んでいる人には解らない快感である。
そして彼はそこそこにぎやかな駅前へでた。
高層ビルではなく、並んでんでいるのは5、6階ほどの高さのテナントビルが立ち並び、十階以上あるのはおそらくマンション程度。
そんな日本全国どこにでもありそうな駅前に彼は立っていた。
そしてプロシュートは、協力者との集合場所である駅前の噴水のある広場へ向かった。
「暑いし・・・、何より湿気が多いな・・・。」
彼は何か飲み物を買おうと、自販機の前に立つ。
日本のこういった機械はとにかく信用が置けると、メローネが言っていた事を思い出す。
『すごいんだぜ!!ジャッポーネの機械は!!自動販売機は100%おつりが正確に出てくるし、万引き防止の機械は本当にその時しか鳴らないんだぜ!!』
そんな事を思い出しながら、プロシュートは自販機の前に立つ。
だが、ここで問題が起こった。


27 :老化の目と境界の少女:2008/07/30(水) 23:27:32 ID:gebcz1DO
彼は日本語を『理解』出来るようになっている。
それは日本語を使い魔のルーンの力で翻訳しているとか王様に麒麟に選ばれたから自動翻訳されると言うのとは訳がちがう。
日本語を聞いてその意味をそのまま日本語で理解しているのだ。
おかげで始めの頃はイタリア語と日本語がごっちゃ混ぜになり、自分がどっちで喋っているのか解らなくなったり、イタリア語で会話している中に日本語の単語が混じったりしたものだ。
挙句の果てに混乱したリゾットがシチリア語で話し始めた事もあった。
まぁ、そんな余談はどうでもいい。
ここで、プロシュートにとって問題なのは、『どれが一体どう言う飲み物なのか?』といった事だった。
「えーっと・・・?こりゃ多分コーヒーだよな?・・・カルピスって何だ。」
困ったプロシュートは、隣でジュースを選んでいた少女に話しかける。
「あー・・・・、スミマセン。ちょっと聞きたい事があるんだが・・・・。」
すると少女は驚いてプロシュートの方を向く。
大きなリボンのついた帽子を被った、茶色のロングスカートの少女だった。
「は・・はいっ?!あ・・・I can understand Engli・・・・。」
「大丈夫だ。日本語分かるから、ちょっと教えて欲しいんだが・・・・・。」
そう言ってプロシュートは少女を落ち着かせる。
「実は日本語は分かるんだが、何せ来たのは初めてだから飲み物が良く分からなくてな・・・・、時間があったら説明してくれないか?」
「は・・・・はい。」
「Grazie!」
少女はまだ多少呆けていたが、彼の頼みを了承した。


28 :老化の目と境界の少女:2008/07/30(水) 23:28:10 ID:gebcz1DO
少女に説明を受けたが、結局プロシュートは缶コーヒーを購入した。
乳酸菌殺菌飲料なんて言われても誰も良く分からないし、甘い物はあまり飲みたくなかったからだ。
「・・・・・・・意外といけるな、アメリカで飲んだコーヒーより数倍マシだ。」
噴水の横に設置されているベンチに座りながら、プロシュートはぼやいた。
任務でアメリカに行ったとき、飲んだコーヒーは酷かった。
何でそこら辺で打っているコーヒーがあんなにもひどい味になるのだろうか?
ミーン、ミーンというセミの声が、いかにも夏だと言う雰囲気を駆り立てる。
遠くで、景色が揺らめく。それがさらに気温が高い事を実感させた。
「あ・・・あの、すいません。奢ってもらっちゃって・・・。」
その横には先ほどの少女が座っていた。
手にはプロシュートが奢った紅茶の缶が握られていた・
「構わねぇよ、どうせアンタも待ち合わせなんだから、ちょっと話し相手になってくれや。」
リラックスしまくっているプロシュートに比べて、少女はカチコチに固まっている。
いきなり男性、しかも外国人、それも美形の部類に入るプロシュートが相手である、彼女の親友が外国人だとしても、緊張するのは当然だ。
「ににににに・・・日本語お上手ですねっ?!」
「あぁ、会社に日本人が多くてな、そいつらに教えてもらったんだ。」
余裕でペラペラと、口から出任せを言うプロシュート。
あまりこちらの事を探られないために、彼は話題を少女に転換する。
「そう言うあんたは学生さんか?学校は大丈夫なのか?」
「あ、今は夏休みなんです。」
「へぇ、てぇことは確か・・・試験があるんだけっか?」
「はい!だからこの間まで大変だったんですよー。サークル活動も全く出来ないし。」
少女も話している内に緊張が解けてきたのか、徐々に表情が柔らかくなる。



29 :老化の目と境界の少女:2008/07/30(水) 23:29:01 ID:gebcz1DO

「サークル・・?」
「はい!!秘封倶楽部・・って言う・・・。」
「ヒホークラブ?」
「あ・・えーっとですね・・・、なんて言えばいいのかなー?」
活動をどうやって、目の前の外国人に言えば説明すればいいか、少女は悩む。
「都市伝説と、民族伝承を実際その土地に言ってみて研究するサークルです。」
「・・・・よくわからねぇがすごいな。」
プロシュートは正直な感想を漏らした。彼にはまったくもって少女の説明が理解できなかった。
「あはは・・・あ。」
少女は駅の改札口を見ると、声を上げた。
「お、来たのか?」
「はい!」
プロシュートも駅の方を見る。
すると、写真で見た彼の待ち人もこちらに歩いてきていた。
「おぉ、俺もきたわ。おーい。」
そして、二人はほぼ同時に声を上げた。
紫色の服をきた、金髪の少女を見て。

「メリー!!」
「ユカリ!!」

次の瞬間、パァンと何かが弾けた音がした。

30 :老化の目と境界の少女:2008/07/30(水) 23:30:06 ID:gebcz1DO
「あ・・・・・・・・・・・?」
気がつくと、プロシュートはベンチに座っていた。
その前には、日傘をさした少女が、微笑みながら座っている。
「あらあら、よくこんな暑いところで寝ていられるわね。」
クスクス・・・・・と少女が笑う。
まだハッキリとしない頭で、プロシュートは少女に問う。
「あんた・・・、リゾットの言ってたユカリって女か?」
「えぇ、八雲 紫よ。ゆかりんってよんでね。」
「・・・・・おう、ユカリン。」
「本当に呼んだ?!・・・・・・・ちょっと、シャキっとなさい。」
そう言って紫は、まだ覚醒しきらないプロシュートの顔によく冷えた紅茶の缶を当てた。
「冷たっ?!何すんだ、てめぇ!!」
その冷たさに驚いて、一気にプロシュートの目が覚める。
「寝ぼけていたようだから目を覚まさせてあげたのよ。」
プロシュートは少し不機嫌になりながら、ベンチから腰を上げた。
ひざの上に乗っていた空のコーヒー缶が軽い音を立てて地面に落ちる。
「・・・そうだ、あんた、さっきまでここにいた女の子知らないか?リボンのついた帽子にロングスカートって格好だったんだが・・・・。」
頭を掻きながら、プロシュートは辺りを見渡す。
「見てないわ、夢でも見たんじゃないの?」
そう言って、紫はプシュっと缶を開ける。
その表情は日傘に隠れて、よく見えない。
「駄目ねぇ、あなたはもう人間ではないのだから、気をつけなくては。
 まったくあなたといい香霖堂の店主といい、男の人って迷い込みやすいのかしら。」
「・・・・何か言ったか?」
「別に、独り言ですわ。さぁ、行きましょう。」
紅茶に少し口をつけて、紫はゆっくりと歩き出した。


31 :老化の目と境界の少女:2008/07/30(水) 23:32:40 ID:gebcz1DO
うん、ごめん。ゆかりん最後にしか登場してないね。
でも脳内兄貴のテーマが「天空のグリニッジ」だったから蓮子と絡ませたかったんだ。
兄貴のお使いは、まだまだ続く。

どうでもいいけどあれから家中の洋楽CDをひっくり返してソルべとジェラートのスタンドを考えた。
能力が被ってないかビクビクしたけど、マジオとグェスの事を思い出したら気が楽になった。

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/30(水) 23:51:32 ID:YDvGYOYq
乙!
まさかの蓮子出演w
ゆかりん…何を隠しているんだ?気になる

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/31(木) 00:07:20 ID:edRM1vwT
GJ!
プロシュートのイタリア男っぷりが良く出てるwww
そして麒麟云々の所で「泰麒 泰麒 泰麒よォ〜、オレはオメーを信じてるんだ 」って励ますプロシュート王を受信したwwww

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/31(木) 00:21:37 ID:aLPFoXUM
>>32
まあ知ってると思うが
メリーとゆかりんには何かしらの関係があってだな
同一人物説だの夢の世界の産物だのと色々ある訳で

35 :東方星波紋:2008/07/31(木) 08:05:27 ID:jZv/1TKe
 一時間三十分後ぐらいに投下します。
 >>31
 避難所でも言ったけど投下乙。

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/31(木) 08:31:12 ID:de1n0QfV
ゆっくりしていってね!!!!!

37 :東方星波紋:2008/07/31(木) 09:25:55 ID:jZv/1TKe
投下開始・・・

 東方星波紋
  第15話 ジョジョの奇妙な緋想天―D―
  
   ―――八坂神社―――
   
    「ん?参拝客・・・承太郎!?お前も来ていたのか!?」
    
    「・・・誰だテメーは、何故俺の名前を知っている」
    
   いきなり剣呑な雰囲気・・・承太郎はスタープラチナを構えている。
   男の方は、スタンドが見えている様子だが、何処か焦っている。
   
    (まずい・・・今、【キラークイーン】は能力を使えない・・・まずすぎる・・・)
   
   閻魔に奉仕活動を言い渡された時に、スタンドこそ封印されなかったものの
   その能力は封印された。
   言うまでも無く、この男は吉良吉影・・・よりによって奉仕活動先が早人のいる
   八坂神社などとは、やはり引力の関係なのか。
   そうこうしている内に、神社から三人・・・ではなく、三柱現れた。
   その内の一柱はカーズの姿を見るなり泣きながら奥へと引っ込んだ。
   
    「やめな承太郎・・・その男はあんたの時間軸で言うところの未来で
     出会った男なんだ。だから、あんたの名前を知っているんだよ」
   
   八坂神奈子が弁解を出す。吉良はほっとした表情となったが、
   まだスタープラチナを見ている。
   
    「・・・そうか、いきなり済まなかったな・・・ところでスタンドが
     見えていたようだが・・・俺にとって敵か?味方か?」
    
    「あー、それは流石に言えないなー」

38 :東方星波紋:2008/07/31(木) 09:27:19 ID:jZv/1TKe
   承太郎の問には諏訪子が答える。未来に出会う人物とはいえ、
   いや、だからこそ言わないように思えた。
   根っからの悪人に慈悲は無いと思うのだが・・・
   流石に普段、仗助やら早人やらにタコ殴りにされていては
   可哀想だという気持ちもあるのだろう・・・因みに早人自身が
   危険無しで殴れるのは、彼自身がスタンド能力を身につけたからだ。
   その影響となったのがバイツァ・ダストとなったのは何の皮肉か・・・。
   勿論、すぐに発現したわけではなく、数年経って発現したらしい。
   今はそのスタンドについては割愛する。
   
    「・・・そうか、気になって夜も寝られやしなさそうなんで聞きたかったんだが・・・
     未来の人物ならしょうがないな・・・」
   
   因みに、承太郎の視点で見ると全員未来の人です。
   DIOやカーズも含めて(住んでいる時間上)。
   
    「ほう、そのような事は関係ないな」
    
    「んっんー、そうだな。我らが知りたいのは只一つ」
    
    「「貴様は輝夜とのカップリングは何派だ」」
    
    「「「お前ら、自重しろーーーー!!!!」」」
    
    「わはー」
   
   承太郎・ディアボロ・幽香が同時に突っ込む。るみゃは諏訪子を食べようと追跡中。
   混沌としてきた雰囲気・・・ラスボスの威厳は何処へといった?
   
    「輝夜×鈴仙だろ?何を言っているんだ?」
   
   コイツは元から変態なんだよという顔で承太郎を見る神様二人。
   五部ボス以外変態とはなかなかシュールだ。
   一人は元々変態なのだが・・・今も「幻想郷手首図鑑」なんて代物を持っていますし・・・
   
    「それでここに来た訳かい」
    
    「大変だねー、まあ敵対神社だからどうでもいいけど」
   
   ここに来た経緯を説明する。
   どうやら、ここには原因は無いようだ。
   それもその筈、気質は更に上の方へと流れているのだ。
   
    「やはり天界か・・・」
    
    「という事は、犯人は天界人なのかー・・・くす」
    
    「ん?」
    
    「わはー」
   
   リボンが微かに光り、怪しく笑うルーミア。
   承太郎だけが気がつき振り向いた時には、いつもの通りのルーミアだったので
   特には気には止めなかった。

39 :東方星波紋:2008/07/31(木) 09:28:37 ID:jZv/1TKe
    「しかし空か・・・無理じゃないか?」
   
   ディアボロの発言、確かに普通の人間は空高い場所は無理だろう。
   だが・・・
    
    「このオレは飛べるが?」【あらゆる生命の特徴持ち】
    
    「時を止めれば可能だが・・・止めなくても平気だな」【OVAやら何やら参照】
    
    「元から飛べるのかー」【妖怪はデフォルト】
    
    「簡単じゃないの」【上に同じく】
    
    「浮いた存在だからな」【幽霊】
    
    「あたしらも飛べるしねー」【神様も飛べるー】
    
    「跳躍なら簡単だが」【原作でも凄い高さを跳躍してた】
    
    「・・・オレがおかしいのかこの場合」【ラストバトルで飛んでなかった?】
   
   大丈夫です。あなた以外全員人外ですから(承太郎除く)。
   というよりも・・・
    
    「仕方が無い、このカーズが運んでやる」
   
   他の人に運んでも貰えば無問題。
   そして、承太郎は幽香が運ぶ事となった。
   
    「よし、吉良。あんたも行きな」
    
    「何故だ?自ら好んでトラブルに巻き込まれたくないのだが・・・」
    
    「もうすぐ、仗助達が来る・・・」
    
    「よし待ってくれ承太郎私も行こう」
    
    (句読点なし・・・よっぽどボコボコにされるのが嫌なんだな)
   
   こうして一同は天界へと向かう事となった・・・が
   
    「おい、何か梯子が架かってないか?」
    
   見るからに頑丈そうな梯子が掛かっていた。
   しかも張り紙までしてある。
   【飛べない方専用:T・Hより】
   
    『・・・・・・・・・』

40 :東方星波紋:2008/07/31(木) 09:29:16 ID:jZv/1TKe
   何がしたいんだこのT・H、飛べない奴は運んで貰えばいいんだから
   架ける必要性無いだろ・・・。
    
    「・・・可哀そうだから昇ってあげましょ」
    
    「ふう・・・時間が掛かりそうだな」
    
    「フルボッコよりマシだフルボッコよりマシだ・・・」
    
   【変態と言う名の変態:吉良吉影がパーティIN!】
   こうして多大な数の変態を従え、承太郎とディアボロの苦悩は増えた。
   ゆっくりとわざわざ掛かっている梯子を昇りながら・・・
   因みにこの時には、全員の気持ちが一つになっていた。
   
    (この異変起こした奴に死よりも恐ろしい鉄槌を・・・)
   
   その頃霊夢は射命丸文と戦っていた。
   そして、中ボス位置についている竜宮の使いは、何らかの空気を読んで
   コップやら飲み物やらタオルやら簡単な食事やらを用意していた。
   
                   to be continue
   
   個人的に天子は
   アホの類(Hとほぼ同等)だと思う。

41 :東方星波紋:2008/07/31(木) 09:31:54 ID:jZv/1TKe
     嘘予告
   
   梯子を上り、辿り着いた先には竜宮の使いが待っていた。
   その者の能力は空気を読む程度の能力・・・
   そして、雷を使う能力。
   雷を纏い攻撃を仕掛けてくる衣玖の前に時を止める能力すら
   無力と化す。
   供給源ほぼ無限の雷の空間、果たして承太郎達に勝機はあるのか!?
    
          そんなに持続力無いって(笑)
          まあ、嘘ですし・・・NGへ移行します。
          吉良はやはり変態になった・・・

42 :東方星波紋:2008/07/31(木) 09:33:27 ID:jZv/1TKe
    NGシーン
   
   見るからに頑丈そうな梯子が掛かっていた。
   しかも張り紙までしてある。
   【天界に昇る方専用、飛んでくる馬鹿なんていないでしょ?:T・Hより】
   
    『・・・・・・・・・』
   
   承太郎は無言でスタープラチナに双眼鏡を持たせ、上を向き、探らせる。
   幽香はゆっくりと元祖マスタースパークを構える。
   ルーミアもレーザーを構えて上の方に集中する。
   他の人物達も、河童が神社に置いていった武器を手に天を見据える。
   
    「あれ?何この雰囲気?・・・まあ、届くかもしれないけど見つからないし。
     あ、衣玖に避難しなさいって言っておかなくちゃって、大丈夫か空気読めるし」
   
   天界ではその様子を暢気に天子が見ていた。
   その下では・・・
    
    ≪梯子を架けたのは斜め上にいる方です≫
   
   空気の読める衣玖さんが、期待を裏切らずに天子の方向へと
   看板を向けて立っていた。承太郎はその看板を見つけると
   すぐさまにその方向へと双眼鏡を向ける。
   微かに人がいるように見えた。
   全員に指示を出し、自身も武器を構える。
   
    「あれ?何か全部コッチに照準が向いてる・・・?
     もしかして、見つかった」
   
   YES!YES!YES! Oh My god!
   
    『発射!!!!』
   
   全弾、天子の方向へ・・・
   
    「え・・・私死んだこれ\(^0^)/」
   
   ピチューン・・・
   比那名居天子:完全自業自得・・・敗北
   

   東方星波紋
   ジョジョの奇妙な緋想天・・・完
                      アホやった・・・反省しない

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/31(木) 12:25:30 ID:dZ4qVlBZ
ID:jZv/1TKeのスタンドデータ

スタンド名:『ボングジラ』

破壊力:D  スピード:A  射程距離:C
持続力:A  精密動作性:E  成長性:A
群体型  条件発動  自由操作型  精神変化系

● 貴方のスタンドの能力値に近いスタンド ●
ラブ・デラックス 破:B ス:B 射:C 持:A 精:E
ブラック・サバス 破:E ス:A 射:A 持:A 精:E

● 貴方のスタンドの能力分類に近いスタンド ●
デス・サーティーン 人型 条件発動 自由操作型 精神変化系 
オシリス神 人型 条件発動 自由操作型 精神変化系 
アトゥム神 人型 条件発動 自由操作型 精神変化系 
マリリン・マンソン 人型 条件発動 自由操作型 精神変化系 


44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/31(木) 18:09:22 ID:mlrVz3EX
吉良よ。デッドマンの仕事はどうした。


45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/31(木) 18:39:59 ID:qW8iY85f
乙、吉良が悲惨すぎるがそんな吉良のためにあるような図鑑誰が作ったんだ
ワムウ(´・ω・`)

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/31(木) 21:16:56 ID:3myQ8yKP
>>31,>>42
二人とも避難所のほうの投下も乙ですよ〜

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/01(金) 21:53:00 ID:pBlkoYjq
                                   ィ⊃ ∵
                                   じ        :∩
                           ⊂ヽ              ヽヽ
                             ):)      :∩       `J
                             じ       :ヽヽ
                     :∩ ∴             じ ・∴゚
                      ヽヽ                          ⊂ヽ
                       じ         :∩                 :):)
                ゚∩              :ノノ ゚                し′
     ,,------ 、      ノノ              ∪           ∩
    /: ____▽,,,,,,_ヽ    。:∪・      ⊂ヽ                  ノノ           ∩
   } i:ェェヮi ト.ェェ:-i { /⌒Y⌒\      :):)                 じ           :ノノ 。
   ヾ::/イ__l丶 r'1ノ   ノ     )     じ         :∩ 。                ( (
    .}::l: ゝ--イ l:: {^\      |        .       ヽヽ                  ヽj
    ト!;_`二´_,,;!イ|  |    ノ  :|         ∩      じ
     |  |__三___|  |_/|   |         ノノ                 ∩           :∩
     |  |      ヽ|  ト'   |   |/^ヽ     じ                 :ノノ ∵         :ヽヽ
     |  |         |  |_/ ヽ__人_ノ                       ∪             し′
   ⊆, っ      とーっ

スカトロマニアだから浣腸プレイと食糞が大好きなの・・・



48 :老化の目と境界の少女:2008/08/01(金) 22:49:21 ID:qGaxoB6v
三十分後くらいに投下します。

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/01(金) 22:59:06 ID:2PbfQ/N7
ヒャッハー!投下だぁ!!

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/01(金) 23:08:25 ID:pBlkoYjq
そんな糞SSよりこれどう思う?
http://www.zeel.jp/accessory/branditem.jsp?dispNo=010006001048

51 :老化の目と境界の少女:2008/08/01(金) 23:24:26 ID:qGaxoB6v
「ここよ。」
彼女はそう言って、とあるビルの前に立った。
それは、輸入食料品店の前だった。
「先にあなた達チーム個人の買い物を済ませましょう。」
「あぁ・・・・、あいつら・・、イタリアでしか手に入らないようなメーカーの物ばっかり注文しやがって・・・・。
 エスプレッソマシーンまで買いなおさなくちゃいけないのか・・・。・・・あぁ、あぁ、すっかりあれ使い慣れてたからなぁ・・・。
 組織裏切ったときもあれだけは新しいアジトに持ってたのに・・・・・・。
 てゆーかイタリアで買うのとは値段が違うんだぞ、ここは日本だぞ。」
ずっと使っていた懐かしいエスプレッソマシーンを思い出し、おもわずプロシュートは涙ぐむ。
「ほら、入るわよ。」
そう言って紫はプロシュートを急かす。
そして、二人が扉をくぐると・・・・。
「は?」
プロシュートは目を疑った、ついでに耳を疑った。
彼の目に入るのは見慣れた商品ばかり並ぶ棚、耳に入るのは聞きなれた言葉、そしてBGMは彼が死ぬ前日までに見ていたTVで歌手が歌っていた曲。
買い物をしている人々は、どう見ても日本人ではなかった。
「ふふふふ、ちょっとしたサプライズよ。言ったでしょう、私は協力者だって。
 安心しなさい、ここは北部のとある町にあるスーパーマーケットよ。パッショーネは影響力を持たないわ。
 エスプレッソマシーンは売ってないかもしれないけど、それは我慢なさいな。」
ぽかんとしているプロシュートに、紫は笑った。
「ほら、さっさと買い物を済ませなさい。」
「あ・・あぁ。」
そう言って、プロシュートはカートを押した。


52 :老化の目と境界の少女:2008/08/01(金) 23:27:07 ID:qGaxoB6v
カラカラと、カートが進む。
そしてプロシュートは生前と同じように買い物をして行く。
普段なら主にペッシ、または別のチームメンバーと共にくる買い物を、女と二人と言うのは妙な気分だった。
アンチョビ、オリーブオイル、トマトの水煮の缶などを次々にかごに放り込む。

暗殺者と言う職業柄、あまり副業などで表に出れる職業も彼らは出来なかった。
イルーゾォやギアッチョなどの年若いメンバーは表向きは学生だった。
学生なら昼間で歩いても、「あぁ、講義さぼってんのか。」と思われるだけであるので、何かと都合がいいのだ。
ホルマジオは売れない作家と言う表向きの職業だったが、どう考えても無理があると皆で笑ったものだ。
ソルベやプロシュートはあまり副業を持つという事にいい感情を持っていなかったので、特に表向きの職業と言うものはなかった。
そしてリゾットはアジトになっているボロアパートの管理人である。
とてもではないが、この面子の副業の収入は期待できない。
なので、組織が安定し、暗殺の依頼が少なくなり、収入が減った頃、彼らは光熱費削減や食費を減らすためアジトにほぼ共同生活をしていたのだ。
幸い、リゾットのボロアパートはボロいが部屋数は十分あった(その時、ソルベとジェラートはアパートに越してこなかったので、余計にできてんじゃないか?説が有力になった)。
マジで貧しいけど、楽しい我が家状態だったのである。
そんなこんなで、どんなメーカーのアンチョビ、チーズを買えばいいか、どんな酒が好みかなどは、ほぼ分かっていた。

生鮮食品はホルマジオが人間の里で買ってくるとリゾットが言っていたのを思い出し、調味料などを買う。
金は十分、以前よりずっと潤沢にあるので、味はいいが値段の少々張るワインを買ったりする。
バルサミコ酢を見て、バニラアイスも買うかどうか迷う。
こんなにわくわくしながら買い物をしたのは、久しぶりだ。


53 :老化の目と境界の少女:2008/08/01(金) 23:29:29 ID:qGaxoB6v
「・・・・・そういや。」
ふと思ってプロシュートは財布を取り出し、中身を見る。
しっかり、中身はユーロに変わっていた。
「大丈夫よ、ここを出たらキチンと日本円に戻るから。」
プロシュートはしっかりユーロを日本円に換算し、ボラれてないか確認する。
だが、そう言う事もなく一安心する。
すると、紫がふと呟いた。
「・・・・・それにしても、ずいぶんたくさん買うのね?」
紫はカートの上も下も一杯になったのを見て呆れる。
「仕方がねぇだろ、大の男七・・いや、九人分なんだからな。それにちょくちょく買いに来れる訳じゃないし・・・・。」
すると、ふとプロシュートは思いついた。
「そうだ、あんたも今晩、うちで食うか?」
「えっ・・?!」
プロシュートの言葉に、紫は珍しく動揺を露わにした。
「九人も十人も大してかわらねぇからな。あ、でも今テーブルがないから床で食ってるか・・・・。」
そう言ってプロシュートは困ったように頭をかく。
「ダンボールじゃなぁ・・・・・、あれだ。・・・・メローネのベイビィフェイス・・・あー、あいつは駄目だったんだ。
 どうするかなぁ・・・・・・・。」
紫を食事に招待しない、と言う考えは既にないらしい。
「まぁ、いいわ。ちょっとリーダーに話すから待ってくれ。」
そう言ってプロシュートは携帯電話を取り出す。
これは、冥界の科学力は世界一ぃぃぃぃぃぃと言う事で科学と魔法を併用したラノベ的技術で作られている。
なんでも幻想郷の中だろうが外だろうがどこでも通じるというファンタジーやメルヘン仕様でらしい。
「あ・・、もしもし、リゾットか?悪いけど今日の晩飯に一人客を連れてっていいか?
 ただ、そいつが女・・・そうだ、八雲 紫だ。ん?構わないが・・・・・・?
 お前、テーブルと椅子なんて作れよ、メタリカで。くず鉄集めてよぉ・・・・・。」
リゾットにかなり無茶な要求をするプロシュート。
それをあっけに取られたように紫は見ていた。
そして、プロシュートは電話を切る。
「決まった、あんた、今日はうちで飯食え。」
「・・・・・・・・もう決定しちゃった?」
「決定だ、食っていかないなんて言ったら直触りだぜ?」
わが道を行くプロシュートに、紫はため息をつく。
「分かったわ、ご馳走になるわ。・・・・後で藍に連絡しなくちゃ。」
紫は困ったように、だが少し楽しそうに笑った。

54 :老化の目と境界の少女:2008/08/01(金) 23:30:09 ID:qGaxoB6v
買い物が終わり、店から出る、ウィーンと自動ドアが開く。
すると、そこは黄色人種の歩く日本の通りだった。
後ろを振り向くと、そこには日本人ばかりのスーパーが移る。
「荷物は預かって置くわね。」
紫が指を鳴らすと、プロシュートの手から大量の荷物の入った袋が消えた。
よく目を凝らすと、紫の横に何やら亀裂のような物が現れている。
(何となく・・・ブチャラティの奴思い出すな・・・。)
嫌な事を思い出し、ちょっと
「また時々、連れてきてあげるわ。その度に本場のイタリアンをごちそうしてくれるならね。」
そう言って、紫はウィンクをした。
「あぁ、頼むぜ。こっちもあんたみたいな美人と買い物できるし、一石二鳥だ。」
プロシュートも、紫に笑みを返す。
「あらあら、美人だなんて嬉しい事言ってくれるじゃない。」
「いやいや、イタリアにもあんたみたいな美人は滅多にいないからな。」
会話をしながら、二人は歩き出す。
「目が越えていそうなあなたに言われると、悪い気分はしないわね。」
「ほんと、あんたみたいな美人がフリーだなんて幻想郷の野郎どもはどうかしてるぜ。」
「それだけ幻想郷の女性の水準は高いのよ。」
「マジでか。いや、確かに映姫とか小町は磨けば光るとは思ったが・・・・。」
「しかも妖怪だったら世界中から集まるから各国の美女が選り取りみどりよ?」
ふざけあいながら笑う二人。
そして、二人は最終目的である地獄での備品を買いに来た。
『さーぁあいらっしゃいませ!いらっしゃいませー!本日ソフトバン・・・・・・・。』
雰囲気もクソッタレもない声が聞こえる、ここは、電気製品を取り扱う、大きな店である。
「さ・・・流石ジャッポーネ・・・・、電化製品にかける気迫が違うぜ。」
「そう言えばうちも電球が切れてたんだわ・・・、あ、ファックスとプリンタのインクも。」
一気に先ほどまでの雰囲気は見事にブチ壊れる。
「あなたが買うのは何かしら?」
「えーっと、プリンターのインクに、コピー用紙、あとUSBメモリーにDVDディスクとCDディスク。
 あぁ、あとうちの奴らのノートパソコン・・・、メローネの分は二つだ。
 アジト用のデスクトップも一ついるし・・・・・・・・・。あぁ、エスプレッソマシンはどうすっかなぁ・・・。」
「電化製品も、日本の方が性能いいからね、今日カタログ貰ってちゃったら?」
「そうだな・・・・・・。」
丸っきり俗っぽい会話をする二人。
「もう二時か・・・・。多分帰るのは五時ごろになるな・・・。」
「まぁ、なるべくゆっくりなさいな。」
そう言って紫は扇で顔を隠す。
「日本には、急がば回れ、って言うことわざがあるのよ。慌てなければ、何かいいことがあるかもよ。」
そう言って、紫はエレベーターの方へ向かった。

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/01(金) 23:33:29 ID:AHn7zTpb
支援

56 :老化の目と境界の少女:2008/08/01(金) 23:36:56 ID:qGaxoB6v
今回はここまで。
ごめん、とりあえず兄貴編はここまで。
次にメローネすっ飛ばしてマジオ編に行く予定です。
いや、ストーリー展開的にこっちの方が都合よくなったんで。

どうでもいいけど、おまけ。
・兄貴が言っていたエスプレッソマシーン。
macchinaと呼ばれる簡易エスプレッソマシーンちょっと飲みたいときに一人分つくれる優れもの。
イタリアでは普通に売っている。値段は日本で買うとイタリアの価格の三倍もする。


57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/01(金) 23:52:14 ID:pBlkoYjq
>>56
とりあえず俺の男汁入りエスプレッソ飲めよ、早くしろよ

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/01(金) 23:52:45 ID:pBlkoYjq
    __               「.|__
  ┌ ┘ト ┐         ┌' ̄ _ ] ,' ̄`l    ,-─--、
  ´ニコ fニ` ,,──-- 、    _フ l フ-、 ,'/| |ヽ| ,‐┐l n .n t'   _  _
   | fニコ |  ニl l二゙ー'   /_┌く /]/ ||.‖ .||  ̄ |.| |.| |.|  ,_」 |_| |_
   | fニコ |  | fニコ | ,-ー‐、 |.| ヽ''/  ||‖ l l /ニフ」 " " ] └_、.=┌ '
   | fニコ |  | fニコ | //l 「ヽ| |.| /,ヘ\ヽ/ .ノ |  ,,,'二l l二_  | fl fl fl |
 _ニ二ニ--、 | fニコ | || ‖ || |.|ヽ/ \ヽ,  "" ,-'/l,-┐,- 、| ヽ──‐'_
└┐┌┐┌' フくフ「 .||‖  |.|.l/    `´     " _」.L___ 「二二二ニ ]
  |___| |__| //> く  / ̄ ̄ ̄\  / ̄ ̄ ̄\ ヽ─‐‐┘|」/二ニ フ | |
      └'/,ヘ、 V  ` ゚` :.; "゚` V ` ゚` :.; "゚` ヽ      /_|<ヽ'/ |/
        ヾ'   ヾ|:::.  ,_!.!、   l::::..  ,_!.!、    l__     ,、//
       / ̄ ̄ ̄\. _---, . .人::... _---,    丿 \    ヽ/
      / ` ゚` :.; "゚` ヽ ̄ ̄ ̄    ̄ ̄\ ` ゚` :.; "゚`i
  ☆    |::::..  ,_!.!、  l   、-'─、,゙ ' r' r─ァ'ヽ ,_!.!、  l
  │   ヽ:::.. _---,  丿    `ー 'ノ  !、`ー'   | --- .丿
  │     / ̄ ̄ ̄\   . ,イ   'ヽ     |  ̄ ̄\
  │    /  ` ゚` :.; "゚`ヽ::::: ゚ ´...:^ー^:':...  ゚  |` ゚` :.; "゚`i
  │    |::::..  ,_!.!、  l:::::::::..r ζ竺=ァ‐、  ノ   ,_!.!、 l
  │    ヽ:::.. _---, / ̄ ̄ ̄\  / ̄ ̄ ̄\_---, 丿
   \     \__ / ` ゚` :.; "゚` V  _ー- --ヽ_/
    \/ ̄     |::::..  ,_!.!、   l:::::..` ゚` :.; "゚` l 
     /           ヽ:::.._---,   .人:::..   ,_!.!、  ノ
     |      __\___/  \_ ---,/
     i    :::/;;;:::::::\     \ ::::/  ̄ ̄
    /   ::::/\'''  ::::i\    :::::|::/
    |   ::::|   |   :::| |\_//
     \_/   \__/  \_/


59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/01(金) 23:53:59 ID:pBlkoYjq
    __               「.|__
  ┌ ┘ト ┐         ┌' ̄ _ ] ,' ̄`l    ,-─--、
  ´ニコ fニ` ,,──-- 、    _フ l フ-、 ,'/| |ヽ| ,‐┐l n .n t'   _  _
   | fニコ |  ニl l二゙ー'   /_┌く /]/ ||.‖ .||  ̄ |.| |.| |.|  ,_」 |_| |_
   | fニコ |  | fニコ | ,-ー‐、 |.| ヽ''/  ||‖ l l /ニフ」 " " ] └_、.=┌ '
   | fニコ |  | fニコ | //l 「ヽ| |.| /,ヘ\ヽ/ .ノ |  ,,,'二l l二_  | fl fl fl |
 _ニ二ニ--、 | fニコ | || ‖ || |.|ヽ/ \ヽ,  "" ,-'/l,-┐,- 、| ヽ──‐'_
└┐┌┐┌' フくフ「 .||‖  |.|.l/    `´     " _」.L___ 「二二二ニ ]
  |___| |__| //> く  / ̄ ̄ ̄\  / ̄ ̄ ̄\ ヽ─‐‐┘|」/二ニ フ | |
      └'/,ヘ、 V  ` ゚` :.; "゚` V ` ゚` :.; "゚` ヽ      /_|<ヽ'/ |/
        ヾ'   ヾ|:::.  ,_!.!、   l::::..  ,_!.!、    l__     ,、//
       / ̄ ̄ ̄\. _---, . .人::... _---,    丿 \    ヽ/
      / ` ゚` :.; "゚` ヽ ̄ ̄ ̄    ̄ ̄\ ` ゚` :.; "゚`i
  ☆    |::::..  ,_!.!、  l   、-'─、,゙ ' r' r─ァ'ヽ ,_!.!、  l
  │   ヽ:::.. _---,  丿    `ー 'ノ  !、`ー'   | --- .丿
  │     / ̄ ̄ ̄\   . ,イ   'ヽ     |  ̄ ̄\
  │    /  ` ゚` :.; "゚`ヽ::::: ゚ ´...:^ー^:':...  ゚  |` ゚` :.; "゚`i
  │    |::::..  ,_!.!、  l:::::::::..r ζ竺=ァ‐、  ノ   ,_!.!、 l
  │    ヽ:::.. _---, / ̄ ̄ ̄\  / ̄ ̄ ̄\_---, 丿
   \     \__ / ` ゚` :.; "゚` V  _ー- --ヽ_/
    \/ ̄     |::::..  ,_!.!、   l:::::..` ゚` :.; "゚` l 
     /           ヽ:::.._---,   .人:::..   ,_!.!、  ノ
     |      __\___/  \_ ---,/
     i    :::/;;;:::::::\     \ ::::/  ̄ ̄
    /   ::::/\'''  ::::i\    :::::|::/
    |   ::::|   |   :::| |\_//
     \_/   \__/  \_/


60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/02(土) 00:10:38 ID:/zB/8JPs
              ./| ̄ ̄ ̄|
               |  |      |
               |  |  / ⌒ヽ⌒ヽ
    ______|_|. /  -≧y ,__,!____
 ....../| ⊂ヽ__   /    y、ュヾ i_,, -'つ|
  .|  |   ゙ー-- 二二( __   T三ゝ_)---'' ~ |
  .|  |_______゙ヽ    /_____|
  .|/______/| i    /_____/
            |  | |   .i
            |  | /    |
            |  | i   ,つ|
            |  | |  |  |
            |  | .|  .| .|
            |  | |  i .ノ
            |  | / イ/..|
            |  | | // |
            |  | | .|/......|
            |  |( i  .|
       .____|  |i し   |__
     |\.      |  |し'    |   \
     |  \   .\.|_____|     \
     |   \              .\


61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/02(土) 13:06:31 ID:PlqRTfSv
こんなアニキもいいなぁと思う反面
どうしても口調や性格に違和感を感じるなぁ……

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/02(土) 18:36:23 ID:9MRKqkS6
>>60
いい荒らし方してるぜッ!
この野郎ッ!

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/02(土) 18:55:43 ID:kFLmp9FY
プロシュートの人格描写はペッシが居たせいで常に目上の者って感じだったからじゃないかと。
原作で出てた好みとかって列車に乗りたくないってだけだったし


関係無いけど例の粘着が貼るAAをNGに登録していったら他の板まで見やすくなったwww

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/02(土) 18:58:17 ID:/zB/8JPs
.,,,,、、)  /.,,,,、、 ,ヽξ\Ξ .vWWWv   彡::, '" ̄``ー、≦==、:::::::::ミ、
-== \/ ==/  .,==-   レi ミr'"-、"__'ミ  彳j      `` `  ヾ::::::ミ   ,;'"__"';,
''''' ) (´ ),(_,、ノ( "",,ノ:: 6).!6"  ̄cヽレ'   l:f  __    ・  _,.、 `!::::::ミ   ;Y'_、,_; 
:::::::::::::::3ε  ^ン ...::::: |/ !T、 (⌒)/'    .}l '.r┴‐'ュ_. rz彡‐`ヽ |::fYj. /人 _3ノヽ
::::::::::::::::ヽ::::. .::.. ::..,, -ー ''7'人`二ラ'     {| ヲ, ''二.ヽ.|┐rtッ_‐ァ' |::}}!//\ ̄ ̄旦~
::::::::::::::::::):::::::::::/    〔|"`"ー'Yヽ、    .l. {l|{ (○) }| | `ー '  .|::リノ※ .\___\
 __ノ  ̄| /     //  -    `i  .l ,_ミヽ 二ノ | |       }チ'\※ ※ ※ ※ ※ヽ
     ,;'"__"';y .//        } /'   ,r゙|r ‐‐┐| |':...////.卞、 \`ー──────ヽ
     ;:ノ'_、,_;{ //  ,、   ハ、 .}/  /, ┴‐‐ュ'゙┘!ァ‐、   ,ハ    ────────
    _人 _3ノ{//゚ヽ-'チヽ_,゚三 |  |  '´ ,.ィエ._| ̄l|. 丶 // ',_
  /⌒', ィ、,.'// _ _ 三/⌒ヽ{!    '" _,-r:イ r:、l. ,. ' /  !  ` ―- 、
  {   ヽy// ヽ ,,__/ :ー,/    |   r_,,-ー----.、ヽ/   l 

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/03(日) 02:53:37 ID:goOIVbVS
       __               ,....-───:::::、
    /::::::::::::::::::::ヽ、            /::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   /:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  /:::::::` ゚` :.; "゚`::::::::::::::l           l::::::::::::` ゚` :.; "゚`:::::::::::::l
 l:::::::::::::::::,_!.!、::::::::::::::::::::l        l::::::::::::::::::,_!.!、:::::::::::::::::::l
 l::::::::::::::::⊂⊃:::::::::::::::::/_,.......-;,===-ヽ::::::::::::::⊂⊃::::::::::::::::::l
 l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::/      `ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::/
  ヽ::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::/   __    ・ _,.ヽ:::::::::::::::::::::::/
   ヽ、:::::::::::::_/::::::::::::/  'ヾミミヽ rz彡‐`ヽヽ¬−'´
       ̄ /:::::::::::::::::l               l:|
        l::::::::::::::::::l               l:l  W.ディ○ニーカンパニーに
        l::::::::::::::::::l  `、ーtッ、,゙ ' r' rtッ_‐ァ' l:l     喧嘩を売る
        l::;, -ー 、::l     `ー 'ノ  !、`ー '  .l:l
        /     ヽ      イ   ヽ     l::l
       l       _       /:::: ̄`ヽ< ∠く
         l    ̄|       〈:::::::::::......:::/ _    l
         ヽ    ヽ     `ー-─ ´   ,/). /
          \    \、         /  /
           >. .、_、 ヽ.   .   /  /
           ヽ: : : : :ヽ  ヽrζ竺=ァ /
              ヽ、: :__ヽ ``二´/: : : イ
            l  ̄: : : : : 7フ 7: : :`´: :l
              l: : : : : : / ̄  ̄ヽ: : : :/
            ヽ ___/    

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/03(日) 18:30:32 ID:Yc/9HCGA
>>65
どう してく れる
お ま えのせいで
が っこうで こ のス レがみれ ないじゃ あ
ない か。

67 :FFの人:2008/08/03(日) 23:16:40 ID:gf6LY/9K
さて、大変お待たせしました。
1時間後に投下しますー。

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/03(日) 23:19:51 ID:8XP4YDNo
ヒャッハー!投下だあ!

69 :FFの人:2008/08/04(月) 00:08:55 ID:9w5gdrkw
それでは投下開始します。
厨二病全開の紅魔館偏のラストになります。

ジョジョの奇妙な東方
〜FF・of・fate〜
第12話:地下の大図書館、そして吸血鬼C


魔理沙は先程と同じようにフランへ突っ込む。スターダストレヴァリエはもう使えない。
ルール上、一度攻略されたスペルカードは同じ試合上では使ってはいけないことになっている。
弾幕ゴッコ、とフランが言ってしまってる以上ルールは絶対だ。

「なんのつもり?貴方のそのやり方はもう【覚えた】のよッ!」

勝ち誇ったように言い放ち、カードを振りかざす!

「この距離なら【外さない】ッ!禁弾【スターボゥ・・・」

しかし、そのカードは使われる事は無かった。何故なら、【真下】から飛んできた黒い弾に邪魔されたからだった。黒い弾幕を撃ってくる相手などフランは覚えがない。

いや、

【ついさっき、見つけたか】。

「お姉ちゃん・・・?何のつもり?ねぇ。私が折角遊んでるのに・・・邪魔するの・・・?」

穴の開いてしまったカードを投げ捨て、笑みを消したフランは真下を見る。
そこには、穴だらけのFFが人差し指をこちらに向けていた。

「よぉ・・・フラン。何で、お前は壊しちまうんだ?」

最短でフランの下にたどり着くために甘んじて弾幕を喰らった。残りの水分はさっきの半分も無いだろう。水分節約のために水がこぼれないような傷はそのままにしてある。
しかし、【それだけの事】をする【価値があるから】そうした。ここからが正念場だ。FFは睨みつけてくるフランに呼びかけた。

「どういう意味・・・?」

「お前・・・魔理沙が好きなんだろ・・・?壊したくないんだろ?何で壊す?」

分裂するフー・ファイターズに歓声を上げ、あげると言ったら純粋に喜び、礼まで言った。
そんな純粋な子が破壊を繰り返す事を【性】の一言で片付けてしまってもいいのか・・・?

「私の能力は【壊す事】よッ!?それを否定しようと思っても出来るものじゃあないわッ!」

「いいかフランッ!生きていく上で最も【大切な事】はッ!【自分を乗り越える事】だッ!能力が【壊す事】だからって【壊しちゃいけないものまで壊す】ことはないんだぜェッ!」

「知ったフウな口をッ!」

「【知っているから】言ってんだよこのボケッ!」

「うるさいッ!喋るなお前ェエエエッ!」

フランがこちらに向きを変える。そして、カードを振りかざした次の瞬間!

「おいフラン!お前さんの相手は誰だったか覚えてるかッ!?魔砲!【マスタースパーク】ゥウ!」

70 :FFの人:2008/08/04(月) 00:12:07 ID:9w5gdrkw
ry
まるで迷路のような図書館をゆっくりと進んでいく二人。揺れこそ小さくなってきたが、本の落下はまだ止まらない。

「むきゅー・・・妹様、今日はすごく張り切ってるみたいねぇ・・・」

元々、この図書館で本を読んでいるだけの紫モヤシでしかないパッチェさんである。早々にスタミナ切れを起こしたため、休み休み歩く事にしているのだがどうしても時間がかかる。
一応腐っても魔女なのでジェリーフィッシュプリンセスは展開状態のままにはなっているが。

「にしても、何?フランって子が暴れるたびにこんな倒壊起こしてるの?」

本来、河で発明か修理か分解しているだけのHIKIKOMORI河童であるにとりさんである。パチュリー程ではないがスタミナの無さには自信があったため、無理をしていない。
発明品(一応)であるのびーるアームは未だ健在で、一生懸命落ちてくる瓦礫を叩き落している。

「えぇ。ここまで酷いのは妹様が脱走して以来だけど、本棚が壊れるくらいなら一週間に9回くらい。」

「毎日じゃないか。」

というか週に9回って1日2回壊してる日があるってことかい。

「いえ、客人が来る時は1日3回よ。」

「よく生きてるわね貴方・・・」

これだけの質量の物体が落っこちてきたらたとえ魔法使いでも死にそうなものだが・・・
まぁ、それはココの問題であって自分の問題じゃあない。にとりはそう考え、話題を打ち切ることにした。壊れるたびに自分を呼ばれたら堪ったもんじゃない、という本音もあるが。

「ところで、まだつかないの?かなり歩いたような気がするんだけど・・・」

にとりが弱音を吐いた時、今まで以上の大きな揺れが紅魔館を襲った!

「ひゃあッ!?」

「にとり!」

迂闊だった。少なくとも魔理沙とフランが戦っているのなら、この程度の揺れで治まるはずが無いのに!嫌な予感がして咄嗟ににとりを突き飛ばし、ジェリーフィッシュプリンセスを上方に強化、展開する。かなり大きな衝撃と共に今まで自分を護っていた泡の結界が弾けた。
パチュリーにとって幸運だったのは、ジェリーフィッシュプリンセスが弾けた時にはすでに揺れが治まっていた事だろう。彼女の周囲には、落下したシャンデリアが無残な姿を晒していた。何か気持ち悪いロン毛の男にいくつか破片が刺さっているがまぁ無視していいだろう。

「ぱ、パチュリー!大丈夫!?」

突き飛ばされたにとりが上に手をかざしたままの姿勢で固まっているパチュリーに呼びかける。本当は駆け寄りたいのだが、腰が抜けてしまって匍匐前進しかできない。

「・・・」

返事は無い。まさか、どこか怪我をしたのだろうか!?

「パチュリー!どっか怪我した!?ねぇ、返事して!」

「こ・・・」

71 :FFの人:2008/08/04(月) 00:12:42 ID:9w5gdrkw
固まっていたパチュリーが言葉を発する。どこか痛めたのだろうか?いつもなら怪我を治してくれるFFは今はいない。どうしたらいいのか?
これだけの事を頭に思い描いていたにとりはパチュリーの次の言葉を待った。

「怖かったぁー・・・怖かったよぉー・・・」

ぺたん、とその場に座り込み、泣きじゃくるパチュリー。固まっていたのは脳みそが現状に対応できなかったせいだろう。怪我もなさそうだ。

「良かった・・・怪我は無いよね?パチュリー?」

ずりずりと匍匐前進をしてパチュリーのそばまで寄るにとり。まだ腰は抜けたままだ。
座り込んでいたパチュリーは、にとりの姿を見つけるとガバっと抱きついた!

「うぅ・・・うっく・・・むきゅー・・・」

「え、ちょっとパチュリー!?」

まるで子供のように噛り付くパチュリーを無理矢理引き剥がすわけにもいかず、困り果ててされるがままになるにとりなのだった。



作戦はこうだ。まず魔理沙が接近し、FFから注意を逸らす。そしてFFにスペルカード宣言を邪魔してもらう。フランはFFの方に注意が向くだろうからそこを狙ってマスタースパーク、という計算だった。
魔理沙の放った魔砲は、フランを貫き紅魔館に風穴をブチ開ける予定・・・だった。実際にフランを巻き込んだし、紅魔館に咲夜がブチ切れる程の巨大な穴は開いた。しかし。
フランが【後ろを向いて】【何かを抱えるようにして】攻撃を喰らったのは予定外だった。
生き物というものは大概後ろ、と言うのは弱点になりうる。そして、魔理沙は本気のマスタースパークを放ったのだ。【後ろを向かれる事など】想定していない。

「え、ちょっ!フランっ!?」

驚いた魔理沙が思わず声を上げる。当たり前だ。いくら吸血鬼とはいえ、マトモに喰らったら無事ではいられない威力である事は前の紅魔異変の時に確認済みだ(その時はレミリアだったが)。

「な・・・おい!魔理沙ッ!お前、何をしてるだァー!?」

想定外だったのはFFも同様だった。余波を浴びただけだが、この熱量は並の人間なら確実に消え去るほどの威力じゃあないか!
どう考えても【ごっこ】の域を超えているッ!

「こっちが聞きたいぜ!フラン!?無事かっ!?」

土煙の中に呼びかける。前から何を考えているかわからないヤツだったが、今度ばかりは全く理解できない。
呼びかけてからしばらくして、中から小さな影が姿を現した。紅いドレスはボロボロで、背中の羽根も片方もげてしまっているが、生きている。

「よ、よかった・・・肝冷やしたぜ・・・」

安堵の溜息を漏らす魔理沙。見た目は酷そうに見えるが、フランは吸血鬼だ。あの程度なら再生できるし、最悪レミリアかパチュリーにでも診せればなんとでもなる。
しかし、気になる事がある。さっきの行動だ。今までうっかりマスパやレヴァリエを直撃させた事はあるし、こんな状態にしてしまった事もある。だが、【自分】に【背中を見せる】などと言う事はなかったはずだ。
まぁ、それは後で聞けばいい。今はフランを休ませよう。そう考え、魔理沙はフランに呼びかけた。

72 :FFの人:2008/08/04(月) 00:13:48 ID:9w5gdrkw
「フラン、聞こえるか?フラン?」

「魔理沙・・・?」

「あぁ、そうだ。」

土煙が晴れ、フランの姿が見えた。惚けている様だが、こちらの呼びかけに答えてくれる。心配はいらないだろう。
そう考えた魔理沙だったが・・・

「魔理沙・・・私、壊しちゃった・・・また、壊しちゃったよぉ・・・」

「え?」

急に泣きじゃくったフランを見て一瞬動きが止まる魔理沙。辺りを見回してもフランが壊したものは壁くらいなものだろう。自分の方が数十倍壊しているわけだし。

「お姉ちゃんに貰った生き物・・・壊しちゃった・・・」

「お姉ちゃん?」

「フー・ファイターズの事か?」

なんのこっちゃ、と首を捻る魔理沙に変わって聞くFF。そういえば自分自身すっかり忘れていたが、フー・ファイターズの一部をあげていたのを思い出したのだ。
FFの言葉にこっくりと頷くフラン。涙とハナミズでグチャグチャだったが、FFはそんなフランを力強く抱きしめた。
安心したのだ。この子はちゃんと【壊した】という事に【罪】を感じている。モノを壊す事が【悪】であると知っている。なら後は自分を乗り越えるだけだ。

「いけない事だってわかってるんだよな?壊しちゃいけないって。」

「うん・・・うん・・・」

「わかってるならいい。後は【壊さないように】努力をするだけだ。」

「どりょく・・・?」

「そう、努力だ。【壊さないようにしよう】じゃあない。【壊さないように】努力するんだ。難しい事だが、決してできない事じゃあない。わかるか?」

「うん・・・」

ゆっくりと言って聞かせる。ここで新しいフー・ファイターズを与えてやるのは簡単だ。しかし、FFは【あえて】そうしなかった。
新しく与える【フー・ファイターズ】はフランが壊してしまった【フー・ファイターズ】とは別の存在だ。無くなったモノは二度とは返らない。それだけは知っておいて欲しかったのだ。
と、FFはフランの胸元でウジュルウジュルと蠢く【何か】を見つけた。どうやら神様とやらは悔いたフランにゴホウビをあげたらしい。

「フラン。どうやら泣くのはまだ早かったみたいだぞ?」

「え?」

FFの目線を追って自分の胸元を見る。すると、黒い【何か】が自分のフリルに引っかかっていた。

「あー!!」

「よかったな、フラン。さっき言った事を実践できるじゃあないか。」

「うん!壊さないように【努力】するんだね?」

73 :FFの人:2008/08/04(月) 00:14:42 ID:9w5gdrkw
さっき泣いていた烏がなんとやらってーのはコレをいうのかね、と魔理沙はニコニコと黒い物体を掲げているフランを見て苦笑した。
さっき背中を見せた理由は、あの物体を護るためだったのか。しかし、と思い直す。
自分やレミリアや咲夜では、こうは行かないだろう。叱るか代わりのモノを与えてハイおしまい、だ。
そういう意味ではこのFFとかいう女はフランの相手としては自分以上に最適なんだろうな、とガラにもなく嫉妬心をいだくのだった。

「ま、私もこの中に入るほど空気が読めない女じゃないぜ?霧雨魔理沙はクールに去るぜ。」

どうせこの分じゃあ大図書館も酷い事になっているだろう。パチュリーの所に行くのは今度でいいや、と部屋を後にしたその時。

「ふ〜ん。パチュリーを泣かし、フランをボロボロにして、図書館を見事に破壊してくれたのにクールに去っちゃうんだ・・・?」

【真上】から声がする。
魔理沙はこの声に聞き覚えがあった。自分の記憶に間違いがなければ恐らく近くにPAD長もいるだろう。
この状況は圧倒的に不利ッ!最悪、後ろで笑っているフランまで参加しかねないィイイ!ならばやる事は一つだ。霧雨家に代々伝わる必殺の策だ。それは。

「逃げるんだよォォォ!」

叫ぶや否や、FFとフランによって半分にされた箒に飛び乗って高速で逃げ出す魔理沙。文に最速の座を奪われたとはいえ、まだまだこの速さは健在だ。そう簡単に止められて堪るかよッ!

「咲夜ッ!美鈴ッ!」

後ろから声がする。美鈴?美鈴って誰だ?その迷いは、魔理沙にとって致命的となった。
前方に見える影は二人。片方はPAD・・・もとい咲夜だ。もう片方は・・・

「あー・・・そういや、中国って紅美鈴って名前だったか・・・」

「いい加減名前を覚えろ霧雨魔理沙―――ッ!」

中ご・・・もとい紅美鈴の叫びが1対3(後にパチュリーが加わって1対4)の変則弾幕ゴッコの合図となった。

74 :FFの人:2008/08/04(月) 00:15:32 ID:9w5gdrkw
次の夜。
一昼夜続いた追いかけっこは魔理沙の脱出、という形で幕を下ろす事になった。
暴れたい放題の魔理沙と違い、うっかり壁を壊して日の光が入らないように気をつけた紅魔館メンバーの隙を突いたのだ。
まぁ、いつもの事であるので誰も気にはしなかったが(ただし、中国は魔理沙を進入させたバツとして48時間連続労働を命じられた)。
今回の騒動で変わったことといえば、紅魔館史上初めてフランが魔理沙を追いかけることを我慢したという事だろう。
あの妹様がFFやにとり、早々に弾幕ゴッコをリタイアしたパチュリーと共に大人しく図書館で本を読んでいたことは、咲夜にとってスタンドも月までぶっ飛ぶ衝撃だったという。
そしてFFとにとりが帰る時にはフランも咲夜・パチュリーと共に見送りに着ていた。

「中国に貴方の事は話しておいたわ。技術書とかもあるからいつでもいらっしゃい、にとり。」

「うん。ありがとうね、パチュリー。あと泥棒対策も一緒に考えなきゃね。」

いつの間に仲良くなっていたのか握手までして別れを惜しむにとりとパチュリー。この調子なら人見知りも治っていくかな、と保護者のような感じ方をするFF。

「フーお姉ちゃん!ユナありがとうね!絶対に今度は壊さないよ!」

「あぁ。ちゃんと世話するんだぞ?」

「うん!」

ニコニコとフー・ファイターズ――ユナを掲げてみせるフラン。
少しずつ壊さない努力を重ねていけば、きっとこの子は今よりももっと魅力的になるだろう。その日が楽しみだ。

「「それじゃあ、また。」」

そう言って一人の新生物と一人の妖怪は、妖怪の山へと帰っていくのだった。

75 :FFの人:2008/08/04(月) 00:17:04 ID:9w5gdrkw
同時刻、紅魔館ゲストルーム。
唯一見送りをしなかった主――レミリア・スカーレットは【もう一人いるゲスト】のチェスの相手をしていた。

「しかし、いいのかい?仮にも館の主が見送りをしなくて?」

その【ゲスト】はそう言ってチェスの駒を動かす。

「貴方がいるのに?それに彼女達はパチュリーの客よ。私が出しゃばっちゃあパチュリーの誇りを傷つける事になる。」

【ゲスト】の手に眉を顰め、レミリアは慎重に駒を動かす。

「そういうものか。それじゃあフランを見送らせるのもその【誇り】とやらを傷つけるんじゃあないか?」

【ゲスト】が駒を動かす。その手に迷いは一切無い。

「あの子、贈り物を貰ったらしいの。そのお礼を言うんだーって聞かないから。」

レミリアが駒を動かして敵の駒を取る。しかし、レミリアの表情は晴れない。

「ふむ。それはいい事だな。好感が持てる。」

駒が動く。ビショップが取られる。

「けど貴方が興味を持たない相手なんていたのね?FFだったかしら?」

駒を動かす。クイーンを取る。

「彼女の目の輝きがあまり好きじゃなくてね。かつての宿敵を思い出す。」

駒が動く。ポーンが消える。

「ジョースター、だったかしら。その宿敵・・・あら、後4手でチェックメイトか。負けたわ。」

チェス盤を見て溜息をつくレミリア。どうにもこの友人にチェスで勝つ事ができない。

「君は部下を大切にしすぎる【クセ】があるみたいだぜ?もう少し非情にならなきゃあな。」

「肝に銘じておくわ。ところでもう一局、どう?DIO?」

「あぁ。喜んで。」

76 :FFの人:2008/08/04(月) 00:18:54 ID:9w5gdrkw
以上です。
さぁgdgdになってきたぜ!と言う事でフラン偏終了です。
パチュリーあんまり書けなくて残念。だが、意地でもパチュリーは再登場させる。需要アルナシ関わらずッ!

次回は未定です。ちょっと時間が空いちゃうかも・・・

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/04(月) 00:23:01 ID:1cPrHjuz
>>76
正直つまらんわなw
YOU!さっさとやめちまいなYO!

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/04(月) 00:49:29 ID:fo1RmFwC
FFの人、乙ですよ〜
FFがいいお姉さんだww
あと時間なんて気にせずゆっくり書いてね!

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/04(月) 01:09:50 ID:hlPvpLmk
>>77
書き手に敬意を払えよ

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/04(月) 01:25:45 ID:uJWTRlcl
乙です
魔理沙は逃げるんだよが妙に似合うな、パチュの豹変に吹いたw
DIOもこっち来てたのね

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/04(月) 01:31:08 ID:1cPrHjuz
>>79

          ____
       / \  /\  キリッ
.     / (ー)  (ー)\
    /   ⌒(__人__)⌒ \
    |      |r┬-|    | <書き手に敬意を払えよ
     \     `ー'´   /
    ノ            \
  /´               ヽ
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))


          ____
        /_ノ  ヽ、_\
 ミ ミ ミ  o゚((●)) ((●))゚o      ミ ミ ミ
/⌒)⌒)⌒. ::::::⌒(__人__)⌒:::\   /⌒)⌒)⌒)  <だっておwwwwwww
| / / /     |r┬-|    | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒)    | |  |   /  ゝ  :::::::::::/
|     ノ     | |  |   \  /  )  /
ヽ    /     `ー'´      ヽ /    /
 |    |   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/04(月) 02:02:35 ID:AjnnFXBp
>>77
>>81
いつもの荒しか?なら一つ聞きたいんだが。

あんたの主義主張を。

なぜかって?あんたの主義主張が正しいかもしれなからだ。
やり方はともかくな。あるんだろ、主張したい主義が。

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/04(月) 07:38:06 ID:1cPrHjuz
>>82
           i::::::::/'" ̄ ̄ヾi
           |:::::::| ,,,,,_  ,,,,,,| 
           |r-==( 。);( 。)   
           ( ヽ  :::__)..:: }
        ,____/ヽ  ー== ; <ほほう、それでそれで?
     r'"ヽ   t、   \___ !
    / 、、i    ヽ__,,/
    / ヽノ  j ,   j |ヽ 
    |⌒`'、__ / /   /r  |
    {     ̄''ー-、,,_,ヘ^ |
    ゝ-,,,_____)--、j
    /  \__       /
    |      "'ー‐‐---''


84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/04(月) 08:18:48 ID:hVHYpoBN
やっぱり東方はSSにむかないんじゃあないの?

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/04(月) 08:20:56 ID:hVHYpoBN
東方ってストーリーが固定されてないし。

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/04(月) 09:31:28 ID:qqCRE6ug
確かに東方はストーリーがはっきりとは無い。けどその分、クロスSSとかの“遊び”がやりやすいよね
ジョジョはキャラクターが信念をとても強く持っているからクロス素材にも(書き手が理解をそこそこしていれば)使い易いし

まあ要するにGJ

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/04(月) 23:15:54 ID:dOwURpUv
康一君って最初に矢で刺されたとき死にかけたよな?
で、クレイジー・ダイヤモンドで治されてバッド・カンパニーに刺されてスタンドを発現させた…
つー事は最初に矢で刺されて死に掛けたって事はその時にはまだスタンドの才能は無かったって事なのかな?

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/05(火) 00:14:54 ID:d6gzYkT7
康一君は、二面性のある性格だから。
いざと言う時は頼りになるけど、それ以外は人の押しに弱いし。
怒って髪の毛逆立ててる時に矢を刺せば一発で発現したかも。


エコーズがどんどん成長してるのも、普通とは違う発現のしかただからじゃあないかな

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/05(火) 06:15:15 ID:M+lZteu1
    |ii||iii;;;i;;;;;|;;/_⌒ヽ⌒ヽ
    |ii||iii;;;i;;;i;;/` ゚` :.; "゚`ヽ
    |ii||iii;;;i;;;l/   ,_!.!、  ヽ   ダイヴォー!ダイヴォー!
    |ii||iii;;;i;;( __ .⊂⊃  , , )     ダイヴォー!ダイヴォー!
    |ii||iii;;;i;/  /⌒     i
   r^-、ii;;ii_/  ィ    / )
   ヾ.__,、____,,/    /'"
    |ii||iii;;;i|        ノ      .__
   / ̄ ̄ヽ、     ノ      |   |
   (,           |     _|   |_
    ',  \     ,  i.     \   /  この夏、お子様の自由研究に
    |ii',   ';;ヽ _,ノ_ノ       \/   「木登りDB」の標本はいかがですか?
┌────────────────┐
│        ./⌒ヽ ⌒ヽ         .│
│       / `゜` :.; "゜`ヽ         .│
│      ./ ・  .,_!.!、 ・ヽ         .│
│      ( __ ⊂⊃ , , )          .│
│       __/  ・ \__          │   
│      /・       ・\       │
│    .  |   /| 。   。 |  .|       ..|
│     | ・ /.|      | ・ |        .|
│     /  ). |       ./( ヽ      .│
│    / /  ゝ     ./ \ ヽ     .│
│  . (・_ゝ /   ι    .\ し・)    .│  
│     ./・  /   \  ・ \      .│ 
│    (   /     ゝ    )     .│
│     \ |      /   ./      │
│   ┏━━━━━━━━━┓     │
│   ┃ 爬虫類 タンショウ目┃     │
└―‐...┃  オマエナカタ科  .┃───┘
    ..┃   ダイヴォー    .┃
    ..┗━━━━━━━━━┛


90 :東方星波紋:2008/08/05(火) 08:14:25 ID:2Ksm6Uxm
三十分後に投下します。
それと遅レスですが、FFさん投下乙。
俺の所と違ってこのDIOはまともそうだ・・・

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/05(火) 08:26:50 ID:M+lZteu1
>>90
              ,.r:::::::::::::::::::::::-.、
            ,.r:'::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
           r'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
             i':::::::::::::::::::;彡;r;〃ヾ ヽ:::::::::ゝ
          ./::::::::::::::::::/        ヾ:::ヽ、
         ,r::::::::::::::::::r' 'ヾミミヽ  rz彡ヽ!::::!
       .ィ::::::::::::::::::r;'   、_tッ、,゙  rtッァ';:.i::::jj
       /:;:::::::::::::::::::ヾ;   `ー '   `ー ' :!::::::ミ、
      ,.j::::::::::::::::::::::ナl         、 _j:. .::l::::::::::ヾ
     r';::::::::::::::::::::::::::ミ   ,,;;;;:::::::'''''':;;;;; :::i::::::::::::::!
    ,i/::':'';:i;:::::::::::::::::ミヾ.       ̄二フ'''::/:::::::::::/    汚ねぇ投下だなぁw
   r'::::::::::::::::::::::::::::jヾ  ` 、,.    ''".::;r':::::::::::::ir、
 r'7:::::::::::::::::::::::::::ノフ      ` -、,.;,,.:/::::::::::::::::::jlr
  ヾ:::::;r::::::::::::::::::ヽ          ヽ:ヽ::::::::::::;ミr'
  ,r'::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、          ヽヽ:::::::r
,r:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、   ,..-:::':´::.  lヾ'j!
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ.r'´::::::::::::ヾ:: /


92 :東方星波紋:2008/08/05(火) 08:41:59 ID:2Ksm6Uxm
投下します
 東方星波紋
  第16話 ジョジョの奇妙な緋想天―E―
  
   ―――緋色の雲の中―――
   
    「罠だな・・・」
    
    「罠よね・・・」
    
    「罠だろう・・・」
    
    「罠しかあるまい」
    
    「わふぁふぁふぉふぁー」
    
    「食うか喋るかどちらかにしろ」
   
   辿り着いた時に見えた明らかにこちらの労い目的に並べられた
   料理や飲み物などの数々を見て、感想を漏らす方々。
   一部罠だと言いつつ食べてる大食らいがいるが・・・
   それはともかく、もてなしてる側の永江衣玖は・・・
   
    「一応、総領娘様がご迷惑をお掛けしたみたいなので、
     それにお疲れでしょう?」
   
   ルーミアの分のお代わりを用意しつつ対応している衣玖。
   空気が読める能力なんだろうけど・・・読んでるのかこれ?
   
    「・・・ともかく、上に居る奴を倒せばこの異変はおさまるんだな」
    
    「Exactlly(その通りでございます)」
    
    「そうか・・・まだ梯子を昇る羽目になるが・・・
     やはり飛べる奴に頼んだ方がいいな」
    
    「そうだな・・・って食ってる!?」
   
    「・・・霊夢まで何してるのよ」
   
   承太郎、幽香、ディアボロ以外は全員食事を取っていた。
   途中追いついて来た霊夢も混ざっている。
    
    「食事があったら食べるのが普通でしょ?
     それに地震のせいで朝から食べてないし」
    
    「・・・そういえば俺も食べてないな」
    
    「・・・平気で食ってるし、大丈夫だろうなんだろうな。きっと」
    
    「あら、意外とおいしいわね」
    
    「「食ってるのかよ!」」

93 :東方星波紋:2008/08/05(火) 08:42:45 ID:2Ksm6Uxm
   突っ込みを入れて、空腹に耐えかねて食べ始めるディアボロと承太郎。
   結局のところ食べるようだ。
   吉良はさっきから女性陣の手首ばかり見ている。
   途中で爪を噛みながら・・・。
   DIOは食事を終えたらしく、本を広げて待っていた。
   タイトルは【霊夢の腋観察日記 著作:魔理沙】。
   
    「人が食事中に何て本を読んでいるんだー!!!」
   
   ディアボロがスタンドを発動させスレ読者に認識させないようにする。
   微妙に漏れているが気にするな、限界があるんだスタンドにも。
    
    「というか本人の前じゃねーか!」
    
    「何してんのよ魔理沙ー!!!(怒)」
   
   霊夢は異変解決をほおっておき、魔理沙を懲らしめに向かった。
   その頃白黒は、何か電波を感じて行方を眩ます準備をしていた。
   【挿入イベント:さらば魔理沙】
   ちなみに置手紙が置かれた。
   (異変解決任せた・・・後で私も行くけど by霊夢)
   ついでにディアボロは何で自分がここに居るのだろうかと考えたが、
   レクイエムの効果が切れたようなので深く考えず引き続き同行するようになった。
   霊夢が抜けたせいで討伐メンバーが承太郎とディアボロ以外マトモな
   人物がいない・・・そういえば人外でした全員(幽霊含む)。
   
    「さて、食べ終わった事だし上に行きましょう」
    
    「ふふ・・・そうだねー」
   
   また邪悪な雰囲気をかもし出すルーミア。
   だが、特に誰も追及しなかった。
   誰も気づくことが無かったから、ただ一人気がついた衣玖も
   感じた悪寒に身を震わせ何もいえなかった。
   そして、一行は梯子・・・では無く、衣玖が製作した
   階段を上り、天界へと向かっていった。
    
    「待って、用事が済んだから私も行くわ」
   
   途中で霊夢が合流し、人間比率が上がった。
   【楽園の巫女:博麗霊夢が正式にPTに加わった】
   【イベント:さらば魔理沙終了】
   
                  to be continue

94 :東方星波紋:2008/08/05(火) 08:44:27 ID:2Ksm6Uxm
今回は短い・・・NGシーンへ行きます。
少しやりすぎたか?

     NGシーン
   
   吉良はさっきから女性陣の手首ばかり見ている。
   途中で爪を噛み、もう片方の手で≪キング・クリムゾン!!!≫・・・。
   DIOは食事を終えたらしく、本を広げて待っていた。
   タイトルは【緋想の雲・地震との繋がり 著作:竜宮の使い】。
   
    「本編で読め、そういうのは」
    
    「というより著者がバレバレね」
   
   てへ、と可愛らしく舌を出している永江衣玖。
   DIOやカーズ、吉良が「萌え」とか言い出した。
   意味を無駄に知っているディアボロは頭を抱えた。
   ディアボロのアクションで碌なものじゃないと知った承太郎も
   同じく頭を抱えた。
 


     嘘予告

   遂に辿り着いた天界の地にて異変を起こした天人、比那名居天子と
   対峙する承太郎達・・・しかし、その異変の主は幻想郷に巨大な地震を起こす
   と言い出した。その地震を止める為に霊夢が突貫するが、
   先ほど出会った永江衣玖がその攻撃を阻止し、霊夢と対峙した。
   残されたメンバーも八雲紫・西行寺幽々子らが出番欲しさに承太郎達に襲い掛かる。
   承太郎とディアボロの二人だけで天子へと立ち向かう。
   だが、時を止める能力も時を消し飛ばす能力も、攻撃有効圏内に近寄れず
   無意味に陥る。果たして最強と豪語する天人を打ち破る事は出来るのか・・・!?

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/05(火) 09:38:18 ID:USPnlj+H

ディアボロがまともってwww

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/05(火) 15:27:09 ID:iX5F3Eja
東方星波紋の人、乙ですよ〜
ダメだ、このラスボス達・・・早く何とかしないと・・・ww

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/05(火) 16:30:41 ID:typGYtLG
                 、_、ト'i从ト,、_、
                、y':::::::::::::::::::::`:`'w、
              _'シ::::::::::::::::::::::::::::::::::厶、
             _z':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::そ_ 
             彡::, '" ̄``ー、≦==、:::::::::ミ、
             彳j      `` `  ヾ::::::ミ
              l:f  __    ・  _,.、 `!::::::ミ
              }l 'ヾミミヽ  rz彡‐`ヽ |::fYj
              {|  、_tッ、,゙ ' r' rtッ_‐ァ' |::}}!
              ゙l  `ー 'ノ  !、`ー '   |::リノ
              l  . ,イ   'ヽ     }チ'   __
              '、 ゚ ´...:^ー^:':...   ゚ 卞    / /`7゙⌒ヽ
               ヽ  r ζ竺=ァ‐、   ノ     >―‐く /   ハ
            r――丶  `二´  丶 /|     | 、_八 ノ |
           /   _/丶、    ,., . /ヘ.    \    「  . |
          {  /   , イ ` ̄´′  / .|>、   \__  |
          | /  /  \ ___./  |.  \   |゙    |
            }\ /          /   .|   ⌒\ 「\   |\
         | ̄ ̄/            /  /      V  \__|_\
         |  /          |   \         |       /
         /  /              |   /       |        /
    /⌒'r-| ./              l  ./  人      |.        |
   / ̄`V  | /                 |  /    /\           |
   |     ゝrイ/                | ./      ハ  \       |
   \ ゝイ l|                 ∧{        ヘ   \    /

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/05(火) 16:32:00 ID:typGYtLG
                 、_、ト'i从ト,、_、
                、y':::::::::::::::::::::`:`'w、
              _'シ::::::::::::::::::::::::::::::::::厶、
             _z':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::そ_ 
             彡::, '" ̄``ー、≦==、:::::::::ミ、
             彳j      `` `  ヾ::::::ミ
              l:f  __    ・  _,.、 `!::::::ミ
              }l 'ヾミミヽ  rz彡‐`ヽ |::fYj
              {|  、_tッ、,゙ ' r' rtッ_‐ァ' |::}}!
              ゙l  `ー 'ノ  !、`ー '   |::リノ
              l  . ,イ   'ヽ     }チ'   __
              '、 ゚ ´...:^ー^:':...   ゚ 卞    / /`7゙⌒ヽ
               ヽ  r ζ竺=ァ‐、   ノ     >―‐く /   ハ
            r――丶  `二´  丶 /|     | 、_八 ノ |
           /   _/丶、    ,., . /ヘ.    \    「  . |
          {  /   , イ ` ̄´′  / .|>、   \__  |
          | /  /  \ ___./  |.  \   |゙    |
            }\ /          /   .|   ⌒\ 「\   |\
         | ̄ ̄/            /  /      V  \__|_\
         |  /          |   \         |       /
         /  /              |   /       |        /
    /⌒'r-| ./              l  ./  人      |.        |
   / ̄`V  | /                 |  /    /\           |
   |     ゝrイ/                | ./      ハ  \       |
   \ ゝイ l|                 ∧{        ヘ   \    /

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/05(火) 17:25:11 ID:ibJbek/W
                 、_、ト'i从ト,、_、
                、y':::::::::::::::::::::`:`'w、
              _'シ::::::::::::::::::::::::::::::::::厶、
             _z':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::そ_ 
             彡::, '" ̄``ー、≦==、:::::::::ミ、
             彳j      `` `  ヾ::::::ミ
              l:f  __    ・  _,.、 `!::::::ミ
              }l 'ヾミミヽ  rz彡‐`ヽ |::fYj
              {|  、_tッ、,゙ ' r' rtッ_‐ァ' |::}}!
              ゙l  `ー 'ノ  !、`ー '   |::リノ
              l  . ,イ   'ヽ     }チ'   __
              '、 ゚ ´...:^ー^:':...   ゚ 卞    / /`7゙⌒ヽ
               ヽ  r ζ竺=ァ‐、   ノ     >―‐く /   ハ
            r――丶  `二´  丶 /|     | 、_八 ノ |
           /   _/丶、    ,., . /ヘ.    \    「  . |
          {  /   , イ ` ̄´′  / .|>、   \__  |
          | /  /  \ ___./  |.  \   |゙    |
            }\ /          /   .|   ⌒\ 「\   |\
         | ̄ ̄/            /  /      V  \__|_\
         |  /          |   \         |       /
         /  /              |   /       |        /
    /⌒'r-| ./              l  ./  人      |.        |
   / ̄`V  | /                 |  /    /\           |
   |     ゝrイ/                | ./      ハ  \       |
   \ ゝイ l|                 ∧{        ヘ   \    /

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/05(火) 18:28:04 ID:26z+VPd6
          _j^⌒ヽ=、_r─、.
        /: : : : : : : : : : :`´`='ハ、.
      /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : `t、_
     /: : : : : : : : : :.__: : : : : : : : : : : :ハ
     {: : : : : : : : : /´   ``ー-、: : : : : : : :j
      |: : : : : : : /        `ヽ: : : : : |
     f: : : : : : 彳           、: : : : :}
     |:,._: : : /  __          |: : : :/
     !f´ヽ.: ト、   `ー-、         i: : :/
      { l=7:j  ヽr'´ャュ、`ヽ‐- -‐‐- j: :./
     ヽ `.   |  ` ´ ノ⌒´ャェァ、ヽ:f´
       トl    `-____.ノ  代 ` ´ fノ'
      レ|       (   .ヽ`ー--'/         東方厨で〜す☆
      _ト     .: .:.`:.l´:. . ../    
  __   /|,-、    `ーニニY=、,.  /     
  ! ヽ. / !__jヽ    `ー‐ '  /  
  _,ハ j.  | 1 \_`_   ノ/``‐、
/ ハ ∨ !__.i   ` ̄ ̄ /|`,   ヽ``ヽ
   ハ ∨| ト、       レ'     ヽ  ``ヽ.
    ハ 、!  !ヽ      /   _  \    \
    /´ ̄`` (^iヽ   /   `7 `ー‐、
    { -'^`ヽ ヽ 〉=_./!   /
   { ー‐、 `ヽメ !  f´  /
    |    Y´ー' ./  / /
     革命家 加藤智大(25)

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/05(火) 20:57:33 ID:rsh6oU2y
>>97-100
何か言いたいことがあるなら言ってみなよ。
少なくとも俺は聞くからさ。

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/06(水) 06:14:12 ID:iUWjUi8z
>>101
四つんばいになれよ、早くしろよ
免許返さねぇぞ

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/06(水) 08:15:05 ID:b3389b3k
>>102
ここにホモはいません。
別を当たってください。

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/06(水) 09:00:12 ID:iUWjUi8z
>>103

                  、____,
                 ,ィ'"三ミミミ≧,、
                イ彡ミミミミミミミミヽ
                   {ミシー=、三三ミミミ}
                 l/,、__ '´,,_ヾミミソ
                    i'赱.} f苙テ` }シイ
                    | ''ノ 、゙"  リ'ノ   < Fuck You
             -=ニヘ /`ニ^ヽ /´
           _,.ィff"´ lハ`三' ,.イiL_
        ,. <  }X} ∠イ `,ニ,゙´rくゝ<,、_
       /   ヽノソ<\  ``l !-へヽ ,メヘヽ、
      /     ,イソ ヽoヽ、 ∨;   `',イoハメ! ヽ
     ,l    ,f7ソ   \o\ j|  /oン' {X}   ',
     /'、_,. ,イン′    \o >=y'o/   {X}  l
.    / l   fシ′       {T_ソフ    W!  |
   ,'  ヽ  ハ        / o /´       V   |
    |       /―`ー‐゚―---イ_/、   。 ノ   i |
   ノ      /l` ―――---{(___)}`` ー‐f´!   l! !
  /   、 / |        `ー '` ―--||  l| | 



105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/06(水) 16:24:43 ID:b3389b3k
>>104
別 を あ た っ て 下 さ い

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/06(水) 17:27:50 ID:mMaK0wkG
夏だなぁ

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/06(水) 18:09:45 ID:iUWjUi8z
>>105

                、____,
                ,ィ'"三ミミミ≧,、
               イ彡ミミミミミミミミヽ
                  {ミシー=、三三ミミミ}
                l/,、__ '´,,_ヾミミソ
                   i'赱.} f苙テ` }シイ
                   |//ノ 、/// ,リ'ノ   < FFFFFFuck You
            -=ニヘ /`ニ^ヽ /´
          _,.ィff"´ lハ`三' ,.イiL_
       ,. <  }X} ∠イ `,ニ,゙´rくゝ<,、_
      /   ヽノソ<\  ``l !-へヽ ,メヘヽ、
     /     ,イソ ヽoヽ、 ∨;   `',イoハメ! ヽ
    ,l    ,f7ソ   \o\ j|  /oン' {X}   ',
    /'、_,. ,イン′    \o >=y'o/   {X}  l
.   / l   fシ′       {T_ソフ    W!  |
  ,'  ヽ  ハ  。     / o /´       V   |
  |       /―//"―---イ_/、   。 ノ   i |
 ,ィー─--- 、//――--.{(___)}`` ー‐f´!   l! !
〃  ,〉ー‐ァ'´/       `ー '` ―--||  l| | 
.  /Y/ 〃勺
  {__,{ヽ/  ,/
.  弋j/   /



108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/06(水) 18:28:20 ID:b3389b3k
>>107
よし、ここをどんどん荒らしちゃっていいぜ。
遠慮するなよ、どんどん荒らせ。

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/06(水) 21:31:22 ID:WZbh6g+Q
>>102>>104>>107
もっと他に言いたいことがあるんじゃあないのか?
それを言わなくていいのか?
聞いてやるからさ

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/06(水) 22:20:07 ID:YyD4Oo10
会話のモッヂボールだなこりゃ

111 :小人と猫と白黒と。:2008/08/06(水) 22:32:32 ID:Tw2a2jRY
どうもー、イルーゾォの人です。
三十分後に投下します。

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/06(水) 22:34:43 ID:iUWjUi8z
        ,.:―――‐‐.、    あたまテッカテカ 濡れてピッカピカ
      /  , - 、, - 、 ヽ    それがどうした 僕マ○えもん
     / ,.-‐'l  。 ,! 。 l―.ヽ
     l l ヽ` - ○- ' ‐ i l   大人の世界の 電動ロボット
     l l - `ー┴―' ‐ l.,!  どんなもんだい 僕○ラえもん
     \ヽ'       `./
       ヽ===(テ)=="l    奇妙奇天烈 摩訶不思議
       (l  ()   () .l    奇想天外 自己挿入
       l    ()   l)    悶エ迅速 男ハ不要
       l  ()     l
       l     ()  l)    マ○えもん(ウィンウィン)
       (l   ()    l    ○ラえもん(ウィンウィン)
       l ()    () l    ツウ販デカッタ
       l    ()   l)    通ハンデ買ッタ
       〔liiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiil〕    マ○えもん
       〈:.....     .....:〉
       〈:.....     .....:〉
       〈        .〉
       l`ー―――‐‐'l
       `ー――――'

113 :小人と猫と白黒と。:2008/08/06(水) 23:05:54 ID:Tw2a2jRY
「えーっと・・・、野菜は買ったから・・・、あとは鶏肉とひき肉か。
 ったく、こう言うのはギアッチョにやらせればいいじゃねぇか、今夏だし。しょおがねぇなぁー。」
そう言ってエコバック片手に、メモを見つめるどう見てもカタギに見えない男が一人。
幻想郷には似つかわしくないその男は、まさしく暗殺チームの一人、ホルマジオだった。
彼はその性格が災いしてか、よく頼みごとをされる。
自分が嫌なときはもちろん断るが、それでも大抵は引き受けるのでこうしてよく雑用を押し付けられるのだ。
まぁ、多分今回は慣れない土地で他の奴らよりは適合性があると判断されたのだろう。
実際、彼はそれなりにうまくやっていた。
先ほども、店のおばちゃんにおまけでニボシを貰った。
「ブイヨンとかに使ったりするらしいが・・・・・。」
よく分からないが、とりあえず貰っておけるものは貰っておく。
それにしてもいい天気だ。日差しが、憎々しいほど照っている。
「あちぃなぁ・・・、ここがイタリアならバールでも入って一服するところだが・・・・。」
だが、こんな閉鎖された空間にコーヒーがおいてあるとも思えないし、あったとしても味は期待できそうにない。
そんな事を考えながら、とっとと買い物を済ませて帰ろうと思ったが・・・・。
「おっ!」
店と店との間の裏路地に、何やらネコが暑さを避けて寝ているのを発見した。
「ねこだねこだ、ねこ。」
妙にうきうきした足取りで、彼はひょいひょいとネコに近づいていく。
「ほれ。」
ちっちっちっちっと舌を鳴らすが、ネコは反応しない。
だが、ホルマジオはそれくらいではあきらめない。
お持ち帰り・・・とまでは言わないが、喉くらい撫でて帰りたい。
すると、ホルマジオは先ほど店のおばちゃんにもらったものを思い出す。

114 :小人と猫と白黒と。:2008/08/06(水) 23:07:41 ID:Tw2a2jRY
そしてごそごそと、袋の中を漁り、ニボシを取り出し、ネコに差し出す。
「おい、お前、これいるか?」
ネコは、ピクッと反応する。
「ほら、やるよ。何個欲しい?四つか?五つか?このいやしんぼめ!」
ネコは人間から物を貰うのに慣れているのか、ホルマジオの手からパクッと煮干を食べた。
「おぉぉぉぉぉ・・・・・・・・・・・。」
イタリアでは死ぬ程猫に懐かれなかったホルマジオは、その様子に目を輝かせる。
すると、ニャーと言う声が別の方向から聞こえてくる。
「う・・・・嘘だろ?!」
見てみると、このネコの仲間らしきネコが大量に集まっていた。
思わずホルマジオは頬をつねる。
ネコはにゃーにゃーと鳴いて、彼にニボシを催促した。
「ほら、並べ並べ。全員に分けてやるからな、な?」
にやけながら、ホルマジオはネコ達にニボシをやる。
もし、今のホルマジオが職質を受けたとしたら、間違いなくギャングと言ってもふざけるな!と一蹴されるだろう。
それくらい、今の彼はデレデレのグダグダだった。

115 :小人と猫と白黒と。:2008/08/06(水) 23:08:41 ID:Tw2a2jRY

「もー!皆どこ行っちゃったんだよー!!」
そう言いながら彼女は道をぷんすかと歩く。
頭についた耳はピンッと張っており、尻尾は怒りのあまり激しく揺れている。
何故なら、一緒に連れてきた配下のネコ達が、全員勝手な行動をしてしまい、いなくなったのだ。
「うぅー・・・・、これじゃお使いできない・・・。」
彼女こそ八雲 紫の式の式、りっぱな妖怪、ネコマタである。
すると、彼女のとなりに現れる影が一つ。
「よう!橙!」
白と黒の服に身を包み、箒に乗った少女。
「何だ・・・、魔理沙かぁ・・・。」
「何だとは何だ。橙のくせに生意気だぞ!」
そう言って、魔理沙がグシャグシャと橙の頭を撫でる。
「ん・・・、それはそうと、何だその鞄。」
魔理沙は橙の肩から掛けられた大きな鞄を指差した。
中には棒の様なものが入っているらしく、その形になっていた。
「これは幽々子様から紫さまへのお届け物だよ。なんでも白玉楼の書庫で見つかった、危険な魔導書なんだ!
 紫様の作った専用の箱に入れて運ばなきゃとてもじゃないけど運べないくらい危険な魔導書だ!!
 私はそれを運ぶ重要な役目を担っているんだ!!
 わかったか?分かったなら私はいそがしいんだ!とっととあっちに行け!!」
しっしっと彼女は魔理沙を追い払おうとする。
「ほう・・・、そうかそうか。魔道書かぁ・・・・。」
魔理沙が、ニヤリと笑った。そして、帽子の中から瓶を取り出した。
「あらよっと!!」
それを地面に叩きつけると、その瓶から煙がもの凄い勢いで噴出した。
「にゃぁっ?!げほっ・・・げほっげほっ!!」
橙は突然のことに驚き、思いっきり煙を吸ってしまい咳き込んだ。
「けほ・・・!!」
ようやく煙が晴れる。
「ま・・・魔理沙?!一体何のつもり・・・!!」
橙は必死に魔理沙を探すが、その場に既に魔理沙の姿はなかった。
そして、橙は自分の鞄がやけに軽くなっていることに気づく。
「まままままま・・・・・まさかっ?!」
鞄の中を探ると、メモが一つ。

 
『そんな危険な物をお前に持たせるわけにはいかない。
  と、言うわけであずかっておくぜ! 魔理沙』

「あぁーーーーーーーーっ!!」
人間の里に、橙の悲痛な声が木霊した。


116 :小人と猫と白黒と。:2008/08/06(水) 23:09:33 ID:Tw2a2jRY
「あうぅー・・・・・、散々だぁ・・・・。」
橙は泣きそうになりながら、トボトボと歩く。
お使いは失敗するし、配下のネコ達は見つからない。
やめて!もう橙の精神的残機は一つよ!!
「どうしよう・・・、このままじゃ帰れないよ・・・・。」
落ち込んだ彼女に、みゃーと何かが鳴きかける。
「にゃあ・・・・・・。」
「あ・・・・・・。」
それは彼女の配下のネコの一匹だった。
そのネコは心配そうに橙の足元で彼女を見つめている。
「う・・・うぇぇぇぇぇ・・・・・・!どうしよぉぉぉぉぉぉ!!!」
ネコを見て少し安心したのか、橙はしゃがみこみ、ネコに抱きついた。
「どうしよぉ・・・、どうしよぉぉぉぉぉ!!」
すると、突然声が後ろから響いた。
「・・・お!お前らのご主人様か?」
その声に反応し、橙は思わず構える。
「あ?」
すると、そこいたのは頭、肩、腕、全てにネコを乗っけた、ホルマジオだった。
その様子に橙は一瞬固まるが、すぐに持ち直す。
「何だお前!!私の配下に何をした!!」
橙は爪を構えて、ホルマジオを威嚇する。
「何って・・・・・。ニボシやってたら・・、突然ぞろぞろと歩き出したからついてきたんだが。」
そう言ってホルマジオは肩に乗ったネコの喉を撫でる。
すると、ネコは気持ちよさそうにゴロゴロと鳴いた。
「なっ・・・!!嘘だ!!人間なんかに私の配下が懐くわけがない!!」
橙はそう叫び、ホルマジオに飛び掛ろうとする。
次の瞬間、感じたのは悪寒。
ホルマジオの目は、既に暗殺者のそれになっていた。
その殺意を受けてホルマジオの周囲にいたネコ達は毛を逆立てて逃げ出す。


117 :小人と猫と白黒と。:2008/08/06(水) 23:10:04 ID:Tw2a2jRY
「あ?やんのか?」
「・・・・・っ!!」
初めて受ける本気の殺意に、橙は一瞬怯える。
「ば・・・馬鹿にするな!巫女でも何でもない普通の人間が・・・・・!」
橙はホルマジオに、飛び掛った。
しかし、次の瞬間、ホルマジオの姿が消えた。
「な・・・っ?!どこだ!!」
橙はそう言って辺りを見渡す。
そして次の瞬間、彼女の首ねっこを何者かにつかまれた。
「にゃあぁっ?!何だ!!何だ?!」
「おいおい、人が何もしてないのに襲い掛かるこたぁねぇだろ・・・・。しょうがねぇなぁー。」
橙の首ねっこを掴んでいたのは、もちろんホルマジオである。
リトルフィートで小さくなり、橙の視界から姿を消し、そのまま背後に回りこんで橙を捕まえたのだ。
暗殺者である彼は気配を立つのに長けている上、橙の未熟さもあって簡単に背後を取れたのだ。
「う・・・・う・・・・うわぁぁぁぁぁぁぁんっ!!」
次の瞬間、橙は思いっきり泣き出した。
配下は言う事聞かないし、魔理沙に大事な本を取られるし、ただの人間にはやられる。
あまりに散々な自分に、涙止まらない。
「あ・・・あー、何だ。その。」
突然泣き出した橙に、ホルマジオは戸惑う。
(脅しすぎたか・・・?)
そう思い、ホルマジオは橙を下ろす。
「うわぁぁぁぁぁぁ!!うわぁぁぁぁぁぁぁぁん!!」
「あー、泣くな泣くな・・・。しょうがねぇなぁ〜。そこの茶店でなんか奢ってやるからな、な?」
「うぇぇぇぇぇぇぇ!!」
人間の里の裏道で、猫又を慰める暗殺者と言う奇妙な光景が繰り広げられていた。


118 :小人と猫と白黒と。:2008/08/06(水) 23:11:53 ID:Tw2a2jRY
以上です。ホルマジオは子供とかに弱い気がする。


119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/06(水) 23:13:55 ID:iUWjUi8z
>>118
ゴミだね。辞めたほうがいいよ。


120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/06(水) 23:15:00 ID:YyD4Oo10
イルーゾォの人、乙ですよ〜
不覚にもホルマジオが可愛いと思ってしまったww

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/06(水) 23:21:28 ID:mMaK0wkG
>>118
乙です、チョコ先生で不覚にも

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/06(水) 23:27:37 ID:iUWjUi8z
r-、 _00           /::::'┴'r'
.|::::'´::::r┘  !「`L00、|.l└ク_;厂  /
.|::::「|:::|    l| |Ln:::r┘|.l _lニユ、 ./
. ̄└r''"´]_ l| | r゙=゙┐ |└ァ::/ /  /
、ヽ、 ,ゞ´_::::| l| |「二:::7 .|.l └′/  / /
. \\`´ |:::|. l| l 〈::/  、 !     '/
     \ ̄  l
      ∨
        ,r;;;;ミミミミミミヽ,,_
      ,i':r"      `ミ;;,
      彡        ミ;;;i
      彡 ⌒   ⌒ ミ;;;!
       ,ゞi" ̄ フ‐! ̄~~|-ゞ,
      ヾi `ー‐'、 ,ゝ--、' 〉;r' 
      `,|  / "ii" ヽ  |ノ  <毒餃子食えよ、毒餃子
       't ト‐=‐ァ ./イ
         ヽ `ー‐'",/ λ、
      _,,ノ|、  ̄//// \、
  _,,..r''''"   | \`'/  /    ̄`''ー
        |  /\  /
        |/)::::/\/

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/06(水) 23:36:41 ID:doVq/6jz
GJ!
しょうがねぇなぁ〜と言いつつ、けっこうやさしいマジオwww
結構兄貴に向いてるかも

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/07(木) 00:02:13 ID:qHtYBdpe
   、ヾ'、'、'、;'"ト'从`'`ヾノ'、ノl
   ,ィシ'"ヾヾヾヾヾ////;.:.:.:.:.ミ
  彡:.:三ミミミミ彡 ミ'ミミミミ:.:.::.::.:.ミ
  彡:.:::.三=-彡彡ミミミミミミミ:.:.:.:..ミ
 彡:.:.:'   彡'      '、  '、:.:.:.:ミ
 彳:.:{:  _ _         _   }:.:.:.:ミ
 'ノ,:.:f::: ,'=ミミ'、    ;;彡==ヽ ヾ:.:.ミ
  シl|:::     ヾ   '       };リ^!   AVビデオに出ないか?東方厨
 〈fヾ|:: イて)ゝ::   /て)ゝ ,l|;']|
  {じ{l::      :         | ),/
  ヽ,!:::      r :. .: 、     ij,ノ
    l::::    `^ ^´     ,'
     ';:::    _ _ _    /
     ヽ:;:    ー    ./ 
.     |::ヽ;  `"´  ./         
    ./|::::::::\ _ _ _ / |


125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/07(木) 00:02:43 ID:iUWjUi8z
   、ヾ'、'、'、;'"ト'从`'`ヾノ'、ノl
   ,ィシ'"ヾヾヾヾヾ////;.:.:.:.:.ミ
  彡:.:三ミミミミ彡 ミ'ミミミミ:.:.::.::.:.ミ
  彡:.:::.三=-彡彡ミミミミミミミ:.:.:.:..ミ
 彡:.:.:'   彡'      '、  '、:.:.:.:ミ
 彳:.:{:  _ _         _   }:.:.:.:ミ
 'ノ,:.:f::: ,'=ミミ'、    ;;彡==ヽ ヾ:.:.ミ
  シl|:::     ヾ   '       };リ^!   AVビデオに出ないか?東方厨
 〈fヾ|:: イて)ゝ::   /て)ゝ ,l|;']|
  {じ{l::      :         | ),/
  ヽ,!:::      r :. .: 、     ij,ノ
    l::::    `^ ^´     ,'
     ';:::    _ _ _    /
     ヽ:;:    ー    ./ 
.     |::ヽ;  `"´  ./         
    ./|::::::::\ _ _ _ / |

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/07(木) 00:49:29 ID:w3GUdpqR
面白かったGJ!
リトルフィートって良く考えるとかなり強いスタンドだよな。
エアロスミスとスタプラぐらいじゃないか?勝てる奴って。

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/07(木) 01:00:11 ID:cL3IX9P6
ホルマジオに可愛いと感じる日がくるとはwGJ!

>>126
スタンドは使い方しだいだからなんともいえないけど、
傷つける必要があってしかもすぐに縮むわけじゃないって、使いにくい部類のスタンドだと思う

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/07(木) 01:06:50 ID:0/ZdR+gj
自分で弱いってわかってるみたいだしな

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/07(木) 01:38:27 ID:w3GUdpqR
>>127
いやいや、自分が小さくなって背後に回ったりの事。
小さくした物をいきなり大きくしたりして攻撃も出来るから。
例えば、イスを小さくして敵が跨いだ所で大きくすれば…大ダメージ間違いなしじゃね?


ここでふとドラえもんのパラレル西遊記の最後思い出したwww

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/07(木) 02:48:07 ID:qHtYBdpe
            l
   / ̄ヽ     l               お
   , o   ',   朝 l         _     .は
   レ、ヮ __/  しの l       /  \    よ
     / ヽ  よ勤.l       {@  @ i    う
   _/   l ヽ う行 l       } し_  /
   しl   i i  を l        > ⊃ <   今
     l   ート   l       / l    ヽ   日
 ̄ ̄¨¨~~ ‐‐‐---─|      / /l   丶 .l  も
      ___    |      / / l    } l  い
 三三三三三    l    /ユ¨‐‐- 、_  l !  い
            l _ /   ` ヽ__  `-{し| 天
 /ニュ トーイ    l /         `ヽ }/気
 ヽ廿'  .`廿'   l          / //  だ
 ̄ ̄ ¨¨¨ー─‐‐--- ,,, __ ____/ /_/    
      ,, _    |         ̄¨¨` ー──---
ほな  /     `、  |          _
うん /       ヽ .|  な    /   ヽ   な
れみ./  ●   ●l | ほん   l @  @ l  ほん
んょ l  Unnし  U l | うみ   l nnし l  うみ
げう l u| | |___ u l| れょ   ン | ||っ く れょ
き   >u| | |_ --' _Uィl きんう / ~ノ| ヽ ヽんう
ょ  / 0 ノ| 丶  0ヽ |ょげ  l  ヘ/  丶 -'  ヽ
.う/ /u | ヽ  ヽuヽ |う    ~ l     ヽ-┬ '
  / /   \    | て=-、─----‐‐─ヽ
/  ノ ̄        ト'      三三三三三 


131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/07(木) 02:48:38 ID:qHtYBdpe
ネットでしか、いじめが出来ない臆病者よ! 汝の悪行は必ず仏罰として返って来るであろう。
愚かな行為は、今すぐ止めよ! それは自らの生命を汚し、その先に在るのは、無間地獄の裁きのみ!
私は断言する! これが、嘘でない事が必ず判る日が来る。その時に本当の仏法の厳しさを思い知るがいい!

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/07(木) 03:45:32 ID:qHtYBdpe
    ノ^ヽ, ___ i┐  ヘ _____.   ,ヘ  ,ヘ  ,ヘ       ,¬,
  /∠ゝ,,ヽ! | | |   ノ/└┐i-i┌-! ┌ゝムゝム!∠-i    ノ ヘ,.ヽ.,,
 くイ'三三┐| | | |  / |'┌┘!-!└┐ | |二二二二マ |  ,.-''" ∠--ゝ ,"フ
  | ,二二, | | | | |  <,. | | n n n |  ̄ !---'ゝ/└┘ 丶-'======='=
  | i三三┘| | | |   | | | || | | | | | ┌----! '----┐ └--, ,-,..---┘
 丿,. ┌┐"|U | |   | | | U U U |  " ̄ ̄] | ̄ ̄"  _/ ∠,..ゝ\
 'V |__二_| エ_|   |_| |__i-----i__|    匸_.」      !,. ----''''"ヽ,ゝ


133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/07(木) 03:48:53 ID:YhstM8ya
こんな時間に良くやるな。
せっかくだからこの時間を利用してSSでも書いてみたら?

東方キャラが気に食わないんなら、別にジョジョキャラで嬲ってもいいんだぜ?



キャラ崩壊したら殺すけど。

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/07(木) 03:56:10 ID:qHtYBdpe
>>133
      彡川川川三三三ミ〜
      川|川/     \|〜
      川川  ◎---◎|〜 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      川川     3  ヽ〜< キャラ崩壊したら殺すけど
      川川  ∴) A(∴)〜  \____________
      川川     U  /〜     ___
    _;川川     ダッラ〜   .    |  |   |\_
  /  川川   __/        . |  |   | |  |\
 /    /     | |              |  |   | |  |::::|
(    (   ◎  / \_          .|  |   | |  |::::|
 \   \   /\    ̄ ̄\     |  |   | |  |::::|
  /:\   \  ドピュ ̄\っ))))〜〜|  |   | |  |::::|
 /:::  \    つ___  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 |:::    \   (__3。 ;。 ̄ ̄ |  _________ .|
 |::::     \__/          .| |             . |.|
 \:::    (;;; );; )          | |           .   |.|


135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/07(木) 04:26:18 ID:YhstM8ya
何か返信してくれてるなら悪いんで一応書くが、既にNGIDに入れちゃったんで見えないわ。
読んで欲しい内容書いたんならID変わった後AA貼る前にもう一度書いてくれや。

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/07(木) 04:40:45 ID:qHtYBdpe
    ノ^ヽ, ___ i┐  ヘ _____.   ,ヘ  ,ヘ  ,ヘ       ,¬,
  /∠ゝ,,ヽ! | | |   ノ/└┐i-i┌-! ┌ゝムゝム!∠-i    ノ ヘ,.ヽ.,,
 くイ'三三┐| | | |  / |'┌┘!-!└┐ | |二二二二マ |  ,.-''" ∠--ゝ ,"フ
  | ,二二, | | | | |  <,. | | n n n |  ̄ !---'ゝ/└┘ 丶-'======='=
  | i三三┘| | | |   | | | || | | | | | ┌----! '----┐ └--, ,-,..---┘
 丿,. ┌┐"|U | |   | | | U U U |  " ̄ ̄] | ̄ ̄"  _/ ∠,..ゝ\
 'V |__二_| エ_|   |_| |__i-----i__|    匸_.」      !,. ----''''"ヽ,ゝ


137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/07(木) 08:05:50 ID:jrM6m/qs
>>136
月収いくら?

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/07(木) 11:23:48 ID:qHtYBdpe
                           ,.─-- x
                          /:::::::::::::/,,ヽ  ,●
                       ● i:::::::::::::::i ii`!l/
               _,,,_   _,,_    \l::::::::::::::l ト,゙ji   ))
            ,.ィ":::::ミ''彡::::`丶((  |:::::::::::::| し/
      l⌒l   /:::::::::::彡 ミ:::::::::::::::::ヽ  ヽ::::::::;;t_ノ
      |  つ /::::::::::::::::彡:..:ミ::::::::::::::::::::ヽ  |::::|、   デンデン     
      |  | /::::::::::::::::/⌒"⌒丶、::::::::::::::', ,|::::(|    
      |  | |::::::::::/l:/      ノハ:::::::::::::i(つ:(/ 
      |  | 、::,イ ==ュ  r== リ:::::::::::::| ,`''   
      |  |' ヾ:| r、_tッ、,゙ ' r' rtッ_‐ァソ!::::::ノ/  
      ヽ_/│ `ー 'ノ  !、`ー '  ,リ´i /       デンデンデン!!!!!
          、! . ,イ   'ヽ     fシ'/         デンデンデン!!!!!
           │  ゚´...:^ー^:':..  ゚ │′      
         │    ヾ三三 シ'    │      こんばんわー―!!こんばんわー―!!  
         │     ` ― '´    │    やぁKYN君元気?創価学会男子部の 
         |              |     デンデンDBでーす!☆
         |               |
          \ ∵∴∴∴∴∴∴/   
         /`    ∴∴∴∴/^"
        /   /`ー――'''''  { /
       /  ノ          / /_
       \  `ヽ         i___,,」
        \ \
         ノ  _>

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/07(木) 11:39:23 ID:jrM6m/qs
>>138
今は昼だぜ。

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/07(木) 11:58:56 ID:urrzlupr
もう荒らしに反応するのはやめたほうがいい、キリがないぜ?

前のスレでも誰か言った
『黄金の精神でスルーしなければならない』

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/07(木) 12:35:15 ID:jrM6m/qs
スルーではない受け入れるんだ。
荒らしだってうまく表現できないから、こういうAA貼るんだろ?
だから優しく迎え入れるんだ。

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/07(木) 12:57:24 ID:rTnZ+Wdk
荒らしに反応してる奴は荒らしの自演だろうに

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/07(木) 13:02:16 ID:jrM6m/qs
>>142
IDって知ってる?

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/07(木) 13:23:27 ID:scELfgU4
sageろ

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/07(木) 17:09:20 ID:RJCIFnZ5
とりあえず素数を数えて落ち着くんだ・・・今このスレにはそれが必要だ・・・
ところで妹紅とアブドゥルさんがどっちが早く鉄板を燃やし尽くせるか勝負をしたとしよう
どっちが早いと思うよ?

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/07(木) 17:19:52 ID:rI6+8iDZ
>>145
アヴドゥルさんかな
2ポンド賭けてもいーよ
ところでこのスレ最近見始めたから前のスレのことは知らんが前のスレから荒れてたのか?

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/07(木) 17:21:12 ID:0/ZdR+gj
一瞬でドロドロに出来るんだからアヴさんだろうな

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/07(木) 18:37:08 ID:jrM6m/qs
4のとこから荒れてきたんだっけ?

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/07(木) 18:52:07 ID:UCGaT1In
>>146
前々スレから荒れてる。
というか一人の粘着が居る。
ジョジョファンを装っているけど単なる東方アンチ。

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/07(木) 23:47:10 ID:77mCATFy
はいはーい、落ち着こう。
下らない種と書いて下種、の相手なんかしてはいけない。

こういう時は最も伝統的な話し合いをするべきだ。
おっぱいの話をしよう。先ずはそこからだ。


151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/08(金) 00:48:30 ID:GNc8+DiC
パッドの話と申したか

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/08(金) 06:54:27 ID:fZKbrT4d
なんで同人ゲーム如きとジョジョを比べるの?池沼なの?

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/08(金) 08:24:53 ID:r2tkP0/8
東方て単なるシューティングゲーム
と友人から聞いている。

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/08(金) 11:34:20 ID:Hd/PoFgR
>>152
なんでってお前・・・なんでだろーな?ww
>>150
おっぱいは正義だろ・・・jk

155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/08(金) 12:05:40 ID:dsccWHoM
エンヤ婆「ジャスティスはおっぱいと聞いて」

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/08(金) 18:06:19 ID:tM4OZ80i
Holy Shit!

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/08(金) 18:32:18 ID:CJSe3H8O
>>152
誰も比べてないぞ

158 :小人と猫と白黒と。:2008/08/08(金) 21:57:04 ID:4G6ope8Y
一時間後に投下します。
個人的にジョジョで一番エロイ女性キャラはマライヤ、二番目はリサリサ先生だと思います。
ふとももたまんねぇ。

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/08(金) 22:10:51 ID:dsccWHoM
ヒャッハー!投下だぁ!格ゲのミドラーもなかなか

160 :小人と猫と白黒と。:2008/08/08(金) 22:57:05 ID:4G6ope8Y
「うぅぅぅ・・・・・・。」
橙は目を真っ赤にしながら、ぜんざいを口に入れる。
それをホルマジオはお茶を飲みながらその様子をテーブルの向かいで眺めていた。
「そのドルチェ、うまいか?」
ここは人間の里にある茶店、特に甘味の味がいいと評判の店だった。
そこで橙は、ホルマジオに白玉の入ったぜんざいを奢ってもらっていた。
「藍様に・・・・、知らない人についていっちゃいけないって・・・言われたのに・・・。」
「襲い掛かっといてそりゃぁねぇだろ?殺しあうのも多少の縁だぜ?」
そう言ってホルマジオは笑う。
「お前、変な人間だな。」
そう言って橙は、ぜんざいの横においてあった湯のみを両手で持ち、番茶をすする。
「あ?どこがだよ?」
ホルマジオは携帯をいじり、少し遅くなりそうな事をメールでリゾットに告げる。
「当たり前だ!妖怪に襲われて、その妖怪に奢るなんてお前は変な人間だ!」
「いや、少なくとも俺の常識の中では人間に襲い掛かって次の瞬間には泣いてるモンスターの方が変だとおもうぞ。」
「う・・・・うるさいっ!!この馬鹿っ!!」
そう言って橙は弾幕を放とうとするが、ホルマジオはそれを止める。
「おいっ!!ばかっ!!!こんな所で戦ったら滅茶苦茶になるだろうが!!」
「うるさいっ!!うるさいっ!!」
「だぁぁぁぁ!!分かった分かった!お姉ちゃん!アンミツ追加!!あとお茶おかわり!!」
それを聞いて、橙の動きが止まる。
「な?機嫌直せよ。」
「こ・・・こんなので騙されるとおもうなっ!!」
「お姉ちゃーん、マメカン追加!!」
数分後、そこにはあんみつとまめかんと水饅頭を嬉々として頬張る橙がいた。
「こんなに無駄に使って後でリゾットの野郎、怒るな・・・・。」
メタリカだけは勘弁して欲しいものだ、とホルマジオは頭を抱える。
そして、ふと思う。
「なぁ、どうしてあんなにかっかしてたんだ?」
それを聴いた瞬間、再び橙は泣き始める。
「うぅぅぅ・・・、盗られちゃった・・・・・。大事な・・魔導書を・・・・・。」
そして橙はぽつり、ぽつりと語りだした。

161 :小人と猫と白黒と。:2008/08/08(金) 22:58:27 ID:4G6ope8Y
「なるほど、なるほど。要するにすっごい大事な物をそいつに取られたわけだ。」
「それだけじゃない!!あれは魔理沙なんかじゃどうにもならないくらい危険な物なんだ!!」
そう言って橙は拳を握り締める。
すると、ホルマジオは橙の頭を撫でた。
「な・・何するだーっ!!」
「よし、解った。手伝ってやる。」
「はぁ?!」
ホルマジオの提案に、橙はすっとんきょうな声を上げた。
「まぁ、こう見ても俺も昔泥棒みたいな事をやっていてな。他人の家に忍び込んでばれないように何かを盗むのは得意なんだ。」
最も、自分が奪うのは命だがな、と心の中で付け足す。
「自慢できることじゃないな。」
橙は冷静に突っ込む。
「うるせぇ!黙ってろ!・・・ったく、人が手伝ってやるっつてんのに。」
店員にお勘定!と言いながらホルマジオは席を立つ。
「ほら、行くぞ。早くしねえとその魔理沙って奴が封印解いちまうぞ?」
「ま・・・待てよ!!!勝手に決めるなぁぁぁぁ!!」
そう言って、橙は大急ぎでホルマジオを追いかけた。




162 :小人と猫と白黒と。:2008/08/08(金) 23:00:07 ID:4G6ope8Y
「で、どこだ。」
「アホかぁぁぁぁぁぁぁ!!!」
後先考えず、魔法の森に突撃したホルマジオと橙は完璧に迷っていた。
「いや、お前が知ってるかと思って。」
「知らないよ!魔理沙の家なんて紫様に召喚された時くらいしか行ったことがない!!」
「しかもお前、買い物袋持ったまんまじゃないか!!」
「しょおがねぇだろぉ!!追いてくわけにはいかないし!!ギアッチョがいたらフリージング・コフィンでどうにかなるんだが・・・。」
「何だそれ?」
「何っ?!最近のガキは聖闘士星矢知らねぇのか?!」
わいわいと二人が漫才のような会話をしていると、突然、草むらがガサガサッと動く。
「何だっ!!」
「出て来いっ!!」
ホルマジオはスタンドを出し、橙は爪を構え、戦闘準備をする。
だが、そこから出てきたのは・・・・・・。
「あれ、ホルマジオ。お前、こんな所で何やってんだよ?」
「・・・・そこに入るのは八雲紫の式の式じゃない。」
草むらから出てきたのは、イルーゾォとアリスだった。
二人とも、あちこちに枝や葉がついている。
「それはこっちの台詞だ、イルーゾォ。てめぇこそ何やってんだよ?仕事はどうした?」
「ちゃ・・・ちゃんとやってるよ!さっきまでアリスに開発したスペルカードを見てもらってたんだ。
 そしたらちょっと失敗して二人とも墜落して・・・・・・・。」
ホルマジオにイルーゾォは少し怒りながら光を反射する鏡のようなスペルカードを見せた。
「始めまして、アリス・マーガトロイドよ。」
そう言ってアリスはホルマジオに自己紹介する。
「あぁ、俺はホルマジオだ。こいつの同僚だ。それにしても・・・・・。」
ホルマジオは、アリスとイルーゾォを見てにやつく。
「イルーゾォ、お前も隅におけねぇなぁー。いきなり彼女・・・。」
「「違う。」」
ホルマジオの言葉を、すばらしいタイミングと速度で二人は否定する。
「そんなことはどうでもいいんだよ!馬鹿ーー!!」
橙は三人に怒鳴る。
「魔理沙の家に行かなくちゃなんだろ!!早く魔導書を取り返さなくちゃ!!」
そう言って橙はぽかぽかとホルマジオを殴る。
「おぉ、そうだった。そうだった。」
ホルマジオはそう言って橙の頭を撫でる。
「魔理沙?魔理沙の家ならここから南にまっすぐ飛べば行けるわよ?」
アリスはそう言って魔理沙の家の方向を指す。
「マジか?行くぞ!!橙!!」
「あ!!待てよ!!」
それを聞くなり、ホルマジオはその場を飛び去り、橙もそれに続く。
だが、ホルマジオはすぐに戻ってきた。
「そうだ、イルーゾォ。これ頼む。」
「は?」
イルーゾォは突然渡された買い物袋の呆然とする。
しかし、すぐにホルマジオは飛び去ってしまった。


163 :小人と猫と白黒と。:2008/08/08(金) 23:01:42 ID:4G6ope8Y
「ここが魔理沙の家だな・・・・。」
「まだ魔導書は開いてないみたいだ・・・。良かった。」
二人は草むらから、霧雨魔法店を眺めていた。
ホルマジオが着地に失敗したらしく、あちこちに傷を作っているが、そこはスルーするのがマナーである。
「おい、とりあえず侵入するか・・・・。お前、猫のモンスターだよな?だったら猫の姿に戻れるか?」
「えっ?!」
橙はそれを聞いて驚く。
「だってそっちの方がばれないだろ。体が小さいから。」
「だ・・・だけどぉ・・・・。」
そう言うと、ホルマジオは橙の服に手を掛ける。
「プライドとか言ってる場合じゃねえだろ、ほら、とっととしろ!!」
ガキの裸なんぞ見てもどうも思わないので、ホルマジオは素で橙を脱がせようとする。
「にゃぁぁぁぁぁ!!脱がさないでぇぇぇぇぇ!!変態ぃぃぃぃぃぃぃ!!」
「うるせぇ!ばれるだろうが!!」
橙は大急ぎで人化を解き、元の黒猫の姿になる。
「うわわわっ!!」
普段被っている帽子が彼女の全身に被さる。
それがのけると、そこには全身真っ黒で、手足と尻尾の先のみ白い子猫がいた。
普通の猫と違う所といえば尻尾が二つあるくらいである。
「よし・・、じゃあ俺の後ろに立ってろ。」
そう言ってホルマジオは、魔理沙の家の扉の前に立つ。
そして、トントンと扉を叩き、叫ぶ
「こんにちはー!霧雨魔理沙さんはご在宅でしょーかー!」
すると、トトトトトトと家の中を走る音がする。
そしてその音から魔理沙がこちらに来るのに時間が掛かりそうなのを予測する。
「リトル・フィート。」
次の瞬間、ホルマジオのスタンドが発動し、彼の身長が十五センチほどになる。
「えぇっ?!」
そしてそのまま戸惑う橙の背中に、ひらりとホルマジオは飛び乗る。
「さ、扉が開いたらチャンスだぜ。」
「お・・・おうっ!!」
こうして、二人のドキドキ霧雨邸大冒険が始まった。

164 :おまけ:アリスとイルーゾォ。:2008/08/08(金) 23:04:52 ID:4G6ope8Y
二人が飛び去った後、アリスとイルーゾォは呆けていた。
「・・・・・そうだ!アリス!どうすんだよ!!」
「どうする・・・って何がよ?」
買い物袋を持ったまま、突然イルーゾォが慌てだす。
「何って・・・『これ、筑前煮・・・、作りすぎちゃったから、貰ってくれる?』作戦の事だよ!!」
それを聞いて、アリスはハッとする。
「そうね・・・・、魔理沙に何かあったら・・・!!」
「どうする!!」
「どうしよう?!」
二人はうーんうーんと悩み始める。
「いや!ここで逆転ホームランだ!!」
突然、イルーゾォはビシィッと指を空に向ける。
「その何かあった後・・・、kっと魔理沙は傷つくだろう!!傷ついた魔理沙をお前が何気なく訪問する・・・!!
 そして!!その傷ついた魔理沙にお前は優しくするんだ!!すると・・・・どうだ!!信頼度は鰻登りだ!!」
「な・・・なるほど!!」
ドドドドドドを言う効果音と共に繰り広げられる論説に、アリスは納得せざるをえない。
「行くぞ!!アリス!!!魔理沙のハートをゲットする為に!!」
「えぇ!!」
その後、まず手荷物をどうにかするためイルーゾォ達のアジトに飛んでいく二人の姿があった。

165 :小人と猫と白黒と。:2008/08/08(金) 23:06:35 ID:4G6ope8Y
以上です。
アリスさんは間違いなく恋愛相談の相手を間違っている気もしない。


166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/08(金) 23:11:05 ID:fZKbrT4d
   /::::::;;;;...-‐'""´´   |;;|
   |::::::::|     。   .|;ノ OZWさん、どうです。FKDの具合は・・・
   |::::::/  ,,,.....    ...,,,,, ||
   ,ヘ;;|    -・‐,  ‐・=.|                 __ 
   (〔y    -ー''  | ''ー .|               f,´‐-- 、`丶
   ヽ,,,,     ノ(,、_,.)ヽ |              /、 _,,,_ ノ::::::::ヽ
    ヾ.|    /,----、 ./              f。ミfr。、 ヾ::::::::l <私にピッタリだ!
     ノ\    ̄二´ /               {ーム":'´ tf'う}!
   _ /:|\   "'´ ̄ヽ               _ lf,-‐-、  ミンリヽ
  / / /   /, ,' , ト、              // ヽ二.    ノ   `ヽ、
 .l゙ ;;.l l   /, ' , ',ノ ;l   ,.. -―-、.._     / |    :;,ー'        ヽ
 .! ;;;l i  l ,' ' ,' ','./ イ  /::;:-― '" ヽ:::ヽ   l  io,'  :;l´      、    i
 │ _;;ヾヽ |, , ' , 'i″  ヽ li''´       l:::::::!  ヽ/ ̄´ `ヽ、 ;o', _;メ、    ヽ
  !  `,! l l; ;', ', ノ;;   ;;l:!      '!::::::」  /      `゙'''''''" ;;;;;ン、_    !
  ヽ;;;;/  ! l  ./;;;;   ;;:!l:r;三、r三_v-'l;!:' l.( i っ       ;;;;;;;〈 /   ノ
   /゛ ./'´/   ヽ.、 ,,;;;ノ !l_/ ヽ_j  r/. 一!;;:,,     _;;;;:::''''-ヽ/   / ズボボッ
巛  !  ;| (、 i_ ̄``ーヾ、 l 'ー‐ 、  ,イi ,,,;;;;:;ヾξζ/、`、`/ ̄` ノ ≡≡ ズボボッ
 巛  ト、_i!、`iメゝ' 、`、、ヾヽ ' ニ.´`  /--┴―'´ ̄`ヽξ 、`、`i l_i_/ ̄ヽ、≡≡
  /;',';';,゛ヾ、、`、`、、`、`ヽ ヽ--‐  r          !、__`、`、` 、`、 `ヽ
 ./,',',',', ',;',;./`-、` 、、_ ` ;;)ヽi  i_, ---―∪     l ζ  `゙'''ー/゛ , , , ノ
  ト ,',', ','/    ̄ ア゛,' ', , , ノ   i  !     /  ハ   i、  ._ノ゙ ̄l ,' ', ,' ,'/
 ,i', ',' ',/      / ,' ,',' ,','ノ-―'  ノ    i_ノ一ヽ   l ̄ _,/´`i ', ' '/

167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/08(金) 23:11:55 ID:Hd/PoFgR
イルーゾォの人、乙ですよ〜
てかホルマジオはなんで聖闘士星矢しってんのw

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/08(金) 23:23:53 ID:fZKbrT4d
   /::::::;;;;...-‐'""´´   |;;|
   |::::::::|     。   .|;ノ OZWさん、どうです。FKDの具合は・・・
   |::::::/  ,,,.....    ...,,,,, ||
   ,ヘ;;|    -・‐,  ‐・=.|                 __ 
   (〔y    -ー''  | ''ー .|               f,´‐-- 、`丶
   ヽ,,,,     ノ(,、_,.)ヽ |              /、 _,,,_ ノ::::::::ヽ
    ヾ.|    /,----、 ./              f。ミfr。、 ヾ::::::::l <私にピッタリだ!
     ノ\    ̄二´ /               {ーム":'´ tf'う}!
   _ /:|\   "'´ ̄ヽ               _ lf,-‐-、  ミンリヽ
  / / /   /, ,' , ト、              // ヽ二.    ノ   `ヽ、
 .l゙ ;;.l l   /, ' , ',ノ ;l   ,.. -―-、.._     / |    :;,ー'        ヽ
 .! ;;;l i  l ,' ' ,' ','./ イ  /::;:-― '" ヽ:::ヽ   l  io,'  :;l´      、    i
 │ _;;ヾヽ |, , ' , 'i″  ヽ li''´       l:::::::!  ヽ/ ̄´ `ヽ、 ;o', _;メ、    ヽ
  !  `,! l l; ;', ', ノ;;   ;;l:!      '!::::::」  /      `゙'''''''" ;;;;;ン、_    !
  ヽ;;;;/  ! l  ./;;;;   ;;:!l:r;三、r三_v-'l;!:' l.( i っ       ;;;;;;;〈 /   ノ
   /゛ ./'´/   ヽ.、 ,,;;;ノ !l_/ ヽ_j  r/. 一!;;:,,     _;;;;:::''''-ヽ/   / ズボボッ
巛  !  ;| (、 i_ ̄``ーヾ、 l 'ー‐ 、  ,イi ,,,;;;;:;ヾξζ/、`、`/ ̄` ノ ≡≡ ズボボッ
 巛  ト、_i!、`iメゝ' 、`、、ヾヽ ' ニ.´`  /--┴―'´ ̄`ヽξ 、`、`i l_i_/ ̄ヽ、≡≡
  /;',';';,゛ヾ、、`、`、、`、`ヽ ヽ--‐  r          !、__`、`、` 、`、 `ヽ
 ./,',',',', ',;',;./`-、` 、、_ ` ;;)ヽi  i_, ---―∪     l ζ  `゙'''ー/゛ , , , ノ
  ト ,',', ','/    ̄ ア゛,' ', , , ノ   i  !     /  ハ   i、  ._ノ゙ ̄l ,' ', ,' ,'/
 ,i', ',' ',/      / ,' ,',' ,','ノ-―'  ノ    i_ノ一ヽ   l ̄ _,/´`i ', ' '/

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/08(金) 23:24:24 ID:fZKbrT4d
   /::::::;;;;...-‐'""´´   |;;|
   |::::::::|     。   .|;ノ OZWさん、どうです。FKDの具合は・・・
   |::::::/  ,,,.....    ...,,,,, ||
   ,ヘ;;|    -・‐,  ‐・=.|                 __ 
   (〔y    -ー''  | ''ー .|               f,´‐-- 、`丶
   ヽ,,,,     ノ(,、_,.)ヽ |              /、 _,,,_ ノ::::::::ヽ
    ヾ.|    /,----、 ./              f。ミfr。、 ヾ::::::::l <私にピッタリだ!
     ノ\    ̄二´ /               {ーム":'´ tf'う}!
   _ /:|\   "'´ ̄ヽ               _ lf,-‐-、  ミンリヽ
  / / /   /, ,' , ト、              // ヽ二.    ノ   `ヽ、
 .l゙ ;;.l l   /, ' , ',ノ ;l   ,.. -―-、.._     / |    :;,ー'        ヽ
 .! ;;;l i  l ,' ' ,' ','./ イ  /::;:-― '" ヽ:::ヽ   l  io,'  :;l´      、    i
 │ _;;ヾヽ |, , ' , 'i″  ヽ li''´       l:::::::!  ヽ/ ̄´ `ヽ、 ;o', _;メ、    ヽ
  !  `,! l l; ;', ', ノ;;   ;;l:!      '!::::::」  /      `゙'''''''" ;;;;;ン、_    !
  ヽ;;;;/  ! l  ./;;;;   ;;:!l:r;三、r三_v-'l;!:' l.( i っ       ;;;;;;;〈 /   ノ
   /゛ ./'´/   ヽ.、 ,,;;;ノ !l_/ ヽ_j  r/. 一!;;:,,     _;;;;:::''''-ヽ/   / ズボボッ
巛  !  ;| (、 i_ ̄``ーヾ、 l 'ー‐ 、  ,イi ,,,;;;;:;ヾξζ/、`、`/ ̄` ノ ≡≡ ズボボッ
 巛  ト、_i!、`iメゝ' 、`、、ヾヽ ' ニ.´`  /--┴―'´ ̄`ヽξ 、`、`i l_i_/ ̄ヽ、≡≡
  /;',';';,゛ヾ、、`、`、、`、`ヽ ヽ--‐  r          !、__`、`、` 、`、 `ヽ
 ./,',',',', ',;',;./`-、` 、、_ ` ;;)ヽi  i_, ---―∪     l ζ  `゙'''ー/゛ , , , ノ
  ト ,',', ','/    ̄ ア゛,' ', , , ノ   i  !     /  ハ   i、  ._ノ゙ ̄l ,' ', ,' ,'/
 ,i', ',' ',/      / ,' ,',' ,','ノ-―'  ノ    i_ノ一ヽ   l ̄ _,/´`i ', ' '/

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/09(土) 00:10:33 ID:RmfNazg5
>>169
そこは両側は胡錦濤と温家宝にしねーとおかしいだろうが、FKD的に

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/09(土) 00:32:52 ID:FWLMVDoI
イルーゾォの人乙!
ホルマジオはやっぱり頼りになるお兄さんって感じがする。

所で、最初

「そのドルチ、うまいか?」

に見えた
いきなり橙死亡かと思って驚いたwww

172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/09(土) 00:41:44 ID:tKY3vphi
【日本全国ご当地DB】

商品番号 長崎-2 原爆DB

::::::::::::::::::::::::......   ........::::::::::::::::::::::::::: ;;;;;;;::::::::::::::::::
           γ/_⌒ヽ⌒ヽ`ヘ
          イ  ` ゚` :.; "゚`ヾ ヾ      < 黙祷しろよ、おう早くしろよ
        / (      ,_!.!、    )ヽ
        (   ( __ ---  , , )  ヾ )
 ................... .......ゞ (.    .  ノ. .ノ .ノ........... ........
 :::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ、、ゝ.....|  |..., , ノソ::::::::::::::.......::::::
  _ _i=n_ ._ [l_ .._....,,. .-ー;''!  i;;;〜−ヽ_ii_i=n_ [l h__
  /==H=ロロ-.γ ,〜ー'''l ! |'''ーヾ  ヾ 「!=FH=ロロ
  ¶:::-幵-冂::( (    |l  |    )  )=HロΠ=_Π
  Π=_Π「Uヾ、 ⌒〜"""''''''⌒〜'"´ ノ;;'':::日lTΠl:::....
 Д日lTl,,..:''''"   ""'''ー-┬ーr--〜''""   :::Д日lT::::
 FH=n.:::::'            |   |         :::FL日l」:::::
 ロΠ=:::::.:.        ノ 从 ゝ        .::田:/==Д::
 口=Π田:::.                   .::::Γ| ‡∩:::::
 Γ| ‡∩Π::....                ...:::Eヨ::日lTlロ::::
 Д日lTlロ_Π::::.......            ...::::::::田:凵Π_=H:::
 =Hロ凵Π=_Πロ=HロΠ:::.................:::::::::::口ロロH「l.FFl

173 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/09(土) 00:47:13 ID:tKY3vphi
  治殷治殷、主!主!主!
\                    
   ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     _,.=三三三三ミ、               -=-::.
    ,.=三三三三三三ミL        /       \:\
  /三三三三彡彡==fミミヽ     |   カ ル ト  ミ:::|
  {三ミr'"        ミ三》   ミ|_≡=、´ `, ≡=_、 |;/
  l三ミl   Maoism   ミミリ   ||..(゚ )| ̄|. (。) |─/ヽ
  ',三ソ 彡=、─=_へ ?ミソ    |ヽ二/  \二/  ∂
  r、7={.イ◎`:}¨{'´◎?}¨リ7    /.  ハ - −ハ   |_/
  ヽi  l - ̄/l lヽ、二ノ }j     |  ヽ/__\_ノ   /   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   lj   ̄ /(_,、_,. )ヽ   lノ     \、 ヽ| .::::/.|/ヽ  /  < おちんちん シュッ! シュッ! シュッ!
   \、  ヽト‐=‐ァ/ヽ /       \ilヽ::::ノ丿_ /    \_____
.     \ ilヽ::::ノ丿_/        /しw/ノ ( ,人)
       /しw/ノ ( ,人)       (  ∪゚  ゚|  |
       (  ∪゚  ゚|  |         \ \__,. |  ⊂llll
       \ \__, |  ⊂llll        \_つ ⊂llll
         \_つ ⊂llll         (  ノ  ノ
         (  ノ  ノ            | (__人_) \
         | (__人_) \          |   |   \ ヽ
         |   |   \ ヽ         |  )    |   )
         |  )    |   )

〜〜〜〜〜〜〜〜ただ今トップ会談中〜〜〜〜〜〜〜〜〜


174 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/09(土) 00:55:35 ID:tKY3vphi
  治殷治殷、主!主!主!
\                    
   ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     _,.=三三三三ミ、               -=-::.
    ,.=三三三三三三ミL        /       \:\
  /三三三三彡彡==fミミヽ     |   カ ル ト  ミ:::|
  {三ミr'"        ミ三》   ミ|_≡=、´ `, ≡=_、 |;/
  l三ミl   Maoism   ミミリ   ||..(゚ )| ̄|. (。) |─/ヽ
  ',三ソ 彡=、─=_へ ?ミソ    |ヽ二/  \二/  ∂
  r、7={.イ◎`:}¨{'´◎?}¨リ7    /.  ハ - −ハ   |_/
  ヽi  l - ̄/l lヽ、二ノ }j     |  ヽ/__\_ノ   /   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   lj   ̄ /(_,、_,. )ヽ   lノ     \、 ヽ| .::::/.|/ヽ  /  < おちんちん シュッ! シュッ! シュッ!
   \、  ヽト‐=‐ァ/ヽ /       \ilヽ::::ノ丿_ /    \_____
.     \ ilヽ::::ノ丿_/        /しw/ノ ( ,人)
       /しw/ノ ( ,人)       (  ∪゚  ゚|  |
       (  ∪゚  ゚|  |         \ \__,. |  ⊂llll
       \ \__, |  ⊂llll        \_つ ⊂llll
         \_つ ⊂llll         (  ノ  ノ
         (  ノ  ノ            | (__人_) \
         | (__人_) \          |   |   \ ヽ
         |   |   \ ヽ         |  )    |   )
         |  )    |   )

〜〜〜〜〜〜〜〜ただ今トップ会談中〜〜〜〜〜〜〜〜〜


175 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/09(土) 01:02:09 ID:tKY3vphi
  治殷治殷、主!主!主!
\                    
   ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     _,.=三三三三ミ、               -=-::.
    ,.=三三三三三三ミL        /       \:\
  /三三三三彡彡==fミミヽ     |   カ ル ト  ミ:::|
  {三ミr'"        ミ三》   ミ|_≡=、´ `, ≡=_、 |;/
  l三ミl   Maoism   ミミリ   ||..(゚ )| ̄|. (。) |─/ヽ
  ',三ソ 彡=、─=_へ ?ミソ    |ヽ二/  \二/  ∂
  r、7={.イ◎`:}¨{'´◎?}¨リ7    /.  ハ - −ハ   |_/
  ヽi  l - ̄/l lヽ、二ノ }j     |  ヽ/__\_ノ   /   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   lj   ̄ /(_,、_,. )ヽ   lノ     \、 ヽ| .::::/.|/ヽ  /  < おちんちん シュッ! シュッ! シュッ!
   \、  ヽト‐=‐ァ/ヽ /       \ilヽ::::ノ丿_ /    \_____
.     \ ilヽ::::ノ丿_/        /しw/ノ ( ,人)
       /しw/ノ ( ,人)       (  ∪゚  ゚|  |
       (  ∪゚  ゚|  |         \ \__,. |  ⊂llll
       \ \__, |  ⊂llll        \_つ ⊂llll
         \_つ ⊂llll         (  ノ  ノ
         (  ノ  ノ            | (__人_) \
         | (__人_) \          |   |   \ ヽ
         |   |   \ ヽ         |  )    |   )
         |  )    |   )

〜〜〜〜〜〜〜〜ただ今トップ会談中〜〜〜〜〜〜〜〜〜


176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/09(土) 17:48:44 ID:jc1YCHhJ
ttp://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20080809-393530.html

177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/09(土) 18:48:05 ID:jc1YCHhJ
ttp://www.5stargay.com/tb/new460ri/g002d.html

178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/10(日) 19:23:59 ID:7gvUVhkQ
ふと思ったんだが東方作品で弾幕に能力が反映している奴って凄く少なくないか?
思いつく限りで、チルノと咲夜ぐらいな気がする。

179 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/10(日) 19:45:23 ID:ONSF7TNN
 >>178 ほーらウンコだよ♪
\____ __________/
        V
         -=-::.
  /       \:\  ゲキョ、ゲキョ!、
  .| ちんちん犬作 ミ:::| ハァハァ・・・         巛
 ミ|_≡=、´ `, ≡=_、 |;/         ___|  |
.  ||..(゚ )| ̄|. (。) |─/ヽ        / ___丿   
  |ヽ二/  \二/  ∂        /  /
. /.  ハ - −ハ   |_/      /  /
 |  ヽ/__\_ノ  / | ___/  /  
 \、 ヽ| .::::/.|/ヽ  / /  |     /
.   \ilヽ::::ノ丿_ /_/   |  ∈3ノ =ミ  ∬ ∬ 
   / しw/ノ__  __ |   丿   ミ  ノ)
   (_ ∪ __| ミ   /  / ブリュッ  (;:.:.__)
               (    ̄ ̄\   (;;:::.:.__::;)
                 ̄ ̄ ̄\_彡 (;;:_:.__゚.:.:⌒)


180 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/10(日) 20:08:43 ID:XHbULMVU
あげた途端に来たな。粘着が。
が、お前の貼ったAA既にNG済みの奴みたいだな。
お陰で見えないぜ。

AAって判ったって事は見えてるって事じゃんプゲラ
とか言われそうなので、念のために書いておこう。
何故AAと判ったか?NG済みって事は専用ブラウザを使っているってのは判るよな?
でJane系の専ブラはスレにカーソルを合わせただけでB数が見える訳だ。
即ち、増えたB数で投稿されたのが下品な単語なのか、AAなのかが判別出来る。
つまり今回お前が貼ったのは完全な無意味に終わっただけだ。

まあ、頑張ってNG入れられてないAA探して来いよ。
荒らせば荒らすほど、その行為の意味が無くなっていくぜ。

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/10(日) 22:47:56 ID:ONSF7TNN
>>180
         _,.=三三三三ミ、
         ,.=三三三三三三ミL_
        /三三三三彡彡==fミミヽ
      {三ミr'"        ミ三》
      l三ミl            ミミリ
        ',三ソ ==、─=ニ_ ミソ
      r、7={_,xぃ、r}¨{x ィぇ、 }¨リ7
      ヽi  l -‐_ンl lヽ、二ノ }j
       lj   ̄ /(_,、_,. )ヽ   lノ
        ゙i     -'  、   / <成然,因此那个?
        ヽ  { ゙ ̄ー ̄´  ,イ、
         ヽ ヽ__,. // 入
        _ノi゙、   ̄   / /::::ヽ、
   __,. -‐'"/::l `ヽ、__,/   ./:::::::::::i:::`::ー..、_
-'":::::::::::::::/::::::::l  /´゙ヘ.   /::::::::::::::l:::::::::::::::::`
:::::::::::::::/:::::::::/l`∨辷夕ヽ//\:::::::::::l:::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::>'':::::::l.  /! ij',  ./::::::::\'¨´:::::::::::::::::::
::::::::::::::<´:::::::::::::::l /    i /:::::::::::::::\::::::::::::::::::::
::::::::::::::::|:::::::::::::::::| /    l./:::::::::::::ヾ:::/::::::::::::::::::::

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/10(日) 22:51:51 ID:46j9V9op
俺はIDでNG派

183 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/10(日) 23:20:37 ID:krK4uBtW
ド低脳は黙ってNGにすりゃあいい
ところで荒らしよこれからどうしてほしい?
そろそろいい加減にしとかないとどうなるかぐらいわかるよな?

184 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/11(月) 08:12:06 ID:brn9k5Ny
>>183
もしかして−−−ッ!
通報ですか−−−ッ!?

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/11(月) 08:42:22 ID:IJT+9Xv5
さっさとしたらばに引き込もれよ屑東方厨どもw

186 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/11(月) 09:16:47 ID:brn9k5Ny
>>185
東方スレはほかにもあるのになんでこのスレっていう

187 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/11(月) 09:23:59 ID:brn9k5Ny
>>185
あなたの頭の中の屑度は
東方>>>>>>>>>>>荒らし
ロリコン>>>>>>>>>>>ホモ
なんですね、呆れます。

188 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/11(月) 09:40:23 ID:IJT+9Xv5
>>187
言いたいことは一つのレスにまとめろ低脳w


189 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/11(月) 10:34:13 ID:brn9k5Ny
>>188
低脳ではなくて
低能ですド低能が。

190 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/11(月) 10:49:37 ID:YI/jYPpb
かわいそうな奴はほっとくのが一番。
顔で憐れみ心で嘲笑いつつ通報でヨロ。


191 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/11(月) 11:47:10 ID:XKbcgi9C
通報ほのめかされてAAコピペやめるとはwwwwww
ダサwwwww

192 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/11(月) 12:53:45 ID:bFNh0S6t
通報なら俺も強力するからやり方教えてくれ

193 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/11(月) 14:23:37 ID:n+TCzK6a
さげてほしいな

194 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/11(月) 16:48:55 ID:WWKucMxI
どうか通報されますように・・・

195 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/11(月) 18:06:22 ID:P+8jdR2J
お前らがダメな所は荒らしにかまったり「通報するよー?」なんて言っちゃてる事だ
荒らしはシカトで通報は無言で
いい加減スルーしろ

196 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/11(月) 19:53:45 ID:rmUgCr6o
>>195
逆だよ。
今までスルーしててもSSの投下後には必ずやってきてる。
じゃあって事でFFと同じ発想。
逆にもっとどんどん荒らして見ろって挑発するんだよ。
こっちには避難所があるし、荒しが酷くなれば成るほど規制や削除の可能性が増えてくる。

つまりそういうこと。

197 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/11(月) 20:10:12 ID:rqZnVxrO
まぁどっちでもいいけどな

ID一発でポンっと消える馬鹿だしwww

198 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/12(火) 00:31:46 ID:Y9NxHt+Q
>>196
いや俺が言いたいのはそんなことじゃなくてだな
反応するやつ無視出来ないやつも荒らし同様目障りって事
せっかく消して快適に見れてるのにそんな話題出されたらウザいだろ?

199 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/12(火) 01:01:37 ID:sQ2IhfuW
嵐を運営に通報、削除依頼しても
過疎板だったりそこのスレ住民が荒らしに反応しまくってたりすると
依頼や通報はまったく通らないんだZE☆

200 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/12(火) 01:06:21 ID:i46OnO9e
>>198-199
おk
すまなかった。
自重する。

201 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/12(火) 12:45:02 ID:JzC4RBbS
シュガーマウンテンの泉を使って貧乏巫女が金持ちになったとしよう
幻想郷で一日で全て使いきれると思うか?
むしろ使うと思うかあの貧乏巫女が・・・

202 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/12(火) 12:46:22 ID:WVfSJEV/
自分の持ち物のお金を、神社に寄付することで使いきれないかな?

203 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/12(火) 13:01:32 ID:+BCv31Iw
>>202
売買行為に限定されてるし無理じゃね?
あの巫女賽銭箱=生活資金にしてるし、どっちにしろ無駄なようなきがするがw

204 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/12(火) 17:57:21 ID:sQ2IhfuW
ああ〜たまらねぇぜ
http://www.vipper.net/vip589962.jpg


205 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/12(火) 20:17:29 ID:b+p6j7lR
>>199はブルッちまって書いた事かwwwダサwwwww

206 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/12(火) 20:31:15 ID:XBauRS8p
>>202
霊夢「ま、魔理沙に
(木の根的な意味で)
生えてきただとォォ!!?」

207 :小人と猫と白黒と。:2008/08/12(火) 21:56:46 ID:FP1Oaq2E
三十分後くらいに投下しますよー。
個人的に東方で百合だと思って読んで、片方についてたりするとがっかりする人間です。

208 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/12(火) 22:05:14 ID:N6TTIP4P
あるあるw 最初からついてると分かれば対応出来るけど、百合だと思ったら…は結構ダメージでかい。支援

209 :小人と猫と白黒と。:2008/08/12(火) 22:27:35 ID:FP1Oaq2E
「はーい!」
そう言って、魔理沙は扉を開けた。
だが、そこには人っ子一人いない。
「あれ?誰もいない・・・・・。」
魔理沙は辺りを見渡すが、やはり人影は見つからない。
「鳥の声でも聞き違えた・・・?疲れてるのか?」
そう言って、魔理沙は扉を閉めた。


「・・・あの魔理沙って嬢ちゃん、随分色気のない下着だったな・・・。」
「何覗いてんだこのアホーーーーっ!!」
自分の上で、アホな発言をしたホルマジオに橙は思いっきり怒鳴った。
「おいおい、バレるだろうが。」
「お前が悪いんだ!!」
ぶすっと怒りながら橙は足を進めた。
すると、ホルマジオはなにやらキョロキョロと辺りを見渡す。
「なーんか変な匂いがすんな・・・。」
「魔理沙の魔法は元になる薬品が必要な術ばっかりだからな。色々と煮込んでたりするだろう・・・。」
「うへぇ・・・・。」
ホルマジオの脳内には、ぐっつぐっつとトカゲやら1UPキノコやら目玉やらディアボロを煮込む魔理沙の姿が繰り広げらた。
「あれだ、あの姿も魔法で化けてるってか?」
「いや、あいつは未熟な魔法使いだからな。そんな繊細な魔法が使えるわけないぞ。」
「そぉなのかー。」
橙はホルマジオと会話をしながらも、あの魔導書の、独特の生臭い潮の匂いのような魔力を手繰る。
「・・・・!!この部屋だ!!」
そう言って、橙は赤の扉の前に立つ。
「おし、リトル・フィート解除。」
そして、ホルマジオは橙から降り、自分の大きさを元に戻す。
「うわっ!!びっくりした!!」
驚く橙を他所に、ホルマジオは扉を開け、部屋の中に入った。

210 :小人と猫と白黒と。:2008/08/12(火) 22:29:19 ID:FP1Oaq2E
「うぉぉぉ・・・・・こりゃあ・・・女の部屋じゃねえだろ・・・・。」
鼻につく異臭、見覚えるのあるようなガラクタの数々、訳のわからない言語でかかれた本だった。
「本は覗くなよ!!人間が読んだだけで気が狂う類の奴もあるかもしれないからな!!・・・・・後ろ向け!!あと、服を出せ!!」
橙にそういわれてホルマジオは後ろを向き、ポケットから縮めていた橙の服を取り出す。
それを口に加え、改めて橙は人間の姿に変身しなおす。
そして元の大きさに戻った服を着替えた。
「早くしろ、一応扉越しにリトルフィートで見張ってるけど、いつ戻ってくるかわからねぇぞ。」
そう言いつつもホルマジオは安全そうな椅子や本棚でちゃっかり扉を開かないようにする。
「・・・手馴れてるな。」
「まぁな。」
「こっち向いていいぞ。目当ての物も見つけた。」
そう言うと、橙はホルマジオの腕を引く。
ホルマジオが振り返ると、橙は頑丈な鍵のついた木の古い箱を持っていた。
箱には、五芒星のような紋章と、枝のような模様がついている。
「それが・・・・、魔導書って奴か?」
「あぁ、巻物の形をしていて、こうして箱に封印しているんだ。」
ホルマジオは、その箱から何ともいえない不気味さを覚える。
すると、トントントンと足音が、こちらに向かっていた。
「やばいっ!!おい!!早く小さくしろ!!」
「無理だっ!!俺自身なら一瞬で小さく出来るが、他の物は時間がかかる!!」
二人はとたんにあわあわ慌て始める。
「どうするっ?!どうするっ?!」
「窓はどうだ?!」
「ガラクタで塞がってる!!」
「猫の姿に戻って一旦隠れるのは?!」
「それだと魔導書を確保できない!!」
すると、がチャリ!とドアノブを回す音が聞こえる。
二人は思わず、その場にあったダンボールに隠れた。
だが、扉は開かない。
「よ・・良かった!!重くて扉が開かないんだ!!!」
「に・・荷物にリトル・フィート掛けるぞ!!」
そう言って二人はしゃがむ。
次の瞬間、二人の頭の絵を、レーザーが走った。


211 :小人と猫と白黒と。:2008/08/12(火) 22:31:29 ID:FP1Oaq2E
「誰かいんのか?!動くな!!動いたら撃つ!!」
二人は、冷や汗をかく。
どっからどうみても、完璧にピンチである。

さて、ここで愛くるしい橙とカッコイイホルマジオはどうなるでしょう?

A.橙、スタンドに目覚める。
B.魔導書の気配に惹かれて這い寄る混沌が現れて、まったく別系統のSSにシフトチェンジする。主人公はミスタ、中の人的意味で。
R.我らがリーダー、リゾットが助けに来てくれる。
S.我らがスッパテンコー、藍様が助けに来てくれる。
C.どうにもならない、三次元は非常である。だれかズッケェロ連れてきてー。

「「は・・・・っ!!」」
現実逃避から、二人は現実に戻ってくる。
そして、扉の方向を見てみると、魔理沙が八卦炉を構えて二人の方に向けていた。
「おいおい、不法侵入の上に盗みかよ?」
「元々とは言えばそっちじゃねぇかー、この餓鬼の荷物盗ったのはよぉー。」
ホルマジオは腹をくくり、立ち上がり魔理沙をにらみつける。
「違うね、危険だって言うから預かっただけだし、死ぬまで返さないだけだぜ。」
「そう言って、お前はいくつの物を盗んできた。」
「あんたは今まで食べたパンの数を覚えているか?」
「んなもん戦場で何人殺したか覚えてねえように覚えてねえな!!」
ホルマジオは次の瞬間、リトルフィートを魔理沙に突進させる。
「うわっ!!」
見えない何かにぶつかられ、魔理沙はその場でこける、魔理沙の手を離れた八卦炉が床に転がった。
「橙!!もうこのさい構わねぇ!!荷物ごとそこの窓ブチ破れ!!」
「分かった!!童符『護法天童乱舞』!!」
橙はスペルカードを発動し、妖力を身に纏ったまま高速回転し、魔理沙の部屋の物をなぎ倒し、窓へと突進する。
ガシャァァンッとガラスが割れた。
「あぁー!!私の宝物が!!」
「ただのガラクタだろうが!!思いっきり埃被ってたぜ!!」
そう言って、ホルマジオは割れた窓から飛び出た。

212 :小人と猫と白黒と。:2008/08/12(火) 22:32:23 ID:FP1Oaq2E
「くそっ・・・・!!何で盗まれたもの取り返してキれられなきゃならんのだ!」
ホルマジオはそのまま空高くに飛び去る。
そして先に逃げていた橙に追いついた。
「このままどうにかして逃げ切ればっ!!」
「任務完了だなっ!!」
そう言って二人はさらに速度を上げる。
「それにしても・・・、何であの嬢ちゃんはお前の本を盗もうとしたんだ。」
「魔理沙は盗みに大して本当に無頓着なんだ。特に本に関しては平気でどっからでも盗んでくるよ。」
それを聞いてホルマジオの表情が固まる。
「・・・親御さんは何もいわねぇのか?」
「魔理沙は家から勘当されてるんだよ。だから、誰もあいつを止めないのさ。」
次の瞬間、ホルマジオはその場を引き返していた。
「おい!!ホルマジオ!!」
「お前はもう帰ってろ!!俺は・・・あの嬢ちゃんに用が出来た!!」
ホルマジオは、逃げてきた道を、全速力で戻る。
「あんなガキが・・・・盗みを平気で働く・・・・・。」
盗みと言うのは、一度やれば本当に癖になるものだ。
そしてそんな本当に小さい盗みから、人間はあっという間に落ちていく。
ホルマジオはそれを良く知っていた。
彼女も、今はまだいいだろう、だが、いつかわざとでなくとも、他人にとって本当に大切な物を盗んでしまう。
遅かれ、早かれ、きっと彼女は自分のように堕ちてしまう。
「こんなのはガラじゃねぇんだけどな・・・・。」
そう言って、ホルマジオはやけくそ気味に叫んだ。
「しょうがねぇなぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!」

213 :小人と猫と白黒と。:2008/08/12(火) 22:32:57 ID:FP1Oaq2E
「くそっ!!」
魔理沙は箒に乗り、橙とホルマジオを追いかけていた。
取り返しにわざわざ来ると言うことは、それほど貴重な魔導書だと言うことだ。
「ますます逃せないぜ!」
魔理沙はそう言って、箒を加速させる。
すると、向こうから飛んでくる影が一つ。
「・・・・・んん?」
それは、先ほど橙と一緒にいた男だった。
「何だ?おっさん!!私の『本』を返しにきてくれたのか?」
「お前の本じゃねえだろ。・・・お前、何であんな事をしてる?」
ホルマジオの言葉に、魔理沙はきょとんとする。
「何でって・・・・・別に借りてるだけだって言っただろ?」
「返さないのにか?死ぬまで。」
「そんなに大事な物なら盗まれるようにしとく方が悪いんだぜっ!!」
そう言って魔理沙から、色とりどりの星が発射される。
「うおぉぉぉぉぉっ!!」
突然の攻撃に、ホルマジオは必死に対応する。
彼はまだ、スペルカードを開発していない、ゆえに攻撃はできない。
「これしかねぇなぁ・・・。」
そう言って、ホルマジオは自分の体を小さくした。
「何っ?!」
魔理沙には、突然ホルマジオの姿が消えたように見えただろう。
そのまま、ホルマジオは弾幕を避けながら前進する。
この姿では、一撃でも当たったら大怪我である。
そしてホルマジオは上着の内ポケットから、銀色に光るナイフを取り出した。
「くそっ!?何処だ?!」
そう言って魔理沙はさらに弾の数を増やす。
ホルマジオからしてみれば、さらに危険が増えたので気が気でない。
そして、魔理沙の後ろに回り込み、自分の大きさを元に戻した。
「?!」
魔理沙はとっさに振り返るが、既に遅い。
「動くな、死ぬぞ。手を上げろ。」
喉元にナイフを尽きつけられ、魔理沙の顔から冷や汗が流れる。



214 :小人と猫と白黒と。:2008/08/12(火) 22:33:28 ID:FP1Oaq2E
「驚いたぜ。あんた、瞬間移動でも出来るのか?」
「別に、俺は極々普通の人間だ。」
そう言ってホルマジオは、本気の殺意を魔理沙に向ける。
「おいおい、幻想郷での揉め事はスペルカードルールだろ?」
「残念だ、俺は地獄の住人でな。緊急時はスペルカードルールに沿わなくてもいいっつー許可が出てるんだ。」
「げっ・・・?!閻魔様の・・使いとかか?!」
「ご名答。」
次の瞬間、とたんに魔理沙が気弱になった気がした。
「さぁ、何で盗みをするか・・・・・・。」
ホルマジオがそう魔理沙に問おうとした瞬間。

「うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!」

橙の悲鳴が、遠くで聞こえた。
「橙!」
ホルマジオに一瞬隙ができる。
次の瞬間、魔理沙はホルマジオの拘束を振り切って駆け出した。
そして、飛んでいくのは方向は、橙の悲鳴がした方向だった。
「橙っ!!」
魔理沙は八卦炉を構え、橙の元へ向かった。
皮が切れたのか、その首から血が出ている。
ホルマジオも、その後を追いかける。
その顔は、僅かに笑っていた。

215 :小人と猫と白黒と。:2008/08/12(火) 22:37:29 ID:FP1Oaq2E
以上です。
いや、ほんとついてるって始めから解って読むのと解ってないので読むのは大違いなんだって。
しかも東方はファンタジーだから大抵注意書きなしでついてるから困る。
ついてる子も嫌いじゃないけど、そう言う問題じゃない。うん、難しい。

あ、本編のことですけどここではホルマジオの能力は生き物じゃなくても有効、ってことにしてます。

216 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/13(水) 01:36:54 ID:9ctkoR6S
GJ!
ホルマジオのしょうがねーなーがやっぱり好きだwww

能力だけど、小さくなる者が持っていれば一緒に小さくなる仕様ですよ。
ナランチャの手から脱出した時のペンも小さくなってたし。

217 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/13(水) 02:26:26 ID:6vOHyiDL
ホルマジオの人、乙ですよ〜
なんかホルマジオがかっけぇなww

つか能力が生き物以外にも有効じゃないとやばいよな・・・例えば衣類とか?

218 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/13(水) 02:59:51 ID:EPM98t0q
            ___  __  __  __
            | .大 .| | .イ ..| | カ .| | ..タ...|
            | ト | | .サ .| | . ン | |    |
            |...ロ...| | .キ...| | パ | | . コ..|
            |    | |    | | :.チ..| |    |
            |時価| | 800.| | 500:| | 200.|
             ̄ ̄   ̄ ̄   ̄ ̄   ̄ ̄
     ____
   /あずま寿し.|
   /._____|
  ゝ > 、   `; ;
  Yヘ|  -≧y ,_!ソ
   ー   y、ュヾ/
    ゝ T三ゝ/
  i⌒\、ー ィー⌒丶 .  へい!イサキにぎり一丁
  l   \/     \
  l  |       |ヽ___)
  | ⌒、l      |/ /
― \  ⌒っ―|l/ /――
\ ̄ ̄`ー-|\_し " ̄ ̄\ザクッ
\\  べ.◎ ヾ:::::ヽ`、   \
  \\》_〉_ \ ヽ':;`〈     \           \  イサキの      |
アッー!\\ "'  \i ':;;:|      \ .          \   にぎりくれや |
     \l ̄ ̄ ̄_>、/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|             \おう!早くしろよ|
       ̄ ̄ ̄` i./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

219 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/13(水) 03:00:32 ID:EPM98t0q
  クククク ク  ククククク         クク    ククク   クククク ククク   クククク     クク    ククククククク
  クク    クク   クク          ククク     ククク    ク   ククク    ク     ククク      クク   クク
. ルル     ル   ルル         ル ルル    ル ルル   ル   ル ルル   ル.     ル ルル     ルル    ルル
.ルル         ルル        ル  ルル    ル ルル  ル.  ル ルル  ル.   ル  ルル    ルル    ルル
.ルル         ルル        ル   ルル   ル  ルル ル.  ル  ルル ル.   ル   ルル    ルル    ルル
. ルル        ルル       ルルルルルル   ル   ルル ル.  ル   ルル ル   ルルルルルル    ルル   ルル
 ァァ     ァ   ァァ     ァァ  ァ    ァァ   ァ    ァァァ   ァ    ァァァ   ァ    ァァ   ァァ   ァァァ
  ァァァァァァァ   ァァァァァァァァァァァ ァァァァ   ァァァァ ァァァァ    ァァ ァァァァァ   ァァ  ァァァァ   ァァァァ  ァァァァァァァァ
                             __     _               _
  ー―|― ――┐   |   ̄| ̄ | ̄ ̄ |__)   (_  ヽ.  ̄| ̄  / ̄\ |__) \/   [公正]
    /|       /.     |    |  |―― |\     \.   |  |    | |\    |
  /  |     /  ツ  O   |  |__ |  \   ヽ_)   |   \_/ |  \  |
一昨年春より、TDNスレには上記のCLANNADマークをテンプレに張ることが義務付けられます。
2007年10月以降にCLANNADマークの無いスレを立てた場合、8.8点の減点またはヒトデやおっぱい、免許の剥奪となります。


220 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/13(水) 03:01:10 ID:EPM98t0q
  <ハ>., -− <ハ>
  / l/ r ,, ,、ヘ i、                  
  | lノi ソ_、,_ヽ)l ,ー、                
  | [ii]メ、_ 3 レ' | ノ/´  チンポじゃねーよ、キノコだよ             
  / ⊂L_) 〈〉(_」⊃' 、 )))             
 ( /. く,_/i_iヽ> )ヽヽ、                  
.  V    UU  V  `ー'

  キ ャ ラ ク タ ー ・ ヴ ォ ー カ ル ・ シ リ ー ズ 8 9 3
     _           _             _l⌒l
    _L j__ ___  __L j___       _/__/          l⌒l l⌒l
    |_   )|__  | |__   ._  _)    /   /           |  | |  |
    / //li´゙i |  |─┘ └┘└─,  / /| |    / ̄ ̄ ̄ ̄ l ゙ー' ゙ー'
   / /-(__ノ| | |  |─===‐─‐' / /  | |  / / ̄ ̄|  |
 / / l.   \ | | |  |  | ニニニ.ヽ`ヽ |  |   | |  | /    / /
 |/  |  |ヽ.| | | |  |  | ┌─‐' ノ ! |_|   | |      / / l⌒l l⌒l   ,─、
      l  |.   | | |  |  |  ̄ ̄ _.ノ       | |    / /  |  |.|  | / /
      ̄     ̄  ̄   ̄ ̄ ̄           | |   / /      ̄  ̄/ /
       H  T  N    I  G  U      ̄ / /         / /
                               \/           |/


221 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/13(水) 03:02:31 ID:EPM98t0q
               _,,.. -──‐- .、.._.
           ,. ‐''"´           ``'‐.、
          ,.‐´                 `‐.、
          /      __    ・  _,.、         \.
       ,i´      'ヾミミヽ  rz彡‐`ヽ          `:、
      /        、_tッ、,゙ ' r' rtッ_‐ァ'              ヽ.
     .i            `ー 'ノ  !、`ー '              i. < お盆DBです、ヨロシク!
   .i             . ,イ   'ヽ               l
    |             ゚ ´...:^ー^:':...   ゚              |
.   l           r ζ竺=ァ‐、                l. |
.   l i、              `二´  丶              ,i ,i
.   `:、ヽ                                / /
.    \ `:、                           ,‐' ,‐'
        `‐、 \                      / /
        `‐、 `‐、                  , ‐´ , ‐´
         ` '‐.、` '‐.、 _          _, ‐''" _, ‐''"
            ` '‐.、 `` ‐-----‐ '"´ _, ‐''"
               ` '‐.‐-----‐ '"´

222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/13(水) 05:38:55 ID:EPM98t0q
>>214の続き
この前ズリダチとタイマン勝負したことを書くぜ。
互いに六尺姿でまずは威嚇、腕組みヤニ咥えガン飛ばし、
大股で筋肉と勃起誇張して、野郎比べだ。
雄臭ぇポーズで挑発しあう。腰突き出し勃起を振り回し、
オラオラ節で興奮に火が付く。

やわらオイルをタップリ仕込んで、いよいよズリ戦開始だ。
胴ズリ、逆ズリ、雁ズリ、玉ズリ、上ズリ、下ズリ。
野郎うなぎ責め、腰砕けの手マンコ、野郎泣かせの亀頭責め。
片手技と両手技の競り合いで、雄の粋と艶を比べ合う。
ズリ見せ根性丸出しでな。
一息入れる時にゃ、奴の胸板めがけて、勃起ションベン。
ビシバシ痛ぇくらいに、照射すりゃ、雄の征服感が全身を
快感となって駆け回る。

さらにオイルを仕込んで2R。
今度は俺のズリビデオ見せながらのダブルズリ攻撃さ。
ラッシュ飛ばして、ド淫乱野郎に変獣し、チンポ・センズリ・押忍の連呼。
俺達はまさに、チンポ、ズリ、男意気を激しく比べ合う戦闘士だ。

寸止めのエロい表情も相手を落とす神技、何度も食らう度に金玉の
引きつる痛みさえ新たな快感に変わる。
その時、ほんの少しの気の緩みで奴は快感のコントロールを失い
射精の痙攣に突入。

2回に渡るファイトはいずれも俺の勝利、最後は奴のチンポめがけて、
野郎征服の快感に酔いながら勝利の照射!
3時間勝負は俺達ズリ舎弟の絆を更に固めたぜ!

223 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/13(水) 09:03:05 ID:kQP1f0Ci
↑アンカまちがってるぞ

224 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/13(水) 13:42:23 ID:V5dGrw1S
ホルマジオの人乙です
五部のゲームでは小さくして持ち運んでいた家具とかを
元の大きさに戻して投げてくるので、
リトルフィートは物体にも効果はあると思います

225 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/13(水) 16:45:28 ID:EPM98t0q
         / ̄ ̄ ̄ ̄丶 、
        '           ヽ、
      /  i   ::i;;   i   :ヽ
     /;;;;   ii   i;;  ;;ii  /  |
     |;; ii   i  ..ii: ::.;i  ..::  ,,|
     |::::,,..ii::t、;;iiii,, i;; ii",,"--i;;;,,""|
     ト、.;;;/ ̄ ヽ..、/"   ヾ ,,,|
     ヾF"|            ト |
      丶;|、         ;;; |_/
       レ"二==--  --二二 | ヽ
      "| | Fリフ.ii   F-ソ ̄ | -|  ハーディン様直属の騎士、ビラクです
      │ii|    ||       ii,,ソ   やりませんか?
       ヾ|    |、      .,ノ    
        |    ヾ=-     .|
        ト、  --=--    /| _、
    _  .,|;;"、  :::::::    , .|レ  ヽ
  /   ̄ ̄|  、     ..,   |  ,_」
  ト、 ヽ;;;;;;;;;|   、__ , '   ‖/:::::::::
  ::::::ヽ 丶;「|    \      ,,,| |

226 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/13(水) 18:04:53 ID:iqPaVac8
>>225
RPGスレに貼って来い。

227 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/13(水) 18:21:31 ID:EPM98t0q
                        / ̄ ̄ ̄ ̄丶 、
                       '           ヽ、
                     /  i   ::i;;   i   :ヽ
                    /;;;;   ii   i;;  ;;ii  /  |
                    |;; ii   i  ..ii: ::.;i  ..::  ,,|
                    |::::,,..ii::t、;;iiii,, i;; ii",,"--i;;;,,""|
                    ト、.;;;/ ̄ ヽ..、/"   ヾ ,,,|
                    ヾF"| /.r   ゛ .゙ヒ, .ヽ,  ト |
                     丶;| ./ l      ”'、 .゙ゝ|_/
                      レ" /     ヽ `' `、、.,| ヽ
                     "| | !    ''''v,    ゙''ー| -|    
                     │ii|゙ .il、  .l  .ヽ¬--イi,,ソ   
                      ヾ|...!!   ,,゙''''ー     .,ノ
                       | :!    .|'"  ..ノ,゙./ .|
      ._,v-!'ヾ゙「厂¨^^'''ーv、     | l「    !  . ゙゙̄ / | _, ._,v-!'ヾ゙「厂¨^^'''ーv、
    .,ノl「」`:.‐ .!.'`.、::′ .,) ´゙'=、   .| .|    !   ,i│ |レ,ノl「」`:.‐ .!.'`.、::′ .,) ´゙'=、
   ..,r「 、.´ _.  ' .゙..- ' _ノ‐¬=<ノ'\ ̄|! .l.    }  ,i'./   |,r「 、.´ _.  ' .゙..- ' _ノ‐¬=<ノ'\
  /゙.:、.二 ニ│:.::' ' .! ∨     .\ .:゙)、| .|    :|   . /   ‖/゙.:、.二 ニ│:.::' ' .! ∨    .\ .:゙)、
  / . .゙..:  :`/ .`:'.:.゙ .|  .ヾ   }>'! ^i| |    ;!  "   ,,,| | . .゙..:  :`/ .`:'.:.゙ .| .ヾ   }>'! ^i
 ノ:  .´- `.`'.゙ `  _'「 .\   .,ノ゙ .′ )______,//ノ: .´- `.`'.゙ `  _'「 .\   .,ノ゙ .′ )
 | :... :....:... .イ.‐'   ! ,,,,,,_,,,, 八.  ,, ,,,.¬]::::::::::::::::::::::::::::::::::::::''|| :... :....:... .イ.‐' !゙ ,,,,,,_,,,, 八.  ,, ,,,¬]
 |7vii_.゙「.゙,.: ..゙:′'^:::'"-ゞ'-'丿 '"ゞ'-'z/|∵∴∴∴∴∴∴ |7vii_.゙「.゙,.: ′'^:::::'"-ゞ'-'丿 '"ゞ'-'z/|
 (.´'¨¨'''トー-nニ、,、.....ニ!.,,ニvv--ー''゙i「 .^丿∴∴∴∴∴∴∴ (.´'¨¨'''トー-nニ、....ニ!.,,ニvv--ー''゙i「 .^丿
  (,_..: :.゙:'..:'' '! ..'  ゙ 、 ..:..二..┐, :、'.: 丿∴∴∴∴∴∴∴∴(,_..: :.゙:'..:'' '! ..' ゙ 、 ..:..二..┐, :、'.: 丿
  ゙))_ヽ' .:.ヽ' ┐:、 ‐_.,__,,,;;;;::;,,,,,.. _´^.,)∴∴∴∴∴∴∴∴∴゙ ))_ヽ' .:.ヽ' ┐:‐ ,_.,__,,,;;;;::;,,,,,.. ^.,)
   .\ `.ヽ^ .' 、 .´′.""''''゛゜ ..,>'∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴ \ `.ヽ^ .' 、.´′.,  ""''''゛゜..,>'
     .゙'‐r,」゙.´'フ \:. .丿:、:. :_iv┘                  ゙'‐r,」゙.´'フ \:. .丿:、:. :_iv┘
       ¨'''ー-v厶vニ-ー^                        ¨'''ー-v厶vニ-ー


228 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/13(水) 18:53:09 ID:1P9NsVFJ
なんだこの流れ

229 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/13(水) 20:38:07 ID:a8Q0Uz4r
ついにAAのネタ切れなんだよ。
取りあえずスルー又は通報で宜しく。


230 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/14(木) 05:20:39 ID:2C6wb0K4
http://img14.gazo-ch.net/bbs/14/img/200807/96439.jpg


231 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/14(木) 18:59:23 ID:8XQJyLIw
ジョジョっぽい発想だが、東方の「〜程度の能力」で、近距離で一番強いのってどれかな?
本体の性能を無視したらやっぱりフランの能力かな?

232 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/14(木) 19:20:54 ID:9tY1v7by
>>231
適材適所。
〜程度の能力に強い弱いの概念はない。

233 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/14(木) 19:22:40 ID:MhMPgDWh
ゆかりん(境界を操る程度の能力)
ゆゆ様(死を操る程度の能力)
うどんげ(狂気を操る程度の能力)

他にもいるかも…


234 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/14(木) 19:25:07 ID:Vek6u3M8
近距離なら確実に弱点突くという天子を操る緋想の剣の能力が

235 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/15(金) 03:33:32 ID:HvPIpbJU
 :||                          ドッカン  ゴガギーン
 :||                     _m ドッカン     ☆
 :||   ___     ======) ))_____ /        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 :||  |     |      | ̄.ミ∧_∧ | | ────┐||     ∧_∧ < おら!東方厨、聖教新聞、もう4部取れや!
 :||  |___|      |_..(   ) | | .___ │||    (・Д・ )  \____________
 :||  |___|      |_「 ⌒ ̄  ,|.. |.    .|.|||   / 「    \
 :||  |___|      |_|    ,/  ̄ .  ̄ ̄ ̄ │||   | |    /\\
 :||   ̄ ̄ ̄  . . . .  ̄|    .| :||│        │||; へ//|  |  |. |
 :||                   :|    :.| ||│       (\/,.へ \|  |  ( .)
 :||                |   .i  .|:||◎ニニニニ\/  \ .  |    ̄
 :||       . . . . . . .|  ∧. |:||│        │||    Y ./
 :||                |  | | |.||│        │||     | .|
 :||              ./ /  / /..||│        │||     | .|
 :||               ./ / ./ ./....||│|三三三|. │||     | .|
 :||             (_) (_)....||│        │||    (_)
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
:::;三三;;;;;三三:::;;;;;;; :::::;;;;;::;;;;;;;;;;::::;; :::::;;;;;:::::;;;;;;;;;;::::;; :::::;;;;;:::;;;;;;;;;;::::;;;;;:::::::;;;;;;三


236 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/15(金) 05:24:01 ID:HvPIpbJU
         -=-::.
  /       \:\  
  .|  セ ク ト   ミ:::|         
 ミ|_≡=、´ `, ≡=_、 |;/         
.  ||..(。)| ̄|. (。) |─/ヽ        
  |ヽ二/  \二/  ∂       
. /.  ハ - −ハ   |_/      
 |  ヽ/__\_ノ  /   <おちんちん シュッ! シュッ! シュッ!
 \、 ヽ| .::::/.|/ヽ  /  
.   \ilヽ::::ノ丿_ /   
   / しw/ノ  ´\
  /    ∪    \
 〈 〈      | ̄ ̄ | | ̄ ̄|
  \ \  (⌒,|.性器.| |用 llll.|
    \ \||l ||__m__|
     |ヽ(ヨl| | l|  |ヽ_ノ
     |  |l| l|.| |l  |
   / ,(__人__)、 \ シュシュシュシュシュシュシュ
  /  /      ヽ  ヽ
  〈  〈       〉  〉
  \  \    / /
   (__)  (__)

237 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/15(金) 05:58:28 ID:HvPIpbJU
         -=-::.
  /       \:\  
  .|  セ ク ト   ミ:::|         
 ミ|_≡=、´ `, ≡=_、 |;/         
.  ||..(。)| ̄|. (。) |─/ヽ        
  |ヽ二/  \二/  ∂       
. /.  ハ - −ハ   |_/      
 |  ヽ/__\_ノ  /   <おちんちん シュッ! シュッ! シュッ!
 \、 ヽ| .::::/.|/ヽ  /  
.   \ilヽ::::ノ丿_ /   
   / しw/ノ  ´\
  /    ∪    \
 〈 〈      | ̄ ̄ | | ̄ ̄|
  \ \  (⌒,|.性器.| |用 llll.|
    \ \||l ||__m__|
     |ヽ(ヨl| | l|  |ヽ_ノ
     |  |l| l|.| |l  |
   / ,(__人__)、 \ シュシュシュシュシュシュシュ
  /  /      ヽ  ヽ
  〈  〈       〉  〉
  \  \    / /
   (__)  (__)

238 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/15(金) 06:22:29 ID:HvPIpbJU
\                   |
  \      ○         |      ○
   \     ヽ\         |     //      /
     \    ヽ.\ , -───‐-、/ ./       /
      \    ヽ/(⌒)   (⌒) \/    /
        \  /  | |__/ /   ヽ  /
         \/   |.u  ノ=ヽ\   `/   .人从人从人从人从人从人从
          |   /   (・) (・) u\  |    ノ 基地外の巣窟
          |  |u /二二●二 \|  |  < 
          |  |/ /.|  |  |  |\|  |   \ 即刻削除すべき
          |  \|/|\|/|\|/ノ   |     VWVWVWVWVWVWVWVWV
────‐/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
     /        //             \───
    /____//           _____\
           | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
           |             |  \
           |             |   \
         /|             |     \
        /  ( =========)      \
      /        /   |            \
     /         /   │             \
               /    │

239 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/15(金) 07:15:58 ID:HkA0n1Ca
↑ハイハイスルースルー。(かわいそうなモノを見る目)


240 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/15(金) 07:28:26 ID:S2ehCwFH
>>239
真・スルー 何もレスせず本当にスルーする。簡単なようで一番難しい。

 偽・スルー みんなにスルーを呼びかける。実はスルーできてない。

予告スルー レスしないと予告してからスルーする。
完全スルー スレに参加すること自体を放棄する。
無理スルー 元の話題がないのに必死でスルーを推奨する。滑稽。
失敗スルー 我慢できずにレスしてしまう。後から「暇だから遊んでやった」などと負け惜しみ。
願いスルー 失敗したレスに対してスルーをお願いする。ある意味3匹目。
激突スルー 話題自体がスルーの話に移行してまう。泥沼状態。
疎開スルー 本スレではスルーできたが、他スレでその話題を出してしまう。見つかると滑稽。
乞食スルー 情報だけもらって雑談はスルーする。
質問スルー 質問をスルーして雑談を続ける。
思い出スルー 攻撃中はスルーして、後日その思い出を語る。
真・自演スルー 議論に負けそうな時、ファビョった後に自演でスルーを呼びかける。
偽・自演スルー 誰も釣られないので、願いスルーのふりをする。狙うは4匹目。
3匹目のスルー 直接的にはスルーしてるが、反応した人に反応してしまう。
4匹目のスルー 3匹目に反応する。以降5匹6匹と続き、激突スルーへ。

241 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/15(金) 09:29:53 ID:bbzaGK8J
>>231
〜程度の能力を上回るほど本体が強力な
幽香や萃香、レミリアっていう連中も居るしな


242 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/15(金) 09:54:53 ID:HvPIpbJU
  ∩∩ ぼ く ら の 春 は こ れ か ら だ !  V∩
  (7ヌ)                              (/ /
 / /                 ∧_∧            ||
/ /  ∧_∧     ∧_∧  _(´∀` )   ∧_∧   ||
\ \( ´∀`)―--( ´∀` ) ̄      ⌒ヽ(´∀` ) //
  \       /⌒   ⌒ ̄ヽ、童貞 /~⌒    ⌒ /
   |      |ー、      / ̄|    //`i ヒキ  /
    | 中卒 | |東方厨/ (ミ   ミ)  |    |
   |    | |     | /      \ |    |
   |    |  )    /   /\   \|       ヽ
   /   ノ | /  ヽ ヽ、_/)  (\    ) ゝ  |
   |  |  | /   /|   / レ   \`ー ' |  |  /


243 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/15(金) 10:00:31 ID:nbkr4TYY
どうでもいいが
東方てそんなにクソゲーなのか。

244 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/15(金) 10:01:28 ID:S2ehCwFH
どうでもいいならあげんな

245 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/15(金) 10:14:14 ID:HvPIpbJU
                _,,,_   _,,_
              ,.ィ":::::ミ''彡::::`丶、
              /:::::::::::彡 ミ:::::::::::::::::ヽ
             /::::::::::::::::彡:..:ミ::::::::::::::::::::ヽ   ドンドンドン!!!!!
          /::::::::::::::::/⌒"⌒丶、::::::::::::::',    ドンドンドン!!!!!
            |::::::::::/l:/      ノハ:::::::::::::i
           、::,イ==、  :,. ===リ:::::::::::::|  こんばんわー―!!
          ヾ:| rt:。ュ、', .'ィt:。ュ,/`'ソ!::::::ノ  やぁ東方厨達元気?創価学会男子部の石川でーす!☆
              「! `¨¨´ .: :. `¨¨´   ,リ´i′
            、!    r: .: 、    fシ'/       r‐、
               、、   `~ ¨´ 丶  ├f′       r‐| |´
             ヽヽ ヾ三三 シ'   /:/         |.. |.. |
             ヽ'、` ― '´  ,イノ       |.. |.. |
             /'{丶、___,. ´/ ヾ\       |.. | |
          _,.  ':| \     /   |::: `` ―---|'´
      ,. ‐ '´::::::::::::|   \  /   ,':::::( ̄`丶、ノ
   ,. ‐'´:::::::::::::::::::::::::::l    ,>‐<     /:::::::::``丶、.:
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|   ,.イ:::::::::>、 ./:::::::::::::::::::::::>.、_


246 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/15(金) 11:24:44 ID:O7xW392n
>>234
仮面ライダー真ってのが昔あってさ、ライダー本にそれの弱点が書かれてたんだ。

「800度の炎の中では五分間しか活動できない」

つまり、弱点ついても致命傷にならない奴はざらにいると思うんだ。

247 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/15(金) 11:42:04 ID:HvPIpbJU
    ,. - _人人人人人人人人人人人人人人人_
   /  '>   ゆっくりしていってね!!!   <
  /  彡': ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄
 /  l -―- ,-‐-ミ   ',      ミ|_≡=、´ `, ≡=_、 |;/
 '   / -=, 〈-== |   |      ||. ◎ .| ̄|. ◎ |─/ヽ
l   !     r, ,)、 |  |       |ヽ二/  \二/  ∂>
ヾ r、 |   ,.ェェェュ、 | ノ      /.  ハ - −ハ   |_/
  `'ーi、  `== '′/'"´      |  ヽ/ヽ/\_ノ  / |
    {l{`丶、   /         . \、 ヽ二二/ヽ  / /
,. -―;イミ≧=`三彡}-、__    .   \i ___ /_/

248 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/15(金) 13:19:02 ID:AF75lGks
>>246
800度の炎の中でも5分間活動できるって弱点じゃなくて利点じゃねーかw

249 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/15(金) 13:49:49 ID:HvPIpbJU
  ┌─────────────────頭が┗(^o^)┛パーン.─────────┐
  │       ┌─────────┗(^o^)┓三┗(^o^)┓三┗(^o^)┓三───┐     │
  │       ↓   ┌──┐          ┏━━━━━━━━━━━┓       │     ↓
┌─MAD職人─┐│フジ ├─削除─┐┃  久本・創価MAD関係図 .┃┌───ニコ厨.───┐
│            │└──┘        ↓┗━━━━━━━━━━━┛│             │
│   事実上   ├‐素材拝借..─→┌───┐─全自動卵割り機..─→│頭が┗(^o^)┛パーン|
│     神     │← そうかそうか ┤. 波平 .│  .┌グルメレースブーム─→│  ┗(^o^)┓三    .├──┐お
│            |←音源提供┐ .└───┘  .│┌── 圧力 ─→ │    ┗(^o^)┓三  .│    │前
└──────┘  ┌ Socaloid.┐ ハ↑      ││        ┌─.└─────────┘  ...│も
.│↑↑.│↑        │ エア本氏 |  ゲ .|      ││.┌燃料乙! ┘  ..↑↑↑ 頭↑│  走       │か
.│││.││        └────┘ 友↓      ││.↓ ┌頭破七分─┘│..|人が││  .ら      ↓!
.│││.│└─グルメレース─── ┌─────┐| ┌─┐    .┌──┘..|間☆││頂.さ   ┌─信者─┐
.│││.└───素材拝借..──→ │. カービィ .│| │赤│←電波記事  .|革パ││き.せ  ...│柴田理恵│
.││└黙認┐.┌─唇がない!?...─→└─────┘| │文│  ┌┴─┐  .|命│││ま.て   │山本リンダ│
.││┌──┴─┐←─唇お化け!?──┘.. 対立↑  | │字│  │聖教│  .|.  ン│↓す      │研ナオコ │
.│││ひろゆき ├もっとニコ厨            ↓  | └─┘  └──┘  .|┌────┐    │アグネスチャン|
.││└────┘...から搾取しろ→┌───────┐↑   広報↑     |│久本雅美│←→│   :    .|
.│└─────削除──────┤.             . ││      ┌────┴┬───┘同志└────┘
.└────増え続ける動画──→ │ ニコニコ運営 . │└布教─┤ 創価学会 │            ┌───┐
.                        │.             . │←圧力─┤  SGI   │←支持母体─│公明党│
.                        └───────┘        └─────┘            └───┘


250 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/15(金) 16:42:38 ID:/dIJZrvT
>>241
萃香の能力弱くないだろ
本体も能力もぶっこわれてる

251 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/15(金) 16:46:58 ID:ePoBtz8A
四神ノ力集イテ是ナル驕レシ者黄泉国ヘト誘ワン

252 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/15(金) 16:48:31 ID:ePoBtz8A
誤爆

253 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/15(金) 19:34:05 ID:e4bphFCq
>>250
萃香の能力が何の役に立つのか良くわからんのだが。
メモリーオブジェットの能力に、人やらなんやらを集める能力を足した感じだと認識しているんだけど。

254 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/15(金) 19:49:48 ID:HvPIpbJU
□□□□■□□□□□■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□□□■■□□□□□■□□□□□□□■■■■■■■■■■■■□□
□□■■□□□□□■■■■■■□□□□□□□□□□□□□■■□□
□■■□□■□□□■□□□□■□□□□□□□□□□□□■■□□□
□□■□■■□□■■■□□■■□□□□□□□□□□□■■□□□□
□□□■■□□■■□■■■■□□□□□□□□□□□■■□□□□□
□□■■□□□□□□□■■□□□□□□□□□□□■■□□□□□□
□□■□□□■□□□■■■■□□□□□□□□□□■□□□□□□□
□■■■■■■□□■■□□■■□□□□□□□□□■□□□□□□□
□□□□■□□□■■□□□□■■□□□□□□□□■□□□□□□□
□□■□■□■□□□□■■□□□□□□□□□□□■□□□□□□□
□□■□■□■□□□□□■■□□□□□□□□□□■□□□□□□□
□■■□■□■□□□□□□□□□□□□□□□□□■□□□□□□□
□■□□■□□□□■■■□□□□□□□□□□□□■□□□□□□□
□□□□■□□□□□□■■■□□□□□□□□□□■□□□□□□□
□□□□■□□□□□□□□■■□□□□□□■■■■□□□□□□□

255 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/15(金) 20:15:18 ID:ePoBtz8A
>>253
正直俺もよくわからんがブラックホール作れるとか聞いたことある

256 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/15(金) 20:39:45 ID:zhodI+7g
>>253
ゲーム内描写なら周囲の熱を集めて火球を作ったり物を吸い込む球体などを作れるから
少なくとも気温操作や重力操作が可能だと思われる


257 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/15(金) 20:41:13 ID:HvPIpbJU
□□□□■□□□□□■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□□□■■□□□□□■□□□□□□□■■■■■■■■■■■■□□
□□■■□□□□□■■■■■■□□□□□□□□□□□□□■■□□
□■■□□■□□□■□□□□■□□□□□□□□□□□□■■□□□
□□■□■■□□■■■□□■■□□□□□□□□□□□■■□□□□
□□□■■□□■■□■■■■□□□□□□□□□□□■■□□□□□
□□■■□□□□□□□■■□□□□□□□□□□□■■□□□□□□
□□■□□□■□□□■■■■□□□□□□□□□□■□□□□□□□
□■■■■■■□□■■□□■■□□□□□□□□□■□□□□□□□
□□□□■□□□■■□□□□■■□□□□□□□□■□□□□□□□
□□■□■□■□□□□■■□□□□□□□□□□□■□□□□□□□
□□■□■□■□□□□□■■□□□□□□□□□□■□□□□□□□
□■■□■□■□□□□□□□□□□□□□□□□□■□□□□□□□
□■□□■□□□□■■■□□□□□□□□□□□□■□□□□□□□
□□□□■□□□□□□■■■□□□□□□□□□□■□□□□□□□
□□□□■□□□□□□□□■■□□□□□□■■■■□□□□□□□


258 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/15(金) 22:31:29 ID:gO9Bx3oL
自分自身を構成している物質をバラけさせて幻想郷全体を覆う霧に
なったりしてるし、攻撃の当たる所だけ薄くすればダメージをほぼ
0にすることができる

259 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/15(金) 22:58:01 ID:us6bEGQA
密と疎は相手に直接作用するならかなり強力だな

260 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/15(金) 23:04:31 ID:AGDwrOop
何かを集めて攻撃って事は、スピードは速くないという事かな?
集まるまでに間が出来ると。

後、霧になった所でスタプラに吸い込まれるという電波を受信したwww

261 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/15(金) 23:57:01 ID:GKTfioYK
>>260
そんな馬鹿なwと言いたいとこだけど実際ジャスティス相手にやってんだよな
スタプラすげえw

262 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/16(土) 00:15:21 ID:FcCh4Ty7
一応、萃香の霧は風で流れたりしないんだぜ

263 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/16(土) 03:13:10 ID:Rqvjs8xP
おう、俺も投下するぜ

264 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/16(土) 04:15:02 ID:Rqvjs8xP
昨日の8月15日にいつものスタンド使いの兄ちゃん(20歳)と先日メールくれたロリ巫女
(12歳)とわし(53歳)の3人で県北にある川の土手の下で盛りあったぜ。
今日は明日が休みなんでコンビニで酒とつまみを買ってから滅多に人が来ない所なんで、そこでしこた
ま酒を飲んでからやりはじめたんや。
3人でちんぽ舐めあいながら地下足袋だけになり持って来たいちぢく浣腸を3本ずつ入れあった。
しばらくしたら、けつの穴がひくひくして来るし、糞が出口を求めて腹の中でぐるぐるしている。
巫女の嬢ちゃんにけつの穴をなめさせながら、兄ちゃんのけつの穴を舐めてたら、先に兄ちゃんがわ
しの口に糞をドバーっと出して来た。
それと同時にロリ巫女もわしも糞を出したんや。もう顔中、糞まみれや、3人で出した糞を手で掬いな
がらお互いの体にぬりあったり、糞まみれのちんぽを舐めあって小便で浣腸したりした。ああ〜〜た
まらねえぜ。しばらくやりまくってから又浣腸をしあうともう気が狂う程気持ちええんじゃ。
スタンド使いの兄ちゃんのけつの穴にわしのちんぽを突うずるっ込んでやるとけつの穴が糞と小便でずるず
るして気持ちが良い。
にいちゃんもロリ巫女の口にちんぽ突っ込んで腰をつかって居る。糞まみれのスタンド使いのちんぽを掻
きながら、思い切り射精したんや。
それからは、もうめちゃくちゃにスタンド使いとロリ巫女の糞穴を舐めあい、糞を塗りあい、二回も
男汁を出した。もう一度やりたいぜ。
やはり大勢で糞まみれになると最高やで。こんな、変態親父と糞あそびしないか。ああ〜〜早く糞ま
みれになろうぜ。
岡山の県北であえる奴なら最高や。わしは163*90*53や糞まみれでやりたいや
つ、至急、メールくれや。
土方姿のまま浣腸して、糞だらけでやろうや。



265 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/16(土) 09:49:25 ID:Rqvjs8xP
      _,,....,,_  _人人人人人人人人人人人人人人人_
    -''":::::::::::::`''>    ゆっくりしていってね       <
    ヽ::::::::::::::::::::: ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄
     |::::::;ノ´ ̄\:::::::::::\_,. -‐ァ 
     |::::ノ   ヽ、ヽr-r'"´  (.__
    _,.!イ_  _,.ヘーァ'二ハ二ヽ、へ,_7
    ::::::rー''7コ-‐'"ハ  ハ ', `ヽ/`7
    r-'ァ'"´ |  /__,.!/ V 、!__ハ _ノ
    !イ´ ,'  |' /ヒ_]    ヒ_ン ,' ,ゝ
    `!  !/レ レi''"   ,___,  "'レ'i ノ
    ,'  ノ   !     ヽ _ン    i .レ'
     (  ,ハ          人!
      )、   \,、 _____, ,./ 
      /´⌒´     ゙ヽ⌒ヽ
     /   ィ   ,  ヽ  , )` `ヽ
    /    ノ^  ー   '` ー 'ヽ   ゙i
   .ノ  ,,,ノ             Y´゙ )
   (   < |             !  /
    ヽ_  \           ノ_/
      ヽ、__ ヽ.ー     @  ノ  ソ、
        〈J .〉  ヾ、.::;;;;;;::.ノ |ヽ-´
        /""     ;ミシミッ  .|
        レ    .イ、_∪ノ  .リ
       .,ゝ    ,ノ   |  ' ヽ ノ
      / ` レリ  i´   リ
      i    /    `、   i'
       〉  イ      〉  |
      /  ::|      (_ヽ \、
     (。mnノ       `ヽ、_nm


266 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/16(土) 12:53:56 ID:WQ0OyH9+
>>260
ジャスティスはパワー無いからよかったけど萃香はヤバイ
ぱーんってなる

267 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/16(土) 14:43:51 ID:ZCOq10v4
>>266
問題はパワーじゃなくて本体が霧化してるから
吸い込んでもスタンド内部で実体化されて逆効果になりそう
まぁ内部で実体化してもスタンドにダメージ来るのかどうかはわからないけどね

268 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/16(土) 17:01:32 ID:1KteOPqP
>>267

>>266
> 問題はパワーじゃなくて本体が霧化してるから
> 吸い込んでもスタンド内部で実体化されて逆効果になりそう
> まぁ内部で実体化してもスタンドにダメージ来るのかどうかはわからないけどね

269 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/16(土) 17:06:04 ID:1KteOPqP
誤爆すみません。
続きは
スタンドはスタンドでしかダメージを与えられないからスタープラチナはノーダメージのはずでした。
失礼しました。


270 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/16(土) 17:21:26 ID:zpbwUdjx
>>269
まぁクロス系だと特殊な攻撃(スタンド攻撃や魔力妖力による攻撃)は
双方向にダメージが通るのが多いけどね
そうでないと盛り上がらんってのもあるけどw

さて、そこで内部からスペルカード『ミッシングパワー』使われたら

グロイことになりそうだw

271 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/16(土) 17:26:52 ID:FEUr+U5P
スタプラが破裂したことにより本体の承も破裂することになるな

272 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/16(土) 20:32:20 ID:p+h2k3lV
>>271
なんかスプラッタを嫌った西瓜がスタプラの鼻から小型状態で出てくる光景を想像した

273 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/16(土) 21:15:39 ID:zpbwUdjx
>>272
勝ち台詞で
「鬼の私が一寸法師の真似事をするとは思わなかったよ」

とか良いそうだw

274 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/17(日) 01:01:46 ID:a9/2ZgL2
承太郎「やれやれ。てめーを動けないようにするために食いたくも無い炒り大豆を一袋食ったんだぜ…」

275 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/17(日) 01:52:01 ID:swAxVTOw
>>274
あはは
巧い切り替えしだw

確かにやりそうだよ承太郎w

276 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/17(日) 06:54:23 ID:cCFyGDZL
地霊殿ゲットしたお
新キャラを特別に見せてやるよ
http://omanchin.com/honten-salon.cgi/img/img20070613.jpg

277 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/17(日) 15:43:56 ID:BBgmRyue
>>274
それなんて第4部の仗助?w


278 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/17(日) 17:57:19 ID:BCh9+Z06
東方かわいいよ東方

279 :小人と猫と白黒と。:2008/08/17(日) 19:12:02 ID:VrKLY1OD
あと一時間したら・・、俺。SS投下するんだ・・・・・。
皆さん地霊殿はゲットしたでしょうか?自分はコミケいけないので無理でした。
その代わりにthe bookを買いました。面白かったです。
そして腹いせに今日一日かけてSSを書いてたので、むっちゃ長いです。

どうでもいいけど、確かに仗助のお母さんはかわいい。

280 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/17(日) 19:30:25 ID:a9/2ZgL2
投下待ってます…でも…(一時間は)さびしいよォォォォ…………。


時に>>276はいつもの荒しだよな?
一週間たったんで纏まった分また削除スレに報告しようと思ってたんだが、>>276も報告しちゃっていいかな?

281 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/17(日) 19:49:26 ID:cCFyGDZL
>>280
荒らしのブラクラに引っかかっちゃったんだね・・・仕方ないね・・・
ところで新作やったの?

282 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/17(日) 19:54:45 ID:a9/2ZgL2
>>281
>>276ってブラクラだったのか。つーか前も自分のID確認せずに書いてたなあんた。
二ついいたい事がある。

一つ、専ブラにはちょっとみビューアが付いているのでブラクラを安全に見ることが出来る。
二つ、>>276のURLは別にブラクラじゃあなかったぞ?

IEで見ても問題なかったが。
おまえんトコのPCスペック低いから観覧して重くなって、それをブラクラと勘違いしただけじゃね?

283 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/17(日) 20:12:20 ID:cCFyGDZL
                                   /ヽ            lーー- - 、
   i゙ ̄ l     /ヽ、     i゙ ̄ l     /ヽ、      l  .l  |ヽ,     ヽ_   ,ノ
   l  ,l`    l,   ミ     l  ,l`    l,   ミ   , -ー┘   ̄ヽ、 \    l ̄ |  ̄
  |  ,l'     ゙l,  ゙l,   |  ,l'     ゙l,  ゙l,   l  _,   ;-,,   lゝ ヽ,   l   |,ーーー ヽ,
  l'   l  _    ゙l   ゙l   l'   l  _   ゙l  ゙l    ̄l゙  ,l  'ヽ  |゙ヽ,  | |  '   __   l
  'l  l_,ノ゙ |    l、 丿   'l  l_,ノ゙ |    l、 丿   ,l゙  .l゙   |′ l  l ノ l,  ,,- "  ヽ |
  'l,  ゙   l     "     'l,  ゙   l     "     ,l   ,l _  |'  l      ̄、    ノ  l
   ヽ  ,ノ          ヽ  ,ノ         l   l゙.l `'  ノ      l,  ̄ ̄   ノ
      ̄              ̄           ヽノ゙ ヽ_/       ヽーーー "
       _                      ー┐             __
     ノ   ゝ     _  lーl,   ー 、 l ̄ i  l  |  l ̄ l     l ̄'|  | |
     /  ,/___、 l  l l,  ゙l、 l′ |  l  l  |  l   l  |     l  l___l  l---.
     /        l l、 l l_ l l  ,l   |  .l―l″ .l―l″ |  lー ′         l
    /  / ̄l   | ̄   ̄      l   ,|  ,l___、 ___l_ l_  ┌-ー l  l--'"
   l_ /  ,l  ,l′         ノ   ,/"  lー-l  |   l  lー-l    | l . l ̄  |
       ,ノ  ,l'         ノ  ノ   |   l  l  l   l  l     |   l. 'l-―'"
      丿 丿       | ̄  ノ゙     l  .゙ー "  ゙ー-|  l    l,  ヽ――ヾ
       |_ノ        ー "       l   _____  l     ヽ____l
                          ゙ー"       "- '


284 :小人と猫と白黒と。:2008/08/17(日) 20:14:29 ID:VrKLY1OD

 「くそぉっ!!」
橙はそう叫んで、触手を切る。
その触手は、宙に浮かんだ魔導書の入った箱から出ていた。
箱からは生臭い魚のような潮の匂いのような、奇妙な瘴気が噴出している。
そしてその箱を中心に魔法陣が展開された。
しかし、それは三次元的な展開をしており、橙には理解できない程複雑な術式がそこにはあった。
 「ど・・どどどどうしよう・・・・。誰か・・・・・・・。」
誰かに助けを求めようとして、首を振る。
気がついてみれば、さっきから自分は他人に頼りぱなっしではないか。
このままではずっと一人前にはなれない。
橙は、覚悟を決めた。
自分の妖力の全てを込め、わずかな封印のスキマを埋めるのだ。
 「はぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ・・・・・。」
気力を集中させ腹に力を込める。
彼女が持つ全集中力で、どこの封印の術式が綻んだのか探す。
瘴気を物ともせず、橙はひたすら集中する。
そして、この世のものではない触手が介入している部分を見つけた。
「そこだぁぁぁぁっ!!」
橙はそこに、全妖力を注ぎ込む。
暗い潮の魔力は取り払われ、橙の力が破壊された術式を埋めた。
 「やったっ!!」
橙はそう言って、ガッツポーズを取る。
だが、もうほとんど彼女に力は残っていない。
 「こ・・・これを回収すれば・・・・・。」
そう言って橙は封印の箱に手を伸ばす。
だが、次の瞬間。
 「え・・・・・?」
箱に、罅が入った。
先ほどまでの綻びは、予兆に過ぎなかったようだ。
罅が次々に箱に走り、すでに、それは箱ではなくなる。
パァンと封印の術が、完全に解けた。

285 :小人と猫と白黒と。:2008/08/17(日) 20:16:03 ID:VrKLY1OD
「くそぉっ!!」
橙はそう叫んで、触手を爪で切る。
その触手は、宙に浮かんだ魔導書の入った箱から出ていた。
箱からは生臭い魚のような潮の匂いのような、奇妙な瘴気が噴出している。
そしてその箱を中心に魔法陣が展開された。
しかし、それは三次元的な展開をしており、橙には理解できない程複雑な術式がそこにはあった。
 「ど・・どどどどうしよう・・・・。誰か・・・・・・・。」
誰かに助けを求めようとして、首を振る。
気がついてみれば、さっきから自分は他人に頼りぱなっしではないか。
このままではずっと一人前にはなれない。
橙は、覚悟を決めた。
自分の妖力の全てを込め、わずかな封印の綻びを埋めるのだ。
 「はぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ・・・・・。」
気力を集中させ腹に力を込める。
彼女が持つ全集中力で、どこの封印の術式が綻んだのか探す。
瘴気を物ともせず、橙はひたすら集中する。
そして、この世のものではない触手が介入している部分を見つけた。
「そこだぁぁぁぁっ!!」
橙はそこに、全妖力を注ぎ込む。
暗い潮の魔力は取り払われ、橙の力が破壊された術式を埋めた。
 「やったっ!!」
橙はそう言って、ガッツポーズを取る。
だが、もうほとんど彼女に力は残っていない。
 「こ・・・これを回収すれば・・・・・。」
そう言って橙は封印の箱に手を伸ばす。
だが、次の瞬間。
 「え・・・・・?」
箱に、罅が入った。
先ほどまでの綻びは、予兆に過ぎなかったようだ。
罅が次々に箱に走り、すでに、それは箱ではなくなる。
パァンと封印の術が、完全に解けた。

286 :小人と猫と白黒と。:2008/08/17(日) 20:17:30 ID:VrKLY1OD
魔導書を中心に、次から次にと肉が現れ、ジュブルジュブルを受肉していく。
 「あ・・あ・・・・あぁぁあぁぁあぁぁぁぁぁぁ!!」
橙は自分を責める、自分が、余計な事をしたせいで術式に綻びが怒ってしまったのだ。
こんなことなら、素直に誰かに助けを求めればよかった。自分では、どうせ駄目なのだ。
だが、今度は泣きたくなかった。泣いてはいけなかった。
自分のせいでこうなったら、自分で責任を取るべきだ。
おそらく、この瘴気にすぐ誰かが気づいてくれるだろう。
なら、自分は少しでもこいつの足を止めるだけだ。
 「スペルカード!!」
『覚悟』を決め、橙は己のスペルカードを構える。
その手は既に毛むくじゃらである、どうやら人化の術まで解けかけているようだ。
だが、それでも引くわけにはいかないのだ。
 「うおぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉっ!!」
橙はそう叫んで、敵に向かっていく。
次の瞬間、橙の横を、極太のレーザーが走った。
そして、次の瞬間、彼女は何者かに連れ去られる。
 「何してんだ馬鹿!!」
そう言って、彼女は自分を抱えた大きな帽子に隠れた表情の、少女を見た。
 「魔理沙・・・・・・・・。」
 「おい、無事か?!」
そう言って、魔理沙の帽子の上から顔をのぞかせたのは、リトル・フィートを掛けたホルマジオだ。
スピードについていけないと判断したのか、こんな風に横着したらしい。
 「あ・・・・、あれが。」
橙は、目の前で大きく育つ異界の魔物を指差す。
 「おいおい!何だありゃ!!」
 「こりゃあ18禁ものだな。」
魔理沙とホルマジオはそれを見て、思い思いの言葉を上げる。

287 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/17(日) 20:18:07 ID:a9/2ZgL2
支援

288 :小人と猫と白黒と。:2008/08/17(日) 20:18:47 ID:VrKLY1OD
 「・・・・・・・・・少し、封印が弱かったみたいね。」
 「行き成りなんだよ?!買い物が終わった瞬間・・・・うぉぉっ?!」
三人が振り向くと、そこにはスキマに座った八雲紫と、スキマから半身を出したプロシュートだった。
 「お前、何やってんだよ。」
 「そーゆーお前こそ何やってんだ。買い物はどうした。」
お互いの不可解な状態に、プロシュートとホルマジオは呟く。
 「イルーゾォに任せたぜぇ、面倒だったんでな。」
 「あぁ、そうか。」
そう言ってホルマジオは元の大きさに戻り、プロシュートもスキマから這い出し、宙へ浮く。
イルーゾォに押し付けた事については何も突っ込まない。
 「橙は藍の元に預けておくわ。」
 「ゆかり・・・・さま・・・・。」
ボロボロの橙に、紫は微笑む。
 「よく、頑張ったわね。今回は私の封印が甘かったせいだわ。ゆっくり休みなさい。」
そう言って橙は、魔理沙の腕からスキマへと移される。
ズズズズズズ・・・・と橙はスキマによって安全な場所に転送された。
 「あなた達、手伝いなさい。あいつは私一人でも少々骨が折れるわ。」
紫は、ホルマジオ達に話しかけた。
 「最初からそのつもりだったぜ!異変とありゃ黙っておけないからな!」
そう言って魔理沙は笑う。
 「ここまで付き合ったんだ、しょうがねぇなぁ、最後まで付き合うぜ。」
ホルマジオは、そう言って頭をかく。
 「そう・・・、じゃあ、こき使ってあげるわね。」
 「あ、じゃあ俺ペッシ待ってるから帰るわ。」
 「「「待てやコラ。」」」
とっとと帰ろうとしたプロシュートの襟首を、全員で掴んだ。

289 :小人と猫と白黒と。:2008/08/17(日) 20:20:11 ID:VrKLY1OD
「あんたの能力は純粋に肉体を弱体化させるから使えるのよ、協力しなさい。」
 「俺とホルマジオの任務は買い物だけだぜ?それであんなとの戦うのはなぁ・・・・・。」
プロシュートはそう言って、ニヤリと笑う。
紫、よくキレないなぁ、と魔理沙は思う。
 「・・・・あんた達の家に、外の世界にいつでも出れる扉を付けてあげるわ。」
 「それだけか?」
その様子を見て、ホルマジオはため息を付いた、プロシュートにはこう言うしたたかな所があるのだ。
 「ネアポリスにある、あなた達のアジトにある私物、全部今の家に届けてあげるわ。まだ今のボスにバレてないみたいだからね。」
 「おっ!そりゃあいい!秘蔵のワインがあいつらの手に渡ると思うとムカついてたからなぁ。」
あれ、他の奴らから隠すの大変だったんだぜ、と言って、プロシュートはやる気を起こしたのか、腕をまくる。
 「よし、じゃあ行くぞペッ・・・・・っていねぇのか。」
ゴキッと手を鳴らして、プロシュートは敵を見据える。
 「おいおい、そんな強気に出て大丈夫なのかよ?」
 「いいだろ、こんくらい。本気の殺し合いならな。」
そう言ってプロシュートは楽しそうに笑った。
ホルマジオはそれを見てしょうがねぇなぁ、と再びため息をついた。


290 :小人と猫と白黒と。:2008/08/17(日) 20:21:11 ID:VrKLY1OD

 「で、どうするんだよ作戦は。」
魔理沙がそう言ってスペルカードを構える。
 「あなたは火力があるから止めを刺して。で、プロシュートとホルマジオ。あなた達はあれを弱体化してもらうわ。そして最終的に私が封印する。」
紫は扇をパンッと開き、何気なく呟く。
皆、紫が一番楽そうだなぁ、と思ったが、言わないで置いた。
 「いいのか?この辺りの木まで老化させちまうが・・・・第一、効くのか?グレイトフル・デッド。」
 「リトルフィートも、接近しないと攻撃できないんだが・・・・。」
ホルマジオとプロシュートが、紫に意見する。
 「だから、私の能力で、あいつの近くまで移動させてあげるわ。直触りならどうにかなるでしょ?」
紫の言葉を聴いて、二人は顔を真っ青にした。
 「いやいや、あれに直触りなんてしたらなんか吸収されて大変な事になりそうな気がするんだ。」
 「・・・・・・早々に地獄行きかもなぁ、俺ら。」
 「はいはい、いってらっしゃぁーい。」
紫は、ぽいっと二人を強制的にスキマにボッシュートした。
魔理沙はそれを見て、紫に話しかける。
 「なぁ、あのおっさん達。大丈夫なのか?ただの人間じゃあないみたいだが。」
それを聞いて紫は不敵に笑う。
 「・・・そうねぇ、強いて言うなら目覚めた運命の奴隷かしら?」
 「なんじゃそりゃ。中学生の考えた設定か。」
紫の言葉に、魔理沙は妙な表情をした。

291 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/17(日) 20:21:37 ID:a9/2ZgL2
『支援した』ッ!

292 :小人と猫と白黒と。:2008/08/17(日) 20:22:06 ID:VrKLY1OD
謎の生物の近くに、スキマが開く。
そして、そこからあまりにもシュールにペッとホルマジオとプロシュートは吐き出された。
2人は体制と建て直し、目の前の蠢く肉塊と対峙した。
 「てめぇのせいだぞプロシュート!!てめぇが報酬だのなんだの要求するから逃げるに逃げれねぇじゃねぇか!!」
ホルマジオはスタンドを出しながら、プロシュートを怒鳴る。
 「うるせぇ!!こうなったら徹底的にやるぞ!!」
プロシュートの横にも、グレイトフル・デッドが現れ、瞳から煙を噴出す。
ボコッ、ボコッと肉塊の表皮が盛り返す、切れ目が現れ、そこから目玉がギョロリと飛び出す。
まるで、赤子が体内で成長するように、成長していく。
そして、肉塊から勢いよく触手が飛び出した。
触手の先端は蛇のように、グバァッと鋭い牙の口を開いて、彼らに喰らいつかんと攻撃する。
 「うぉぉぉぉぉっ!!」
ホルマジオはそれを避け、ポケットに手を突っ込む。
そこから出てきたライダーサイズの黒い塊が、一瞬でギターケースくらいの大きさになる。
それを開くと、そこから出てきたのはリボルバーのような形をしたグレネードランチャーだった。
ホルマジオは自分の体をスタンドで支えて、それをとっさに放つ。
触手にそれは見事に当たり、触手を引きちぎる。
 「喰らいやがれぇぇぇぇ!!」
ホルマジオは、連続でランチャーを肉塊に放った。
それは見事に着弾し、煙を大量に当たりに撒き散らした。
 「やったか?」
プロシュートはホルマジオに聞く。
 「いや・・・、大抵こういうのは、大体・・・・・。」
ジュブルジュブと水音のような音が響く。
煙が晴れるとと、そこにはまるでビデオの早送りのように肉塊がうごめき、傷を修復していた。
 「お約束・・・だな?」
 「だな。」
そう言って、二人はとっさに二手に分かれた。
2人がいた場所に触手がシュバッと伸びる。

293 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/17(日) 20:23:12 ID:a9/2ZgL2
ぼくに…出来ることは……支援する事…ぐらいです…

294 :小人と猫と白黒と。:2008/08/17(日) 20:23:46 ID:VrKLY1OD
「ホルマジオ!あとはどれくらい持ってきてる?!」
 「ありゃあ取って置きだ!!ソルべの、内緒で持ち出した奴だからな!!残りはべレッタ一丁とそのマガジンだ!!」
 「手榴弾とかは?!」
 「ねぇ!!」
 「くそっ!!じゃあ本当にスタンド勝負か・・・・!!」
2人は触手の間を掻い潜りながら、敵を避けていく。
リトル・フィートで少しでも傷つけられればいいが、それもこの攻撃のスピードでは隙がない。
グレイトフル・デッドを発動すれば弱るかもしれないが、ホルマジオが巻き込まれる。
 「こう言うのはギアッチョとメローネとかリゾット向けだよなぁっ!!」
ホルマジオの上着の裾が、触手に食いちぎられる。
 「あぁ、まったくだ!!」
プロシュートのネックレスが、噛まれ勢いよく砕け散った。
 「あっ!てめぇ!これ高かったんだぞ!!」
そう言ってプロシュートは、触手を怒鳴る。すると、次の瞬間ニヤリと笑った。
 「そうだ、いーこと考え付いたぜ。」
プロシュートは振り返り、触手と向き合い、スタンドを、一旦解除した。

 「おりゃぁぁぁぁぁぁっ!!」

そして、プロシュートは触手に真正面から突っ込んだ。
 「な・・・何やってんだ!!プロシュート!!」
ホルマジオが叫ぶが、プロシュートは不敵に笑ったまま、敵に突っ込んでいく。
そして、プロシュートは触手の巨大な口に吸い込まれた。
 「くそっ!!」
ホルマジオはべレッタを構えとスタンドを構え、触手に相対する。
だが、次の瞬間、触手、いや、肉塊に異変が起こる。
ビクンッと一瞬痙攣したかと思うと、萎れていくのだ。
 「いってぇ!!」
聞きなれた声が、触手から響く。
 「くそっ!!手がボロボロだ・・・・、ま。片腕がないよりはマシか。」
まるで、機械のような腕が、触手の口を開く。
そこから、フシュウウと、煙が流れ出た。
 「プロシュート・・・・!」
 「よぉ、ホルマジオ。」
グレイトフル・デッドの逞しい腕によって、触手の口がこじ開けられていた。
だが、牙によりその手には傷や穴が開いている。
スタンドと同じように、プロシュートの手も傷つきボロボロだった。
 「ったく、無茶しやがるぜぇ。」
そう言って、苦笑しながらホルマジオはプロシュートを口から引き出す。
その時、リトルフィートの長い爪で、肉塊を傷つけておいた。
ホルマジオはプロシュートの肩を支え、肉塊から離れる。

295 :小人と猫と白黒と。:2008/08/17(日) 20:24:54 ID:VrKLY1OD
すると突然、プロシュートの携帯電話に、電話が掛かった。
 「ホルマジオ、出てくれ。手がこんなんじゃ出れねぇや。」
ホルマジオはプロシュートのポケットを探り、携帯を取り出す。
 「プロント?」
 『はぁーい、ゆかりんよー。』
見てみると、遠くで紫が手を振っていた。
魔理沙は、携帯で話している紫を不思議そうに眺めていた。
 『うまくいったかしら?』
 「・・・・・あぁ、グレイトフル・デッドで老化させた隙に、リトル・フィートを喰らわせた。」
 『そう・・、あ、小さくなり始めたわね。』
見てみると、肉塊は徐々に小さくなり始めていた。
 『じゃあ、そこから大急ぎで離れなさい。巻き込まれるから。』
 「は?」
そう言ってホルマジオが紫の方を見ると、その隣にいた魔理沙が、光っていた。
いや、ただしくは魔理沙の持っている、八卦炉が光っていたのだ。
 「うぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!」
 「え?何だ?」
ホルマジオはプロシュートを抱えて、大急ぎでその場を離れる。
いまいち状況の掴めないプロシュートは、ぽかんとしている。
光が、一際大きくなった

 「魔砲『ファイナルスパーク』!!」

ドォン、と花火のような音が響く。
 「ぎゃあぁぁぁっ!!」
 「うおっ?!」
その余波で、ホルマジオとプロシュートは、空中で吹き飛ばされた。

296 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/17(日) 20:26:05 ID:a9/2ZgL2
支…援…?なんのことかね?

297 :小人と猫と白黒と。:2008/08/17(日) 20:28:51 ID:KTr7WTmz
 「エルダーサインを刻んで・・・・・はい、完成。」
すっかり弱体化した肉塊生物を、紫が封印する。
すると、それはビデオの逆再生のように見る見るうちに小さくなり、古い一本の巻物に戻った。
紫はスキマから一冊の本を取り出した。
その本を開くと、ページが風もないのに宙に舞う。
そしてそのページは巻物を取り囲み、白い光が魔法陣を作り上げる。
魔法陣が収縮すると、そこには不思議な白い素材で作られた箱があった。
 「予想以上に強い魔導書だったわねー。低級とはいえ、あんな物を呼び出すなんて。あやうくこのSSが銃声咆哮ディアボロべインに変わるところだったわ。」
年齢制限板だったら斬魔銃声ディアボロべインになる所だったわねぇと紫は呟いた。
魔理沙は少し気まずそうにしている。自分が魔導書を盗んだせいで、こんな自体になったからである。
 「さぁて、帰るか。腹減ったし。」
プロシュートは、ボロボロの手のまま、頭を掻く。
すると、ホルマジオは魔理沙の方を向く。
 「先に帰っててくれ、俺はこの嬢ちゃんに少し用があるんでな。」
それを聞いて、プロシュートは怪訝な顔をする。
 「あ?お前ちょっとそいつぁ若すぎないか?」
 「馬鹿か、とっとと帰れ。」
ニヤニヤと笑うホルマジオは、プロシュートを蹴って追い返す。
 「はいはい、じゃあ行くぜ紫。」
 「えぇ、それじゃあまた後でねー。晩御飯、あなた達の家でごちそうになるから。」
そう言って、紫とプロシュートは、スキマに消えていった。
 「さぁて。」
ホルマジオは、魔理沙に近づく。
 「嬢ちゃん、何であの本を盗んだんだ?」
 「だ・・・・だってあんな危険だとは思わなくて・・・・。」
言い訳をする魔理沙の頭を、ホルマジオはこつんっと軽く叩いた。
 「そうじゃねぇ、橙とは知り合いなんだろ?必要なら、借りてすぐ返せばいいじゃねぇか。」
 「で・・でも・・・・。」
 「でも?」
魔理沙は、俯きながら言った。


298 :小人と猫と白黒と。:2008/08/17(日) 20:30:34 ID:KTr7WTmz
 「返したら・・・・・そこで終わっちゃうじゃんか。」
少し暗い声で、魔理沙は続ける。
 「返さなければ、そいつはずっと私と関わる事になる。
  返しちまったらもうそこで何も・・・なくなっちゃうじゃないか。」
ホルマジオは、それを聞いて、拍子抜けしたような顔になる。
そして、次の瞬間には、笑い出した。
 「ははははははははは・・・っ!!そうか・・・!!嬢ちゃん寂しかったのか!!」
 「ち・・違うって!!私には霊夢もアリスもいるし・・・!!」
 「いいって!いいって!お前くらいのガキが寂しがるのは別に普通だ!!」
そう言って、ホルマジオは、魔理沙の背中を叩く。
 「痛い!いてぇよおっさん!!」
 「悪い悪い・・・はははははは・・・。」
ホルマジオはそう言って、魔理沙から手を離す。
 「だったから返しに行くとき、また本を借りればいいじゃねぇか。
  コーヒーでも飲んで世間話して、んでもってそれを繰り返せば嫌でも友達になるぜ。」
 「う・・うるさいっ!!それくらい解ってるよ!!」
魔理沙は真っ赤になりながら、ホルマジオに食って掛かる。
 「よし、じゃあまずは橙に本を返すってことでうちで飯を食え。あの紫って奴も来るらしいからな!
 橙も大丈夫そうだったら呼んでやろうぜ、んで、謝れ。」
 「・・・・・いいのか?」
魔理沙は、彼女らしくなくしおらしい態度で聞く。
 「いいっていいって!どうせ男だらけなんだからお前みたいな美人がいると華やいでいいぜ。」
美人と言われて、魔理沙の顔が少し赤くなった。
 「分かった!じゃあありがたくご馳走になるぜ!」
魔理沙はそう言っていつもの快活な笑みを浮かべた。


299 :小人と猫と白黒と。:2008/08/17(日) 20:33:04 ID:KTr7WTmz
以上です。規制くらったので携帯で最後の方は投下しました。
後書きは避難所の方で。

300 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/17(日) 20:36:41 ID:a9/2ZgL2
GJでした!
本から出来た奴が某ゲームの黒幕っぽかった…。

というかそんな本なんで持ってるんだよとw

それにしてもこのホルマジオはいいお兄さん。

301 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/17(日) 22:02:41 ID:ji4NF3sj
GJ!
一人帰ろうとする兄貴に吹いたw
触手と目玉でゆかりんみたいな能力使うマーヴルの異界の邪神思い出したでシュ


302 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/17(日) 22:08:36 ID:s6uy0XaW
ホルマジオの人、乙ですよ〜
しかしイイ男だなホルマジオ・・・ww

303 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/17(日) 22:09:44 ID:YFVzHIUM
GJ!
兄貴wwwwwww
マジオかっけーよマジオ

304 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/17(日) 22:11:49 ID:cCFyGDZL
              )
             (
         ,,        )      )
         ゙ミ;;;;;,_           (
          ミ;;;;;;;;、;:..,,.,,,,,
          i;i;i;i; '',',;^′..ヽ
          ゙ゞy、、;:..、)  }
           .¨.、,_,,、_,,r_,ノ′
         /;:;":;.:;";i; '','・;;_~_,.、.ヽ
        ゙{y'ヾミミヽ  rz彡‐`ヽ 、}
        ".¨、_tッ、,゙ ' r' rtッ_‐ァ'′
       /;i;i; ''`ー 'ノ  !、`ー 'ミ゙´゙^′..ヽ 
       ゙{y、、;:... ,イ   'ヽ ._  .、)  、} < 蛆虫東方厨はウンコ食えや
       ".¨ー=゚ ´...:^ー^:':..._ .、,_,,、_,,r_,ノ′
      /i;i; '',',;;;_~r ζ竺=ァ‐、.ミ゙´゙^′.ソ.ヽ
      ゙{y、、;:..ゞ.:,:.:.、;:二.:,:.:.丶υ゚o,,'.、)  、}
      ヾ,,..;::;;;::,;,::;):;:;:; .:v、冫_._ .、,_,,、_,,r_,ノ′
        /   /        { /
       /  ノ          / /_
       \  `ヽ         i___,,」
        \ \
         ノ  _>


305 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/17(日) 22:14:14 ID:cCFyGDZL
              )
             (
         ,,        )      )
         ゙ミ;;;;;,_           (
          ミ;;;;;;;;、;:..,,.,,,,,
          i;i;i;i; '',',;^′..ヽ
          ゙ゞy、、;:..、)  }
           .¨.、,_,,、_,,r_,ノ′
         /;:;":;.:;";i; '','・;;_~_,.、.ヽ
        ゙{y'ヾミミヽ  rz彡‐`ヽ 、}
        ".¨、_tッ、,゙ ' r' rtッ_‐ァ'′
       /;i;i; ''`ー 'ノ  !、`ー 'ミ゙´゙^′..ヽ 
       ゙{y、、;:... ,イ   'ヽ ._  .、)  、} < 蛆虫東方厨はウンコ食えや
       ".¨ー=゚ ´...:^ー^:':..._ .、,_,,、_,,r_,ノ′
      /i;i; '',',;;;_~r ζ竺=ァ‐、.ミ゙´゙^′.ソ.ヽ
      ゙{y、、;:..ゞ.:,:.:.、;:二.:,:.:.丶υ゚o,,'.、)  、}
      ヾ,,..;::;;;::,;,::;):;:;:; .:v、冫_._ .、,_,,、_,,r_,ノ′
        /   /        { /
       /  ノ          / /_
       \  `ヽ         i___,,」
        \ \
         ノ  _>



306 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/17(日) 22:16:41 ID:cCFyGDZL
              )
             (
         ,,        )      )
         ゙ミ;;;;;,_           (
          ミ;;;;;;;;、;:..,,.,,,,,
          i;i;i;i; '',',;^′..ヽ
          ゙ゞy、、;:..、)  }
           .¨.、,_,,、_,,r_,ノ′
         /;:;":;.:;";i; '','・;;_~_,.、.ヽ
        ゙{y'ヾミミヽ  rz彡‐`ヽ 、}
        ".¨、_tッ、,゙ ' r' rtッ_‐ァ'′
       /;i;i; ''`ー 'ノ  !、`ー 'ミ゙´゙^′..ヽ 
       ゙{y、、;:... ,イ   'ヽ ._  .、)  、} < 蛆虫東方厨はウンコ食えや
       ".¨ー=゚ ´...:^ー^:':..._ .、,_,,、_,,r_,ノ′
      /i;i; '',',;;;_~r ζ竺=ァ‐、.ミ゙´゙^′.ソ.ヽ
      ゙{y、、;:..ゞ.:,:.:.、;:二.:,:.:.丶υ゚o,,'.、)  、}
      ヾ,,..;::;;;::,;,::;):;:;:; .:v、冫_._ .、,_,,、_,,r_,ノ′
        /   /        { /
       /  ノ          / /_
       \  `ヽ         i___,,」
        \ \
         ノ  _>



307 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/17(日) 22:28:52 ID:B35ijb76
ホルマジオの人GJ!
なあるほど、盗み癖はそう言う解釈ですか。…良いセンスだ

腐った魚の臭いってだけで“■■■”か“深■■ど■”かあるいは、と脳内検索余裕でした。まさかのディアボロベイン自重ww

308 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/17(日) 23:27:51 ID:cCFyGDZL
 o。!  __ --、 |!   ィ´⌒`` ヽ 、 | *  ゚ | |
*  /,ィ--  ヽ  /   _     `ヽ l| ・|
  /  〈_/  -'、 '、      ヽ ヽ 〉 *o゚
  '、   /  _ -ヘ /\         / ・ |o゚
   \/  /  __, 〈_, ヽ \、_ 彡彡/ O。|!  |o゚
 。・ rミ、-‐'-‐  ,  》   //))ヽ /─、  | ・ 
 +   \_   冫‐ トヽ--、    ノ / ⌒\ |l
    ィ'゙ \   ´ノ/  ヽ-─'  /    /\
  /       ̄    ヽ   `─/    /   \
 |\∧∧∧MMMM∧∧∧/|_
 >                  <
 ─┬   /\ | |  \     ヽ|  |ヽ  ム ヒ | |
 ─┼─ /  \.      /  | ̄| ̄ 月 ヒ | |
 . _ノ .      \  _/  ./ | ノ \ ノ L_い o o
 >                  <
  ̄|/∨∨∨WWWW∨∨∨\| ̄


309 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/18(月) 01:30:22 ID:O5RlygWH
う〜ん…ぼくも、一週間以内に何か投下したいな〜。とか言ったりして…ハハ


SS書き始めてみたんですけど、ジョジョキャラ一人だけ。絡みほとんど無い。弾幕戦も無い。
といういか、わたしの文章力じゃあ動きのあるバトルは表現できん…orz
そんな感じなんですけど、良いんですかね…?

310 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/18(月) 02:53:03 ID:EhRmDPEr
設定大体把握して思ったけど。
東方の強キャラって「ぼくのかんがえたさいきょうの○○」みたいな厨設定だな。
はっきりいってクロスさせるには向かないと思うんだが。
結局ゆかりんSUGEEEやらお嬢様SUGEEEで終わっちゃうわけだし。

311 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/18(月) 03:06:47 ID:XqDMXigz
>>311
正直ジョジョと関わらせたくもないよね。

312 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/18(月) 05:33:54 ID:tcyHytb8
>>309
問題ない
大事なのは書いたという結果ではないッ!
書こうとする意思なのだから!


あと何かアドバイス欲しければ、避難所で聞いてみたら?
今書いてる職人さんから何か聞けるかもしれん

313 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/18(月) 08:09:38 ID:iqCmybll
SUGOMIがなんとかしてくれる。

314 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/18(月) 13:31:00 ID:sAxc9AG5
>>309
'i, ;' ,    /'' 'ヽ ./ ''‐、   _,,;;;;;;;;;;ツ''" ヽ_,ィツlllllllllllllllllllllllリ!!llllllllll} , r---‐‐‐--、
  `'i;'  ,; { "'',,,r-.,彡ノr‐''"; ; ; "  ,..r‐彡,,ヾヾlllllllllllllllllll'"´_,,ヾlllllll i  意 『真 大 i
   .ヽ、 ';;, ヽ、彡ヽノr''"  ,、r''~ ,r,,iirツ'"  ~ソ 'llllllllllllツ .lヾ;;; .'}lllll { 志』.実 .切 }
     ヽ、;;;,,, ヾ'"´,.r‐''"´,.r‐彡r''"_r-‐.t--.、i,  ""llllllli .l;;;"'i, }lllll i だ に な }
      i ;;;'';ツ",.r'" ,..r‐'" " .ッil!',,,ir‐_ヾ'''ッ l 彡 'lllllll; / ;l  }lllll  i と 向 の i
      .,l,..r‐''",..ィ''"~        .i.,ヽ.~ノノ'"ノ彡ツ  .!!ツ "'y' ,lll'  { 思 か は i
    ,.r''"_, rii,"` ~"_'ミi,,       .~!~ `ノ'"'' ..''i    ,ィ'" イill.:  i  .っ お   }
 ,..r‐''",.riilllllllllll,,  ,ィ'、・),';;; , ----r、、、、、r''"    l   ヾ_,,ィ'' l' ;  i . て う    i
イ _,,;iilllllllllllllllllllllll'、 "ヽ." .;;ツ;;#;!ッ,,          l'    ヽ ; ;; /   {  い.. と    i
‐ッツ彡''""""~ ヽヾ,  ,..r'"l'"   ..,,         l     );;; /   ,i  る す   }
,r-‐‐''"~~"''‐‐-,, ヽ,.i~"   l   .,,r'             ノ;; / _____i     る   .i
・ 向いした向 'i, .'ヾ   "'''‐- '' .,、、、_           /;;''/ "''‐r.,_         }
・ かつてとか  .i  .i;ヽ、   i"''"~,r''‐rニッ        /;''/      i        ,i
・ っかもえお  i_____''‐‐   ヽ^i~,,,,,ノ''"~       /;;' /      ."''''''‐‐‐‐‐‐''''"
・ ては 今う  _,..r‐''"  \  ,ィ"__,,,rii;;ll''"     ,ィ':;' /     ,i'
・ いた 回と  i      \ "''''~`      ,イ; ;;/ /     .,i
・ るど はす  i        \        ,イ,;,; /,,,,,,,,     ii'
・ わり 犯る  i         \     ,イ ;;;;;/       iiii
・ け着 人意・  i           "''''‐‐‐'"
・ だく  が志・ i
・ かだ 逃さ・ i
・ らろ  げえ・ i
・ なう  .たあ・ i
・  ?  とれ・  i
・      ば・  i
・          }
違         }
う         }
か        i
い       i
?       .} 
~""""""''''''""

315 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/18(月) 16:19:36 ID:iqCmybll
無駄にでけえwwww

316 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/18(月) 19:25:27 ID:O5RlygWH
>>312-314
励ましの言葉ありがとう御座います。
とりあえず投下できるところまで書いてみます。

アドバイスは、もうどんなアドバイスを受ければいいのかわからない様な状態で…

SUGOMI…これで突っ切るしかないッ!!

317 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/18(月) 23:13:08 ID:XqDMXigz
脇巫女と神父を描いてみました!
ttp://up2.viploader.net/pic/src/viploader750084.jpg

318 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/18(月) 23:30:56 ID:tEYkeKis
>>317
これは嘘をついてる味だぜ!!

319 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/19(火) 08:11:54 ID:GYq6I1c9
                   ,'⌒,ー、           _ ,,..  X
                 〈∨⌒ /\__,,..  -‐ '' " _,,. ‐''´
          〈\   _,,r'" 〉 // //     . ‐''"
           ,ゝ `く/ /  〉 /  ∧_,. r ''"
- - - -_,,.. ‐''" _,.〉 / /  . {'⌒) ∠二二> -  - - - - - -
  _,.. ‐''"  _,,,.. -{(⌒)、  r'`ー''‐‐^‐'ヾ{} +
 '-‐ '' "  _,,. ‐''"`ー‐ヘj^‐'   ;;    ‐ -‐   _- ちょっと戦争を終わらせに行ってくる
 - ‐_+      ;'"  ,;'' ,''   ,;゙ ‐-  ー_- ‐
______,''___,;;"_;;__,,___________
///////////////////////




320 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/19(火) 08:12:47 ID:GYq6I1c9
      、′     、 ’、  ′     ’      ;  、
          . ’      ’、   ′ ’   . ・
       、′・. ’   ;   ’、 ’、′‘ .・”
            ’、′・  ’、.・”;  ”  ’、
       ’、′  ’、  (;;ノ;; (′‘ ・. ’、′”;
         ’、′・  ( (´;^`⌒)∴⌒`.・   ” ;  ’、′・
      、 ’、 ’・ 、´⌒,;y'⌒((´;;;;;ノ、"'人      ヽ
           、(⌒ ;;;:;´'从 ;'   ;  ;) ;⌒ ;; :) )、   ヽ  -‐,
           ( ´;`ヾ,;⌒)´  从⌒ ;) `⌒ )⌒:`_,,..・ヽ/´
   ′‘: ;゜+° ′、:::::. :::    ´⌒(,ゞ、⌒) ;;:::)::ノ‐''"..,,_
            `:::、 ノ  ...;:;_)  ...::ノ  ソ,. r ''" `''‐,,._ X
           ,ゝ `く/ /  〉 /  ∧_ ...::ノ  '' "
- - - -_,,.. ‐''" _,.〉 / /  . {'⌒) ∠二二> -  - - - - - -
  _,.. ‐''"  _,,,.. -{(⌒)、  r'`ー''‐‐^‐'ヾ{} +
 '-‐ '' "  _,,. ‐''"`ー‐ヘj^‐'   ;;    ‐ -‐   _-
 - ‐_+      ;'"  ,;'' ,''   ,;゙ ‐-  ー_- ‐
______,''___,;;"_;;__,,___________
///////////////////////


321 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/19(火) 12:59:42 ID:yNsoukdj
http://blog-imgs-41.fc2.com/w/a/r/waranote/poki32.jpg

322 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/20(水) 01:19:33 ID:wY9d7zLZ
今までは幻想郷にジョジョキャラが入ったらを皆で考えて来たわけだが…逆に杜王町に東方キャラが入ったらどうなるんだろう?

323 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/20(水) 02:14:50 ID:x2xne+TY
とりあえずトニオさんの店が大変な事になる(ジャムによるグロ注意的な意味で)

324 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/20(水) 06:14:51 ID:RNlpDU6C
岡山県北部の高架の下の 川原の土手の糞親父
高架の下の 川原の土手で 親父が 3人 しゃがんでいる 高架の下の 川原の土手で 親父は 何をしているのかよ
      ,、r‐''''''''''''''''ー 、.高架の下の川原 ノ^^ー-ヽの土手で 親父は 浣腸ォォォォ!!!しているんや
嗚呼!!        `' 、わしは何故 (´    煤宸R こんな所で浣腸なんγ⌒ヽか ,,してるんやァ!!!!
でも、仕方が無い    んだ…!わしに(        ヽは専用のハγ⌒ヽッ γ__+__ゝテン場 なんか無いんや……!
けつの穴の先に    何か有る、そ(( ∧ ノ     、    l )) いつ彡 ^益^)は C ^〜^)おっさんの糞かな
落っこちそう ,、、,_  ニニ  ,、にひくひく } ▲  ▲ 「   〈 してる⊂_ ノ ヾつιイ  y つ小さな小さな糞しずく
どうして   ´ .._`ー   ‐''"....|出たのか/     J |   ヽ 知らな|/ x )いが|___|誰にも言えない糞なら
どば〜っと流. ,;ィェ、..   ,rェ;〈 れるま.∨       l     } まにし ω ヽてお/  |っ ヽこう小さな小さな糞しずく
高架の下 ::' "......::'''ン  .., .:::'''"の川原の   ●     ト、、、,ヽ 土手で……おっさんはやっとそれが終わって…
後足で懸命    r   ヽ.   lに糞を塗ヽ、 、__ノ  ム りあうが….}  | 糞は全く見当違いの体中
に飛ぶばかり…. './'ー'''ー‐' ', 高架の下の`ーァ       ̄ニー-v′ ノ  ( ( ( 川原の土手でおっさんは急いで
糞を塗うう ゝ  ,r";;二二二,ヽ,ううり出した自分 、           く の小) ) ,) 便をかけあ
ううよおおおおに "  ̄二´ `ノ 糞を何回もぬり|                \あう人ようにそして!
生まれたときから      ,イ ただの一度も   {    r、             | /   ) 糞遊び.なんかしたことが
無いような顔をして…---,ェr'澄まして69のまま 〉   { `ーァ―‐r‐   ,ノ (  ー'⌒ヽお互いの口に射精゙していった…
ああ^ああ^〜  `''''''''"",ノ あ^〜あ^〜 (    (   ノああ^{   {   r′あ,}―-―、人_あ^〜あ^〜 あ^〜
|  ヽヽ     `'---‐'" .//  ! .    `ー= `ー='   (⌒ (⌒  )  (___∠__,)  おしまい!!

325 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/20(水) 06:15:37 ID:RNlpDU6C
岡山県北部の高架の下の 川原の土手の糞親父
高架の下の 川原の土手で 親父が 3人 しゃがんでいる 高架の下の 川原の土手で 親父は 何をしているのかよ
      ,、r‐''''''''''''''''ー 、.高架の下の川原 ノ^^ー-ヽの土手で 親父は 浣腸ォォォォ!!!しているんや
嗚呼!!        `' 、わしは何故 (´    煤宸R こんな所で浣腸なんγ⌒ヽか ,,してるんやァ!!!!
でも、仕方が無い    んだ…!わしに(        ヽは専用のハγ⌒ヽッ γ__+__ゝテン場 なんか無いんや……!
けつの穴の先に    何か有る、そ(( ∧ ノ     、    l )) いつ彡 ^益^)は C ^〜^)おっさんの糞かな
落っこちそう ,、、,_  ニニ  ,、にひくひく } ▲  ▲ 「   〈 してる⊂_ ノ ヾつιイ  y つ小さな小さな糞しずく
どうして   ´ .._`ー   ‐''"....|出たのか/     J |   ヽ 知らな|/ x )いが|___|誰にも言えない糞なら
どば〜っと流. ,;ィェ、..   ,rェ;〈 れるま.∨       l     } まにし ω ヽてお/  |っ ヽこう小さな小さな糞しずく
高架の下 ::' "......::'''ン  .., .:::'''"の川原の   ●     ト、、、,ヽ 土手で……おっさんはやっとそれが終わって…
後足で懸命    r   ヽ.   lに糞を塗ヽ、 、__ノ  ム りあうが….}  | 糞は全く見当違いの体中
に飛ぶばかり…. './'ー'''ー‐' ', 高架の下の`ーァ       ̄ニー-v′ ノ  ( ( ( 川原の土手でおっさんは急いで
糞を塗うう ゝ  ,r";;二二二,ヽ,ううり出した自分 、           く の小) ) ,) 便をかけあ
ううよおおおおに "  ̄二´ `ノ 糞を何回もぬり|                \あう人ようにそして!
生まれたときから      ,イ ただの一度も   {    r、             | /   ) 糞遊び.なんかしたことが
無いような顔をして…---,ェr'澄まして69のまま 〉   { `ーァ―‐r‐   ,ノ (  ー'⌒ヽお互いの口に射精゙していった…
ああ^ああ^〜  `''''''''"",ノ あ^〜あ^〜 (    (   ノああ^{   {   r′あ,}―-―、人_あ^〜あ^〜 あ^〜
|  ヽヽ     `'---‐'" .//  ! .    `ー= `ー='   (⌒ (⌒  )  (___∠__,)  おしまい!!

326 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/20(水) 06:16:22 ID:RNlpDU6C
岡山県北部の高架の下の 川原の土手の糞親父
高架の下の 川原の土手で 親父が 3人 しゃがんでいる 高架の下の 川原の土手で 親父は 何をしているのかよ
      ,、r‐''''''''''''''''ー 、.高架の下の川原 ノ^^ー-ヽの土手で 親父は 浣腸ォォォォ!!!しているんや
嗚呼!!        `' 、わしは何故 (´    煤宸R こんな所で浣腸なんγ⌒ヽか ,,してるんやァ!!!!
でも、仕方が無い    んだ…!わしに(        ヽは専用のハγ⌒ヽッ γ__+__ゝテン場 なんか無いんや……!
けつの穴の先に    何か有る、そ(( ∧ ノ     、    l )) いつ彡 ^益^)は C ^〜^)おっさんの糞かな
落っこちそう ,、、,_  ニニ  ,、にひくひく } ▲  ▲ 「   〈 してる⊂_ ノ ヾつιイ  y つ小さな小さな糞しずく
どうして   ´ .._`ー   ‐''"....|出たのか/     J |   ヽ 知らな|/ x )いが|___|誰にも言えない糞なら
どば〜っと流. ,;ィェ、..   ,rェ;〈 れるま.∨       l     } まにし ω ヽてお/  |っ ヽこう小さな小さな糞しずく
高架の下 ::' "......::'''ン  .., .:::'''"の川原の   ●     ト、、、,ヽ 土手で……おっさんはやっとそれが終わって…
後足で懸命    r   ヽ.   lに糞を塗ヽ、 、__ノ  ム りあうが….}  | 糞は全く見当違いの体中
に飛ぶばかり…. './'ー'''ー‐' ', 高架の下の`ーァ       ̄ニー-v′ ノ  ( ( ( 川原の土手でおっさんは急いで
糞を塗うう ゝ  ,r";;二二二,ヽ,ううり出した自分 、           く の小) ) ,) 便をかけあ
ううよおおおおに "  ̄二´ `ノ 糞を何回もぬり|                \あう人ようにそして!
生まれたときから      ,イ ただの一度も   {    r、             | /   ) 糞遊び.なんかしたことが
無いような顔をして…---,ェr'澄まして69のまま 〉   { `ーァ―‐r‐   ,ノ (  ー'⌒ヽお互いの口に射精゙していった…
ああ^ああ^〜  `''''''''"",ノ あ^〜あ^〜 (    (   ノああ^{   {   r′あ,}―-―、人_あ^〜あ^〜 あ^〜
|  ヽヽ     `'---‐'" .//  ! .    `ー= `ー='   (⌒ (⌒  )  (___∠__,)  おしまい!!

327 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/20(水) 08:13:27 ID:VMenlu0i
絶対だれかがじょすけの髪を馬鹿にする。


328 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/20(水) 08:53:42 ID:MpA1hGko
>>322
何人かが露伴先生の餌食になる

329 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/20(水) 12:20:12 ID:59L7Ttg0
吉良にも注意だな

330 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/20(水) 14:55:21 ID:Ykaby6Ro
康一君が大変な目に遭いそうだ

331 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/20(水) 14:58:49 ID:dfB/z5e6
間田は相変わらず失敗

332 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/20(水) 15:23:49 ID:wY9d7zLZ
魔理沙とパチュリーとチルノでトニオの店へ。

魔理沙は健康だから何も起こらず。
パチュリーは口から裏返った肺が出てきて喘息が治る。
最後に。
トニオ「お客様…リボンを外すことをお勧めします…」
チルノ「え……?!」



というのを考えてみた。

333 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/20(水) 17:40:30 ID:0VlVU0+6
>>329

ゆかりんとかゆゆ様なら返り討ちしそうw


334 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/20(水) 17:58:05 ID:RNlpDU6C
                       ____
              ,. ‐''"´        ` ー- 、
           /                \   \
             ,イ            \   \::: : \
           /   /     !   :|  :|ヽ\   \:::::. ヽ
           ,'  .:/  .::::/ ,'   :,' .::iハ . ヽ:::: :::ヽ:::::. ヘ
        i   .:/  ::/ /  ::/!: .::,' | |∨:|ヘ:::: : :::ヘ:::::::ハ
         |  .:,' /  .:/  ::/,' :::/ |:.! |:.:| |∨::::::::∧::::::i、
          | .::i:./  .:::,イ ::_/:::/   リ !斗f‐-、::::::::::ハ::::| !
          |/:|/  :/,ィ"  ,;ィェ、..   ,rェ;  i:`: :::::::|::::| |  
         ,ィ|  / ::::::/i,..::' "......::'''ン  .., .:::'''" |:::::::::::::l::::| |
      / | ,'::::/{ rT.      r   ヽ   ‖:: :::::/ト、ハ|
        {  | {::/::::::ヽ|:|     './'ー'''ー‐' ',   ,'|::::::::,'. | 乂
      ヽ | |,' |::::|::::|`ト    ,r";;二二二,ヽ .ハ|::::.::i  !   `''ー‐
        i   |::::|::::l::::|ト、,rニン"  ̄二´ `/:::|:::::::|  ヽ       はよう糞まみれになろうぜ。
          ハ::  l: ::|::::|::::iハ \         イ:|!:::ハ:::::|
       ∧:  !::::i:,.-、「|∧  > 、 _,. <:i::|:::|:::::.ヘ:::ヘ
       /::::: _厶イ ./ |:.:.|` ー-L>、:::::::|::|:::|:::::::::.`iー\
.      />< \   ヘ. i:.:.i   ,'!ハ| `<ュ」::|::::::::.:.∧   `ー
.     ,イ-― 、` 、\  ヽ|,イ   /_||__〉   ハ`ヽ :::::.:.:.∧
    / :: :: :: :: \ \`'''" `''ー-イ>=<ヽ  | !:: ヘ:::::.:.:.∧
    ,i :: :: :: :: :: :: :\ \  く/,' ハ ト、\ ` | |:: :: }:::::::.:.:.ヘ
.   /:| / ̄\:: :: :/:ヽ ヽ   // ,':: ヘヽ ) | |:: :/!:::::∧::.:.ヘ
  /::::| :: :: :: :: :ヽ::/:: :: ヘ ヘ く/ /:: ::.∧.   | |,イ/:::::::::::ヘ:::.:.ヽ


335 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/20(水) 18:00:14 ID:RNlpDU6C
                       ____
              ,. ‐''"´        ` ー- 、
           /                \   \
             ,イ            \   \::: : \
           /   /     !   :|  :|ヽ\   \:::::. ヽ
           ,'  .:/  .::::/ ,'   :,' .::iハ . ヽ:::: :::ヽ:::::. ヘ
        i   .:/  ::/ /  ::/!: .::,' | |∨:|ヘ:::: : :::ヘ:::::::ハ
         |  .:,' /  .:/  ::/,' :::/ |:.! |:.:| |∨::::::::∧::::::i、
          | .::i:./  .:::,イ ::_/:::/   リ !斗f‐-、::::::::::ハ::::| !
          |/:|/  :/,ィ"  ,;ィェ、..   ,rェ;  i:`: :::::::|::::| |  
         ,ィ|  / ::::::/i,..::' "......::'''ン  .., .:::'''" |:::::::::::::l::::| |
      / | ,'::::/{ rT.      r   ヽ   ‖:: :::::/ト、ハ|
        {  | {::/::::::ヽ|:|     './'ー'''ー‐' ',   ,'|::::::::,'. | 乂
      ヽ | |,' |::::|::::|`ト    ,r";;二二二,ヽ .ハ|::::.::i  !   `''ー‐
        i   |::::|::::l::::|ト、,rニン"  ̄二´ `/:::|:::::::|  ヽ       はよう糞まみれになろうぜ。
          ハ::  l: ::|::::|::::iハ \         イ:|!:::ハ:::::|
       ∧:  !::::i:,.-、「|∧  > 、 _,. <:i::|:::|:::::.ヘ:::ヘ
       /::::: _厶イ ./ |:.:.|` ー-L>、:::::::|::|:::|:::::::::.`iー\
.      />< \   ヘ. i:.:.i   ,'!ハ| `<ュ」::|::::::::.:.∧   `ー
.     ,イ-― 、` 、\  ヽ|,イ   /_||__〉   ハ`ヽ :::::.:.:.∧
    / :: :: :: :: \ \`'''" `''ー-イ>=<ヽ  | !:: ヘ:::::.:.:.∧
    ,i :: :: :: :: :: :: :\ \  く/,' ハ ト、\ ` | |:: :: }:::::::.:.:.ヘ
.   /:| / ̄\:: :: :/:ヽ ヽ   // ,':: ヘヽ ) | |:: :/!:::::∧::.:.ヘ
  /::::| :: :: :: :: :ヽ::/:: :: ヘ ヘ く/ /:: ::.∧.   | |,イ/:::::::::::ヘ:::.:.ヽ


336 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/20(水) 18:40:37 ID:59L7Ttg0
>>333
吉良「いえ加齢臭のする手はいらないのdあれこんなところにスキm」

既に幽霊なゆゆ様はともかく妖怪だがとくに不死でもないゆかりんなら
能力とかに気がつかれる前に触るなりなんかぶつけるなりで爆破すりゃなんとかなりそうなんだがな
問題はどうやるかと仮に成功しても手首から再生するかもしれないということだが

337 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/20(水) 18:53:15 ID:RNlpDU6C
                       ____
              ,. ‐''"´        ` ー- 、
           /                \   \
             ,イ            \   \::: : \
           /   /     !   :|  :|ヽ\   \:::::. ヽ
           ,'  .:/  .::::/ ,'   :,' .::iハ . ヽ:::: :::ヽ:::::. ヘ
        i   .:/  ::/ /  ::/!: .::,' | |∨:|ヘ:::: : :::ヘ:::::::ハ
         |  .:,' /  .:/  ::/,' :::/ |:.! |:.:| |∨::::::::∧::::::i、
          | .::i:./  .:::,イ ::_/:::/   リ !斗f‐-、::::::::::ハ::::| !
          |/:|/  :/,ィ"  ,;ィェ、..   ,rェ;  i:`: :::::::|::::| |  
         ,ィ|  / ::::::/i,..::' "......::'''ン  .., .:::'''" |:::::::::::::l::::| |
      / | ,'::::/{ rT.      r   ヽ   ‖:: :::::/ト、ハ|
        {  | {::/::::::ヽ|:|     './'ー'''ー‐' ',   ,'|::::::::,'. | 乂
      ヽ | |,' |::::|::::|`ト    ,r";;二二二,ヽ .ハ|::::.::i  !   `''ー‐
        i   |::::|::::l::::|ト、,rニン"  ̄二´ `/:::|:::::::|  ヽ       はよう糞まみれになろうぜ。
          ハ::  l: ::|::::|::::iハ \         イ:|!:::ハ:::::|
       ∧:  !::::i:,.-、「|∧  > 、 _,. <:i::|:::|:::::.ヘ:::ヘ
       /::::: _厶イ ./ |:.:.|` ー-L>、:::::::|::|:::|:::::::::.`iー\
.      />< \   ヘ. i:.:.i   ,'!ハ| `<ュ」::|::::::::.:.∧   `ー
.     ,イ-― 、` 、\  ヽ|,イ   /_||__〉   ハ`ヽ :::::.:.:.∧
    / :: :: :: :: \ \`'''" `''ー-イ>=<ヽ  | !:: ヘ:::::.:.:.∧
    ,i :: :: :: :: :: :: :\ \  く/,' ハ ト、\ ` | |:: :: }:::::::.:.:.ヘ
.   /:| / ̄\:: :: :/:ヽ ヽ   // ,':: ヘヽ ) | |:: :/!:::::∧::.:.ヘ
  /::::| :: :: :: :: :ヽ::/:: :: ヘ ヘ く/ /:: ::.∧.   | |,イ/:::::::::::ヘ:::.:.ヽ


338 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/20(水) 18:54:04 ID:RNlpDU6C
                  ____
                  ,.ィ'"´: : : : : : : : ``''ー 、
               /: : : : : : : : : : : : : : : :.\ : ` 、
             ,.イ: : : : : : : : : : : : : : :\ : : : \: : :.\
          /: : : :/: : : : : : !: : : |: :.|ヽ \ : : : \ : : ヽ
           ,' : : : /: : : :./: :,': : : ,': : i iハ: :.ヽ: : : : :ヽ: : :ヘ   なにツヨシ?多田野がチンポを咥えて放そうとしない?
        i: : : :/: : :./ : / : : /!: :.,' | |∨:.|ヘ: : : : :ヘ: : :ハ
         | : : ,' : /: : :./ : :.:/,':.:./ !:i !:.:| |∨: :.:.:.∧: : i、 ツヨシ それは無理矢理引き離そうとするからだよ
          | : : !:./: : : :/‐-ニ''_ー<、{_,ノ -一-、 : : :.:ハ:.:.| i
          |:/|/: : :/:/ぇ'无テ,`ヽ}}}ィt于 .`;; : : :.:|: :| |  逆に考えるんだ
         ,ィ| : :/: : :./i,   二´/' ; |丶ニ  |.; : : :.:.:.i:.:.| |
      / |: :,':.:./{ rT ヾ:、   丶 ; | ゙   イ‖: : : :/ト、ハi  「しゃぶらせてあげちゃってもいいさ」と
        {  |: :{:./:.:.:.ヽ|:|} `    ,.__(__,}   /イ!: : :.:,'. | 乂
      ヽ | : |,':|:.:.|:.:.|`゙!     ,.,,.`三'゙、,_  /ノ.'.|: : :.i  !   `''ー‐ '  考えるんだ
        !: : : :|:.:.|:.:.l:.:l   /゙,:-…-〜、 ) |.:.:.:.:| : : |  ヽ.
        ,' : : :.:l: :.|:.:.!:.:.i:\ `' '≡≡' " ノ!::.::∧ : :|    `
       ,': : : : :!:.:.i:,.-、「|:ハ.`ト_、 _    ,イ:.:|:.:.:.ヘ:.:ヘ
        /: : : :_厶イ .ノ |:.:.|`´ヘ` ー- イ:|:.:|:.:|:.:.:.:.:.`iー\
.      /:>'"_      { |: :i   ,' ||. | `'ー-、:.:|:.:.:.:.:.:∧   `ー
.     ,イ-― 、 \ヽ. ヽ/,イ  / _||_ノ    ハ`ヽ :.:.:.:.∧
    / :: :: :: :: \ \`ー" `'ー,.イ,.レ}ニk、 .| !:: :ヘ:.:.:.:.:∧
    ,i :: :: :: :: :: :: :\ \  く/,' ! ト、.\  .| |:: :: ハ:.:.:.:.:.ヘ
.   /:| / ̄\:: :: :/:ヽ ヽ   // !::ヘ∨  | |:: :/!:ヘ :.:.:.:.:ヘ

339 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/20(水) 18:54:08 ID:2XROxlHn
さすがに再生は無理な気もw

吉良の能力もフラン並の
ありとあらゆるものを爆破する程度の能力+αなんだよな
キラークイーン強いなぁ

340 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/20(水) 19:02:01 ID:RNlpDU6C
                  ____
                  ,.ィ'"´: : : : : : : : ``''ー 、
               /: : : : : : : : : : : : : : : :.\ : ` 、
             ,.イ: : : : : : : : : : : : : : :\ : : : \: : :.\
          /: : : :/: : : : : : !: : : |: :.|ヽ \ : : : \ : : ヽ
           ,' : : : /: : : :./: :,': : : ,': : i iハ: :.ヽ: : : : :ヽ: : :ヘ   なにツヨシ?多田野がチンポを咥えて放そうとしない?
        i: : : :/: : :./ : / : : /!: :.,' | |∨:.|ヘ: : : : :ヘ: : :ハ
         | : : ,' : /: : :./ : :.:/,':.:./ !:i !:.:| |∨: :.:.:.∧: : i、 ツヨシ それは無理矢理引き離そうとするからだよ
          | : : !:./: : : :/‐-ニ''_ー<、{_,ノ -一-、 : : :.:ハ:.:.| i
          |:/|/: : :/:/ぇ'无テ,`ヽ}}}ィt于 .`;; : : :.:|: :| |  逆に考えるんだ
         ,ィ| : :/: : :./i,   二´/' ; |丶ニ  |.; : : :.:.:.i:.:.| |
      / |: :,':.:./{ rT ヾ:、   丶 ; | ゙   イ‖: : : :/ト、ハi  「しゃぶらせてあげちゃってもいいさ」と
        {  |: :{:./:.:.:.ヽ|:|} `    ,.__(__,}   /イ!: : :.:,'. | 乂
      ヽ | : |,':|:.:.|:.:.|`゙!     ,.,,.`三'゙、,_  /ノ.'.|: : :.i  !   `''ー‐ '  考えるんだ
        !: : : :|:.:.|:.:.l:.:l   /゙,:-…-〜、 ) |.:.:.:.:| : : |  ヽ.
        ,' : : :.:l: :.|:.:.!:.:.i:\ `' '≡≡' " ノ!::.::∧ : :|    `
       ,': : : : :!:.:.i:,.-、「|:ハ.`ト_、 _    ,イ:.:|:.:.:.ヘ:.:ヘ
        /: : : :_厶イ .ノ |:.:.|`´ヘ` ー- イ:|:.:|:.:|:.:.:.:.:.`iー\
.      /:>'"_      { |: :i   ,' ||. | `'ー-、:.:|:.:.:.:.:.:∧   `ー
.     ,イ-― 、 \ヽ. ヽ/,イ  / _||_ノ    ハ`ヽ :.:.:.:.∧
    / :: :: :: :: \ \`ー" `'ー,.イ,.レ}ニk、 .| !:: :ヘ:.:.:.:.:∧
    ,i :: :: :: :: :: :: :\ \  く/,' ! ト、.\  .| |:: :: ハ:.:.:.:.:.ヘ
.   /:| / ̄\:: :: :/:ヽ ヽ   // !::ヘ∨  | |:: :/!:ヘ :.:.:.:.:ヘ

341 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/20(水) 19:09:39 ID:RNlpDU6C
                  ____
                  ,.ィ'"´: : : : : : : : ``''ー 、
               /: : : : : : : : : : : : : : : :.\ : ` 、
             ,.イ: : : : : : : : : : : : : : :\ : : : \: : :.\
          /: : : :/: : : : : : !: : : |: :.|ヽ \ : : : \ : : ヽ
           ,' : : : /: : : :./: :,': : : ,': : i iハ: :.ヽ: : : : :ヽ: : :ヘ   なにツヨシ?多田野がチンポを咥えて放そうとしない?
        i: : : :/: : :./ : / : : /!: :.,' | |∨:.|ヘ: : : : :ヘ: : :ハ
         | : : ,' : /: : :./ : :.:/,':.:./ !:i !:.:| |∨: :.:.:.∧: : i、 ツヨシ それは無理矢理引き離そうとするからだよ
          | : : !:./: : : :/‐-ニ''_ー<、{_,ノ -一-、 : : :.:ハ:.:.| i
          |:/|/: : :/:/ぇ'无テ,`ヽ}}}ィt于 .`;; : : :.:|: :| |  逆に考えるんだ
         ,ィ| : :/: : :./i,   二´/' ; |丶ニ  |.; : : :.:.:.i:.:.| |
      / |: :,':.:./{ rT ヾ:、   丶 ; | ゙   イ‖: : : :/ト、ハi  「しゃぶらせてあげちゃってもいいさ」と
        {  |: :{:./:.:.:.ヽ|:|} `    ,.__(__,}   /イ!: : :.:,'. | 乂
      ヽ | : |,':|:.:.|:.:.|`゙!     ,.,,.`三'゙、,_  /ノ.'.|: : :.i  !   `''ー‐ '  考えるんだ
        !: : : :|:.:.|:.:.l:.:l   /゙,:-…-〜、 ) |.:.:.:.:| : : |  ヽ.
        ,' : : :.:l: :.|:.:.!:.:.i:\ `' '≡≡' " ノ!::.::∧ : :|    `
       ,': : : : :!:.:.i:,.-、「|:ハ.`ト_、 _    ,イ:.:|:.:.:.ヘ:.:ヘ
        /: : : :_厶イ .ノ |:.:.|`´ヘ` ー- イ:|:.:|:.:|:.:.:.:.:.`iー\
.      /:>'"_      { |: :i   ,' ||. | `'ー-、:.:|:.:.:.:.:.:∧   `ー
.     ,イ-― 、 \ヽ. ヽ/,イ  / _||_ノ    ハ`ヽ :.:.:.:.∧
    / :: :: :: :: \ \`ー" `'ー,.イ,.レ}ニk、 .| !:: :ヘ:.:.:.:.:∧
    ,i :: :: :: :: :: :: :\ \  く/,' ! ト、.\  .| |:: :: ハ:.:.:.:.:.ヘ
.   /:| / ̄\:: :: :/:ヽ ヽ   // !::ヘ∨  | |:: :/!:ヘ :.:.:.:.:ヘ

342 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/20(水) 19:11:47 ID:59L7Ttg0
霊夢VSジャンケン小僧の強運同士のジャンケン対決とか思いついた
>>339
だがフランと違って触るかなんかぶつけないといけないんだよな
フランのは室内にいても外の隕石破壊できたとか聞くが

343 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/20(水) 19:22:47 ID:gyP1X6fU
>>336
重ちーや露伴の死亡描写見ると魂すら破壊される可能性が


344 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/20(水) 19:30:17 ID:RNlpDU6C
                  ____
                  ,.ィ'"´: : : : : : : : ``''ー 、
               /: : : : : : : : : : : : : : : :.\ : ` 、
             ,.イ: : : : : : : : : : : : : : :\ : : : \: : :.\
          /: : : :/: : : : : : !: : : |: :.|ヽ \ : : : \ : : ヽ
           ,' : : : /: : : :./: :,': : : ,': : i iハ: :.ヽ: : : : :ヽ: : :ヘ   なにツヨシ?多田野がチンポを咥えて放そうとしない?
        i: : : :/: : :./ : / : : /!: :.,' | |∨:.|ヘ: : : : :ヘ: : :ハ
         | : : ,' : /: : :./ : :.:/,':.:./ !:i !:.:| |∨: :.:.:.∧: : i、 ツヨシ それは無理矢理引き離そうとするからだよ
          | : : !:./: : : :/‐-ニ''_ー<、{_,ノ -一-、 : : :.:ハ:.:.| i
          |:/|/: : :/:/ぇ'无テ,`ヽ}}}ィt于 .`;; : : :.:|: :| |  逆に考えるんだ
         ,ィ| : :/: : :./i,   二´/' ; |丶ニ  |.; : : :.:.:.i:.:.| |
      / |: :,':.:./{ rT ヾ:、   丶 ; | ゙   イ‖: : : :/ト、ハi  「しゃぶらせてあげちゃってもいいさ」と
        {  |: :{:./:.:.:.ヽ|:|} `    ,.__(__,}   /イ!: : :.:,'. | 乂
      ヽ | : |,':|:.:.|:.:.|`゙!     ,.,,.`三'゙、,_  /ノ.'.|: : :.i  !   `''ー‐ '  考えるんだ
        !: : : :|:.:.|:.:.l:.:l   /゙,:-…-〜、 ) |.:.:.:.:| : : |  ヽ.
        ,' : : :.:l: :.|:.:.!:.:.i:\ `' '≡≡' " ノ!::.::∧ : :|    `
       ,': : : : :!:.:.i:,.-、「|:ハ.`ト_、 _    ,イ:.:|:.:.:.ヘ:.:ヘ
        /: : : :_厶イ .ノ |:.:.|`´ヘ` ー- イ:|:.:|:.:|:.:.:.:.:.`iー\
.      /:>'"_      { |: :i   ,' ||. | `'ー-、:.:|:.:.:.:.:.:∧   `ー
.     ,イ-― 、 \ヽ. ヽ/,イ  / _||_ノ    ハ`ヽ :.:.:.:.∧
    / :: :: :: :: \ \`ー" `'ー,.イ,.レ}ニk、 .| !:: :ヘ:.:.:.:.:∧
    ,i :: :: :: :: :: :: :\ \  く/,' ! ト、.\  .| |:: :: ハ:.:.:.:.:.ヘ
.   /:| / ̄\:: :: :/:ヽ ヽ   // !::ヘ∨  | |:: :/!:ヘ :.:.:.:.:ヘ

345 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/20(水) 19:36:30 ID:x2xne+TY
しげちーの場合脳の細胞と頭全体が混ざったような事言われてたからなぁ…。
単純に再生するより面倒臭いんじゃないか?

346 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/20(水) 20:03:41 ID:RNlpDU6C
                  ____
                  ,.ィ'"´: : : : : : : : ``''ー 、
               /: : : : : : : : : : : : : : : :.\ : ` 、
             ,.イ: : : : : : : : : : : : : : :\ : : : \: : :.\
          /: : : :/: : : : : : !: : : |: :.|ヽ \ : : : \ : : ヽ
           ,' : : : /: : : :./: :,': : : ,': : i iハ: :.ヽ: : : : :ヽ: : :ヘ   なにツヨシ?多田野がチンポを咥えて放そうとしない?
        i: : : :/: : :./ : / : : /!: :.,' | |∨:.|ヘ: : : : :ヘ: : :ハ
         | : : ,' : /: : :./ : :.:/,':.:./ !:i !:.:| |∨: :.:.:.∧: : i、 ツヨシ それは無理矢理引き離そうとするからだよ
          | : : !:./: : : :/‐-ニ''_ー<、{_,ノ -一-、 : : :.:ハ:.:.| i
          |:/|/: : :/:/ぇ'无テ,`ヽ}}}ィt于 .`;; : : :.:|: :| |  逆に考えるんだ
         ,ィ| : :/: : :./i,   二´/' ; |丶ニ  |.; : : :.:.:.i:.:.| |
      / |: :,':.:./{ rT ヾ:、   丶 ; | ゙   イ‖: : : :/ト、ハi  「しゃぶらせてあげちゃってもいいさ」と
        {  |: :{:./:.:.:.ヽ|:|} `    ,.__(__,}   /イ!: : :.:,'. | 乂
      ヽ | : |,':|:.:.|:.:.|`゙!     ,.,,.`三'゙、,_  /ノ.'.|: : :.i  !   `''ー‐ '  考えるんだ
        !: : : :|:.:.|:.:.l:.:l   /゙,:-…-〜、 ) |.:.:.:.:| : : |  ヽ.
        ,' : : :.:l: :.|:.:.!:.:.i:\ `' '≡≡' " ノ!::.::∧ : :|    `
       ,': : : : :!:.:.i:,.-、「|:ハ.`ト_、 _    ,イ:.:|:.:.:.ヘ:.:ヘ
        /: : : :_厶イ .ノ |:.:.|`´ヘ` ー- イ:|:.:|:.:|:.:.:.:.:.`iー\
.      /:>'"_      { |: :i   ,' ||. | `'ー-、:.:|:.:.:.:.:.:∧   `ー
.     ,イ-― 、 \ヽ. ヽ/,イ  / _||_ノ    ハ`ヽ :.:.:.:.∧
    / :: :: :: :: \ \`ー" `'ー,.イ,.レ}ニk、 .| !:: :ヘ:.:.:.:.:∧
    ,i :: :: :: :: :: :: :\ \  く/,' ! ト、.\  .| |:: :: ハ:.:.:.:.:.ヘ
.   /:| / ̄\:: :: :/:ヽ ヽ   // !::ヘ∨  | |:: :/!:ヘ :.:.:.:.:ヘ

347 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/20(水) 20:46:29 ID:RNlpDU6C
        ,,人从
     从'''"::::::::::::::::"''从
   彡::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
   ミ::::;;;;;::::::::::::::::::::::;;;;;;:::::::::::ミ
  彡/   ̄ ̄ ̄ ̄  ミ:::::::::::ミ
  ',::l´⌒\   /⌒` ',:::::::::ミ
   ',i -=・=-  -=・=-  ',::::::ミ
   l     ,' .',      /^i
   ',    , 0 0      i ノ
    ',  ::::,-=---ァ::) ::/ミ
    ',  ヽトFFl-ノ  ::::/゙、
     ',    ⌒  ::::// ',
      \_:::::::::::/ /  /ゝ
      //ノ ̄ ̄ / /:::::::::\
    /::::\ヽ= / /::::::::::::::::::::\


348 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/20(水) 21:09:35 ID:Ua7LRdqx
>>342
文花帖に、外にいる絵が描かれてる
地面に足付けたまま紅魔館上空の隕石を破壊(爆破)してる

349 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/20(水) 21:12:54 ID:RNlpDU6C
http://www.boundgods.com/site/shoots.jsp

350 :小人と猫と白黒と。:2008/08/21(木) 00:05:27 ID:FrGY2cRB
誰もいない・・・三十分後に投下します。

351 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/21(木) 00:09:06 ID:wpKiLyOw
支援したいんですが、かまいませんね!


でも30分後か…。
覚えてたらいいんだけど。

352 :暗殺者と幻想の少女達。:2008/08/21(木) 00:39:03 ID:FrGY2cRB
魔法の森の陰気な家から、黒い煙が飛んでくる。
だが、別に変な実験などをしている訳ではない。
 「あぁっ!!また焦がした!!」
 「くそっ!!マン・イン・ザ・ミラー!!鍋の焦げを許可する!!」
イルーゾォがスタンドを使うと、取れにくい鍋の焦げが綺麗に剥がれる。
スタンドの、微妙な有効利用である。
アリスの家にて、イルーゾォとアリスは筑前煮を作っていた。
何故筑前煮かと言うと、魔理沙が和食派だからである。
だが、彼らは「アリス」、「イルーゾォ」、どっからどうみてもヨーロッパ系である。
アリスの母親の神綺は、漢字だけど、まぁ、他の人はほぼ横文字だし多分魔界はヨーロッパ文化圏なのだろう。
そんな彼らが和食の本を見ながら、必死に筑前煮を作っていたのだ。
2人はエプロン姿、イルーゾォは三角巾まできっちり被っており傍目から見たら調理実習である。
ユニークとしか言いようがない。
 「あー、でも焦げ付いてない部分はイケるぞ。」
イルーゾォが失敗した筑前煮を口の中に放り込む。
「駄目よ!!完璧に作らないと意味がないわ!!材料足りなくなったからまた買いに行くわよ!!」
 アリスは菜ばしを折らんばかりに握り締めながら言う。
そして乱暴にエプロンを脱ぐと、それを人形がキャッチしてきちんと壁にかける。
イルーゾォも人形に、強制的にエプロンと三角巾を脱がされた。
窓の外を覗くと、日が暮れ始めていた。

353 :暗殺者と幻想の少女達。:2008/08/21(木) 00:41:07 ID:FrGY2cRB

 「あー、こりゃ駄目だ。もう人里の店は閉まっちまってるぞ。」
 「駄目もとで行ってみるわ。閉店間際に駆け込めるかも知れないじゃない。」
そう言って、イルーゾォは無理やりアリスに外に連れ出させる。
 「そろそろ帰んないとリーダーに怒られるんだけど・・・。晩飯の手伝い頼まれてたし。」
 「あんたいくつよ?!ちょっと遅くなっても大丈夫でしょ!!」
2人はふわり、と飛んで木々の上へ行く。
「・・・あれ?おい、あれ魔理沙じゃないか?」
そう言ってイルーゾォが指した先には、魔理沙が飛んでいた。
「あら?ほん・・・・・・・・・・。」
2人は次の瞬間、固まった。
魔理沙と楽しそうに談笑しているのは、ホルマジオだった。
ギギギギギギギ・・・・・・・・・と音を立ててアリスがイルーゾォの方を向く。
「あ・・・、アリス。落ち着け。な?別に俺悪くないだろ?」
「蓬莱、上海。」
アリスの横に、人形が浮かんだ。
「・・・まん・いん・ざ・みらー。」
イルーゾォは、そっと鏡をポケットから取り出す。
「逃がすかっ!!」
「ふああああああああああああぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!」
この後、魔理沙とホルマジオにその逃走劇を見られているのに気づくまで、アリスとイルーゾォは空中戦を行っていた。


354 :暗殺者と幻想の少女達。:2008/08/21(木) 00:43:11 ID:FrGY2cRB

「見てたなら助けてくれよぉ・・・。」
「いやぁ、わりぃわりぃ。随分おかしかったんでなぁ。」
ボロボロになったイルーゾォは、力なくホルマジオに文句を言う。
ホルマジオは、まだおかしそうにに笑っていた。
一方、アリスは魔理沙と一緒に話している。
「でなぁ、その時の霊夢って言ったらな!!」
「霊夢も相変わらずね・・ふふっ。」
アリスは魔理沙と、楽しそうに会話をしていた。
傍から見ると、とても仲の良い『友達』に見える。
それを見て、イルーゾォは少し暗い顔をした。
「ん?どうした?」
「・・・・何でもない。」
そう言ってイルーゾォは携帯を取り出す。
「アリス!!」
突然イルーゾォに呼ばれて、アリスはあわてて振り向く。
「な・・・何かしら?!」
「お前も、今日うちで飯食うよな?」
「え・・・・?」
それを聞いて、魔理沙の顔が明るくなる。
「お、いいじゃないか!私もマジオのおっさんに招待されてるんだ!」
「あ・・、じゃあ・・・ご招待に預かるわ。」
イルーゾォはそれを聞いて思わず心の中でサムズアップする。
(よし、よくやった俺!!)
「よし、じゃあリーダーに連絡するわ。」
そう言って、イルーゾォは携帯をいじり始めた。

355 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/21(木) 00:43:19 ID:Ef+oMMCX
俺も投下していいっすか?

356 :暗殺者と幻想の少女達。:2008/08/21(木) 00:44:16 ID:FrGY2cRB
彼ら暗殺チームにあてがわれた洋館は、古い建物だった。
何でも、中国の上海の租界にあった建物を、再開発計画に伴い壊されるときに移して保存しておいたらしい。
どうやって、と言われるととても疑問に思うがそこら辺はメルヘンやファンタジーなので気にしてはいけないんだろう。
その外観や内装は、西洋と東洋が混合した、なんともZUNな雰囲気の建物である。
部屋数もたくさんあるので、一人一部屋もらっても余るほどだった。
「へぇ、中々いいところに住んでるじゃないか。」
「思ったより豪華なのね・・・・・。」
アリスと魔理沙は、その家を見て感想を呟く。
「いや、でもまだ家具がほとんどないからなぁ。一応電気・ガス・水道は通ってるけど。」
「まぁ、リゾットが何とかしてるだろうよ。メタリカで。」
イルーゾォとホルマジオは頼りになるリーダーは何とかしてくれるだろうと考える。
多分、きっとメタリカを錬金術かなんかと勘違いしているのかも知れない。
たしかに彼はある意味鋼ではあるが。
「おーい。帰ったぜー。」
「ただいまー。」
「「おじゃましまーす。」」
そう言って、四人は家の中に入っていった。

357 :暗殺者と幻想の少女達。:2008/08/21(木) 00:45:50 ID:FrGY2cRB
「あ・・・おかえり・・・・。」
「いやー、遅かったじゃないか!!」
まず、帰ってきた四人を出迎えたのは、小町に絡まれているペッシだった。
何やら、ペッシは慌てている。
小町は顔が赤く、片手には酒瓶を持っていた。
「・・・・・ペッシ、お前いつの間にそんな素敵なポジションのキャラになったんだ?
 俺はお前がプロシュート組んでても嫉妬はしないが、そのポジションは非常に妬ましいぞ。」
イルーゾォが、思わずつぶやいた。
「ち・・違うよぉ!!さっきから・・・・。」
ペッシはひたすらあたふたする。
小町を振り払って逃げようとしているようだ。
「あらぁ、ペッシこんな所にいたのねぇ。」
「おいおい、ペッシペッシペッシよぉ。俺達の酒が飲めねぇってのか?」
「うわぁっ!!」
そして、その真横から二つスキマが開き、プロシュートと紫が現れる。
紫の手にはグラスが、プロシュートの手にはワインの瓶が握られていた。
もちろん、顔は赤く、酔っている事が傍目から分かる。
「・・・お前ら、夕飯前なのにもう飲んでるのかよぉ・・。」
しょうがねぇなぁ、とホルマジオがため息をついた。
「おい、紫はともかくなんで小町までいるんだよ。」
「おや、魔理沙。あんた達も呼ばれたのかい。」
そう言うと、小町は赤い顔でひらひらと手を振る。
「た・・・、助けてくれよぉ。」
ぺッシは情けない声で助けを求めた。
だが、四人はそれを無視して進む。
「ちょ・・・、本当に助け・・・・。」
「うるせぇ!これくらい飲めなくてどうするマンモーニがっ!!」
「あ・・・、兄貴!!さ・・流石に瓶ラッパのみは・・・う・・・うわぁぁぁぁぁぁっ!!」
ペッシの悲鳴を背景に、四人はバタン、と廊下の置くの扉を閉じた。
「・・・・・・何で助けてやらねぇんだよ、お前ら。」
魔理沙が、ぽつりと呟いた。
「いや、だって紫につっかかると後が面倒じゃない。」
アリスが言った。
「お前らは知らないだろうがなぁ、あぁなったプロシュートは意外と面倒なんだ。」
「同上。」
ホルマジオとイルーゾォが主張した。
「まぁ、それにペッシだし、お前らも気にする事ないぜ。」
「うん、ペッシだしな。」
「あぁ、何となくそんなタイプね、彼。」
「おぉ、クラスに一人はいるタイプだな。」
四人はそう言って自分達の罪をごまかした。

358 :暗殺者と幻想の少女達。:2008/08/21(木) 00:47:03 ID:FrGY2cRB
「イルーゾォ、ホルマジオ。帰ったか。」
「随分遅かったですね。」
そう言って台所から出てきたのは、リゾットだ。
そして、その横には何故か映姫がいた。
「げっ!!何で閻魔様がこんな所にいるんだ?!」
魔理沙がそれを見て思わずうめく。
「いや、客人が多いからどうせなら・・・・と誘ったんだが。」
「リゾットはよく働いてくれていますから、どうせなら手伝いましょうと思いましてね。少し台所を借りていますよ。」
「・・・・・・・客人に手伝わせるのは正直、気が進まないんだがな・・・。」
「お黙りなさい、これくらいの上司の言う事は聞くものですよ。」
正直、リゾットは映姫の、うとい包丁使いが心配で作業が進まないのだが。
「客人・・・?そんなに多いのか?」
リゾットの言葉に、ホルマジオが聞き返す。
「あぁ、まず、プロシュートの呼んだユカリ、あとそのシキガミのランとチェン。」
リビングのTVの前では、橙がギアッチョやジェラートとゲームをしている。
その後ろのテーブルでは藍が何やらジェラートに日ごろの愚痴をしているようだ。
リゾットは言葉を続ける。
「あとエイキ様とコマチ、それにそこの2人・・・・。」
「霧雨 魔理沙だぜ。」
「アリス・マーガトロイドよ。」
2人が、自己紹介をする。
「リゾット・ネェロだ。
 ・・・・・と言うように、予想以上に人数が増えたんでな。
 まともに食事を作るより、宴会のような形式の方がいいと思ったんだ。
その提案をしたらすぐに乗ってくれたのはいいんだが・・・・・。」
で、その結果があれだよ!!らしい。
紫が大量にスキマから酒を出し、小町も持ってきて、プロシュートが秘蔵のワインを持ち出す。
そしてあの三人にペッシは巻き込まれたと言うわけだ。
「イルーゾォ、早く手伝え。料理当番は俺とお前だろう。」
「あ・・・、了解!」
そう言ってから、イルーゾォはある事に気づいた。
「・・・・・・何でTVとか家具一式が揃ってるんだ?!しかも昔使ってた奴!!」
それを聞いて、あぁそういえばこいつあの場にいなかったんだとホルマジオは思い出した。
「プロシュートが交渉してくれたらしくてな、『あっち』に置いて来た私物をこちらに持ってくることが出来た。お前の部屋にもあるぞ。」
「マジで?!」
「あぁ、だから早く準備をして手伝ってくれ。」
イルーゾォは手を叩いて、それを喜んだ。
「ホルマジオ、ご苦労だった。そこの2人もくつろいでくれ。」
「さぁ!早く残りの作業を終わらせてしまいましょう!」
もの静かなリゾットとは対照的に、やる気まんまんな映姫。
職業柄、あまりこのような事をしないせいか、張り切って台所に向かった。
リゾットは長年付き合った仲間にしか分からない程度に、顔に疲れを浮かべさせ、台所に戻っていった。


359 :暗殺者と幻想の少女達。:2008/08/21(木) 00:48:34 ID:FrGY2cRB
そして、四人が暗殺チーム邸に入ってから、三時間が立った。
既に中では宴会がかなり盛り上がっていた・・・・、もとい、大変な事になっていた。
 「一番、小町。脱ぎまーすっ♪」
小町は着物に手をかけ、肩まで脱ぐ。
 「うわぁぁぁぁぁぁぁ!!
それを見て、ペッシが真っ赤になって駆け出す、そしてずっこけた。
 「何やっとるかぁぁぁぁっ!!」
着物に手をかけた小町を、思いっきり映姫が弾き飛ばす。
 「ちっ・・・・ってててててて?!ジェラート?!」
 「・・・・・・・。」
それを残念そうに見ていたソルベを、ジェラートが横で思いっきりつねる。
うらやましそうにそれを見ていたのが、アリスだ。
 「・・・良いわ、私も魔理沙とあんな風に・・・ねぇ、イルーゾォ?聞いてんの?あ?」
 「あ、はい。聞いてるッス、先輩。」
 「そう・・・でも魔理沙ったら・・・・・。」
剣を持った人形をイルーゾォの首筋に持っていきながら、アリスはイルーゾォに絡む。
生命の危機に瀕したイルーゾォは、既に酔う所ではない。
 「にゃーっ!にゃーっ!」
すっかり出来上がった橙が、ホルマジオの上にのしかかる。
その手には、お子様にも飲みやすいオレンジと赤のカクテルが握られていた。
 「こら!!この餓鬼!!乗っかるんじゃね!!」
そうホルマジオは文句を言うが、そもそも彼は橙の配下の猫まみれである。
 「あぁ、橙!すみません・・・・。」
その橙を藍が大急ぎで引き剥がす。
魔理沙は、そんなホルマジオの肩に寄りかかりながら酒を飲んでいた。
 「アリス、随分あのイルーゾォって奴と仲いいなぁ。とうとうあいつにも春が来たのか。」
魔理沙はつまみのトマトとモッツァレラのオリーブオイルドレッシングを貪りながら何気なく呟く。
友達として祝福してやらなくては、と考える。恋人には祝福が必要だ。
 「なぁ、プロシュート。メローネの奴はまだ帰らねぇのか?」
ギアッチョが気になったのか、プロシュートにメローネの行方を聞く。
 「あー・・・?あいつは・・・・あれだ。あいつより強い奴に会いに行ったぜ。」
 「今頃、『妹様が相手ならベイビィ・フェイスの息子を作らざるをえない』状態でしょうねぇ。」
真っ赤な顔のプロシュートと紫が、ギアッチョの質問に答える。
 「何だそりゃ?!酔ってるから誤魔化そうとしてな?!クソッ!クソッ!クソッ!!」
ギアッチョのパンチを、ひょろひょろと紫とプロシュート避ける。
 「はい、ぼっしゅーとぉ。」
そして、殴りかかっり勢いついたギアッチョを紫がスキマに放り込んだ。


360 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/21(木) 00:49:27 ID:wpKiLyOw
何とか覚えてた支援

361 :暗殺者と幻想の少女達。:2008/08/21(木) 00:53:26 ID:WCAU5T94
「・・・・・・・・・・・・・・・はぁ。」
リゾットは一人、窓際でため息をついた。
彼は喧騒から離れ、一人缶ビールを片手に窓辺に非難したのだ。
疲れた、どっと疲れた。
元々、暗殺者と言う暗い仕事のせいか暗殺チームのメンバーは馬鹿騒ぎをするのが好きだ。
だが、今回はそれに加え、さらに人数が増えている。
しかも美人ぞろいと言う事で、自然とテンションがあがっている気がする。
リゾット・ネェロ、二十八歳、騒がしい中に、混じるのは苦手である。
だが・・・・・・。

イルーゾォが、突然泣き出したアリスを宥める。
歌いだす橙に、合いの手を入れる藍や紫。
それを見て笑っているホルマジオと魔理沙。
酔いつぶれたのか、ジェラートはソルベの肩にもたれかかって寝ている。
ギアッチョは、キレたのを映姫に説教されている。
ペッシは小町とプロシュートに、双方向から愚痴や説教をされており、それを苦笑いで聞いていた。

こうして、誰かが幸せそうなのを見てるのは悪くない。
特に、あいつらは今までつらい道を歩いてきたから、なおさらだ。
リゾットは珍しく笑みを浮かべながら、窓の外を見る。
外はすっかり暗くなり、それには黄色い月が浮かんでいた。

月は、シチリアとも、ネアポリスとも同じように輝いていた。




362 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/21(木) 00:53:30 ID:wpKiLyOw
支援て何回も続けてやった方がいいのか?いまいち判らん

363 :暗殺者と幻想の少女達。:2008/08/21(木) 00:55:46 ID:WCAU5T94
以上です。
またさるさん喰らったので詳しい後書きは避難所で。

次回はみんなの変態お兄さんメローネのお話だよ!!

364 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/21(木) 00:56:28 ID:izIUpjrl
乙。
ソルベとかジェラート出てきて嬉しいわぁ

365 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/21(木) 00:57:39 ID:Ef+oMMCX
じつは話じゃなくて絵のほうの投下なんだ・・・
評判によっては避難所のほうにもうpるよ
http://jun.2chan.net/b/src/1219212084565.jpg
http://jun.2chan.net/b/src/1219209678877.jpg
http://jun.2chan.net/b/src/1219211466062.jpg
http://jun.2chan.net/b/src/1219211544847.jpg


366 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/21(木) 00:59:01 ID:wpKiLyOw
GJ!
この宴会はとても楽しそうだwww
そしてアリスwwwちょwwwフラグ立つ前に折れてるぞwwww

時に映姫に「何で葉堀って言うんだ!ああ?!」と質問したらどう答えるんだろう?

367 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/21(木) 01:02:25 ID:atzDpscn
>>363
乙!宴会のカオス度がかなり東方だwww
そして藍様とゆかりん親バカwww

>>355
問題ないぜぇー。
ただ、他人のSSが終わった後に聞くほうがベストなんだぜ

368 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/21(木) 01:09:31 ID:wpKiLyOw
>>367
>>355は例のヌケサクですよ。
ちなみに>>365はホモ画像注意。

369 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/21(木) 01:18:31 ID:vI9kjwEw
乙、なんという微笑ましい光景
ホルマジオ人気だなwww次はあの変態という名の紳士か
>>366
普通に理由説明しそう、確か土に埋まった葉をほりだすだったっけ
それより俺はえーき様に矛盾の最強の矛で最強の盾ついたら結局どうなるの?て聞いてみたい

370 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/21(木) 08:05:31 ID:NSx2c2HP
>>369
どっかのスレで土に埋まった葉を掘り出すにも切れてたような…。

371 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/21(木) 09:04:02 ID:Ef+oMMCX
>>367>>368
バ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜カ!

372 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/21(木) 09:08:19 ID:/5PmiG9E
やあ、おまいら
今日このスレの存在を知ったんだが、まとめサイトとかまとめwikiとかはないのか?
あったら教えて欲しいんだが

373 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/21(木) 09:38:46 ID:NSx2c2HP
まとめ?
ウチにはそんなものないよ…

374 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/21(木) 09:42:35 ID:UGzi2HYY
>>372
今の所どちらもできてない

375 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/21(木) 10:33:02 ID:izE62oj0
暗チの人、乙ですよ〜
ペッシカワイソスwww
しかし、いいよなぁこんな風に酒が飲める人達は・・・

262 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)