5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【リリカルなのは】ユーノ司書長はエロカワイイ50【無限書庫】

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 14:37:42 ID:5jubOhx+
                     、、
                     \ヽ、
                           ヽ、
                  , :<´ ̄ ̄> 、}}ノ
              ー=≠": : : : : : : : : : : : :\
                 /: : : :/: {: : ヽ: ヽ : : ヽ:ハ
               i.: ::{ 斗-ハ: : :}十ト:i :}: :}: :}  
               | { :|:W示h: :j示Y j: :|: :l     
                    v|八:代り ソ辷リ }/: :i /  
                Y:ヘ  _     } : /′ 一日でも、安らげる日が欲しい。無理かもしれないけど。
                 Yヽ. ヽノ   /: /ヘ   
                   ヽi{`>- イ´/W}<    
             /⌒ヽ   /i>く´   }ヘ\}
              {=x ノー ': ,/{/こ)'ヽ/ : l: : :`>: 、.._
           /^こヽ{ : : : / :| ,ハ   ∧: : }: : : : : : : : :`ヽ
             ノ  ヽノノ: : : : >:|/ || /: :`<: : : : : : :/: : : :}
         ∧/^Y,イ}: : : : く : {' l」/: : : :/ : : : : : /: : : : :|
         /: :{^ノ|: /|: : : : : ヽヘ、/: : :/「^}___ {/: : : : : ヘ
        ,/ : 〃: ||/: |: : : : : : :\' : /{⌒ 'こ} :〈 : : : : : : :〉


アニメ2
http://anime.2ch.net/anime2/

■前スレ
【リリカルなのは】ユーノ司書長はエロカワイイ49【無限書庫】
http://anime3.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1213975376/

■スレまとめサイト
無限書庫の風景(仮)
http://mugensyoko.hp.infoseek.co.jp/index.html
無限書庫の風景(仮)Wiki版
http://mugensyoko.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/wiki/wiki.cgi
■ユーノ・スクライア司書長あぷろだ
http://www10.uploader.jp/home/sisyo/

■関連スレ
☆魔法少女リリカルなのは総合エロ小説_第75話☆
http://yomi.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1213890379


 1期ではお供でパートナー、2期では縁(緑に非ず)の下の力持ち、3期では無自覚のフラグ乱獲者でした。
 まとめサイトも大盛況の我らが司書長ユーノ・スクライアのキャラスレです。
 愛が込められているなら、小ネタでも電波でもSSでも百合も801もノマカプもオールオッケー。
 司書長の御旗の下、目を通す司書長代理の気持ちを考え健やかな司書活動をしていきましょう。

 ※ユーノ司書長からの司書(住人)の皆さんへのお願い。
 ・皆さん、紳士・淑女たる振る舞いをお願いします。
 ・次スレは、すみませんが>>970の方が立ててください。
 ・また、司書の方も次スレが立つまでは一時的に業務を取りやめてください。

 ※先輩司書から新人司書(新入り)さんへのお願い。
 ・メール欄に「sage」を入れることを忘れちゃだめだぞ。

 ※司書諸兄への通達事項
 ・最初の一行が改行になっている報告書は内容が虚数空間に呑まれて消えてしまいます。書類作成の際はご注意を。
 ・ユーノスレを知らない・嫌いな人もいます。他所での発言には気をつけましょう。司書長の責任問題に発展しかねません。
 ・業務報告書(司書長観察日記)の最後には終了の印なり言葉なり入れてもらえると司書達の迷走が減ります。


2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 14:49:02 ID:L8g1SFCG
ぬるぽ

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 14:50:55 ID:bvX/8I30
ガッ!

いちおつ!

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 15:29:32 ID:oVCxETJ4
>>1
乙です。

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 15:33:04 ID:PWQULMhh
>>1
乙!



6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 15:44:47 ID:FtTKWl0n
                 ,.、
                 |_|
            ,ィ7'l:::Kス
             〈_)-`'::::::ハ          _ -−― -  _
              〉、:::::/::::ハ          /         `丶
           ヾ三ソ::::::::ト、       /, -=ニ三ミ、       ヽ
                \::::::::ノ!:ヘ     // / i    、 `ヾヽ i.   ',
               Y´  ! ト、 ./‐/ニA_ニi、=ハ   ヾ::::!    }
           {ヽ   ∨   l ヘ ! l /Ll_\トj七メ  l V     !
           ヾ::\ ∨ i   ヘl !〈 ト'::l   7゚::ヽ!×!  !     ,'  /7
            >:::\ヽノ __ 「`ト!、.ゞ' ,  弋ソ.!  !  ト、  ノ /::/
            \:::::::ハ./, '   l l:::ハ. r‐ 、 ""| !  l、:X/:::::::7
             〈::::::::::::l〉    .〉 〉:::トゝノ__,.ィー!  l  .K>、\::<   >>1 乙やでっ
             ヾ_::::::::!    / //テ、}][`7ヲヘ!イノ!∧トゝ::\:X´
                レヘ:::ゝ _  y' _ -、 ! |  lヾ'<`ー-,.、:::::::::::::_ル、}
                 \::! 7/   ! ト、_ノイト、l::::::/|_|二_ ̄
                  `/ /〉    ! |:::|!|:::!| レ〈ヽ!:LLレ}
                       / 〈/   / l:∧ソ::!| ノ〉
                   /}  レ´二_ー-'_/:《::::::/ノ l `ト、二ソ|
                 /:::/  _>'<二ヾ´:::|ソ::::::>ヽ,イ  ト、::::::::イ
           /::::::/ /  ̄/7ソ三`,>ヘ/-‐' .l /   ̄ .ト、
          /::::::/!/ ノー'二7ニソ>‐y`/7 〉|\ ヽ     /:::::\
          ∠/!/  / /::://:::::/ソ>:::〈〈:::「ヾ,!:::::\ `ー-イ::r 、:::::\
            /!   / /:::::://:::::〈〈:::::::::::! |::「ヽゞ,::::::::ヽ   ヾ! \ト-
         /:::::|  / /二´/:::::::::[二]:::::::! |∧._ ̄ト、::::::丶、_
.          /::::::/ / /{:::::`':::::::::::::::|!|:::::::::レイヽヽ ! l::::::::::::::`ヽ
      /:::/l/   `7::,イ::/二二,ニ,ニニニ=、!::ヘ∨ ヾ::::::::::ト、:::\
      /:::/!/    /::::l::l/ /    ∨|      l:::::::l::ヽ  .\ト、!   ̄
    /::::/     !::::::!:::∨     !=!     .l:::::::ヾ:::\_
   //        |::::::|::::::ヘ     l::::!     !:::::::::::\:::::`丶


7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 15:59:33 ID:oVCxETJ4
      /                    r__j l_ュ
      /                     r―┐r―┐
    / /l        / .:/ l  |  、  \ \  ̄Ll Ll ̄ヽ
    /// .:/  / | .:::| ∧: ト、 ト、. // ヽ::: ヽ.  |:. ',
  ,/// .:::l  .:/ .:::|\/| | | | ヽヽ//   |ヽ::: ヽ |:|:. ',
  レ ,'  ::/ .:::| :::ト、/l`l、:j ヽ |  /       j ヽ:::::ヽ|:|::  ',
    | / |  :::|:::::|   ̄`ヽ  ゛ ^´      ノ  |\:: l_l:: ',
    | l | ::::|:::ハ          ー―‐''´   | :::ヽ| }:::. ',>>1
    l | | ::::|: lヽ`ヽ__ノ ,  __ /////  |、 :|_ノ:::  ',  ゆ、ゆーの、50スレおめでとぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉっ!!!
    V  l  ∧| } /// r―‐'´  ヽ、      /| :|::::::::: ',
       ヽ |/l ハ     ',        ヽ     /ー'| :|::::::::::. ',
        V | |::::ヽ、   l       |   /l::::: | /::::::::::l::::.',
         ,/ | |:::::::::l\  |         j /:::|::::::l/:|::::::::::|:::l:. ',
       |  |:. |:::::::::|::::l` 、ー―――‐"イ :|:::::|:::::::::::|:::::::: |:::|::. ',
.        | | |:::::::::::!:::|/く/ `=  - ≦=|_| ::::|:::|::::|:::::::: |:::|::. ',
        -―――|  |/::.{  /^\.  } |  |`ー-::|:::::::: |:::|::. ',
     〃::.::.::.::.::.::.::.::.|  |::.::.::.| /\V/, |::.:|  |ヽ::.::.::.::.::.::  ̄ヽ
     ∧::.::.::.::.::.::.::.::./:| |.::.::.::W/∧\.Y::.|  |:.',::.:.::.::.::.::.::.::./::|
     |::.ヽ_ -――/::.ヽ|:.::.::.∧く_./ ヽ._>∧:| /:.::.〉――-- _/.:.:|
    _|::.::∧ /::.::.::.:: `ヽ _/::.マ¨ ̄ ̄¨フ\}__,/ ::.::.::.::.::.::.∧:.::.|
.  〃^|::. |::.∨::.::.::.::.::.く::.::.::.::.::.::.\::.::.::./::.::.::.\ ::.::.::.::.::.::.::∨::.|.::.|

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 16:16:52 ID:LG7eiAQV
乙です。
ところで最近星戦争関連のサイトを見て、真っ先にこのスレで何度か話題になった
ユーノがライトセイバーで戦う姿が思い浮かんだ。
無限書庫ならジェダイやシスの記録もありそうで困る。
で、その知識から独学でジェダイになってしまったユーノ。
武器は非殺傷設定を組み込んだライトセイバーを……これってオリジナルより使い
やすくないか?
少なくても自分を傷つける可能性はぐっと減るわけで。

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 16:43:36 ID:lLJtqGj0
.、     ヽ::ー`、:;:;:;:;ヽ、      |、 l::、
.lヽ  ___ \:;:;:`ー:;:;:;:l     |;:^:;:;ヽ、
│;\ ー、: ̄`ー:;:;:;:;:;:;:;l /´ ̄ ̄`. ー、!_   ,.、
 ヽ:;:;\  `ー-、_:;:;:;:;:;:;:!    , -ニ` ー`'´ │
、  ゝ:;:;:;\  <_;:;:;:;: ;:;:;! , ' //       、|
l :`-`、:: ;:;:;:| ∠_:;:;:;:; /, イ. / , _/ / | l l ヽ
ヽ、:;:;:;:;:;:;:;:;::!  ∠/, ,-/´ / / ///、,イ │.| | .!
  \:;:;:;:;:;:;:;:.!/// .lヽ! , '| | .!/,'|ヽ、`ト /|│ | |、
ヽ` 、丶、:;:;:;:;/.//   /ヽ!l| |.|‖   {':j`l/ |‐| /! ||、!
 ヽ:;:;:; ̄::/〃  / 〃l||  `==   〈l' // リ'i !
  \:;:/. |! -‐''ー、〃/|_|.   |,〃" .__ ,ィ/ノ'〉/ ヽ.、
  </ ,/:: ::::::::::::: \ ̄|.  |'     / |  '´    丶.、  乙だ>>1
  /.-‐'´:::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::ヽ  l.=_-ィ.|  |        ト,  50スレ記念で休めるといいのですが……。
/.'´:, -‐' ´ ̄ ̄丶、::::::: ヽ::::ヾ、!、::::::|lイ/'       |.|
〈: ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::!:::::/ヾ、ゝ:llリ'         |.!
/ヽ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ー-、::// :::`::、::、:ヽ         !|
、〃\ _, ---_::::::::::::::::: /:// ::::::::: ::`ヽ::\      ||
;:ヽ〃 ! ___  `ー, -'´::::// `ー:::ー:-.、::\:::ヽ       |!
:;:;:;ヽ .|'イ: \__二.>/ , '>::::/ !:::::::::::::::::::::::::::::.〉:::::〉     l'
;:;:;:;:;:;ヽ{- ̄___∠:</:: :::/ |:::::::::::::::::::::::::::./ ::::/
:;:;:;:;:;::ム‐''´ \:/ '´_ ̄ ̄  ! :::::::::::::::: / : イ
;:;:;:;:;:;:!  ̄ `'ー、jィ'´:::: ̄:ー-┘`ー:::::-ィ /|/ |
/l::,:,::「 ̄ ̄'‐、/ ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::://|.|l, イ
. レl::l'"´ ̄`''‐,' ーヽ::::::: , ─‐、//  |.|!  |
. レl::l'"´ ̄`''‐,' ーヽ::::::: , ─‐、//  |.|!  |

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 16:44:10 ID:q+OkEbBl
               ⌒ヽ、
                   ))
            _, -‐ ─ -/イ、_
           /-‐、     -、ヘ`ニ=-、
           / i  {/ r   ヽ \`, \
         {/゙|   / l  i  | l i ヽl  ヽ
       _,,.d'l  l _」,.、/| /l ナト、 }l !、 l
      / ゙∧`l ,ィ´从 / lノ l/ひl !l i ノ
      'ィ´/ / | ヽl l |才ひ    廴ノレ'゙ l/  >>1乙よ!
      从/ jl (| リ 弋_ノ      '''}  l   そんな弱音吐くぐらいなら、私の所に来なさいよね!
        /l  l l   |'''   ー ' イl   l   べ、別に相手しらなくもないわよ…!
        / |  ! il   l≧=‐r、´ヽノハ   \
         / /  l,ノl   |\__}  l〉 ゝ、  ヽ
       / /  /-、ヽ、 \ \ l   |    \  l
    /  / /`、 \\  ヽ X=、l     )ノ
  /   //   ヽ \ヽ // |\j\
 /   /    , '   ヽ)ゞ='厂{  ヽ
/   /    ∠=、    /ノ/ ∧ 〉 /
{   |   , - ´  }ヽ\   / /Y∨/
ハ  ゝ-┬‐-、 / / \\/ }_厂
 ∨   ヽ  ,メ、〆、  |`´   {
      ノv'/   `¨´    \____
       /                \\
       ,'                     \l
        i                      l|
        !                    \
      l                        l\
        l                          | l
      l                       / l
       ト、                       /  /
      | \                  /  /
      ヽ  \             /  /ヽ


11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 16:50:50 ID:Kn1LmxzT
前スレ>>1000
司書長が嫁を探しに旅に出ると申したか!?

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 16:50:53 ID:tS71sQW4
>>1
GJ
あぁー執務官が司書長監禁したりしないかなー

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 16:54:10 ID:XTsJ2CdG
>>1乙〜
司書長の嫁探しか・・・俺しか居ないな

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 16:54:38 ID:FtTKWl0n
990 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2008/06/28(土) 16:43:53 ID:EPSWS3fG
>>939準備はいいか
990なら最初から最後までアリサタイム

991 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2008/06/28(土) 16:44:46 ID:oVCxETJ4
>>991なら司書長が着物ギンガ嬢に「あ〜れ〜」なお戯れ

993 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2008/06/28(土) 16:46:00 ID:XTsJ2CdG
>>993
ならスーパープレシア&アリシアタイム

995 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2008/06/28(土) 16:47:38 ID:IFVz87rp
>>995ならスーパー水着タイム

998 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2008/06/28(土) 16:48:42 ID:lLJtqGj0
>>998ならスーパーアインスタイム

1000 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2008/06/28(土) 16:49:09 ID:oVCxETJ4
>>1000なら次スレは司書長の嫁探しタイム

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 16:55:26 ID:IFVz87rp
>>1
司書長にいいお嫁さんが見つかることを祈ってます

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 16:56:31 ID:i0RinXZZ
>>1
お疲れ様です劣化の騎士

>>12
そして司書長に調教されると

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 16:56:42 ID:wuD7Gpxv
全レスのユーはやの仄々のSSがとても気に言っています。
このレスでも少しでもある事を期待しています。


18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 16:57:17 ID:q+OkEbBl
>>15
50スレにして、とうとう司書長も年貢の納め時か……絶対に次元振くらいに揉めるだろうけど

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 17:02:07 ID:I/MUMYj9
>>1乙であります。


>>前スレ>>993
何故そこに執務官も入れない。

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 17:02:40 ID:MCdJPlK+
               __ _, -―‐-/ヽ_ 
                /  ̄/⌒ : : : : : : : : : ヽ:ヽ
            /'  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\.:.:.:∧.:.',
             〃 /.:.:.:./.:./xァヽ.:.:ヽ.:.:.:ヽ]\!
            {i ,'.:.:.: /:/ /:ムハ.: 从-ヘ\.:.:.:\ >>1乙です
            ヾ |.:{.:ッく  ' イテト }:/イテ圷 .:.\.:.:.:ヽ   
              レ'´   V彳V:::j    V::リj}:.:.;小;.:.:.:i  フェレットさんフェレットさん
             /\   〉:ゝ   rー;   /.:./: | ヘ.:.:|     前スレの>>1000に関してですが
                /   \∧.:个 ,、 `_ , イ':.:/.:.:.{  j;ノ   リインも志願して良いですか?
            /    /- ヘ弋六>ー< /.:∠:_.:八
              /     ノ|\  \{ V〉〈V/|  `ヽ:ヽ
            ヽ、   ノ {〃 \ ヽ/ / ヽ/ |.: ヽ
            /`.:ー─‐l{   く\ <〉≠ }l  |.:.:.:.:\
              //.:.:.:.:./.:.:∧  ニ二孑f   /'  |ヽ:.:.:..:.:\
          //.:.:.:.:./.:.:.,'.:∧     j   〈   l.:.:.ヽ.:.:.:\ヽ
          {:{.:.:.:.:.:.{.:.:.:.:.:/     /    \ |.:.:.:.:.}.:.:.:.:.:}}

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 17:07:39 ID:XTsJ2CdG
>>19
何故だと?執務官は教導官並に常時スーパータイムだからだ

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 17:08:11 ID:tS71sQW4
>>12
いや、ちゃんと部屋中に監視カメラをしかけてリアルタイムでバルディッシュを中継して実況
トイレにもカメラは設置してあり排泄する時もきちんと撮影……とそこまで妄想して、考えるのをやめた

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 17:37:12 ID:5jubOhx+

                    ,.−- 、
              /   , ' , =ニ二 `丶
             __   〃    ,':/::.::.::.::.::.::.::.::.:.\
     ,.. -=ニ二::_:::ヽ.{i   ,. ┴ ‐‐-  、..:.::.::.::.::.::.:\
         ,. ‐‐`"':`:´.:_::.::.::.::.::.::.::.::.__:.:ヽ、::.::.::.::.:ヽ
       /::.::, -‐,. -::.::.|:::`::.::.::.::..::.:´::.:\:::ヽ、::.::.::.::ヽ
      , '::.::,ィ::.::.:/:.::.::.::.::|::.::.::.::.::..、::、、:、::.:、:、ノトヽ、:.::.:ヽ
      /:://::.::/:|:.::.:|::.:|:i::l::.|::.::ヽ.:::i、::||ヽ::.:\:ア:\i.::.::.::',
      /:/  i::.:://|::|::.{::.:l::l:ヽ:l::.::.::ヽ:.|`リミ:!.ヽ:ヽ:V/::\:.::.:',
      〃   {::.::l:l:.:l.:.|‐ト-:ト..',_:トト、::.::|斗七弌l:ト:::i:V;,::.::.:\::.::', …皆、声援、ありがとう
      i'    l:.::|::|::.:l:.:lヾ弋'''ぅーヽヽ::代、_,゚// !トi、l;;;;;;;;;,::.::.::ヽ.::',
        l:::|小::.:Nヽi 辷ニ-   ヾl ー一' /!k'ソヽ;;;;;;;;,::.::.::ヽ::', >>1そんな事はない。安心しろユノユノ。
        ヽ|l:l ヽ:ト、i:lヾ、    i     /'|:ト、、 \;;;;;;,:.::.::.:ヽ:', オハヨウからオヤスミまで、きっちり
           ヽ', ヽ !ヽ\    一    , ' || ゙i、   \;;;;;;,::.::.:ヽ',護衛してやるから大丈夫だ!
             ヽ ヾ.!i 、_    ,ィ  ,ル  |:|    \;;;;,::.::.:ヾ,
        ,  ‐- 、  ,.="弋 ||`ー ´ .|   __   "    \;:.::.::.:ヾ その、なんだ、なんならメイドのように
     /      `' ⊥.._ ||" ̄"''┤  ||`i         ヽ;,.::.::.:.ヽ『ご奉仕』してもいいんだぞ?いや、させてくれ!
    /        、 |    `\     「 ̄||│ _      ヽ::.::.::.:| ……烈火の騎士メイド、ありだな。
  /_,. -- .. _    ',.L_, ./"ヽ、   | /-く,    `ヽ      ヽ::.::.::|
./'"       ` ヽ、 |  ',i     ヽ__j  lニ 、ヽ    ヽ     ヽ::.::.|
{             \!   l:l-‐- 、  ヾヽ    `ヽ、  |     lヽ::.:|
.ヽ          、    ヽ  |:|   \  ⊂⊃     ヽ|     /;;;ヽ:|

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 18:12:45 ID:oVCxETJ4
伝説に残る名剣を持った戦士でメイドなキャラが出てくるエロゲーをどっかで見た様な・・・。

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 18:15:06 ID:Loji3k0n
いちおつです!1000付近の時に居られなかった・・・

劣化の騎士さんは、ネトゲだと苦労しそうですよね。
レヴァンテインとか、確実にレア武器だろうし。

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 18:15:13 ID:RAvVS+6I
大きな剣だな

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 18:28:45 ID:hf52w1lm
一年前の放送中はまだ一桁だったこのスレ、
気が付いたら50まで延びたか…

俺達司書一同、司書長への愛は不滅ってことだな!


嫁さんか…
俺は基本的に教導官に一票だな。

よし、支援の為のネタ書くか…っと思ったら前書いたのがもろに嫁ルートだったorz
レイハさんで色々誤魔化したが本質は…

…あれ、今なんか脇をピンク色がすり抜けていったような…




…ああ、次は新婚家庭を書けばいいんですね、わかりま(




書き込みはここで途絶えている…

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 18:30:27 ID:XTsJ2CdG
さて流れぶった切らせて貰うが
以前司書長に合う歌って話題があったが

この間久しぶりに聞いて「君にこの声が届きますように」も中々司書長に合う歌だと思った

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 18:37:37 ID:4VNR/KGo
一番似合う歌は全力少年だろ
ユーノきゅんの嫁は俺だろ

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 18:38:46 ID:XTsJ2CdG
>>29
一行目は良し
二行目はちょっと表でろ

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 18:42:50 ID:i0RinXZZ
グランセイザーのED・・・。

あれだよ、失恋した司書長そのまんまっぽいよ
努力をしたけど報われなかった感が・・・。

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 18:46:32 ID:mhDx35Uc
水着タイムか、昔受信したスク水チンクの電波は果て何処に捨てたか

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 18:50:41 ID:Loji3k0n
>>32
「これはどう着るのだ?試しに手本として着てみてくれないか」
「……え?ちょ」

ということですね!

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 18:55:22 ID:uDPSsV8C
>>29
>>30に同意だ。
ち ょ っ と 話 が あ る

>>33
それなんて黒提督ホイホイ?

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 19:09:20 ID:LCLgGQ+G
                  /   /   /               `ヽ、
                   ,′  |   :/ / / /         ヽ \   `ーイ
               l   │  l | /  /   /|  |  l   |\ー 一'´
                |    /l   -| 十! /- イ /  |  |  ,'  j  ヽ
                |    l |   W|_l_/| / |l ,'  / メ/|: /   /ハ: |
                |  :/こ|   レ行ifヾ八{ /xく/ |/  /   | j
                |  {{^ |   |!込,,ソ    イf巧トV  /   :/∨
                |   |ヽ.|   |   `      込,ソ/ /   /
                |   l  |   |        ,  `ア7/ / j/
                |   l  |   |     r- _   / レ/
                 /  l _/|   |\  `ー ´  イ │
                  / j_ 斗{ |   l   ヽ、_. < |   │        >>1おつかれさま。
       _,, -=二¨ ̄| : : :.∨|   |\_| \ l | |   |           乙タイムに今回はなのはが居ないことだし、
    r<          |: : : :.ヘ|   |  ̄ ∧  l\ ,|   |        私がユーノのお嫁さんになってあげようか?
    |  `丶、       |: : : .: :|   |、> /小  l: :.`|   |        あ、邪魔なうちの糞兄貴は虚数空間にホームランしたから大丈夫だよ
    |     \    |.: : : : |   | / >oヘ |.: :│   |\
    /         \  │: : : :|   |./∠/|ヽ|│: :.|   |∨|

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 19:12:49 ID:I/MUMYj9
>>21

妙に納得してしまった。

>>33

もちろん白の旧スク水よね?
うふふ、クロノくんの真っ赤な顔が目に浮かぶわ……ジュルリ。

37 ::名無しさん@お腹いっぱい:2008/06/28(土) 19:13:01 ID:dmJQ0Xet
>>29
 教導官「小便は済ませたか? 神様にお祈りは?
部屋の隅でガタガタ震えて命乞いする準備はOK?」

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 19:14:34 ID:MYyICb8n
>>35
アリシア「わたしも〜」

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 19:19:57 ID:IP8JNbuT
記念スレだけに普段張られないキャラのAAもあるな
なのに、教導官が(ry

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 19:26:20 ID:82uhWxJf
司書長のイメージソング…俺の中では玉置成実のRealizeかな
少なくとも曲は神な作品

>>37
この台詞よく見るけど、元ネタ何だっけ


41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 19:31:01 ID:Loji3k0n
>>40
ヘルシング?

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 19:31:28 ID:5jubOhx+
>>40
聖王教会の暴力シスターの台詞だな


・・・スマン、嘘だ
なのシン――じゃない「ヘルシング」でユノるといい

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 19:39:29 ID:82uhWxJf
>>41-42
トンクス
ちょっとユノってくる

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 19:44:03 ID:i20IWdXm
>>39
待て、あわてるな。これは教導官の罠だ

スレの最後まで張られないかも知れんが

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 19:52:13 ID:jApzZ9XM
9歳時ユノなのには1/2とうたわれの夢想歌を推すぜ!
19歳時は……、ひぐらしのyouかけよりなのラピスラズリかな?

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 19:53:57 ID:jApzZ9XM
     |: : :/: : : : : :/: : : : : .:|: : .:ト、: : :l: : : : :|: : : :\ : : \: : : :\
      |: :/: : : : : :/: : : : : : .:|: : .:| .|.: .:ト、: : : |: : : : : :|: : : : :\: : : :\
      |: :|: : : : : / : :/|: .: .:/|: : / !: : | !: : :ト、: : : : ! : : : : : :l: : : : : |
      |: :|: : : : : |:_ム斗─ァ十:/  |: :ナ十‐ァ-、|: : : :|.: : : : : .:ト、: : : !
     \!: : : : .:|:/  レ'   レ'  .レ'  .レ'  .l: : : :|.: : : : : .:|: :ヽ: : |
        |: : : : .:レ xfT¨¨丁ヽ     .イ丁¨lfヽ. !: : : |.: : : : : .:|: : :|: : |  >>1乙なの!!
        |: : : : .:|く. 込ェrリ      込ェrリ 〉|: : :/: : : : : : :|: : :|: :/  
      \: : : | `  /////////////  _ノ_/: /|.: : .:|: :|: : :レ'    
         |\: \        、       ̄/:|: : /: !: : /| /.: .: !     
         |: : `ト-ヽ     ┌─┐    /: :レ'.|: :|: /: レ: : : .:|     
         |: : : |. \.     `ー '    /l: : : |  |: :レ.: .: .: : : :.:|     
         |: : : |   |`  .       .ィ´  |: : : |  |.: .: : : : : : : : |      
         |: : : |  f|   ` ー‐'´ j、  |: : : i  |: : : : : : : : : /      
        \ : \ノ \         / ト、 j.: .:/   ! : : : .: : : : /
       _ -‐>、: :\  ` ー‐ァ-イ   | //、  |: : : : : : : /
. -‐‐…' ´  /   `ト-ヽ   ∧__∧.  |/  |` ー- 、__ : : /
         ./     |\.   / | |. ヽ !     |     ` ー-、
>>44
おまいがんな事言うから貼りたくなったじゃないかw

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 20:00:28 ID:i20IWdXm
>>46
華麗に1000と司書長をPEN☆GIN☆GET!していくと思ったのでry

メガマガのSSM3には出番ないけど話題にされるといいなぁ・・・
ヴィヴィオに期待しておく

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 20:39:26 ID:IP8JNbuT
>>45
君固め(誤字)もありとかなんだとか


メガマガ絡みで期待なんかしちゃいけないという気持ちは

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 20:43:13 ID:XTsJ2CdG
うたわれだったら「永久に」も中々

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 20:43:53 ID:q+OkEbBl
>>47
散々な、なのフェっぷりに司書長もやさぐれになりかけたもんな……確かヴィータに撲殺されたフェレットユーノもメガミでしたよね?
私はメガミピンナップのコスプレ三人娘のなのはのコスがイヌではなくてフェレットのものだと信じたいしさ

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 20:47:23 ID:uYts9uUi
司書長ソングね…

ROMANTIC MODEの"Resolution"をふと思い出した俺は間違いなくGX厨。
マイナーでスマン。
昨日の兄弟ネタといい、どうやらサテライトな電波を受信しまくっているようだ。

自分の信じるものの為に管理局を裏切る司書長なら、樹海の"ヒカリ"だな。
あれはいい歌だ。
聞いているとマジで切なくなってくるから困る。
正統的ユーなのなら、doaの"英雄"。
ニコ動にユーノメインのMAD転がってたけど、確か使用されてた曲が英雄だった筈。



>>29
>>30に同じく。
お前とはじっくりと話合う必要がありそうだな。




52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 20:53:39 ID:jhY7neRd
司書長ソング?
ここはあえて タイナカサチの『君との明日』を推させていただこう。
三期終わったからこそ、1期〜3期と続く二人の絆を信じたいのじゃよ




というわけで
>>29
>>30,>>51に同じく。
お前とはじっくりと話合う必要がありそうなので司書長室裏に逝こうか。

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 20:56:28 ID:Loji3k0n
メガマガなんてなかった。

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 20:58:56 ID:4VNR/KGo
メガマガのユーノきゅんはアニメ無印二期の凛々しい様子とは違い
結婚したら確実に尻に敷かれるだろうなぁというへたれた印象を受けた

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 21:01:46 ID:uYts9uUi
>>52
しまった素で忘れてた。
確かにあれも司書長ソングとしてもってこいだな。
ありがとう、今からTSUTAYA行ってくるわ。
あなたとは美味い酒が飲めそうだ。


偶然じゃない〜♪
二人(ユーノ・なのは)出逢えたのは〜♪


56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 21:08:24 ID:yLvDj1O6
司書長ソングねぇ、じゃあ俺は定番のBEYOND THE TIME 〜メビウスの宇宙を越えて〜を押すか
同でもいいがみんな>>30を苛め過ぎるなよ。教導官とかがそっちへ向かったから
巻き添え食らったら溜まった門じゃない

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 21:14:02 ID:b0T5enFJ
確か前回はユーノとの進展具合をフェイトとはやてから聞かれてましたね
「友達だよ」と言うなのはに対して呆れてたような
ヴィヴィオがユーノとフェイトの子供に見えると言うような内容を希望

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 21:25:11 ID:jhY7neRd
ところでファータ。はやてのところにいるツヴァイから、海鳴の産婦人科ではやてと高町姉妹、テスタロッサ、
バニングス、月村すずかの6名が鉢合わせしたという極めて緊急度の高い連絡があったのですが……おや?
ファータ? ファータはいずこ?

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 21:30:13 ID:Loji3k0n
高町姉妹……だと?
なぜにこんなにも違和感があるんだろうw間違ってないのに。
みゆきちかわいいよみゆきち。

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 21:33:48 ID:hmSApbcN
       /l
       l:l    __      __
         l:l l´: : : : : :`:`: .<: : : :  ̄: .─ . _
     __  ヽ ヽ: :  ̄: : ─ _: `: . . .、: : : : : : :`ヽ
  -=ニ -─-、rー`.ミ、: : : :- 、: : : : :ヽ、 : : : :ヽ : .、: : : ヽ_
        , -l: : : : : :l:l: \: :\.、: : : :\:\: :\ `_: .、ヽ ` 丶、
     / /: :/: : l: :l、l、: :\ 、:\ヽ、: : \:ヽ.、: ヽ: ヽ`ヽ   l
.   /. -//:/: :l : l: :l \\:\_.斗 _=ニヽ:ヽ ヽ: :\: ヽ    l
  ////: :/: : l: : :l、:l  _\'´ヽ /riー弌`i 、:l: :l-、l l\:l  /
    /: /: : l: l: :l : : :lヽl´ __ ヽ   t乞ク   l:ヽ l i): :l ヽ. _/
.   //:l : : l: :l : l : l: :l. /r。弌     ´ ̄   l: :l、l/ l、: l  >〉
    /イ: :/:l: l|: : l: : l、l〈 iス.j:}          l: :レ'l : l:l\l  l   >>1乙です!
     l: /l/l l l : lヽ: l \ ゞ'゙ 〈        l: :l:l、 : :l l 、_ l   
     l/ l |l l: :l l:ヽ:l: : l       r ¬    /l: l: :l:\:N\\    先生! 私との授業の時はゆっくり安らげていると思いますよ?
    l   l  lヽ:l l:l \: ヽ、       / l: l l、 l、: \ \\   だから、もっと授業を増やして下さいね!
            V\ヽ/ l: :l|:/i`  、   /_  l: l r─-ヽl   \\ せ、先生なら、あの……ど、どんな授業をしてくれてもいいですから!
             l/l: l// l|、: :l/`´.r-. 、l: lー-.l:.:.r-、l     \\ 教え子とのロマンスとかって、とっても素敵だと思うんです!!
              ヽl / l `</:l:.:l::::::::〃  ̄: l:.:.l  l     \
                / r── ヽ:::::l:.:l::: / :::::::::::: l:.:.l  l
              //l   , -ニ-、.:ナ:::::::::: _ :::::: l:.:.l  l_
             //  l //´_ノ_;lヽ三ニ´::::::::::::: l:.:.l ' └-、
            //   __ 〉l {/:.:/´:ノ }-‐::::::::::::::::::::: >l
          //    /  ハヽ_:.l/ノ::::::::::::::::::::::::::::


61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 21:35:22 ID:zAs+C4mz
>>58
司書長争奪チキチキレース大会も20回の記念レースだよ!
今日の狩人は我々の司書長を狙う女性達の縁者!提督や騎士、暗殺者と当人達に負けず劣らず危険人物ばかりだ!
それらから逃げるのはわれらが司書長!司書長はどれだけ逃げられるか!
掛け金は日本円にして500円から!さあ!はったはった!!

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 21:36:03 ID:VVCbD/fe
司書長の歌なら、八神家の団欒タイムにTVでかかってたじゃないか。

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 21:59:10 ID:VH0WtoW8
>>58
( 'A`)<想像妊娠は既成事実になりませんよ

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 22:07:53 ID:MyGOiiRe
( 'A`)<なんだかんだみんな騒いでるけど、僕の嫁は無限書庫そのものだよ
    人付き合いマンドクセ

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 22:11:50 ID:THFc0hed
>>7ってだれ?

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 22:15:55 ID:RAvVS+6I
>>65
執務官じゃないの

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 22:19:25 ID:5VyOEZVW
( 'A`)< 僕と結婚したいって言うんなら当然、味噌汁くらい作れるよね?

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 22:22:40 ID:zAs+C4mz
>>67
司書長が管理外世界に染まってるw

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 22:32:39 ID:4VNR/KGo
>>65
フェイトそん改変verも作られてたが原型はティアナだな

保護観察上がりの問題児や各部署の窓際族、武装隊から問題起こして
左遷されてきた現役バリバリの魔導師などの荒くれ者たちが蔓延る
まだ閑職だったころの無限書庫に、ユーノきゅんが新任司書長として就任し、
不良司書たちを更生させるため、対話や暴力によって奮闘するという電波が。
キレると眼鏡外してスクライアで培った荒々しい極道台詞と格闘技を用います

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 22:33:03 ID:x537+dyi
なのはさん:たぶん作れるんじゃね?
フェイトそん:どうなんだろう?
はやてさぬ:作れる
アリサ:作れない方が萌える
すずか:作れそうだし作れなさそうでもある
シャマさん:味は度外視すれば作れると言えよう
ミッドの方々:味噌汁って何ですか?

こんな感じか

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 22:36:16 ID:Loji3k0n
でも、司書長は実際かなーり地球の食べ物に馴染んでるだろうなぁ。
作ってもらう的な意味で。

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 22:38:07 ID:9HRWJ9ee
>>65
15歳のアリサじゃないの?

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 22:39:48 ID:+xbXvwJA
ミッドには名前も味噌汁見た目も味噌汁でも味がスイーツな代物があったりしてな
実際似てるけど別物な食べ物あってもよくね? 次元違うわけだし


74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 22:41:29 ID:Qo+12kJJ
司書長ソングですか?

個人的にKOKIAさんの「たった1つの想い」がオススメだと思います。

なんとなく、ユーなのを思わせる曲だと思いますよ。

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 22:45:07 ID:V4XImhBT
男の心をつかむには胃袋と玉袋を掴んでしまえば良いと言うから、
どっちもオッケーであろうリンディさんの一人勝ちですね、わかります。


76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 22:47:31 ID:4VNR/KGo
>>75
よくわかりますよ

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 22:47:31 ID:IP8JNbuT
>>69
僕はおまえたちを殴るとかイソップー!とかなスクールウォーズっぽいのを想像

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 22:57:53 ID:jhY7neRd
しぐしぐ「味噌汁? ふっ、私は味噌汁の味にはちょっとうるさいぞ(´・ω・`)」
しぐしぐ「なに、飲むだけじゃなくて作ってみろ?」
シグシグ「お前達……私が味の批評しか出来ないと思っているのではないだろうな」
シグナム「まぁいい、ちょっと待っていろ。 ユーノ、アインス、司書長室の設備と冷蔵庫の中身を借りるぞ」

……
………
シグナム「どうだ、材料がなかったので具はワカメと豆腐だけになったが、味の方は悪くあるまい?」
シグナム「……何をそんなに驚いている、お前達。 私とて、武門一辺倒というわけではないし、木石というわけでもないぞ」
シグナム「こう見えても、主に習った後も自分なりに試行錯誤もしていたのだぞ。というか主、まさか御自分の教え子を忘れていたのですか?」
シグナム「しかし、腕を磨くだけで使いどころは無いとばかり思っていたが……ふふっ、お前が美味しいと言ってくれたのなら、私の研鑽も無駄ではなかったよ、ユーノ」





うん、しぐしぐはともかく、綺麗なシグナムさんならさらっと味噌汁くらいつくれそうだから油断できないと言いたかったんだw

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 22:59:24 ID:zAs+C4mz
>>70
スバル:存在は知ってるが甘いものと勘違いしてる
ギンガ:作れる
ティアナ:スバルのせいで甘いものと勘違い
エリオ:存在は知ってる。
キャロ:お味噌て何ですか?

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 23:02:31 ID:Loji3k0n
司書長は納豆が苦手だったりしないかな・・・

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 23:17:59 ID:1P6O3Lfm
>>80
くさやは平気で食べそうな気がする

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 23:21:36 ID:zt/lBWcV
>>75
袋をつかめばいいのなら、シャマルさんが有利なような・・・

83 :調子に乗って流れぶった斬ってみる:2008/06/28(土) 23:23:12 ID:x537+dyi
 新婚夫婦といえど多忙な二人は昼は別々
はやてさんは娘と一緒ですが司書長は職場が違うので少しさびしい
そんな司書長も愛妻弁当を食べれば元気百倍
ハート型のピンクのでんぶが独身司書(♂)には眩しいです
「・・・気持ちはうれしいんだけど人前で開けるの恥ずかしいんだよね」
そう言いつつも顔は自然とにやけてます
「ふぅ、結婚して生活習慣が改善されたのはいいんだけどさ」
「さすがにこう、毎日惚気られるのは参りますね・・・」
アルフさんとアインスさんも呆れ顔
そんな中、はやてさんとリインUさんが司書長室に入ってきます
「ファ〜タ〜」
「ユーノくん、お邪魔するで」
とてとてと司書長にかけよるリインUを抱きしめる司書長
アルフさんとアインスさんは空気を読んで退出する
「どうしたの二人とも?」
「いや〜、リインがどうしてもユーノくんと一緒にお昼が食べたい言うてなぁ」
「違いますよ〜はやてちゃんが「ユーノくん分が足らへん」ていったんですよ〜」
ハグしてもらったりキスしてもらったり要はイチャイチャすると摂取できるらしいです
「ちょうどよかった。僕もはやて分が足りなかったんだ」
そう言ってはやてさんもハグする司書長
その後、3人仲良くお昼を食べました

END(ギャフン)

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 23:23:21 ID:xvlq44m6
>>78
何故か「シグシグ、お味噌汁は“飲む”じゃなくて“吸う”だよ」と妙に日本語に詳しい司書長を幻視した。

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 23:44:30 ID:I/MUMYj9
>>83

GJ
この惚気っぷり、独身司書にはとても有害です。

>ハート型のピンクのでんぶが独身司書(♂)には眩しいです

中学時代の担任の先生を思い出したw
当時新婚だったんだけど、一緒に弁当喰おうと言って、
教室に弁当持ってきて、俺の前で弁当箱開けて硬直した。
見た?って言われて、思い切り笑顔でうん♪と答えたら、すぐに弁当箱閉めた。

何が入ってたのかと聞くクラスメートにそりゃもう大声で大暴露。
その後、先生が教室に弁当を持ってくる事は無かった。

同じ事を司書長にやってみたくなった。
多分、やる前に口から砂吐いてこっちが死ぬがw

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 23:50:32 ID:4VNR/KGo
>>80
でも次元世界なんて何食ってるか分らないからな……
次元世界を放浪しているらしいスクライア一族は多様な食文化に触れてるだろうし
特にユーノきゅんなんてアニマルフォーゼできるから、その状態では何を食ってるやら。

とりあえず無印と二期の間で暇を持て余したフェレットユーノきゅんが時たまスズメや
ネズミを狩り、その死体を咥えて持ってきて桃子さんやなのはを気絶させてたのはガチ

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 00:06:57 ID:poKYjweU
>>86
幼少時はカリムを、少年時代は高町母子を、青年期ではドゥーエさんを
気絶させるユーノキュンですね、わかります

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 00:07:35 ID:s6QmbWmE
>>70
作れないのに味噌汁づくりに苦戦するアリサの制服エプロン後ろ姿に萌えた

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 00:10:03 ID:1UltgOU3
>>88
9歳時なのか15歳時なのか、それが問題だ

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 00:10:46 ID:UMtvI2am
司書長の手作りお弁当食べたいなぁ

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 00:14:24 ID:f4J8fUwc
思ったんだけどさ、フェレットユーノきゅんって流石に去勢されてないじゃない?
両手で腹を撫でたりするとおにんにんに普通に当たるんじゃないの?
というかフェレット状態だとフルチンちゃうの?
ユーノきゅん恥ずかしくないん?
むしろ性的興奮を覚えてるん?
ユーノきゅん露出狂なん?

ちょっくら廊下を歩く司書長のスラックスを下着と共に後ろからずり下げてくる

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 00:24:09 ID:QNoURjq4
>>91
司書長の48の社会的殺人技の一つ極北バシルーラが発動しました

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 00:25:48 ID:b2cDEI9I
>>70を読み返してふと思った
>具はワカメと豆腐だけになった
十分だろwどんだけ具を入れる気なんだw

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 00:27:29 ID:s6QmbWmE
>>89
もちろん生足が見える15.ver制服姿だ

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 00:27:44 ID:b2cDEI9I
>>70じゃねぇ>>78だったorz

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 00:27:50 ID:Ulm316Wu
ネギを忘れるなんて!

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 00:28:23 ID:1UltgOU3
>>93
この世には「食べる味噌汁」というものがあってな

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 00:30:13 ID:NCJJWjs4
>>92
寒中水泳して許してもらわなければ

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 00:31:59 ID:q+UrXabA
みそ汁には麩(ふ)も欲しいですぞ。


100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 00:34:41 ID:jdOihVCH
やっぱり個人的には、味噌汁は大根がジャスティスです。

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 00:35:00 ID:YwyiW4ql
ワカメという単語だけでアホな方向に思考が逝ってしまう…


102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 00:36:19 ID:uE4r//bW
>>99
豆腐とワカメがジャスティス……というのは個人の自由ですけどねw
ふと、八神家では赤味噌か白味噌なのかが気になる…Asでどっちかわかりますかね…

まあ、淫らな獣・ビーストオブエロスモード時のユーノ君なら、作っている最中に後ろから襲い掛かって新婚&裸エプで生絞りすまし汁を…

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 00:37:39 ID:L6AQL2r8
>>28
遅レスですまんが、司書長に合う曲は「イッショウケンメイ」だと思うんだ

サビの

イッショウケンメイ 君が好きだ だから僕はこのままでいい
これもきっと 一つの 愛なんだって思う ずっと変わらずに
イッショウケンメイ 君が好きだ 片思いでもかまわないさ
今日まで過ごした関係を 僕は 壊せないよ

ここがめちゃくちゃ司書長に合うと思うんだ


104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 00:38:31 ID:NCJJWjs4
そーいや前スレでシューベルトの魔王のまおーネタを見て
ゲーテのまおーネタ少し書いたけど投下していい?

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 00:41:48 ID:OawOKYRy
>>97
ユーノくんで取った出汁入りの味噌汁はとても美味しいの・・・

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 00:42:03 ID:jdOihVCH
まおーネタもある意味定番だよねw
どうぞ。

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 00:43:54 ID:1UltgOU3
>>94
家庭科の授業で何回やっても理想の味にならなくて落ち込んでいるところで「料理は愛情」とすずかやなのはさん辺りから言われる展開ですね、わかります。
はやてから言われると某先生のダミ声真似のおまけがついてきますが、基本的に彼女達の世代ではわからないので滑りますが無害です。

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 00:48:35 ID:7E6xBrIg
各世界土着の野菜を混ぜたスクライア特性味噌汁
美味しいんですがコストがかかるので本当に時々しか食べられません

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 00:58:06 ID:zZObndlr
豆腐と油揚げの味噌汁もいけますよ司書長!

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 00:59:22 ID:QNoURjq4
なめこ忘れたらあきまへん

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 01:00:59 ID:zZObndlr
>>104
どうぞ〜

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 01:01:13 ID:NCJJWjs4
  
 『まおー』 

ユノ「わが娘よ。何が怖くて顔を埋めるのだ?」
ヴィ「おとーさんおとーさん。あそこにしろいまおーがいるよ。
   つえとよろいをつけたおそろしいまおーがいるよ」
ユノ「わが娘よ。大丈夫だ。あれは私の嫁の一人だよ」
ヴィ「おとーさんおとーさん。いきたくない。
   でもでもまおーがわたしにおそろしいやくそくをささやくの」
なの「さあ行こう。わがままいう子はSLB。
   ちょっと痛いの我慢できるよね」
ユノ「わが娘よ。それは君がちゃんと育って欲しいからさ」
ヴィ「おとーさんおとーさん。あれがみえないの?
   まおーのよめの、しにがみがあらわれた」
フェ「大丈夫?ヴィヴィオ。そろそろいこう」
ユノ「わが娘よ。怖がるな。あれも私の嫁の一人だよ」
ヴィ「おとーさんおとーさん。まおーにつれていかれるよ。
   わたしをひっぱっていくよ」
ユノ「わが娘よ。さようならだ。また明日おいで」
ヴィ「おとーさんおとーさん。ついてきて。
   きょうはよにんでいっしょにかえろう。
   そしてよにんでいっしょにねよう。」
ユノ「わが娘よ。それはちょっと」
ヴィ「おとーさんおとーさん。まおーとしにがみが
   なまいきいうおとーさんをねらってる。」
なの「なんでそんなことを言うのかなユーノ君」
フェ「ユーノは私達の嫁なんだよ。いっしょに帰ろう」
ユノ「わが娘よ。もうダメだ。私は魔王と死神に食べられてしまう」
ヴィ「おとーさんおとーさん。はやくきょうだいがほしいよ」
なの「大丈夫。もうすぐなの」
フェ「もうすぐできるよ。すこし待てるかな」
ユノ「わが娘よ。かわいいわが娘。僕はもうダメだ。」
ヴィ「おとーさんおとーさん。がんばって。わたしまっているから。
   そのうちわたしにも、いっしょにしてよね。
   せいおうもーどでまっている」

ユーノに預けられたヴィヴィオをなのフェが迎えにきて、ユーノもお持ち帰りされただけです。
ヴィヴィオにゲーテを読み聞かせていたからという設定でwもとネタ分かんなきゃ「シューベルト 魔王」でユって
なおbe your girlはもともとの構想上のエロの山場は越えたので
今後はシリアス・ギャグ・ブラックの方向で。次はなのはさんです。もうできてるけど。

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 01:01:34 ID:OawOKYRy
>>109
それをお椀によそって刻んだ絹さやをちらすと最高だな。

納豆に付属の液と芥子を入れよくかき混ぜて
お椀に入れたその上から煮えたぎった味噌汁かけて納豆汁にするのも大好きだ。


・・・ここは何スレだっけ?

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 01:10:01 ID:b2cDEI9I
至高vs究極 司書長争奪味噌汁合戦スレだっけ?

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 01:14:13 ID:1UltgOU3
手軽に食べられるという理由でインスタント味噌汁かけご飯をかっこむ司書長を幻視した

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 01:14:55 ID:Y9mNDK3K
>>112

吹いたww

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 01:20:31 ID:JCzq2tBv
前スレ>>948のおかげで、司書長は禁書の上条見たく初期のほうで記憶喪失になってるとかいうのが来たんだが。

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 01:32:51 ID:q+UrXabA
>>117

面白そうだけど、
信頼を向けてくれるなのはさんの笑顔が眩しすぎて、耐えきれなくなりそう。
かみやんの如く吹っ切って、記憶の有無関係なしに振る舞えるようになるまでかなり掛かる気がする。


……何か、そこから幻想殺しの右腕もついでに取得しちゃって、うっかりなのはさんに触れてしまい、
バリアジャケット解除してしまうという電波に悪性変異して受信したんだが。

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 01:35:26 ID:Ux0WnQ7T
>>82
内村プロデュース・『温泉でだるまさんが転んだ』に参加し
ふかわりょうの玉袋を掴む
玉職人シャマルさんを幻視しまつた

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 01:43:43 ID:MqrwB2xi
司書長は料理はできるけど作る暇がないってイメージが……無限書庫のせいで。
むしろなのはやフェイトやはやてといった好意を持たれてる女性から手料理をご馳走になってるほうが多そう。

しかし無限書庫とジェダイ・アーカイブ、どっちが大きいかな?
いや……ヨーダから教えを受けているユーノの姿が浮かんじゃったもので。

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 01:52:58 ID:Ulm316Wu
>>112
途中で親子の立場逆転しとるwwwwGJ!

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 02:00:09 ID:jdOihVCH
昔出た魔王ネタは、司書長とアルフだったっけか?

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 02:23:51 ID:flCVKcem
>>112
これは秀逸ww

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 02:38:15 ID:hX9Ybg+a
>>122
たしかそう。
で、前スレで頭の部分だけユノヴィな書き込みがあったと。

ヴィ「おとーさんおとーさんあそこにまおーがいるよ?」
ユー「あれは・・・・・」
??「知らなかったか?魔王からは逃げられない!!」
ユー「・・・・あれはガチの魔王だ。」
ヴィ「おとーさんおとーさんあそこにめいおーがいるよ?」
ユー「あれは・・・・・・」
??「チャージなどさせるか!」
ユー「・・・・・あれはガチ冥王だ。さ、はやくかえるよ。」

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 02:39:27 ID:HjszwbBF
>>117
ダンウィッチの怪異に遭遇してるトコしか浮かばねぇ……

>>28
亀レスだが誰か、アリサ&スバルの『インフィニティ』をバックコーラスに
YF−19orVF-25で銀河を駆け抜けるユーノを妄想する方法を知らないか…?
(やはり今日大カメラでYF−19の型番見たからか…無理しても購入しとくべきだったか…)

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 02:41:53 ID:ZJTjliIZ
>>112
ちょww目標変更wwww実にGJ

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 02:42:23 ID:7E6xBrIg
クロノ「アースラでのランチ!二回奢ったぞぉ!」
ユーノ「僕は十二回奢らされたぁ!」
クロノ「一々覚えてるんじゃ…ねえよっ!」

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 02:47:27 ID:NCJJWjs4
>>127
でも抜群のコンビネーション。
そんな二人がいいな。


129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 02:48:41 ID:6FSZhseS
なんで二人でバルキリー乗りこなしてんですかwwww

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 02:53:01 ID:NCJJWjs4
ラウンドシールドピンポイントバリアパンチと結界高速展開によるフォールド。

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 02:53:27 ID:OawOKYRy
>>127-129
おお、それだと私を取り合う展開になるやん。
もっと話を広げてSSを呼び込むべきだと思うんよ。

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 03:32:32 ID:C3cTZkl8
>>70
ナカジマ姉妹も何とか作れそうだ。
ナカジマ家の先祖は日本人なんだし。

……まあ長年経っていくうちに変な風になって味噌汁に地球で言うウインナーとかシュウマイのようなものが入ってそうな気がするがw

>>85
担任→司書長、>>85→クロノな電波が飛んで来たんだがw
書けねえよorz

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 03:57:23 ID:fh/XQ+tQ
>>132
ナカジマ家のヘンテコ味噌汁を知ったなのはとはやてが「本当のお味噌汁を教えて上げるの(で)!」と言ってナカジマ家と六課料理の腕を振るおうとし
スバルが「どうせだったらせんせーも呼んじゃいましょう!」と言い出すのを幻視した。

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 05:43:54 ID:DFMA8ZyV
>>133
毒……味見のエリオが
「……ユーノさんのお味噌汁が一番美味しかったな」
とか言っちゃうんだな

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 05:57:10 ID:zVfp8R7l
つまり、司書長をお嫁に貰うエリオ君というわけk(SLB

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 05:59:40 ID:zVfp8R7l
ごめん、あげちゃったぜ……

  



 

責任とって、司書長の作った朝ごはん食べに言ってくる!

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 06:37:07 ID:NCJJWjs4
>>136
シャマルさんが作って司書長が盛り付けて運んでくるんですね。

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 07:06:59 ID:VggOwclK
ミッドではユーノとフェイトの子供を何故かなのはが育ててると噂が流れてそう。
そんな報道をした記者がまとめて頭冷されるとか(笑)

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 07:21:12 ID:NCJJWjs4
>>138
そのウワサを聞きつけてきた士郎さんが…。

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 07:29:24 ID:B6P450Fv
>132
味噌汁なんて作ってみりゃ案外簡単に作れるからなぁ。
何をどうやったってそこそこ美味くなるからね、失敗するのは二次元補正が原因くらいでしょ。

まあ、ミッドにそもそも味噌があるかどうかが疑問だけどな。

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 07:43:17 ID:BF+Vlr0X
>>138
ストーカー紛いのパパラッチや、家庭の平穏を乱すマスゴミに対しては、自宅警備員のなのマシンとユノマシンが出動。
物理的、社会的の両面で制裁を与えます。



ふと、なのマシンとユノマシンがユニゾンデバイスになってて、それを使うヴィヴィオが見えた。

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 07:55:06 ID:1UltgOU3
>>132
適当に書いてみたら何故かこうなった



珍しく次元航海のなかったクラウディア艦長ことクロノ・ハラオウン提督が本局の食堂にいた。
会計を済ませたトレイを持って空いている席を探してウロウロしていると、見知った顔を見つけた。
「なんだ、フェレットもどきじゃないか。いつも忙しいって言ってる癖に食堂で飯を食う暇があるんだな」
「忙しいのは誰のせいだよ。それにボクだってこっちに来るつもりはなかったんだけど、ちょっと居づらくてね」
「変な奴だな。まあ動物の考えることなんて知らなくても困ることはないが」
座っていいかも言わずに自分の目の前に座るクロノを尻目に、ユーノは隣の席に置いた手提げ袋から2つの箱を取り出した。
「なんだ弁当か。しかも手作りの愛妻弁当ときたもんだ」
「書庫で食べてるとほかの司書達が血の涙を流しながら食わせろって迫ってくるから逃げて来たんだよ」
「食わせてやりぁいいじゃないか。部下に施してやるのも上司のナントやらだろ」
「冗談言わないで。ボクの奥さんとして初めて作ってくれた弁当がそんなことになったって、彼女の耳に入ったら彼女に泣かれちゃうよ」
そう言いながらまず小さい弁当箱のフタを開けると、中にはサラダとデザートと思しきリンゴとメロンが入っていた。
リンゴには定番のウサギさんカットが施されていて、メロンは果肉がブロック状にカットされている。
続いて大きい弁当箱のフタを開けると、2人の視界にピンク色の何かが飛び込んできた。
おかずは小さなハンバーグがいくつか、エビフライ二本、甘辛く炒められた野菜が数点。
ここまではいいのだが、ピンク色の正体と思われるサクラ色のデンブがご飯というキャンパス上でハートを描いているではないか。
刻み海苔を使って『LOVE』というメッセージを書くことも忘れていない。

こっぱずかしい弁当のレイアウトを約0.5秒で察したユーノは瞬時にフタを閉めて中身を隠した。
しかし、目の前のクロノはニヤニヤ笑いを浮かべている。
「・・・見た?」
「ああ、バッチリとな♪」
日頃戦いに身をおいているクロノにとって物の認識は0.4秒でもイナフだ。
「まぁ安心しろ。無限書庫の連中以外には言わないでおくから」
「って何爽やかな笑顔で端末いじってるのさ!お願いだからやめてクロノやめて!」
「なにー、聞こえんなぁ?はっはっはっは」






今日も次元世界は無限書庫周辺を除き概ね平和だった。
(司書長の奥さんが誰なのかは司書各位で想像して下さい)

143 :132:2008/06/29(日) 08:01:47 ID:C3cTZkl8
>>140
まあな。俺が上げた変な味噌汁の例は美味しんぼから持ってきたんだが、普通にウインナー入り味噌汁は美味そうだなと思ったしw
……だが、シャマルさんなら出汁取らずにお湯にそのまま味噌溶かして味気ない味噌汁作りそうだがな。

>ミッドにそもそも味噌があるかどうかが疑問
それは言うなよw

>>141
想像してみた。
……何故かなのマシンだけアクエリオンっぽくなったw(合体時に快感を覚えるって意味で)

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 08:25:21 ID:zDum6niL
そういえばシグシグ日記の奥さん視点ってまだみたことないな
きっとデレデレなんだろうな。夜の方もそりゃ

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 08:54:01 ID:3nTgJM3f
>>143
>……だが、シャマルさんなら出汁取らずにお湯にそのまま味噌溶かして味気ない味噌汁作りそうだがな。
私が小学生の時、親の見よう見まねで作った味噌汁ですね・・・
味気ないと言うよりしょっぱいだけだった・・・・



146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 09:14:31 ID:hX9Ybg+a
外国で、日本人以外が料理作っている日本料理屋行くと結構味噌といっただけの味噌汁はデフォ

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 10:29:44 ID:DwJb8cNz
ユーノとヒロインに体験版新婚生活をさせてみるというのはどうだろう。夜の夫婦のお仕事は抜きで
期間は2泊3日  一緒にお風呂に入るのはOK ただし水着は必ず着用する事


148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 10:59:53 ID:ner0jZds
投下いたします

149 :メタルギアフェレット1:2008/06/29(日) 11:00:59 ID:ner0jZds
無限書庫司書長と言えば、もちろんユーノ・スクライアである。
だがしかし!彼にはもうひとつの顔があった!!
そう!彼は実は無限書庫司書長であると同時に諜報部員としての顔をもっていたのである。

彼が一人の時空管理局諜報部員としての名は コードネーム:フェレットである!!

ピリリッ ピリリッ!
カチャッ
「どうしたんだい“クロノン”?この秘匿通信回線を使うということは・・・。」
「ああ、そうだ。お前に頼みたいことがある。」
「なんだい?また無茶を言うんじゃないだろうね?」
「実はアンドリュー提督が反時空管理局の組織と繋がっていて、ガジェットの設計図と資料を秘密裏に流していることがわかった。すぐにその組織に潜入して資料と設計図を奪取してきてくれ。」
「やれやれ。また面倒なことが起こりそうだ・・・。」
「頼んだぞ“フェレット”」
「わかったよ。任務了解!」


150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 11:03:22 ID:ner0jZds
ついにやってしまったメタルギアフェレット
しかし、ネタが切れてしまったので一旦切ります。
スレ汚しスマソ。

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 11:06:14 ID:b2cDEI9I
ネイキッド・フェレットとソリッド・フェレットとリキッド・フェレットとソリダス・フェレットの4人も司書長いるわけか・・・

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 11:38:47 ID:HTWKDEhE
>>140
俺の実体験を聞きたいようだな。
1、ダシ入れてない 2、豆腐がボコボコに崩れ、溶け始めている。
3、人参入り 4、大根が硬い 5、毛入り 6、吹き零れて完全蒸発
7、泥が付いたままの大根ですが何か?

>>149
コードネーム『腐女子』との無線交信で、「おいしいの?」「らめぇえええええええ」的な会話が聞きたいです。


153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 11:48:43 ID:xPzu3toY
>>142
クロノと愛妻弁当自慢とかしたら面白そうだな

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 12:01:27 ID:jdOihVCH
エイミィさんって、なんでも無難にこなしそうだよね。
5人娘だと、まぁやっぱり年季が違うからはやてが料理うまいんだろうけど。

155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 12:06:04 ID:an5GodJO
>>153
最初は普通の弁当だったのにエスカレートしていってステーキでできた飛行機が飛んできたり化石の発掘現場みたいな弁当になったりするんだな。

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 12:06:06 ID:ZPtkOw0L
【芸能】田村ゆかり、今週から新ブログで競馬予想を開始。宝塚記念の本命馬は「サクラメガワンダー」
http://music8.2ch.net/test/read.cgi/musicnews/1214701691/

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 12:06:32 ID:RNaZ00ls
ユノーンユノーンユノユノーンッ!
ユノーンユノノンユノノノーンッ!!

……むぅ、ユノユノにラブソングを送ってメロメロにしてやろうかと思ったのに、作曲はともかく、作詞しても「ユノユノ」という
単語ばかりになってしまうとは……。

フッ……これも私のユノユノへの愛が深すぎる故、か……。愛とは罪なモノだな……。

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 12:15:57 ID:NJwlqDf7
そろそろシグシグはプログラムの修正が必要だと思うww

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 12:29:42 ID:b2cDEI9I
新婚ネタ夜編とか書こうと思ってるがさすがにどうしたもんかな
股間のシュベルツクロイツからラグナロクとかでもまずいかね

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 13:01:33 ID:pFcL9TNx
>>159
そーゆー表現を使いまくって、
もう笑うしかないってレベルまでもってけばおkだと思うよ。
エロい雰囲気を出したい場合は事前エンドか事後始まりの方がいいと思う。

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 13:29:18 ID:jdOihVCH
本番は(以下略)とか、何かでごまかすとかそういうのがまぁ必要だわなw

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 13:38:10 ID:e8zkjup1
ユーノにはライトセイバーよりも盾よりもワイヤーよりも……
ファンネルこそ最強の武器として相応しいと空気を読まず言ってみる
理由…検索魔法を見てビット操作に活用すれば無敵じゃねと思って

163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 13:56:46 ID:f4J8fUwc
己が肉体そのものを武器とする四足歩行での戦闘を得意として、時たま月村家の猫や
バニングス家の犬やハラオウン家のアルフや八神家のザフィーラとじゃれてればいいと思うよ

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 13:56:56 ID:b2cDEI9I
>>160-161
レスありがとー
ギャグ書くほどのセンスがないから事前エンド目指してみるぜ
基本的にイチャイチャさせたいだけだしな!

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 14:01:13 ID:BF+Vlr0X
>>162
それは、まだたどり着いていない、今俺が書いてる長編のネタだ!
……ブラスタービットの試作型って位置付けだか……日の目を見るのはいつになるやら……

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 14:15:38 ID:HkXOBaZB
>>162
マルチタスクの数だけ個別に行動出来る一人十傑集モードなファンネルですね。

167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 14:36:00 ID:R72lFBpB
>>162

「僕ユーノ・スクライアが粛清しようというんだよ、クロノ!」
「エゴだよ、それは!」
「無限書庫が持たないときが着ているんだ!」
というやり取りが脳裏に浮かんだ俺は間違いなくガノタ

まあ冗談はここまでにしといてそれの問題は検索魔法の形式になる。
一つの検索魔法で複数の本を同時に調べているのか、それとも一つの検索魔法で超高速で一つずつ調べているのか。
前者の場合、司書長はそれこそ膨大な数のデバイスを同時起動できる問う言うある意味最大級の反則キャラ。
更に自立思考を持つ制御用インテリジェンスデバイスを複数混ぜればもはや問題は司書長の魔力量だけとなる。
後者の場合は結局のところ大した数は機動できず、量より質と言う事になるが司書長がの魔力量はあまり多くは無い。
まあ無限書庫の中にはやば過ぎる禁術のたぐいの情報もあるだろうからそれをデバイスにセットして多重機動とかありえるな。
結局のところ設定上司書長は魔力量の問題さえ解決できればそれこそ教導官や聖王を超える可能性がある。

168 :85:2008/06/29(日) 14:45:54 ID:q+UrXabA
>>142

GJ
会話中、微笑みながら弁当箱を開けたのに、
開けた途端に笑顔で凍り付く司書長が見えましたwww

しかし、改めて自分がやっちまったことを思い出すと俺、酷いなw
先生には悪い事をしたもんだ。

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 14:50:31 ID:MqrwB2xi
魔力量の問題……フォース学ばせて魔力アップさせる。
あるいはノタリコンでも修得させて魔力消費効率を改善させるしかないだろう。
ファンネルを操るユーノにライトセーバーを持たせる……さらにガンダムに近く。

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 14:51:05 ID:jdOihVCH
まぁ、司書長は無敵だよ。敵を作らない意味でな!

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 15:02:52 ID:HTWKDEhE
>>170
肌に触れた全ての力を反射できる能力に目覚めた司書長ですか?
そうすると、フェイト=ビリビリ(御坂)ですね。

……エリオ逃げてぇえええええええ!

172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 15:13:28 ID:yLpY2RBw
崖の上のポヨの予告を見ていたら歌が

ユーノユノユノ イタチの子
緑の山からやってきた

ユーノユノユノ 飛び跳ねた
つぶらなおめめの男の子

という風に脳内変換された。自分は重症だと思った。

173 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 16:11:11 ID:I6nqhFBq
>>162
ファンネルもいいけど、多種多様なデバイスをガンガン持ち変えて戦う司書長とかどうだろう?
そういえばデュランダルは一芸特化でランク以上の魔法が使えるようになるんだっけ?
もしそうなら一芸特化のストレージデバイスを複数使って素早くウェポンチェンジして戦えば多少魔力量をカバーできたりしないかな?

174 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 16:19:57 ID:GvSmfzFX
司書長強化案で巨大化とか魔獣化みたいなのはあまり見ない気がする。
てなわけで、
つ「ダーコーヴァの秘術」

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 16:23:04 ID:BF+Vlr0X
>>173
それ何て「死の恐怖」?

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 16:23:08 ID:JCzq2tBv
>>173
何故か、BJを他の人のに換装する事でその人の能力を使用出来るとか言う電波が来た。
その際デバイスはコピー元の劣化コピーだったり、デザインは同系統なやつだったり。
劣化コピーでシグシグ装備な司書長が思い浮かばない。

177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 16:23:20 ID:HkXOBaZB
>>173
待機形態が指輪なら持ち運びも楽だろうし、各々にカートリッジシステムを積めば魔力量の問題も解消されるしな。
これでデバイスごとにバリアジャケットも変化したりしたら完璧だw

178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 16:24:47 ID:b2cDEI9I
唐突にヤンデレ化したシャマさんが司書長を監禁・拘束するとかいう電波を受信したんだが発信源はここの住人か?
媚薬を口移しで飲ませたりとかまで幻視しちまったじゃないか

179 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 16:26:38 ID:b43G6qbu
でも傍から見ると、に大量の指輪ジャラジャラ着けてる司書長というシュールな光景にw

180 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 16:28:23 ID:W/s5Sh+0
>>156,157
ゆかりんファンタジアならぬユノユノファンタジアとか浮かんだじゃないか!!

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 16:51:29 ID:oAdjDF1t
バリアジャケットがデバイスごとに変化と聞いて、近年の仮面ラ〇ダーを思い出した

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 17:10:54 ID:Z8rYFG4Z
>>176
もちろん真・ソニックフォームな司書長ですね。わかります。

183 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 17:39:49 ID:R72lFBpB
>>173
その場合の問題点、デバイスの切り替えじ隙だらけ、これ執務官や烈火の将相手だと結構致命的。なぜならその瞬間だけは攻撃を停止せねばならず接近されるから。
指輪型の場合、問題は数、本編を見た限りクラールヴィントは指に装着された状態で起動していたのでそれから推測するに装着数は最大十個と見る。
>>167に書いたがファンネルタイプの場合はそれこそ膨大な数を並列起動可能、この差は大きい。
あと魔法展開に必要な魔力は同じため結局のところ魔法構成式を変更して魔力を節約しないと消費魔力の総数は同じ。
用は魔法を連続して使うか、それとも多重展開して同時に使うかの違いなのでしかない
だからまぁ、その十個ガ全てとんでもない破壊力を秘めている禁術、そう例えば重さ一キロのタングステンカーバイト砲弾を秒速一キロで射出するとか。
仮想空間内にて水素を核融合させ、その際に発生する膨大な熱量を相手にぶつけるとか
ようはデバイスにどんな魔法を何にするかによって決まる、これはファンネルタイプもまったく同じ

ファンネルみたいに多重展開して複数の魔法を同時に起動するか、それとも、その場その場で最善の魔法がつかる物に切り替えるか。
こればっかりは好みの問題

184 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 18:00:38 ID:jdOihVCH
各種デバイス使い捨て司書長がレイハさんにガミガミされ。
まで俺の頭で物語が展開した。

使い捨て一発デバイスとか楽しそうだ。ペンシルロケット2000みたいな。

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 18:10:52 ID:zS4zBqN4
>>174
そこで身長50メートル 体重2万トンの巨大フェレットになって
ミッドを襲う次元怪獣(何だよそれ)と戦って行く展開ですよ。

186 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 18:28:50 ID:uE4r//bW
>>184
それ以前に酢飯やらマリーさんにボロクソ言われると思いますよ。使い捨てのカートリッジは兎も角、デバイスは愛着を持つものとか言われてさ
挙句に例の暴言を言い放って余計にけんかになってなかなおりしてしっぽりは…無理かな。

……さあ、否定したんですから頭に突きつけてガシャンガシャン言ってる物騒なものをしまってください、なの…

187 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 18:31:33 ID:jdOihVCH
次元怪獣・・・ヒドゥンという名前がピッタリかt(ry
>>186
別にインテリとかじゃないなら使い捨てデバイスとかあってもよさそうなんだけどなー。
まぁ、リリカルなのは自体がデバイスが重要というかそーいう存在だからなー。

188 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 18:56:04 ID:oHDZhWk3
デバイスなんて長い事使うって言っても所詮使い捨てする道具に過ぎないと思うんだけどね
そこまで思い入れする気が分からん。人間の姿してるなら分からんでも無いけど

189 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 19:03:56 ID:6poBxfHO
ならいっそ使用者と不可分にしてみるというのは?
義手とかの身体的欠損を補うタイプのものだったり、
ナノマシンで構成されてるとかで使用者と物理的に同化してしまうタイプのものとか。

190 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 19:07:09 ID:uE4r//bW
>>189
なんかMGS4みたいな感じですね…ID銃とかSOFシステムとかみたいな


191 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 19:07:15 ID:xPzu3toY
>>184
二期に猫勇者王が使ってたカードは似た感じじゃない?
なのはからSLB、フェイトからフォトンランサー各種、はやてからデアボリックエミッション、ティアナから幻術をストックしてもらえばなかなか強いかも

192 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 19:09:50 ID:7E6xBrIg
>>173
マルチタスクを駆使して複数のデバイスを同時に扱うのか
それとも剣や銃やバンカーの機能が合わさった大道芸ウエポンを使うのか

193 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 19:29:40 ID:hX9Ybg+a
>>188
持ち主に答えてしっかり働くデバイスなら思い入れぐらいできるだろ
どこぞやのみたいなのはべつとして

194 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 19:31:29 ID:I6nqhFBq
最初のイメージはセットアップで全てのデバイスが本みたいに周囲にプカプカ浮いて、
使おうとしているデバイスが一瞬で手元に飛んできてそれまで使っていたデバイスは手を離せばまたプカプカ……みたいなのをイメージした。

195 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 19:33:02 ID:7E6xBrIg
ナムコクロスカプコンの主人公みたいな感じはどうだろな?
ストックに何個もデバイスを持って敵に合わせて使い分ける

196 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 19:54:54 ID:D/OqSgKO
>>192
ほう、俺に弟子入りとはなかなか見所のあるインモラルフェレットじゃないか。
よし、責任持ってエンドレスフロンティアナンバーワンのバウンティーハンターにしてやろう!



こうですかわかりません

197 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 20:03:55 ID:jdOihVCH
よー考えたら十個持ってても、全部に愛着持てばいいんだ!
しかし、十個インテリ持ってたらいろいろとうるさそうだなw

198 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 20:05:09 ID:D/OqSgKO
>>197
( 'A`)< 十個全部に嫁の名前が付いてます

199 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 20:11:59 ID:fh/XQ+tQ
>>198
つまり、デバイスの名前は1・2・3・5・6・7・8・9・10・11と言うことか!

200 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 20:26:14 ID:paGlipLU
>>199
1番はスカの嫁だから12にしてあげて。



ナンバー4は周りにあっちゃいけない数だから入れてないんですよねw

201 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 20:31:21 ID:2Gkt1Xnn
>>200
セックスピストルズ的意味で4がないんじゃないの?

202 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 20:38:17 ID:dXHfg2a7
突如流れを切って申し訳ありませんが、45分頃に投下させていただきます。
あるゲームのあるイベントを模倣。
大分こじ付け設定のため、言葉使いや飛ばない人が飛んでたりしますが、
まぁ見苦しいとこはご勘弁ください・・・
なのはの事故から15年、機動六課解散から7年後がメインです。

203 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 20:47:20 ID:dXHfg2a7
では、投下します

「なのは!!」

なのはは全身を襲った違和感に気を取られた。そして、一瞬の油断。
ヴィータの声に反射的に振り向いた時には、すでに振り下ろされる死神の刃があった。

世界が――――闇に閉ざされた。

雪に包まれる遺跡の中、紅い華を咲かせるように、なのはは地に堕ちた。
「なのは!なのはぁーーー!!」
音もなく雪を積もらせる暗雲はどこまでも、いつまでも続いた。まるで夜明けなどないかのように―――


〜〜〜新暦82年4月28日〜〜〜
ミッドチルダ繁華街のとあるバー。今日、そのバーはある事情により貸切の札がかけられていた。
「いらっしゃいませ」
店のオーナーであるシャリオ・フィニーノが、店に入ってきた客をカウンターへともてなす。
「お、クロノ中将だ〜」
「久しぶりだな」
「失礼ですよ、ヴァイスさん。すみません、この人かれこれ3時間前から飲みっぱなしなんです」
カウンターに座っていたエリオ・モンディアルは、隣でグラスを煽るヴァイス・グランセニックを嗜めた。
「機動六課の栄光に乾杯。昔の友人に。俺達の友人に。
 ティアナやスバル、キャロに。八神隊長や、シグナム姐さん達、グリフィス、ロングアーチの皆に。
 それに、ヴィヴィオの嬢ちゃんに。乾杯」
「ヴァイスさん!」
エリオが声を張り上げる。
「すまん、クロノさん、俺は酔ってるようだ」
「申し訳ありません、クロノさん」
そんな二人の言葉に、クロノもシャリオも辛い顔をして目を逸らした。

この日は7年前に解散した機動六課と、その知人達の同窓会である。しかし、そこに全員が集まることはない。
なのはの死後から8年、はやて達はこれ以上の悲しみを生み出さないため、そして騎士カリムの予言への対策として、機動六課を設立した。
――だが、悲しみの連鎖が止まることはなかった。
J・S事件において、結果的にスカリエッティの野望を阻止することはできたた。しかし、その代償も大きかった。
ティアナ、スバル、キャロは戦いの中で散り、ロングアーチの多くも機動六課襲撃の際に、命を落とした。
はやてやヴォルケンリッターはその命を捧げて、地上を守り切った。
そしてヴィヴィオは、最終手段として行使された次元航行部隊によるアルカンシェル一斉射撃により、聖王のゆりかごと共に消滅した。

しばらくして、腰まで届く金髪の女性が店に入ってきた。
「来たか、フェイト」
「お久しぶりです、フェイトさん」
「久しぶり、兄さん、エリオ。ヴァイスとシャリオも」
フェイト・T・ハラオウンは弱々しい微笑で4人に挨拶をした。
その表情には数年ぶりに顔を合わせた懐かしさと、同時にここにいない皆への思いが混在していた。
カウンター席に着くと、ヴェイスの前に並べられた空のボトルやグラスの数に、フェイトは目を細めた。
「ヴァイス、お酒の飲みすぎよ」
「その言い方、ティアナみたいだな。・・・馬鹿な奴だ。今頃生きていれば、いい女になってたろうに」
「誰かが死んで悲しいのは、あなただけじゃないわ。悲劇ぶらないで」
フェイトは瞳に悲しみを宿らせながら、ヴァイスを睨み付けた。
「あいにく、あんたや、あの人のように俺は強くないんだ。
 でもな、いいだろう。今日くらい。みんなを思い出して悲しい気分になったって。そう思わないか。」
ヴァイスの言葉に4人は言葉を失う。平和になったこの時代に安らぎと同時に、どこかに感じる虚無感。
大切な者達を失った悲しみは、どれだけ胸の奥底に隠し続けようと、消えることはなかった。

204 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 20:48:14 ID:dXHfg2a7
「そういえばフェイト、あいつはどうした?」
自分の心を偽るため、クロノはここに来るはずの最後の一人を尋ねた。
「もう少ししたら、来ると思う」
その答えは、なにか認めたくないものがあるような言い方だった。
フェイトはJ・S事件後、戦いから身を引いた。彼女はもう飛ぶことはできなかった。
なのは、はやて、ヴィヴィオそして六課の皆の死が、彼女の心を鎖となって縛り付けているのだ。
そして、今はある人物の秘書を務めている。

「エリオ君、どうしたの?」
何かを考え込んでいるエリオに、シャリオが声を掛けた。
「いえ、今でも思うんです。あの人は死にたがってるんじゃないか、って」
それは推測ではなく、確信だった。エリオとヴァイスは六課解散後、フェイトが秘書を務める人物の直属となり、その人の剣として戦った。
その人は、常に前線で指揮を執り、管理局を取り纏めた。
その結果、今こうして平和な時代を迎えることができた。
「でも、彼は死なないわ。なのはとの約束があるから」
死ぬことを願いながらも、今は亡きなのはとの約束を守り続ける彼を思い、フェイトの心は軋んだ。

30分程経ったとき、その人物・ユーノ・スクライアが店の扉を開けた。
ユーノ=スクライア時空管理局総司令官。
なのはの死後、彼は変わった。
真面目で誠実、そして優しかった彼は消え、誰よりも強く、そして上へと上がっていった。
犯罪と戦う翠の眼の指導者、全次元世界の希望、容赦なき公平なる男。
涙を持たぬ者。誰のものにもならぬ者。笑顔を忘れた者。

「ユーノ」
「久しぶりだな、みんな」
返事を返すユーノに表情はなかった。何の感情も、感傷もない、事実を述べただけの言葉。
「なのはのところへ、行っていたのか?」
「・・・ああ」
クロノの隣に座ったユーノは、その言葉だけには僅かながら感情を表した。

ユーノが時空管理局の総司令官となった時、高町なのはと式を挙げた。
それは死者との結婚式。誰も着ることのないウェディングドレスを、ユーノは嬉しそうに抱きしめていた。
それからというもの、僅かでも時間があれば、なのはとの思い出がある場所へ行き、時が来るまでただ立ち尽くしている。

「お互い変わったな。お前は気が弱くて、やさしかった」
「気が弱いことを免罪符に出来るほど、人と時代に余裕がなかった。やさしいだけでは、大切な人は守れない」
淡々とユーノが語るのを、クロノはかなしげに聞いた。
鋭利な刃物を思わせる感覚。しかし、その向かう先は語るユーノ自身であった。

205 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 20:48:41 ID:dXHfg2a7
「んん、ここは?」
意識を取り戻したフェイトは辺りを見回した。そこは何もない殺風景な部屋。
あるのは机と、今自分が寝ていたベッドだけ。窓から差し込む月の光が、その虚しさを強調している。
「起きたか」
窓際にもたれかかり、外を見つめていたユーノが声をかける。
同窓会は皆なにかを忘れるようにアルコールを摂り、すぐに潰れてお開きとなった。
眠ってしまったフェイトを、ユーノは自分の部屋で寝かせていた。
「ありがとう。・・・それから、えーとやっぱり、その」
意識がない間に、部屋に連れ込まれているというのは、やはり不安になるものだが、
フェイトはどこか期待感を持っている自分に気が付いた。
「俺にはそういう趣味はない」
「・・・」
「それだけか」
ユーノはもう話すことはないとばかりに、再び窓の外に目をやった。
そんな彼の態度が、そして15年経って今なお彼を縛るなのはが恨めしくなり、フェイトは荒げる。

「もう自分を絶対に抱きしめない人のことが、そんなに好き?」
「腕を一本づつねじ切るぞ。殺されたくなければ、5秒以内に出て行け」
「好きなのね。可哀相に」
「俺を怒らせるな」
「痛い!」
ユーノは一瞬でフェイトの腕を掴むと、背中に回して捻りあげた。
首を捻って睨み返すフェイトに、ユーノは手を離して彼女を開放した。
「すまない。もう、出ていってくれ。ここは君がいるところじゃない」
「嫌だと言ったら」
「・・・何を望むんだ」
「え?」
「これ以上、俺に何を望むんだ。俺は世界を平和にした。なのはとの約束通りに。
 なんだってしてやるさ、なのはが望むなら!
 でももう、約束は果たしたんだ。俺には、もう、何もないじゃないか。
 ・・・なのはと、もう一度会うこと以外には」
涙が、落ちた。
「なのはと、会わせてくれ。
 それともまだ俺は、何かをしなくてはいけないのか。
 お前達のために他人を傷付けなければいけないのか?
 それならそれでもいい。・・・なのはと、会わせてくれるなら」
ユーノは、下をむいたまま手で顔を隠した。
「なのはに、会いたい」
今目の前にいる青年は、非情な総司令官でも、戦場を駆ける死神でもなく、ただ一人泣く幼い少年だった。
フェイトはユーノを抱きしめた。腕に力を込める。
――そして、決意した。

206 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 20:50:40 ID:dXHfg2a7
二つの月が重なり、辺りを闇へと染めていく中、ゆっくりと風が吹き始める。
木々が揺れ、木の葉が舞う。
そこは朽ち果てた遺跡の一角。かつてなのはが命を散らしたあの場所。
今そこに真円で描かれた巨大な魔方陣が、優しく輝く微少な電糸をあげる。

あの日から突如、フェイトはユーノの前から姿を消した。
だが、ユーノは特に何の感情を抱くこともなく、仕事を続けた。
そして、一ヶ月経ったこの日、突如フェイトの呼び出しにより、ユーノはこの場所を訪れた。
そこに着いたときには、あの日のメンバーが集まっていた。
「ようやく来たか。ユーノ、お前に翼をくれてやる」
今、彼らがやろうとしていることは、時間跳躍そして歴史改変。
21個全てのジュエルシードを発動させ、その次元干渉エネルギーを持って、時間軸に介入する。
それは万に一つ、億に1つの賭けだった。
「P・T事件で失ったはずの9個までがなぜ」
「1つでも大規模次元震を起こす危険性ゆえに、管理局は密かに探索を続けていたようです。
 その結果全てのジュエルシードを回収することができたものの、決して表沙汰にはしなかった。
 特にあなただけには絶対に知らせなかった、こうなることを恐れて」 
端末を開いて現状を確認するシャリオが応える。
「フェイトさんはそれを知った。そして、ジュエルシードをここに集めるために、もう一度バルディッシュを手に取ったんです」
その言葉を聴き、ユーノは離れた場所で俯いているフェイトを見つめた。

ヴァイスは隣に立つ、共に戦ったこの7年で自分と並ぶほどに成長したエリオを見た。
「お前は、信じているのか。こんなことが本当に成功するわけないだろう。
 エリオッ!いい加減に目を覚ませ、歴史が変わることも、死者が蘇ることもない!」
「その通り」
虚空を見ていたエリオは、一度目を閉じると顔をヴァイスへと向けた。
その瞳に迷いはなく、真っ直ぐにヴァイスを見つめた。
「だが、僕は、あの翠の瞳を信じている。それだけです。
 それが忠誠でしょう。
 僕はあの人の剣。折れてもなお主が使うのなら、主と共に戦うのが我の誉れ。
 ・・・あなたもそうだったはずだ、ヴァイスさん」
「エリオ」
「僕は生きている。あなたも生きている。
 だが、それでいいのですか。それは本当に、正解ですか。
 ティアナさんも、キャロも居ないこの世界のこの地位は、賭けるのを恐れて守らなければならない程、大切なのですか。
 違うはずだ。ヴァイスさん。
 生きるだけなら、僕達にはもっと別の生き方もあった。違うはずだ。
 だから僕達は、あの人の剣となったはずだ。
 ――ヴァイス。
 ―ヴァイス!
 ヴァイス・グランセニック!!
 目を覚ませ。今は、助けることが出来なかったあの時とは違う。人は、成長する。
 それともまた繰り返すのか。こんなはずじゃないと、自分に言い訳をして!」


アラーム音と共に端末が警告を告げ、離れた地点に多数の魔力反応が現れたことを知らせる。
「来たか、管理局」
それがわかっていたかのように、クロノは顔を上げる。
今自分達が行おうとしていることは、次元犯罪などではない。歴史の改変、それはつまり“今の世界”の消滅を意味する。
例え相手が総司令官だろうと、それを管理局が許すはずはない。

207 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 20:51:50 ID:dXHfg2a7
「僕が時間が稼ぎましょう」
エリオは手にしているストラーダを握り締める。
かつては不釣合いなまでに大きかったその槍をもつその姿は、今では神話の神々のような威圧を放っている。
「ユーノさん、どうかキャロを守ってやってください。
 僕のことはどうでもいいから」
「二人とも、助けよう」
ユーノの応えに笑みを浮かべ、エリオを空へと上がっていった。

「あそこまで言われて、黙って見ているなんてことは、できないよな」
ヴァイスは自らの相棒、ストームレイダーに手をかけた。
デバイスを起動させライフルを肩に担ぐと、ユーノに向かって声を張り上げた。
「ユーノさん、最後に聞かせてくれ。なのはさんの、何が気にいった?」
「忘れたよ。全部だ」
ヴァイスは笑ってサインを送った。
「行け、ユーノ・スクライア!
 俺の過去を!現在を!未来を!全てをあんたに託そう」
そう言い残すと、ヴァイスもまた空へ飛び立った。

遅れて空に上がったヴァイスは、エリオの横に並ぶ。目の前には、雲霞の如く押し寄せる時空管理局の武装隊。
「俺はたった一度、このたった一度だけ運命に反逆する」
「誰にもあの人の邪魔はさせない」
今の二人に一切の恐怖はない。この戦いで、忠誠を誓った人を、失ってしまった愛する人を、護ることができるのだから。
「「参る!!」」

エリオとヴァイスが飛び立つのを見届けたあと、シャリオはユーノへと近づいた。
「あなたが行った後、もし歴史が変わったら、たぶん、こんなことはないから。
 だから、今のうちに言っておきます」
「・・・なんだ」
「さようなら、そしてまたね、ユーノさん。
 それから、私の代わりに、グリフィス君をひっぱたいてください。
 押しが足りないって」
「わかった」

「ユーノ、そろそろ時間だ」
クロノの声にユーノはもう一度皆を見た後、歩き出した。フェイトが、待っている。

「・・・」
「・・・」
「世界と世界を抜けて過去に戻っても、歴史を変えることができるかわからないわ。」
「・・・」
「それに、世界と時間の壁を抜けた後で、どんなパラドックスが発生するか。誰も知らないのよ。」
「もう、終わった人生だ。いつどうなっても、悪くない。
 可能性があるなら上出来だ。それに賭けたい」
「ここに居るという選択肢もあるわ。平和な世界で。」
フェイトは必死に何かに耐えるように、懇願するように言った。
「だけど、ここには、なのはがいない。これから先、どんな未来にも」
「子供ね。本当に駄目な人」
本当はわかっていた。彼が、なんて応えるかなんて。
「僕は取り戻す。そこは僕が、僕たちが居るべき、たった一つの場所」
フェイトは眼を伏せる。溜まった涙が出ないかと、そう思いながら。
「・・・合格よ」
「・・・」
「合格。あなたは世界との最後の賭けに勝ったのよ。
 ・・・手を、出して」

208 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 20:52:31 ID:dXHfg2a7
フェイトからユーノに手渡されたもの、それは――
「これは、なのはの・・・リボン」
「あなたが戦いの中で失くしたものよ。きっとあなたをなのはの元へ導いてくれるわ」
フェイトは悲しい笑顔を浮かべた。涙だけは流さないように。
「残念だな。もう・・・別のことを言っていたら、もっと別の道もあったのに」
「すまない」
「生意気言わないでよ。大人のキスもちゃんと出来ないくせに」
ユーノはもう一度だけフェイトの瞳を見ると、背を向けて魔法陣へと進んでいった。

「ギリギリだが、間に合ったな。エリオ、ヴァイス、感謝する」
クロノは腕を伸ばし、シャリオにサインを送った。
シャリオが端末を弾くと、地面に描かれた魔法陣に配置されたジュエルシードが輝き始める。
その光が魔方陣を巡り、暗い闇を照らし出す。
ユーノは立ち止まると、光り輝く魔方陣を背に、クロノに問いかけた。
「僕はなのはを取り戻す。君達は、何を得するんだ」
クロノは悲しそうに微笑むと、真顔になって言った。
「いいか、覚えておけ。世界は損や得が全てじゃないぞ」
ユーノは一度だけ、眼を伏せた。
「了解した。許せ。僕は君達の友情を、疑った」
「今は違うのだろう。行け、時は来た」
「わかった」
ユーノは、フェイトを瞬間だけ見ると、顔を上げた。
微少の電糸が走る中を、ユーノは一歩、また一歩魔方陣の中心へと進んでいく。
それを優しく受け入れると、魔方陣から光が溢れた。
烈風が吹いた。


時間の壁を越えていく気流が、嵐を呼んだ。広がる闇の絶望的な深さが、なぜだか夜明け前を思わせる。
昔から知っている、懐かしい声がいくつも聞こえる。がんばれ、がんばれ、がんばれ、がんばれ、と。
ユーノは、なのはのリボンを握り締める。闇の中から、光が生まれユーノを包み込んだ。


「なのは!!」

なのはは全身を襲った違和感に気を取られた。そして、一瞬の油断。
ヴィータの声に反射的に振り向いた時には、すでに振り下ろされる死神の刃があった。

世界が――――

「そこまでだ」
烈風が吹いた。巻き上がる雪煙の中で翠の光が煌いた。
自分を抱きしめるように護る人影を、なのははゆっくり見上げた。

「返してもらい来た」
それはは暖かく、優しさに満ち、そして決して迷いのない声。
彼は、全ての思いと皆の願いを込めて、声高らかに宣言した。

「ハッピーエンドを返してもらい来た」

209 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 20:52:56 ID:dXHfg2a7
以上です。
前スレ最後にちょっとあったGPMで思いついたんだけど。
青の厚志=ユーノ、舞=なのは、善行=クロノ、森=フェイト、原=シャリオ、遠坂=エリオ、瀬戸口=ヴァイスてな具合です。
微妙な空気を生んだ気がするけど、ごめんなさいorz


210 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 20:55:19 ID:QNoURjq4
>>209
うんこれはGJそれにしてもGPMの没シナリオで来るとは思わなかったよ

211 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 20:59:13 ID:D/OqSgKO
>>209
GJ
うん、これはいい夢散・少女・英雄幻想
久しぶりにCD引っ張り出したくなった

ぽややんと無限書庫で平和に過ごす司書長、それは結構貴重な世界なんだな

212 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 21:01:44 ID:sVcw9PPe
>>209
GJっすよ
GPM買いそびれたんだよな… どっかにねぇかな

213 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 21:02:00 ID:eoplzL+K
>>209
フェイトさん健気。クロノいいヤツ。
元を知ってるのに今回もいいなーと思ってしまった。

214 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 21:11:07 ID:1JT+x8kS
>>209
乙。元ネタはわからんが、こういうのもいいな。

>>194
だいぶタイミング逃してるが、ユーノのデバイスネタを見るたびに思うのは、FFヴェルサス13の
PVの主人公アレだな。
周囲に武器を複数展開して、それを取り替えながら戦っていく。

215 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 21:15:07 ID:7vNPaXNB
>>209
GJ。これはこれでいいものだw

>>214
FF7ACの合体剣みたいなのも良さげな気がする

216 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 21:23:28 ID:sVcw9PPe
>>195
アルフ「アルフウェーブ!」
司書長「木は火を生み!(レヴァ剣)
     火は土を生み!(クラールヴィント… wikiで土は育みとか書いてた)
     土は金を生む!(アイゼン)
アルフ「そして金は水を生む!」(デュランダル)
司書長「森羅…万象!!」

こうですか?わかりません!
瞬華終冬はプレシアママンが似合いそうだ

217 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 21:35:21 ID:MnIPc0/O
「攻撃を始めちゃったり――言えるかこんな台詞!///」
バシン!!(台本と緑のかつらを叩きつけつつ
「私は出来ますよ?シグナム。はぁ〜い、ユーノ君ごしめ〜い!」
「うむ、指名するのは私だけの特権だ」
「待て」

218 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 21:58:42 ID:jdOihVCH
>>209
GJです。とはいっても元ネタわからないから、純粋に面白いと思ってしまったw

219 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 22:11:15 ID:fh/XQ+tQ
>>216
それを見て、むしろ魔人達を思い出したのは俺だけだろうか?
スバル「西に小陰・白虎!」
エリオ「南に老陽・朱雀!」
キャロ「東に小陽・青龍!」
ティアナ「北に老陰・玄武!」
4人「陰陽五行の印以て! 相応の地の理を示さん!」

え? 司書長がいない?
きまってるじゃない、ユーノはわた……執務官と黄泉迷符陣をキメるんだよ!

220 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 22:22:19 ID:7E6xBrIg
いつからだろうか?この世界が組み上げられ始めたのは
数千、数万年まえからと言う者もいる。始めからそうだったと言う者もいる。だが真実を知る者もひとりもいない
確かなことはひとつだけ。極めて近く限りなく遠い世界どうしがクロスゲート…あらゆるものが交差する、異界への扉でつながっているということだけだ
異世界の住人たちの邂逅は大きな混乱を招き、やがては争いを生んだ。その戦いもいつしか終わり世界は危うくも絶妙な均衡を保ちつつ平穏な時を刻んでいた
しかし19年前。どこからともなく落下してきた、”ゆりかご”の名を冠する一隻の戦艦が世界を揺るがすことになる。未知なる開拓地の歴史を
いつからだろうか?この世界がそう呼ばれ始めたのは
さまざまな世界が
あらゆる人が
そして刻さえも混ざり合う。
ここが……無敵のフロンティア


「OK!レディスアンドジェントルマン!始めようか!僕はユーノ・スクライア、世界を渡り歩く賞金稼ぎ兼トレジャーハンターみたいなものさ」

翡翠の光を纏い、剣銃ロングトゥーム・スペシャルと万能武装ナイトファウルで悪を討つクールな賞金稼ぎ

「ラストショウダウン!これで決着だ!」

「ギンガ・ナカジマです!コードナンバー・タイプゼロファースト。このナンバーが何を意味するのかはわかりませんが…大好きな先生のために頑張っちゃいます!」

「私はアリサ・バニングス!炎を操り悪魔を討つ剣よ!相手が誰だろうと、灼式・斬炎刀で切り開くんだから!そりゃあお嬢様だし?世辞には疎いけど…その辺はアンタがフォローしなさいよね!」

「私の名前は月村錫華、一応夜鬼一族のお姫様です。ファリンは戦術割烹からくりですけれど…私の大切な家族なんです。アリサちゃんはそそっかしいから…私がしっかりしないと」

「クロノ・ハラオウン。特務機関時空管理局のエージェントだ。まさかまた新世界に来ることになるとはね。それは重畳、最後まで付き合うさ」

「私はエイミィ、クロノ君と同じ管理局のエージェントだよん♪え?いやだなぁ、女の子に年齢なんか聞いちゃだめだよん」

「私は…ジェイルインダストリー製、対ガジェット戦用人型掃討兵器ノエル・エーアリヒカイト、ヴァージョンゼロセカンドです。システム、オールグリーン。お嬢様…必ず、あなたの元へ帰ります」


リリカルなのはのDNAを受け継ぎ最強のスタッフが集結!新たなるRPGが誕生する

敵か味方か?!謎の魔導師三人の正体とは?!

異世界エンドレス・フロンティアを舞台に、未知の冒険が繰り広げられる


無限のスクライア 魔法少女リリカルなのはOGサーガ 20008年5月28日発売予定



こんなん出来ました。ちなみにオルケストルはヴォルケン、カルディアはノーヴェ、テロスはイレイン、サヤはリーゼのどっちか辺りになります



221 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 22:24:46 ID:xRZ7Zmw2
>>220
リーゼは琥魔だろ、JK…

222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 22:28:44 ID:D/OqSgKO
>>220

ああ、あと18000年後か、楽しみに待とうw
琥魔の役は誰なのか気になります。リーゼ姉妹でサヤじゃないほうか。
戦闘カットインで「白い悪魔」「冥王」、「黒い幽霊」「死神」、「夜天王」「不憫長」とか呼ばれるサポートキャラが用意に想像できるw

223 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 22:39:40 ID:fbqbi007
>>220
その場合、シオン=忍、アレン=恭也?
というかすずかお嬢様がそこにいませんか?

224 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 22:43:31 ID:zS4zBqN4
空気を読まずにヤンデレ司書長ってアリ?

225 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 22:45:02 ID:R72lFBpB
>>220
それ関係で思い出すなぁ

「僕はユーノ……ユーノ・スクライア。過去に犯した罪により、並行する世界をさまよう宿命を背負った男だ」
歳がばれるな。

226 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 22:45:07 ID:jTtF4H32
男は度胸なんでも試してみるものさ

227 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 23:03:08 ID:I6nqhFBq
>>220
まったくどうでもいいことだが18000年後なら本当にDNAを受け継いだスタッフだな。

228 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 23:11:37 ID:WIF9OEg+
司書長の背中はなのはさんに食われかけた後が残ってるんだろうか

229 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 23:19:02 ID:xPzu3toY
>>228
貴様月が三つあるところで猫に会ってきたな!?

230 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 23:19:40 ID:7E6xBrIg
>>221
いえ、クロノと親父も込みで因縁もちなのがリーゼ姉妹しかいなくて…まぁどっちかを琥魔にするとかもありですが
>>222
ちなみに内訳は
アーベント=なのはさん(白くて砲撃)
ファントム=フェイトさん(黒くてあの剣の見た目)
ナハト=はやてさん(ほら、夜関係だし、色も同じようなもんだし)
>>223
その辺はいろいろ悩んだんですが背後関係とかでやむ終えず、一応アシェンと錫華姫はシャオムゥとコスモスが使えない場合に備え同じようなキャラ付けがなされたってことなので
…とここまで考えて、モモってファリンなんじゃねえの?って思いついてorz
>>225
あ、そのネタでこのスレにだいぶ前電波だか小ネタだかを投下した記憶あり、多分wikiにあるかと


231 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 23:27:54 ID:0/sC2LW7
>>228
人の姿のときに歯形のスケールが一緒に大きくなってたら怖いなw
一体どんな化け物に噛まれたんだってはなs(ry


232 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 23:43:41 ID:zS4zBqN4
7月からスレイヤーズ新シリーズ始まるけど、それに絡めたネタが出そうな予感

233 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 23:45:38 ID:bo5P4yG0
>>219
司書長、黄龍かよ!w
じゃあ……菩薩眼はなのはさん?(ジハードの火力的な意味で)

234 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 23:46:23 ID:b43G6qbu
>>224
当然アリでしょう。



ねえ、フェイト。昨日の夕方、食堂に行く為に本局のロビーを通ったんだけどさ。
……………………あの男、誰?
楽しそうにお話してたよね? なのはやヴィヴィオと居る時みたいに凄く楽しそうだった。僕と居る時はあんな笑顔、一度も見せたことないけど。
え? ただの顔見知りの局員?
またまたそんなぁ。無理して嘘吐かなくても良いんだよ?
ちらっと見ただけだけど、格好良かったもんねぇ、彼。顔は何処の王子様かってくらいに整ってるし、君と同じで綺麗な金髪だし背は高いし。
ちょっと調べてみたんだけど、凄いエリートなんだよ彼。
士官学校を主席で卒業。卒業時点で魔力はAAAランク。鳴り物入りで次元航行部隊に入って、執務官試験を十三歳で一発合格。末は艦長か提督か……ってね。
女の子にも凄い人気があるみたいでね。知ってる? 管理局の中で密かに出回ってるアンケートがあるんだけど、ほら彼、そのアンケートで「彼氏にしたい局員」堂々の一位だよ。
それにねフェイト。君も負けてないんだよ? 見なよ、「彼女にしたい局員」ナンバーワン、フェイト・T・ハラオウンだって。
ふふっ、人気者同士、お似合いかもしれないね。
でもねフェイト、僕は彼にも誰にも負けないくらいに君を愛してるよ?
君が必要とするならどんな情報だって探し出してみせるし、君が危ない目にあったのならすぐに駆けつけて、君の盾にだってなる。
君が寂しい時はぎゅって抱きしめてあげるし、君が悲しい時はその悲しみを全部肩代わりしてあげる。

―――だからね、フェイト。僕を捨てないでね…………!

235 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 23:47:29 ID:fh/XQ+tQ
>>233
うんにゃ、アン子(中の人的に)
だから司書長との方陣技はな……アレ? 空が桃色に輝いて

236 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 23:51:18 ID:uE4r//bW
>>220
長いな〜コスモスポジは難しいとは思いますよ……ふと、そのラインナップから受信した電波。勿論、ラストのあれの改変




「あのさ、ユーノは、これからどうするわけなの?」
「ん? そうだね……とりあえずはこの新しくなった世界を……回ってみることにするよ。
 退屈はせずに済みそうだしね……アリサはどうするのかな?
 よかったら、その……一緒に来ないかい?」
「………ごめん。一旦家に戻るわ。世界はこんな風になってしまいまっちゃったし……バニングス城も大変なことになってる」
「そうか。……そうだね。今度は命を賭けずに、使命をまっとうしてほしい。
     何かあるたびに、飛び出していってさらうわけにはいかないからな」
「なっ…あ、あれはアンタが夜這いしてきたのかと思ったわよ!
 と、とにかく必要な時は連絡するから!あんな「さらいに来ました」……なんて決められたら……」
「あっ……うん、わかったよ。何か困った事があったら遠慮なくコールして…って、どうしたの顔あかいよ」
「う、うるさい! じゃあ改めて……もう一度言うわね。……楽しかったわよ。本当ね」
「OK、僕もさ、エンジョイプリンセス。今回は、別れの言葉はいらないからね?」
「はい…! また、いつか必ず……一緒の道を行きましょう!」
「ああ、その日を楽しみにしてるぜ、カグヤ」
「はい……!」

二人の間に流れる微妙な空気……時計の音が場を支配していく
互いにどう言葉をかけあえばいいのか…否、この先をどうすればいいかなんて二人そろって分かりきっている…口火を切ったのは

「………そ、そうだ…ユーノ……」
「なにかな……?」
「……そういえば、まだ最初にいった御褒美を上げなかったわね……こ、光栄に思いなさいよ」
「えっ…ええっと…保釈金のことならもういいよ。鮫島さんからもう…」
「そうじゃない!ああもう……あ、明かりを…落としてもらえないかな…そのあんたとなら私はどうなってもいいし…むしろ…うっ…」
(念話)<ごめんね、こういう事に気がまわらなくて…本当にアリサに大恥をかかせるところだったよ、それじゃあ…>

もはや言葉なんていらない。互いに唇を重ねあい抱き合ったままベッドにもつれ込んだ二人の結末なんて……たった一つなんだから



237 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 23:54:48 ID:9aixiUOd
>>234
完全に病んでらっしゃるwww
フェイトさんはどうやってそこまで司書長の心をゲットしたんだろう。

238 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 23:58:21 ID:zZObndlr
最近このスレでのクロスの電波の割合が大きくなっているのでネタについていけない俺はシチュエーション電波
をしっかり受信していかないと!!


地球を思い出す大きな砂浜に打ち寄せる海。
照りつける日差しは強い。
「ユーノくーん」
「どうしたんだい、なのは」
「サンオイル塗ってほしいの、じっくり、べったり塗ってほしいの」
言いながらなのはは答えも聞かずうつぶせになって水着の紐を外した。
「ぶっ、ななななのは」
柔らかそうな胸が押しつぶされて…
(まずい、これはまずいけどなのは日焼けしちゃうし…)
少し迷ってユーノは左手に持ったオイルを右手に垂らそうとした。

じーっ

何やら視線を感じて振り向くとそこには同じようにうつぶせでスタンバイOKなフェイトとはやてが…



ラブ米お約束のシチュかな…

239 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 00:04:59 ID:ifCdtUKX
>>238
勿論背中に塗り終わったら仰向けになるんだろ?

240 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 00:05:07 ID:+3j/p+56
邪魔にならないように髪をアップにしてうなじが覗く、うつ伏せになったユーノきゅんに
サンオイルを背中に塗ってくれなんて頼まれたら股間からサンオイル出しますよ、僕は

241 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 00:11:31 ID:LJPNEBQ8
( 'A`)< 面倒なので紫外線カットできる結界張っておきました。

242 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 00:13:41 ID:zO6aIjNp
ちょっとサンオイル買ってくる!

243 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 00:16:51 ID:/GqSXSYc
フェレット形態のユーノ君のフサフサの毛並みを
スポンジ代わりにして、石鹸とか付けて身体を洗うなのはさんですね?
分かります

244 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 00:23:46 ID:vKn0YpFr
( 'A`)< デバイスのOS? もちろんBIOSから組むでしょ?

245 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 00:33:23 ID:12y3pNAY
とある動画を見ていたらこんなネタが…w
(ネタなのかどうかもわからんが)

ユ「起きな」
な「するの」
ヴィ「昨日もしたで」

246 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 00:43:14 ID:GuN8CBOI
>>238
司書長がさらなる視線を感じて反対側を向くと
同じようにスタンバイ状態のナカジマ姉妹やティアナさんがいるわけですねわかります


247 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 00:51:53 ID:KVhH7Ju0
wikiを見たらゲーム制作関係で盛り上がってた頃の画像とかがUPされてた
ツクールも持ってなくてパソコン初心者な俺でもゲーム作れるソフトやツールは無いもんか・・・

以前出てたRPGの制作どうなったんだろうか

248 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 00:52:21 ID:0Tw08lLC
>>238

更に背中に視線を感じて司書長が振り向いてみたら、
仰向けでバッチ来いなぼ……クロノ提督がいるわk(ニョローン

249 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 00:52:35 ID:/3+rh8w5
遅レスにすぎるが、司書長のイメージソングは
奥華子の『そんな風にしかいえないけど』だな。

誰かと付き合ってる前提だが

250 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 00:56:15 ID:IEOFY7Gt
フェイト「ねぇユーノ、ハダカで泳ぐと気持ちいいんだよ」
ユーノ「気持ちいいだろうね…君の場合、色んな意味で」
フェイト「///」
ユーノ「泳いでみなよ、見ていてあげるから」
フェイトは少しためらいつつ、頬染めながら水着の紐を外し…



さぁ、よい子は寝る時間だ

251 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 01:18:10 ID:NHpnCvDi
>>248
全裸で潜望鏡をおっ立てているレジアス中将の姿を幻視した。

252 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 01:24:51 ID:CzpGfPO4
('∀`)お風呂で読んでも大丈夫な本を作りました

253 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 01:32:38 ID:wLWWCkan
レジアス「なあ、スクライア司書長、全裸での水泳は気持ち良いんだぞ?」
ユーノ「気持ちいいだろうね…君の場合、色んな意味で」
レジアス「///」
ユーノ「泳いでみなよ、見ていてあげるから」
レジアスは少し恥らいながら、その体を隠す衣服を脱ぎ捨て・・

               ぅぉぇっぷ
           〃⌒ ヽフ
          /   rノ
         Ο Ο_)***


254 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 01:35:21 ID:COelryQt
>>253
無茶すんな。前にも似たような事しようとして挫折した司書もいるんだ。

255 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 01:35:58 ID:0Tw08lLC
>>253

やめんか、ばかもんwww

256 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 01:37:48 ID:9vkriINR
いきなりだが司書諸氏に聞きたい。
とらで司書長の名前で検索すると2番目に出てくるものを買える猛者はいないか?
店頭で見つけて結局今日は買わなかったんだ

257 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 01:41:00 ID:NHpnCvDi
>>253
腹抱えてわろた。
チャレンジャーだなあwww

258 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 01:47:14 ID:0Tw08lLC
>>256

通販の入荷日に速攻で注文したよ。
先日、届いた。

うん。作中のお兄さんになりt(ジュッ

259 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 01:52:33 ID:ijzCiBMG
>>253
そのまま死んでしまえバカヤロウwww

260 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 01:52:47 ID:K/6j+X08
>>256
 .. .: ∬ ::::: ::: :::::: :::::::::::: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        ∧_∧ . |||.: : : ::: : :: ::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::なんてもの教えてくれやがる
  ストン   /:彡ミ゛ヽ;)ー、 . . .: : : :::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::もう金がないのに・・・業務用パスタで乗り切るか
    ||| / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .:: :.: ::: . :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/;;:   ヽ ヽ ::l . :. :. .:: : :: :: :::::::: : ::::::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄


261 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 01:58:06 ID:XjC8g1KB
趣味に金がかかるとかじゃなくて純粋に給料が少なくて貧乏な司書長を受信した
おからやパン耳のお世話になり後輩や部下にたかる毎日を過ごす司書長

262 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 02:04:21 ID:NHpnCvDi
>>261
「実はお金なくて最近パンの耳ばかりなんだよね」と司書長が漏らせば
30分後には無限書庫が食べ物でいっぱいになりますよ。

ケーキ、甘いお茶、鍋の具、業務用食材、などなど・・・

263 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 02:05:56 ID:Z2kXJHn8
>>261
毎日、夕食をクロノの家にたかりにいく司書長。

264 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 02:08:47 ID:SOakoFDz
>>254
でも前回チャレンジした司書と違う点があるぞ




まだ誰も非難してないw

265 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 02:15:53 ID:NHpnCvDi
>>264
・・・まさかこんなところにニッチな需要があったとは!BY保健婦のおばさん

266 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 02:30:49 ID:COelryQt
あれ? どうしたのかな?
きゅく?
うん、シャマルさんいないみたい。どこ行っちゃったんだろう。
きゅくるー
え? あ、ホントだ、なのはさんとフェイトさん模擬戦してるね。……模擬戦っていうより、二人でだれかを追い回してるみたいだけど……
きゅくー
……そうだね、フリード。シャマルさん、いそがしいみたいだね

267 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 02:59:15 ID:ElLLZyUQ
>>220>>236
……コレはもう、某山の道で御馴染みのあの方にパッケージ制作を御願いするしか……(ぉ

268 :流浪の者:2008/06/30(月) 03:03:15 ID:ZvGYhNEA
この時代だと皆まだ九歳なんだよなー。
と今更なことを思いつつ第二章第二話投下です。

269 :流浪の者 第二章(1/5):2008/06/30(月) 03:04:53 ID:ZvGYhNEA
ぴちゃ…ぴちゃ…
何かを舐め取るような音が耳朶に響く。
後頭部が柔らかな何かに乗せられていてとても心地よい。
ユーノは半覚醒状態のまどろみの中、その感触に身を委ねる。

「んっ…おいし…」

ぴちゃ…こくっ、こくっ
液体が喉を通過する小さな音とともに感じる後頭部の僅かな揺れと額のピリピリとした痒み。
その二つの刺激にユーノは徐々に意識を覚醒させていく。

「はぁ…っ、なんで、この男の子の…こんなに…」

幼い、それでいて大人の艶を思わせる淫靡な声。
男であれば反応せずにはいられないその誘惑するような音に誘われるように、ユーノは目をゆっくりと開いた。

「んあ…?」
「あっ…!」

パチリ。
見開いたユーノの目と少女の目がぶつかり合う。
垂れた紫色の髪が頬をくすぐり、ユーノはその感触にむず痒さを覚えながら、気がつく。
少女はつい先程ハプニング的に出会った三人の女の子の一人だった。
確か、すずかと呼ばれていただろうか。
ヘアバンドをした少女は舌を伸ばし、ユーノの額を舐めていた。

「――ッ!?」

途端、状況に気がついたらしい少女は驚愕の表情を浮かべると反発する磁石のように勢いよく仰け反った。
長めの髪がふわりと舞い、少女らしい上品な香りがユーノの鼻腔をくすぐる。
同時に伝わってくるのは頭への僅かな震動。

270 :流浪の者 第二章(2/5):2008/06/30(月) 03:07:21 ID:ZvGYhNEA
「うわっ?」
「あ! ご、ごめんなさい」

頭の位置がずれかけた瞬間、そっとユーノの頭を固定するように押さえたのはすずかの手だった。
頭に感じる柔らかな感触と背中から下に感じる固い感覚。

「――って!?」
「きゃあっ」

それがベンチですずかに膝枕をされているという事実を指していることに気がついたユーノは慌てて身を起こす。
少女がビックリしているようだったが気がつく余裕はない。
状況を把握したユーノは混乱からか上手く言葉を喋ることができなかった。

「あ、あの…?」

心配そうに顔を寄せてくる紫髪の少女。
同年代の、それも美のつく少女の急接近にユーノは戸惑いを隠せずに腰を引かせる。
そんなユーノの態度に、自分の行動が大胆なものだったと気がついたのかすずかも同じく腰を引かせて距離をとった。
気まずい沈黙が二人を包み込む。

「……え、ええと」
「は、はい!」
「じょ、状況を教えてくれないかな? なんで、その、僕は…君に膝枕されてたの?」

先にその沈黙を破ったのは金髪の少年だった。
現在地はどこかの公園だろうか、走り回る幼児を遠目の視界に入れながらユーノは状況を把握するべく口を開く。

「あの…さっきまでのことは、覚えてますか?」
「あ、うん。確か…君にティッシュをもらって鼻血を止めて、それから…」

と、そこで口が動きを止める。
そう、自分は身体をふらつかせて少女の胸に顔をうずめてしまったのだ。
先程起こったハプニングを思い出し、ユーノは言葉が紡げない。

271 :流浪の者 第二章(3/5):2008/06/30(月) 03:10:07 ID:ZvGYhNEA
「はう…」

それはすずかのほうも同じなのか、彼女も頬を染めて俯くばかり。
だが、埒が明かないと思ったのか。
少女は意を決したように口を開いて説明を続ける。

「あの、それで…あの後、アリサちゃんがあなたに……飛びひ、攻撃をして…それで気絶しちゃったんです」
「あ…うん。そこまではなんとなく覚えてる」
「それから、私たちは三人であなたをここまで運んで…でも、他の二人、アリサちゃんとなのはちゃんは用事があったので…」
「君が残って僕を介抱してくれていた、と」
「はい…」

こくん、と可愛らしく頷く少女にユーノは一応の納得を見せる。
なるほど確かに話の筋は通っていた。
が、まだ最大の謎が残っている。

「それで…その、なんで君は僕の額を…?」

舐めていたの?
とは流石に言えずユーノは口ごもる。
その問いを予想はしていたのだろうが、少女は喉に小骨を詰まらせたようになかなか口を開かない。
だが、時間の経過と共に気が落ち着いてきたのか、すずかは薄く頬を染めたままたどたどしく唇を動かした。

「あの、額の擦り傷を消毒しようと思って…絆創膏は持っていなかったし、血も止まってなかったので…」

確かに唾液には止血と消毒の作用がある。
その説明に嘘の部分はないだろう。
しかしユーノは気がついていた。
嘘は言っていない、だが同時にまだ言っていないことがこの少女にはある、と。

(…まあ、いいか)

傷口を舐められていたのは確かだが、別にそれ以上のことをされたわけではない。
念のためナレッジに身体をスキャンしてもらったが、特に異常もない。

272 :流浪の者 第二章(4/5):2008/06/30(月) 03:12:21 ID:ZvGYhNEA
であればこれ以上の追求に意味はなく。
ユーノはすずかへと「ありがとう」と感謝の言葉を口にする。

「いえ、そんな…」
「あと、あの二人にもお礼を言っておいてもらえないかな? それと、ごめんって」
「はい。でもなのはちゃんは気にしていないって言っていましたし、アリサちゃんもやりすぎだったって反省してましたよ?」
「あはは…でも、僕が悪かったのは確かだし」

こういう場合は女性側に非があろうとも男が罪をかぶるものである。
それにどうせ彼女たちとは二度と顔をあわせることはないだろう。
少ない人生の経験(主にナカジマ家)からそれを把握していたユーノは苦笑しながら軽く手を振った。

「とんだ迷惑をかけちゃったみたいだね。それじゃあ…」
「あの!」

この場にとどまる理由はもはやないとばかりにユーノはベンチから身を離す。
だが、去りかけた少年を引き止めるすずかの声がその足の動きを止めた。
振り返ったユーノの目に、戸惑いと羞恥が半々に含まれた少女の表情が映る。

「どうかした?」
「その…あなたは、この街の人じゃあないですよね?」
「え? ああ、うん」

ユーノは頷きながら思考を巡らせる。
金髪に翡翠の瞳という外見は明らかに日本人のそれとは違う。
先程少女と一緒にいたアリサも金髪ではあったが、やはり珍しい外見であることには変わらない。
異邦人への興味か、それともユーノ自身への好奇心なのか。
はたまた、彼女は大人しそうな印象とは裏腹に、社交的なのだろうか。
すずかが自分に関わりたがっている、と察したユーノは僅かな間悩み、口を開く。

「察しの通り、僕はこの国の人間じゃあない。ちょっと依頼というか…頼みごとをされてね」
「頼みごと…?」

273 :流浪の者 第二章(5/5):2008/06/30(月) 03:15:09 ID:ZvGYhNEA
いぶかしげな表情のすずかにユーノは苦笑する。
それはそうだろう、ユーノの見た目は少女と同じくらいの年齢にしか見えず、実際にそれは間違いではない。
そんな年端もいかないような子供が一人外国で何をしようとしているのか。
心配と興味を引いても無理はないだろう。
別にこれ以上喋る必要はないのだが、折角可愛い少女が話しかけてきているのだから、無碍に話を切る理由はない。
そう考えたユーノは自分の事情――ある一族の依頼を受けたということを説明しはじめる。
勿論、情報の大半は伏せて、ではあるが。

「わあ……凄いんですね。私と同じくらいに見えるのに」
「あはは…まあ、お使いみたいなものだから」

すずかの尊敬の混じった視線で見つめられたユーノは照れた様子で頭をかく。
そんな少年の仕草を見たすずかは自分にも何か手伝えることはないか、と申し出た。
当然そこまでしてもらう義理がないユーノは躊躇の表情を浮かべる。
だが、折角の好意を拒否するのも心苦しいし、それによって彼女を悲しませるのも望ましくない。
悩んだユーノは解決策として、道を教えてもらうことにした。
調べればすぐにわかることだが、この少女ともう少し話すのも悪くない。
そう思ったのだ。

「えと…私にわかる場所ならいいんですけど」
「多分大丈夫だと思う。結構大きいっていうか、力のある家だって聞いているし…有名だと思う」
「あ、それなら大丈夫だと思います。そういう家なら私、よく知っていますから」
「じゃあお言葉に甘えて…ええと、確かツキムラって名前の家だったはずなんだけど」
「え?」

ユーノの口から出た単語にすずかの動きが止まる。
きょとん、と眼を見開いた少女にユーノは何か変な事を聞いたのか、と戦々恐々。
だが、その数秒後、すずかは僅かに口元を緩ませると――くすくすと笑った。

「ど、どうしたの?」
「ごめんなさい。凄い偶然だと思って…それ、多分私の家です。ここらでツキムラって名前で有名なのはうちだけですから」
「え?」
「自己紹介しますね。私の名前はすずか。月村すずかです」

そういって、ニッコリと紫髪の少女は微笑んだ。

274 :流浪の者:2008/06/30(月) 03:16:46 ID:ZvGYhNEA
投下終了。
私は五人娘の中ではすずかが一番好きです、以上(ぇ

275 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 03:23:47 ID:dE/tlTk9
>>274
一番槍GJ
これからの展開が楽しみ。このままだと、すずかが魔法少女になりそうな気がしてならない…

276 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 03:41:41 ID:9JPi47mg
>>274
人が寝ようとした矢先になんてものを投下したんだ!GJなのですよ〜〜!

277 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 04:01:49 ID:pfGD8IeW
>>274
GJ!!頼みごととは何なのか気になります。

278 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 04:25:27 ID:FT/t9Q8J
>>274
出だしで何この急なエロ展開、と思いましたが吸血とは・・・。
完全に釣られました。続きがメチャクチャ楽しみです。



279 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 07:11:19 ID:pKmRBtIn
中学生にしては不釣合いな自分の大きな胸にコンプレックスを抱くフェイトと
同じように、他の男性より股間のフェレットが大きくてコンプレックスを抱くユーノの

性的な悩みを抱えるふたりのちょっとエッチなラブラブストーリーはまだですか?

280 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 07:39:28 ID:H0mNbl3W
温泉に行ったとき混浴の意味が解らず前を隠さず入ってしまいなのは達にモロに
見られてしまうユーノが浮かんできた

281 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 07:39:55 ID:gR5pOqJE
むしろエロパロで読みたいなそれ……

282 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 08:06:45 ID:+3j/p+56
>>280
短い悲鳴を上げて股間より先に慌てて胸を隠そうとするユーノキュンが見えた

283 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 08:18:58 ID:H0mNbl3W
男と女の字を逆に教えられていて女湯に入ってしまうとか

284 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 09:02:52 ID:TA/ybVeZ
>>282
「…ゃ…っ」とか短く喘ぐユーノきゅんと申したか




………ふぅ

285 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 09:37:25 ID:sz6LRyRV
ぬふぅ

286 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 10:12:33 ID:KVhH7Ju0
>>274
GJ!!俺も5人娘の中ではすずかが一番好きです。むしろヒロイン中ベストに近い
アインス、アルフ、アリサ、スバル そしてすずかがユーノと鉄板だと思うんだ

吸血行為は性行為にも匹敵するような切実な貞操観念にも関わる事だもんなぁ
誰の血でも良いという訳でなし、やっぱりユーノの血の味がすずかの舌と相性が良かったという事なんだろうな
忍あたりが

「タダで協力してあげられるほどこっちもお人好しじゃないのよ。利用されるだけだなんてお断りよ。
幾らそっちの方が科学力があるって言ってもこれは交渉なんだから一方的に押し付けるなら無かった事にしてくれる?
ユーノ君が出来る限りのそっちの技術と材料の譲渡、そしてやっぱり人材の交流よね〜。
まー端的に言えば、すずかとファリンの花婿になって月村のというか夜の一族の人間になって人口増やしてくれる?
それが最低条件。すずかと仲良くなるのは良いけど連れてかれちゃうとこちらも問題あるのよ。
アリサちゃん達を妊娠させちゃってても構わないわよ?法律くらい、お金と権力で曲がるから♪」

とか言いそう。商売人だし、幾ら大人しそうとはいえ、ヤプ、じゃなくて異次元人がいきなり来たんだし

287 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 11:25:33 ID:7qTYOCgp
パパ〜♪

288 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 12:20:36 ID:zXoHkQbV
なの〜♪

289 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 12:21:33 ID:9JPi47mg
ファータ〜♪

290 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 12:22:04 ID:DW+09eYv
夜の一族というか、月村家ってのが、余計にワケわからなくなってきた……
権力的にも経済的にも人格的にも、かなりぶっとんでる一族なんだな、原作では。

291 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 12:22:36 ID:7/i2l66b
ゆのゆの〜♪

292 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 12:45:49 ID:IEOFY7Gt
フェレット野郎〜♪

293 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 12:55:56 ID:KVhH7Ju0
>>290
経済面は夜の一族全体ですごいのかどうかは分からん
でもとりあえず月村と綺堂は財閥経営者。すずか達の叔母にあたるさくらは会長やってる(とらハ3時)
権力面は裏世界でも強いけど、月村と綺堂は表でも相当に権力持ってると思われ。

人格面というか、肉体能力はそれこそ人間とは段違い。腕を切られてもくっつけると再生できるし、ほぼ不老
相当に鍛えまくってた美由希とゲーマーで技術者やってる忍の水泳でほぼ互角とか
その能力の代償に吸血衝動と発情期がある、という設定。人間とは子供が出来にくいらしい。3人産ませる恭ちゃんマジ絶倫

魔法無しならスバル達にも普通に勝てるんじゃないかと思う

294 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 13:04:09 ID:ZvGYhNEA
付け加えると、人格的には人外であるということで人見知りというか人と進んで関わろうとしない(忍&さくら)タイプと
人を見下す(遊)タイプにわかれてるっぽいね。
ただそれだけに懐に入ってきた人間には甘々になるわけで…

295 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 13:52:30 ID:Yb/ePUuj
安次郎……。

296 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 14:20:41 ID:pmmoLrOB
氷村さん……。
>>294
それはあるなあ。
ただ気になったのは、前記の人達は吸血が何を意味するか理解してたけど、
すずかちゃんはそこんところどうなんだろうって点です。
そんな感じで次回も期待させて頂くでありんす。

297 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 14:21:27 ID:C5+ikSW0
>>292
ちょっとクロノさん、僕とお話しましょうか?

298 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 14:27:46 ID:WKCxYQP0
まぁ、だからこそ夜の一族と御神の剣士のハイブリットな雫がヤバそうって話になるわけで・・・
夜の一族と結界魔道士もなかなかヤバそうだががが。
言ってしまえば、超絶身体能力を持った司書長爆誕のようなものだと(ry

299 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 15:02:08 ID:j2TjUnxc
先生〜♪

300 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 15:05:26 ID:BpXA0SJZ
唐突にフェレット司書長がヴィヴィオちゃんとお昼寝してるような気がした

301 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 15:07:52 ID:COelryQt
>>300
奇遇だな。俺もだぜ。
しかしそこに何故かルーテシアもいるんだ。

302 ::名無しさん@お腹いっぱい:2008/06/30(月) 16:00:36 ID:DSDCREWt
>>300
その光景をみた某執務補佐官が
 はう〜お持ち帰ry


  ◎     ◎    
         ◎       
   ◎  ◎  ◎  ◎   
        ◎        
     ◎     ◎    
        ◎        
   ティウンティウンティウン

303 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 16:41:33 ID:NNnlmhB8
突然でスマン
三日前に変な電波を受信したので形にしてみた
とある漫画のパロディです
http://www10.uploader.jp/user/sisyo/images/sisyo_uljp00078.jpg

304 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 16:43:50 ID:C5+ikSW0
よし・・・。
この誰もいないタイミングなら言える・・・。
30分レスがなかったら最近影が薄いあた・・・・。
じゃなかったヴィータがユーノとアイス買いにいくことに決定だな!!

305 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 16:45:14 ID:JilnqPCg
          ____l:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.|.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.: |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:V:./\V_/、
        / \\  |:.:.:./|:.:.:.:.:|:.:.|.:.:.:.:|:.:.:l:.:.|.:.:.:.:.: |.:.:|:.:.:|:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:|\.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
     ,∠     \ヽl:. / :|:.:.:.:.:|:.:.|:.:.:.:.l≧|、∧:.:.:.:.:|:.:.|:.:.:|:斗:.:.:.:.:.|:.:l\\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
   /    \   V|/ |:.:.:.:|:.:.|:.:.:. 「`{テ:圷、:.:.:.| x|セ行「\:.:.:.ト、!:.:.:\\:.:.:.:.:.:.:.:.:. \
  /  ヽ. 、 |   | l   ヘ:.:.:.:.|:∧:.:.:.:| ゞ‐┘ ヘ: |.  辷.リ /:\| `ー‐ \\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.     させないぞ!何とかスター!
  |  \ Y/  |_/´ ̄ ̄ \ ハ| \∧    , ヽ    /:./ノ´ ̄ ̄ ̄` \〉:.:.:.:.:.:.:.:.:.    ・・・・ふん、よほど鉄拳制裁が好きと見える(踏んづけつつ
  ヘ\ヽ Y_/              /:.:∧    ,___     /:./::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:.:.:.:.:.:.:.
   ` ー‐'′               |:.:/ /\  `ー┘   /:./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:.:.:.:


306 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 16:45:50 ID:JilnqPCg
ずれた・・・・不覚!orz

307 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 16:51:05 ID:+3j/p+56
ユーノきゅんって殴られたり張り手食らったこと少なそう

308 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 16:51:28 ID:pYx4D8E1
勘違いで殴られたティアナにユーノがお見舞いにいってますが無害です

309 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 16:57:00 ID:0Tw08lLC
>>303

ワロスw
炎尾先生、司書長に憑依しないで下さい!w

310 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 16:57:20 ID:WKCxYQP0
>>303
この司書長……なんとかしないとw

311 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 18:53:33 ID:THx3/H9T
>>303
炎尾先生wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

でもこうなったユーノも面白そうwwwwwwwww

312 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 19:15:40 ID:38ZwzAqd
>>303
仮面編集長がクロノなんですね、知人の遺品的な意味で。


…猫姉妹逝っちゃったのかなぁ。

313 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 19:18:53 ID:a+RGp0t5
流れをぶった切って投下します。

314 :プロレスごっこ1:2008/06/30(月) 19:19:50 ID:a+RGp0t5
子供というものは善悪の判断力に乏しいため、つい口がすべって大変なことになってしまう事がある。
今回のお話はそんなお話。

機動六課の部屋では現在、高町なのは、フェイト・T・ハラオウン、八神はやて、そして高町ヴィヴィオの四人が平和な会話をしていた。
しかし、この穏やかな午後は一人の少女の言葉で一変するとはだれが想像出来ただろうか・・・。

「最近、ヴィータがよく資料運びを手伝ってくれるんやで〜。」
「へぇ、そうなんだ。いつもリインフォースUとかに押しつけてたのに。」
「なにか心変わりでもしたのかな?」

話題は、最近よくヴィータが資料運びを手伝ってくれるということで盛り上がっていた。
資料運びは辛い仕事ではないのだが、確認とかのために無限書庫に足を運ばなければ行けないために面倒なのだ。
そんな退屈な仕事を、あのヴィータが最近では率先してやるようになったのだ。
いったい何があったのかで三人は盛り上がっていた。
しかし、この会話が発端となって後々大変な話が展開されるのだった・・・。



315 :プロレスごっこ2:2008/06/30(月) 19:21:15 ID:a+RGp0t5
三人が憶測で盛り上がっているときに、不意にヴィヴィオが発言する。

「ヴィータお姉ちゃんはきっとプロレスごっこしに行ったんだよ。」
「「「プロレスごっこ?」」」

ヴィヴィオの言葉に三人娘はハテナ顔になる。
ヴィータが資料運びでプロレス?まったく話が繋がらない。
そんな三人をよそにヴィヴィオは続ける。

「うん。この間ヴィヴィオが無限書庫で本を読んでたら、ヴィータお姉ちゃんが司書長室でユーノおじちゃんとプロレスごっこしてたんだよ?」

その言葉に三人娘の時は止まった。
待て、今ヴィヴィオは何と言った?

混乱する三人娘をよそにヴィヴィオはさらに爆弾を投下していく。

「凄いんだよ?ヴィータお姉ちゃんがユーノおじちゃんを簡単に押し倒して押さえつけた後、色々してたんだから。」

いや、待って!ヴィヴィオ!それはプロレスごっこじゃなくて、もしかして・・・

「でも、ユーノおじちゃんは変なんだ。自分が押さえつけられて負けてるのに、なんだか気持ちよさそうなんだもん・・・。」

確定だ。ヴィヴィオはちょっと一八歳未満は見ちゃダメな場面を思いっきり覗いてしまっていたのだ。
さすがの三人娘も焦る。

(ちょっ!ユーノ君!?ちゃんと鍵かけて・・・じゃなくて、ヴィータちゃんとそんな関係だったなの!?)
(ヴィーターー!!!最近よく資料を運ぶのを手伝うと思ったらこんなことやったんかーーーー!!!)
(ヴィータいいなぁ・・・)

自分達が知らない間にユーノとヴィータがそんな関係になっていたことに大きなショックを受ける三人。一部フェイトそんの頭はピンク色になっているが・・・。

さらにヴィヴィオの爆弾発言は続くのだった・・・。



316 :プロレスごっこ3:2008/06/30(月) 19:22:32 ID:a+RGp0t5

ヴィヴィオの爆弾発言によって混乱している三人娘をよそに、ヴィヴィオは爆弾を投下していく。

「最近だとリインお姉ちゃんも一緒にプロレスごっこしてるよ?」

何ぃ!?二人同時!?しかもリインフォースUと!?

先ほどのがプラスチック爆弾なら今度のはダイナマイト並の威力である。
あわあわするなのは達!
自分は何か変なことを言ったのかと不思議そうな顔をするヴィヴィオ!
だんだんユーノの立場が危うくなってきた!!
そんな状況でもヴィヴィオは止まらない!!!

「ユーノおじちゃんはプロレスが凄く弱いんだよ?この間もティアナお姉ちゃんとスバルお姉ちゃんの二人がかりであっさりやられてたもん。」

おい!ちょっと待て!!ティアナとスバル!?彼女達も手を出してのか!!

「他にもギンガお姉ちゃんとスバルお姉ちゃんと一緒にプロレスごっこしてたり、シグナムお姉ちゃんと屋上でしてたし、医務室でシャマルお姉ちゃんとやってたし、後はナンバーズのお姉ちゃん達だったかな?」

そう言えばエリオお兄ちゃんがキャロお姉ちゃんとルーお姉ちゃんと一緒にプロレスごっこしてたかな?
なんて言葉はもうなのは達には聞こえていなかった。
ダイナマイトに引き続き、クラスター爆弾、トマホークミサイル、パトリオットミサイルと次々に爆弾発言を投下されたのだから。

そんななのは達の顔は笑っていたが目は笑っておらず、手に握っていたコーヒーのスチール缶はぐしゃぐしゃに潰されていた。

「ふふふ・・・。みんな隠れていい度胸なの・・・。」
「なのはママ達どこいくの?」
「ちょっとみんなとガチでプロレスをしに行くんだよ・・・。」
「なのはちゃんにフェイトちゃん?うっかり殺しちゃあかんで?」
「はやてちゃんこそ・・・。」



317 :プロレスごっこ4:2008/06/30(月) 19:23:50 ID:a+RGp0t5

そして恐怖の権化が動き出した・・・。
ヴィヴィオから聞いた、『ユーノとプロレスごっこしちゃった』メンバーはなのは達によって次々と粛正されていった・・・。
そして頭を冷やされて土下座させられている面々。

「すいません・・・。ティアといっしょに授業してるとき、せんせーがあんまり可愛かったものだからつい・・・。」

「だってユーノ先生って手袋でしてあげると凄く気持ちよさそうだったからつい・・・。」

「スバルがそういうことしてるって聞いたんで、つい混ぜてもらいました・・・。」

「いや、アタシは最初はそういう気はなかったんだぞ!?ただ、あいつとじゃれあってたらなんか可愛かったからつい・・・。」

「リインはただヴィータちゃんを止めようとしたらなんかユーノさんがおいしそうだったからそのまま・・・。」

「いやその・・・世間話をしていたら、ユノユノのうなじとか首筋とかに視線がいって、体がムラムラしてきたと思ったらそのまま・・・。」

「ごめんなさいごめんなさい!!ただちょっと過労で倒れたユーノ君の体とか見てたらなんだか行けない気持ちになってきちゃって・・・だからその同人誌の原稿をやぶらないで〜〜!!」

「その・・・私達は保護観察にきたユーノ先生を見ていたら、なんだかこう・・・つい・・」
(ナンバーズ代表:チンク)

それぞれ上から、スバル・ティアナ・ギンガ・ヴィータ・リインフォースU・シグナム・シャマル・ナンバーズの言い訳である。

「まったく。みんないくらユーノ君が受け顔だからってみんな盛りすぎなの!!」
「ああもう・・・。シグナムにシャマルまで情けないで・・・。」
「でも、もしかして・・・。ユーノとしてないのは私達だけ・・・?」

フェイトのその言葉に三人娘は無言になる。
そしてそのまま無限書庫へと歩いていった・・・。

そのころのユーノはさめざめと泣いていた。

「うぅ・・・もうお婿に行けない・・・。そりゃ確かに気持ちよかったけど、みんなして僕を弄んで・・・。」

そんなユーノのいる司書長室のドアが突然開け放たれた。

「なのは?フェイトにはやても・・・どうしたの?」
「ユーノ君・・・」
「ちょっと・・・」
「プロレスしない・・・?」
「え?」



318 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 19:24:52 ID:a+RGp0t5
以上、総受けの司書長でした。
なんか司書長は受けだと思う。
しかし、これってギリギリセーフだろうか?


319 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 19:26:26 ID:IK7sPADk
>>318
セーフ。そしてGJwwww

320 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 19:29:11 ID:7qTYOCgp
>>318
GJ!!
そして楽しそうにエッチする4人が見えるんだぜ

321 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 19:36:02 ID:hrGcjN9F
>>320
志村ー! プロレスプロレスー!

322 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 19:37:41 ID:dE/tlTk9
>>318
GJ!!
板的には余裕のセーフだけど…

俺が(ノック)アウトオォォォォ


今なら言える!
俺、晩飯食い終わったら、(11時位に)SS投下するんだ…



323 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 19:45:11 ID:+3j/p+56
GJ
シャマルさんの原稿の司書長は男色ディーノなのだろうか

324 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 19:47:34 ID:ifCdtUKX
>>318
畜生ただの勘違いネタでマッサージなんてオチだと思ってた俺に謝れ
さぁ早く後日談を書く作業に移るんだ

325 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 19:51:37 ID:EV6Ndh9P
何気にエリオ達もw
ユーノ同様受けなのかそれとも攻めなのかw

326 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 19:52:17 ID:7qTYOCgp
>>324
元気いっぱいのユノなのフェはやですね、わかります

327 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 19:57:33 ID:KF9I+2NN
>>318
サポーター隊5人が居ない……。でもGJ!

328 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 20:08:38 ID:38ZwzAqd
>>318
マジでアレなプロレスごっこだったのかYO!?
GJですよ。

329 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 20:16:12 ID:pKmRBtIn
あれ……オチは?

330 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 20:24:22 ID:KVhH7Ju0
>>318
GJ!!上でも下でも攻撃できる間接絞めですね、直接だけど。
シグナムやスバル、一部のナンバーズの場合は手足以外にも挟める場所があるんですね

331 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 20:27:46 ID:0Tw08lLC
>>318

GJw

司書長あなたなら、いざとなったらよm……ゲフン、何でもないであります。

さて、>>322さんが一本投下する前に続いて、もう一本投下逝きたいと思います。

ただ、今回、かなーり長くなっちゃった(汗)
連投規制喰らったらヘルプお願いします。

前スレに結局、間に合わなかったシリアスネタ。
駄目な人向けにNGワードは『闇と桜と翡翠の想い』で。

332 :闇と桜と翡翠の想い1:2008/06/30(月) 20:29:37 ID:0Tw08lLC
―――――――――暗い。

文字通り、何もない空間。
左右も、上下も、時間の感覚も何もない。
自分が生きているのかという実感さえも分からなくなってくる。

「……どうして、ここにいるんだろう?」

自問するように呟き、なのはは思い出す。
とある次元犯罪者の男を追っていた際、追いつめられた男がロストロギアを発動させた。

幸い判断が早かったため、しんがりを務めたなのはを除いた六課メンバーは無事逃げおおせていた。
だが、最後に残ったなのはは逃げるタイミングを逸し、ロストロギアの発動に巻き込まれたのだ。

封時結界型ロストロギア。

「脱出は……出来ない―――か」

ただの封時結界なら問題はない。
外部とのやり取りが出来ないだけだ。
だが、この結界は違った。
外部と内部、結界の『端』がとなる部分が無いのだ。
通常の結界なら有効範囲がある。
その『端』の部分に不可を掛けてやるか、構成点を狙えば、突き崩す事は出来る。


だが、この結界にはそれがない。
闇雲に魔力を放射して、破壊しようとしても全て空振りに終わる。
しかも、この結界内部自体が魔力の結合を抑制してしまう。
何度、結界の破壊を試みても全て結果は同じだった。

上も下も分からず、飛んでいるのか、立っているのかすら分からない。
結界に捕らわれてどのくらいの時間が経過したのかすら分からない。

「………怖い」

自分はこんなに弱かっただろうか。
そう思う。
5m先も見えない。立っている感覚すら無い。
一度墜ちたあの時、混濁する意識の中でこんな感覚を味わった。
あの時と一緒だ。

「嫌っ!!」

気を抜いてしまえば、闇の中から這い出た手に引きずり込まれる。
そんな気がしてならない。

『マスター』
「レイジングハート………」

スタンバイモードへと戻し両手で握りしめているレイジングハートだけが、
今、自分は生きているのだと実感させてくれていた。

「ユーノ君、フェイトちゃん、ヴィヴィオ、みんな………私、怖いよ………」

レイジングハートを強く握り闇に飲まれまいと、必死に大切な仲間の名を呼び続けた。
日頃なら決して人に見せる事のない涙を目に浮かべながら……。


333 :闇と桜と翡翠の想い2:2008/06/30(月) 20:30:57 ID:0Tw08lLC
「なのはさんを救出する事は出来ないんですかっ!? このままなのはさんを見捨てる気なんですかっ!?」
「落ち着きなさい、スバル!!」

発動したロストロギアから難を逃れた面々が外で救出策を練る。
既に発動から12時間が経過している。
業を煮やしたスバルが苛立ちを隠せずフェイトへと声を荒げた。
慌ててティアナがスバルを止めに入る。

「………ごめんなさい。フェイトさん」
「いいよ、スバル。なのはが心配なのはみんな同じ。突入して助けられるなら今すぐにでもそうしたい」

フェイトのその言葉。
そう、それは内側にいるなのはと同じだった。
突入して助ける事すら出来ない。
そこに結界があっても干渉する事が出来ない。
魔力で測れば、確かにそこにあるのに。
突入するための外部と内部を繋ぐ入口となる『端』が無いのだ。

「シャマル、干渉は出来そう?」
「………難しいですね。解析しようにも外から一切、結界の構成が知覚できないんじゃ」

フェイトの言葉に状況が起きてすぐに駆り出されたシャマルが苦々しげに告げる。
補助を得意とするシャマルをもってしても、未だ結界への干渉が出来ないでいた。

「もう少し頑張って。はやてが応援を呼んでるから」
「分かっていますよ。私だってこんなところでなのはちゃんを死なせるつもりはありません。……導いてね。クラールヴィント」
『ya』

フェイトの言に頷き、魔法陣を形成する。
応援が来るまでに何としても、せめて結界の位置だけでも特定したかった。

「なのはさん………」

焦りだけが皆に募り、スバルが力無く項垂れる。
時間だけが過ぎていった。
更に数時間が経過した頃、現場に六課の武装ヘリが到着する。

「遅くなってごめんな。状況はどないや? 何か動きはあったか?」

ヘリから降り立ったはやてがフェイトへと声を掛ける。
フェイトは力無く首を横に振った。

「そうか……」
「はやて。応援は………?」
「僕だよ」

はやての後ろから聞き慣れた優しい声が聞こえる。
ハニーブロンドの髪が風になびく。
翡翠の双眸を称える青年がヘリから降りてきた。


334 :闇と桜と翡翠の想い3:2008/06/30(月) 20:32:20 ID:0Tw08lLC
「ユーノ………」
「状況は……芳しくないようだね………」
「……うん………」

現場の空気を見れば、一目瞭然だった。
今回の任務で男が持っていたロストロギアについての資料はユーノが提供していた。
元々は処刑用の魔導具だったらしい。
一度、発動すれば発動体から離れ、周囲から内部を完全に隔離し、外部との接触が一切出来なくなる。
外部でも、いずれは結界が『そこに存在した』ということすら、認識出来なくなってしまう。
自己消滅型のロストロギア。

砂時計みたいなものだ、とユーノはこの結界をそう説明していた。
上から下へ砂が流れ落ちるように次第に外側への接点が薄れて行き、内側の空間は無限大に拡がって行く。
この任務にあたって、ユーノはこのロストロギアを絶対に発動させてはいけないと、六課へ伝えていた。
この砂時計はひっくり返す事が出来ないから、と。だが、事態は最悪の結果を迎えてしまったようだ。

「すぐに解析にあたるよ」
「頼むな、ユーノ君。シャマル、ユーノ君に今までのデータ渡したげて」
「はい」

渡されたデータを真剣な眼差しでブツブツ呟きながら、現状を確認していく。

「ゆーのくん………」

不意に小さな声で名を呼ばれ、ズボンの裾を引っ張られた。
見下ろしてみれば、なのはの娘、ヴィヴィオが不安げにこちらを見上げていた。
なのはが巻き込まれた報を受け、いても立ってもいられず、無理矢理に付いてきてしまったのだ。
目にはうっすらと涙が浮かんでいる。

「………なのはママ、だいじょうぶ?」
「……大丈夫だよ、ヴィヴィオ。きっと大丈夫だから」
「ほんと?」
「うん、本当だ。絶対にママは助けてみせるから。だから、安心してヴィヴィオ?」

ヴィヴィオに目線を合わせて、しゃがみ込んで頭を撫でるユーノ。
J・S事件後、なのはにユーノを紹介されたヴィヴィオはユーノの人柄にすぐ懐いていた。
『きっと大丈夫』。あの事件の折、なのはに告げた事と同じ事をヴィヴィオにも言ってやる。
張りつめた不安に耐えきれなくなったのか、それとも安心させてくれる人だからか、ヴィヴィオがユーノへと抱きつく。
必死に泣きそうなのを堪えるために。

そう、きっと大丈夫。
ポンポンとヴィヴィオの背中を優しく叩きながら、自分に言い聞かせるようにもう一度、心で呟く。

「フェイト、ヴィヴィオをお願い」
「うん」

ヴィヴィオに離れるように言って聞かせ、探査の魔法陣を敷く。
六課に提供していた資料の通り、知覚そのものは出来ても、突入する術が無い。

「……フェイト。なのはが巻き込まれてから何時間になる?」
「…………おおよそで16時間だよ……」
「あまり時間が無い……か」

提供した資料では発動からおよそ24時間でいかなる方法をもってしても外部からの認識は不可能になるとあった。

焦る気持ちを抑えつけ、何とか突入するための術を探そうとユーノは必死になった。
だが、探査開始から4時間経過をしてもユーノは何もつかめなかった。

335 :闇と桜と翡翠の想い4:2008/06/30(月) 20:34:40 ID:0Tw08lLC
「あんな焦ってるユーノ…久しぶりだ………」
「……そうやね」
「そうなんですか?」

ユーノを見守っている二人の言葉にスバルとティアナは疑問符を浮かべる。
どう見ても落ち着いているようにしか見えないから。

「顔には出してないけどね……術式がいつもより相当荒いよ……」

深くため息を吐くとフェイトが説明した。
展開される魔法陣と術式、ふたりにしてみれば、かなりの精度を持っているようにしか見えない。
だが、フェイト達に言わせれば、いつもの7割程度の精度しか出ていないと言う。

「せめて、時間があればなぁ………。私がもう少し、はよ動けたら、こんな事にはならせへんかった……!」

握り込んだ右手を左手に打ち付け、はやてが歯噛みする。
ただ、この場で見ているだけしかできない自分が腹立だしくてたまらない。
ユーノの協力を本局に取り付けるのでさえ、時間が掛かりすぎていた。
タイムリミットは残酷に近付いている。

「くそっ!!」

さらに時間が経ち、ユーノは一度、探査魔法を止めた。
らしくもない悪態が口を吐いて出る。
呼吸を整え、自分の頬に手を打ち付け、気合いを込めると再度、魔法陣を敷き直す。
探査範囲を広げるつもりらしい。

後ろで見ているフェイトには効率が上がるとは思えなかった。

焦りのあまり、更に構成が荒くなった術式から風が吹き荒れる。
曝された風になびくユーノの後ろ髪。
強い風に曝され、髪を留めていたリボンが解け宙に舞った。

フェイトが「あ……」と声を上げるが集中するあまり、ユーノはそのことに気が付かない。
地面へと落ちたリボンをフェイトは辛そうな表情で拾い上げた。

「フェイトちゃん?」

はやての言葉に応えず、無言でリボンを握りしめると、フェイトはユーノ元へと歩み寄る。
その後を何事かとヴィヴィオが付いていく。

何をするのかとはやてが思った次の瞬間、フェイトは持っていたリボンでユーノの首を軽く締め上げた。
情けない悲鳴と共に呼吸が詰まり、ユーノの術式が霧散する。
はやてはフェイトの行動に一瞬、目を疑ったが、何も言わなかった。

「何するんだよ!? フェイト!!」
「頭冷えた?」

そう言って、首に巻いたリボンを解くとユーノへと見せつける。
ユーノは軽く声を上げると確かめるように後ろ髪へと手をやった。
なのはとユーノ、二人の絆の証とも言える翠のリボン。
本来、そこにあるはずの物が無かった。
術式が生んだ風で飛ばされたんだと気が付く。

「なのはが心配なのも時間が無いのも。そんなのは分かってるよ!
だけど、今、あなたが冷静さを失ったら、なのはをどうやって助けるの!?」
「フェイト………」
「…………ユーノ、落ち着いて。いつものユーノらしくないよ」

336 :闇と桜と翡翠の想い5:2008/06/30(月) 20:36:18 ID:0Tw08lLC
言われて、やっと気が付いた。
タイムリミットが迫るあまり、焦ってとんでもない術式構築を行っていた。

「ゆーのくん………」

呼びかける声と共に、フェイトの側にいたヴィヴィオがユーノの手を握る。
小さな手から確かな温もりが伝わる。
フェイトが真っ直ぐにユーノの顔を見る。
その目は信じているからこそ。だから、落ち着いて欲しい。そう語っていた。

自分を案じてくれる二人を交互に見て、ユーノは目を瞑ってひとつ深く息を吐く。
もう一度、開かれたその目はいつものユーノの目。

「……ごめん。焦りすぎた」

その瞳にフェイトが微笑みながら、リボンを差し出した。
フェイトからリボンを受け取ると、ユーノは髪を結び直す。

そこでふと気が付いた。

結ぶ物。

向こうとこちらを結ぶ『物』。
見えない結界の構成点に囚われるあまり、失念していた。

ロストロギアの発動体。

「フェイト! この結界の発動体は!?」
「え!? 保管されてるけど……?」
「すぐ、持ってきて!!」

分かったと言って、フェイトがその場から走り出す。
数分経って、フェイトが封印を施したケースを持って戻ってくる。

「これがそうだけど……ユーノ、どうするの?」
「発動した結界に囚われるあまり、失念してたんだ。この発動体は使い捨てだ。だけど、発動体と結界で、まだ道が繋がっているかも知れない」

発動体を取り出すと、探査魔法を掛ける。
もう発動済みで空っぽのはずなのに、確実にある違和感。
ユーノの予想は的中していると確信出来た。

「やっぱり……! この発動体、まだ結界内部と繋がってる! 道がある!
こいつから構成点を割り出せば! そうすれば、中にいるなのはに撃ち抜く場所を伝えられる!!」
「でも……なのはにどうやって伝えるの? 念話も通じない、中にも入れない。……無事かも分からないんだよ……?」
「なのはなら大丈夫だよ。なのはにはレイジングハートが付いてくれてる。入る方法だってある」

なのはの無事はもちろん信じている。
だが、入る方法があるというユーノの言葉にフェイトは耳を疑った。

「どういうこと……?」
「方法はあるんだよ。肉体で入る事は無理だけど、構成点さえ分かれば、そこへ精神をダイブさせられる」
「まさか!? 結界と精神をリンクさせるつもり!?」
「そのまさかだよ。もちろん、僕がやる」
「そんな!?」

平然と言ってのけるユーノにフェイトが驚愕の声を上げる。

「馬鹿な事を言わないで下さい!? そんなことしたら、結界の情報量でユーノ君の脳が焼き切れちゃいますよ!?」
「そうや! そんな馬鹿な事、許可できへん……!!」
「なら、他に方法がある? 残された時間で取れる選択肢はこれだけだよ」

337 :闇と桜と翡翠の想い6:2008/06/30(月) 20:38:08 ID:0Tw08lLC
シャマルとはやての声にユーノは落ち着いて応える。
もう覚悟は決まっているのだから。

「だったら、私がやる!!」

フェイトが名乗りを上げるが、ユーノは首を横に振ってそれに応える。

「駄目だよ、フェイト。今、シャマルさんが言っただろ? 脳が結界の情報量に耐えられないって」
「それはユーノも一緒でしょ!? 大体、潜ってもタイムリミットまでになのはを見つけられるの!?」
「確かに大丈夫だとは言えない。だけどね。ここにいるメンバーでそれが出来そうなのは僕だけだ。
無限書庫の情報量との闘いは伊達じゃないんだよ」

だから、僕がやる。
そう告げるユーノの言葉。
何を言おうと変える事の出来ないだろう決意の瞳。
フェイトは何も出来ない自分の無力を呪いたかった。
ここまで来て、後少しでなのはを助けられるというところまで来て、選べと言うのか。
最悪、二人とも助からず、運が良くてもどちらかが犠牲になる可能性が高いこの提案を。

「心配しないでフェイト。賭けたっていい。絶対、なのはは助け出すよ」

そう言って、フェイトの肩に置かれるユーノの手。

「ユーノは……? なのはが助かっても、もしユーノが助からなかったらどうするの?」
「大丈夫だよ。なのはの無事を確認して伝えたら、すぐリンクを切ればいいんだから」
「……失敗したら怒るよ! なのはもユーノも! 片方でも居なくなったら、私、一生二人を許さないよ! 約束だよ!」
「手厳しいね」

泣きそうな声で捲し立てるフェイトにユーノは苦笑する。
横で二人のやりとりを見ていたはやてが口を開いた。

「……どうせ、いくら言うても聞いてくれへんのやろね?」

頭をガシガシ掻きながら、はやてが嘆息する。
もちろん、とユーノは微笑みながら応えるだけだ。
更に大きな溜め息を吐き、はやては諦めたような笑顔をユーノへ向けた。

「……ユーノ君。三つ約束しぃや。そしたら、許可したげるよ。
戻ってきたらひとつは始末書作成。もうひとつは上への報告書作成の手伝いする事」
「残りのひとつは?」
「言わんでも分かるやろ?」

やるからには全部、掴み取れ。二人で帰ってこい。さもないと許さない。
顔にハッキリと書いてあった。

「了解です。八神部隊長」

一瞬、苦笑し、すぐに表情を引き締めると敬礼する。
発動体を右手に持ち、術式を展開しようとした。

「ゆーのくん」

ヴィヴィオがユーノの左手を握ってきた。
「ヴィヴィオ、ちょっと危ないから離れてて?」

優しく諭すが、ヴィヴィオはイヤイヤと首を横に振る。

「だって……ゆーのくん、このままどこかにいっちゃいそうなの……だから、おてて、つないでちゃだめ?」
「……分かった。いいよ、繋いでても」

338 :闇と桜と翡翠の想い7:2008/06/30(月) 20:39:48 ID:0Tw08lLC
泣きそうな顔で真剣に告げるヴィヴィオの言葉。
微笑みかけるとしゃがみ込んで、ヴィヴィオと目線を合わせる。
発動体を地面に置き、優しく頭を撫でてやる。

「心配はいらないよ。ママはきっと助けてみせるからね」

手を繋いだヴィヴィオがこくりと頷くのを確認すると、ユーノは地面に置いた発動体に右手を重ねた。
自身の魔力を流し込み、発動体と無理矢理に精神を繋ぐ。

発動体と結界の『道』が繋がったのを確認すると、意識を結界へと潜らせる。
ヴィヴィオが左手を握っているのを感じながら。


潜った途端に結界を構成する多量の情報量が頭の中へ浸入してきた。

(ぐっ!? な、何て情報量だ………!!)

意識が入り込む情報量に塗りつぶされるような事があれば、それは心の死を意味する。
だが、それでも止めるわけにはいかなかった。

この中のどこかで孤独と戦っている彼女を見つけ出すまでは。
精神に掛かる負荷などお構いなしだ。後で後遺症が出ようが、そんな事は知った事か。
ただ、なのはの事だけを想う。この闇の中で戦っている彼女の事だけを。

(見つけた………!)

例え、自身の精神が情報に喰われそうになっていても、見間違えようのない桜色の魔力光。
それは間違いなく、自分の知る高町なのはのものだった。


「…………………」

何も見えない暗闇。
この闇に捕らわれてから、どのくらいの時間が経過したのだろうか。

なのはは身を縮め、自分を励ますように明滅するレイジングハートをしっかりと胸元で抱き留める。
闇の恐ろしさに負けないようになのはの周りには、いくつもの収束スフィアの灯りが浮かんでいた。

「ねぇ、レイジングハート………ここに来てから、どのくらい経ったかな?」
『…………………』

告げる事を躊躇うように明滅するレイジングハート。
そんな相棒の気遣いになのはは苦笑する。

「……ごめん。何となく分かってるんだ。もう、脱出できる時間無いんだよね?」
『諦めてはいけません。外ではきっと皆がマスターを待っています』
「うん。それも分かってる。だけど、もう………」

状況は絶望的なのだ。

『もう………? そんな発言はマスターの言葉とは思えませんよ?』
「でも、色々やったけど………脱出の糸口も見つからないんだよ?」

いつものなのはらしくない。
相棒はそう告げてくれる。だが、なのはの心は限界だった。

339 :闇と桜と翡翠の想い8:2008/06/30(月) 20:41:12 ID:0Tw08lLC
『だから何だというのです。何も出来ないから諦めるというのですか!?』
「レイジングハート………?」
『諦めてしまって、あなたはマスターユーノを。ハラオウン執務官を。そして、マスターヴィヴィオを泣かせるおつもりですか?
きっと外であなたの帰りを待っている、あなたの大切な方達を悲しませるおつもりですか!?』
「!?」

レイジングハートに語気も強く問われ、なのはは思う。

―――ユーノの泣き顔が浮かぶ。
―――フェイトの泣き顔が浮かぶ。
―――ヴィヴィオの泣き顔が浮かぶ。
―――皆の悲しむ顔が浮かぶ。

嫌だ。大切な人たちの泣き顔など見たくない。

そう。きっと皆は外で待っている。自分を助けようとしている。
自分はこんなところで折れていいのか?
良いわけがない。

なら、自分が為すべき事はひとつだけだ。
一度、目を瞑り呼吸を整える。

「……最後まで諦めない。そうだよね……レイジングハート」
『その意気です』

主の瞳に光が戻ったのを感じ、レイジングハートは満足げに応える。

「諦めないなら、最後まで足掻かないとね。レイジングハート、エクシード行くよ」
『all light』

レイジングハートをスタンバイモードからエクシードモードへ変形させる。

「スターライトブレイカーは撃てても後一発。この結界の特徴からして、構成点を破壊しないとどうにもならない」

さて、どうやって構成点を探ったものか。
そう思ったとき、遠くでひとつの光点が浮かび上がった。

「何だろう、あれ? 翠色の魔力光?」

浮かんだ光を凝視するなのは。その光は見覚えのある魔力光に似ていた。
(―――は)
不意に誰かが呼んだ気がした。

「誰?」
(――なのは! 聞こえるかい?)
「この声………」

段々とハッキリと聞こえてくる声。
間違いなく彼の声だ。

「ユーノ君? ユーノ君なの?」
(なのは、無事なんだね?)
「うん! レイジングハートも一緒だよ!」
(よかった―――)
「ユーノ君、今どこにいるの?」

声は聞こえるのだが、なのはにはユーノの姿を確認する事が出来ない。

340 :闇と桜と翡翠の想い9:2008/06/30(月) 20:43:03 ID:0Tw08lLC
(結界の外だよ。今、結界にリンクして話してる)
「なっ!? 大丈夫なの!? そんなことして!?」
(はは。あんまり大丈夫じゃないね。さすがにキツイ)
「バカ!! どうしてそんな無茶するの!?」
(助けに来たのに、ご挨拶だなぁ)

軽口と共に苦笑しているのが、分かるが明らかに辛そうな声だ。
ユーノが今、どんな無茶をしているかはその方法を聞いただけで、何となく分かる。
助けに来てくれたのは素直に嬉しい。
だが喜びより、彼が自分のために無茶をしている事の方が許せなかった。

(お説教は後で受けるよ。時間が無い。今、光は見えてるよね?)
「うん……見えてるよ」
(そこが、この結界の構成点だ。後は言わなくても分かるよね?)
「全力全開でそこを撃ち抜け、だよね。分かりやすいよ」
『まったくです』

実に分かりやすい答えになのはとレイジングハートは思わず苦笑する。
いつだって、そうだ。ユーノは自分に的確かつ、分かりやすいアドバイスをしてくれる。

(はは。それじゃ、外で待ってるよ)
「ユーノ君」
(ん? 何?)
「ありがとう……来てくれて。それと、外に出たらお話聞かせてもらうからね!」
(うん、分かった)

なのはがスターライトブレイカーの発射準備に入るのが見える。

(―――これで大丈夫かな)

ユーノはその姿に安堵する。
後は結界が消え去る前に自分がリンクを解くだけ。
……だが。

(―――さすがに無理っぽいな)

ここまで保ったのが奇跡に近いと思った。
潜って、ほんの数分程度だろうが、それだけの情報量が一気にユーノへと流れ込んだのだ。
もはや、ユーノの意識は情報量に負け、消え去る寸前まで追い込まれていた。
脱出は無理だな、とボンヤリし始めた意識で考える。

(―――約束破っちゃったな。怒るだろうな、フェイトとはやて)

スターライトブレイカーが撃ち放たれるのが見えた。
じきにこの結界は消え去るだろう。
そうすれば、なのはは外に出られるはずだ。
自分の意識もじきに消える。

(―――そういえば、なのはとも約束してたっけ)

春になったら、ヴィヴィオの入学式を一緒に見てやって欲しい。
そんな約束をしていた事を思い出す。
約束破ったらヴィヴィオ、泣くよなぁ。そう考える。

『おてて、つないでちゃだめ?』

浮かぶヴィヴィオの泣き顔。
最後に聞いたヴィヴィオの声。
薄れ混濁しはじめていた意識に刺激が走る。

341 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 20:53:19 ID:3vsCWSD3
支援?

342 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 20:55:03 ID:ifCdtUKX
連投規制にでもかかったか?

343 :闇と桜と翡翠の想い10:2008/06/30(月) 20:58:02 ID:R2Nh3sru
(―――泣かしたら、いけないよね)


ここにあるのは意識だけだ。感覚などあるはずもない。だが、ハッキリと感じた。
結界の外で自分の左手を掴んでいるヴィヴィオの手。
確かな温もりを感じる左手に力を込めた。


「ゆーのくん?」


ヴィヴィオに名前を呼ばれた。


「あ、あれ?」


ハッと気が付く。ユーノの意識は身体へと戻っていた。


「ユーノ、大丈夫!? なのはは!?」


どうやら意識の離れた身体を支えてくれていたのだろう。
すぐ隣でフェイトの声が聞こえた。


「……何とか、大丈夫みたい。なのはも……すぐ来るよ」
「魔力反応!? スターライトブレイカー来ます!!」


頭を二、三度振り、フェイトに応える。
クラールヴィントを展開していたシャマルが声を上げた。


「ほらね?」


ユーノが苦笑すると同時に、空間に亀裂が入り、上空へ向かってスターライトブレイカーが撃ち抜かれた。
脱出不可能と思われた結界が崩壊した。


砕け散った結界の後に空中へと躍り出るなのはの姿があった。
こちらへ振り向くと笑顔を向け降りてくるなのは。

344 :闇と桜と翡翠の想い11:2008/06/30(月) 21:03:08 ID:0Tw08lLC
ユーノは立ち上がると手を伸ばし、なのはの手を取って地面に降り立たせようとして……。
膝の力が抜けた。
手を取られていたなのははユーノに引き倒される形になり、二人して地面に倒れ込む。

「ったた。もう、ユーノ君!! 手を取ってくれるなら最後までしっかりしてよ!」
「ご、ごめん……足に来てた。ははは………」
「もう、締まらないなぁ」
「なのはママ!!」

ヴィヴィオがなのはの胸に飛びつく。

「ママ!! なのはママ!!」
「ただいま、ヴィヴィオ」

胸の中で泣きじゃくるヴィヴィオの背を、なのははポンポンと優しく叩きながらあやす。
その姿を見ながら、ユーノはボソリと呟いた。

「………助けに行ったつもりが、最後は……ヴィヴィオに助けられちゃったな」
「何か言った、ユーノ君?」
「いや、いい親子だなって………お帰り、なのは」
「うん、ただいま。ユーノ君」

そう言って、微笑み合う二人。

「なのは! よかった、無事で………」
「ただいま、フェイトちゃん」
「なのはさん!!」

フェイトがヴィヴィオごとなのはを抱きしめる。
駆け寄ってくるスバルとティアナ。

「寿命が縮まりそうでしたよ。今回は……」
「まったくやね。二人とも、帰ったら始末書と報告書たーっぷり書いてもらうからな」

その姿を見ながら、はやてとシャマルは微笑みながら安堵の息を漏らすのだった。




345 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 21:04:23 ID:0Tw08lLC
いじょ。
たまにはどシリアスー。
司書長の闘いとするなら直接戦闘も良いけど、
こういう作業の方が本領かなという電波で書いた。


長いとは思ったが、案の定だったorz
書いたら止まらなかった(;´Д`)

今度から気を付けようorz

346 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 21:11:30 ID:38ZwzAqd
>>345
いやいや、GJですよー。
サポート役の本領発揮ですなぁ。

347 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 21:16:57 ID:EXne2hCK
>>345
GJ!
シリアスと司書長の能力の捏造一切抜きを両立させたのが凄い。
チート化してる司書長が嫌いなわけじゃないけど、
実際司書長の素の能力で活躍させるのは結構難しいからマジ尊敬。

348 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 21:26:34 ID:yy/gZ6W5
>>345
GJ!!
たしかに板補正無しの素でユーノが強い。情報戦というか電脳戦に近いな。

349 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 21:33:20 ID:W+zwekxd
>>345
GJ
こういうごり押しではどうにもならない戦いこそがサポート役の真骨頂ですな



いや別に教導官たちを馬鹿にしてるわけじゃなくて、適材適所っていうかね

350 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 22:21:42 ID:ejGaJ7Q1
唐突でスマンが
不憫長の壮大な夢オチって何スレだっけ?

351 :Project AC 第7話  ◆rjU.EEAJoQ :2008/06/30(月) 22:52:24 ID:m/vNdDVG
時間ですんでいきまーす

と、その前に
>>345(桜と翡翠さん?)
GJです。
なんというサポートマスター。
これぞ、まさしく司書長!という感じでした。
いち物書きとして、貴方のシリアスとほのぼのの書き分けの巧さ、しっかりとしたストーリー展開に憧れるばかりです。
これからも頑張って下さい。


では、気を取り直して・・・
どーもお久しぶりです。Project AC 第7話でーす

注意事項
1、 捏造設定あり(スクライア一族に関しては完全に独自解釈です)
2、 JS事件終結からおよそ1年と半年後のお話
3、 基本的にユーなの
4、 使用レスは本編4レス、後書き1レスです
5、 オリキャラ出ます


352 :Project AC 第7話  ◆rjU.EEAJoQ :2008/06/30(月) 22:53:59 ID:m/vNdDVG
ここは第78管理世界「ゴドランド」。
地表は殆ど緑で覆われているが、かつては高度な文明社会が築かれていたらしく、その名残は各地に遺跡という形で残されている。
そして、とある遺跡の近くには多くのテントが散在していた。
スクライアの集落である。
スクライアの一族は発掘を続ける流浪の民という事で知られている。
普通、発掘というものは管理局の許可なしに行うことはできない。
これは、危険度の高いロストロギアや技術が、犯罪者の手に渡らないようにする為である。
しかしながら、スクライアの一族は、長年築き上げてきた実績のおかげで管理局からも一目置かれており、調査を行う世界と遺跡のことさえ前もって知らせておけば、許可の有無に関係なく発掘を行っても罪には問われなかった。

そんなスクライアの集落は、緊迫した雰囲気に包まれていた。
族長であるディーガ・スクライアが半年しかもたないという事実を受け、次期族長の選定が行われる為である。
族長候補は
時空管理局無限書庫司書長 ユーノ・スクライア(21)
民間企業“ウィンダム”社長 ヴィクター・スクライア(22)
一族自警団団長 ヴィーツ・スクライア(31)
の3人。
スクライア一族は600人程の少数民族であり、既に候補者3人の詳細は全員が知ることとなっていた。

現状、最も族長に近いと目されているのがヴィーツである。
これは、ヴィーツが候補者3人の中で年長者であるからというわけではない。
彼は他の二人と違い、生まれてからずっとスクライア一族と行動を共にしてきている。
また、自警団団長ということもあって魔法の腕も確か。
さらには、面倒見もいいことから平時は子供の相手をしていることが多く、まさしく一族の頼れる兄貴分といった感じである。
難点を挙げるとすれば、彼は他の二人と比べて知識量の面で負けているということである。
しかし、彼の成績は一族の中では平均的である為、これは些細な事であるとも言えた。

次点がユーノである。
彼はミッドチルダの考古学者として活躍しており、この点は発掘を生業とするスクライア一族では大きく評価されている。
未だにヴィーツとユーノのどちらにするか決めかねている者も居るくらいである。
また、時空管理局に民間協力者という形で出向しているものの、無限書庫という一部門のトップを任されることからも分かるように彼の能力は非常に高い。
しかしながら、この点はプラスにもマイナスにもなる。
一部門のトップを任されるということは、責任も重大なものになると言う事であり、そうそう簡単に辞められるものではない。
さらには管理局の中でもユーノの情報処理能力は突出しており、管理局がユーノをそう簡単に手放さないであろうことは、想像に難くなかった。

最後にヴィクターである。
最初にいっておくと、彼の能力は非常に高く、候補者3人の中ではトップである。
また、彼が創立した“ウィンダム”もミッドチルダでは知名度も高い企業であり、そのことからも彼の経営手腕を窺い知ることができる。
ならば何故、彼がもっとも族長から遠いところにいるのか?
答えは簡単、彼が徹底した合理主義者だからである。
役に立たないものはさっさと切り捨て、外部からどんどん人材を招きいれる。
経営者としては正しいのだろうが、一族を背負っていくには相応しくなかった。
スクライアにいた時からその様な発言が目立っていた為、彼は周りと折り合いがつきにくく、遂には自ら家出同然の様に一族からでていってしまったのだ。
そんな過去を持つ彼が族長に立候補したのだから、急遽設置された選定評議会の面々は仰天した。
しかし、能力的には何の問題もなかったので受理せざるを得なかったのである。


353 :Project AC 第7話  ◆rjU.EEAJoQ :2008/06/30(月) 22:54:47 ID:m/vNdDVG
そんな背景があるとはつゆ知らず、ユーノは一族の集落に辿り着いていた。
久しぶりの帰郷が族長の病によってもたらされただけあって、ユーノは内心複雑である。
と、そこへ声を掛ける人物がいた。

「ユーノ、ユーノか?久しぶりじゃないか!」
「あ、お久しぶりですヴィーツ兄さん」

ヴィーツ・スクライアその人である。
ユーノはヴィーツのことを兄と呼んでいるが、血縁関係にあたるというわけではない。
ユーノが幼い頃、よくヴィーツに面倒を見てもらっていただけのことである。

「しかし、大変なことになっちまったな」
「ええ。まさか族長があんなことになるなんて」
「ああ。でも、本人はけっこうあっさりしたもんだぜ。“来るべき時が来ただけだ”ってな」
「それはまた・・・。何と言うか、族長らしいですね」
「全くだ。俺から言わせりゃ、周りが大げさに騒いでるだけだな。でも、ヴィエラさんはかなりヘコんでたみたいだ」
「それはそうでしょう。族長の実の妹なんですから」
「だな。でも、お前と話した後は結構穏やかな顔してたぜ」
「え?僕とですか?」
「昨日お前に連絡してた時な、俺もヴィエラさんのテントにいたんだよ。いろいろ打ち合わせしなくちゃいけねえ事柄があったからな。通信中は外に出てたけどよ。んで、話が終わった後にテントに入ってみりゃヴィエラさん、笑ってたのさ」
「笑って・・・」
「ああ。それまでずっと副族長としての顔を崩さなかったあの人がな。俺ゃ、結構心配してたんだぜ?たった一人の肉親が居なくなるってのに、打ち合わせ中もずっとあのしかめっ面だったんだ。悲しくないわけがないってのによ」
「そうだったんですか・・・」
「ところでユーノ、いったいどんな話をしたんだ?」
「はい?」
「俺ゃびっくりしたぜ、マジで。テントに入るなり、“お前が次期族長だ、しっかり頼むぞ”なんて笑顔で言いながら、肩をたたいて来るんだぜ?あの豹変っぷりはやばかった。狐にばかされてんのかと思ったくらいだ」
(そりゃ、あれだけからかったら元気にもなるかな。でもよかった。僕の話題で少しでも笑顔になってくれれば。・・・ま、やりすぎは困るけど)

ヴィエラの事も心配していたユーノは、その事を聞いてホッとしていた。
彼にとって、親同然のヴィエラはかけがえのない存在である。
自分をからかう事で空元気でも元気が出たのなら、十分だった。
そんな様子を見ていたヴィーツは、今までのしんみりとした表情を少し和らげてユーノに話し掛けた。

「ま、そりゃ後でいいけどよ。ユーノ、族長を辞退したってマジか?」
「それはヴィエラさんから?」
「当たり前だ。誰から聞くってんだよ。で、本気なんだな?」
「はい。色々ありまして」
「ふーん、色々、ね・・・」
「・・・何ですか?」
「べっつにー。そうかー。とうとう、ユーノにも春が来たかー」
「!?」
「悪ぃ、悪ぃ。実はそっちのこともヴィエラさんから聞いてたんだわ」
「知ってて聞いたんですか!?」
「オフコース。こんなおいしいネタ、俺が放っておくわけねえだろうが」

とうとうニヤニヤし始めながら答えるヴィーツ。
ユーノが彼に悪魔の耳と尻尾を見てしまうのは、恐らく勘違いではないだろう。
それからしばらく、近況報告の名を借りたユーノいびりが続いたのだった。


354 :Project AC 第7話  ◆rjU.EEAJoQ :2008/06/30(月) 22:55:38 ID:m/vNdDVG
数十分後、ようやくユーノいびりが終わった頃のことである。

「そういや、会議までまだ時間はあるな」
「・・・後5時間はありますね」
「んだよ、そんなに拗ねんなって。よし、今から俺のテントに行くぞ」
「はい?」
「むくれたお前に素晴らしい癒しを与えてやるんだよ」
「・・・まさか」
「そう!!愛しのマイ、ドウタァ、セフィロちゃんの寝顔を拝ませてやる!光栄に思えよ、ユーノ!」
「いやいや。普通に考えて、評議会の方に挨拶するのが先でしょう!」
「何言ってんだ!セフィロちゃんの寝顔はすごいぞー。癒されるぞー。第一、族長になる気がないんだったら、挨拶なんか後回しにしたって構わねーだろーが!」
「それとこれとは、話が別です!失礼じゃないですか!」
「失礼でもいいじゃねえか。むしろ、評価下げて族長になりにくくしてやろうっていう、この俺の深謀遠慮に気づけないのかユーノ!」
「嘘だ!絶対、今考え付いたでしょそれ!」
「ユーノが到着したと聞いて来てみれば、往来のど真ん中で何をしとるんだ、お前達は・・・」

親バカ全開のヴィーツにユーノが苦戦していると、通りがかったヴィエラが呆れた表情を浮かべながら声を掛けてきた。

「あ、ヴィエラさん!助けて下さい!ヴィーツ兄さんが・・・」
「いや、何。世界最高峰の愛しの娘について自慢していた所ですよ。なぁ、ユーノ!」
「「・・・・・」」
「それを聞いたユーノが感激のあまり、涙を流しながらセフィロちゃんに会いたいと申しまして!俺は、先に挨拶するように言ったんですけどね」
「「・・・・・」」

二人の冷めた視線を受けてもどこ吹く風と、嘘八百を並べ立てるヴィーツ。
親バカとは恐ろしいものである。

「ユーノ」
「はい」
「この親バカの相手は私がしておいてやるから、評議会の方々に挨拶して来なさい」
「分かりました」
「っち、しゃーねーなー。おい、ユーノ!挨拶廻りが済んだら必ず来いよ!」
「分かってますって!」

ユーノはそう言うと、その場を足早に去って行った。
いい加減ヴィーツの相手をするのにも疲れていたのかもしれない。


355 :Project AC 第7話  ◆rjU.EEAJoQ :2008/06/30(月) 22:56:12 ID:m/vNdDVG
足早に去っていくユーノを見つめながら、ヴィーツは先程とうって変わって真面目な表情を浮かべた。

「あいつ、変わりましたね」
「お前もそう見えたか?」
「ええ。昔の様な、何て言うんですかね、危なっかしさがなくなってます」
「気にする必要のないことまで心配するほど責任感の強い子供だったからな。」
「ジュエルシードの事件なんか最たるもんでしたよ。輸送船側のミスなのに責任感じるなんてバカもいいところだ」
「あの時は大騒ぎしたもんだ」

二人の脳裏をよぎるのは、幼き日のユーノの姿。
優しく、優秀で、子供とは思えないほど責任感のある少年。
それは周囲の大人達にとっては、自慢の種にも不安の種にもなりうるものだった。

「今のあいつなら大丈夫。きっと“あれ”を渡しても問題ないと思いますよ」
「そうか・・・」
「ヴィエラさん・・・。やっぱりまだ、心配ですか?」
「ユーノは私の息子同然だ。心配しすぎてもしすぎることはない」
「ヴィエラさんも十分親バカじゃないですか」
「・・・かもしれんな」


苦笑する。
彼を引き取り、様々な事を教えてきた。
炊事・洗濯・発掘の知識・考古学・魔法・・・。
しかし、自分はあの子に人へ頼る事を教えただろうか?
答えはNOだ。
教えた事を要領良く学び、どんどん実生活に反映させていった彼の能力は驚嘆に値するものだった。
しかしその反面、大概のことなら一人でこなせる様になってしまい、他人に頼らず、何事も一人で解決しようとする性格になってしまった。
そして、その悪癖を時間をかけて矯正していこうと考えていた矢先に、ユーノは管理局に入局したのだ。


「あの時は、本当に心配したもんだ。もし、あの性格のまま育っていってしまったら、将来取り返しのつかないことをしでかしてしまうんじゃないかってね」
「でも、そうはならなかった。それも、ユーノの彼女のおかげですかね?」
「なのは高町・・・。彼女には感謝しないといけないな」
「違いない」

そう言って二人は顔を見合わせると、どちらからともなく微笑したのだった。


356 :今更だが俺は>>322  ◆rjU.EEAJoQ :2008/06/30(月) 23:01:08 ID:m/vNdDVG
以上です。
注意書きにも書きましたけど、今回は捏造設定、オリキャラばっかりです。
多すぎるぞ、という文句は受け付けます。でも勘弁してください。
後、投下のペースが遅いぞ、という文句も受け付けます。でも勘弁s(ry
>>345さんの後にこんな拙い文章晒してサーセン。でもかんべn(ry

あと、前回の後書きで次回予告っぽく“魔王降臨!司書長絶体絶命!”なんてこと書きましたけど、半分ホントで半分嘘です。
一応、その時のやりとりは、今週中に番外編として投下するつもりです。

そいじゃ、失礼します。


357 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 23:11:14 ID:EXne2hCK
GJ!
なんだ、今夜は祭りか!?
ヴィクターとやらが族長に立候補したってのが気になるな。
そしてユーノに渡されるアレとは?
次回も期待してます。

358 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 23:12:53 ID:d9iWYyCm
>>350
20スレ。あのオチは何度見ても笑え──泣ける。

359 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 23:41:53 ID:Mmd5RyT8
>>358
八神はやて、ここにあり!! っていう感じのスレだったなぁ20スレはwww最初から最後までwww

360 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 23:51:21 ID:Vb9wuFa8
気になったので見てこよう

361 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 00:02:30 ID:/GqSXSYc
教導官がウルトラマンだけど、本人は殆ど戦わず、
むしろカプセル怪獣なフェレット司書長が基本的に怪獣倒してる
って展開をキボン

362 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 00:08:51 ID:gL4pbW+5
ウイ〇ダム、ミク〇ス、ア〇ラ
さて、司書長はどのポジション?

363 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 00:17:20 ID:t91v6ZMJ
>>362
個人的にウ○ンダムが一番好きだけども

基本的にカプセル怪獣フェレットさんの段階で敵怪獣倒してしまう路線で

364 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 00:33:12 ID:r1SfqQE2
>>356
GJ
しかしアレだ。親バカ項目出た瞬間、ヴィーツさんの外見が鋼錬のヒューズさんになってしまったんだが
……やべ、死亡フラグ?

365 :345:2008/07/01(火) 00:39:10 ID:Mp7fsn5V
>>356

GJですよーw
いやいや、更新まだかなーと思ってたら、丁度でしたね。

ヴィーツ兄さんが素敵すぎます。
いずれは司書長もヴィヴィオに対して、こういう親ばかになったりするかもw
番外編も楽しみにしてますよ。頑張って下さいw


楽しんでもらえたら何よりだけど、自分の今回の投下分はちょいと長すぎたなぁと反省。
電波受信が続く限り、こちらも頑張りたいと思ってますw

>>362
ゼロストーリーでのテクニシャンな怪獣の倒し方のせいで、
イメージ的にはウ○ンダムと思ってしまう。

366 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 00:39:42 ID:OA7yCIPu
>>362
司書長がミ○ラス、執務官がエレキ○グで懐かしの対決を

…誰もわからんかな?

367 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 00:57:05 ID:uc4flCln
急に電波が


学園時代のお話
同級生A「なぁスクライア、お前年上と年下ならどっちと結婚したい?」
ユーノ「う〜ん、年しt…」

ばきっ

ユーノ「!(まさか…ね)」
同級生A「で、どっちなんだ?」
ユーノ「年s…」

ばきっ

ユーノ「か、かりむ…(ビクビク)」
同級生A「?」





物陰にて
カリム「ユーノったら、毎日『男を幸せにするのは年上の女房』と耳元で囁いてますのに…」
ロッサ「義姉さん、板材割るの得意になってくね」

368 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 02:04:40 ID:ChCX3uYS
誰も居ない……。

よし! 今なら言える! あと三十分書き込みが無ければユノユノへの夜這いは大成功だ!!

369 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 02:05:49 ID:zkysPFFY
だが断る

370 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 02:08:46 ID:35++bnxJ
>>362
あれって合計5体いて、残り2体のうち1体は出て来れないまま行方不明、
もう1体は結局影も形も無いまんまだったんだよなぁ……
ちょいとこじつけ気味だけど、こっちにも該当しそうな気が……

371 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 02:09:14 ID:ChCX3uYS
(´・ω・`)

夜食のカップラーメンが出来る間も無いとは……。

372 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 02:49:20 ID:Q40uUmvw
こちらユーn…
コードネーム「フェレット」。潜入に成功した。
誰もいない。今なら言える。
クロノ好きだーーーーーーーーーー。
ついでにフェイトも。
あと30分発見されなきゃクロノとフェイトで性欲をもてあます。

373 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 03:06:18 ID:Jvq33CT5
却下

374 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 03:12:27 ID:QM244mhH
だが断る

375 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 03:28:16 ID:Q40uUmvw
こちらユーノ。
ハラオウン家潜入ミッション中にはやてと、なのはに発見されてしまった。
本部、指示をくれ。
1.性的に交戦してみる。
2.ドラム缶でやり過ごす。(=フルボッコ)
3.標的をかえてリンディーさんの部屋に。
4.スーパータイム中なのでアリシアとプレシアを次の標的とする。
なお30分間返答がない場合、自動的に4の選択肢を実行する。

376 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 03:30:34 ID:DAHpn0iu
4で良いよ

377 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 03:31:37 ID:K+Hhc6Iz
>>375
ああそうだ。4だ。
30分も待ってられない。

378 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 03:33:02 ID:Jvq33CT5
3で!!

379 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 03:45:11 ID:Q40uUmvw
>>376
>>377
>>378
なんでこの時間帯で5分以内に3人に発見されんだよw
ユーノのスニーキング能力はもうだめぽ。でも眠すぎだからまた深夜に。
さっさとbe your girlを片付けて書きます。スーパータイムが終わらない内に
選択肢は3と4の両方とも書く。ノリといきおいで。

380 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 05:29:41 ID:n8XqZFZ9
5.烈火の将の所に行って、匿ってもらうんだ!ユノユノ!
 そして、二人で昼過ぎまでねんごろだ!
 書庫の仕事?有給休暇で問題無い!!

381 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 05:58:19 ID:K+Hhc6Iz
>>380
有給以前に公休をとれ、と人事の名もないモブが嘆いています。

部署の待遇改善って監査に突っ込まれるからなんだよな。
無限書庫に監査が入ったらどうなることやら。

382 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 06:43:26 ID:N9fhWkUO
監査人が遭難します

383 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 07:38:53 ID:T4qelcpG
そういえば監査ってロッサのとこの管轄じゃなかったか?
無限書庫の現状絡みで二人の間にどんなやり取りがあったやら。

384 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 10:04:36 ID:fDmB9OxJ
今なら言える!
あと10分書き込みがなければユーノ先生は私がお持ち帰り!

385 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 10:09:59 ID:5x9fmbMb
少し、頭冷やそうか…なの

386 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 10:10:14 ID:lp7KFPgF
>>382-383
監査中に遭難しかかった査察官を司書長が救出
そして芽生える友情はやがて性別を超えた愛へと昇華していく…これね!
夏の新刊に間に合うかしら?

アアハヤテチャンゲンコウカエシテー

387 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 10:29:16 ID:nL/CEOdv
>>386
まぁ真面目な製本数と納期次第
緑屋が大手サークルだった場合、遅くても再来週くらいまでに入稿しないと印刷所が泣く

388 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 10:35:34 ID:SEIEfDl6
俺の中では緑屋はその筋のサークルではかなりの大手なイメージ。で。新興勢力で勢いがあるのがチーム・ナンバーズ
って所かなぁ。

でもナンバーズはクアットロ以外はそういうのに興味ありあそうな人があんまりいない気が……。ウーノ・トーレ・チンク
くらいかなぁ色んな補正を考えても。

389 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 11:15:35 ID:YrtxwB11
>>388
トーレ、だと……?
どっちかって言うとセインやウェンディの方がハマりそうじゃないか?
あと密かにノーヴェw

390 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 11:26:51 ID:Gu1CUMik
初めて手に取ったとき
トーレ「お、お、お、男同士で交わるだと?・・・ごくり」

はまった時
トーレ「んっ、はぁ、凄いこんな事までハァハァ」

問題ありませんねそして明らかにスレチですね申し訳ありません

391 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 11:30:39 ID:a2dKv+Cg
司書長も歴史関係のレポート同人誌とか出してそうだよな。
司書長の立場なら普通の本を出せそうとかそういうのはおいといて。

392 :流浪の者:2008/07/01(火) 11:52:50 ID:ZFMKMYmh
捏造と無理があるのは百も承知。
第二章第三話投下です。

393 :流浪の者 第二章(1/7):2008/07/01(火) 11:54:40 ID:ZFMKMYmh
「うわ…」
「ふふっ、驚きました? なのはちゃんも最初は驚いてたなぁ…」

くすくす、とおかしそうに笑うすずかの横でユーノは月村邸を見上げる。
そこには、人が住むには過剰ともいえる面積を誇る住居が存在していた。
スクライアとして世界を巡っていたユーノにとってそれはさほど珍しい光景ではない。
ミッドチルダを筆頭とした管理世界・管理外世界にはこれ以上の屋敷など腐るほどあったのだから。
では何故ユーノは感嘆と驚愕の声を上げているのか。
それは関心が邸宅そのものへ向けられたものではなかったからだった。

(な、なんだこのトラップハウスは…)

巨大な住居に住む人間というものはえてして資産家であり、当然彼らは防犯に気をつけている。
それは警報装置だったり、あるいはボディーガードだったりするわけだが…
月村邸にはそれらしいものは一切見当たらない。
いや、正確には『見当たるように設置されていない』というべきか。

『玄関までの舗装道周辺だけでも十はくだらないトラップが仕掛けられていますね』
(この前の遺跡のトラップも真っ青だよこれ。魔法技術が使われてないから魔導師だったら絶対引っかかるだろうし)

スクライアで培われた経験とナレッジの優れた探知能力。
その二つがあったからこそユーノにはそれが見えていた。
そう、一見緑に囲まれた月村邸に潜む様々な侵入者撃退用のトラップの数々が。

「それじゃあ、私の後ろについてきてくださいね」

にこやかに微笑むすずかだが、かけてくる言葉からしてトラップの存在を知っているのは間違いない。
現にユーノを見つめる瞳はかなり真剣だった。
暗に「言うこと聞かないとどうなって知らないよ?」と言っているようにすら見える。
とりあえず、ユーノはそれに気づかない振りをして大人しく少女の後ろについていくことにした。

……何故か半壊している邸宅の一角を目の隅に収めながら。

394 :流浪の者 第二章(2/7):2008/07/01(火) 11:56:26 ID:ZFMKMYmh
「初めまして、私がこの家の主の月村忍よ。こっちはメイドのノエル」
「ノエル・K・エーアリヒカイトです」
「は、初めまして。ユーノ・スクライアです」

すずかと別れ、応接間に通されたユーノは二人の女性と相対していた。
一人はラフな服装をしているすずかに似た女性、月村忍。
もう一人は彼女の後ろに控えるように佇んでいるメイド姿の女性、ノエル。
ユーノは正直かなり緊張、というか居心地が悪かった。
こういった場面にはそれなりに場慣れしているが、当主として現れたのが若い女性というパターンは珍しい。
また、それだけならまだしも、相手はこちらをジロジロと遠慮なく好奇心いっぱいで観察してきているのだ。
初心な少年の居心地が悪くなるのも当然といえる。

「忍お嬢様…」

と、流石にそれを見かねたのか、ノエルがたしなめるような声音で主の名を呼ぶ。

「あ、ごめんごめん。ええと、それでご用件は?」
「あ、はい。ええと、念の為お尋ねしますが。スクライアの名はご存知ですか?」
「ええ、勿論そちらのほうに依頼を出したのはうちの一族で間違いないわ」
「あ、そうですか。なら早速…」
「…なんだけど、その依頼をだした当人が今いないのよ」
「へ?」
「依頼を出したのは私の叔母なんだけど…今、その人は本人の都合で出かけてて、しばらく戻ってこれないの」
「え、そうなんですか…?」

思わぬ展開にユーノは考え込む。
何せ、依頼を出した当人がいない以上はどうしようもない。

「わかりました。それじゃあまた日を改めて――」
「あ、待って! でもちゃんと内容は聞いてるし、権限も委任されてるから」
「…そうなんですか?」
「ええ、ごめんなさいね。早とちりさせちゃったようで」

395 :流浪の者 第二章(3/7):2008/07/01(火) 11:58:20 ID:ZFMKMYmh
申し訳なさそうに頭を下げる忍にユーノは「いえ」と返事を口にする。
ユーノも、そしてノエルも気がついていた。
忍の口元が緩んでいることに、そして、彼女は最初から早とちりをさせることが目的だったということに。
主人の無礼にノエルはすぐさま謝罪の視線を少年へと向ける。
だがユーノは気にしないでください、と視線を返した。
そもそも自分は外見的にただの子供でしかない。
クライアントに侮られる事もバカにされることも既に慣れきってしまっている。
それに、忍は悪意を持ってそれをしたわけではないとわかっている以上、怒る理由もない。

「それで、依頼の内容なんだけど…」
「遺跡の調査、という話ですが」
「遺跡ってほど立派なものじゃないと思うけどね。うちの私有地の一角に洞窟があってね、頼みたいのはそこの調査なの」

忍の説明は次のようにまとめられる。
少し前から異常事件がここ海鳴で頻繁に発生していたこと。
最近はそういった事件はなくなって来たが、こうも妙な事件がおきては不安であるということ。
そして、事件の裏には私有地にある洞窟が絡んでいるのではないかということ。
それがスクライアに今回の依頼を出した理由だということだった。

「…? 何故、原因がその洞窟にあるかもしれないと?」
「うーん、あの洞窟は二百年以上前からあるらしいんだけど…どうも、妙なのよ」
「妙?」
「ええ、変な雰囲気があるっていうか…お化けでもでそうっていうか」
「…誰かその洞窟を調べたりとかはしなかったんですか?」
「うちの一族での掟であの洞窟には一族の者は入ってはならないって決められてるのよ。
 だからといって外部の人間に依頼するにもちょっと問題があるし…」

言葉を濁す忍だが、ユーノはそこを追求しようとはしなかった。
依頼者の事情には自分からは踏み込まない。
それが仕事の時のスクライアのルールだったからだ。
だが、そうなるとここで一つの疑問がわいてくる。
問題があるのに何故外部であるスクライアに依頼をしたのかという点だ。
いや、そもそも管理外世界の一族である彼女らが何故スクライアに連絡を取れたのか。

396 :流浪の者 第二章(4/7):2008/07/01(火) 12:00:07 ID:ZFMKMYmh
ユーノが族長から聞いている情報は少ない。
スクライアと昔縁があった一族から遺跡の調査依頼を受けた。
その遺跡は過去にスクライアが調査をしているから特に危険はないはず。
でも二百年以上も前の話だから当時の資料が全然残ってない。
だから詳しいことは向こうで聞いて自己判断で動け。
端的にまとめるとこれだけなのだ。

「えっと、これに見覚えはあるかしら?」

ユーノの疑問を感じ取ったのか、忍はテーブルの上に小さな機械を置いた。
一昔前のラジオのようなソレは、型こそ古いものの管理世界で流通している通信機だった。

「もしかして、それで…?」
「ええ、スクライアに連絡する時はこれを使えって伝わってたの。私は正直半信半疑だったんだけど…
 実際に動いて、こうして交信相手も現れたんじゃあね。信じるしかないし」

分解してみたけどサッパリ構造が理解できなかったわ、ちぇっ。
そんなある意味物騒なことを呟いている依頼主(代理)を冷や汗と共に見つつ、ユーノは即座に状況を分析する。
スクライアと忍たちの一族は二百年前に交流を持っていた。
が、それ以降交流はなく、お互いに相手の情報は時代の流れと共に消失している。
つまり、今回の依頼はダメ元的な部分が多く、自分が現れたのはかなり意外な事態らしい。
ここは管理外世界であり、相手は魔法のことを知らない可能性大。
でも通信機を初めとして自分の存在は怪しいところ満載。

(……こ、これはマズイのでは?)

たらり、と一汗。
遺跡には興味があるが、管理外世界の住人に次元世界及び魔法の存在を知られるのはまずい。
信用できる人であったり、仕方のない事情があるなら話は別だが、今のところ月村の人々はそのどちらでもないのだ。
が、しかし。

「それで、スクライア君は泊まるところは決まっているのかしら? 決まってないのならうちの客間を使ってもいいわよ?」
「え?」

397 :流浪の者 第二章(5/7):2008/07/01(火) 12:02:06 ID:ZFMKMYmh
逃走を考えていたユーノは思わぬ提案に間の抜けた声を上げてしまう。
自分の正体追求や事情説明を求めることもなく、いきなりの滞在許可。
予想外にも程がある。

「なんでって顔ね? 私としてはね、自分の家の土地に得体の知れないものがあるのは嫌なのよ。
 けど自分たちでは調査はできない。なら専門家に任せるのが筋ってものでしょう? それとも、依頼を受けてくれないのかしら?」
「いや、依頼はお引き受けしますけど…いいんですか?」
「構わないわよ。部屋なら泊めるほどあるし」
「いえ、そうではなく…見ず知らずの、それも自分で言うのもなんですけど…かなり怪しい子供に土地の中をうろつかせるとか。
 あと僕の素性とかそういうのは…」
「大丈夫よ、人を見る目はあるから。正直、この機械のこととか聞きたいことはたくさんあるわ。
 でも、君は話してくれる気はないんでしょう?」
「はい…すみませんが」
「なら何も聞かずに任せるしかないじゃない? それともスクライア君は何か私たちに危害を加えるつもり?」
「いえ、決してそんなことは考えていません!」
「なら問題なし。ノエル、彼を客間に案内してあげて」
「かしこまりました。スクライア様、こちらへどうぞ」
「え? え?」
「なれない土地に来たばかりで疲れているでしょう? とりあえず今日のところはゆっくり休んで頂戴。
 夕食の時間になったらうちの家族を紹介するから楽しみにしていてね」

何時の間にか月村家での滞在が決定していることにユーノは戸惑う。
が、女性二人はおかまいなしに事態を進行させていた。

「それじゃあ、今日からよろしくね、スクライア君♪」
「あ、はい。こちらこそ…って、あれ?」

何かがおかしい。
そんな顔を浮かべながらも引き摺られるようにメイドに連れられていく少年を忍はとてもイイ笑顔で見送るのだった。

398 :流浪の者 第二章(6/7):2008/07/01(火) 12:04:49 ID:ZFMKMYmh
「もういいわよ、恭也」
「……全く、いきなりにも程があるぞ」

ノエルとユーノが退室した後の応接間。
その窓を覆う長いカーテンの裏から一人の青年が現れた。
彼の名は高町恭也、忍の恋人である。

「それで、どうだったの、彼は?」
「悪意とか何か月村に危害を及ぼす目的があってきたとか、そういうのはないだろうな。なかなかいい目をしている。
 まあ、本人が言っていたように隠していることはあるのだろうが、それは単に彼自身の事情だろう」
「ふむふむ」
「あと、あの年齢にしては鍛えてあるようだな。一つ一つの動作が子供とは思えないくらいだ。
 他人の家の中だから、というのもあるのだろうが…あと、多分彼は俺の存在に気がついていたな」
「え、そうなの? けど、へえ…恭也がそこまでいうほどなんだ、あの子」

感心したように息を吐く恋人に恭也は溜息をついた。

「…しかし、それにしてもいきなり彼を泊めると言い出した時は流石に焦ったぞ」
「えー、いいじゃない? 害はなさそうなんでしょ?」
「俺の評価を聞く前の話だろうが。全く、この家にはすずかちゃんもいるんだぞ?」
「だからこそ、よ」
「何?」

思春期に入りかけている女の子がいる家に見ず知らずの同年代の男の子を泊めるのはどうなのか。
そう心配しての恭也の言に忍は笑ってその理由を口にする。

「すずかは恭也も知っての通り引っ込み思案で、自分から積極的に他人に関わろうとはしない。
 今でこそアリサちゃんやなのはちゃんのおかげで緩和されてるけど…」
「だが、それは」
「わかってる。それが私たちに流れる血のせいだってことは…現に私も似たようなものだったしね」

399 :流浪の者 第二章(7/7):2008/07/01(火) 12:07:34 ID:ZFMKMYmh
だから恭也には本当に感謝してるの。
そう愛しの女性にウインクされた恭也は少し照れながら続きを促す。

「スクライア君はね、そんなすずかが自発的につれてきた男の子なの。
 恭也にはわからないかもしれないけど…私もノエルも、そしてファリンも凄く驚いたのよ?
 いくらうちに用事があったからって、見ず知らずの…女の子ならともかく、男の子をあの子が一人で連れてくるなんて…」
「まあ、いいたいことはわかる」

優しげな表情で微笑む忍に見とれながらも恭也は頷いた。
すずかは押しに弱い性格だが、不本意な行動はそう簡単にはとらない。
それに、少なくともユーノを連れてきた時の彼女は嫌々といった感情は見せていなかった。
恋人の妹としてすずかとそれなりに親しい間柄の恭也にもそれくらいは察することができる。

「スクライア君は色々謎の多い子だけど、少なくとも悪い子じゃあないわ。
 幸いすずかも彼を嫌ってる様子はないし、折角だからこの機会に男の子にも慣れてもらおうと思ってね」
「やれやれ…妹思いなのは結構だが、付き合わされる二人には災難だな」
「なによー。ひょっとしたら一つ屋根の下で過ごしているうちに恋が芽生えるかもしれないし、そうなったら二人にとってもハッピーじゃない?」
「いや、すずかちゃんにはまだ早すぎるだろう」
「恋に早いも遅いもないわ! なのはちゃんだってひょっとしたら…」
「それはない。俺が言うんだ、間違いない」

真剣な表情で断言する恭也に、このブラコンめと心の中で呟く忍。
まあ、そんなところも好きなんだけど。
そんなノロケを口にしながら忍はもう一人のメイドを呼び、すずかを連れて来るように指示した。
話は決まった。
とりあえずまずやるべきことは残りの家族――すずかとファリンにユーノの滞在を伝えること。

(さて、あの二人はどんな反応をしてくれるかしら)

チェシャ猫のような笑みを浮かべながら忍は口元を緩ませる。
恭也はそんな恋人の心中を正確に見抜き、彼女の思いつきに巻き込まれた少年にそっと黙祷をおくるのだった。
――つい数十分前に、最愛の妹が少年にされたことを知らなかったがゆえに。

400 :流浪の者:2008/07/01(火) 12:09:33 ID:ZFMKMYmh
投下終了。
原作じゃあユーノが人間だったことに特に反応はなかったようですが、ここの恭ちゃんはブラコンなので同じことがあればユーノ君死んじゃいます。

401 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 12:28:07 ID:2yjhWUaP
乙ですが、相手が妹なら一般的に「シスコン」が適当かと。
なんにしてもユーノ君は危機だらけって感じ?

402 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 12:30:19 ID:ZFMKMYmh
ぐあ、確かにシスコンだ…普通にこっちのミスです _| ̄|○

403 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 12:39:46 ID:Gu1CUMik
>>402
何気にする事はない
一瞬なのははあれで男なのかと
色々な意味で危険になった哀れな男がここに一人居るくらいだ

404 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 13:40:13 ID:WmLwsiYx
>>403
ついついユーノきゅんに意地悪しちゃう思春期のなのはさんですね

405 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 13:40:47 ID:Jvq33CT5
すずかがメインか…いい感じに世間一般とは隔離されてきてるなー
でもそれですずか達まで魔法世界に引き込む展開は自分的にはちょっと…
さくら辺りは事情を知っていて黙っている予感がする。
冷たく言えば、戸籍も何もない人間にやらせて成功すれば良し死んでも問題にはならない。死んだ証拠なんて分からないだろうし
この分だと、とらハのメンバー出てくるんだろうな。久遠は出てきそうな予感が

406 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 13:45:05 ID:bvdNrGvU
>>400
なるほどこっちの世界では、ブラコン・・・。
つまりなのはちゃんかすすかちゃんと結婚したユーノ君にくびったけになっちゃうのね!!
そして死んじゃいそうなほどハードなことを・・・。

チンク、夏はこれで決まりよぉ!!今度こそサークル緑屋には、負けられないわぁ!!
アレ ドゥーエ姉さまナゼココニイルンデスカー

407 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 14:12:08 ID:G1Z+S8o+
流浪の人乙です。
スクライア、昔なにやってたんだw
これの恭ちゃんは、どっちかというととらハ型ですね。

はっ、これはさざなみで司書長がもてあそばれるフラg(ry

408 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 15:11:27 ID:nL/CEOdv
さしあたって日記を書くのは恭ちゃんか?

409 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 16:05:29 ID:Jvq33CT5
急に、シンデレラ男の子バージョンみたいなRPGの様な妙な電波が来た
断片的だけど、キャラのデータは大体こんな。発信するので受信したい人はどうぞ

・所属無し
ユーノ  :各国をぶらぶらしつつ本読んだり書いたりする賢者(本人自覚無し)。今のところタカマチという国家の図書館に棲息(多分)
リーゼ姉妹:ユーノと行動する獣人の双子姉妹の傭兵。元ミッド王国の近衛兵でユーノの姉代わり。
美由希  :騎士団をやめて修行中。商業国家ツキムラの新王恭也の血の繋がらない妹でなのはの姉。なので一応貴族

・タカマチ  特徴の無い普通の王国。なのはの名前と桃子のお菓子が有名といえば有名
なのは  :タカマチの第一王女にして魔法騎士団団長。尊敬というよりむしろ畏怖の目で見られてる。ユーノにお熱だが気付かれて無い
恭也   :第一王子なのに婿に出ちゃった王子。剣術の強さよりもむしろ天然の女性ホイホイと言う事で有名。多分今もそう
桃子  :王妃なのにお菓子屋さんをやってる。国民に好かれ、国民に理解のある国の母たる王妃として人気
士郎  :戦闘の分野においてはつよく、良い王なのだがいまいち王妃よりも影が薄い。
久遠  :タカマチとツキムラの間にある森の社に住む妖狐。ユーノやリーゼ達、恭也やなのはと旧知の仲

・ツキムラ 大商業国家。機械技術に優れる反面、魔法技術は無い。キドウとは王家の血筋が同じ歴史の古い国家
すずか :第2王女。なのはやアリサとは友人同士。ユーノが訪れてくれるのを健気に待つ正にお姫様。大人しいが決断力に長ける。
忍   :国の実権を半分以上握る実質的な支配者。現在は子育ての為か行動が控え目。高名な技術者でもある。
ノエル :侍女長兼近衛隊の隊長を務める冷静な女性。王族専門の料理も作る万能人間。恭也に堕とされた女性の1人。
ファリン:すずか付きのメイドでノエルの妹。ユーノとすずかの仲を応援するが彼女も微妙に・・・?
イレイン :王族にのみ仕える特務兵。魔法使いを好まない性格で、戦闘能力は全国家のどの騎士よりも高く、魔法が通用しない体質。なのはの天敵

・バニングス 軍事国家。でも平和的で犯罪も少ない。貿易で栄える国際的な国
アリサ :第2王女。双子の姉にローウェル姫がいたが幼い頃死別。勝ち気で負けず嫌い、でも心を許した相手には親身になって相手をする。国の中でも指折りの剣士
鮫島  :王家に仕える執事にして騎士。過去の経歴は不明だが、ツキムラのノエルに匹敵する万能執事。

・ミッド王国  不安定な合衆国。力はあるが自分たちこそ中心として振舞うので周囲の国からは煙たがられる事も多い。魔法中心国家
リンディ :侯爵夫人。見た目と年齢がどうしても合わない。国内の砂糖の1割は彼女が消費していると言われるほどの甘党。
クロノ  :リンディの息子の男爵。人使いが荒く部下に陰口を叩かれやすい物の、する事は大体正しい。
フェイト :滅びた国の王女。傭兵としてミッドの騎士団で従者のアルフと共に働く。最近リンディの養子になった。ユーノ達とは傭兵時代に知り合った。
アルフ  :フェイトの従者の獣人。ユーノとはかなりの頻度で会っており、リーゼ達を除けば一番親しい。

・ベルカ王国
夜天騎士団 ベルカ最強と言われたり言われなかったりするギャグ集団
はやて  :強大な魔力を持つ魔導師で騎士団長。ユーノを勧誘するたびに断られる不憫な人。多分一番ハブられるヒロイン
アインス :騎士団中はおろか、ベルカ国内でも最強の騎士。美人でスタイルも良く優しいが無口でいつも何を考えているのかよく分からない。
ツヴァイ :通称リイン。ユーノの協力によって生まれたため、ユーノを父と慕う。微妙に空気の読めない子。
ヴィータ :戦鎚を振るう騎士の少女。荒っぽく言葉遣いも荒いがまだまだ少女らしい部分が多い。一番騎士らしいと言えばそうかもしれない。
シグナム :一応強いのに働かない胸。時折家事をしてユーノに料理を振舞う時があるが、竹の開花並みの周期。
シャマル :腐女子。医療兵であり、家事も全般的に出来る。ただし料理は厳禁。全滅します。腐女子分をのぞけばわりあいとマトモ。
ザフィーラ:騎士団の良心。でも割と戦闘以外役に立たない。

410 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 16:11:12 ID:1ghNa5PR
とらハキャラが出てくる展開は勘弁と正直に言ってみる

411 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 16:12:21 ID:Jvq33CT5
・見習いナイツ  上司とかいません。新人パーティです。
スバル :教え子その1。あんまり考えないタイプ。気がついたら見切りつけられてた子。ユーノならいきなりベッドでもOKな暴走娘
ティアナ:教え子その2。スバルのあおりを喰らって師事途中でほっぽり出された。一応チームのリーダー兼おかん。
キャロ :万年発情娘(対エリオ専用)。ルーテシアとはエリオとパパ(ユーノ)をめぐってのライバル。表面純白裏面漆黒。
エリオ :自覚のあるせいで苦しむマキコマレスト。本人は静かに暮らしたいのに周りがそうさせてくれない不憫な子。

・その他
ギンガ  :スバルの姉で、現ユーノの教え子。リーゼ達の隙を狙ってユーノの隣の座を狙う。一応ミッド騎士団の騎士だけど職務不明
ナンバーズ:傭兵集団でもある旅の芸人一座。団長のスカリエッティがいなくても何とかなってるあたり彼の存在意義が…。
ルーテシア:久遠のいる森のはずれに母と住む蟲使いの少女。ユーノやリーゼ達の可愛い妹分。純粋にエリオに恋する無口な少女。
メガーヌ :森のはずれに娘と住む薬屋さん。ユーノの幼い頃からの知り合いで姉の様な母の様な。まだ若く、ユーノを再婚相手にしようか悩んでいる。
アイナ  :ユーノ達が頻繁に泊まる宿屋を経営している女性。ユーノ達にとっては家族同然の間柄


こんな感じ。連レスごめんなさい
旅してまわるユーノの仲間となるとリーゼ姉妹しかいなかった

412 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 16:18:00 ID:U/n3sJad
>>411
中々良さそうな設定だが、一つだけ

>気がついたら見切りつけられてた子

何があったんだ! っていうか先生は私に見切りなんかつけないよ!! 先生ならいきなりベッドでも外でもOKなのは
間違ってないけどね!

413 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 16:18:42 ID:bvdNrGvU
>>411
おいおいヴィヴィオがいないぞ・・・。
メガーヌさんがいてなぜヴィヴィオがいない

414 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 16:54:02 ID:G1Z+S8o+
>シンデレラ男の子バージョン
だから、ヴィヴィオが聖王として登場するんじゃまいか?

415 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 17:24:24 ID:T4qelcpG
しかしシンデレラってことは司書長は魔法使いのポジだよな?
となると肝心のシンデレラって誰?プレイヤー?

416 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 17:30:17 ID:lpL8+p1G
>シンデレラ男の子バージョン
つまり司書長がシンデレラポジってことじゃないか?
そんな事より>>411さんや、エイミィさんがいないのはどう云うことにょろ〜?

417 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 18:03:32 ID:GYK5Yeqm
             ,. -―――- 、
             ∧>-、 _____`ヽ
              /V⌒ヾ、| l7フ7///|
           /V     `´ ̄ ̄ ̄Vミ|
           ハ|/           |ミ|
         { f/  -、         {ミ|
         ヘ|  ゞ・>ソ {xニニ.    |:;ハ
          ∧   ̄ }   ゞ゚ー'   |{ }| 
         //}    /       r /:|,r'
       ./////X777Xァァイvx / /-―-、
_.. ‐ ニニ/:::::∨//\ ー-__ ,,`ヾハT ⌒ヽ \_
「「「「「「「「|:::::::::|\///>、/7ハ..x<7{ ̄´       ヽ「「Tゞ、
| l l l l l l |:|:::::::::l.  \//// | | | | { ̄    \ \ ∨///ク
|」」」」」」|/::::::::::|、〈ヽ `フー‐r―‐ゞヘ    ヽ   ∨/:::
:::::::::::::: /:::::::::::::|∧ ヘ〉∧::::::∧ にシ‐\        ノ|>、:::
:::::::::::::::|:::::::::::::::| ∨ / / ̄|ヘ__/  /::>r―   />':\
:::::::::::::::|:::::::::::::::| ヽ∨ |:::::::::|     /::::::::::  -' /:::::::::
:::::::::::::::|:::::::::::::::|    |:::::::::|   /:::::::::::::/::\_/:::::::::::::::ノ

418 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 18:09:48 ID:G1Z+S8o+
シンデレラというよりは、むしろ信長の野望というか(ry

419 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 18:11:18 ID:Dn5UnwEQ
>>418
無所属の司書長を主人公とするなら太閤立志伝の方があってると思う

420 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 18:12:14 ID:Jvq33CT5
>>412
ユーノに対して自衛用以外の魔法や戦い方を聞こうとしたので破門されました。
戦う事なんて愚か者のする事なので。故にユーノはあまり国や団体には干渉せずされる事も嫌います
>>413
電波が来なかったから。立場も変な物になりそうだったから
>>415
まだ見ぬヒロイン プレイヤーにしてRPGゲームにしても面白いかも。でもツクール持ってないし作り方も知らない
>>416
立場が分かりやすい人は説明省きました。マリーは国営の技術研究所の職員

421 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 18:13:12 ID:fb91TRpm
>>415
ユーノくんはもう魔法使いじゃないの!
性的な意味で!!

422 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 18:41:13 ID:WmLwsiYx
精通を迎えたりするとリンカーコアがどうこうして魔力量が上がったりしないんすか

423 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 18:56:00 ID:uc4flCln
>>418
司書長は竹中半兵衛みたいな軍師タイプが似合うと思う
なのはさんは信長うわぁ何す(ry

424 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 18:59:06 ID:zJ6qJjhT
>>421->>422
それなら、このスレでは精通目撃者であろうカリムは大罪人あつかいなのでは……
いや、無印〜As間の謎の空白期でのなのはでもいいけどさ

425 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 19:11:24 ID:nL/CEOdv
>>420
この世界のユーノは「長寿と繁栄を」なことを言い出しそうな気がする

426 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 19:17:10 ID:Dn5UnwEQ
>>425
ユーノ「我書物と共に有り」(今流行のカッコいいポーズ)

うんごめんねまた神オロチネタなんだスマナイ

427 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 19:23:12 ID:T4qelcpG
>>424
無限書庫勤務以降だと唯一の医療関係者であるシャマルさんが有力?

428 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 19:28:38 ID:WmLwsiYx
人間ドックか健康診断でシャマルさんにかかって
「あらユーノ君、依然と比べて魔力量上がってるわね……ハッ!」
とか言われるんですね

429 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 20:02:06 ID:ffju0Bgm
面白そうな電波だなあと思ってIDたどってみたら、ハァ
レスとか見るといつものヘイト臭がぷんぷんしてやがる

430 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 20:26:51 ID:WmLwsiYx
わざわざ報告することでもないだろうに
確かにヘイトが過ぎる嫌いもあるが、何度言えども
詮無いことだとはもう身に染みて分かってるんだから、
個人的に気に入らないレスがあればつつかずスルーし、
いちいち過剰に反応して泥沼を招くことこそ自制すべき

431 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 20:50:38 ID:bUr0Hoca
>>430
何度言えども詮無い、って……いくら言っても理解できないから、相手するだけ疲れるよって、駄目人間て認定したようなもんじゃんかよw

432 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 21:14:06 ID:nL/CEOdv
過ぎたるはなお及ばざるが如し
スルーし過ぎも問題だが噛みつき過ぎもどうかと思う

433 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 21:23:17 ID:il07SrX2
>>431
まさにその通r


それもわざわざ言う事じゃないぞ、うん

434 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 21:25:15 ID:GTYyMFed
まあ、一番の問題は、他人を不快にさせるようなことをするな、と再三言っても、それでも延々とヘイトを続けてる奴がいるってことなんだけどさ。
自分の好きなキャラで同じことされたら腹立てるだろうに、それが分からないのかね? それとも、どう反応するか実際にやってみるか?


まあ、冗談はともかく、昔はさ、やっちゃいけないことをしたら、親が叱ってくれた。公の場で馬鹿やってると、見知らぬ人でも叱ってくれた。
だからそこから学べたし、真っ直ぐ育ってこられた。
今はそれがないんだよな……他人の忠告や苦言なんて反発するだけで、いくら言っても理解できないんだろう。
というか、始めから殻に閉じこもってて聞く耳持ってないみたいだしな。ある意味、相当に「哀れ」な奴ではある。

435 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 21:31:43 ID:bELmkdoQ
いつものカスは少しでも叩かれたら即逃げるからな
今回も言うだけ言って逃走したようで

436 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 21:34:40 ID:C/J1kzwQ
こういう匿名掲示板では、気に入らない書き込みはスルーするしかない。流れを変えたければ、自分で電波や小ネタ
を振るのが良い。

という訳で、意外と綺麗なしぐしぐを妄想。いや、しぐしぐなんだけど、結構綺麗。

「私にとっての主は終生あの方だけだが、私が愛する男は終生お前だけだユノユノ。たとえ貴方が私を愛さなくても、
 別の誰かと結ばれても……それでも私は貴方を愛し続けるよ、ユノユノ。」

最近ちょっと酷いしぐしぐばかり書いていたのでそういうしぐしぐも書いてみたいなぁ、クーデレみたいな感じの。

437 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 21:36:12 ID:WmLwsiYx
シグナムさんだったら普通にユーノきゅんの年上お姉さんポジが好き

438 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 21:38:33 ID:5nuwmP3m
流れを思い切りぶった切りますがしぐしぐ日記外伝


出月頭日
今日はユノユノと奥さんが内緒で出かけようとしていたので、バックの荷物に忍び込んで付いていった。
ただ、いつもの買い物と違い、荷物の量からして今回は多分遺跡調査に行くのだろう。
どれ位掛かるか解らないが、荷物が開けられたら思い切りユノユノに抱きつこう。
驚く姿を見るのが楽しみだ。

超月太郎日
ずっと身体を丸めてたから節々が痛い。それにユノユノに飛び掛れず、危うく川に流されそうになった。
放置プレイもいいが、あの状態から置いていかれると見つけられなくなりそうだから、某光りの国のbRのヒーローが使う炎の技で脱出した。
そのまま勢いつけて抱きつこうとしたら、奥さんを中心に景色が闇に沈んで吹き飛ばされた。やっぱ奥さんつぇー。

巨乳月詰日
ユノユノを戦闘に遺跡調査が始まった。所々にある罠を看破し、的確に指示をする仕事顔のユノユノもまたかっちょえーーー。
そして幾らか進んだ所で、小さな各誌部屋へと続く穴を発見。ユノユノが危険は無さそうだというので、先に入って様子見を買って出る。
いざ中へ入ろうとしたら胸が詰まった。幾ら進もうとしても胸が邪魔で進めない。なんだか癪に触ったので奥さんにも挑戦してもらった。詰まった。
諦めるしかないかと思っていたら、奥さんはユノユノが持ってる本の中に消えてしまった。奥さん普段あの中に住んでるのか? まるでうちの末っ子のようだ。
って思ってたら普通にユノユノは先へ進んでいってしまった。放置プレイか。だがこのまま手をこまねいてる私ではない
けど、幾らがんばっても中には入れない……自分でも気付かない内にレバンティンを取り出してた。
そしたらユノユノと奥さんがすごい勢いで戻ってきて私を押し倒した。そういうプレイも悪くないが、突然すぎるぞユノユノ。
そんなに息を荒げると私の方の理性が保たなくなってしまうじゃないか。

病月人日
今日は久しぶりに会ったリインフォースUに、遺跡廻りをしたときの事を話した。
話しをしてると何時の間にかリインフォースUが小声で何かを話している。
「ずるいです……ひきょうです……どうしてしぐなむはユーノさんと一緒にいられるんですか」
どうやら軽く嫉妬しているらしい。ふっそれも仕方ない。これも愛人を認められるものとそうでないものの差なのだ。
「あ、解ったぁ……その胸なんですね、その体型でユーノさんに取り入ってるんでしょう? ね? しぐなむ?」
リインフォースUがこちらを向いてきた。おいおいリインフォースU、目のハイライトが消えているぞ。まったく、そこまでベルカ式に成らずとも良いだろうに。
「ずるいです、うらやましいです……リインにも貸してくださいよ……リインだってシグナムに力を貸したりするんですから、たまには良いでしょ? いいですよね? いいんですよね?」
HAHAHA☆ Uよ。私の首に手を回して抱き付こうとしてもユノユノの残り香は無いぞ。何故なら余す所無く私が嗅ぎ取っているのだからな。
と、思っていたらリインフォースUの体が消えた。どこへ行ったのだろうか? 取り合えずもうすぐアニメが始まるから帰ろう。

憑依合体日
リインフォースUに身体を乗っ取られました。
これは探しもせずに置いて帰った仕返しですか?
現在私の体は、普段のチャームポイントのポニテを解かれて、青味がかった髪を下ろした状態。
結構リインフォースに似てるかもしれないな〜。ところで、リインフォースUよ。そろそろ身体を返してくれないか。
もうすぐ再放送アニメが始まる時間なんだ。って、まったく聞いてくれないのだな。ああ、せめてタイマー予約だけでもしていってくれ。
そんな風に訴えまくっていたら、壁に向って思い切り頭突きされた。主導権はアッチにあるのにすっげー痛い。
反則だお。血がピューっと吹く虎並に出た。
そのままリインフォースUは何処かへと出かけるようだ。このルートはユノユノの仕事場か?
普段は来ちゃだめと言われてるが、今日は仕方ないな。何故なら身体を乗っ取られてしまったのだからな!
まったくリインフォースも仕方ないヤツだな。後できつく言っておかねばならぬ。
待っていろユノユノーーー!! と、叫んだら今度は鉄柱に拳を叩き込まれた。めちゃ痛いんですけどリインさん('・ω・`)

 この日記は途中からしぐしぐの脳内と、レヴァンティンの魔法情報を記録する部分にて書かれました。


439 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 21:41:28 ID:zJ6qJjhT
>>429
もしかして私か……言い回しに確かに「罪人」はひどい言い方だと書いた後に気づいたorz

>>437
シグナムさんの場合だと騎士でクールさをいかに壊してお姉さんポジに持っていくかがポイントですね、わかります
けど、普通のこの手の役って料理下手とか家庭技能に欠点が……ああ、レヴァンティン風呂の件があったか

440 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 21:44:33 ID:Zxe5HQgH
>>435
すずかの話でも振ってやれば、食いついてくるよ、たぶん。

この前、俺的月村家を語ってたから皮肉ってやったら、気づいた様子もなく熱く語ってくれたし。

441 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 21:50:06 ID:C/J1kzwQ
>>439
多分貴方ではないと思う。

>>439
GJです! 多分特定しましたwww遂に完成したのですね!
ところでこの後ユーノに性的な悪戯を仕掛けようとするリインU+シグナムを、ユーノがアインスとのクロスボンバーで
迎撃してリインUが衝撃で抜け出るという展開はまだですか!?

442 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 21:51:06 ID:C/J1kzwQ
>>438
でした済みません……orzお詫びに綺麗なしぐしぐを頑張ってみます……。

443 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 22:01:11 ID:nL/CEOdv
<チラ裏>
アンチヘイトに無闇に噛みついているのが
今のところ単発だらけという点が気になる
</チラ裏>

444 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 22:16:30 ID:bELmkdoQ
>>443
だから?^^;;;;;;;;;;;;;

445 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 22:17:56 ID:mv5V5vf4
喧嘩してる暇があったら仕事してって司書長が

446 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 22:18:17 ID:fb91TRpm
(ふぇ…ぎすぎすした空気……変えなきゃダメだよね…?)
パパ〜、ママとヴィヴィオと一緒に寝よ〜♪

447 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 22:19:41 ID:aSH+EB7L
流れ読まずに、明らかに悪い電波を受信してやってしまいました。
でも、投下します!!

448 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 22:20:04 ID:aSH+EB7L
無限書庫は管理局内一忙しい、という認識は間違ってはない。ただ、忙しい中にも波がある。
世間一般どおり年度末などは特に忙しく、逆にそれが過ぎれば、比較的ゆったりした時を過ごせるのである。
そして今、無限書庫は一年で最も過酷な時期を迎えようとしていた。

「司書長!また資料検索依頼が来ました!!」
「今度はどこから?」
「また民間からの依頼です」
この6月・7月あたりになると、管理局内はもとより、民間からの資料依頼が殺到する。
しかも不思議なことに、その内容が歴史や神話、漫画やアニメの設定資料というのが大半だ。

「あ、また今年も『緑屋』からの依頼来てますよ」
「どうせ例年と一緒の内容でしょ?B−L区画に集めてあるから、そこから検索してください」
「え??ちょ、ちょっと待ってください!おれがやるんですか!!?」
不運にも『緑屋』からの依頼を見つけてしまった彼には、心苦しいが犠牲になってもらおう。
「い、嫌です。絶対嫌です!!こんな***とか、△△△とか、○○○なんてワードで検索して、
 その上速読魔法なんて!!」
なかなか聞き入れてくれない彼を、バインドで簀巻きにしてB−L区画へと投げ込む。
数分後、「うほっ」とか聞こえてきたが気にしないほうがいいだろう。

「よし、これは出来た。次は、っと。・・・なにこの依頼者名?『紫の親子丼屋』?」
なんとも変な名前である。親子丼屋さんが無限書庫に何の依頼だろうか?しかも紫って?
まぁ、こんな変な名前の依頼者が多いのも、この時期の特徴の一つだ。
「で、依頼内容はと。なになに?フェレットの性態系?」
・・・ん?『性』態系?生態系ではなくて?
とりあえず検索かけてみよう、どうせ記入ミスかなにか・・・・うわ、HITしたよ。
それにしても、この人達はフェレットでも飼うつもりなのだろうか?

「今度は・・・・はぁ〜」
次の依頼内容を目にしたとき、もう溜息しかでなかった。
―12人の妹達がお兄ちゃんとキャッキャうふふな物語について―
どこの誰だ、こんなこと頼んできたのは。
『須加利悦亭』?なんだろう、なんかどこかで聞いたことがあるような・・・
検索してみると、第97管理外世界にシス○リという該当資料があったので、それを送っておいた。

「この依頼者は初めて見るな〜。『オッドアイ』か。なんか名前のわりに、字がやけに子供っぽいような」
欲しい資料は、―父親と娘が結ばれる物語―か。なんかやけにマニアックというか・・・。
しかし、さすが探せば見つかると言われる無限書庫だ。
いざ検索してみると、これまたなのは達の世界の『光源氏物語』というのに行き当たった。
こうしてみると、なのは達の国の文化って広くて深い、と思い知らされる。

449 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 22:20:34 ID:aSH+EB7L
こんな依頼者達の、こんな依頼を、こんな具合で裁いく。
と、そこへ一人の司書がやってきた。
「司書長〜。なんか同じ内容の依頼が何千件と来てるんですけど」
「へぇ〜、どんな内容?」
と、言いつつ毎年この時期にこんな多数の依頼がある内容は決まっている。
「えーと、『東京ビッグサイトへの行き方』ですって。東京ってどこでしょう?」
「ああ、やっぱりそれか。そういう依頼には全部このデータを転送しておいて」

〜〜東京ビッグサイトへのアクセス  
  @りんかい線 
  「 国際展示場 」駅下車 徒歩約7分
  大崎駅( JR ) ← 13分 [ 大人320円 ] → 国際展示場駅 ← 5分 [ 大人260円 ] → 新木場駅 ( JR、東京メトロ )
  Aゆりかもめ
  「 国際展示場正門 」 駅下車 徒歩約3分
  新橋駅 ( JR、東京メトロ、都営地下鉄 ) ←22分 [ 大人370円 ] → 国際展示場正門駅
  豊洲駅 ( 東京メトロ ) ← 8分 [ 大人240円 ] → 国際展示場正門駅
  B都営バス[大人200円] 
  東16系統 ( 豊洲駅前経由 ) :東京駅八重洲口 ← 約35分 → 東京ビッグサイト ← 約5分 → 東京テレポート
  海01系統 ( 豊洲駅前経由 ) :門前仲町 ← 約30分 → 東京ビッグサイト
  虹01系統 :浜松町駅 ← 約30分 → 東京ビッグサイト
   その他、アクセス方法は東京ビッグサイトHPをご覧ください〜〜

「その東京ビッグサイトってところで8月某日に、飛行魔法や移動補助デバイスの使用許可の申請が来てますけど?」
「無限書庫に申請するなんて、まったく何を考えてるんだろ。そういう人達にはこれを送っといて」

〜〜会場内では危険ですので絶対に走らないでください。ローラースケートやキックボード等も持ち込み禁止です〜〜

「あ、司書長指名の依頼もありますよ。なんでも、スクライア一族の快適な野宿の仕方を教えて欲しいとか」
「ん〜、教えてもいいんだけど、たぶん間違ったことに使われそうだからなぁ」

〜〜会場付近での徹夜行為は禁止です。朝6:00(5:00)以前の来場は一切認められません〜〜

「もう一つ、ユーノさん指名です。夏場のある施設内に長時間滞在するときに、持って行くといいものってなんですか?
 ミッドチルダ在住、マッガーレさんからです」
「チェックリストがあるから、それを参考にしてください」

〜〜財布、紙袋、ビニール袋、タオル、飲食料、カタログ、携帯、筆記用具、折りたたみ傘、制汗スプレー、団扇、ティッシュ〜〜

「あと全依頼を提出する時に、

〜〜カタログの諸注意をよく読んでください。
  コミ○カタログには、参加する際の注意事項が掲載されています。
  いろいろ便利な情報も乗っているので、必ず一度目を通してください〜〜

 って付けるの忘れないでね〜」

その後も、続々と資料依頼や質問が来たが、なんとかそれらをこなしていった。

450 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 22:21:08 ID:aSH+EB7L
そして、8月某日某所

ユーノは壇上へと上がる。
目の前に広がるのは、日頃から苦楽を共にし、修羅場を潜り抜けてきた司書達。
立ち込める熱気に汗が止め処なく流れる。しかし、彼らは一切それを気に留めていない。
彼らの黙してユーノを見つめる瞳が、士気の高さを感じさせる。
彼らが待つのは一声。始まりを告げる、ユーノの一声である。

我らは問う、汝ら何ぞや!!
我らはコ○ックマーケット準備会。
コ○ックマーケット準備会のスタッフなり!!
ならばスタッフよ、汝らに問う。汝らの右手に持つものは何ぞや!!
プラカードとトランシーバーなり!!
ならばスタッフよ、汝らに問う。汝らの左手に持つものは何ぞや!!
腕章とIDカードなり!!
ならば!! スタッフよ、汝らは何ぞや!!
我ら司書にして 司書にあらず。
局員にして 局員にあらず。
サークル参加者にして サークル参加者にあらず。
一般参加者にして 一般参加者にあらず!!
我らスタッフ参加者なり。
スタッフ参加者の群れなり。
ただ立って、参加者を見守り
ただ立って、規則を破る者を打ち倒す者なり。
最後尾でプラカードを振るい、トランシーバーで連絡を取り合う者なり。
我らスタッフなり、夏コミのスタッフなり!!
時至らば、我ら昼食の支給弁当をゴミ箱に投げ込み、腕章をもって、混乱を鎮圧する者なり。
されば我ら、徒党を組んで会場へと下り、隊伍を組みて布陣を布き、七百四十万五千九百二十六の会場の参加者と合戦を所望するなり
即売会終了の日まで!!

これより、夏のコ○ックマーケットを開催する!!

「今年も気合入ってますね〜、あのスタッフ達」
「まぁ、こっちは大助かりだよ。あれだけ真剣に、しかも10年連続でスタッフしてくれるなんて」

451 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 22:21:21 ID:uSDyp0Gv
>>7はアリサ

452 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 22:22:29 ID:aSH+EB7L
以上です。
もう勢いだけやってみた。行ったことないから想像だけど・・・

453 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 22:27:11 ID:ZvlOgkDM
>>452
GJ

よし、今後のためにも1度行ってみることをお勧めする。
なに、案じることはない。最初は苦行でしかないが、そのうち年2回の開催が待ち遠しく感じられるようになる。

さて、今年の計画でも立てようか……

454 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 22:29:52 ID:WmLwsiYx
>>439
 やっぱりまずはシグナムの土俵を活かして、もはや定番なの、なのはちゃんの大怪我後に
前線に耐えうる戦闘力をつけるため、あるいは無限書庫の内勤で鈍った体を鍛えなおすため、
たびたびシグナムの模擬戦に付き合うようになったユーノ君が良いと思います。
 弟分を見守る殊勝な姉のように、シグナムがユーノ君と親交を深めるのがメインではなく、
StSでエリオくんを師事することになってからしばらくして、ふとシグナムが、
「六課出来てからはめっきりだが、以前はユーノとよく訓練していたものだ」
と零したのを聞いたエリオ君が兄弟子のユーノ君に興味を持ち、無限書庫を訪ねたり相談事をしたりと
だんだんと親交を深めてゆき、ついにもじもじとエリオ君が兄弟というものに憧れていることを告白し、
「あの……二人きりの時は、お兄ちゃん、って呼んでいいですか?」

夏コミ新刊はこれにしましょう

455 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 22:33:59 ID:jv0VQr3e
>>438
ヤンデレUwwwGJ

>>452
行ったこと無いのかよwwwGJ

行った方がいいよ。俺の分も楽しんできてくれ。

456 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 22:39:19 ID:5nuwmP3m
>>452
一度逝って、ユニゾン率が高いと戻れなくなります。
実際、あの夏の日、人混みの中で魔力が高まっていくのを感じた。
それから抜け出す事のできない夢にどっぷりと浸かってしまいましたサー。

457 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 22:43:01 ID:dlI5KNyb
>>454
その新刊、四冊ください><

458 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 22:56:02 ID:/IL9mvf3
あっ、自分にも一冊お願いします!!!

459 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 23:03:09 ID:r8YBW2a2
>>409を見てたら、ユーノ賢者のくだりで何故かママトトを連想した俺。
戦闘は得意じゃないけどその知識と軍才で戦っていくナナスなユーノ。
無論モテモテ、しかしポイントが溜まったキャラから、カカロなのはの餌食に
なっていくという。ユーノ君は私のものなの他はすべて排除するの、的な意味で

460 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 23:19:38 ID:nL/CEOdv
>>456
んで翌日あたりで筋肉痛起こすんだよなw

461 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 23:31:45 ID:WmLwsiYx
確かに酷暑の中で人に揉まれるのは大変そうだがそんなに筋肉使うものなのか、夏コミ
司書長は分らんが、ショタユーノは遺跡発掘で同世代の並の少年よりは体力ありそうだな
翠屋JFCに体験入部させられたりする妄想が広がる

462 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 23:31:50 ID:T4qelcpG
>>452
ちょww腹筋がwwwGJ!!
そういや俺も行ったことないわ。

463 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 23:33:37 ID:Dn5UnwEQ
>>460
購入した物の重さでですね分かります

464 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 23:35:34 ID:2TYobi3h
ユーノ「な、なんなのこの行列は!」
シャマ・シャリ・クア・みゆきち「あれこそがコミケ永遠の最大手!」

「「「「男  子  ト  イ  レ  !  !  !  !  !  」」」」

コミケ参加者ではよくつかわれる冗談

465 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 23:39:05 ID:a2dKv+Cg
あー……トイレと飲み物はマジ困る。
飲み物は事前に用意できるけど、トイレはどこも満杯だしなぁ

466 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 23:40:23 ID:Dyo83nSp
一度いこうと誘われたけど
行ったらもう戻ってこれなくなりそう。中毒的な意味で。

467 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 23:40:44 ID:zkysPFFY
非常に唐突でなんだが、数々のサイトの影響をゆんゆん受けて
原作を見ていないにもかかわらず司書長好きになってしまった俺は異端ですか?
だが異端だとしても我が生涯に一片の悔い無し!(司書長スレに居続けたいため発言に偽りありまくりですが多分無害です)

(え?なのフェ?それ何語?)

>>450
こんなスタッフ達が居たら俺は最敬礼をする

>>464
実に同意w
一体何処のサークルなのかと(ry

長々とスマソ

468 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 23:41:10 ID:gL4pbW+5
一瞬何のスレかと思った

469 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 23:43:28 ID:zJ6qJjhT
コミケにいけそうにない貧乏地方人にはキツイ話題だぜ・・・・・・
いや、有名所とかは通販で帰るんだけど一度でいいからあの熱気を味わいたいんですよ。噂の台風が逃げたという程の熱気を!

470 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 23:49:49 ID:+pogqHlV
>>467
厳密なファンとかはなんかいうかもしれないけど、
基本的に好きって気持ちがあればなんでもいいぜ

471 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 23:52:25 ID:nL/CEOdv
コミケ特有の筋肉痛の原因
・キロ単位の荷物を三時間以上手に持って歩く行為
・熱による筋肉疲労
・時間帯や日程により発生する混雑に耐える


サークル関係なく発生するコミケ三大行列
・コンビニ入場待ち
・トイレ空き待ち(冬限定)
・公共交通機関の利用待ち

472 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 23:54:54 ID:F8oaIBt2
>>464
男子トイレの前で阿部クロノ×ユーノ本を……
いや、なんでもない

473 :be your girl:2008/07/02(水) 00:02:49 ID:Dyo83nSp
be your girlの三話目、なのはさんサイド
何もなければ0030ぐらいに投下します。

474 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 00:03:57 ID:Ddyf8sqE
>>473
かもん

475 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 00:05:22 ID:AzTuWP8U
>>470
貴官の助言に感謝する

さてアンテナを展開して電波が受信できないか調べるか…

476 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 00:18:47 ID:wn0XGV9z
最初品川駅で大きなお友達の大軍を見かけたときは仰天したな
興味を持ってついて行ってみたらその数千倍の大軍がいて二度仰天した
そんなことよりマジ暑さにやられてふらついてるユーノきゅんを
後ろから抱き締め支えてそのままドラゴンスープレックスかましたい

477 :be your girl 第03話:2008/07/02(水) 00:33:44 ID:MlpsdnbX
私の名前は高町なのは。ただいま20歳。時空管理局で白い悪魔をやっている。なの。
そんな私にも恋人できた。彼の名前はユーノ・スクライア。先月、彼に呼び出され告白された。
彼のことは10年も前から私のペットでパートナーで親友で恋人で将来の夫と私は思っていたのに。
そして私には10年の付き合いになる親友がもう一人いる。彼女の名前はフェイト・T・ハラオウン。
彼女は私と彼が助け出した。私に好意を寄せているようだが私より彼に惹かれているのはバレバレである。
もうみんな20歳である。ここは私が一肌脱ぐとしますか。

まず最初に私と彼の事情を彼女に見せつける。
「なのは、ダメだって。ヴィヴィオが隣の部屋で寝てるし。いつもはホテルなのに部屋に呼び出して。フェイトが帰ってきたら僕殺されちゃうよ。」
「大丈夫。ヴィヴィオは一度寝たら朝まで起きないし、フェイトちゃんなら今日は出張で帰ってこないから。」と。
ドアの隙間から見えた彼女は絶望の表情をしていた。くすくす。
次の日なかなか彼女は帰ってこなかった。ちょっとやりすぎたか。反省。
そして次の日に「フェイトちゃんは仕事で夜はいないから今夜は部屋を真っ暗にしておくから寝てるとこ…。」といって彼女が寝ているはずの部屋に彼をけしかけた。
彼が部屋に入っていったのを確認して中の様子を窺っていたら、彼が部屋から悩ましそうにでてきた。
なので彼のあとをドラム缶を使ってスニーキングして、彼が自室のドアを開けたときにRHでホールドアップして部屋の中に入った。
そしてお話聞こうとベットに押し倒したけど彼は決して口を開かなかった。ペットのくせに生意気だったからそのままおいしくいただいた。
次の日曜日に、彼に会いに無限書庫にいったら奥の本棚の裏で彼と彼女がキスをしていた。

ちょっと羨ましかったけど、いい傾向だと思う。このままいけば私と彼と彼女とヴィヴィオの明るい家庭はそう遠くはない。
さらに次の週の日曜日に、彼に会いに無限書庫にいったら司書長室で昼間から彼と彼女が…。
その日の夜、私は彼と彼女を部屋に呼び出し二人共々おいしくいただきました。
それからというもの私と彼と彼女とヴィヴィオは四人でうまくやっています。
まだ新婚気分でいたいから私と彼女はまだちゃんとゴムはしてるけどね。
そして今日は執務官の彼女が出張の日だ。そして彼女には内緒で彼が部屋に泊まりに来る日だ。
ヴィヴィオはもう部屋で眠っているはずだ。彼が来るのを部屋で待っていると私は強く後頭部を殴られて気を失った。

続く

478 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 00:53:43 ID:KahvunEe
GJ!
やっぱりなのはさんの仕込みかw

479 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 01:00:48 ID:nTMrv6fj
>>479
GJ!!なのはさんが黒い。

480 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 01:02:10 ID:Ddyf8sqE
>>477
乙やけど、終了宣言頼む

481 :be your girl:2008/07/02(水) 01:10:16 ID:MlpsdnbX
480さん。すみません。
次のヴィヴィオサイドに続く。
なのはさんは便利な人。作品的に。


482 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 01:16:46 ID:ke/nLowa
以前このスレで読んだSSだと思うんですが、

・成長したヴィヴィオとカリムの舌戦。カリムが「王を倒すのも騎士の役目」
とか言ってた。

・成長したヴィヴィオとヴィータのユーノ争奪戦。

この二つって書庫まとめにありますか?
知っている人がいましたら是非教えてください。

483 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 01:19:33 ID:Ddyf8sqE
>>482
下は光源氏計画で見つかる

484 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 01:24:19 ID:UG/k224G
>>482
上のSSも見た記憶があるので探せば見つかる

485 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 01:24:28 ID:Ddyf8sqE
>>482
せっかくだから、探してきた
上は37スレ、下は38スレにある

486 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 01:30:20 ID:Ddyf8sqE
光源氏じゃなくて源氏物語だった・・・連レスすまん

487 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 01:32:37 ID:MlpsdnbX
せっかくスーパータイムなのでプレさんとアリシアを考えているけど、
フェイトとプレさんは紅い眼でアリシアは何色だっけ?

488 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 01:33:41 ID:ke/nLowa
ありがとうございます。見つけることが出来ました。
優しい司書の方々に感謝。

489 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 02:03:34 ID:WQZQexTf
ちょいと遅レスだが、コミケの最大手といえば「女子トイレ」だろ。特にBL日の。
男子は大小分かれてて小の回転率がいいからそんなに込まない。探せばどっか穴場がある。西の外周辺り。

490 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 03:39:13 ID:OrDVyegZ
>>487
外見的なスペックは、アリシアとフェイトは全く同じなんじゃなかったっけ?

491 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 07:36:58 ID:xFT2QT1j
>>487
プレシアさんの目はラベンダーっぽい薄紫だったはず。

492 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 09:31:27 ID:AoeC9w9D
ふむ、今なら行けるか、10分書き込みがなければ司書長は私の実験台だ。

493 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 09:34:22 ID:exRViy0D
考えが甘すぎるの博士
ユーノくんを(新魔法の)実験台にしていいのはわたしだけなの

494 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 11:09:19 ID:1URWc4ri
そして実験台にされていいのはわたしだけなんだね。
ユーノ、次はいつ縛って……げふんげふん、新魔法をつくるのかなぁ。

495 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 11:49:37 ID:j122Jjjk
('A`)<身体を痒くする魔法を開発したよ。実験台ぼしゅ

496 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 11:52:42 ID:PzWlKk6H
>>494
( ´A`)<君はずっと縛られてるじゃないか、愛と言う名の鎖に。

497 :流浪の者:2008/07/02(水) 12:11:39 ID:+oq5zMFT
リリカルよりもとらハのほうに思い入れがあるせいか恭也もなのはもとらハよりに描写してしまう私。
ただ、あくまでこの世界はリリカルなのはの世界なので「いるかもしれないけどアニメではでてこなかった」人は出ません。
存在をほのめかす程度のことはしますけどね。
というわけで第二章第四話です。

498 :流浪の者 第二章(1/4):2008/07/02(水) 12:13:31 ID:+oq5zMFT
地球に到着した次の日の朝。
ユーノは新たな居候先となった月村家の食卓で首をひねっていた。
何故なら、自分以外のこの場にいる人間が皆珍妙な反応を示しているからだ。
忍は飲みかけていたトマトジュースを喉に詰まらせたのかゴホゴホとむせている。
忍の恋人と紹介された高町恭也はダラダラと汗を顔中に流している。
すずかは顔を真っ赤にして俯き、一言も喋ろうとはしない。
ノエルは一見無表情に周囲の状況を見ているようだが、どこか楽しげな笑みを口元に浮かべ。
そして、ノエルの妹として紹介されたファリンは何故か床に転んでいた。

(…なんでこんなことに?)

自分の一言がこの事態を引き起こしたとまるで理解していないユーノは今起こった一連の流れを思い返す。
昨夜、歓迎会のようなものを開いてもらい、家人と面識のできたユーノは誘われるがままに朝の食卓に座っていた。
挨拶を交わし、さあ食事に手をつけようという段。
そんな時だった、忍が自分に声をかけたのは。

「スクライア君、昨日はゆっくり眠れたかしら?」

それは客人を気遣う、家の主人としては当然の台詞だった。
だからこそその時、ユーノは正直に答えたのだ。
下のほうから何かが軋むような物音と男の人と女の人の声が頻繁に聞こえてよく眠れなかった、と。

(ねえ、ナレッジ。僕は何かおかしなことを言ったかな?)
『…ノーコメントでお願いします』

事情がわかっているようなのにも関わらず、それを喋ろうとしない相棒にユーノは首を傾げる。
まさか九歳の主にいえるはずがない。
貴方の部屋の下では昨夜、若い男女がギシギシアンアンしてました、などと。
それはナレッジの親心だった。

499 :流浪の者 第二章(2/4):2008/07/02(水) 12:15:23 ID:+oq5zMFT
「の、ノエルっ!? あなた彼をどの客間に…」
「忍お嬢様の部屋の真上の客間ですが、何か」
「あ、あなたねぇっ! それならそうといいなさいよっ! そうと知っていれば昨日はシなかったのに!」
「お、おい忍、声が大きい。すずかちゃんや彼に聞こえるぞ!」

かなり際どい台詞を喋りまくる忍の口を恭也は押さえつける。
が、時は既に遅し。
すずかは真っ赤に染めていた顔を更に赤く染め上げ、その赤みは首にまで達しかけていた。
ちなみに、すずかは彼らのやり取りの意味を正確に理解している。
一度、彼女は『現場』を見てしまったことがあるのだ。

「あ、あはは…えっと、スクライア君、気にしないでね。ちょっとした誤解だから」
「は、はあ…」
「さあ、食事を続けましょう。ほらファリン、何時までも転んでないで早く立つ!」
「は、はい!」
「あとすずか! 早く食べないと学校に遅刻するわよ!」
「う、うん!」
「ノエルは後で私の部屋に来なさい」
「忍お嬢様、今回のことは他の客間が清掃中だったからであり、特別な意図は…」
「だまらっしゃい! たっぷりお仕置きしてあげるから覚悟なさい!」
「そんな…元はといえばお客様がいるのにハッスルなさるお二方が…」
「久しぶりの恭也のお泊りだったから仕方ないじゃない…って何言わせるのよ!」

ノリツッコミを披露する美人女性をユーノはただ呆然と見つめていた。
幸いにも彼は会話の大半が聞き取れず、また意味を理解することができていなかった。
そういう知識自体はあるのだが、いかんせん実践経験も目撃経験もない。
だからこそ、そんな少年の純粋な瞳が忍には痛かった。

「恭也。食事が終わったらスクライア君の案内お願いね」
「うむ、承った」

何時の間にか背後に回り、ぽんと肩を叩いてきた恭也の顔は非常に形容し難いものがあった。
そうユーノが彼の妹にこの時のことを語るのはこれから十年後のことである。

500 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 12:16:28 ID:t6kyLUVg
そんなやる気のない顔で棒読みで言わないでくださいw

501 :流浪の者 第二章(3/4):2008/07/02(水) 12:16:37 ID:+oq5zMFT
「ほう、その歳でそんなことまで…」
「僕の一族では一人一人の自立が早いというか…とにかく人手が足りないんです」
「それにしても鍛えているものだ。どうだ、今度手合わせでも」
「うーん、僕の体術は対人戦が主じゃないので…それに、僕じゃあ恭也さんには全くかなわないと思います」
「何、手加減はするつもりだ。それに自分の力量をわきまえている君なら大怪我をすることもあるまい」

月村の土地を歩くユーノと恭也は会って間もない関係にもかかわらず談笑を交わすほどの仲になっていた。
妹(ユーノ場合は妹分だが)がいるという共通点はもとより、同じ『女性に振り回される臭』をお互いに感じ取ったのだろう。
彼らは歳が離れていることを気にすることなく意気投合を果たしていた。

「そういえば恭也さん。月村さんの家なんですが…」
「うん?」
「なんか壊れてる部分がありましたけど、あれって…」
「ああ、あれか。確かにあれを目にすれば気になるのも当然か。実はな、あれは猫にやられたんだ」
「は?」

目が点になるユーノ。
次元世界には熊をも捻り殺す凶暴な猫化生物が確かに存在する。
だが、地球には――とりわけ、このような場所にそういった生物はいないはず。
そんな少年の考えを読み取ったのか、恭也は苦笑しつつ「信じてもらえないと思うが」と前置きをする。

「忍の家では猫を何匹か飼っているんだが…そのうちの一匹がある日突然巨大化してな、暴れ始めたんだ。
 ちょうどその場に居合わせた俺も応戦したんだが、勝てなかった」
「は、はあ」

タラリ、と汗が流れ落ちる。
この時点でユーノは何か嫌な予感を覚えていた。

「結局その猫はある程度家を破壊するとどこかへ逃げていってしまってな。これはまずいと警察を呼ぼうかと考えたその矢先」
「ど、どうなったんですか?」
「帰ってきたんだ。元のサイズになって」

502 :流浪の者 第二章(4/4):2008/07/02(水) 12:18:37 ID:+oq5zMFT
そういえば晴れだというのに近くでは雷が落ちていたし、いや、アレは不思議な事件だった。
そう述懐する恭也の言葉を半ば呆然と聞きながらユーノは恐る恐るといった様子で問う。

「あの…それって、何時ごろに起きたことなんですか?」
「ん? そうだな、あれは確か――」

恭也の口から出てきた言葉にユーノは冷や汗が流れるのを止められない。
何せその時期はちょうどジュエルシードがここ海鳴にバラまかれた時期と一致していたのだから。

「その頃は色々と同じような不思議な事件があったものだ。巨大植物の暴走などということもあったしな」

まあ、どの事件も何時の間にか収束していたが。
その説明にユーノはいよいよいたたまれないものを感じてしまう。

(ナ、ナレッジ…)
『残念ですが、月村家の庭にはジュエルシードの魔力の残照が』
(やっぱりー!?)

度々起こっていた不思議な事件。
ジュエルシードの輸送事故から端を発したPT事件。
その二つの事件が見事に頭の中で一致する。
ユーノ悪い予感、的中である。

「しかしまあ人的な被害がほとんどでなかったことが不幸中のさいわ……うん? 何をしているんだ、ユーノ君」
「お願いします。少しの間僕の行動をほうっておいてください」

突如月村家に向けて土下座を始めたユーノに恭也は疑問の声を上げる。
しかしユーノは断固としてその行為を止めようとはしなかった。
ジュエルシード発掘の責任者として、そうせずにはいられなかったのだ。
たとえ、意味のないことだとわかっていても。

……なお、ユーノが土下座を止めたのは恭也の時計が一時間の経過を確認した頃であることを記述しておく。

503 :流浪の者:2008/07/02(水) 12:20:23 ID:+oq5zMFT
投下終了。
何か脇役の人たちが出張ってますが、彼らが目立つのはここまでです、多分。
基本はあくまでユーノとヒロインたちですから。

504 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 12:31:39 ID:3Dy92G1P
>>503
おおうGJ! しかしお客さんが来ている時くらい自重しろwwwしかも月村家は壁とか厚そうなのに聞こえまくるって
どんなプレイをしてたんだwww

505 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 12:35:09 ID:t6kyLUVg
間に入り込んで本当にもうしわけございませんでした。
油断したw

しかし、なにやってるんだ恭ちゃんw若いぞw

506 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 12:44:57 ID:di4QpQja
GJ
恭ちゃん猫と戦ったのかよ・・・。
なんか勝てなかった理由はかわいくて攻撃できなかったとか
なんだろうなぁ・・・・。

507 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 12:52:23 ID:1URWc4ri
>>503
GJ
アレだ、JS猫に勝てなかったのは殺しちゃマズいのと、やっぱり人間相手と巨獣相手じゃ勝手が違うからだよ。
動物っていうのは只でさえ強いのに、それがあの巨体になるんじゃ御神流でも止めきれないのは仕方ないと思う。


508 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 13:19:43 ID:IjRg3il5
むぅ仕事中VガンダムのリーンホースJr特攻のシーンが
司書長達に置き換えられて流れたんだがどこの電波だ?

509 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 13:34:06 ID:5XM8CP6l
オリキャラSSとなんら変わらんな

510 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 13:46:35 ID:Y7uNSx/Q
>>509
具体的にどこが?
ケチ付けんだからそれぐらい言えるよなカスwwwwwww

511 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 13:59:37 ID:di4QpQja
>>508
ターンAだったら俺だったんですけどね
お姫様はアリシア、フェイトで

512 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 14:03:28 ID:IjRg3il5
>>511
どっちが月でどっちが地球の姫さんだ?

513 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 14:24:27 ID:di4QpQja
>>512
イメージ的に
月がアリシアで地球がフェイト
司書長はもちろんロランです(ほとんど敵を殺してないし、平和主義者だしな)
ギンガナムはもちろんスカ

514 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 14:31:16 ID:CFRZDMFc
>>513
ユニバァァァス!!やら恨み殺すからなぁぁ!の人はエリオがやるのか?
泣き虫ポゥはまちがいなくティアナなのは鉄板でしょうね、ヴァイスが黒小山な上官にて



しかし某エロ板も最近は酷いですね……
あの手の話題を見ると、純粋にキャラを愛したりファンであるという事はどういう事なのかと考えたくなります

515 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 14:37:06 ID:IjRg3il5
>>513
ユーノ×アリシアですね分かります
となるとぴったりじゃないか(スーパータイム的な意味で)

516 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 14:38:42 ID:1URWc4ri
そういう話題をイチイチ持ち出すのもいただけないがな。

それはそうと御曹司は誰だ? クロノか?
でも、リリなのだとああ言う真性の変態いないんだよねぇ
お禿の作品に出てくる奴等が変態すぎるっていうのもあるけど。

517 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 14:43:25 ID:IjRg3il5
>>516
ロッサで良くね?(マッガーレ的な意味で)

518 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 14:43:33 ID:CFRZDMFc
>>516
すみません、ついあの発言&流れについ頭にきまして……司書として未熟すぎだろうorz

別に御曹司はクロノ(スレ補正)かはたまたロッサなのか……リリー婦人は是非ともリンディさん?
それにこのスレに会いそうな御禿様作品…やっぱブレンパワード?

519 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 15:04:01 ID:wn0XGV9z
つい頭にきて、って激情に突き動かされて書き込みしている点ではどちらも同じ
ブチキレしたユーノきゅんを見てみたひ

520 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 16:26:13 ID:i0B1OUkG
「よくも(腰が)動くの…(性的な意味で)ニュータイプとでもいうの!?」

「なんとおぉぉぉぉぉ!!」

521 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 17:14:34 ID:wn0XGV9z
もう海開きしてるところはしてんのね
ユーノきゅんの水着姿でも拝んでくるか

522 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 17:38:10 ID:cH1rlBQ0
もう夕方なの

523 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 17:59:01 ID:MuXDQW3D
>>521
女の子かと見間違えてしまうような柔らかそうな体つきのユーノキュンか
かわいらしい顔にして無駄な脂肪がなく引き締まった体の司書長
どちらがいいと思いますか?

524 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 18:00:57 ID:hNX/MiJO
>>523
「おにゃのこが海パン履いてやがるううぅぅぅぅ!?」と勘違いされるほどエロい身体をしたユーノきゅんがいいです。

525 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 18:11:11 ID:j122Jjjk
ハプニングで海パンからまろび出た司書長のフェレットの立派さに赤面するお嬢様方ですねわかります

逆パターン(お嬢様方の水着がほどける)もまた風情がありますな

526 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 19:14:36 ID:wn0XGV9z
10、11歳頃にボブからセミロング位になったユーノきゅんが
ソニックフォーム、もといショートスパッツ型の水着を履いて
上半身裸だったら、悔しいですが前屈みにならざるを得ませんね

527 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 19:16:07 ID:7EgYlQWu
>>525
何を言うか。

「ふ、ふえぇっ……!?」
「な、何、どうしたの?」
「お、大きくなるのは知ってたけど、ま、前に見た時はあんなにかわいかったのに……
何その「キンキンキン」なサイズっ!? 詐欺だよーっ!?」
「いや……そんなこと言われてもさぁ……」

てな感じで、ノーマル時と臨戦態勢時のサイズのギャップがいいんじゃないかw

528 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 19:57:03 ID:Ddyf8sqE
>>525
黒章のお嬢様パターンか

529 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 20:08:50 ID:cH1rlBQ0
パパのフェレットさん〜♪

530 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 20:13:39 ID:CFRZDMFc
>>525
シチュ的には水泳勝負の連続で無理に泳ぎすぎて、競争中のど真ん中で足を攣ってしまうすずか
慌てて飛び込んだ(フローターフィールドはなし)ユーノが駆けつけるけど慌ててしまって互いの水着が取れてしまう
それに気遣いで沖にあがって阿鼻叫喚なんですね(その際に漂う二人の水着を見つけた人がるならよし)、わかります

>>527
膨張率が酷い事になっているんですね、わかりますw

531 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 20:18:42 ID:KahvunEe
>>530
でも冷静な司書長ならそうなったらバリアジャケット構築して凌いじゃうんだろうな…
用途を考えると水中でも再構築できなきゃおかしいわけだし。

532 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 20:30:46 ID:SIaXF7jd
結界魔法の応用で海をモーゼのように真っ二つに…でも海水浴場って奥は結構深いから場所によってはすずか今度は落下して怪我しちゃうか

533 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 20:32:08 ID:CFRZDMFc
>>531
ならバリアジャケットを解除したら、うっかり衣服は元のままと言ううっかりぶり?

534 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 20:33:21 ID:GUr02dXu
そういえば今話題の魔法の水着(レーザーレーサーの方)は数回着るだけで破れるとか。

535 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 20:45:19 ID:xFT2QT1j
>>534
「最近地球でこんな水着出来たんだよ。着るとすっごく早く泳げるんだって」とか言ってユーノ君に着せるわけですね、分かります

536 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 20:50:40 ID:t6kyLUVg
あの水着って一人で着られないんだっけ?

537 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 20:54:51 ID:GHlTZrJQ
あの水着、着るのに数人がかりで30分かかるとかw

フェイト「大丈夫! 私達にまかせて、ユーノ!!」
はやて「準備は万端や!」
アリサ「デジカメは準備OKっ!!」
なのは「うん!記録用のカメラもちゃんと業務用を用意したよ!!」
すずか「だから安心して身を任せてね、ユーノくん♪」


こうですかわかりません

538 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 21:07:50 ID:5HL8Z/T+
着替えている途中でムラムラしてイチャイチャするんですね、わかります。


539 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 21:16:24 ID:xFT2QT1j
着せる前に色々しちゃうので結局着て泳ぐ事はなかったわけですね。

540 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 21:22:16 ID:LPlosaZ7
ヴィヴィオ「なのはママ〜、あのねあのね、今日は学校の体育の授業でジュードーをやったんだよ。」
なのは「あらそう。上手く出来た?」
ヴィヴィオ「うん、少しだけ出来た〜。ネワザって言うのもやったよ。でもなのはママには敵わないよ。」
なのは「え?どうして?」
ヴィヴィオ「だってなのはママったら毎晩ユーノパパと一生懸命ジュードーのネワザしてるじゃない。」
なのは「え///////////////」
ヴィヴィオ「ヴィヴィオ知ってるよ。毎晩毎晩飽きもせずに汗だくになるまでネワザしたりしてるの。」
なのは「え…ええええ///////////////」

もし仮に司書長が柔道やったとしたら、立ち技では簡単に投げられてポイント取られるけど
その後の寝技であっさり取り返しそうなくらい寝技が上手い男になりそうな気がする。

541 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 21:25:22 ID:CFRZDMFc
>>538-539
「もう新品なのにぐしゃぐしゃになってるじゃない……どれだけ溜まってたのよ」
「ちょっとお腹の中がすごいことになっちゃうよ〜]
「やっぱりすごいね、ユーノのo……」
「フェイトちゃん自重してな、あ〜にしてもシャワー浴びへんとあかんな〜♪シミにならんならええけど……」
「もう〜〜!! ユーノくんのよくばり! 食いしん坊! わたしだけでもの足りないなんて……」

以上、現場からの一声でした……電波こねぇorz 

542 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 21:55:28 ID:t6kyLUVg
スピードの水着で夜の世界新も目指すと(ry
そういや、ミッドとかに魔法技術を競うオリンピックとかあったりしてな。
超長距離射撃部門とか、トンデモ障害物競走とか、100km飛翔とか。

543 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 22:13:05 ID:KahvunEe
>>542
司書長の得意分野だと競技にしたら地味になりそうなのがなんとも。
映えそうなので思いついたのが魔力弾の速射競技。
もちろん使用デバイスは(個人用の調整はあるにしろ)共通で、
本人の適性に関わらず純粋に魔法の構築と発動の速さ、そして正確性を測る競技。

……ふと、アドバイザーとして協力する誤射事件前のヴァイスと、
司書長の競技を憧れに満ちた瞳で見つめる幼いティアナを幻視した。

544 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 22:23:03 ID:di4QpQja
>>542
ふむ、司書長が似合いそうなのは
シンクロナイズスイミングとか新体操とかだな(男子ないけどな新体操)

ウォーターボーイズとか連想してBL想像したやつは、負けです

545 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 22:27:24 ID:Cs9oVBXq
お前ら性的表現多すぎ。
もっと純粋に司書長に萌えれないのか。

546 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 22:30:22 ID:GHlTZrJQ
>>545
純粋に司書長に萌える → 素材重視 → 服は邪魔

こういうことですねわかります
というわけでユノユノと裸の付き合いをしてこようとスイマセンオクサンカンベンシテクダサイ

547 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 22:46:39 ID:CMZjT0rZ
ユーノ、じゃ、夏休み暇な日があったらわた…執務官と海に行こ!
プライベートビーチに招待したげるよ!
(新しい水着も新調したしユーノを悩殺してその勢いでその夜しっぽりしちゃうぞ!)

548 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 22:51:11 ID:QBgy4Enm
アリシアが仲間に入りたそうにこっちをジーと見ている。

549 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 22:55:05 ID:AoeC9w9D
その後ろからプレシア母さんが嬉しそうにアリシア見ている!

550 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 22:56:59 ID:tnrC4lYf
フェイトさんが新調した水着は実は紙製で、海に入った途端に水着が破れ素っ裸になり、プライベートビーチなのを良い
事にそのままユーノとにゃんにゃんしちゃうと予想。

ただし、気をつけないと教導官や部隊長のゴルゴばりの遠距離狙撃をされてしまうので頑張れ、といったところか。



でも個人的には海はスバルが良いなぁ。それほど際どい水着を着ている訳でもないのに健康的な色気をふりまいて、
ユーノを振り回すとか良さそう。

551 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 23:03:27 ID:Ddyf8sqE
>>550
ビキニじゃないセパレートタイプとか似合いそうな感じがするな

552 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 23:04:08 ID:t6kyLUVg
スバ犬の水着姿は健康的なエロさです。
三人娘の狙ったエロさとは違うんだよ!
フェイトさんは天然でエロいか・・・

553 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 23:04:54 ID:CFRZDMFc
何か電波が着たけど、何ゆえにノエルさんの日記??? とりあえずこの流れにそって書いてみた


●月☆日
今日は業務に加えて毎年恒例となった別荘への避暑旅行の買出しに出かける事になった
必要なものは既に現地いりしているファリンが粗相を犯していなければ問題はない……筈。ですが忍様やすずか様の水着だけは購入しなければならない事実
熱心に試着を繰り返す忍様は勿論、ツートンのラインワンピースとパープルのビキニを手に苦悩するすずか様の顔は何時もより何処となく嬉しそうにしている。
……無理もないことです。今年は管理局にいかれたなのは様達に加えてユーノ様も旅行に参加されるのだから
願わくはすずかお嬢様の真摯な思いが届く事を……相手は恭也様クラスの鈍感さですが。あと忍さま、私はそのような黒の紐ビキニなど着用しません

■月◎日
旅行初日からお天気のも快晴そのもの。
気持ちいい夏の日差しが心地よい始まり…とは、すずかお嬢様にはいかなかったようです
現地までのお車のメンバー決めからも激しい火花とくすぶる女心がぶつかりあう結果になってしまい大変な結果に
結局、部屋割り込みで殿方は殿方かつお嬢様方はお嬢様方という結末に終わってしまった
業務も方は特に変化もなくさし当たっての問題もないというのに……ふと、格お部屋に明るい子供計画を置いて置くのを忘れていたことを思い出した
本当に私の知る殿方みな鈍感という気質の割には、営みには紳士的であるから時折わからなくなる

☆月×日
本日は近くの海にて海水浴に向かう事に
……ということになっていたのですが、皆様が中々に脱衣所から戻ってこないという事態
シャマル様を初めとした一人m…失礼、女性メンバーは困惑しておられたが一通り言いくるめておいた
「なんですかーあてつけですか、それ!」と言い始めた頃に、皆様の着替えが終わったようで、いきいきと出てきた。
……予想通りにユーノ様の顔色は悪かったですけど。逆に恭也様や士郎様はなんともないご様子なのは年輪を重ねただけのことはあるからでしょうか
すずか様の水着は先日買い物で決めたパープルのビキニ……ではなく以前からお持ちだった白のセパレート
その後は、ここぞとばかりに皆様も遊泳するなり読書するなりビーチバレーにあけくれるなど自由なひと時を
印象的だったのは、何故か「いぬ●けで●〜」とリイン様に指を指されていた砂に埋められたシグシグ様でしたけど


554 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 23:06:47 ID:N0K6X9De
ってか、部隊長は狙撃は苦手そうだが・・・
まぁ、したら範囲広すぎてプライベートビーチごと吹き飛ばしそうだが・・・

555 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 23:42:24 ID:di4QpQja
一応シグシグもあるんだけどね、遠距離攻撃
・・・なんでだろう当たるイメージがまったく浮かばない

556 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 23:43:29 ID:zoCQNeO4
>>555
嫉妬に狂ったシグシグは涙で前が見えなくなっています><

557 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 23:49:23 ID:1URWc4ri
それはシグシグでイメージしているからだッ!
ちゃんとシグナムでイメージすれば命中しているヴィジョンが見えるぞ!


む、なんだアギト、その目は。

558 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 23:53:38 ID:CFRZDMFc
>>557
むしろあれだよ。シグシグモードだと

的を敵とイメージする、そして近くにユーノきゅんがいる
      ↓
大変!ユーノきゅんに当てられないよ!なら必殺必中で敵に当てる
      ↓
敵を倒して感謝するユーノきゅんを戦闘の興奮やめならぬ勢いでお持ち帰り…・・・な勢いでトレーニングしているよ、うん!

559 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 00:12:29 ID:iO5xhUu8
>>558
敵を射止めるのではなくユノユノのハートを射止めるとは・・・
ちょっとショックですね

560 :名無しさん@お腹いっぱい:2008/07/03(木) 00:14:43 ID:TIck2kpO
今週のジャンプで耽美ギャグの読み切りマンガがあったんだが、
緑屋の面々とかは、ああいう感じの作品を読んだりして、
司書長主人公にした作品を考えたり描いたりして
「み な ぎ っ て き た ー !!」
とか言って楽しんでるんだろうか・・・?

561 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 00:27:35 ID:EV/nrHLe
>>560
いや ないだろう・・・。
俺のイメージはカイジとかでそーゆう感じになってると思う
・・・久米田先生の漫画のBL情報しか詳しくしらんがな

562 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 01:21:53 ID:cR+oSRpV
>>560

俺的に、「ぬらりひょんの孫」の主人公(名前シラネ)っぽい司書長も見たいんだよな。

563 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 01:43:15 ID:Nj69WrKl
>>562
よく知らんが、二重人格みたいな司書長ってことか?

564 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 01:45:39 ID:TzV/qGRM
攻撃と防御の融合…それがスクライアのあるべき姿だ!

565 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 03:29:03 ID:WS2WCs/Y
キョロキョロ…誰も居ないみたい…
10分レスがなかったらわた…ティアナが…その、寝ているユーノ先生の…
く、くちびるに…キ、キキキキスできる…///

566 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 03:34:35 ID:EvlCzJ+g
残念やな、それはただの夢や・・・

567 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 03:34:48 ID:JtGcxrUq
>>565
そこのこそこそ隠れているツインテール。
またぁ、血ぃ見たいのかな。

今度は手加減無しの全力全壊殺傷モードでゆくからね。

568 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 03:50:09 ID:6mFe5MVM
そんなSSが最近在ったような。
さて、幻術では自分に都合のいい幻は見れるのかしら
使いようによっては、酷く切なくなるけれど

569 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 07:24:55 ID:4AcKWc6a
おや、執務官が上になっているのは珍しい。

いや、スレの並び的にね? 決して騎じ(ry

570 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 08:21:44 ID:UiiELTa+
ユーノさんに賢者の石と神槍グングニルを渡したら…

571 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 10:17:03 ID:SVfytHG2
大分暇になってきたし、あて10分依頼がなかったら今日はもう休んでもいいよね?

572 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 10:57:06 ID:TVxpqMWJ
>>571
やったね休みですよ
571だけに誰もコナイ(ry

573 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 11:07:34 ID:IOrL9SGB
OK,司書長。良い休暇を楽しんでくださいね……
さて、業務中の司書は誰と休暇をすごすかトトカルチョしてみないか?ほら、ちょうど無限書庫の入り口に噂をかぎつけてきた人達もいるわけだしw

574 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 12:01:47 ID:T+zN8PUh
>>573
そんなの教導官と一緒に過ごすに決まってるの!
ヴィヴィオも交えてお昼ご飯はそうめんなの!
そして夜は一緒にフェイトちゃんをたべるの!

575 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 12:03:42 ID:hdissfS6
さて、せっかく休むんだし論文でも・・・・あれ?なにかあるのかな?

576 :流浪の者:2008/07/03(木) 12:16:44 ID:Mrai5Uid
ぼちぼち投下ペースが落ちてきそうな今日この頃。
第二章第五話です。

577 :流浪の者 第二章(1/7):2008/07/03(木) 12:18:00 ID:Mrai5Uid
「うあああ…」

洞窟の入口でユーノは頭を抱えていた。
既に恭也は家に引き返しているので場には金髪の少年しかいない。
だからこそ、ユーノは人目を気にすることなく遠慮なしに苦悩していたのである。

『ユーノ、貴方の責任では…』
「わかってる、わかってるよナレッジ。でもだからって気にしないわけにもいかないだろう?」

相棒の慰めに頭を振る。
偶然とはいえ、ジュエルシードの被害を目の当たりにしてしまったユーノの落ち込みようはかなり深かった。

『まあ、とりあえず後悔する事は後でもできます。ところで、ユーノ、どうしますか?』
「どうするって?」
『月村様が言っていた異常事件は間違いなくジュエルシードによるものだったのでしょう。
 ということは既に原因は解明・解決されており、この洞窟を調査する意味は…』

確かにナレッジの言うとおりだった。
事件の原因がジュエルシードである以上、事件は既に解決しており洞窟の調査に意味はない。

「でも、依頼を受けた以上は手を抜くわけにも行かないよ。それに、まだこの洞窟がシロときまったわけじゃないし」
『…それなら、気をつけてください。この洞窟の中では魔法が使えません』
「え?」
『この土地は魔力の密度が非常識なレベルで高いようです。この洞窟の中は特に』
「つまり、暴発の危険性があると」
『はい、ユーノの場合は私がいますが…それでも、危険性は高いので』
「魔法は最後の最後まで使えないってわけか」

578 :流浪の者 第二章(2/7):2008/07/03(木) 12:19:22 ID:Mrai5Uid
ふむ、とユーノは考え込む。
遺跡調査において魔法が使えないという状況はそれなりに多い。
AMFのかかった遺跡や魔力反応で罠が発動する遺跡。
そういった特殊な遺跡をユーノはいくつか見てきた。
そういう意味では今回の遺跡もその一例に過ぎない。
が、こういった遺跡はほぼ例外なく面倒があると相場が決まっている。
魔法が使えない環境というのは魔導師にとっては厄介極まりない。
スクライアは魔導師というよりも遺跡発掘者としての側面が強いので大げさに戸惑うことはないが…
調査魔法やいざという時の防御魔法、転移魔法を使えないというのは痛い。

「問題はこの中がどれくらい広いかってとこか」
『過去のスクライアが調査済みなのですからそれほど危険があるとは思えませんが…』
「まあ、行き詰ったら応援を呼ぶよ」
『なら尚更気をつけてください。先程も言ったとおりここは魔力濃度が高いので、外部から見れば天然のジャミングがかかっているも同然です』
「つまり、この中で何がおきてもそれを外の人が知る術はないって事か」

となるとこの調査はかなり慎重に行わなければならない。
下手を踏めばこの洞窟の中で孤独死確定である。

『中では私の機能も大幅に制限されますが、それでもないよりはマシなはず』
「ああ、頼りにしているよナレッジ」

ユーノは地面においていたリュックを背負うと入口を調べ。
そしてゆっくりと暗闇の中へと身を落としておくのだった。

579 :流浪の者 第二章(3/7):2008/07/03(木) 12:21:10 ID:Mrai5Uid
一方ユーノが洞窟へと潜ったちょうどその頃。
私立聖祥大学付属小学校3年1組では学年きっての美少女三人組が昼食をとっていた。

「そういえばすずか」
「何かな、アリサちゃん?」
「昨日はあの後、どうなったの?」
「え…」

ぽっ。
すずかの頬が僅かに薄く染まる。
そんな親友の反応になのはは驚き、アリサは怒りを露わにした。

「あ、アイツ! まさかまたすずかに何かしたの!?」
「ち、違うよ! その」

どっちかというとしたのは私のほうだし。
喉まででかかったその言葉をすずかは辛うじて飲み込む。
それを言ってしまえば何をしたのかという追及は免れない。
男の子を膝枕して額を舐めてました、なんてことはたとえ親友が相手でも言いにくいのだ。

「その、あの男の子は目を覚ましたら私と二人にごめんって…あと、運んでくれたお礼を言って、それだけだよ」
「本当に?」
「本当だよ」

じーっと見つめてくるアリサにすずかは苦笑する。
だがその背中は冷や汗でいっぱいだった。
何せ自分は嘘をついている。
当の男の子はその後、自分の家に居候をすることになったのだから。

「アリサちゃん、それくらいで…」
「もう、なのはは気にならないの? そもそも一番被害を受けたのはアンタなのよ?」

580 :流浪の者 第二章(4/7):2008/07/03(木) 12:22:41 ID:Mrai5Uid
「にゃっ!?」

ぽむっ。
アリサの言葉になのはは昨日のことを思い出したのだろう。
途端に顔を真っ赤にして意味不明な奇声を上げ始めた。

「あちゃ〜、まずかったわね」
「あはは…」

混乱しているなのはには悪いと思いつつ、自分から矛先がずれたことにすずかは感謝する。
と、ちょうど箸にとったブロッコリーが目に映った。

(そういえば、あの人の目は緑色だったな)

ユーノ・スクライア。
自分と同い年で外国の人。
自分たちの一族から依頼を受けて一人仕事にやってきた少年。
女の子のようにも見える顔立ち、穏やかな性格、どこか親近感を覚える雰囲気。
それが自分の知るユーノの情報の全てだった。
すずかのユーノに対する第一印象は良くも悪くもなかった。
なのはとぶつかり、アリサに蹴られていた少年は微妙に情けなく見えた。
しかし、彼はなのはを気遣い、暴力を振るったアリサにも怒りを見せなかった。
優しい人なんだな、と思った。
けれども所詮はたまたまハプニングで出会っただけの男の子。
縁もそこまで……それだけのはずだったのだ。
そう、ベンチに運び終えた彼を一人で介抱することにさえならなければ。

(あんなの……初めてだった)

硬いベンチの上では可哀想だから。
そう思って自分の膝の上に乗せた少年の額から流れる血の雫が目に入った時。
すずかは反射的に喉を鳴らしていた。
この血を飲みたい、と。

581 :流浪の者 第二章(5/7):2008/07/03(木) 12:24:56 ID:Mrai5Uid
すずかは自分が何者であるかを知っている。
夜の一族。
普通の人間を軽く凌駕する身体能力と長寿、そして血を欲する身体と本能。
俗称では吸血鬼とも人狼とも評される生物。
そう呼ばれる人外の存在であるということを。
だが、彼女は進んで血を飲みたいと思ったことはまだなかった。
別に誰かが怪我をして血が流れるのを見ても「痛そうだな」以外の感想を持ったことはない。
体の都合上よく飲んでいる輸血パックも別にまずいとも思わないが美味しいとも思ったことはなかったのだ。
しかし昨日、すずかは初めて夜の一族の欲求を知った。
狂おしいほど目の前の人間の血が欲しいと。

(凄い、美味しかった……どうして?)

輸血パックでは味わったことのない美味は未だに口の中に残っているようだった。
よく姉の忍は恭也の血は世界一と評していた。
好奇心から彼の血を飲ませてもらったこともある。
だが、その時に思ったのは輸血パックよりは美味しいかなという程度の感想だった。
姉はそれを当たり前だと、いつか自分にも美味しいと思える血を持つ人が現れると言っていた。
彼が、そうなのだろうか。

(ううん、そんなことはない。たまたま、身体の調子が血を美味しく感じさせていただけ…)

小さく首を振る。
すずかにとって自分の正体は悩みの種だった。
家族以外には言えない秘密。
親友のなのはやアリサにすら言っていない秘密。
別に自分が夜の一族だということが嫌だというわけではない。
それは自分を生んでくれた両親を非難することになるし、家族を否定することになる。
だが、それでも精神が成熟していない子供のすずかにとって自分が人とは違うという事情は心にいつも棘となって刺さっていた。
だからこそ、人外であることを象徴するような吸血衝動が起こったことは否定したい事実だったのだ。

582 :流浪の者 第二章(6/7):2008/07/03(木) 12:26:28 ID:Mrai5Uid
「――か」
「え?」
「すずか! もう、返事くらいしなさいよ」

沈みかけていた感情が親友の声に引き上げられる。
目を上げればそこにはぷんすかと機嫌のよろしくないアリサと、心配そうな表情のなのはがいた。

「あ、ごめんね。ちょっと考え込んじゃって」
「まったくよ。あんまり心配させないでよね」
「すずかちゃん、何か悩み事でもあるの?」

アリサの心配となのはの問い。
その両方にすずかは答える術をもたない。
いつかは話すことだったとしても、少なくとも今は話せない。
ごめんね、二人とも…
そう心の中ですずかは一言謝る。
しかしアリサは黙り込んだすずかの様子を誤解したのか、意外な言葉を口にした。

「すずか、アンタまさか…」
「…っ」
「昨日のアイツに一目惚れしたとかいうんじゃないでしょうねっ!?」
「ええええええええっ!?」

その言葉に、ぴょんとその場で飛び上がって驚いたのはすずかではなくなのはである。
だが言葉をかけられた当のすずかも当然驚いていた。
と、ふつふつと羞恥の赤が少女の頬へと集まってくる。

「あ、アリサちゃんっ!?」
「す、すずか…そんなに顔を赤くして…嘘、本当に?」
「ち、違う。違うよっ」

盛大な誤解をする親友にすずかはあたふたと手を振って否定の意を示す。
だが一人で納得した様子のアリサは止まらない。

583 :流浪の者 第二章(7/7):2008/07/03(木) 12:28:07 ID:Mrai5Uid
「た、確かに顔はそこそこよかったけど…」
「違うの! 違うんだってば」
「あ! もしかして胸を触られたから!? だとしたらすずか、アンタ貞操観念が高いにも程があるわよ?」
「だから違うって…大体、それを言ったらアリサちゃんやなのはちゃんだって下着見られてたじゃない!」
「ふぇあ!?」
「あ、あれはノーカンよ、ノーカン!」

突然の暴露大会に教室は一気にヒートアップ。
渦中の三人が美少女として有名であるだけに、会話の内容を聞いた男子は絶望に身を落とし、女子はきゃーきゃーとはやし立てる。
なのはは真っ赤な彫像となって固まり。
アリサは聞いてもいない自身の恋愛観を語り始めていた。

(ど、どうしてこんなことに…!?)

すずかは自分たちに集まる注目に動揺を隠せない。
気がつけば悩みは吹き飛んではいたが、代わりに騒動の渦中に放り込まれた状態だ。

(ひ、一目惚れだなんて…)

アリサの言葉を思い出し、一人すずかは恥ずかしがる。
現時点において、別にすずかはユーノに対して恋愛感情があるわけではない。
というよりは恋愛感情そのものがよくわからない、といったほうが正確だろうか。
そもそも、彼はたまたま出会って、たまたま居候することになっただけの存在なのだ。
惚れただの腫れただの、そんな感情があるはずがないではないか。

(でも…これから、一緒に暮らすんだよね)

少年の顔を思い出す。
奇妙な縁から知り合った少年は自分の家に居候することになった。
だが、すずかはその理由を詳しくは知らない。
何故彼は海鳴にやってきたのか。
どんな仕事を一族から受けたのか。
今、彼がどこで何をしているのか。
すずかは聞いていなかった、知らなかった。
そう――知らなかったのだ、この時は。

584 :流浪の者:2008/07/03(木) 12:29:40 ID:Mrai5Uid
投下終了。
なんかすずかがヒロイン扱いですがアリサやなのはの出番も後々あります。
え、不憫長と運命さん? ノーコメントです(w

585 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 12:34:35 ID:dNqep/Dp
GJ!!すずかさん可愛いなのはさん天然過ぎアリサさんナイスツンデレ

最近思ったんだけど、作者さんひょっとして某所のすずかさんスレの住人じゃないの?
海鳴の設定といいキャラの扱いといい 似てる所が多いような

586 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 12:36:24 ID:pW8CUggb
GJ! 個人的にはフェイトやはやても登場して欲しいが、この展開では無理そうだなぁ。いつかどこかで出会う事を
期待しておりますが。

587 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 12:42:53 ID:4iLf6HHE
GJ!! ギンガもすずかも好きなんだよな。はたしてユーノを手にするのは誰なのか。

588 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 14:06:16 ID:TheDcKTu
全員がユーノを手にするのかはたまたユーノが全員を手にするのか
面白くなってきたずぇ〜

589 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 15:26:43 ID:rCpaESBd
ユーノの不思議なダンジョンですね

590 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 15:29:22 ID:kvzTMg0l
手持ちのアイテムがいっぱいになると巨大なフェレットが現れて預かってくれるわけか

591 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 15:48:56 ID:EV/nrHLe
しかしデバイスをまったく使わないから
武器と盾システムがまったくなくなってしまうな
司書長の場合

592 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 16:25:15 ID:nCNRTNF5
無理に主役にすることは無い。
どーせなら、クリア後の激ムズダンジョンで使用可能とかにすれば良い。
最近のシレンでもそんなダンジョンがあったような。

593 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 16:25:55 ID:EoF5ltpY
>>584
GJ!
次回はいよいよユーノIN洞窟でしょうか。
かっこいいユーノを楽しみにしています。

すずかさんかわいすぎ!!!

594 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 16:43:41 ID:MFG86LvA
今なら行けるかしら?10分間書き込みがなければユーノ君はクロノとフェイトの新しいお父さんね。

595 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 16:45:07 ID:2vgDfaPY
うん、それ無理♪

596 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 16:58:07 ID:EV/nrHLe
>>594
それが実現するとエリオやキャロにおじいちゃんってよばれるのか司書長・・・。
ユーノおじいちゃん、違和感・・・ない・・かな・・?

597 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 17:21:42 ID:TVxpqMWJ
>>590
>巨大なフェレット
変な意味で取ってしまったorz

598 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 17:40:22 ID:1mFMI9NW
>>596
エリキャロはリンディさんの笑顔に耐えておばあちゃんと呼べるかどうか。
呼べたならユーノおじいちゃんって呼ばれることになるだろうw

599 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 17:51:02 ID:p887ORLi
リンディ「エリオくん、キャロちゃん。これからユーノ君のことはお爺ちゃんって呼ぶようにね」
フェイト「エリオ、キャロ。これからユーノのことはお父さんって呼ぶようにね」

リンディ「…………」
フェイト「…………」

リンディ「ふふふ、お義母さんの幸せを素直に祝えないなんて、いけない子ねぇ、フェイトは」
フェイト「義娘の幸せを素直に祝えない母親もどうかと思うよ、義母さん」

リンディ「うふふふふふふ……」
フェイト「ふふふふふふ……・」




エリオ「……とりあえず、『ユーノ先生』で」
キャロ「うん、そうだね」

600 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 18:03:22 ID:rQWX4b4H
エリオ「ユ・・ユーノ先生////////」

601 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 18:21:35 ID:Ig7iVHmh
>>600
( 'A`)<僕はノンケなのでアッー!な事には興味ないよ



話題を変えるがスーパータイムにも関わらず出番がないアリシアが草葉の陰でぶーたれています
司書長×アリシアに関してはこんな電波が受信できた
・司書長の夢の中に毎夜現れる
・フェイトに一日だけ憑く
・臨死体験中or三途の川を渡るか渡らないかの状況の司書長と出会う

602 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 18:28:15 ID:TheDcKTu
>>601
よし全部書いちまえ

603 :601:2008/07/03(木) 18:30:35 ID:Ig7iVHmh
スマソ俺文才無いからSS書けんわ…
よしこの電波を他の誰かに発信だ!うけとってくれー

604 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 18:33:13 ID:W4AG7N0c
>>601
フェイトが占い師の所に行ったら手違いでアリシアの霊が憑依して、体は19歳・心は9歳なアリシアさん大活躍とな?

605 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 18:36:06 ID:eMMWjaZA
>>601
>フェイトに一日だけ憑く
司書長に告白できない執務官との関係を引っ掻き回すために憑依するんですねわかります

606 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 18:43:20 ID:p887ORLi
アリシアinフェイト「えへへ〜ユーノく〜ん♪」
司書長「あ、あはははは……まいったなぁ」
べたべたべた



ヴィヴィオ「むぅ……(怒」
なのは「あれは9歳の子供あれは9歳の子供フェイトちゃんとは別人フェイトちゃんとは別人……って、我慢できるわけないのーっ!!」

607 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 18:48:05 ID:TheDcKTu
三途の川でこんにちは

「あれ?また来たのお兄さん」
「うん君の妹にちょっとね」
「また浮気?」
「そういうつもりじゃなかったんだけど」

こうですか?分かりません

608 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 19:04:03 ID:Ig7iVHmh
>>606
教導官とその娘さんが桃と虹の光を発射しましたが危険を感じたアリシアさんが妹さんの体から脱出しました

執務官「ふ〜元に戻った…アリシアったら私の体で好き放題しs…ギャー!!!!」

なのでダメージを受けるのは妹さん(の肉体と精神)と巻き添えを食った司書長なので無害です

609 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 19:11:20 ID:1MCzqBvD
>>601

三途の川で会うのはユーなの同盟主催の人のところでSSがあったな。
もちろん、ユーなの前提で、だけど。


ぬーん<受信中>

……駄目だ。
ユノフェorユーなの前提で電波が変異するorz

610 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 19:27:58 ID:WS2WCs/Y
>>608
執務官バリアーなので無害です

611 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 19:36:22 ID:p887ORLi
>>610

フェイト「痛いっ! ユーノの愛が痛いよっ!! でもでも、ご主人さまのためなら痛いのだって暑いのだって冷たいのだって苦しいのだってなんだって我慢するよっ!! っていうかバッチこいだよっ!!」


バリアー本人にも無害みたいです

612 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 19:45:38 ID:Nj69WrKl
>>611
アリシアが草葉の陰で泣いてるな……。

アリシア「フェイトいいなぁ……」

613 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 19:46:57 ID:TheDcKTu
>>612
ちょwwwアリシアもそっちの人かよwww

614 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 19:53:34 ID:TzV/qGRM
プレシアママンの旦那、つまりアリシアの父親がプレシアママンと分かれた後再婚し子供を生む
その子供の子供あたりが実はユーノの本当の母親or父親
とかどうだろうか

615 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 20:02:12 ID:taCQWD1I
どこかのお嬢様みたいに、普通に化けて出てくるとか・・・

616 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 20:03:58 ID:rCpaESBd
司書長はSな感じだが
ユーノきゅんはMな印象

617 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 20:50:07 ID:EoF5ltpY
つまり9歳時はMだけど10年後はS・・・へびさんですね。

618 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 20:59:27 ID:TKpz8C/X
スネーク、応答しろスネーク

619 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 21:19:36 ID:rCpaESBd
闇の書事件以後親交を深めるにあたり、見てくれMなユーノきゅんに
イニシアティブを取ろうと攻め入ったら惨敗する幼き日のはやてですね

620 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 21:33:15 ID:cGCfgm1Q
( 'A`)< 自分が今までされてきた事を、そのまましてあげたら悦ばれた。後悔はしていない。

621 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 21:37:49 ID:nB4RF0x8
最近絵師さん達来ないなぁ。みなさん忙しいのだろうけれど、俺は投下を待っているぜ!

622 ::名無しさん@お腹いっぱい:2008/07/03(木) 21:48:04 ID:O+3wXeKi
フェレットモードのユーノきゅんがなのはの頬っぺたをチロチロ舐めながら
「この味は、嘘をついている味だぜ…」 っと

っていう電波を受信した

623 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 22:01:45 ID:wp9OmuE9
>フェレットモードのユーノきゅんがなのはの頬っぺたをチロチロ舐めながら

すっっっっっごくカワイイ!!

624 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 22:02:47 ID:kvzTMg0l
むしろなのはさんがフェレットユーノキュンの臭腺を嗅いで
「この臭いは嘘をついてる臭いなの」
ってやってる方がしっくり来るな

625 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 22:03:36 ID:zer9Yvsd
>>622

( 'A`)<ぶっ殺してやるってセリフは…終わってから言うもんだぜ。僕ら司書の世界ではな。



ノーヴェ「ご、ごめんなさい、ユーノ兄ぃ・・・(ビクビク)」

626 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 22:04:19 ID:IOrL9SGB
>>623
無印OPみたくか? あれもあれで二人とも可愛いんですけどね……

ふと、クロノトリガーの移植話を聞いてなのはでクロノ……う〜ん、電波甘いorz


627 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 22:24:47 ID:X24LsDZW
>>625
な、何故にノーヴェ???

628 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 22:28:46 ID:MFG86LvA
ところで「実は性教育が幼稚園児頃から止まっている司書長」って電波送ってきたの誰だ?

いい電波だ。一杯奢るぞ。

629 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 22:30:29 ID:rCpaESBd
年上のシャマルや同性のクロノにおずおずといろいろ相談したりするんですね

630 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 22:34:19 ID:UiiELTa+
誰かヤンデレCDとユーノ司書長の会話をやってくれ

631 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 22:40:25 ID:TheDcKTu
>>630
司書長の台詞のバリエが少ないので無茶です

632 ::名無しさん@お腹いっぱい:2008/07/03(木) 22:41:26 ID:O+3wXeKi
>>630
知ってるとおもうがヤンデレCDの続編には司書長の中の人が・・・


633 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 22:44:40 ID:eCHxpf9u
早くもM属性だけが付いて終わりそうなスーパーアリシアタイムに、
不憫属性も感じる今日この頃・・・

634 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 22:48:29 ID:TheDcKTu
>>633
むしろほぼ触れられていないプレシアママンの不憫さが

スマン自分でスーパータイムに入れておきながら文才も絵心も無いんだ

635 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 22:51:11 ID:dNqep/Dp
>>632
可愛いツンデレな白ネコもヤンデレもやれる司書長の中の人マジ万能
教導官達の中の人のツンデレには可愛らしさが足りない

636 :名無しさん@お腹いっぱい:2008/07/03(木) 22:54:49 ID:AlOfqrP4
司書長は結婚したら、物凄い愛妻家になりそうなイメージが俺にはあるんだ。
とにかく嫁さん一筋で浮気どころか、もし嫁さんと死に別れでもしたら、
残りの人生ずっと1人身で過ごすようなイメージがある。(ジョジョ一部のヒロイン、エリナさんみたいに)

でも、もしユーノが結婚後、魔が差して浮気したのが嫁さんにばれた場合、嫁さん(各ヒロイン)はどんな反応すると思う?

とりあえず俺が想像できたのは、
なのはさんの場合:「ユーノくんのばかばかばか〜!」と泣きながら胸をポカポカ殴るイメージ

フェイトさんの場合:「どんな事でもするし、どんなヒドイ事しても良いから、私を嫌いにならないで、私を捨てないで!ユーノ!!」なんか殆ど依存症な感じが・・・(汗)

はやてさんの場合:「浮気は男の甲斐性。本気やないなら別にええよw でも、最後はちゃんとあたしのところに帰ってきてな?」と肝っ玉母ちゃんな感じが。

他のヒロインまでは分からない。暇な司書がいたら別ばーじょんとか考えてみてくれんね?


あ、司書長〜。そろそろ帰らないと奥さん心配しちゃいますよ〜?
新婚さんなんスから遠慮なく帰って下さいよ〜。

637 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 22:54:50 ID:IOrL9SGB
>>635
最近はショタとならんで女性声優の必須スキルとかしたもんな、ツンデレ&ヤンデレは…男ならホモ演技とかみたいな?

つーかアリシア&プレシアなんて難しいよ、いい電波はないものか……やっぱジール&サラ?



638 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 23:01:42 ID:rCpaESBd
>>636
なんとなく司書長は相手をタジタジにするというより尻に敷かれてるイメージ
なのはさんはヴィヴィオと並べて何かと世話を焼きそう
フェイトさんはしっかりと芯の通った女性になりそう
はやては既に八神家のオカンだし特に変わらなそう

639 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 23:05:05 ID:wZGmQuxv
>>636
スバルの場合ひたすら泣きながら詰め寄ってきそうだな・・・

後、ティアナさんは、なんか自虐系のヤンデレになりそうだな。


640 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 23:09:19 ID:1MCzqBvD
ごめん。流れ切っちゃうけど、一本投下してもいいかな?

模擬戦で司書長VSシグシグという電波が降りてきた。
司書長はほぼ素の能力だけど、やってる事は微妙にチートかも知れませんが。

641 :名無しさん@お腹いっぱい:2008/07/03(木) 23:10:49 ID:AlOfqrP4
かも〜んw

642 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 23:19:37 ID:1MCzqBvD
では、お言葉に甘えて、次レスより。

駄目な人向けに、NGワードは『翡翠と烈火の鬼ごっこ?』
先日のよりシリアスネタよりは短いぞ(何


643 :翡翠と烈火の鬼ごっこ? 1:2008/07/03(木) 23:21:29 ID:1MCzqBvD
「ほぇ〜〜」
「ヴィヴィオ、また教導映像見てるの?」
「あ、なのはママ! フェイトママ! おかえりなさい!」

機動六課のレクリエーションルーム。
後ろから声を掛けられ、ヴィヴィオは振り返った。
訓練を終えて、戻ってきたのだろう。
なのはとフェイトが後ろから覗き込んでいた。

「ヴィヴィオも好きだねぇ。どれどれ? フェイトちゃんとシグナムさんの模擬戦?」
「うん! ふたりともすっごくはやくてかっこいいの!!」

画面を覗き込んだフェイトが懐かしそうに笑う。
記録映像の中で、所狭しと動き回るフェイトとシグナム。

「おもしろかった〜。つぎ〜!」

映像が終わると、ヴィヴィオは次の映像を求めて端末を操作する。
後ろで見ているなのはとフェイトは恥ずかしいのか、苦笑しているが特に止める事はしない。
画面に別の記録映像が映し出される。

対戦者の内、片方はシグナム。
もう片方の人物は………。

「……あれ? ゆーのくん?」

相対するようにシグナムの前に立っている青年にヴィヴィオが声を上げる。
だが、自分が知る青年より、少しばかり年が幼かった。

「……これも懐かしいね。この映像、4年くらい前のだよ」
「そうだね。ユーノ君がまだ魔導師活動していたころの最後の方かな?」

なのはとフェイトの二人が、懐かしむように画面を見る。
そこでヴィヴィオが疑問の声を上げた。

「なのはママ、ゆーのくんって、つよいの?」
「ヴィヴィオはどう思う?」

意地悪そうに笑うだけで、答えを出さないなのは。
だからヴィヴィオは率直に感じた感想を述べた。

「ゆーのくん、やさしいけど、つよくないきがする」

ユーノ本人が聞いたら、ガクリと肩を落とし項垂れている事だろう。
娘の正直な感想になのはも苦笑する。

「そうだね。単純な戦闘力っていう意味でなら、ユーノはそんなに強くない。
誰かを守ったり、結界を張ったりするのが、本来のユーノの力の本分だから」
「じゃあ、これ、ゆーのくんのまけ?」

フェイトのその言葉に、なら、この模擬戦の結果は分かり切ってしまう。
と、ヴィヴィオは正直な感想を抱く。
だが、なのはが口を開いた。

「さあ、どうかな?」
「ゆーのくん、シグナムふくたいちょうより、つよいの?」
「ふふ、見てれば分かるよ?」

娘の疑問に頭を撫でてやりながら応え、画面を見るように促す。
ヴィヴィオはどうなるのか興味津々で画面を見る。

644 :翡翠と烈火の鬼ごっこ? 2:2008/07/03(木) 23:23:13 ID:1MCzqBvD
「ちょ!? 何で、僕とシグナムさんが模擬戦するんだよ!?」
「不服か? スクライア」
「当たり前じゃないですか!! 勝負になるわけないでしょ!?」

結界を張って欲しいと言うから、訓練室に来てみれば。
いきなり自分と模擬戦しろと言われて、ユーノは寒気を覚えた。
下手をすれば死ぬ、と。

シグナムの横にいるフェイトに助けを求めるが、両手を合わせてゴメンと返されるだけ。
本来、フェイトとシグナムが対戦するはずだったのだが、
直前でバルディッシュが不調をきたし、急遽整備に回されたのだ。
で、手持ちぶさたになったシグナムが結界張りの為に呼ばれていたユーノに目を付けたというわけだ。
フェイトに薄情者と非難の目を向けてやるが、縮こまるだけで助け船は出してくれなさそうだ。

がっくり項垂れると、今度は自分の隣にいたなのはを見て、助け船を求める。
何か考えていたなのはだったが、ユーノとシグナムを見渡した後、口を開いた。

「うーんと。じゃあ、二人とも鬼ごっこなんてどう?」
「鬼ごっこ?」

てっきり、助け船を出してくれると期待したユーノだったが、なのはの答えは全く違う物だった。

「どういうことだ?」
「シグナムさんとユーノ君じゃ、さすがに勝負になりませんから。
模擬戦は模擬戦でも、ちょっとした勝負はどうかなって」
「ふむ」
「ルールはどちらかの戦闘不能、もしくは捕縛。
または10分ユーノ君が逃げ切るか、ゴール地点まで逃げ切った場合でどうかな?」
「なるほど。逃走の追撃戦というわけか。10分で援軍が来る、もしくはゴール地点で味方と合流というわけだな。私は構わないぞ」
「というわけだけど、ユーノ君はどうかな?」
「異議はありまくりだけど……聞いてくれなさそうだね」

言い出したなのはともかく、いくら嫌だといったところで聞いてくれるシグナムではない。
観念するしかなかった。
溜め息を吐き、バリアジャケットへ換装する。

ひとつ深呼吸して心を落ち着けると、空へと舞い上がった。
シグナムが後を追うように上昇してくる。

「二人とも準備はいい?」

二人が無言で頷く。

「それじゃ、模擬戦―――開始!!」

開始の合図と共にユーノはすぐさまゴールを目指そうとする。
まともにやり合っていては、命がいくつあっても足りない。

幸い、ユーノはゴール側を背にしている。
回り込まれる前に振り切ってしまえばいい。
そう考えて一気に加速しようとしたのだが……。

「まさか、開始早々から逃げ切れるとは思ってはいまいな?」

言うが早いかすぐに回り込まれていた。

「………手加減無しですか」
「手加減など戦う相手に失礼だろう? 捕縛などと甘い事は言わん。落とさせてもらうぞ!」
「この人、目がマジなんだけど……!?」


645 :翡翠と烈火の鬼ごっこ? 3:2008/07/03(木) 23:25:01 ID:1MCzqBvD
シグナムが一気に間合いを詰め、レヴァンティンで斬り掛かる。
ユーノは慌てて、ラウンドシールドを形成してその一撃を受け止める。

「さすがに堅いな!」
「それは……どうも!!」
「だが! これなら、どうだ!!」

一撃を受け止められたシグナムが距離を空け、レヴァンティンの束からカートリッジが排莢される。
刀身が炎を纏うと同時に、もう一度シグナムが斬り掛かる。

ラウンドシールドで受け止めたとしても、打ち砕かれる。
下で見ていたなのはとフェイトはそう思った。

ラウンドシールドとレヴァンティンが接触する。
本来なら、砕けるはずの翡翠の盾。
が、軋みを上げるだけで、砕ける様子は無かった。

「何!?」

シグナムが驚嘆の声を上げる。
その隙を狙って、ユーノがシールドを操作する。

シールドの角度が変わり、掛かっている力点が変わる。
擦らす形で、刃がシールドの表面をすり抜ける。

攻撃を反らされ、すれ違ったシグナムにユーノのバインドが飛んだ。
シグナムは慌てて、その場を飛び退く。

「………驚いたな。同時展開の応用か?」
「ええ」

炎が消えたレヴァンティンを一振りし、シグナムがユーノに問う。
ユーノは頷き、その問いに答える。

ユーノがやったこと。
それはラウンドシールドを2枚同時に発動し、前方に重ねての展開。
2枚の盾の相乗効果で、増幅されたレヴァンティンの一撃を凌いで見せたのだ。

「なるほど。正面切って突破するのは少々骨が折れるな」
「………心にもない事を言わないでくださいよ」
「ふっ、さてな。一撃が無理なら、手数ならどうかな?」

言うと同時にレヴァンティンが可変する。
連結刃へと姿を変えたレヴァンティンがユーノへと襲いかかる。
だが、ユーノはそれを見て、ニッと笑う。

「それを待ってた!!」

連結刃と貸したレヴァンティンを振り抜いたところで、シグナムの周囲に数個の魔法陣が浮かぶ。

「ディレイドか!? いつの間に!?」
「いけっ!!」

ユーノの言葉と共に遅延バインドが発動し、シグナムの両腕に絡みつく。
持ち手が動きを止められた事で、勢いを失ったレヴァンティンの刃をシールドで受け止める。
今の内だ、とばかりにユーノは一気に加速して、距離を取る。
今度こそ、ゴールまで逃げ切るつもりだ。

646 :翡翠と烈火の鬼ごっこ? 4:2008/07/03(木) 23:26:15 ID:1MCzqBvD
「……倒すのは無理だけど、ユーノ。十分善戦してるよね………」
「というか、同時展開はともかく、シールドの重ね掛けなんて芸当よく思いつくよ。シグナムさんの十八番を防ぐなんて」
「斬りつけられた後で、力点ずらしてかわすなんて芸当もね」

術式処理が速く、強固な盾を形成できるユーノだからこそ、出来る芸当。
さすがに『紫電一閃』を防ぎきるとは思っていなかった。
二人にはとても真似できるものではない。

「逃げ切れるかな、ユーノ?」
「多分、無理だと思うな。距離が空くならシグナムさんにはアレがあるし」

そう言って、なのはがシグナムを見上げると、バインドを打ち砕き、次の動作に入ろうとしていた。

「レヴァンティン!」
『Jawohl!』

カートリッジの排莢と同時にレヴァンティンが弓へと可変する。

「なかなか楽しめたよ。スクライア」
「なっ!? シュツルムファルケン!? 嘘っ!?」

もう少しでゴール、というところで後ろに収束する魔力の反応に振り向いて、ユーノは目をむいた。

ボーゲンフォルムになった、レヴァンティンをシグナムが構えている。
烈火の将、最大の一撃をお見舞いしてくれるつもりらしい。

「お前にこれを受け止めることが出来るか?」
「くっ!?」
「駈けよ! 隼!!」
『Sturm falken!!』

裂帛の気合と共に撃ち放たれるシュツルムファルケン。

「ほらね……やりすぎだよ、シグナムさん」

眉間に手を当て、なのはが唸る。

「これは決まった……かな」
「………でも、ないんじゃないかな?」
「なのは? ………そうだね。ユーノのあの目、諦めた目じゃない」

なのはの言葉にユーノを見てみれば、ユーノの目に何かを感じた。
まだ、何かやる。
ユーノをよく知る二人はそう直感出来た。

(この距離じゃ回避は間に合わないな……ファルケンは直射系、魔力を宿した実態の矢だ。直線に飛ぶ……なら、この手はどうだ?)

迫り来る魔法を目にしながらユーノは自分でも驚くほど冷静になっていた。
術式を組み上げる。

「終りだ。スクライア」
「終わるかどうかは……これを見て言って下さい!!」

ファルケンの軸線上に二重構造のラウンドシールドが張られる。
そんなものは無駄なあがきに過ぎない。だが妙だ。とシグナムは思った。
ラウンドシールドは近距離に張るのが常だ。
なのにユーノは軸線上に投げ出すようにシールドを展開した。

647 :翡翠と烈火の鬼ごっこ? 5:2008/07/03(木) 23:27:14 ID:1MCzqBvD
バチン!!という鈍い音と共にファルケンがシールドへぶつかる。
当然の事ながら、ラウンドシールドで防げるほど烈火の将の一撃は甘くない。
すぐさま乾いた音を立てて、シールドは砕け散る。

「無駄なあが……何………?」

言いかけて止めた。既にユーノが次の動きへと入っていたから。

「ラウンドシールド」

静かなユーノの声。
砕けたラウンドシールドのすぐ後ろにユーノは新たなラウンドシールドを形成した。

二つ目のシールドにファルケンがぶつかる。
が、これもまた砕け散る。

そこでシグナムは自分の目を疑った。
砕けたと思った次の瞬間にはユーノは新たなシールドを展開しているのだ。
その全てが全て二重構造のままで、だ。
無駄なあがき。もう、シグナムはそうは思わなかった。

そう、シールドを貫きながら進むファルンも次々と張られるシールドへ威力を削がれ始めていた。
接近して、シュランゲフォルムで追い打ちを掛ける事も出来る、が。

「面白い」

ユーノが防ぎきれるのか、見てみたくなった。
ついには眼前にファルケンが近づく。

「このおっ!!」

ユーノが吼えた。
サークルプロテクションと同時にラウンドシールドが張られる。
そこにファルケンがぶつかり爆散した。


「…………これで終りではないだろう、スクライア?」
「ええ、まだ終わってはいません。けど、終わりですよ」
「何?」

煙が散る。
直撃しなかったというだけで、ファルケンの爆炎でバリアジャケットもあちこち焼けこげている。
だが、ユーノは確かに立っていた。
それもゴールの目の前に。

「爆発の反動を利用して距離を稼いだか……やられたな」

ユーノがその場を一歩動く。
それで、模擬戦は終了だった。

「普通、ファルケンが来たら避けるか、同じクラスの攻撃で相殺するくらいしかないのに」
「攻撃で相殺なんて、なのはくらいしか、そんな芸当出来ないよ。でもまさか……連続展開でシールド形成をして威力を相殺するなんて」

下で見ていた二人はそれぞれ呆れかえっていた。
確かに防壁を何枚も重ねれば、大砲だって防ぎようはある。
が、今ユーノがやってのけたことはこの場にいる誰にも到底、真似出来ることではなかった。

魔法の多重展開。
それ自体はそこまで難しいことではない。
問題はその速度。

648 :翡翠と烈火の鬼ごっこ? 6:2008/07/03(木) 23:28:57 ID:1MCzqBvD
ファルケンが発射されてから爆散するまで5秒も掛かっていない。

直線で飛ぶファルケンがぶつかるまでにユーノが展開したラウンドシールドの量。
なのは達が目で追えた限りではおよそ7枚。

一枚のシールドを張るのに一秒を切っている計算になる。
デバイスの補助を使えば、なのは達にも瞬時の起動も可能だ。
だが。

「……フェイトちゃん、今の出来る?」
「二重構造って、時点で無理」
「正直、褒めていいのか、呆れていいのか……」

下で見ていた二人は苦笑するしかないのだった。
映像が終了し、なのはがヴィヴィオに声を掛ける。

「どうだった、ヴィヴィオ?」
「………」
「ヴィヴィオ?」
「……ゆーのくんって、すごいんだね。なのはママ」
「そうだね。ママにはあんな真似は出来ないな」
「それと……かっこいいね、ゆーのくん」

予想外のユーノの奮闘に驚嘆しているらしい。
それ以上の感想は出てこなかった。

二人がヴィヴィオの様子にクスクス笑っていると、後ろで扉が開く音が聞こえた。
皆して振り返ってみれば、ユーノとシグナムがそこに立っていた。

「ああ、ここにいたんだ。頼まれた資料持ってきたよ」
「ありがとうね、ユーノ君」
「例には及ばないよ、好きでやってる仕事だから。ヴィヴィオ……どうしたの?」

入ってきてから、こちらをジッと見続けているヴィヴィオにユーノはたじろぐ。

「さっきまでユーノの模擬戦データ見てたんだよ」
「模擬戦って……いつの?」
「シグナムさんと鬼ごっこしたときのやつ」

なのはの言葉にシグナムが顔を顰める。
あれは敗北といえば、敗北だ。ベルカの騎士として、敗北は耐え難いのだろう。

「………スクライア」
「な、何でしょう? シグナムさん」

シグナムのギラリと光る目に嫌な予感を覚えながら、ユーノは声を絞り出す。

「この後、時間は空いていると言っていたな。リターンマッチだ」

ギギギと音を立て、二人に顔を向け助けを求めるが、二人とも諦めろと笑顔で首を横に振る。
ヴィヴィオがキャッキャッと手を叩いてはしゃぐ。

四面楚歌の中、ユーノは叫ぶのだった。

「勘弁してください!!」

なお、この後の模擬戦でユーノが撃墜され、
期待していたヴィヴィオに「かっこわるい」のひと言を言われ、軽く落ち込んだ事をここに記す。



649 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 23:30:36 ID:1MCzqBvD
いじょ。

あまり、このスレでは模擬戦のネタとかは見ない気がしたから書いてみた。
司書長ではチート能力無しではシグシグに勝つというのは微妙な気がしたので、鬼ごっこに(;´Д`)
はじめてシグシグ書いたけど、結構動かしやすかった。

お目汚し失礼しましたー

650 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 23:35:24 ID:ZJ1rDcS9
>>694
GJです
このあと、膝を抱ええて部屋の片隅で落ち込んでるユーノを必死に慰めるなのはさんが見えた

651 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 23:37:52 ID:eCHxpf9u
>>694
GJですよ!

>>650
そして、一人だけ仲間外れにされて、ひざを抱えて部屋の片隅で落ち込んでるはやてを
腹いせに弄るユーノも見えた

652 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 23:41:26 ID:kvzTMg0l
>>649GJ!
魔導師としては弱い、けど魔導師として巧く戦うユーノが素敵でした
そういえばヴィヴィオに戦闘種族設定があったの忘れてましたよ
確かに戦いを見るのが好きそうですな

653 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 23:58:38 ID:pFqR0fZO
>>649
戦マニア相手にしたら惜敗ぐらいになるように、かつ、手加減したとばれないように、
戦わないといけませんよ司書長wwwGJ

>>650
その姿をヴィヴィオに見られてさらにへこんで、今度はリンディさんに泣きつくのですね。わかります。

654 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 00:07:41 ID:EmNZ7o7P
>>649
GJ!!なるほど、チート無しの戦闘もの司書長SSにこんな方法があったか。勉強になります。

655 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 00:08:05 ID:OIabkJha
>>649
GJ
ファルケンは貫通力すごいからなぁ……何気にシグナムって司書長の天敵だよね

>>652
こういうとちょっと嫌な言い方になるけど、ヴィヴィオは本能的により強力な能力や魔法を求めているからね
しかも見たことがある魔法なら自分のモノにできるし。

656 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 00:17:57 ID:2hUJlF2T
>>649
GJ
三期では魔力の少なさをカートリッジ三点バーストで補ったりして単独で大規模
補助結界を展開する司書長がゲスト役で出るという淡い期待もしておりました

ユーノきゅんがシグナムに模擬戦へ引っ張り込まれる話はよくよく見かけるけど
シグナムに次ぐ戦闘マニアらしいフェイトと模擬戦を交える話は少ないよね

657 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 00:27:55 ID:EmNZ7o7P
>>656
フェイトさんの高速戦闘はユーノから見ると相性が悪いのではないかと思う(超素人意見だけど。)

658 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 00:35:33 ID:1fBLt5CZ
>>657
なのはさんを誘拐する
 ↓
止めて!私がなのはの代わりに人質になる
 ↓
インモラルヴィーストの面目躍如
 ↓
おっと、ここは全年齢板だぜry

659 :649:2008/07/04(金) 00:36:59 ID:OSJZR2Y+
>>657

実際、フェイトさんとの相性は悪いかと。
今回のSS、実は最初フェイトさんとの模擬戦にしようかと思ったんだけど、
フェイトさんのジェットザンバーにはバリア貫通と破壊能力があるっぽいので。
そもそも真ソニック出されたら、高速戦闘で逃げ切れるわけがないし(苦笑)

何ぼ二重展開しても、そのままスッパリやられそうだったので、シグシグと模擬戦に。
後、ヴィヴィオに関しては出だしとオチ要員だったので、戦闘種族設定素で忘れてたw


不憫長は………うん、ゴメン。存在そのものをわs(ジュッ

660 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 00:39:31 ID:WYsEWyPU
フェレット形態でなのはの肩に乗り、あらゆる攻撃を防ぎなのはを攻撃専念させるとか

バインドとトラップ、フェイントで相手の動きを制限しての砲撃とか

やっぱりユーノくんはわた…高町教導官とのコンビが一番だと思うの!

661 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 00:44:06 ID:OIabkJha
>>658
まって、それはシチュが全然わからない。
もしかして司書長が誘拐するのか? そして全年齢板では書けないような事を全力全壊なのか!?
もしそうなら今すぐ形にするんだ!

662 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 00:46:43 ID:lSohAclU
>>660
なのはさんは十分免許皆伝と言えるので、今度はあたしたちに稽古つけてくださいセンセー!!!

663 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 00:49:30 ID:fADGUk2F
>>660
いや、全体攻撃&特殊持ちの最強の矛を持ちながらも防御系は不安と予想される、某ちびたぬきとのコンビが最強やで
ああ、主を守るのが仕事という獣も追ったけど人様の狼や娘の盾状態やからおらんのよ〜

664 :660:2008/07/04(金) 00:55:17 ID:WYsEWyPU
自分でフェイトさんの反論考えてたけど
フェイトさんには或る意味最強の『歌補正』があるんだよね…

665 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 01:26:00 ID:O27ntrTT
ユーノ司書長が帰ってこなくなってから二年がたった。
ついに管理局の捜索は打ち切られた。
二年前、彼はいつものように無限書庫の未発掘領域に入っていった。
それが何日たっても帰ってこない。
無限書庫の奥は次元が歪んでいて捜索は困難を極めた。
彼の幼馴染たちはニ年たっても彼の生存を疑わず捜索を続けていた。
これはそんなお話。

ニ年前
ユーノはいつものように無限書庫の未発掘領域の発掘にきていた。
そこで一冊の本に触れたら、本から光があふれ出しユーノは意識を失った。
「大丈夫ですか?」
という女性の声で眼が覚めた。明るいはずの無限書庫が暗く埃臭い。
まるではじめて闇の書事件のときに入った無限書庫のようだ。
そして彼に声をかけた女性の顔をみていった。
彼女はフェイトにそっくりだったからだ。でもその瞳は深紅ではなかった。
「フェイトなの?」
彼女は何がなんだかわからなそうな顔をしていった。
「あなたこんなところで何をしていたの?無限書庫は管理局が閉鎖してあるはずでしょ。」
「閉鎖?」
「ここは次元が歪んでいて危ないし、あまりに危険な知識が無防備に放置されているからでしょ。
 あなたの名前と歳は?」
「僕はユーノ・スクライア。20歳です。」
「私はプレシア・テスタロッサ。20歳で独身よ。」


続きが読みたい人がいればちゃんと書きます。
たんにプレさんがスーパータイムなのに不憫で…。
あと若い頃はどうだったのかと。

666 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 01:29:25 ID:lSohAclU
>>665
さて、執筆予定をきかせてください。

667 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 01:30:15 ID:wC1c2R4J
いいなぁ、これ、読みたいなぁ
プレかーさんは結構好きなキャラなんですけどねぇ
救われるっていうか、本当に幸せなプレシアかーさん、見たいなぁ

668 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 01:30:35 ID:syDBxlOI
>>665
プレシアママンキター

勿論ワッフルワッフル

669 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 01:33:05 ID:OSJZR2Y+
>>665

これはまさかのユノ×プレ。
ママンモードでないとは新しいw

続きを期待したいですw

670 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 01:40:00 ID:EmNZ7o7P
>>665
この展開はおもしろそう。続きを書いてほしいに1票。

671 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 01:43:00 ID:i1uj+40z
続編を、プレシアさんとのカプを見せてくれ〜〜〜


672 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 01:53:07 ID:9OD12Swb
今ひだまり見てたんだ
司書長と同じ声のあの人が「ユノユノ〜」って言ってて噴出してしまった

673 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 01:57:07 ID:x6xV0nQU
セイン「ゆのっちゆのっち〜」

674 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 01:59:17 ID:O27ntrTT
では反響があったようなので今書いているのがあと1話で終わるので
次はこれで少しかいていきます。
若いプレシア×ユーノというかんじで。相性は悪くないはず。

675 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 02:12:01 ID:dKgy3uXM
>>659
油断を誘い至近距離で不意を突いてストラグルバインド→ブレイクされる前に当て身とかしか思い浮かばないな
>>674
楽しみにしてる

676 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 02:19:21 ID:NzCD+eo4
さりげなく独身告白しているプレシアさんに吹いたwww

677 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 02:45:30 ID:AuJhUrN1
>>676
同じくwww 読んでて

プレ「ウホッ、イイ男。 逃がさないわ、ジュルリ」(詳しい話を聞きたいからついてきてくれる?)
ユ「あの、口に出てますけど」(ドン引き)

みたいなやり取りをしている電波が飛んできたwww

678 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 02:45:47 ID:RZIZcuk7
>>674
紫の髪のフェイトと考えると結構新鮮な気がするなw

679 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 02:55:05 ID:zdPnKoS+
>>674
異色のカップリングだwwwwktkwww

ところでアニメって大変だな・・・トレスなのに色塗る前に力尽きたぜorz
http://www10.uploader.jp/user/sisyo/images/sisyo_uljp00079.gif

680 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 03:37:58 ID:+76qRu1u
>>674
じつに楽しみだ

>>679
実に良いランニング司書長だ


681 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 03:55:36 ID:wSY8lWy/
>>679
こう見ると、改めて司書長って髪の毛長いよな……。これは願掛けとか言われても仕方ないw

682 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 07:32:05 ID:1gF19S12
>>660
その状況で執務官と組んだ姿を想像してみた。
……何故か魂からシャウトする所の歯医者復活戦線の落ちみたいになって吹いたw

>>674
二人の子供がアリシアなんですね、わかります。

683 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 07:49:45 ID:lSdodbWx
なんだ。リンディさんとくっつかなくても結局司書長はエリキャロの祖父に落ち着くのか。

684 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 10:17:19 ID:wSY8lWy/
>>683
エリキャロルーヴィ「ユーノおじいちゃ〜ん♪」

四人の孫に囲まれて幸せな余生を過ごしそうだw

685 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 11:31:17 ID:GAFVN17n
>>684
そういやリンディさんとだと、さらにカレルリエラも加わるから6人か。

686 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 12:22:43 ID:LyXkuo4y
早くユノユノと結婚してユノンユノンしたい。

687 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 12:31:02 ID:+QEqn3EB
( 'A`)< 闇の書事件が終わった日に、婚姻届け出しましたけど…言ってませんでした?

688 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 13:08:38 ID:2hUJlF2T
頑是ないユーノきゅんを手籠めにしようとするリンディさんというのが
年端もいかないヴィヴィオを囲う司書長よりも犯罪チックに見えるのは何故

689 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 13:14:05 ID:RZIZcuk7
>>688
だって司書長、ヴィヴィオを普通に可愛がるばっかりで、性的な意味で手え出さないもんw

690 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 13:22:34 ID:0cYITnb/
>>688

司書長はそんな人間のクズじゃない。
もっと高潔な精神の持ち主だ!!

691 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 13:28:59 ID:fADGUk2F
>>687
誰なのか気になりますよ、司書長……

>>690
でもな〜よくある有名なWeb漫画サイトほどユーノきゅんは……フェイトと共々なんであんな扱いなんだろうね…

692 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 13:34:25 ID:ZaFsvtaA
>>691
>有名なWeb漫画サイト

怠惰な日常(笑)?

693 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 13:40:35 ID:OIabkJha
>>692
個人のサークル名とか言っちゃうのはどうかと……

でも、司書長を変態に扱ってるところって本編をみていないのが多いよね。
まぁ、見ているところは司書長虐待が多いんだけど。

694 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 13:45:56 ID:ZaFsvtaA
>>693
ごめん、軽率だった

695 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 13:49:36 ID:2hUJlF2T
割と公式(メガミの件の漫画)のせいでもある
いいじゃんいいじゃん性に興味しんしんなショタユーノきゅんとかさぁ!

696 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 14:00:23 ID:0cYITnb/
>性に興味しんしんなショタユーノきゅんとかさぁ!

あ”はあ”あ”あ”あ”ぁ”ぁ”ぁ”ぁ”ぁ”ぁ”ぁ”!!
かーいいよおおおお!!
ショタユーノきゅんかーいいよおおおお!!
お持ちかえWRYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYY!!

697 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 14:08:13 ID:OIabkJha
>>696
おいおい、徹夜のしすぎで疲れて居るんじゃないか?
今すぐ日光浴に行くことをお勧めするぜ。

698 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 14:09:08 ID:fADGUk2F
>>696
※無印&Asの内容が途端に青臭さ入りの恋物語エッセンスが投下されます
 その結果、少々結末が変わったり、過程にローリングしたくなるような甘酸っぱさが追加されますが熱血魔法少女的には無害です

699 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 14:12:30 ID:GAFVN17n
>>696
赤潮?
とりあえず、海はきれいに。

700 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 15:41:43 ID:9OD12Swb
今日の暑さで、久しぶりの休日に家の外に出てみたらそのまんまぶっ倒れた司書長とか電波がやってきた

701 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 15:41:50 ID:dE2mt22G
とりあえず都築作品はなのはが続くとは思えないからきっと別のキャラで新しい作品作ってその中にユーノきゅんがいると思いたい

702 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 16:54:31 ID:XZgq+Ss/
ユーノのブリーフの中を覗きたいよ!

703 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 17:04:10 ID:R8epiO1a
>>695
無印でJSなんて追わないで
集落で幼馴染といちゃいちゃする性に興味しんしんのユーノ君

そしてプレシアさんがJS見つけ、次元震を起こす

リリカルなのは 〜END〜

704 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 17:05:33 ID:R8epiO1a
すまん、下げるの忘れてた・・・。

705 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 17:34:28 ID:g19c0dd0
>>700
割と沢山張ってそうなセキリュティがわらわら集まってきそうだな。

「襲撃か!?」
「魔力反応無し!」
「薬か……?」
「それより司書長を早く病院へ!」

ってな感じに
……間抜けだ

706 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 18:00:49 ID:lZf4YqXQ
唐突ながら投下します。

707 :痴漢にご注意!!1:2008/07/04(金) 18:02:08 ID:lZf4YqXQ
世の中にはやってはいけないことが多々ある。
そのうちの1つが痴漢である。
世の男性が有り余る欲を満たすために電車内で行う犯罪行為。
痴漢は被害者に対して不快と屈辱を味合わせるという憎むべき行為だ。

なぜ突然こんなことを表記しているかというと、現在進行形でユーノ・スクライアがその痴漢にあっているからである!!

ユーノは久しぶりの休日をもらったので町に買い物に行っていたのだが、今日は町で大きなイベントがあったらしく電車が満員だったのだ。
こんなこともあるかなと思いつつ、ユーノは満員電車に揺られていると、突然背後からお尻を撫でられたのだった。
驚いて声を上げそうになったが、周りに人がいるためになんとかユーノは声を出すのをこらえる。
しかし、そんなことはお構いなしに背後の人物はユーノのお尻をねちっこく撫でてくるのだった。

(そんな・・・嘘だろう!?)
ユーノは女顔なためか女に間違えられることはあっても、服装などで男らしくしているためか今まで痴漢にあったことはなかった。
しかし、今日は違う。完全にユーノは痴漢されていたのだ。

(どうしよう・・・。)
いくら自分が痴漢されているといっても、自分は男。
女だったらまだ『この人痴漢です!!』と言えたかもしれないが、男の自分が言っても信じて貰えないだろう。
管理局まで後45分。
それまでユーノはこの屈辱的な行為に耐えるという道しか残されていなかった・・・。


708 :痴漢にご注意!!2:2008/07/04(金) 18:02:47 ID:lZf4YqXQ
ユーノが言い出せないことをいいことに、背後の人物はさらに強く激しく体に触ってくる。
撫でられるだけだったお尻もだんだんと強く揉まれるようになり、さらに太ももまで触り始めるのだった。
ユーノは屈辱を感じながらも心の片隅で体がゾクゾクするのを感じていたが、この場はなんとか騒がずにいるしかなかった。
ユーノがいる場所は電車の中でも人目の付きにくい隅っこだったために、誰もユーノが痴漢されていることに誰も気づかない。

そして、痴漢の腕は遂にユーノの前の部分に回ろうとしていた。
しかし、ユーノは腕を使って必死に阻止する。

(もういい加減にして!!)
とうとう怒ったユーノは痴漢の腕を思いっきりつかんだ。
しかし、腕をつかんだ途端、ユーノは動きを止めてしまった。
(どういう事だろう??)
腕をつかんで警察に連行してやろうと思っていたのだが、痴漢の腕はユーノが想像していたよりもずっと滑らかで小さな感触だった。

そしてユーノがゆっくり振り返って、掴んだ腕の主はと言うと・・・機動六課二等陸士スバル・ナカジマがいたのだった。
一瞬でユーノの思考は停止してしまう。
叫ぼうと思ったが、ユーノは周りのことを考えてスバルと念話で会話することにした。

(なんで君がここにいて、しかも僕に痴漢してるのさ!!)
(あ〜。その・・・なんていいますか・・・。)

ジト目で睨み付けるユーノに対して、スバルはしどろもどろとしているのだった・・・。


709 :痴漢にご注意!!3:2008/07/04(金) 18:03:42 ID:lZf4YqXQ
スバルは今日あったビックイベントである『世界のお菓子フェア』に行った帰りの電車で、偶然ユーノを発見したのだった。
そんなときに、スバルは悪戯心が湧いてしまいついユーノのお尻を触ってしまったのである。

(最初は悪戯のつもりだったんですけど・・・なんかせんせーのお尻柔らかくて気持ちよかったし、我慢してるせんせーの顔があんまり可愛かったものだからつい・・・)

スバルの言い訳にユーノは内心で思いっきりため息をついた。
何が悲しくて教え子に、しかも年下の女の子に痴漢されなければいけないんだか・・・。
そういえば、授業中にティアナが『スバルがよく胸とか触ってくるんですよ!!』と怒っていたが、あれは本当だったんだ・・・。

内心で呆れていたユーノはそんな悪い子なスバルにお仕置きしたくなってきた。
自分だって痴漢をされたのだ。少しぐらいお仕置きしてもいいだろう。
そう思ったユーノの顔は少し意地悪な笑みを浮かべていた。

ユーノはスバルの腕を掴むと電車の隅の方まで引っ張り込んでいく。
突然のことに驚いているスバルに構わず周りの人に見られない位置まで引っ張り込むと、ユーノは優しくスバルを抱きしめた。

(せんせー、いきなり何を!?)
(痴漢するなんて、スバルは悪い生徒だね。そんな生徒にはお仕置きしなくちゃ♪)
(ひゃっ・・せんせー・・・駄目!!)

ユーノは抱きしめた状態からスバルの体にゆっくりと手を這わせていく。
左手で脇腹を撫でつつ、スバルが逃げられないように右手を背中に回してじっくりと苛めていく。
ときおり耳たぶを甘噛みするたびにスバルの体がビクビクと震えるのを感じて、ユーノはひどくご満悦だった。

(せんせー、うぁ・・ひゃう!あっ、やぁ!!・・・もう許して・・・。)
(だめだよスバル。まだまだ苛めてあげるから。)

そうしてスバルを苛めていると電車は目的地についてしまった。
仕方なくユーノはスバルを解放したが、スバルはユーノのお仕置きによって腰が抜けてしまっていたのだった。

(せんせーの変態、スケベ、淫獣!!)
(ほらほら。そんなにいじけてないで行くよ?)

念話でスバルと会話しながらユーノはスバルを抱えて宿舎に送っていくのだった。
しかし、このときユーノは気づいていなかった。
さきほどの電車の中でのスバルとのやりとりを、とある人物に見られていたということに・・・。


710 :痴漢にご注意!!4:2008/07/04(金) 18:04:33 ID:lZf4YqXQ

そして翌日、ユーノはまたしても満員電車に揺られていた。

ユーノは暑苦しい空気にうんざりしていると、誰かにお尻を触られるのを感じた。
またスバルかな?と思い、振り向いてみるとそこにいたのは・・・。

「なのは?フェイトにはやても・・・。」

なぜ彼女達がこの電車に?
しかも、何故なのは達の顔は笑って目は笑っていないのだろう?

「ユーノ君。この前スバルと電車で何やってたのかな?」
「電車の中であんなことするなんていかんな〜。」
「そんなユーノにはお仕置きだね♪」

まさか!この前のスバルとの電車でのことを見られていたのか!?
焦るユーノは逃げようとしたが、いつの間にか逃げ道はなのは達に塞がれて逃げられない。
周りの人達は何故かこちらに背を向けて、あえて見ないようにしていた。

「ユーノ君って本当に腰が細いな〜。」
「なんか苛めたくなってくるんよね〜。」
「こういうシチュエーションもなかなかいいよね・・・。」
「や、やめて〜〜〜!!」

そしてユーノは目的地に着くまでの50分間、ずっとなのは達に集団痴漢されたのでした・・・。


711 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 18:05:15 ID:lZf4YqXQ
以上です。
司書長は絶対に何回か電車で痴漢されたと思う。


712 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 18:09:37 ID:R8epiO1a
>>711
GJ
しかし司書長が電車に乗ってるところがいまいち想像できないなぁ
あと、スバルのS属性が着々と進行してる気がするぜ

713 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 18:12:22 ID:HTWik6xF
>>711
SなスバルGJ

>集団痴漢
もうそれは痴漢じゃなくて逆レイp(ry

714 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 18:24:32 ID:vzfe06D/
>>711
GJです


そして何故かたった今、幾度も囮調査(強制参加)の為に女装させられたせいで
女装なれしている司書長って言う毒電波っぽい電波がが飛んできたんだが。

715 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 18:34:48 ID:WYsEWyPU
明らかに犯人なのだがどうしても決定的証拠のない犯罪者
しかし唯一の隙を見つけたクロノ
その隙とは小動物に目がないこと…

フェレットモードで潜入したユーノだが沢山の小動物(雌)たちに襲われ…


会議の間にここまで妄想できた

716 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 18:46:33 ID:AGcbMQKA
>>715
きゅんが襲われている間に部屋を家捜しするクロノ。
「キミの尊い犠牲をボクは決して忘れないぞ、フェレットもどき。」

これはエロじゃないのか?


717 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 19:38:54 ID:fADGUk2F
>>715
その後、いろんな意味でお腹一杯にされて絶賛いじけいてるユーノきゅんがいます。アナタならどうしますか

1:何も言わずに隣に座ってお話聞く
2:景気払いに遺跡発掘など外に出向かせる
3:気を使ってユーノきゅんを一人にさせておく(でも様子見は欠かさない)


718 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 19:43:47 ID:nFTK7+gi
>>714
司書長をおもしろ半分で女装させるはやてとアリサ。ノリノリで続くシャマルとヴィータ。止める素振りを見せながら興味津々のフェイトとすずか。
付き合ってられるかと立ち去るシグナムに、もはや自分独りでは止められないことを嘆き、心の中で謝りながらその場から逃げ出すなのはさん。

数分後、女性陣の悲鳴を聞いて駆けつけたなのはさんとシグナムが見たものは――
女装を片付けて溜息をついている司書長と、重い何かを背負ってその場に膝を着き「負けた……男に負けた……」などと呟いて放心状態の、その場に残っていた女性陣達。

うん、なんだ。ここまで追加で受信できたぜ。

719 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 19:46:30 ID:fADGUk2F
>>718
腰周りの細さに3000点

720 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 19:51:52 ID:2hUJlF2T
お前らまだ夜も更けないうちから下ネタ合戦しやがって
全年齢板だから基本的に深夜以外は下ネタが少ない配慮にワロタ

>>714
身長が近いシグナムが女らしいという理由で着ていなかった服も持ち込まれ、
着せ替え遊びが終わった後、散乱する衣装の中に司書長が着たと思われる
自分の服を見つけたシグナムさんが……まで読んだ

721 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 19:53:50 ID:+76qRu1u
>>718
化粧のノリに5000ペセタ

336 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)