5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【080127:アニメ】『トイ・ストーリー』シリーズ、3-Dに“お色直し”

1 :ACN通信員ψ ★:2008/01/28(月) 00:09:27 ID:???
 米ディズニーは、ピクサー・アニメーション・スタジオ製作の『トイ・ストーリー』シリーズを
3-Dフォーマットに改訂し、リバイバル上映する。1作目の3-D版『トイ・ストーリー』は
2009年10月2日に公開。続編の『トイ・ストーリー2』も同様に改訂され、2010年2月12日に
公開されることになっている。

 この2作品の3-Dリバイバル上映は、カウボーイのウッディ、スーパー・ヒーローのバズ・
ライトイヤーや、彼らのオモチャ仲間たちの新たな冒険を描く『トイ・ストーリー3(原題)』に
先駆けるもの。このシリーズ最新作も3-Dフォーマットで製作され、2010年6月18日に公開
される予定。監督は、『トイ・ストーリー2』で共同監督を務めたリー・アンクリッチ。

 『トイ・ストーリー』シリーズの最初の2作を監督し、現在はディズニーとピクサーの最高
製作責任者を務めるジョン・ラセターが、3-Dバージョン製作のクリエイティブ面を監修する
ことになる。

 ディズニーは、他のアニメーション・スタジオに続き、観客を映画館に誘い出す仕掛けとして、
3-Dフォーマットを積極的に導入していくようになってきた。これまでにもディズニーとしては、
ティム・バートンの『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』のほか、『チキン・リトル』、『ルイスと
未来泥棒』といった作品を3-Dフォーマットで公開し、興行面で好成績を挙げてきた。『ルイスと
未来泥棒』は、アメリカ国内興行収入9780万ドルのうち、3040万ドルは3-D上映館が稼いでいる。




2 :ACN通信員ψ ★:2008/01/28(月) 00:09:40 ID:???
 近日公開のディズニー作品では、“Hannah Montana & Miley Cyrus: Best of Both Worlds
Concert”やアニメーション作品“Bolt”、パーフォマンス・キャプチャーで製作された“A Christmas
Carol”、ストップ・モーション・アニメーションの“Frankenweenie”、そして実写とパーフォーマンス・
キャプチャーを組み合わせて製作される“Alice in Wonderland”など、軒並み3-Dでも上映される
ことになっている。

 来年には、観客が3-D作品を身近に楽しめるように、ディズニーは照準を合わせている。その
頃までには、何千という映画館で3-D上映が出来るようになる予定。

 ドリームワークス・アニメーションも、2009年に“Monsters vs. Aliens”と“How to Train Your
Dragon”をIMAX 3-Dで公開し、2010年には、普通の映画館においてもデジタル3-Dで『シュレック』
の4作目“Shrek Goes Fourth”を公開する意向である。ジェフリー・カッツェンバーグは、将来的
にはドリームワークスのアニメーション作品は、全て3-Dフォーマットで製作されることになるだろう
と語っている。

 一方、米20世紀フォックスは、来年、ジェームズ・キャメロンの“Avatar”を3-Dで公開する。

情報ソース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080127-00000001-vari-ent

3 :メディアみっくす☆名無しさん:2008/01/28(月) 13:14:04 ID:e3X6lvi7
はやくみたいな

4 :メディアみっくす☆名無しさん:2008/01/28(月) 14:04:13 ID:29DSLbkW
トイレ・ストーリーかと思った。

5 :メディアみっくす☆名無しさん:2008/01/28(月) 16:02:26 ID:???
3‐Dフォーマットになると何が違うの?

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)