5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

サルでも描けるまんが教室 第3章

1 :1:2008/05/25(日) 22:30:30 ID:???
前スレ
サルでも描けるまんが教室 第2章
http://anime3.2ch.net/test/read.cgi/rcomic/1191187872/
【とんち】サルでも描けるまんが教室【野望】
http://anime2.2ch.net/test/read.cgi/rcomic/1155794512/

「サルでも描けるまんが教室2.0」は
2008年5月24日発売の「月刊IKKI」にて連載終了。

サルでも描けるまんが教室2.0公式ブログ
http://blog.ikki-para.com/saruman/
たけくまメモ
http://takekuma.cocolog-nifty.com/blog/

竹熊健太郎・相原コージ各個人についての書き込みは、下記のスレッドなどでどうぞ。
竹熊健太郎について語るスレ 3
http://anime3.2ch.net/test/read.cgi/iga/1203364189/
【真・異種格闘大戦】相原コージ総合8
http://anime3.2ch.net/test/read.cgi/comic/1208309815/

その他
小学館の月刊IKKI Part17
http://anime3.2ch.net/test/read.cgi/comic/1198937863/
野望の王国16「手に巻いたタオルの中に銃がっ!!」
http://anime3.2ch.net/test/read.cgi/rcomic/1210486781/

2 :愛蔵版名無しさん:2008/05/25(日) 22:34:34 ID:VyPF242e
2

3 :愛蔵版名無しさん:2008/05/26(月) 03:36:51 ID:???
相原コージ=青空のぼる

4 :愛蔵版名無しさん:2008/05/26(月) 13:28:13 ID:???
今号末にあったけど竹熊が「血流のためにまた締め切りのある仕事してえなあ……」とか
「ヒクソンがヒョ―ドルに勝つ方法が見つかった!」とか言い出しても金輪際連載再開はないんだと。

サルまん完全に終わったな

5 :愛蔵版名無しさん:2008/05/26(月) 14:11:01 ID:???
今回の最終回はエヴァのテレビ版最終回を元ネタにしているわけだが
エヴァのテレビ版最終回もサルまんを元ネタにしているのは知ってるかな

6 :愛蔵版名無しさん:2008/05/26(月) 14:13:21 ID:???
アヤナミが口にパンくわえて「きゃーちこくちこくー」のアレだろ

7 :愛蔵版名無しさん:2008/05/26(月) 15:09:34 ID:???
もうIKKIを読まないよ

8 :愛蔵版名無しさん:2008/05/26(月) 16:20:26 ID:???
いや、のらみみあるから読むけどね
>>1

どうせなら、レオの円盤生物編開始オチな最終回でもよかった
エヴァの元ネタ(特にユニゾン&弐号機)のひとつでもあるし

9 :愛蔵版名無しさん:2008/05/26(月) 17:00:59 ID:???
てかこれ、とんち番長1&2そのままだろもう
作者2人が昔の夢よもう一度!で始めてやっぱりコケた

違うのは終盤で迷走展開になったのは1作めか2作めか、雑誌が潰れるか作品が潰れて終わるか、ぐらいなもん

10 :愛蔵版名無しさん:2008/05/26(月) 19:34:51 ID:???
とんち番長2は持てる力を出し尽くしての討ち死に。
サルまん2.0は大学に職を得たからやる気なくなって投げ出し。
(いや詳しい事情は今後の発表待ちだが、どうせそう言われるでしょ)

11 :愛蔵版名無しさん:2008/05/26(月) 21:12:28 ID:???
自分も病気で高齢の父親抱えて2人とも生活能力は低い、
しかも脳の病気で思考力と集中力は衰えている。
不安になって高給の定職を取っても仕方あるまいよ。

12 :愛蔵版名無しさん:2008/05/26(月) 21:32:47 ID:???
作者の投げ出しで辞められたら雑誌も大損じゃないの?

13 :愛蔵版名無しさん:2008/05/26(月) 23:04:03 ID:???
作者自身も大損だよ

14 :愛蔵版名無しさん:2008/05/26(月) 23:41:43 ID:???
ファンも損した

15 :愛蔵版名無しさん:2008/05/26(月) 23:54:30 ID:Ly7JZup5
なんか相原コージが可哀相になってきた

16 :愛蔵版名無しさん:2008/05/27(火) 00:50:10 ID:???
月刊誌連載のくせに毎回あの程度のページ数だろ、これで無理矢理単行本出したら
ローゼンメイデン8巻みたいな薄っぺらな奴になるんだろうな

竹熊は責任とってコラムなりなんなり大幅に書き下ろして単行本だけは出せよ。買ってやるから

17 :愛蔵版名無しさん:2008/05/27(火) 01:08:31 ID:???
単行本出ないんならまとめてzipでくれ

18 :愛蔵版名無しさん:2008/05/27(火) 02:05:57 ID:???
何かたけくまの過去の悪事を探して電凸とかで客員教授の話を潰せれば別な雑誌ででも
続きを読めるようにならんかな

19 :愛蔵版名無しさん:2008/05/27(火) 02:27:42 ID:???
今夜もブログでの説明なしか・・・
どうすれば相原への愚痴や悪口にならずにすむか、
文章をあれこれいじったりして悩んでるのかな。

20 :愛蔵版名無しさん:2008/05/27(火) 02:51:50 ID:???
縮小再生産でも単行本一冊分くらい妥協して続けりゃいいのに

21 :愛蔵版名無しさん:2008/05/27(火) 09:02:52 ID:???
サルまん終了で初めてこのスレに来たけど
ここの人は相原コージの『真・異種格闘大戦』読んでる?
旧サルまんレベルで面白いよ
ページ数少なめとはいえ
この2本の連載を続けるのはキツかっただろうな

22 :愛蔵版名無しさん:2008/05/27(火) 12:39:03 ID:???
たしかにあれはおもしろい。最後は最初に敗れたヒトの身内が
動物どもにミサイル撃ちこんで皆殺しに終わりそうな気がするが

だが、それとサルまんの話は別。

23 :愛蔵版名無しさん:2008/05/27(火) 14:09:43 ID:???
大本営発表キタ――――――――――――――――!!


…が、雑誌で言ってたこととほとんど被っとるな。

24 :愛蔵版名無しさん:2008/05/27(火) 14:25:37 ID:???
メディアミックスとか本気だったんだな。あんなつまらないもので。メタや揶揄の視点で見てもつまらない。
アニメは自主制作でフラッシュアニメを頼めばいいやとか考えてたのかね?
アニメ化だグッズ展開だと妄言吐いたらそりゃみんな相手にしないし
本気だったとわかったら愕然とするだろう。挙句の果てに「連載やめよう」だからな。
相原のダメージの方が大きそうだが、多分周囲はみんな竹熊のことを心配してるんじゃねーかな。色々と。

25 :愛蔵版名無しさん:2008/05/27(火) 14:56:48 ID:???
つーか同人誌の話から一直線にまずデスの音ネット連載にいくべきだろ
マスコットキャラなんて寄り道せずにさ。そうすれば単行本一冊分くらいはいけたかもしれんのに……
あの展開は確かに空気嫁てなかったよな

26 :愛蔵版名無しさん:2008/05/27(火) 14:57:12 ID:???
竹熊、青空先生化していないか?と思った。
読者とも編集ともズレているという点において。
相原のがダメージ大きそうってのは同意。続ける気もあったようだし。

てか思い描いていた内容はさておき、プロなんだからまず投げるのが一番ダメだよ。
趣味でなら「自分の考えを貫けなくなったからやーめた」でもなんら問題ないけど、
これはれっきとした仕事なんだからさ。最低限一区切りまではやらなきゃ。
そもそも仕事である以上、自分の意思を曲げなきゃならんことなんて避けられんし。

27 :愛蔵版名無しさん:2008/05/27(火) 15:22:52 ID:???
とんち番長の時みたく、作品内でメディアミックス展開ってやり方じゃ
縮小再生産にしかならないって強迫観念があったのかねえ?
でもとんち番長は、そこにはあまり深く突っ込まなかったし、
作品内だけで、デスの音をメディアミックスして、どうなるとか
シュミレート的展開にしても、新しいものが出来たと思うんだがなあ。

「メディアミックスを現実にもやらねばならぬ」なんて、逆に作家としての
想像力の幅を縮めてると思う。
ベラボーな人々で取材した、康芳夫氏の影響でも受けたのもしれんが、
だとしたら、「俺は興行師じゃねえ」って言いたくなる相原の気持ちもよくわかる。
メディアミックスネタをやるなら、机の前で戦う作家として、ブログで集めたデータと
想像力を駆使して、作品内のみでやることにこだわってほしかったよ。

28 :愛蔵版名無しさん:2008/05/27(火) 15:47:11 ID:???
ああ、納得。竹熊は仕掛け人をやりたかったんだな。
でも実際は仕掛け人、企画を作るってのは体力がいるし実際できませんでしたと。
正直竹熊に監督としての才能はないと思うよ。
作家としてっていう決意をしてくれたらそれより嬉しいことはないのにな。

29 :愛蔵版名無しさん:2008/05/27(火) 16:03:01 ID:???
vipだのニコニコだの直接見てないからよく知らないけど
ああいうところで「結果的に」成立したネタは
そんなに簡単に人工的に作れるもんじゃないだろう。
その線でいくなら現状のユーザーが支持する文法を事前に「知識として」把握しておく
京アニレベルのリテラシーが必要だったんじゃないか。
この見積もりは甘すぎる。

30 :愛蔵版名無しさん:2008/05/27(火) 16:33:38 ID:???
サルまんはあの当時のスピリッツだから盛り上がった。
IKKIじゃねえ

31 :愛蔵版名無しさん:2008/05/27(火) 17:21:37 ID:???
まだ本誌を読んでなくブログからの発想ではあるが

メディアミックスという発想自体がもう時代遅れ
新しくないんじゃないかと

なんだかんだいって既存のアニメは斜陽だよ・・・

32 :愛蔵版名無しさん:2008/05/27(火) 17:25:46 ID:???
でもそれにとって代わるものがないのも事実。

33 :愛蔵版名無しさん:2008/05/27(火) 17:42:46 ID:???
連載をやめてしまう、ということをせずに、
連載中断を決意してしまう、というネタをやればよかったんだ

34 :愛蔵版名無しさん:2008/05/27(火) 17:50:33 ID:???
メディアミックスをやろとうゴリ押しするたけくま
思いっきり引いてる相原と担当というネタの漫画にすればいいのに

35 :愛蔵版名無しさん:2008/05/27(火) 17:53:51 ID:???
それいいな、たけくまブログに書いてやれよ

36 :愛蔵版名無しさん:2008/05/27(火) 18:00:33 ID:???
たけくまさんも、老後のこととかそろそろ考える時期だから
一発当てることを夢見ているんだろうか・・・

37 :愛蔵版名無しさん:2008/05/27(火) 18:04:00 ID:???
デスの音の乳もみ原画ハルヒのトレスじゃん

38 :愛蔵版名無しさん:2008/05/27(火) 18:19:06 ID:???
裸で「最終回なんてうっそぴょ〜ん」って言えばみんな許してくれるぞ!

39 :愛蔵版名無しさん:2008/05/27(火) 18:21:24 ID:???
>38

それだ

40 :愛蔵版名無しさん:2008/05/27(火) 19:00:42 ID:???
編集部から完全に見捨てられてるから無理だな。それでもやるなら続きはブログで



41 :愛蔵版名無しさん:2008/05/27(火) 19:49:04 ID:oNXyW8Wc
ふつう、こんなことをやったら出版界、漫画界から総スカン食らいそうな気もするが、
その辺の根回しは大丈夫なのか?

42 :愛蔵版名無しさん:2008/05/27(火) 20:20:25 ID:???
なんでそこまで気にしなければいけないの?

43 :愛蔵版名無しさん:2008/05/27(火) 20:51:25 ID:???
誤解を恐れずに言うが、サルまんの愛読者って、
いわゆる“漫画読み”(と業界人)でしょ?

メディアミックスの萌え展開なんぞで喜ぶのって、そういう人たちじゃない気がする。
つーかそもそも喜ぶ人がいないと思う。
せいぜいブログの企画に参加することに前向きな人たちくらいで。


44 :愛蔵版名無しさん:2008/05/27(火) 21:00:07 ID:???
本誌読んでないのでわからんのだが、
相原はどんな発言をしていたの?教えてエロい人。

45 :愛蔵版名無しさん:2008/05/27(火) 21:19:53 ID:???
>>27の指摘と意見が核心を突いているな。
漫画家や作家は、いつでも過去の作品の焼き直しをしつこくやってるようなもので、
作品内だけでやっても、十分新しく、面白い作品になったと思うよ。
「前作を超えたい」という意識が強すぎたんじゃないか。
まったくガッカリだ。

46 :愛蔵版名無しさん:2008/05/27(火) 21:38:56 ID:???
IKKIじゃメディアミックス盛んにやって売れない雑誌を何とか黒字化させてるが、
竹熊氏の考えてたネット配信のアニメじゃ商売にならないと考えたんじゃないか?
リリカルなのは や もえたん みたいな超上級者向けのあざといのが市場のメイン張ってる昨今で
ガチ萌えアニメをDVD化してもパロディにはならない。
多分ウサギライダーの人に任せるつもりだったと思うからポシャった事自体は残念だ。

47 :愛蔵版名無しさん:2008/05/27(火) 21:55:19 ID:???
>>44
愛蔵版書き下ろしで再び竹熊と仕事したらいい感じだったんで
名声や金が欲しくでまたサルまんやっちまっただとかそんな感じ

それ以外にこれといった主張なかったな。あとは身内の不幸だの収入減少だのとグダグダ言い訳

48 :愛蔵版名無しさん:2008/05/27(火) 21:56:35 ID:???
今立ち読みしてきたばっかりなんだけど、IKKIって絵の上手い人多いしジャンルもバラエティ豊かだね。
でも買いたくはならない。続きが気になって仕方ないってこともない。
作者二人と編集者のコンテンツ提供側が、漫画界の縮小傾向と他メディアへの依存を認めて
なおかつ打開策も示してない。
嘘をついて盛り上げるよりは良心的だけど、寂しい気持ちだけが残った。

49 :愛蔵版名無しさん:2008/05/27(火) 22:08:55 ID:???
>>47
ありがとう。口を極めてたけくまを罵ったりしてたのかと思ったw
お互いに相手が悪いというのでなく、見解の相違ってやつなんだね。

あーほんとに残念っつーか悔しいなあ。いつか読もうと思って買わずに
楽しみにしてたのに!

50 :愛蔵版名無しさん:2008/05/27(火) 23:11:24 ID:???
ブログと客員教授でもう出版界には未練ないんだろ


51 :愛蔵版名無しさん:2008/05/27(火) 23:32:19 ID:???
サルでも描けるとんち甲子園

by 青空のぼる(竹熊&相原)

52 :愛蔵版名無しさん:2008/05/27(火) 23:54:03 ID:???
>>49
残念なことない。
本当につまらないマンガだから。

53 :愛蔵版名無しさん:2008/05/28(水) 00:05:23 ID:???
つーか、全裸になってやっと面白くなったのが最終回って事だろ?
このままリアル竹熊と相原の険悪なディベート漫画にしたら面白いと思うが。
ブログでも誰かが書いてたが、誰かの踊らそうという意図に乗って
踊りたがる程暇な人は今はいないと思うよ。

54 :愛蔵版名無しさん:2008/05/28(水) 00:32:06 ID:???
キャラクタービジネスの時もなんかおかしい気はしてたんだよな
基本的に作品がヒットするからこそのキャラクター人気であり、
キャラだけ作れば儲けられるなんてのはほとんどないだろ

とんち番長がヒットせずにとんち番長や子分のキャラでビジネス展開できるかというとそうじゃないし

55 :愛蔵版名無しさん:2008/05/28(水) 01:35:18 ID:???
キティちゃんだのひこにゃんだのとは根本的に違うだろう、と思った。
仮に『ドラえもん』がすごくつまらないマンガだったら、
ドラえもんの人形だのTシャツだのが売れたかどうか。

56 :愛蔵版名無しさん:2008/05/28(水) 01:50:43 ID:eXg4Fof9
基本、漫画家ってのは手塚、藤子からその辺のペイペイに至るまで、
漫画を描かなきゃ・・・っていう強迫観念みたいなものがあって、
それが時には読者のハガキに涙するし、体を壊してまでも書き続けようとする原動力でもあって、
それが時に花開くものなんだけど、ああ、この人にはそれが無かったんだなと・・・

野望・・・とか、全て嘘か?と。

57 :愛蔵版名無しさん:2008/05/28(水) 03:00:31 ID:???
そりゃナイーブ過ぎ。

58 :愛蔵版名無しさん:2008/05/28(水) 04:25:00 ID:???
本気でグッズが売れるとか、一発当てようなんてことは思ってなかったと思うよ。
オタクを踊らすことが出来るとも思ってなかっただろう。
「やっぱり失敗しました。ちんぴょろすぽーん!!」
みたいなオチでいいやってことだったんだろうが、残念ながら、そんなギャグのために、
弱小月刊誌はわざわざ予算や労力を割いてくれなかった。

バブルな時代のスピリッツだからこそ、とんち番長グッズや
少年スピリッツの作家紹介のページなんかも作れたわけで。
(高橋留美子やあだち充まで呼んで、架空の漫画家に仕立ていたな…)

59 :愛蔵版名無しさん:2008/05/28(水) 04:30:22 ID:???
>>56
チャイルドプラネットの時も、ストーリーづくりをなめてた。
自分にはちゃんとまとめる力はなかったって言ってた。
やっぱり創作者としては、なにか情念みたいなものが決定的に
欠けてるんだろうな。
馬鹿になりきれないというか。当人曰く、オタク密教者ゆえの弱点。
ま、やっぱり天職は、インタビュアーやライターってことでしょう。

60 :愛蔵版名無しさん:2008/05/28(水) 09:57:32 ID:???
>>56
そりゃ漫画家を理想化しすぎ

61 :愛蔵版名無しさん:2008/05/28(水) 10:17:23 ID:???
なんか、哀れさを感じるな。
ギャグでなく、地で「2ものは成功しない」というセオリーを
忘れていたって…。



62 :愛蔵版名無しさん:2008/05/28(水) 12:22:25 ID:???
メディアミックスを前面に打ち出した作品って、
コケやすい率高いって法則発動しただけだろう

パチンコ屋とかの仕込みとかは見てみたかったけどな…
実写の部分があるのも、サルまんの面白さのひとつだったから

しかし単行本でないとは、4コマ漫画のようだ
だからこそ『萌え4コマ』について取り上げてほしかったんだが
昔やったことも今変わってる部分あるし、
『新・売れる少年漫画』とかテーマは腐るほどあってやれたと思う

63 :愛蔵版名無しさん:2008/05/28(水) 13:12:23 ID:???
まだやれることはあるのに
意味不明なことばかりやってたもんな。
相原の言うとおり
普通に連載して単行本1巻ぐらいだすほうがよかったと思う

64 :愛蔵版名無しさん:2008/05/28(水) 14:15:14 ID:???
これは漫画なんだから、漫画がメインじゃなきゃな

65 :愛蔵版名無しさん:2008/05/28(水) 14:30:17 ID:???
なんか気張り過ぎて空回りしたって印象が強いな。
読者はもう先進性みたいな部分は求めていないんだから(現在の2人の状況を考えれば、
そんな事望めるはずがないし)、プリンスやスティーヴィー・ワンダーみたいに自分の
ペースで続ければ良かったんだと思うよ。

66 :愛蔵版名無しさん:2008/05/28(水) 14:32:50 ID:???
サルまんの焼き直しでも別にいいんだけどね。
同人誌ネタでもニコニコ動画ネタでもいいし。
竹熊が年齢と脳梗塞の影響で、昔みたいに徹底的に調べ上げてネタを作るような
集中力がなくなって、外の活動に活路を見いだそうとしたのかな。

67 :愛蔵版名無しさん:2008/05/28(水) 14:37:28 ID:???
これってサルまんのことだったんだ
http://takekuma.cocolog-nifty.com/blog/2008/03/post_05f4.html

68 :愛蔵版名無しさん:2008/05/28(水) 14:43:37 ID:???
竹熊が思ってるより、漫画というメディアだけでも、やれるネタは
まだたくさんあったはず。
正確には15年の間にやれることがまた新たに出来た。
>>62の言うとおり、新・売れる少年漫画も出来たと思うよ。
同じく少女漫画も青年漫画も、15年前とは別の法則が生まれていて、ちゃんと丹念に、
現在の少年誌少女誌青年誌を取材してりゃ、ネタに出来そうな法則がゴロゴロ見つかったはず。
それを、今やメディアミックス以外にヒットはありえないと思い込んだのが
運のツキ。
10年後はそうなるかも分からんが、現在ではそう決め付けるにはまだ時期尚早だった。

69 :愛蔵版名無しさん:2008/05/28(水) 14:44:36 ID:???
>>58
メディアミックスやれないんだったらやるつもりがなかったって言うんだから
失敗するつもりもなかったんだろうし、ギャグのつもりもなかったと思うよ。
竹熊にしたら自分のやりたいメディアミックスの単なる素材としての認識
だったんだろう。
漫画で漫画については考えてなかった所に滑稽さを感じたな。

今後大学でアニメがどうとかインターネットの連動とかいうんだろうけど、
大学側はそんなことに期待もしてないだろうなあ。

70 :愛蔵版名無しさん:2008/05/28(水) 14:57:09 ID:???
エロい少女マンガとかやって欲しかったな

71 :愛蔵版名無しさん:2008/05/28(水) 15:02:31 ID:???
パッと思いつくだけで、少年漫画だったら腐女子層の露骨な取り込み、
少女マンガだったら過激なエロ、青年漫画だったらドラゴン桜から
ふたりエッチのようなマニュアル漫画と、
15年前にはなかった、もしくはまだまだ雛型だったようなタイプの漫画が
新しく出てきてる。
少年漫画の主人公にしても、単純な熱血系よりも、天然系や俺様系などが増えてる。

竹熊に言いたい。
むりやり背伸びして電脳空間の彼方を見るより、近所の本屋に並んでる漫画を読め!
(もう手遅れだが)

72 :愛蔵版名無しさん:2008/05/28(水) 15:04:37 ID:???
たけくまって少女漫画は全然駄目なんじゃないのか。ブログ読んでて思った。

73 :愛蔵版名無しさん:2008/05/28(水) 15:07:58 ID:???
ていうか、竹熊の構想からすれば、「サルでも作れるメディアミックス教室」だろう
それを「サルでも描けるまんが教室」でやっちゃ駄目だよ

74 :愛蔵版名無しさん:2008/05/28(水) 15:13:44 ID:???
その”まんが”が、今やメディアミックスなしでは成り立たないんだ!ってのが
竹熊の持論なんだろう。
それもまったくの的外れじゃないかもしれんが、なんにせよ
主人公の目標となる中心軸がはっきりしてないと駄目だな。
逆に中心軸がしっかりしてれば、旧みたくやりたい放題出来た。
サル”まん”を名乗る以上、中心軸は漫画から動かすべきじゃなかったよ。

現在は中心軸が見つけにくい時代であるというのは分からんでもないが・・・

75 :愛蔵版名無しさん:2008/05/28(水) 15:17:36 ID:???
全くの想像だけど、田舎に引っ越してお父さんと二人暮らしになって
閉塞感があるから、家で、メールやFAXで打ち合わせながら原稿書くより、
外で他人をたくさん巻き込んだメディア企画に力を入れたかったのかな。
考えすぎ?

76 :愛蔵版名無しさん:2008/05/28(水) 15:44:21 ID:???
やはり現代のサルまんにはそれにふさわしい書き手が要るってことかなあ

77 :愛蔵版名無しさん:2008/05/28(水) 15:48:41 ID:???
今はアニメよりも
間違ったドラマ化の時代

78 :愛蔵版名無しさん:2008/05/28(水) 16:00:45 ID:???
>>77
それをテーマ・ネタにしても面白そうだけどなぁ<アニメの実写ドラマ・映画化
コケる率高いってところとか

79 :愛蔵版名無しさん:2008/05/28(水) 16:38:10 ID:???
>>75
それはあると思うよ。前にエヴァの取材の時に漫画は一人で寂しいけど
アニメは大人数で作っててうらやましいとかいってたから。
あとやたら理解できないのに萌えに関わるのはオタクコミュニティに
絡みたいからじゃないかと邪推。


80 :愛蔵版名無しさん:2008/05/28(水) 17:10:36 ID:???
>>73
いや、2.0は「まんが教室」とは銘うってないよ。今回は漫画の描き方教えるまんがじゃないしね
もしかしたら「サルでもまんがでネット制覇できる」かもしれないし
「サルでもメディアミックス戦略がわかるまんが」なのかもしれない

どちらにしろ竹熊が「サルまん2.0」というタイトルにどういう意味を込めたかッたのかは今となってはもうわからん

81 :愛蔵版名無しさん:2008/05/28(水) 18:30:22 ID:???
『「Web2.0」みたいに、言いだしっぺだけがテンション上がっててすぐすぼむ企画』だな。

82 :愛蔵版名無しさん:2008/05/28(水) 21:12:36 ID:???
しかし単行本が出ないって、文章でちょくちょく本を出してる竹熊と違って
相原にとっては大打撃では・・・


83 :愛蔵版名無しさん:2008/05/28(水) 21:16:08 ID:???
編集長のくせに指導力がないと世間に恥をさらした江上さんも気の毒。

84 :愛蔵版名無しさん:2008/05/28(水) 21:21:27 ID:???
ブログのサルまんスレが荒れてきたな。
連載中はずっと沈黙してた連中が、ここぞとばかりに失敗の理由を
オレ様理論で書きたてて、それがぶつかって内紛状態w
あっちよか、このスレの方がよっぽど連載中にいろいろ語ってたよな。
まあ、オレ様理論っていうならこのスレもそうかもしれんが、
あっちのコテ連中は、どうしてあんなに無駄に長文な上に偉そうなんだか。

85 :愛蔵版名無しさん:2008/05/28(水) 21:41:50 ID:???
打ち切りってなんだよー

単行本楽しみにしてたのに・・・・

86 :愛蔵版名無しさん:2008/05/28(水) 21:46:46 ID:???
ふと思ったんだけどさ。デスの音をブログ連載にするだのアニメ作るだのするために
ネットカフェを舞台に選んだと竹熊はんは言ってたけど。
PCでアニメ作るのは俺ようしらんのでなんとも言えないが、漫画はどうすんだ?PCで直接描くとかできるんか?

普通に原稿用紙で描くんならデータ化するためのスキャナーが必要だがネットカフェにんなもんないだろ。
PCで漫画描くためのソフトもないし。収入ない2人に機材揃えさせるのはどう考えても無理あるぞ




87 :愛蔵版名無しさん:2008/05/28(水) 21:56:23 ID:???
>>84
批判する連中はネットだけ調子のいい無責任な野次馬で、
自分達は作る側に立ったクリエーター様って何の病気にかかってるんだよ(W


88 :愛蔵版名無しさん:2008/05/28(水) 21:57:30 ID:???
お絵かきソフトはネット上のフリーのやつをDLできる。
そしてそれで描いた絵をコツコツ配信してゆくしかない。
名が売れるまで気が遠くなるような作業だが、とりあえず紙やペンやスキャナーは不要。

相原コージ作品ってことでやれれば、もっと有名になるのは早いかもしれんが、
やおい同人誌トレス事件で名前も出せないしな。

89 :愛蔵版名無しさん:2008/05/28(水) 21:59:11 ID:???
>自分達は作る側に立ったクリエーター様って何の病気にかかってるんだよ(W

ああ、アイツのことなw


90 :愛蔵版名無しさん:2008/05/28(水) 22:08:27 ID:???
>>88
ペンタブレットとかが要るんじゃ?
まさかマウスで?

91 :愛蔵版名無しさん:2008/05/28(水) 22:13:04 ID:???
         ____
       / \  /\ キリッ
.     / (ー)  (ー)\ <俺は前にも何度が書き込んでいるけれど、本職はゲームの企画屋で
    /   ⌒(__人__)⌒ \ ゲーム業界に勢いがあった頃にはミリオンタイトルの制作にも何度か携わっている。
    |      |r┬-|    | 俺のシナリオもとで映画化されたものもあるし、小学館ではないが某社で小説も一本単行本化している。
     \     `ー'´   / 俺はそういった色々な仕事をしながらネットは余暇で楽しんでいるわけです。
    ノ            \ 俺には確固として夢もあり、実現するための創作活動もしている。
  /´               ヽ 君のような不明な輩とは一緒にしないでくれたまえ。
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))

          ____
        /_ノ  ヽ、_\
 ミ ミ ミ  o゚((●)) ((●))゚o      ミ ミ ミ   <だっておwww
/⌒)⌒)⌒. ::::::⌒(__人__)⌒:::\   /⌒)⌒)⌒)   
| / / /     |r┬-|    | (⌒)/ / / //       
| :::::::::::(⌒)    | |  |   /  ゝ  :::::::::::/      
|     ノ     | |  |   \  /  )  /
ヽ    /     `ー'´      ヽ /    /
 |    |   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l  バンバン
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))

92 :愛蔵版名無しさん:2008/05/28(水) 22:15:06 ID:???
>>90
ペンタブも安いものはあるが、一円もなければ結局マウスしかないw
マウスでも描ける人はかなりの絵を描けるけどね。

93 :愛蔵版名無しさん:2008/05/28(水) 22:15:16 ID:???
そいつ、いかにも弄られやすいキャラだよなw

94 :愛蔵版名無しさん:2008/05/28(水) 22:17:22 ID:???
というか、今回のサルまんって確かに作品の中でも基本的に竹熊が思いついた無理難題を
相原がしぶしぶこなすって構図になってるよなあ

前作と同じように見えて微妙に違う

95 :愛蔵版名無しさん:2008/05/28(水) 22:21:08 ID:???
ブログであれだけぶちまけたって事はもう本気でやらないんだろうな。
まあ正直言うとデスの音読みたかったですよ。

96 :愛蔵版名無しさん:2008/05/28(水) 22:21:20 ID:???
前作も相原はキャラとしてはそうだったが、
本音ではノリノリだったろうしな。

97 :愛蔵版名無しさん:2008/05/28(水) 22:23:20 ID:???
>俺は前にも何度が書き込んでいるけれど、本職はゲームの企画屋
>で、ゲーム業界に勢いがあった頃にはミリオンタイトルの制作にも
>何度か携わっている。
>俺のシナリオもとで映画化されたものもあるし、小学館ではないが
>某社で小説も一本単行本化している。
>俺はそういった色々な仕事をしながらネットは余暇で楽しんでいる
>わけです。
>俺には確固として夢もあり、実現するための創作活動もしている。
>君のような不明な輩とは一緒にしないでくれたまえ。

>>87
この、濃すぎとかいうおぢさんねw
いや〜、痛くて香ばしいのストライクゾーンだわ。

98 :愛蔵版名無しさん:2008/05/28(水) 22:59:26 ID:???
いいなぁ、この人、ヒマで。

99 :愛蔵版名無しさん:2008/05/28(水) 22:59:31 ID:???
自分もデスの音読みたかったな
デスパッチンのシナリオも結構面白かったし

100 :愛蔵版名無しさん:2008/05/28(水) 23:34:04 ID:???
自称プロ気取りってのが一番やっかいだな
ミクシのオタク嫌いコミュとかいうのを見るに
そこの親分が自称プロ気取りだ

101 :愛蔵版名無しさん:2008/05/28(水) 23:37:41 ID:???
>>97
その人ABCじゃないだろうな・・・

102 :愛蔵版名無しさん:2008/05/29(木) 00:48:30 ID:???
俺もそれ思った。今何やってんだろ阿部。

103 :愛蔵版名無しさん:2008/05/29(木) 02:18:28 ID:???
>>56の書き込みが割と否定されているみたいだけど、個人的には賛同する。
昔、夏目房之介も言ってたが、作家性と商業主義は別に相反するものではない。
実際に爆発的にヒットする作品って、作者の強固な思い入れとか情念とか、
そういうものが詰まってる場合って少なくないと思う。もちろん漫画以外のメディアも含め。

まあ作家の全てがそうだとか、
売れる作品が全てそうだとか言うつもりは毛頭ないけど。

>>101>>102
同じ人物を思い出した人間が俺のほかに二人もいたとは。

104 :愛蔵版名無しさん:2008/05/29(木) 04:08:16 ID:???
「萌え」を宝の山かなんかと勘違いしてんじゃないのか。

105 :愛蔵版名無しさん:2008/05/29(木) 09:57:06 ID:???
萌えにしたって属性は山ほどある。
巨乳、童顔、貧乳、年上、幼女、ツンデレ、ヤンデレ、幼馴染、電波系、オタ女……

キャラクタービジネスより先に萌え要素属性別攻略法とかやれば面白かった………と思う

106 :愛蔵版名無しさん:2008/05/29(木) 10:02:34 ID:???
「萌え」について抱き枕みたいな商品化構想の方が先にきていることをみると
東の「動物化」と「記号化」をそのまま実践しようとしたんじゃないかね?
つまり「萌え」があるから「抱き枕」ができるのではなくて「抱き枕」があるから
「萌え」になると。


107 :愛蔵版名無しさん:2008/05/29(木) 12:55:58 ID:???
「ズレたネタを本気でやる」とか「シャレのつもりで」とか予防線が多いんだよな。
抱き枕も”ちゃんこ増田”に作って貰う事でネタにしたかっただけなんだろうな。

108 :愛蔵版名無しさん:2008/05/29(木) 13:43:05 ID:???
たけくま掲示板行ってきた
いやー香ばしいのたくさんいるわw

109 :愛蔵版名無しさん:2008/05/29(木) 14:20:44 ID:???
あいつら、昨日大量に射精したようだから、今日はおとなしくなりそうだな。
言いたい事言い終わると、手のひらを返したようにおとなしくなるのも
彼らの習性。

110 :愛蔵版名無しさん:2008/05/29(木) 16:47:25 ID:???
「相原!今日はツンデレだー!」
「つけダレ―――!?」
「ツンデレだ、ツンデレ」

「……つまり男に対してつっつけどんな態度を女にとらせればいいのか?」
「それだけではダメだ。基本的には女は男のことが好きだからな。つまり好きだからこそイジメたくなる……」
「なるほど、小学生みたいなもんか」
「だがここで忘れてはならないことがある。女が本心から男を嫌っていないという記号が必要だ」
「それは?」
「頬染めだ―――!」
「き、着物の生地に色を付けるのになんの関係が……」
「それは色染めだ―――!」


てな感じで萌え要素ジャンル別攻略法をしてくれた方が面白かった

111 :愛蔵版名無しさん:2008/05/29(木) 17:10:23 ID:???
順当に行くならエヴァ以降の文脈がキャラ消費型へシフトしたことを
描くのが妥当だと思うけど、結局の所竹熊は知識としては知ってても
実感を持っては理解出来なかったみたいだな。
パロディ元としてかろうじて物語の部分が理解できる「デスノート」しか選べなかったあたり。
しかも批評的にはすでに「萌え」に象徴されるデータベース消費型から
コミュニケーション志向型に移行してることになってるので2重にわかってない。

112 :愛蔵版名無しさん:2008/05/29(木) 19:54:16 ID:???
ツンデレっていうのは、白木葉子みたいなのをいうんじゃないの?
あーゆーのは昔からあったはずだが、
なんでそれがマンガ界の新潮流みたいな扱いされてんの?

113 :愛蔵版名無しさん:2008/05/29(木) 20:14:21 ID:???
萌えるか萌えないかの違いじゃないか

114 :愛蔵版名無しさん:2008/05/29(木) 20:14:40 ID:???
言葉が与えられたから
「ストーカー」だって昔からあったけど言葉が与えられて
認識されるようになったでしょ

115 :愛蔵版名無しさん:2008/05/29(木) 22:23:24 ID:???
旧作の話だけど、
「イヤボーンの法則」の場合、バトル物における安直なパワーアップにウンザリしていた
人間としては、喝采を叫びたくなった。
たとえば野望の二人が「ツンデレ」を研究して、それでどうなるかって、
どうもならんような気がする。

116 :愛蔵版名無しさん:2008/05/29(木) 23:18:06 ID:???
でも今のアニメ、ヲタ漫画、ラノベ界はイヤボーンの花盛りだよね
世の中アホばっかりなのか

117 :愛蔵版名無しさん:2008/05/29(木) 23:32:11 ID:???
エスパー漫画はその元祖の幻魔大戦あたりからすでにイヤボーンだから、
そもそもの構造に組み込まれているのかも試練

118 :愛蔵版名無しさん:2008/05/30(金) 00:38:24 ID:???
つくづく旧作って偉大だったんだな……。

119 :愛蔵版名無しさん:2008/05/30(金) 00:42:38 ID:???
2.0最終回、終り方としては最悪だけど
単体としては面白かった

120 :愛蔵版名無しさん:2008/05/30(金) 03:17:01 ID:???
>>119
コミックス待ちで読んでなかったんで、そういう意見は辛い
内容も糞だと言ってくれ

121 :愛蔵版名無しさん:2008/05/30(金) 08:06:39 ID:???
メタ視点のツッコミもあるあるネタもすでに類型的になったわけだし
もうこの二人の役目は終わったんじゃないかと思う

122 :愛蔵版名無しさん:2008/05/30(金) 10:48:33 ID:???
読者は旧サルまん越えを期待してたわけじゃなく、サルまんフォーマットに則った
二人の掛け合いをみたかった訳である意味、役目は十分果たしてたんだよ。
それは相原もわかってたみたいだけど、竹熊が自分がやりたいメディアミックスを
無理にサルまんの企画に仕立てようとしたから崩壊したわけで。


123 :愛蔵版名無しさん:2008/05/30(金) 14:09:39 ID:???
竹熊の構想から7回から先の展開を予想してみる

「ネットでちんぽっぽを大衆に認知させるんだー!」
「な、なんかもの凄く評判悪そうだぞ…・・・というか完全スルー状態みたいだ」

「やはりキャラだけでなんとかしようというのは間違いだったー!人気キャラを生み出すにはまず作品として認知されねば!」
「というわけでデスの音か。キャラにストーリー原案はできたぞ」
「うむ、だがそれだけではダメだ。デスパッチンが従来の漫画としての面白さにBLの要素を加えてヒットしたように、
 我々も隠し味を加える必要がある」
「そ、の隠し味とはなんだ竹熊?」
「萌えだ――――!」

「た、竹熊ブログ連載はいいが収入が入ってこないのはつらすぎるぞ……ここんとこ何も食ってないし、
 ネットカフェにだっていつまでいられるか……」
「いやデスの音の評判は上々だ!掲示板には専用議論スレまで出来た。専用板ができるのも時間の問題だ!
 順調にブレイクしつつある!もう少しの辛抱だ相原!」

そんな2人の元に単行本化・キャラクター商品化に関して企業からメールが届く
「キタ――――――!」


ここらあたりで1巻消化、できれば2巻で本格的にメディアミックスで伸し上がり、
3巻で栄耀栄華&没落、といきたかったんじゃないだろうか。

124 :愛蔵版名無しさん:2008/05/30(金) 14:15:39 ID:???
>123
そういう風に書かれると、普通に続けられそうに思えてくるな・・・

125 :愛蔵版名無しさん:2008/05/30(金) 14:59:22 ID:???
要するにたけくまのワガママが酷かったんじゃないかと思う。
周囲は相当てこずったんじゃないか?

126 :愛蔵版名無しさん:2008/05/30(金) 15:33:04 ID:???
そんな単純な問題ならワガママを貫かせて企画を続行するか
最初から連載できないかのどちらかだ

127 :愛蔵版名無しさん:2008/05/30(金) 16:28:38 ID:???
編集が絶対再開させないとまで言っているしな
まあ、一応本誌を買ってアンケ送ってみるか

128 :愛蔵版名無しさん:2008/05/30(金) 16:45:35 ID:???
竹熊が連載中止について少しでも読者に悪いと思っているのなら
今すぐIKKIで掲載した全ページを自分のブログで公開するんだ。zipで落せるようにすんのも忘れるな

129 :愛蔵版名無しさん:2008/05/30(金) 19:27:16 ID:???
>>128
小学館と相原の許可がなきゃムリです
で、多分、小学館はそういうこと許さない

130 :愛蔵版名無しさん:2008/05/30(金) 20:21:50 ID:???
「著作権」はあくまでも著者に属するものであって、
出版社は関係ないんじゃないの?

131 :愛蔵版名無しさん:2008/05/30(金) 21:21:42 ID:???
もう相原コージ+本田透の「サル萌え2.0」でいいよ。
旧サルまん越えとかIKKIで当時のスピリッツ越えてから言えっつーの

132 :愛蔵版名無しさん:2008/05/30(金) 21:58:07 ID:???
本田透をブレーンに招けばよかったのにね。
東のデータベース理論で作られた商品化が
先にくる萌えなど真っ先に否定しただろうに。



133 :愛蔵版名無しさん:2008/05/30(金) 22:34:00 ID:???
本田透のラノベ自体がハズしてるからな・・・

134 :愛蔵版名無しさん:2008/05/30(金) 22:35:59 ID:???
上の方でワガママと言っている人が居たけど、ワガママと言うよりは間に立って
方向を調整する人が必要だったんじゃないかな?


135 :愛蔵版名無しさん:2008/05/30(金) 23:00:20 ID:???
それより、ダメ出しとか大げさなものじゃなくて
「それっておかしくね?」って気軽にツッコミを入れてくれる相手がいると思う。


136 :愛蔵版名無しさん:2008/05/30(金) 23:15:44 ID:???
わりぃ
本田と竹熊だったら
竹熊だわ

本田が組むならルサンチマンの作者でいいんでね?

137 :愛蔵版名無しさん:2008/05/30(金) 23:45:52 ID:???
本田だったら、
「おれの理論によれば、こうすれば絶対にヒットする!」という思いこみのまま
突っ走って壮絶に散る、というのを見せてくれそうだな。
途中で放り出したりせずに。

138 :愛蔵版名無しさん:2008/05/30(金) 23:47:07 ID:???
やっぱ白井編集長が睨みを利かせないとダメだな。江上じゃなあなあになっちまう

139 :愛蔵版名無しさん:2008/05/31(土) 00:08:30 ID:???
江上なんぞメルクリンの鉄道模型プレゼントして御機嫌とって無理矢理企画押し通せば良かった

140 :愛蔵版名無しさん:2008/05/31(土) 00:34:20 ID:???
江上「おれ・・・ボクサーケンとパパリンコ物語やってて・・・」
「それどっちも打ち切られた漫画じゃない」
「この疫病神」

141 :愛蔵版名無しさん:2008/05/31(土) 00:50:31 ID:???
一番編集担当者が必要なのが編集家の竹熊だった。なんという皮肉w

142 :愛蔵版名無しさん:2008/05/31(土) 02:19:48 ID:???
本田透は面白いとも思わないし正しいとも思わないけど、
己の信ずるものを、恥も外聞もかなぐりすてて読者の前にぶちまけるという、
あの姿勢こそは、『サルまん』の愛読者が期待していたものじゃないのかな。

143 :愛蔵版名無しさん:2008/05/31(土) 03:11:08 ID:???
続いていれば読みたいとは思うが、終わったから残念だったか、というと、それほどでもないな、
というのが正直な気持ち。
まあ、単行本一冊分は我慢してやって欲しかったけど。

144 :愛蔵版名無しさん:2008/05/31(土) 20:45:26 ID:???
拾い物。サルまん終了の記事。
http://ranobe.sakuratan.com/up/src/up275166.jpg

右端の動物のお医者さんの記事にも、文庫解説した人として
竹熊の名前がちらっと。

145 :愛蔵版名無しさん:2008/05/31(土) 20:56:29 ID:???
動物のお医者さん=個人主義のファンタジー
って解釈は面白いね。
その文庫解説を読んでないからはっきりとは分からないが、
登場キャラクターたちがみんな個人主義である、ファンタジーという意味なのか、
キャラたちの個人主義が作品内で完璧に成立すること自体がファンタジーという意味なのか、
どっちなんだろう?

146 :愛蔵版名無しさん:2008/05/31(土) 21:59:24 ID:???
「月刊IKKI」7月号(小学館)で、「サルでも描けるまんが教室」2.0が突然終了した。
バブル最盛期の1980年代末、さまざまなマンガをパロディー化した伝説的ギャグ
マンガの続編が、8話という短命に終わったのは、ネットを使ったアニメ化など
メディアミックス展開の挫折が理由。出版不況が続き、映像と連動しないと本が
売れない。制約が多くなりギャグが作れない。「サルまん」の死は、マンガ界の
現況を自虐的に物語っている。黙祷。

……って、そんな高尚なもんかよ。
単にツメが甘かっただけだってば。

147 :愛蔵版名無しさん:2008/05/31(土) 23:38:22 ID:???
単なる企画倒れが、業界全体の問題を象徴してる事になってるよ(w

148 :愛蔵版名無しさん:2008/06/01(日) 04:04:55 ID:???
江上もそんなこと言ってたけどな。
でももっと上手く立ち回れたとしか思えない。
江上もこの文章書いた奴も考えすぎだよ。

149 :愛蔵版名無しさん:2008/06/01(日) 09:45:05 ID:???
男には辛抱しなくちゃならない時がある。竹熊は方々に頭下げまくって連載続行させてもらうべきだった

150 :愛蔵版名無しさん:2008/06/01(日) 20:21:56 ID:???
>>103
夏目が発言した番組はマンガ夜話の編集王の回なんだけど
その編集王でさえ土田世紀が編集者に押し付けられた原作を
嫌々書いたマンガなんだよなあ。出来上がったマンガをどう
読者が受け取るかはまたテクニカルな話で。デビルマンとかは
作者の情念の吹き出た漫画として受け取るのは正しいけれど
山上たつひこの光る風を山上に思想の表出と受け取るのは
違う気がする。あれは山上の実験のひとつではなかろうか。
まあ漫画なんか力を込めたから傑作になるってもんじゃないしねえ。
車田みたいに真に書きたい漫画描いたら打ち切りだもんな。
読者だって薄情w

151 :愛蔵版名無しさん:2008/06/01(日) 20:23:37 ID:1IIpeeoe
サルマン買おうと思ってるんですけどアマゾンだと
21世紀愛蔵版と97年の新装版があるんですけど
同じ内容ですか?

152 :愛蔵版名無しさん:2008/06/01(日) 20:27:23 ID:???
違う

153 :愛蔵版名無しさん:2008/06/01(日) 20:38:12 ID:???
10年後に2.0が収録される復刻版が出るのを待つのがベター

154 :愛蔵版名無しさん:2008/06/01(日) 20:43:09 ID:1IIpeeoe
ていうことは2つ買うのがいいんですかね?
ていうか結構シリーズでてるんですか?

155 :愛蔵版名無しさん:2008/06/01(日) 20:48:48 ID:???
コレクターなら両方買えばいいが
普通は21世紀愛蔵版で事足りる

156 :愛蔵版名無しさん:2008/06/01(日) 20:52:45 ID:???
>>155
サンクス。

157 :愛蔵版名無しさん:2008/06/01(日) 21:17:24 ID:???
>>56
昔読んだ有名な空手マンガで、主人公が
「空手を楽しむ…!? そういう考え方もあるのか!!
おれは空手とは命がけで精進するのがとうぜんと思いこんでいたが…! 」
とかってショックを受けたシーンを思い出した。

158 :愛蔵版名無しさん:2008/06/01(日) 21:52:01 ID:???
>150
>その編集王でさえ土田世紀が編集者に押し付けられた原作を嫌々書いたマンガ
スレ違いでスマンが、そうなの?

159 :愛蔵版名無しさん:2008/06/02(月) 01:25:10 ID:???
>>150
まあ「作者が描きたい話と、読者が読みたい話が一致するか」以前に、
「作者が描きたい話が、面白い話か」という問題があるよな。

>>150の言ってる「男坂」は、そもそも車田が上手く描けるタイプの
ストーリーではなかった、というのが大きかった気がする。
作品として出来が良くないだろ、あれは。

あと、あくまで基本的な考え方として、
作家性と商業性の両立というのは、読者の求める要素をクリアした上で、
そこにどこまで作者のやりたいことを上手く詰め込めるか、ということかと思う。

160 :愛蔵版名無しさん:2008/06/02(月) 03:25:00 ID:yOnB1aOF
なるほどねー

161 :愛蔵版名無しさん:2008/06/02(月) 04:19:56 ID:???
「萌え」をマンガ主導の視点で解体しようって行為がやばかったのだと思う。
コンセプトボード見て竹熊氏なりのアプローチは分かった。
エヴァ以降の主要要素を拾って
「分かった分かったお前らこういうの好きなんだろ」って感じにまとめようしたんだろ。

ただ、「ありがち」なものは「萌え」的には結構是だから批評にはならないんだよ。
受け狙いで萌え狙った作品も単なる素の萌えコンテンツとして同列に評価される運命にある。
イヤボーンの話で一律に笑えたマンガ読みと違って、
どんな表現のイヤボーンならいけるのかって世界なんだよ。

162 :愛蔵版名無しさん:2008/06/02(月) 07:42:56 ID:???
今やってるの終ったみたいだけど単行本はいつ出るの?

163 :愛蔵版名無しさん:2008/06/02(月) 11:52:32 ID:???
>>161
でもぶっちゃけ現在の「マンガ読み」って萌えと大差ない状況じゃね?


164 :愛蔵版名無しさん:2008/06/02(月) 13:32:00 ID:???
>>162
10年後

165 :愛蔵版名無しさん:2008/06/02(月) 16:12:00 ID:???
相原なんかはヤンサンにも思い入れあるだろうし
休刊雑誌ネタもやろうと思えばやれただろうし、
コミック吉本とかガンポとか意味不明な雑誌も増えてる
漫画界のこの状況で、メディアミックスというのは
逃げとかもう掘り下げるほどの情念とかがなかったんだろうな
(竹熊の)

166 :愛蔵版名無しさん:2008/06/02(月) 18:33:43 ID:???
だってサルまんやってて肝心の俺が面白いと思わないのに読者が面白いと感じてるわけないじゃん。
なんかつまんないし、サルまんはもう飽きてきたからスパッと投げ出した。今は飛雄馬のことで頭いっぱい

by竹熊

167 :愛蔵版名無しさん:2008/06/02(月) 19:25:15 ID:???
元祖サルまんは企画先行ということより「漫画への愛」が強く感じられる
企画だった。今回のはまさに情報の垂れ流し。そんなのネットで飽き飽き
してるよ。ネットから紙漫画への連れ戻しを期待したのに。それが時代遅れ
であってもね。たけくまにはレトロを期待してるんだ。たけくまと相原の組み
合わせで萌えはさすがにねえだろw

168 :愛蔵版名無しさん:2008/06/02(月) 19:29:29 ID:???
無理やり萌えでもそれはそれで
×おもむき
○もののあはれ
があったろう

169 :愛蔵版名無しさん:2008/06/02(月) 20:34:24 ID:???
今のオタクカルチャーに付いて行けてなかった
竹熊と、相原及び編集側の考えがずれていた(これは竹熊本人も言ってるけど)
竹熊に決定的に粘りが足りなかった

ここら辺が敗因かな

170 :愛蔵版名無しさん:2008/06/02(月) 21:24:09 ID:???
あとは玉吉と合作するしかないですなぁ!

171 :愛蔵版名無しさん:2008/06/02(月) 22:01:38 ID:???
愛蔵版初めて読んだ。これは凄い漫画だな。
たけくまってエヴァのラジオでしか知らなかったんだけど
やたらサルマンの事を自画自賛してたから半信半疑だったんだけど
これたしかにEVAに通ずる物があったな。トンチ番長の打ち切りが決まるあたりの
毒電波とかEVAっぽいもんな。

172 :愛蔵版名無しさん:2008/06/02(月) 22:17:15 ID:???
唐沢俊一はあまり好きじゃないけど、エヴァ騒動の頃の
「クリエイターたるものが他人の作品にあまり嵌るのは良くない」
って意見はまあ正しいと思った。
エヴァ以降の竹熊の仕事は、事象への冷徹な客観性が薄まって
明らかに後退してる。

173 :愛蔵版名無しさん:2008/06/02(月) 23:12:29 ID:???
エヴァにはまったからダメになったんじゃなくて、
もともとクリエイターの体質ではないと自分で言ってたし。

174 :愛蔵版名無しさん:2008/06/02(月) 23:18:02 ID:???
エディターでも一緒じゃない?
嵌るのは良くない

175 :愛蔵版名無しさん:2008/06/03(火) 00:52:03 ID:???
遅ればせながら、今読んできた。
おれさぁ、リアル小学生の時旧サルまん読んで、
衝撃を受けたわけだよ。
ああ、漫画って考察すればこんなに深いんだ、、
それを洒脱な文章と知識でギャグマンガにしちゃうなんて、
この竹熊って人はすげぇなぁ、って。
でもそれから時を経てネットがあらわれて、
待望した2.0を読むと、その視点とイタさにおいて
なんか竹熊さんが自分を含む
2chの自称一流の漫画読みたちと
そんな変わんないように見えて来たのが
すごい悲しかった。
自分が三十前になったからなのか、竹熊さんが
劣化したのかはわからないけどさ。
なんかずっと神格化してたんだな、竹熊さんを。

176 :愛蔵版名無しさん:2008/06/03(火) 01:16:56 ID:???
竹熊さんは「自分はクリエイタータイプではない」と自己規定していたけど、
『ファミ通のアレ(仮題)』なんかは俺は傑作だと思ったがなあ。

177 :愛蔵版名無しさん:2008/06/03(火) 01:20:22 ID:???
批評家タイプの人はギャグマンガ家と同じく自分まで客観視してしまうから
自壊するのが早いんだよ

178 :愛蔵版名無しさん:2008/06/03(火) 01:36:35 ID:???
うーん確かに旧サルまんは
イヤボーンだの回転寿司だのメガネくんだの
「さすが竹熊さん、目の付け所がちがうなーっ」て
かんじだったのに
2.0は萌えだの初音ミクだのエバだの
「いやwww竹熊さんそういうの寒いからwww」って
感じだったな。

179 :愛蔵版名無しさん:2008/06/03(火) 02:24:55 ID:???
エヴァ騒動の時、そういう岡田・唐沢みたいな、決して当事者にはならずに
自分だけは頭よさそうにふるまうオタク的態度に対するアンチとして
「馬鹿になれ」を標榜して庵野やアストロ球団やふくしま政美にシンパシーを見い出した竹熊なんだから
今さらサルまんなんかやってる場合じゃねえよ。反省しろ。

180 :愛蔵版名無しさん:2008/06/03(火) 02:59:44 ID:???
この葬祭的ムードの中での200億御礼はワロタ

181 :愛蔵版名無しさん:2008/06/03(火) 08:57:32 ID:???
読者を裏切っておいて読者の皆様のお蔭とはこれいかに

182 :愛蔵版名無しさん:2008/06/03(火) 12:36:57 ID:???
あのままで続いていたら、アニメ化の際のキャラや本筋設定の変化でのアンチ出現
とか描けたんだろうなぁ
それは見てみたかった

俺が実際そうなってるんでw

183 :愛蔵版名無しさん:2008/06/03(火) 18:33:21 ID:???
連載開始時に読者参加とか言ってたけど、
いったいどういうのを想定してたのかなあ。
筒井康隆が昔新聞連載でやってたようなこと?
しかしあの小説、連載が終わってから単行本を読んだ人間としては、
何がおもしろいのかさっぱり分からなかったんだが。

184 :愛蔵版名無しさん:2008/06/03(火) 19:57:16 ID:???
>>183
あれは、小説本体(朝のガスパール)よりも、その過程を書いた
「電脳筒井線」を読んだ方が面白い。

185 :愛蔵版名無しさん:2008/06/03(火) 20:32:38 ID:???
筒井のアレは予定調和な気がしたけどね。
筋書きは決まっていたように思う。

186 :愛蔵版名無しさん:2008/06/03(火) 21:51:16 ID:???
とりあえずmixiの日記に書いたので本人が踏むことを期待しつつ沈むw

187 :愛蔵版名無しさん:2008/06/03(火) 22:00:20 ID:???
読者の人気の高いキャラクターの出番を増やすとか、
超人のデザインを公募するとか、
マンガの連載に読者の意見をある程度とりいれるというのは既にやってる人も多いけど、
それ以上に、インタラクティブなことをやろうっていっても、どういうことが出来るのか。

188 :愛蔵版名無しさん:2008/06/03(火) 22:27:23 ID:???
昔相原が原稿が出来たら本にする前に街頭とネットでアンケートとって
それを雑誌に一緒にのせて漫画に影響を与えてく形の連載やってたな

189 :愛蔵版名無しさん:2008/06/03(火) 22:38:51 ID:???
何がおもろいの?とか言うやつだっけ。
最後あたりの壊れっぷりが面白かった。

190 :愛蔵版名無しさん:2008/06/03(火) 22:49:21 ID:???
アクションの連載の方も素で壊れてたな
もにもには好きだった

191 :愛蔵版名無しさん:2008/06/04(水) 15:51:00 ID:???
漫歌ね。
あれはスゴカッタ。

192 :愛蔵版名無しさん:2008/06/04(水) 16:06:22 ID:???
「なにがおもろいの?」
はアンケが散々だったけど
あれは好きだった。
後ろ向きだけど、相原がなんか挑戦してる気分が・・・
全編左門とか妙なのも多かったけど

193 :愛蔵版名無しさん:2008/06/04(水) 21:51:05 ID:???
『ムジナ』にしろ『一齣漫画宣言』にしろ、
人がやらないようなことに挑戦したいという意欲だけは旺盛な相原先生。
今回の連載も、いろいろチャレンジしたいと思って始めた連載ではなかったのかな。
誌面では、旧作の栄光にしがみついているマンガ家みたいな描き方されてたけど、
あれもどこまで本心なのかな。

194 :愛蔵版名無しさん:2008/06/04(水) 23:42:39 ID:???
そうだな。
この歳で、よくあれだけ「際物」っぽいマンガを描けるもんだ。
まあ、もともとそれが売りの人だが。
でも「ぱじ」みたいなクソ漫画に手を出した村上たかしよりはずっと偉い!

195 :愛蔵版名無しさん:2008/06/05(木) 00:37:50 ID:???
「異種格闘大戦」も少し読んでみたけど、
進取の精神だけは衰えずといった感じ。

そういや竹熊の方もブログではしょっちゅう自分の情熱や才能の衰えを口にしてるけど
あれも本心とは限らんのだよな。

196 :愛蔵版名無しさん:2008/06/05(木) 03:21:49 ID:???
本心では若い奴に負けてるとは思ってないと思う。
どうせここ最近ろくな人材が生まれてないじゃねえかと。
ただ旧サルまんをやり遂げた自分の若い頃には負けたと思ってるかも。

197 :愛蔵版名無しさん:2008/06/05(木) 19:48:44 ID:???
でも伊藤剛の本をベタ褒めして
「もう自分のような人間の出る幕はない」とかブログで書いてた時は
割と本気っぽいような感じもした。

198 :愛蔵版名無しさん:2008/06/06(金) 04:06:50 ID:???
でもそれは評論畑に限ってのことじゃないか?

199 :愛蔵版名無しさん:2008/06/06(金) 10:56:08 ID:???
どうでもいいよ、そんなこと。結論がでるわけでもなし。

200 :愛蔵版名無しさん:2008/06/07(土) 00:36:53 ID:KwlnWSKA
ヤングサンデー休刊、藤崎聖人、雷句誠、の謀反と、小学館がガタガタし始めている
今回の連載中止も、その余波、あおりではないのだろうか・・・

いずれにせよ、業界人としても、この問題について語ってもらいたい

201 :愛蔵版名無しさん:2008/06/07(土) 01:12:25 ID:???
余波でもあおりでもなんでもないだろw

202 :愛蔵版名無しさん:2008/06/07(土) 01:16:09 ID:???
そんな勇気あるのかねえ。

203 :愛蔵版名無しさん:2008/06/07(土) 01:52:32 ID:???
(株)小学館を提訴。
ttp://88552772.at.webry.info/200806/article_2.html

これはこれからいろいろ出てきそうだね。
こういう事件こそ、たけくまの解説なり意見なりが聞きたいところ。

204 :愛蔵版名無しさん:2008/06/07(土) 01:58:36 ID:???
スピリッツも、白井さんが現場を離れてからダメダメだしな・・・・

205 :愛蔵版名無しさん:2008/06/07(土) 02:59:31 ID:???
具体的な原稿料の話題もあるな。

206 :愛蔵版名無しさん:2008/06/07(土) 05:57:11 ID:???
534 名無しさん名無しさん sage 2008/06/06(金) 18:32:32
>>533
ニュース見た
仮にも天下のサンデーがカラー原稿料一枚14000〜17000円(ライクの場合)って低すぎだろw
アンソロやマイナー誌やエロ漫画雑誌でもカラーなら20000円以上出すぞ

535 名無しさん名無しさん sage 2008/06/06(金) 19:44:47
新人でもモノクロ15000出すとこもあるというのに


因みに昔同人やってた頃、知名度も売り上げも全くなかったが
アンソロ用モノクロ原稿が一枚8千円だった。

207 :愛蔵版名無しさん:2008/06/07(土) 07:31:29 ID:???
これはまた漫画原稿料は何故安いのかをちゃねらー相手に先生が解説せねばなるまいな!

208 :愛蔵版名無しさん:2008/06/07(土) 10:21:43 ID:???
原稿料安いけど漫画家の場合単行本の印税が凄い。
なにしろ売れたら売れた分だけ収入が増えるんだからまさに腕次第。
対してアンソロジーはいくら本が売れても作者には原稿料以外まったく支払われない

209 :愛蔵版名無しさん:2008/06/07(土) 11:11:43 ID:???
ガッシュ作者の裁判は原稿料や賠償金がメインじゃないだろ。
編集者による漫画家の非人間的扱いの方がメインだな。
編集家目指してるならそっちの方を語らないと。
ちょうど編集に「マルチメディア展開」を却下されて憤ってるところだし
漫画家寄りの立場で色々書きそうな気はする

210 :愛蔵版名無しさん:2008/06/07(土) 11:16:16 ID:???
サルまんの連載が続いていたらネタにしてくれただろうな

211 :愛蔵版名無しさん:2008/06/07(土) 12:14:37 ID:???
>ちょうど編集に「マルチメディア展開」を却下されて憤ってるところだし

憤るもなにも、あれは竹熊のほうが悪いだろ。

212 :愛蔵版名無しさん:2008/06/07(土) 12:20:12 ID:???
>>211
そうなんだけど、竹熊的には「俺は正しいのに編集がしぶったから」ってことになってるだろうし。

213 :愛蔵版名無しさん:2008/06/07(土) 12:23:36 ID:???
ガッシュ作者もブログ見るとけっこう痛いけど
第一回の見開きカラー表紙無くされたのは同情するわ

214 :愛蔵版名無しさん:2008/06/07(土) 13:07:54 ID:???
>>209
その手の編集哀歌、漫画家哀歌は編集王で腐るほどやったから今さら竹熊がやっても新鮮味がない

215 :愛蔵版名無しさん:2008/06/07(土) 15:27:03 ID:???
雷句誠氏の陳述書を読んだ! 投稿者:松永豊和 投稿日:2008年 6月 7日(土)09時36分26秒   返信・引用
陳述書を読みながら、しだいにワナワナと怒りで全身が震えだし、血が沸騰した。
まず雷句誠氏ほどの才能あふれる漫画家に対して原稿料が安すぎる!

「契約当初の原告の原稿料は、白黒原稿が1ページ1万円
(後に小学館漫画賞受賞により1万3000円にアップした)、
カラー原稿が1ページ1万4000円(その後1万7000円にアップした)
であった(いずれも口約束)。」

完全にナメられているではないか!
雷句氏の原稿料が僕より安いなんて有り得ない。
『邪宗まんが道』の中では明記しなかったが、
IKKI時代の僕の白黒原稿の稿料は3万円だった。
たぶん雷句氏のように搾取されている漫画家が大勢いるだろうと思って、
その金額を明記しなかったのだ。ショックを受けると思って!
僕のようにガメツク原稿料交渉をする、キレ体質の者には高く設定して、
雷句氏のように、大人しくそれに甘んじるような人格者は、安く買いたたく。
理不尽そのものだ!

そして、雷句氏の三代目担当編集者・袖崎友和!

コヤツこそが『邪宗まんが道』第23章に登場する「友綱」である!
たしかに奴らは(雷句氏の言うように編集者全員ではないが)我々漫画家に対して、
ガンを付けてくる!

さらに、『金色のガッシュ!!』単行本の奥付に記載されている、「単行本編集責任・赤岡進」
というのが、『邪宗まんが道』に登場する。赤沼(蟹魔人)編集長である

216 :愛蔵版名無しさん:2008/06/07(土) 15:33:24 ID:???
編集王なんて完全に編集者側視点でしょ?

217 :愛蔵版名無しさん:2008/06/07(土) 19:07:32 ID:???
>>216
「ブルセラムーンはもう終わりにしてけろ…」

218 :愛蔵版名無しさん:2008/06/07(土) 20:47:58 ID:IsXaTL7j
今回もデスノパクリと同じで現実の方が面白いというか・・・やっぱさるまんやめて正解だったね
もう先生の創造力はとっくに時代のビハインド

219 :愛蔵版名無しさん:2008/06/07(土) 20:52:26 ID:???
>>216
田舎から上京してきた素朴な少女が大家になるにつれ堕落したり、
地味ながらも才能ある漫画家が編集部の都合で新連載を反古にされたり、

女性漫画家が編集部の意向で無理矢理相撲まんが描けといわれ、
腐りながらも一生懸命面白いのを描いたらツマンネと言われ、
親からはこんなの描いて恥ずかしいといわれ、精神的にも追い詰められて、
結果数週でバイバイされた事もある

220 :愛蔵版名無しさん:2008/06/07(土) 21:33:28 ID:???
編集王に出てくる編集者なんて、
批判はあれど、一応会社の利益のために行動する
社会人としての最低限度の常識をそなえた人間しか出てこねーじゃん。

221 :愛蔵版名無しさん:2008/06/07(土) 22:42:45 ID:???
現実の編集者も概ねそんな感じなのだが?

222 :愛蔵版名無しさん:2008/06/07(土) 22:50:25 ID:???
ホントに現実のマンガ事情の方が面白いな w

223 :愛蔵版名無しさん:2008/06/07(土) 23:38:58 ID:???
とんち番長関連の原稿ならいくら紛失しても問題ないな。雑誌自体もうない上、再単行本化は絶望らしいし

224 :愛蔵版名無しさん:2008/06/08(日) 01:44:40 ID:???
>女性漫画家が編集部の意向で無理矢理相撲まんが描けといわれ、
>腐りながらも一生懸命面白いのを描いたらツマンネと言われ、
>親からはこんなの描いて恥ずかしいといわれ、精神的にも追い詰められて、
>結果数週でバイバイされた事もある

これは八巻が少年サンデー編集部にいたころの実話らしい。実際は女じゃなくて男だが。
モデルになった漫画家は彼↓
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9E%97%E5%B4%8E%E6%96%87%E5%8D%9A

225 :愛蔵版名無しさん:2008/06/08(日) 19:45:52 ID:???
たけくまライクの件になんも反応しないな。ブログでなにか言って欲しいんだけど。

226 :愛蔵版名無しさん:2008/06/08(日) 20:01:49 ID:y0j1F0F3
ブログ掲示板の雑談スレとかにちょっと書いている
近々、この問題を取り上げる予定とか

227 :愛蔵版名無しさん:2008/06/08(日) 23:05:02 ID:???
新條まゆが小学館を離れた理由を告白
http://anime3.2ch.net/test/read.cgi/comicnews/1212931938/

雷句誠氏の小学館提訴問題で、
1年前に同様に小学館を離れてフリーになった
少女漫画家新條まゆ氏が、ブログで理由を長文で告白。
雷句氏と後輩作家へのエールを送る文章になっている。

http://blog.mayutan.com/archives/51397618.html


ひどすぐる・・・

228 :愛蔵版名無しさん:2008/06/08(日) 23:30:44 ID:???
新條まゆ初心者に言っとくが、
本人が「エロは嫌い、小学館で無理矢理描かされた」「小学館では女の編集者を担当にされた、新條を潰す気だと思った」
とか言って他雑誌で始めたエロ抜き連載はあっという間に打ち切り食らって
本人が「もっと悪い子でいたらよかった(つまりエロ入れたかった)」と言ってるんだぞ。
で、今ノリノリで描いてて本人のサイトでもキャーキャー言いながらエロ絵をうpってる角川の雑誌の方の連載は
ほとんどガンダムシードの二次エロ創作状態だ。男が口から牛乳タラしたりレイプ妄想入れたりやりたい放題だし
ブログでもエロドラマCD出して「声優さんたちは新條のマンガを大絶賛です!」と自画自賛。
新條まゆの言うことは信じるな。雷句も新條まゆなんかに相乗りされたら迷惑だろうな。

229 :愛蔵版名無しさん:2008/06/08(日) 23:31:47 ID:???
昔から編集なんてこんなもんだとは薄々思っていたけどな。
漫画家なんて雑誌側から見たら所詮金儲けの道具でさ、相手がペーペーの新人ん時は安い原稿料でコキ使い
売れっ子になったら下手に出ておだてて漫画描かせる。最終的な生殺与奪権は編集が握ってるんだから楽なもんだよ

サル編で竹熊もすでに言及してるしな

230 :愛蔵版名無しさん:2008/06/08(日) 23:33:55 ID:???
新條まゆの妄言集貼っとくよ。ちなみに「バカまん」=「バカでも描けるまんが教室」という単行本。
****

編集は親父ばかりで若い子の求める男像がわかってなかったので
当時の担当(女性)と結託して強引にエッチな漫画を載せた。」
「乳首書いたら売れた」「女の子は白馬の王子様なんて求めていない。」(TV:A様B様)
「女の子の体に他の男のキスの痕をみつけて服を引き裂いてみたりするのはあり」(TV:WINNERS)
   ↓
「担当からエロを描くように勧められた」
「エロを描くのに抵抗はあったが描いてみたら楽しくてノリノリで描いた」(コミッカーズ)
   ↓
「担当から(ry」「エロを描かされるのが苦痛だった」(フリー後インタビュー)

「吉田秋生先生に憧れ、バナナフィッシュと同じ雑誌に載ることが夢だった
『なんでバナナフィッシュが巻末でカラーもつかないんだバカヤロー』と
別コミ編集部にアンケートまで送った」(バカまんP106)
       ↓
「だって…まんが家に興味なかったし (まんが)雑誌は当日限りの回し読みだったし」(バカまんP17)

「読者の望む作品を描く」 (バカまんP8、他)
       ↓
「新條まんがに代表される男キャラは、こういうキャラが受けるかなぁとか
こういうキャラがみんな好きだよねとかではなく、(新條の)萌えです。
自分の好みを読者に押し付けるつもりで描きましょう」(バカまんP47)

231 :新條まゆ妄言:2008/06/08(日) 23:34:27 ID:???
「当時覇王の連載では、黒龍と来実は、Hしていなかった。…で、読み切りでは
思いっきりHさせたいなと(笑)はぁぁ…もう描いていて楽しかった!!」(もっと教えてコミック)
   ↓
「新條は性欲薄いんです」(2007年ブログ)

「美大に行って日本画を専攻したかった」(快フレコミック)
   ↓
「最初アニメーターになりたかった」(2007年7月ブログ)

「オタク嫌い」(TV:マユタンオンリーの特番)
「同人は知らないけどアシさんから教えてもらってる」 「ガンダムは初代しか見てない」
「アシさんの趣味で仕事場でアニメのキャラソンをかけているけど よく知らない」 (ブログ)
   ↓
「実は腐女子です!」(愛俺後のブログ)
   ↓
「実は名前を変えてガンダムSEEDの同人サイトやってました☆」(サンライズ擦り寄り後のブログ)
   ↓
「実はマイトガイン(※1)が(ry」「実はサイバーフォーミュラ(※2)が(ry」(2007.08公式リニューアル後のプロフ)

※1、※2…1990年代前半にブレイクしたアニメ。当時は昼は代アニ、夜はキャバクラ生活時代。
     「非オタなのでオタクだらけの代アニは馴染めなかった」と矛盾。

232 :愛蔵版名無しさん:2008/06/09(月) 00:28:03 ID:sRLb2Xey
私の知っている週刊少年●ンデーの連載作家さんが、
新連載を立ち上げる時に言われた言葉です。

「ワンピースを描いてください」
「アニメ化する物を描いてください」

http://suikacom.blog114.fc2.com/blog-entry-78.html

じゃあ、ν即で見つけたのだけど、これも貼っておく

233 :愛蔵版名無しさん:2008/06/09(月) 03:37:06 ID:???
ライク本スレがこれだけ盛り上がっているのに、この種の問題で一番適任っぽい人の一人である
竹熊がいまだ何も出せないのはすげえ機会損失だよな。
竹熊をあまりしらない若い世代に自分を知らせるチャンスだと思うんだけど。
しかし本当に連載よりリアルワールドの方が何倍も面白いのが困ったものだ。

234 :愛蔵版名無しさん:2008/06/09(月) 04:20:32 ID:???
内情を知り過ぎてるだけに書きにくいとか。

235 :愛蔵版名無しさん:2008/06/09(月) 04:54:06 ID:???
いしかわ、夏目、岡田と、マンガ夜話メンバーもまだ誰も発言してないな。

236 :愛蔵版名無しさん:2008/06/09(月) 08:16:16 ID:???
竹熊はIKKI編集に色々言いたいことがあるだろうから
早速書き散らしてくれると思ったんだが、反応鈍いね。
既に色んな漫画家がライクに便乗しているというのに。
とはいえまとめる人は誰もいないから、やばそうになったらライク1人を残してみんな逃げ散りそうだよ。

237 :愛蔵版名無しさん:2008/06/09(月) 09:21:14 ID:???
今回の件についてはたけくま自身
打ち合わせが上手くいってなかったと思っているみたいだし
ikki編集に対して何かいうということにはならないでしょ。

238 :愛蔵版名無しさん:2008/06/09(月) 14:01:56 ID:???
サルまんの編集者ネタは、あくまで笑える範囲のドタバタだったけど
今話題になってるライクや、それにともなっていっぱいクローズアップされてきたネタは
悲惨すぎて笑いには昇華できんでしょ・・・

239 :愛蔵版名無しさん:2008/06/09(月) 14:04:48 ID:???
悲惨だからこそシニカルに笑い飛ばすネタが利いてくるんじゃないの。

240 :愛蔵版名無しさん:2008/06/09(月) 14:51:35 ID:???
よし、メシ食いにいこう!

241 :愛蔵版名無しさん:2008/06/09(月) 17:14:07 ID:???
これなんか読んでも

新條まゆ
ttp://blog.mayutan.com/archives/cat_50009058.html

やっぱ漫画家をビジネスの相手とさえみてないというか、新人だからしごく、の
レベルも超えていえるというか。やっぱちょっとおかしいよね。ネームを足で踏みつけるとか。

今回の騒動で面白かったのは、「編集王」みたいなの以上に実際の漫画編集の現場って
世の中一般の常識とかけ離れたことがおこなわれていたり、編集者の態度が大きかったり
することがわかったことかな。

小学館ってどっちかというと、官僚的というか、おとなしい人が多いのかと思っていたら、
実際は横暴な編が多いんだね。
やっぱそういう意識になっていくのかな?入社すると。

242 :愛蔵版名無しさん:2008/06/09(月) 17:44:21 ID:???
サルまんだの編集王だので何を書いたところで、
どうせフィクションという体裁に守られての行為なわけだし、
訴訟という現実の前ではどうしても霞むよな。

243 :愛蔵版名無しさん:2008/06/09(月) 18:23:36 ID:???
この後さサンデー漫画家が巻末とかで編集だして
愚痴みたいの書いても笑えないだろうな。

244 :愛蔵版名無しさん:2008/06/09(月) 18:46:41 ID:sRLb2Xey
ブログ更新

245 :愛蔵版名無しさん:2008/06/09(月) 19:30:02 ID:???
>この問題はたんなる「原稿紛失」問題にとどまらないことは明らかです。
>原稿紛失を理由に提訴に踏み切ったことは、「陳述書」を公開するための
>きっかけに過ぎなかったのではないかとすら俺には思えます。

これはそのとおりだろうなあ。
賠償金が目的なら雷句ももっと争点を絞るはずだし。

246 :愛蔵版名無しさん:2008/06/09(月) 20:35:22 ID:???
暴露したくて裁判起こしたみたいな物だろうからな。
それでこの騒ぎだし。もうすでにライクの目的は達成してると言っていいだろうな。

247 :愛蔵版名無しさん:2008/06/09(月) 20:42:59 ID:???
あとはどれだけ漫画以外のマスコミ媒体にも飛び火させて、
騒ぎを拡大させるかだな。
もちろん一ッ橋グループの息のかかってないところに。

雷句としてはガッシュで稼いだ印税を惜しげもなくブチ込んで、
派手に戦争するつもりだろう。

248 :愛蔵版名無しさん:2008/06/09(月) 20:45:01 ID:???
ネット世論でも「金が目的だろう」なんて下種の勘ぐりをされなかった時点で
勝ちだよな。
それを見越しての、あのやり過ぎ感あふれる陳情書だったんだろうが。

249 :愛蔵版名無しさん:2008/06/09(月) 21:07:30 ID:???
ネットの発達のおかげもあるんだろうな。
今回みたいにテレビで全然やらないでもネットでは話題騒然。
ブログを持つ漫画家が増え。自分で世間に向けてメッセージを
発信できる地盤ができてる。

五年前に同じ事しても多分2.3日で沈静化してただろうな。

250 :愛蔵版名無しさん:2008/06/09(月) 21:20:40 ID:???
もし本音中の本音は金が目的で、あの陳情書は金銭欲を隠すための
カムフラージュだったりしたら雷句は神だなw

251 :愛蔵版名無しさん:2008/06/09(月) 21:24:25 ID:???
たけくまメモでは、版元と作家の信頼関係が今崩れかけているのだ、なんて書いてたが、
どうだろうか。
もともと信頼関係なんかなかった、ということはないの?
しかし圧倒的に立場が弱い作家の側は、声を上げる手段すらなかったから、
表に出なかっただけで。

252 :愛蔵版名無しさん:2008/06/09(月) 21:25:00 ID:???
それはない
ヒット作があって、当面の銭が確保された漫画家だからこそ可能な
意趣返し自爆テロだし、要求金額はむしろ少額

253 :愛蔵版名無しさん:2008/06/09(月) 21:25:45 ID:???
ごめん、>>252>>250宛て

254 :愛蔵版名無しさん:2008/06/09(月) 21:27:16 ID:???
>>252
わーっとりますよ。
むしろあの程度の額、裁判が長引けば全部吹っ飛んじゃうんじゃないかと。

255 :愛蔵版名無しさん:2008/06/09(月) 22:25:25 ID:???
雑誌だけじゃなくて単行本の売り上げも落ちてて、もともと原稿料だけじゃ苦しい漫画家は
労働環境を考えざるを得ない。
派遣より酷い環境で漫画家とアシが働いて、編集者が高給とって遊んでる時代ももう終わり。
中間搾取者はどんな業界でも消えてるのに、マスコミだけ保護されてんの皆知ってるんだよ。
アニメーターよりマシとかエタヒニン工作してるの反吐が出るわ。死ねよ編集者。

256 :愛蔵版名無しさん:2008/06/09(月) 22:27:52 ID:???
よくわからないが、雷句という人はかなり直情的な印象を受けた。
でもまあ、やるべき意義はあったのだろうと思う。

257 :愛蔵版名無しさん:2008/06/09(月) 22:55:52 ID:sRLb2Xey
俺が小学館のエライ人なら、冠と編集長はポストかセブンに飛ばして、雷句には500万ほど包んで、
「ゴメン迷惑かけた。できればいずれまたウチで描くことも検討してほしい」と言うけどな

このままだと新人はみんな逃げるし、読者も離れるしで、下手するとサンデー死んでしまう
この騒動の経済的損失は50万とか300万とかそんなもんじゃないはずだ

仮に新人のカリスマと化し、ヒットメーカーとしての側面もある雷句が戻ってきてくれれば、
その経済的効果は莫大だ。渡した500万なんかすぐ回収できる

258 :愛蔵版名無しさん:2008/06/09(月) 22:58:49 ID:???
小学館はお役所体質だから、徹底的にかばい合うと思うよ。
そんな大胆な即断即決人事はまずない。

259 :愛蔵版名無しさん:2008/06/09(月) 23:07:52 ID:???
雷句の性格からして
「口止め金を持ってきたんです!!」
と怒って突っ返してブログに書くだろ。逆効果

260 :愛蔵版名無しさん:2008/06/09(月) 23:44:06 ID:???
巨大で怠惰なシステムになると何事も駄目になるのだな。
地味な児童漫画家だった藤子Fを戦後最大のスター漫画家に押し上げたり
高橋、あだち等の漫画家ブランドを作り上げた手腕は何処に・・・


261 :愛蔵版名無しさん:2008/06/10(火) 00:00:09 ID:???
でも昔からなぜか
新人発掘育成→講談社
それを引き抜いてヒット作を描かせる→小学館
というイメージが・・・。

262 :愛蔵版名無しさん:2008/06/10(火) 00:11:44 ID:???
>>260
音楽業界やTV局みたいに金を生み出すブランドにしゃぶりつくのに慣れて、
次世代の展開(新人を育てたり、時代にあった事業展開をしたりetc・・・)を
考えていなかったからだろうね。

263 :愛蔵版名無しさん:2008/06/10(火) 00:56:58 ID:???
あえて、あえて釣ってみる。
こんなに漫画家サイド一辺倒なのは、社会を知らないニートばっかりだからか?

264 :愛蔵版名無しさん:2008/06/10(火) 01:02:31 ID:???
漫画家は営業マンや工員ではないという点は考慮すべきだと思うが?

265 :愛蔵版名無しさん:2008/06/10(火) 01:05:41 ID:???
かといって芸術家でもないと思うんだけど。

266 :愛蔵版名無しさん:2008/06/10(火) 01:10:40 ID:???
そうだなぁ・・・漫画家と言っても千差万別で一括りにどういう立ち位置の職業なのかって規定出来ない点にも問題の種があるのかもな

267 :愛蔵版名無しさん:2008/06/10(火) 01:11:07 ID:???
まあ、休日に編集者の自宅に原稿をFAXで送るのは当然だとか
ネタを出すのは当然というのはどうかと思った。

別に担当編集者に印税渡すというわけでないのに
休日返上で働けというのはとても対等な関係といえないと思う・・・

268 :愛蔵版名無しさん:2008/06/10(火) 01:12:50 ID:???
一割以上の印税は出版社に入ってるんだし、対等どころか編集者はうんこ食わないと駄目だろ

269 :愛蔵版名無しさん:2008/06/10(火) 01:15:16 ID:???
編集者はネタ考えなくてもいい、自分で全部やるという作家もいるし
編集がネタ考えてくれないと困るという作家もいる。
はっきりした原則がなくて、ケースバイケースとしか言えない事が多い世界ではあるんですよ。

270 :愛蔵版名無しさん:2008/06/10(火) 01:15:34 ID:???
テレビ局、新聞社、公務員に続いて
大手出版社の胡散臭さが暴発してる。

271 :愛蔵版名無しさん:2008/06/10(火) 01:15:59 ID:???
現状悪習から漫画家は虐げられてるとは思うよ。一部を除いては。
けどプロ野球選手が選手会の要求ばっか通してダメになったように、
漫画家も「読者のため」を盾にいろいろと主張されると少々引かんでもない。

272 :愛蔵版名無しさん:2008/06/10(火) 01:18:01 ID:???
この件に関しては編集擁護のほうが社会知らないと思うけど。
ああ、業界を知ってて常識だと言ってるのか。それほど出版社は非常識な世界なのか。

273 :愛蔵版名無しさん:2008/06/10(火) 01:20:38 ID:???
>>271
べつに読者のためも糞も無いよ。生産者がやる気になって自由な競走が起こればいいだけ。
編集部のマーケティングも今までの成功ノウハウも一部にしか通用しなくなりつつあるだけ。
売り上げ落ちてるんだから。

274 :愛蔵版名無しさん:2008/06/10(火) 01:28:36 ID:???
>>267
残業手当ては定額打ち切りで午後出勤なんだから
週休2日保障はハッタリだし、全てカオスの内だよ

一方労働組合は強いのでそっちの方は心配しなくていい
好きな奴が好きでやってるだけだ
休みたい奴は休めばいいんじゃねえの?

275 :愛蔵版名無しさん:2008/06/10(火) 01:33:26 ID:???
>>274
>休みたい奴は休めばいいんじゃねえの?

雷句とまゆたんはそれが許せないっぽいけどね。

276 :愛蔵版名無しさん:2008/06/10(火) 01:40:22 ID:???
>>275
休みたい時に休むと言えるような奴は
ただ単に金の卵に逃げられるってだけだな

277 :愛蔵版名無しさん:2008/06/10(火) 01:50:12 ID:???
雷句が金の卵かどうかは次の連載で決まる。
新條は本人も自覚して語っているように、既に全盛期は過ぎてエロ抜きでは歯牙にもかけられない…

自分の好きなように描いて売れる漫画家って稀有な存在なんだろうな。

278 :愛蔵版名無しさん:2008/06/10(火) 05:22:03 ID:???
編集者も休日出勤しる!って雷句が言うのは、「お前らは俺のネームを没にした、
もしくはする権利があるからだ」って前提がある。
編集者がネームを没、もしくは直しを請求して、漫画家の労働時間を
増やすのなら、お前らもそれに付き合わなきゃスジが通らねえだろうって
言ってるんだろう。
「はい直しー、働けー。でも俺は土日は休むけんね♪連絡すんなよ」
ってな状況が重なったからブチ切れたんだろうて。

279 :愛蔵版名無しさん:2008/06/10(火) 05:24:26 ID:???
んでもって、藤田師匠の担当はそれをやってたのを、アシ時代に横目で見てきたのに、
自分がいざプロになったら、そういう熱心な編集者はいなくなってた、と。

280 :愛蔵版名無しさん:2008/06/10(火) 07:44:41 ID:???
サルまんは俺達の青春を奪った!では編集2人の恨み言がねちねち綴られていたが……
ありゃちょっと全部が全部ネタやシャレとは思えんな。
雷句のような初連載がたまたま当たったペーペーと違ってベテラン作家の担当はマジ苦労してそう

281 :愛蔵版名無しさん:2008/06/10(火) 07:52:12 ID:???
でも担当を責めれる問題ではないわな
依頼人側の使用人である編集者が
商品の品質に口を出すのは当初から折込ずみなわけだし

雷句は編集者は漫画家に呼ばれたらタダで深夜も休日も出勤すべき
ネタを出すのも当然、それが対等な関係と考えているみたいだけど、
リーマンの担当にとっては「そんな馬鹿な!」という人もいるだろう。

竹熊の言うきちんと契約を作らない出版界の体質が問題の根幹かも

282 :愛蔵版名無しさん:2008/06/10(火) 11:19:51 ID:???
ブログの記事だと小学館って事務処理とか単純なことさえダメみたいだね。法務部もなにやってんの、
というレベルだし。
編集者になれない奴の吹き溜まりでやる気がないのが多いのかな?

283 :愛蔵版名無しさん:2008/06/10(火) 11:22:29 ID:???
マンガの編集部は「マンガやりたくて来た」って奴より
「本当は出世コースに乗りたいのにマンガ雑誌なんかに配属された」と腐ってる奴が多い
なんて噂も聞くけど、本当かなぁ。

284 :愛蔵版名無しさん:2008/06/10(火) 11:45:39 ID:???
今はそんなことねえだろ。
むしろ一家言持ってるからこそ作家にキツいわけであって。

285 :愛蔵版名無しさん:2008/06/10(火) 11:45:56 ID:???
編集者の仕事が作家になんの意見もボツも出さずに自由に描かせて
原稿を集めてくるだけの仕事だったら
雷句の要求に対して「そんな馬鹿な!」と思う人もいるだろうけど
実際は意見も言うしボツも出すんでしょ
そしてそういった過程の中で作家には休日や睡眠も満足に取れない仕事をさせてしまう時もある
作家の意に反した引き延ばしや路線変更、アイデアの押しつけなどをしてしまう時もある
それに対して漫画家は身を粉にして、編集者の期待に応えて仕事を続けてるのに
その無理を押させた編集者は作家から深夜にファックス受け取るのすら不快感を示すってのは
子供の使いじゃないんだからおかしいんじゃない

286 :愛蔵版名無しさん:2008/06/10(火) 11:57:49 ID:???
編集者にも漫画家にもいろんなのがいる。
しかし世間一般的に見て、古い常識はずれの習慣が多い。
そんなところだろ。

編集者とJASRACを同じように捉えて批判してる変なのが多すぎる。
さすがにここにはそんな奴はいないけどさ。

287 :愛蔵版名無しさん:2008/06/10(火) 12:07:44 ID:???
えー、漫画家は出版社に雇用されているわけではないんだから、商品を求められるのが嫌ならそれこそ同人誌で書けばいいわけで
意見や没を出す以上は編集者も小間使いのように働けってのは違うと思う

企業の社員が取引先に自社の要望を伝えたら、取引先はその社員に自社の仕事をただで手伝わせられるのか?

288 :愛蔵版名無しさん:2008/06/10(火) 12:11:27 ID:???
今日は編集者のターンか・・・。

289 :愛蔵版名無しさん:2008/06/10(火) 12:14:29 ID:???
漫画を工業製品のように例えて話をする事がおかしいとおもうけど

290 :愛蔵版名無しさん:2008/06/10(火) 12:26:00 ID:???
商品を求められるのが嫌なんて話が出てるか?
あと雇用されてるに無いにしても連載を途中で投げ出すのは不誠実だし
意見や没を出すだけで漫画家を小間使いのように働かせたり
企業の社員が無茶な発注をしてきても取引先はただ従うだけなのはいいのかい?

291 :愛蔵版名無しさん:2008/06/10(火) 12:29:40 ID:???
まあ、漫画家の場合新人の頃に編集が色々指導する、新人はそれを受けて漫画を書く、ってのを引きずったまま仕事をしているのが諸悪の根源だと思う。
きちんと契約でデビュー後に出版社がやること、漫画家がやることを詰めてないから揉め事が起きる。
今度の訴訟からきちんと契約を締結する業界になればいいんじゃないかなあ。竹熊がどういうプランを考えているのか知らんが。

あ、あともちろん原稿紛失は話にならんと思う。

292 :愛蔵版名無しさん:2008/06/10(火) 13:04:42 ID:???
一割以上の印税を分捕ってる出版社の犬が何勘違いしてんの?

293 :愛蔵版名無しさん:2008/06/10(火) 13:12:10 ID:???
漫画家にしても編集者にしても両極端な奴の話だけしても仕方ないと思うが。
編集者全員が横暴編集者ではないし、漫画家全員が横暴漫画家ではない。
ただ、古い慣習や悪しき体質は確かにあるんだから
それをどうしていくのかって話しないと意味ないよ。
あいつは横暴だ、こいつは無茶難題を押し付けてくる、って個々の人格語っても何にもならんでしょ。

294 :愛蔵版名無しさん:2008/06/10(火) 13:13:55 ID:???
そんないい奴もいる、悪い奴もいる、なんてどうでもいい一般論言うほうが意味ないだろ。
頭悪いな。


295 :愛蔵版名無しさん:2008/06/10(火) 13:14:38 ID:???
システム論なら他の業界では10年以上前から常識の中抜きに取り組むんだな
もちろん中=編集だよ

296 :愛蔵版名無しさん:2008/06/10(火) 14:12:50 ID:???
>>294
お前ってすごく頭悪いな。

297 :愛蔵版名無しさん:2008/06/10(火) 15:01:48 ID:???
カーン!始まりました!

298 :愛蔵版名無しさん:2008/06/10(火) 17:40:23 ID:???
旧の編集者教室を読み返したら、他誌の作家を引き抜く方法のウンチク部分に、
「担当編集者を殺害する」「その葬儀に来た作家を口説く」
「足がつかないように事前に準備を怠りなく」
「でも作家が忙しくて葬儀に来ないかもしれない。それも泣き笑い人生か」
とか普通に書いてあってワロタ。

こういうのも、「今では書けない6割」の中に入ってるんだろうなあ・・・

299 :愛蔵版名無しさん:2008/06/10(火) 18:51:17 ID:???
>>298
>担当編集者を殺害する
そこまで書けば、冗談で書いてるってのが一目瞭然だから問題ないだろ。
問題があるとしたら、法律スレスレのエグイことをやってるとか書いた場合。

300 :愛蔵版名無しさん:2008/06/10(火) 18:59:59 ID:???
漫画家は限りある資源なんだから大切にしなきゃ
今の漫画編集者にはエコの心がけが足りない

301 :愛蔵版名無しさん:2008/06/10(火) 19:13:59 ID:???
*:.。..。.:*・゚(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:* ミ ☆

★☆ 新條まゆが雷句を援護射撃! ☆★

*:.。..。.:*・゚(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:* ミ ☆


ブログで小学館を攻撃!
http://blog.mayutan.com/archives/51397618.html

*:.。..。.:*・゚(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:* ミ ☆


新條まゆに対する編集者の発言

・「だったら、いままでの出版物を全部絶版にする!」
・「新條まゆが連載を休んだのは、休ませないと移籍すると脅したからだ」←事実無根
・「編集者が安い給料で仕事してるのは土日は何があっても休めるという
保証があるからだ!あんたたちは高い年収もらってるんだから
寝ないで仕事しようが遊ぶ時間がなかろうがかまわないけど、
こっちの休みまで奪うな!」
・「水は低い方へ流れるって話、知ってる?わたしのように水瓶に
水をたくさん貯めてるような人間が、あんたみたいなダメな人間の近くにいると
こっちの水瓶が減るのよ!」
・「小学館を離れて、いままでとは違うものを描いたら売れなくなる」
・「大人しく今まで通りの漫画を小学館で描いていればいいのに」
・「こんな漫画じゃ商売にならないんだよ!」
・「お前はウジ虫みたいな漫画家なんだから、
ウジ虫はウジ虫なりにない知恵しぼって漫画描け!」
・「お前はどう努力しても連載作家にはなれない」
・「おめこすべえ」
・「おめこ好きけ?」

302 :愛蔵版名無しさん:2008/06/10(火) 19:34:27 ID:???
>>300
全盛期の少年ジャンプなんか、つぶしてもつぶしても次から次へと新しい才能が
出てたよなあ。

303 :愛蔵版名無しさん:2008/06/11(水) 18:14:33 ID:???
当たり前だが、この話題はどうしても「漫画読み」視点になっちゃうのな。
たとえ現役漫画家でも編集寄りにコメント出すと「贔屓されて金もらってる、太鼓もち」とか
散々な言われようだし。

304 :愛蔵版名無しさん:2008/06/11(水) 18:21:12 ID:???
今回の件で感じたのは昔に比べて今の漫画家は小粒になったというか
普通人過ぎるというか・・・トキワ荘の時代に比べたら怒りのレベルも
創作意欲も数段落ちるんじゃないかってことだな。
原稿紛失は絶対に認められることではない。でも手塚なら
「失くしたんですか。わかりましたでは紛失した原稿より素晴らしい
ものを描き直しますよ」と平然としてたんじゃないかな。
編集とも激しくぶつかりあってその中から素晴らしいものを作り上げてた
んだからな。編集ができがわるいから?って手塚の目の前で原稿を破いた
んだぜ。漫画家にしたらこれ以上の屈辱は無いだろう。でも手塚はその屈辱を
創作にぶつけた。雷句も連載一本目で自分の引き出しが空になって掛けないとか
編集が出す代案が使えないから編集は無能だとかなさけないこと暴露すんなよ。
デビューしてしばらくはアイデアが湧き出てきて描くのが追い付かないってのが
漫画家だと信じてたからさ。なんか悲しくなったよ。バトル漫画なんだから戦闘
場面で一か月やそこら簡単に時間稼ぎできるじゃない。その間にアイデアなんか
出せるもんじゃあないの?
 それと腹いせに壁?を殴って骨折はどうなんだ。編集の原稿紛失もプロ意識
の欠如ならそれもプロ意識の欠如だろ。連載を休んだかどうかは知らないけど
自分の不注意で迷惑もかけてるんだからさあ。
 まあ編集を擁護するとかじゃあないけどね。念のため

305 :愛蔵版名無しさん:2008/06/11(水) 18:49:53 ID:???
いや、そういう昔話はどうでもいい。

306 :愛蔵版名無しさん:2008/06/11(水) 18:51:51 ID:???
昔はよかったって話を、しかも妄想を語っても何にもならんのではないか。

307 :愛蔵版名無しさん:2008/06/11(水) 18:58:13 ID:???
>>304
手塚氏については、面白くないからじゃなくて散々待たせて落としたから
編集が切れたって事だから、先生にも原因がある。
http://takekuma.cocolog-nifty.com/blog/2004/12/post_24.html

いずれにしても、編集は猛烈な熱意の末の激昂だったろうし、
手塚氏もそれを解ってたから、ぶつかりながらも続けて行けたんでしょう。

漫画家が小粒に、よりサラリーマン的になってきたというのも解るけど、
編集も時代と共に変質してきたと思うよ。

308 :愛蔵版名無しさん:2008/06/11(水) 19:02:59 ID:???
>>304
>雷句も連載一本目で自分の引き出しが空になって掛けないとか
>編集が出す代案が使えないから編集は無能だとかなさけないこと暴露すんなよ。

引き延ばしの為に使えないアイデアをごり押ししてくるのが問題なんだろ。
ライク自身は終わりに向けて自分のアイデアをちゃんと持っていたと明言してるじゃない。
次作はいつでも描ける準備をしてあるとも。

309 :愛蔵版名無しさん:2008/06/11(水) 19:31:34 ID:???
使えないアイデアを使えるようにアレンジするのも漫画家の力量のうち。
手塚はBJのラストを毎回数パターン考えて編集に選ばせてたんだからさ。
それくらいの才覚は見せてほしいものだ。
雷句の言い分を聞けば聞くほど漫画家としては小粒だとしか見えないんだよね。
人間として器が小さいなーって。
問題にするのなら監禁とかからだよなーw

310 :愛蔵版名無しさん:2008/06/11(水) 19:39:12 ID:???
サルまんの話をしようと思ってこのスレに来たのだが、
それどころじゃなくなったな。

311 :愛蔵版名無しさん:2008/06/11(水) 19:53:33 ID:???
>>304
手塚の場合、そういう侠気を見せたくなるような
熱い編集だったのかもしれないじゃん。
雷句の場合、当人の話を聞く限りでは、無くされてもまた新しく描こうとか、
そんな気力が沸かないような奴だったとしか思えないんだが。

また、手塚だって全てにおいてやる気と才覚を見せつけたような作品ばかりじゃなく、
明らかにやる気のないやっつけの作品もある。
たぶん似たような理由でモチベーションが沸かなかったんだろう。

312 :愛蔵版名無しさん:2008/06/11(水) 19:55:19 ID:???
器小さいか?あれだけやられたら普通怒るよ。
特殊例を出して我慢しろっていうのは欺瞞だわな。

313 :愛蔵版名無しさん:2008/06/11(水) 19:58:40 ID:???
確かに、死ぬ間際まで濃い内容の連載を2本続けていた様な人はちょっと特殊例だもんな。

314 :愛蔵版名無しさん:2008/06/11(水) 20:06:51 ID:???
>>304
手塚治虫が人格破綻で編集泣かせだったのは有名な話だと思うんだけど…
そういった意味では雷句誠は小粒かもしれない


315 :愛蔵版名無しさん:2008/06/11(水) 20:07:00 ID:???
プロとして仕事してりゃ不愉快なめ会うことももそりゃあるだろう
なにも漫画家だけが特別な存在ってわけじゃない

316 :愛蔵版名無しさん:2008/06/11(水) 20:08:49 ID:???
昔の漫画家はかなり原稿を無くされてるよ。
赤塚も一回分の原稿丸々無くされてすぐに書き直した。
赤塚も特殊だけどね。でも担当との関係なんか当事者
で解決してくれって。そんなの公表して理解を求めて
どうするの。サラリーマンだって愚痴の一つはあるだろう。
でもそんなの他人には関係ないじゃない。今回の件は
原稿の管理が杜撰だって部分だけが問題なんじゃあないのかな。
サンデーの編集がいやなら最初から連載を断ればいいんだし。


317 :愛蔵版名無しさん:2008/06/11(水) 20:09:02 ID:???
最近は「自己責任」の名の下にどんな目にあっても黙ってろ、って社会だから
たまに声あげる奴には冷たい人が多いんだよな。

318 :愛蔵版名無しさん:2008/06/11(水) 20:23:23 ID:???
サンデー出身の岸あきおもブログで理不尽と感じる体験が
あったと匂わせているな。でもまあ漫画家だって好き勝手に
振舞ってる面もあるんだしねえ。楳図先生は小学生にいたずら
してもみ消してもらったとの噂もある。雷句も藤田組なんでしょ
ならサンデーの内情をある程度覚悟していたんじゃあないかな。


319 :愛蔵版名無しさん:2008/06/11(水) 20:27:52 ID:???
手塚さん、BJの原稿描いてる時に、立ち入り禁止の執筆部屋に編集者が
ついうっかり入っちゃって、「僕はもうブラックジャックは描きませんからね!」
と宣言して、ブラックジャックを打ち切った男だぞ。
なんたる器の小ささと、読者に対して無責任で不誠実なことか。
定期連載はもう終わっていて、年に何本か不定期に描いてた時期の話だけど。
ちなみにソースは手塚眞の「天才の息子」

>サンデーの編集がいやなら最初から連載を断ればいいんだし。

最初はまともな担当だから良かったんだろう。
途中で頭のおかしい編集にかわってストレスが溜まってきたから、
もうやめたいって申し入れてるじゃん。

320 :愛蔵版名無しさん:2008/06/11(水) 20:28:33 ID:???
>>310
ところでキミ、ランバダ好き?

321 :愛蔵版名無しさん:2008/06/11(水) 20:36:11 ID:???
手塚の器は人間としての器を指してるのではなく
創作者としての器を指しているのだ。手塚が人間的に
問題があるのは誰でもしっているよ。夜中にチョコレート
が食べたい。食べないともう書きませんと駄々こねて
時間稼ぎした男ですから。

322 :愛蔵版名無しさん:2008/06/11(水) 20:38:26 ID:???
編集の末路
昔王様→ちょっと前悪代官→今ノーパン官僚→もうすぐ不要

323 :愛蔵版名無しさん:2008/06/11(水) 21:00:01 ID:???
>>321
>>304の文脈をよく読んでください 脊髄レスはみっともない


324 :愛蔵版名無しさん:2008/06/11(水) 21:05:15 ID:???
情報量が極端に少なかった昔と現在の作家の仕事が同じのごとくの発言はアホ臭い

325 :愛蔵版名無しさん:2008/06/11(水) 21:07:25 ID:???
あの頃と違うのはそういう先人たちの蓄積の後で
アイデアも技術も越えるべきハードルがあがってるのと
作家が多すぎて何度もチャンスがもらえないから
習作に当たる作品が気軽に描けずに
新人なのに一発必中みたいなのを最初から作らなきゃならない。
まあ昔より自分の作品に思い入れをもったオタク的な作家が増えてるのもあるんだろうけど、
せっかく育てたヒット作を守るのに必死になるのはわかるけどね。

326 :愛蔵版名無しさん:2008/06/11(水) 21:39:03 ID:AjeZrjEQ
ただね、今のサンデーはほんと糞すぎる
これを楽しみに1週間待ってました・・・という作品が皆無に等しい

それもおそらく、編集が情熱を持って漫画家とタッグを組まないからだろうと思う

雷句氏の怒りは、そういう編集に対する私怨もあるだろうけど、それより、
そういう編集に対する義憤が大きいんじゃないかと思う

327 :愛蔵版名無しさん:2008/06/11(水) 22:18:20 ID:???
>>315
だから何?
俺は仕事で不愉快な目にあってるし我慢してるのにってか


328 :愛蔵版名無しさん:2008/06/11(水) 22:34:45 ID:???
>>327
不満なんか言ってたらきりがないって事だろ

329 :愛蔵版名無しさん:2008/06/11(水) 23:04:57 ID:???
>>326
ジャンプ見てると、タッグで出来る限りのもの作るって姿勢に見えるから、
俺が今回ので感じたのはそこだったな。
要するにやる気ないんじゃんと 読者かわいそうだわ。
でももともとの方針からして優等生用の健康な雑誌を作りたいだけなのかな、とも思った
だからってパクリ主軸でゴミ扱いってのも・・・なんかエリートの宗教みたいだな。

330 :愛蔵版名無しさん:2008/06/11(水) 23:05:19 ID:???
ちょっとはサルまんの話をしようぜ。

サルまんにしろ編集王にしろ吼えろペンにしろ、
今後はマンガ業界をネタにしたマンガは描きにくくなるだろうな。
こういうスリリングな事態が現実に進行している以上、
フィクションの体裁で何を描いても迫力が出ないだろう。

331 :愛蔵版名無しさん:2008/06/11(水) 23:06:39 ID:???
俺は次号のIKKIにサルまんは載ると思ってるw

332 :愛蔵版名無しさん:2008/06/11(水) 23:17:22 ID:???
>>331
だとしたらブログのコメント欄なんて構ってられないだろうなあ


333 :愛蔵版名無しさん:2008/06/12(木) 00:01:01 ID:???
>>331
正直、俺もそう信じたい。

334 :愛蔵版名無しさん:2008/06/12(木) 00:56:04 ID:???
つうかこの件で創作意欲が沸くだろw

335 :愛蔵版名無しさん:2008/06/12(木) 00:59:31 ID:???
このままでは漫画は滅びる……
私の愛した漫画が……

336 :愛蔵版名無しさん:2008/06/12(木) 02:23:35 ID:???
まあ、サルまん2.0みたいな事態になっても損害賠償という話にならないんだから、ある意味特殊な世界だよな
あとマンガ家(に限らず作家)と編集者って、やっぱり単なる取引先どうしとは違うと思う
取引先の担当者が会社移ったら、取引条件悪くなっても取引先変えるなんて、めったにないだろうし
ある会社員(作家)が亡くなったら、取引先の人間(編集者)が葬式仕切るなんてことはまずないだろうし

337 :愛蔵版名無しさん:2008/06/12(木) 03:10:18 ID:???
自分はテレビゲームの業界で仕事してるんだけど、
ゲーム開発におけるソフトハウスとクライアントの関係は
漫画家と編集者の関係にちょっと近い。

ただ、ゲーム業界は制作を始める時点で膨大なお金がかかるんで、
スタート時点での厳密な契約締結が当たり前。その中に賠償に関する記述もあるのが普通。

だから、ソフトハウスとクライアントの関係は、比較で言えば理性的(であらざるを得ない)。

ソフトハウスは賠償やらに縛られているし、
クライアントの方もソフトハウスにつむじ曲げられると
良いものができなくなるし、既に遣ってるお金のことを考えると
後戻りもきかないから、大人でいることが求められる。

そういう部分が漫画業界には足りないのかともちょっと感じた。
もちろん、ゲーム業界にもいろいろな問題はあるけどね。ちょい長文すまん。

338 :愛蔵版名無しさん:2008/06/12(木) 05:47:53 ID:???
>>316
なんという頭の悪さ、今回の件は原稿紛失はたんなるきっかけでしかない程、編集との確執が大きくなってるんだ。
新人なんて自分から選べる大御所じゃないんだし、長く続いてる仕事を嫌ならやめろとは、どんな学生気分だよ。


339 :愛蔵版名無しさん:2008/06/12(木) 05:51:17 ID:???
>>315
常に新しい物を期限付きで求められる漫画家と他の仕事を比べちゃいけないな。
同じクリエイターでも画家とか音楽家はのんびりしたもんだぜ、好きなときに好きなだけ仕事すれば良いんだからな。

340 :愛蔵版名無しさん:2008/06/12(木) 08:51:09 ID:???
ここはサルまんスレであって、漫画業界の議論スレじゃないってことをそろそろ分かれよ

341 :愛蔵版名無しさん:2008/06/12(木) 09:05:39 ID:???
いや、むしろスレチでも面白いながれには積極的に食いつくようにしたい。


342 :愛蔵版名無しさん:2008/06/13(金) 18:48:03 ID:???
>>323
脊髄スレってなんでしょうか。それ同一人物だぞ。

343 :愛蔵版名無しさん:2008/06/13(金) 18:52:19 ID:???
>>338
新人だって自分が持ち込める出版社を選ぶ自由はあるぞ。
それに今現在やってる仕事を止めろなんで一言も書いてないぞ。
日本語理解してから批判しましょうw

344 :愛蔵版名無しさん:2008/06/13(金) 19:10:46 ID:???
>>341
声高に自分の正しさをわめくだけのレスに
面白いもへったくれもないだろう。

345 :愛蔵版名無しさん:2008/06/13(金) 19:29:21 ID:???
この流れは面白いぞ

346 :愛蔵版名無しさん:2008/06/13(金) 20:05:06 ID:???
流れを変えようにも、とくに新しい話題ないしなあ

347 :愛蔵版名無しさん:2008/06/13(金) 20:50:16 ID:???
たけくまメモは微妙に作家よりになってない?
ことの推移を考えれば小学館編集に一分の理も無いから当たり前だけど。

348 :愛蔵版名無しさん:2008/06/13(金) 21:32:17 ID:???
漫画ファンってのは作家の才能をとにかく讃えたくなるんだろ。
特に竹熊氏は天才とか大先生とか、ギャグにしろよく使ってきたから。

349 :愛蔵版名無しさん:2008/06/14(土) 00:34:56 ID:???
じゃあ無理やり旧サルまんの感想

サルまんででてきた「エスパーマンガは現代の忍者マンガ」っていうのが、リアルタイムではピンとこなかったんだよ
当時のエスパーマンガってたいてい「人類の進化」とか「一般人との対立」みたいなものを含んでたから
あるいはAKIRAみたいに、大きな物語の小道具に使ったりとか、まあSFだった

でも最近の「異能バトル」って思いっきり忍者マンガに先祖がえりしてるよな
竹熊氏もここまでストレートに先祖がえりすると思ってたかなあ

350 :愛蔵版名無しさん:2008/06/14(土) 00:38:24 ID:???
そういえば荒木は横山光輝好きを広言してるな

351 :愛蔵版名無しさん:2008/06/14(土) 00:43:11 ID:???
なんか念とかスタンドとか「精神力を具現化したパワー」って聞くと
特○を思い出すから少し辛い。
日本人の男って精神力でなんとかなると思ってる、現代的じゃない人間が多いと思うし
戦争してた時から成長したのか?と思う

352 :愛蔵版名無しさん:2008/06/14(土) 02:36:21 ID:???
超能力バトル漫画から特攻に連想する君の精神力が一番凄いと思う。

353 :愛蔵版名無しさん:2008/06/14(土) 02:50:29 ID:???
特アのことかと思ったが。
くだらないこと祈念して焼身自殺する奴がいるくらいだし。


354 :愛蔵版名無しさん:2008/06/14(土) 03:51:30 ID:???
女って現実的な視点を持ってるから念とかスタンドわかんない人多いんじゃないかな。
男はなんでそういうの好きなのかっていうと特攻と同じってのもありえる。
ネット上に生きるバカにはリアルだろうけど、っていうシロモノのはず。

355 :愛蔵版名無しさん:2008/06/14(土) 07:51:57 ID:???
サルマンってこの前初めて読んだんだけど
かなり他の漫画に影響与えてるよね。
久米田とかすごいよマサルさんとかもサルマンっぽいネタがあったし。

356 :愛蔵版名無しさん:2008/06/14(土) 08:15:45 ID:???
ネタ的な部分のみじゃないけれどね。
マンガを「どう読むか」という読者側の視点が、
サルまん以降、決定的に変わったのではないかと思う。

357 :愛蔵版名無しさん:2008/06/14(土) 08:30:27 ID:???
食パンくわえて「ちこくちこく」は
サルまん以降、妙に流行ってるよな

358 :愛蔵版名無しさん:2008/06/14(土) 09:14:41 ID:???
少女漫画に限らず「類型」を改めて提示されたことで
笑ってもいいんだと再認識した感じかな。

359 :愛蔵版名無しさん:2008/06/14(土) 09:46:09 ID:???
旧サルまんも初期の頃が一番面白いな

360 :愛蔵版名無しさん:2008/06/14(土) 13:15:15 ID:???
「このままではまんが文化は滅びる」と書いて、
実際その通りになっとるではないか。
伊藤の本を読んで認識を変えさせられたなんて言っとったけど。

361 :愛蔵版名無しさん:2008/06/14(土) 13:28:33 ID:???
滅びたのは竹熊だったという・・・

362 :愛蔵版名無しさん:2008/06/14(土) 14:01:17 ID:???
さるまんじゃないけど、相原の世界一忘れっぽい女子高生というネタで、あまりに
忘れっぽいため服を着るのを忘れて全裸で登校、途中で気が付くというネタには
コーヒー吹いた。


363 :愛蔵版名無しさん:2008/06/14(土) 18:42:14 ID:???
サルマンの編集の方がまともに感じるからすごいよな。
小学館の編集より支配社のほうが漫画家の事考えてそう。

364 :愛蔵版名無しさん:2008/06/14(土) 19:27:48 ID:???
当時の白井編集長率いるスピリッツなめんな

365 :愛蔵版名無しさん:2008/06/14(土) 19:50:59 ID:???
>>363
佐藤さんはけっこういい編集者だと思うよ、いやマジでw

366 :愛蔵版名無しさん:2008/06/14(土) 20:47:31 ID:???
佐藤の行動は今読むと泣けるな。「タクシーーーッ!!」
小学館て良くも悪くも作品にあまり関わらないって事なんじゃないか?
イッキは放任、サンデーはやらせっぱなし、みたいな。

367 :愛蔵版名無しさん:2008/06/14(土) 21:54:22 ID:???
ところで今、ヤンサンが終るじゃん。でその中の連載の
鉄腕バーディーって変身ヒーロー物があるんだけど
どうやら今週で正体ばれたらしい、

とんち番長と同じ終りになるのかな。

368 :愛蔵版名無しさん:2008/06/14(土) 22:36:42 ID:???
>>366
〜みたいのじゃなくて、〜そのものを描けって命令する小学館が?
まあパクリはどこでもやってるから小学館だけ悪者ってわけじゃないけど

369 :愛蔵版名無しさん:2008/06/14(土) 23:22:18 ID:???
佐藤って弁髪を振り回す以外は普通の真面目なリーマンだな。
つか、作中で一番の常識人。

370 :愛蔵版名無しさん:2008/06/14(土) 23:23:22 ID:???
オメコ好きけ?

371 :愛蔵版名無しさん:2008/06/14(土) 23:25:28 ID:???
辮髪とかの外見にだまされそうだが、確かに常識人だしいい奴だな。
担当漫画家に手をだしたら責任とって結婚するし、現実の編集者の方がよっぽどひどい奴が
多いというのは、あの時代には予想もしなかった。
ネット時代は怖いな。

372 :愛蔵版名無しさん:2008/06/15(日) 00:11:55 ID:???
でもハメ撮りがバレて…嫁さんどうしたんだっけ。

373 :愛蔵版名無しさん:2008/06/15(日) 01:34:17 ID:???
ハメ撮りわろた
旧の神っぷりは揺るぎないな・・・

374 :愛蔵版名無しさん:2008/06/15(日) 01:46:02 ID:???
あ、新か?

375 :愛蔵版名無しさん:2008/06/15(日) 01:48:29 ID:???
ねえちゃんのオメコがどーたら、つうのは
白井編集長が本当に言ったんだろうか

376 :愛蔵版名無しさん:2008/06/15(日) 08:16:56 ID:???
今、サルマン描いたら編集を訴える話は書くだろうな。

377 :愛蔵版名無しさん:2008/06/15(日) 11:53:00 ID:???
>>376
そうだとしても、編集の佐藤を訴える、という流れにはしにくいだろうな。
佐藤のような編集者だったら雷句も訴えなかったはず。

378 :愛蔵版名無しさん:2008/06/15(日) 11:54:26 ID:???
サルまんは編集者寄りじゃん。
デニーズで気を使ったりとか、編集者への不満はゼロでそ。

379 :愛蔵版名無しさん:2008/06/15(日) 11:59:13 ID:???
そういえばタイプ別編集者攻略法で団塊タイプについて
編集者からクレームがついてなかった?



380 :愛蔵版名無しさん:2008/06/15(日) 12:21:10 ID:???
初対面でガン付けてきたり、僕は〜と仲が良くってね、と牽制してきたり、
FAXが壊れてるを口実にネームを見るのを拒んだり、みたいな編集対策はさすがに書いて
なかったな。


381 :愛蔵版名無しさん:2008/06/15(日) 14:32:07 ID:???
作家のことを虫けらのように思っている編集者は昔からいたはずだが、
かりに旧サルまん連載時にそんなのを扱ったところで、誰も真剣に相手にしなかったろうよ。
そんな理不尽さを乗り越えてこそ傑作は誕生するのだ、とか。

雑誌も単行本も以前より売り上げが落ち、
マンガ界の未来に対する不安が誰の目にも明らかになっている今だからこそ
雷句の告発が注目されたわけで。

382 :愛蔵版名無しさん:2008/06/15(日) 17:20:18 ID:k2JYCOBy
ここまで小学館にお世話になっておいて、本気で内部告発するような文章書いたら、
本気で後遺症疑うわ

383 :愛蔵版名無しさん:2008/06/15(日) 17:39:56 ID:???
;`;:゙;`(;゚;ж;゚;;)ブホッ

384 :愛蔵版名無しさん:2008/06/15(日) 18:21:16 ID:???
>>381
旧サルまん時代から編集者の新人漫画家に対する態度は
ネタにされてるよ。原稿の持ち込み時の態度を数パターン
にわけてたの知らない?
雷句の告発ネタが騒がれてるのは正義の名の下に不正を叩けるチャンス
だからだよ。現実に虐げられてる人に対してそんな情熱は注がない。
そこがこの事件のミソだよ。

385 :愛蔵版名無しさん:2008/06/15(日) 20:10:27 ID:???
>>367
あれは作者が長い間構想を温めていた漫画だったから、そんな安易な終わり方はしないんじゃないか?

386 :愛蔵版名無しさん:2008/06/15(日) 20:35:51 ID:???
>>384
当時はギャグにしか読めなかったがな。

387 :愛蔵版名無しさん:2008/06/16(月) 16:57:39 ID:???
5年契約で公務員管理職並みの年俸とはうらやましすぎる。
というか、週一コマの講義でそれは破格すぎないか?

388 :愛蔵版名無しさん:2008/06/16(月) 17:28:35 ID:???
>>380
元はそういうネタだったのか。
スピリッツは立ち読みで後で単行本では修正されてた
みたいだったが細かく覚えてなかったんだよね。
ありがd。

389 :愛蔵版名無しさん:2008/06/16(月) 18:34:12 ID:???
>>388
なんか勘違いしてるぞ。

390 :愛蔵版名無しさん:2008/06/16(月) 23:28:29 ID:???
「特別編」みたいなので編集の仕事を戯画化した話もあったよな。
いつできるかわからないん&ほっとくとさぼるからずっと詰めてないといけない(その間
他の仕事はできない)し、悪いのは漫画家なのに印刷に頭下げるのは編集だとか
それはそれで大変だよな、と思ってしまった

実際、締切遅らせたり、あるいは落としたりしたことに対するペナルティってのは
あるんだろうか?
度重なったら切られたりホされたり、ってのはあるだろうけど稿料削減とかいちいち
やってられないのかな

391 :愛蔵版名無しさん:2008/06/18(水) 17:37:53 ID:???
編集者なんて言っても所詮サラリーマンだしな。
嫌な上司ならぬ担当漫画家に苦渋を舐めさせられるのも給料の内なんだろ

392 :愛蔵版名無しさん:2008/06/18(水) 19:35:38 ID:???
マンガ家のことを虫ケラとしか思っていない編集者がいるのであれば、
編集者のことを虫ケラとしか思っていないマンガ家というのも当然いるわけだよな。

『大いなる助走』に出てくる「老大家」みたいな。(あれは小説だけど)

393 :愛蔵版名無しさん:2008/06/18(水) 19:53:42 ID:???
>392
原作者だが梶原一輝

それに、編集者が実際にはかなりアイデアを出している作品でも、漫画家の中には「自分一人で考えた」と本気で思っている人もいるだろうな
なにしろキャンディキャンディみたいに、原作者の存在が明白ですら、それを否定しようとする例があるくらいだから(ちなみにマンガ学会はいがらし支援)

まあ、編集者が最低な人格であることが、漫画家が善良であることを保証するわけじゃないよね

394 :愛蔵版名無しさん:2008/06/18(水) 20:06:55 ID:???
サルまん2.0はもう読み捨てのコンビニ単行本でいいからとにかく本出せ

395 :愛蔵版名無しさん:2008/06/19(木) 16:40:53 ID:???
イッキの付録で単行本にして

396 :愛蔵版名無しさん:2008/06/19(木) 16:48:05 ID:???
マンガ家と編集者が対立したと聞けば、反射的にマンガ家の肩を持つのが
マンガ読者としての人情なのかねえ。

397 :愛蔵版名無しさん:2008/06/19(木) 17:00:24 ID:???
だって編集者って基本的に姿が見えないから、肩を持つ気なんか起きないっしょ。
マシリトや赤塚の編集者たちなんかは例外。

398 :愛蔵版名無しさん:2008/06/19(木) 20:38:28 ID:???
>>396
そうだよなあ。雷句の行動そのものが彼固有のものかもしれないって
発想が欠如された意見がなさすぎだもんな。彼より過酷な環境で仕事
してる人間は山のように存在する。でも彼のような行動(自分で骨折
するほど殴るとかアシスタントに怪我させる)をとる人は聞いたことが
ない。気の荒いと想像できるガテン系の職場でも自分で怪我するような
感情の爆発なんかないでしょう。その事実を取り上げてそこまで彼が
編集に追い詰められたってのは一方的だもんな。彼は悪意と受取やすい
精神構造なのかもしれないしね。自分で怪我して迷惑かけたのにそれに
対して加害者意識が無いのはどうかなと思う。編集だって言いたいことは
山ほどあるんじゃないかな。今回の編集の対応もそんなに誠意が無いとは
見えんけどね。まあタケクマHP上にあるようにものを創造する人種は
常識が欠如してることが多いってのはそうなんじゃないかな。

399 :愛蔵版名無しさん:2008/06/19(木) 20:45:47 ID:???
すまん日本語として成立してないな。

400 :愛蔵版名無しさん:2008/06/19(木) 20:46:28 ID:???
陳述書はああいうスタイルでメインは「編集者が如何に横暴か」だけど
裁判の争点は「原稿紛失の責任と賠償」なんだよな。
裁判では編集者と漫画家の関係についてはあまり触れられないだろうし、
結局雷句の言いっぱなしになる可能性が高そう。
なかなか賢いというか狡猾なやり方だと思う。

401 :愛蔵版名無しさん:2008/06/19(木) 20:52:49 ID:???
>>398
>雷句の行動そのものが彼固有のものかもしれないって
>発想が欠如された意見がなさすぎだもんな。

マジで何がいいたいのか分からん。

402 :愛蔵版名無しさん:2008/06/19(木) 21:15:12 ID:???
編集擁護が無理やりすぎで吹いた

403 :愛蔵版名無しさん:2008/06/19(木) 21:19:53 ID:???
そう?雷句って精神異常状態にある可能性も高いよ


404 :愛蔵版名無しさん:2008/06/19(木) 21:31:37 ID:???
それだったら、>403が編集本人の可能性も高いな。

405 :愛蔵版名無しさん:2008/06/19(木) 21:39:06 ID:???
アシスタント殴ったのも編集者のせいです
殴られたアシスタントは編集者に賠償請求してください

406 :愛蔵版名無しさん:2008/06/19(木) 21:51:13 ID:???
>>405
そういう理屈になるんだよな。雷句はなんでもかんでも編集の責任に
しすぎじゃないか。自分の社会性の無さも原因のひとつなんだからさ。
アキバ事件の犯人の行動も雷句の行動も他人にぶつけて発散して悪びれない
という点では同じなんだよな。もちろん示談金払ったから解決済みだけどね。
もちろん自分の非を認めてるけど結局それも編集に責任転嫁してるんだから
真に反省してるかどうかもあやしい。
結局自分の感情をコントロールできない未熟さが原因じゃないのかなあ。

407 :愛蔵版名無しさん:2008/06/19(木) 23:19:34 ID:???
>>406
関係の無い話題に振る詭弁の論理にしか聞こえないんだけど。

408 :愛蔵版名無しさん:2008/06/19(木) 23:25:45 ID:???
あと事件そのものじゃなくてライク個人の人格攻撃に持ってくのな

409 :愛蔵版名無しさん:2008/06/19(木) 23:55:33 ID:???
>>406
問題点のすり替えだな。
雷句の提訴に何故あれだけの賛同者が出たかも考えた方が良いよ。

410 :愛蔵版名無しさん:2008/06/20(金) 11:23:34 ID:???
雷句はクレーマーでしょw

411 :愛蔵版名無しさん:2008/06/20(金) 12:23:19 ID:64nHHqsV
>雷句

小学館からただいま発売中の最終巻は買って下さい・・・ってところでガックリ
納得がいかないことに、怒るのも問題提起するのもいい・・・
しかし筋は通せ

412 :愛蔵版名無しさん:2008/06/20(金) 12:35:14 ID:???
ここはサルまんスレのはずだが……?
こうまでしつこく雷句がどうとか言ってる奴らってもしかして荒らしなのか?

雷句について語りたかったら該当スレ逝ってやれってばよ
http://ex24.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1213890985/l50#tag905

413 :愛蔵版名無しさん:2008/06/20(金) 12:39:07 ID:???
>>411
サンデーに最終巻の広告が掲載されていたが本人も
買ってくれって言ったの。普通ここまで喧嘩売ったら
絶版だよな。

414 :愛蔵版名無しさん:2008/06/20(金) 13:22:30 ID:???
さてそろそろIKKI8月号ですね
サルまんはどんな展開になるのかな

415 :愛蔵版名無しさん:2008/06/20(金) 14:04:33 ID:???
相原・竹熊の間に生まれた息子が堂々執筆!

416 :愛蔵版名無しさん:2008/06/20(金) 14:13:02 ID:???
最終回だけ絶版にしたら、それこそ小学館叩かれるだろ
頭回らないのも、大概にして該当スレイケよ

417 :愛蔵版名無しさん:2008/06/20(金) 14:20:05 ID:???
7月号のサブタイトルは「最終回を描こう」だったからな。
旧作でも一回あったけど、あれはあくまでとんち番長の最終回だった。
最終回後の展開はどうなるんだろう。

418 :愛蔵版名無しさん:2008/06/20(金) 14:31:37 ID:???
>>416
ライクが絶版を申し込むんだよ。それが買ってねってのは筋違いだっての。
頭回らないのも、大概にしてロムってろよ

419 :愛蔵版名無しさん:2008/06/20(金) 15:57:29 ID:???
最終回で相原コージが旧さるまん以降は鳴かず飛ばずみたいなことを嘆いていたけど、
そんなにヒット作ってなかったっけ?

420 :愛蔵版名無しさん:2008/06/20(金) 17:22:53 ID:???
「ヒット作」は無かったかもしれない。

でも、色々面白い作品は描いてたよ。

421 :愛蔵版名無しさん:2008/06/20(金) 20:14:00 ID:???
>>418
なんでライクが?ライクはサンデーの作家のためにもコミックスは買って欲しい立場だろ
小学館不買運動とか勘違いしてんのかお前は

422 :愛蔵版名無しさん:2008/06/20(金) 20:28:58 ID:???
誤魔化さなくてもいいよw

423 :愛蔵版名無しさん:2008/06/20(金) 21:28:09 ID:???
漫画家と編集者で思い出したけど、編集から漫画家になった人いなかったっけ?
竹熊じゃなくて別の人

424 :愛蔵版名無しさん:2008/06/20(金) 21:57:02 ID:???
編集から原作者になった人はキバヤシ他、結構いるが、漫画家は・・・
ああ、杉作J太郎はそうだったかな。

425 :愛蔵版名無しさん:2008/06/20(金) 22:03:48 ID:???
編集→漫画家=なりたくない
漫画家→編集=なりたくてもなれない

426 :愛蔵版名無しさん:2008/06/21(土) 15:48:38 ID:???
この歳で5年契約とかならもう安泰だよな、竹熊は。

427 :愛蔵版名無しさん:2008/06/21(土) 18:42:46 ID:???
6/20のエントリは妙な薬でもやってるようなテンションですな。
サルまん2.0をきちんとしてから業界のシステムの閉塞を語ってほしかったですね。


428 :愛蔵版名無しさん:2008/06/24(火) 18:02:11 ID:7yfuPQd8
結局たけくまのいう漫画界って現状の大手が大量に雑誌だして、まとまればコミック化する
という状態そのものを指している感じがするな。
結局は大手サイドの視点というか。
そういう状況が無理で、雑誌の刊行数とか発行部数も無理を重ねているなら、漫画界崩壊
大いに結構じゃないの?

漫画界崩壊を止めるため、という彼の問題意識が良くわからない。

429 :愛蔵版名無しさん:2008/06/24(火) 21:10:04 ID:???
>>423
ぱにぽにの作者は元編集者とか聞いたことある

430 :愛蔵版名無しさん:2008/06/24(火) 22:20:35 ID:7MqOqW4V
あのぶつ切り結末も含めて単行本出してほしいなぁ。買うのに。

431 :愛蔵版名無しさん:2008/06/25(水) 01:02:43 ID:???
http://qb5.2ch.net/test/read.cgi/saku2ch/1214207783/

小学館が削除要請w

432 :愛蔵版名無しさん:2008/06/25(水) 01:08:59 ID:???
削除依頼スレで調子乗ってプギャーと罵倒レスつけてる連中が、小学館の横暴編集者と重なるな…

433 :愛蔵版名無しさん:2008/06/25(水) 01:12:58 ID:???
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/news/1214313284/

フルボッコw

434 :愛蔵版名無しさん:2008/06/25(水) 01:17:27 ID:???
小学館が叩かれてるのって主に「漫画家に対する罵倒と労働強化、編集担当の奢りと怠慢」だろう?
罵倒や中傷したら同レベルの卑しさだよ。
業界変えたいならやり方考えないとな。
まあ叩いてる大半は祭り便乗なだけで業界のことなんて考えもしないんだろうが…

435 :愛蔵版名無しさん:2008/06/25(水) 17:15:01 ID:???
こっちの決めたフォーマットに従わなきゃ削除しません、というのも結構酷い言い草だよな。
自分とこの掲示板が悪い場合でも。

436 :愛蔵版名無しさん:2008/06/25(水) 23:07:17 ID:???
竹熊の考えるエージェントって、
もしかしてマンボ先生の仙台さんみたいな感じ?

437 :愛蔵版名無しさん:2008/06/26(木) 01:03:24 ID:???
質問。チョイ前にニコニコ動画で東なんとかとのエヴァの事を語ったラジオ
を聞いたんですが。というかたけくまメモで紹介されてたじゃないですか。
それでコメント欄にちょうどこの時たけくまは岡田としおと決別した
みたいなコメントがあったんですけど。

詳しい方何があったか知ってますか?youtubeとか見てたら
昔の漫画夜話にたけくま出てたんですね。最近の漫画夜話には
でてないですし。岡田としおと何かあったからなんでしょうか?

438 :愛蔵版名無しさん:2008/06/26(木) 02:51:32 ID:???
なんかあったんだよ、思い切り。それも十年以上前に

439 :愛蔵版名無しさん:2008/06/26(木) 04:38:17 ID:???
島本和彦のマンガチックにいこう! 第350回
「サルまん2.0」の終わり方が許せない
ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm3740166

440 :愛蔵版名無しさん:2008/06/26(木) 11:47:47 ID:???
>>437
二人の名前でググれば出てくる。

441 :愛蔵版名無しさん:2008/06/26(木) 12:46:52 ID:???
もともとは島本の方がサルまんの尻馬だったんだがな……

442 :愛蔵版名無しさん:2008/06/26(木) 18:33:03 ID:???
>>439
>相原コージくんは、非常に、あの、ね、(言い淀み)残念だと思う。単行本が出なくて。
>マンガ家って辛いんだよ。出ないと。かわいそうにね。本当に竹熊が(意味ありげに爆笑)

なぜ相原にだけ同情?

443 :愛蔵版名無しさん:2008/06/26(木) 18:48:36 ID:C/CMSrDk
島本ビジョンの中では竹熊は漫画家に見えていないから。

444 :愛蔵版名無しさん:2008/06/26(木) 19:56:55 ID:???
何で打ち切った本人に同情するんだよ(W

445 :愛蔵版名無しさん:2008/06/26(木) 19:59:06 ID:???
相原は漫画で続けたがってたじゃん

446 :愛蔵版名無しさん:2008/06/26(木) 20:08:58 ID:???
わざわざ内部に話を聞いたのはやっぱ不可解だったからだろうな。
あの言い訳で連載中止は信じられないもの。


447 :愛蔵版名無しさん:2008/06/26(木) 20:33:36 ID:???
連載中止直後にいろんな掲示板やブログをみたけど、
相原に対しては同情が多かったような記憶が。

448 :愛蔵版名無しさん:2008/06/26(木) 21:01:22 ID:???
>>438
>>440
サンクス。なんかEVA関係でもめたのか
ページでやりとりが載ってたりしたけど、肝心の岡田が
最初に書いた竹熊の発言を歪めたというページが見られなかったのが残念
で竹熊が結構陰湿に見えてしまったな。どれくらい怒ってしまう文章だったかわからんし
たけくまの文章が嫌味っぽい感じだし。非常勤をつけないと詐称になるとかいいだして。
それに謝ったオタキングに対してさらにねちねちいうのはちょっときついな。
オタキングはたけくまを褒めたりしてたのに。

今でも絶縁状態なの?たけくまのせいでオタキングと庵野も絶縁状態らしいけど
仲直りはできてるんだろうか?まあそれはどうでもいいんだけど
BSまんが夜話でサルマンやってほしいんだよね。

449 :愛蔵版名無しさん:2008/06/26(木) 22:02:04 ID:???
竹熊の方が「編集家」の仕事ができてなくて肩書き詐称になった
というオチが10年後に待っていようとは思ってもみなかったな。


450 :愛蔵版名無しさん:2008/06/26(木) 23:09:36 ID:U9xu6u3+
10年後、ホテルのポリバケツの残飯を漁ってる相原の側を、
「教授、教授」と太鼓持ちに持ち上げられている竹熊がすれ違うという
シチュエーションで連載がスタート

二人の目が合って、『あ゙っ!』

451 :愛蔵版名無しさん:2008/06/26(木) 23:32:14 ID:???
10年後は竹熊はもう生きてないだろ

452 :愛蔵版名無しさん:2008/06/27(金) 04:22:41 ID:???
野良犬のように襲いかかってくる相原をなだめるために
その場しのぎで「10年間新連載のアイデアを練っていてうんぬん」とか言い訳を始めるわけだな
それで相原もころっと騙されて竹熊も引くに引けなくなり

453 :愛蔵版名無しさん:2008/06/27(金) 20:15:19 ID:???
>>437
夜話に出てないのは竹熊が喋り出したら止まらないからだと思う

454 :愛蔵版名無しさん:2008/06/27(金) 20:30:11 ID:???
現状のマンガ界に物申すことがそんなにあるんだったら、
それこそ「サルまん2.0」でやってほしかった。

455 :愛蔵版名無しさん:2008/06/28(土) 01:14:49 ID:???
>>309
これこそ、ライクが懸念してた先輩作家の例をだして
編集が新人を押し付ける悪例をなくしたいってことだな。

456 :愛蔵版名無しさん:2008/06/28(土) 18:38:08 ID:???
>>455
意味がわかりません

457 :愛蔵版名無しさん:2008/06/29(日) 01:57:55 ID:???
みんなサラリーマンコンプレックスが強すぎるね。
サラリーマンってすごく創造的な仕事なんだけどな。
もう没個性=リーマンって時代は終わったんだよ。
本当に何の生産性もないのは、何物にもなれないままリーマンバカにしてる奴ら。

458 :愛蔵版名無しさん:2008/06/29(日) 19:06:21 ID:???
島本はゲキトウを切られた時のヘタレぶりを知ってると
偉そうなこと言える立場じゃないと思う(竹熊は漫画家じゃないが)

459 :愛蔵版名無しさん:2008/06/29(日) 19:12:16 ID:???
>>458
討ち死に>>>>>敵前逃亡

460 :愛蔵版名無しさん:2008/06/29(日) 19:18:50 ID:???
いや、どう読んでも矢尽き刀折れ……って感じじゃなくて
このまま連載を続けても面白くなりそうもないし打ち切りも仕方ないですね〜
みたいなコメントがHPにあって非常に萎えた
連載が半端に終わって2巻が出なかったのは島本が途中で降りたのかな、と疑ってる

461 :愛蔵版名無しさん:2008/06/29(日) 21:27:36 ID:???
ゲキトウってそういえば二巻でてないよな。
ずっと待ってるんだけど。書き下ろして出すぐらいできないの?

462 :愛蔵版名無しさん:2008/06/29(日) 23:09:12 ID:???
あれも逆境ナインの続編やろうとしたら
それ以上の逆境が現実のプロ野球界に襲いかかって来て
すげえタイミング悪かったんだよな。
ハズしっぷりもサルまんと似てるな w

463 :愛蔵版名無しさん:2008/06/29(日) 23:48:09 ID:???
ようするに同族嫌悪
燃えよペンの企画が通ったのは、明らかにサルまんという先行者がいたおかげだし

464 :愛蔵版名無しさん:2008/06/29(日) 23:49:43 ID:kY2ThkRn
今更島本ふぜいにとやかく言われたとしても、
華麗にスルーして終わりだろう

どう考えても、大学で教授気取ってる方が、
苦労して漫画描くより体裁がよくて楽して儲かるから連載止めただけだし、
雷句騒動は竹熊にとっては渡りに船だったな

465 :愛蔵版名無しさん:2008/06/30(月) 04:53:25 ID:???
なんで島本はあんなに偉そうなんだろ
アイツ炎の転校生くらいしかヒットしてないじゃん

466 :愛蔵版名無しさん:2008/06/30(月) 06:18:12 ID:???
漫画家漫画を何年もつづけたって実績
それ以上でもそれ以外でもない
支持されなかったら続かないし、描き続けたことが大事って事だろ
島本はそれしかないとは言えるけど

いってることは納得する部分もあるが信者みたいにマンセーする気はない


467 :愛蔵版名無しさん:2008/06/30(月) 06:36:26 ID:???
>>455
普通プレゼンはいくつも出すもんだぞ?
まともに仕事したことあんのか?
>>457
リーマンが嫌いというより
お役所根性的なのがいやなだけなんじゃね


468 :愛蔵版名無しさん:2008/06/30(月) 08:20:13 ID:???
最近の吼えペンはマンネリ化しすぎててな。
サルマンがドレくらい売れたのか知らんけど
あの狂気を持った漫画は
島本にはかけないだろうな。

469 :愛蔵版名無しさん:2008/06/30(月) 10:52:46 ID:???
島本は好き勝手に偏見を晒しても、
当人の情けなさで許してもらうスタンスだから、あれでいい。
マンガもそういう作風。

470 :愛蔵版名無しさん:2008/06/30(月) 10:55:43 ID:???
そうなんだよねなんちゃって熱血漫画家なんだよな。
そういうところのほうがすきなんだけども。
偏見が一人歩きしてる感じ



471 :愛蔵版名無しさん:2008/06/30(月) 10:59:51 ID:???
島本と似たようなことをみんな思ってたんじゃないの?
島本が文句を言ったと怒ってる奴はサルまん2.0が
終わってうれしいのかもしれんが。


472 :愛蔵版名無しさん:2008/06/30(月) 22:45:48 ID:???
まあ島本の言わんとしてる事もわかる。
サルまん2.0は編集サイドに打ち切られたんじゃなく、明らかに作者サイドで投げたんだからな。

だが竹熊の言うとおり、あのまま続けてもまず面白くなる事は無かったろうし、読者サイドとしては
面白くならないのが分かってる以上、続けられても意味はない。
マンガとしては最終回が一番面白かったな。

473 :愛蔵版名無しさん:2008/06/30(月) 23:09:30 ID:???
あの状況からのたうちまわる様を描いてほしかったけど
もうそういう無茶できる年じゃないんだよな、一回倒れてるし。それが残念。

474 :愛蔵版名無しさん:2008/07/01(火) 01:36:35 ID:???
最終回はあれで面白かったからほぼそのままでもいいから
つまんなくてもまでなんとか引き伸ばしてとりあえず単行本1冊分くらいやってほしかったよ
相原もそれを望んでたみたいだし。
単行本待ちでまったく読んでなかったから、最終回だけはなんとかIKKIを探して買ったけど
それまでがぜんぜんわからん。

475 :愛蔵版名無しさん:2008/07/01(火) 04:05:36 ID:???
桜玉吉の『しあわせのかたち』読んでたら
楽しそうな竹熊が出てきてて哀しくなってきた

476 :愛蔵版名無しさん:2008/07/01(火) 09:07:18 ID:???
なんで竹熊が宇宙から電波受信するなりして足掻こうとしないんだ。
竹熊は野望の2人以下の根性なしだ

477 :愛蔵版名無しさん:2008/07/01(火) 11:13:22 ID:???
電波を受信してもそれを実行する力がもう残ってないのかもなぁ

>>463
始まりはサルまんの1巻すら発売してない時期なんだぜ>燃えよペン
影響はあっただろうけど

478 :愛蔵版名無しさん:2008/07/02(水) 18:08:13 ID:???
竹熊プロデュースによるメディアミックス構想自体が
宇宙からの電波としか思えない。

479 :愛蔵版名無しさん:2008/07/03(木) 20:21:21 ID:???
マンガ界の現状をパロディする壮大なパロディだったんだろうけど無茶だわな。

つか、旧サルマンは「面白いマンガがつまらなくなっていく」状況に対して描かれたわけだが、
今回のは竹熊自身が「そもそも全然面白いと思っていない」ものでやろうとしたもんだから、
面白くなりようがなかったんじゃないかと思う。

でも個人的には今回のも面白かったので、どうにか完結させて欲しかった。

480 :愛蔵版名無しさん:2008/07/04(金) 20:12:09 ID:???
サルマン2.0は何ページくらいあるの?
単行本にはできないんだろうか?

481 :愛蔵版名無しさん:2008/07/05(土) 13:51:54 ID:???
連載開始が2007年12月号。
竹熊ブログで確認したところによれば、最初は10ページだったのが
連載3回目の2月号から12ページになる。
連載終了が7月号だから、これで計算できるはず。

482 :愛蔵版名無しさん:2008/07/05(土) 14:31:25 ID:???
>>481
計算めんどいが80P以上はあるって事か。
対談とかつけて水増しすれば単行本になりそうだけどな。


483 :愛蔵版名無しさん:2008/07/05(土) 14:36:57 ID:???
あきらかな失敗作だし、竹熊は出したくないだろう(相原はわからない)
10年くらいたったら「完本 サルまん」として、前作と合わせて出るかもしれない

484 :愛蔵版名無しさん:2008/07/05(土) 15:00:01 ID:???
薄い単行本なら100ページ程度のものはあるよね。

485 :愛蔵版名無しさん:2008/07/05(土) 17:57:50 ID:???
漫画家にとって単行本化の際の収入は重要だと思うんだが、相原はどう思ってるんだろうな

486 :愛蔵版名無しさん:2008/07/06(日) 08:02:33 ID:???
でも最終回にたけくまが単行本にはならないと断言しちゃってるよね

487 :愛蔵版名無しさん:2008/07/06(日) 11:42:44 ID:???
自ら、漫画家や出版社以外の都合で、連載が打ち切られて
単行本も出ないケースを作っておいて
プロデューサー待望論をブチ上げてるって、これも何かのギャグなのか?

488 :愛蔵版名無しさん:2008/07/06(日) 12:42:52 ID:???
>>487
「人は人、我は我」
「喉元過ぎれば熱さ忘れる」
「人の噂も75日」

489 :愛蔵版名無しさん:2008/07/06(日) 15:09:20 ID:???
相原が『サルまんの後』ってエッセイ漫画を追加して
単行本化してくれたらいいな...
モロ、ズッポヌケ

490 :愛蔵版名無しさん:2008/07/06(日) 16:27:55 ID:???
>>487
マンガ界がちゃんとしたシステムを持っていれば
「サルまん2.0」もこのようなぶざまなことにはならなかったということ。

491 :愛蔵版名無しさん:2008/07/06(日) 21:55:58 ID:???
今回の件では竹熊が上位で相原や編集者が下につくシステムで
やりたかったのかもしれないな。
そうすれば竹熊の思う通りにメディアミックスをやれたと。
プロデューサーの上意下達がプロデューサーシステムって事。
漫画界のことは考えてないよ。



492 :愛蔵版名無しさん:2008/07/08(火) 21:27:15 ID:???
「ブログとの連動」っつーのはどういうのを想定していたんだろうか。
ブログに読者から「次号はこういう展開をキボン」という意見が多数寄せられれば、
その通りにする、とか?

読者からの要望を取り入れすぎるとマンガというものはたいてい駄作化するもんだけどなあ。
主人公が安直にパワーアップして。

493 :愛蔵版名無しさん:2008/07/09(水) 06:14:33 ID:???
そこまではいかないだろう。
アイデアの材料になればいいって程度で。
あとはデータマンとして活用とか。

494 :愛蔵版名無しさん:2008/07/09(水) 21:54:49 ID:???
でも、読者から寄せられたアイディアや情報を参考にする、という程度のことなら
マンガ家なら誰でもやってることでしょ。
ブログとの連動が、マンガ制作の新しい手法になりうると本気で信じていたというのであれば、
どういうのを考えていたんだろ?

495 :愛蔵版名無しさん:2008/07/09(水) 23:32:39 ID:???
竹熊の方はさるまんをああいう形で終わらしてから
底が露呈したっつうか一気に魅力が無くなったわ

496 :愛蔵版名無しさん:2008/07/09(水) 23:59:15 ID:???
>>494
その辺は具体的な事は何も考えていなかったと思うよ。
例えるなら、年配の人(若しくは遊び方を知らない新興成金)が巷での流行を聞きかじって、
上辺だけでもそれに乗っかって行こうとしているけど、中身が伴っていないので訳が分からず
困っている感じかな。 
とにかく、竹熊の「「サルまん」は時代に取り残されたくない」という焦りが勝手に先行
してしまった、というのが今回の個人的印象。

497 :愛蔵版名無しさん:2008/07/10(木) 00:52:49 ID:???
でも元の連載からして、
70年代テイスト溢るる漫画だったと思うんだが

498 :愛蔵版名無しさん:2008/07/10(木) 03:02:20 ID:???
いや、そういう体裁をとりつつ、中身は現代漫画(当時)をしっかり切ってたよ。
野望の王国の絵だの、番長だのと、70年代ティストを取り入れたのは、
そのまんまだとギャグにならなくて、生々しすぎる業界批判みたくなるのを
避けたんだと思う。

499 :愛蔵版名無しさん:2008/07/10(木) 14:30:17 ID:???
>>498
それは買いかぶりすぎ
あの時点におけるマンガ史を振り返る要素があったから良かったのに
ジャンプインフレバトルの扱いも、70年代を想定してたろ

近過去のネタだからこそうまくまとめられていたと思うぜ

500 :愛蔵版名無しさん:2008/07/10(木) 23:18:20 ID:???
当時のジャンプインフレバトルの代表作といえばドラゴンボールがあるじゃないか
70年代だろうが90年代初頭だろうが少年バトル漫画の本質は全然変わってないぞ

501 :愛蔵版名無しさん:2008/07/11(金) 00:52:02 ID:???
確かに変わってないんだが、竹熊が「強さのインフレ」と命名した頃から、
バトル路線というものが妙に意識的なものに変化した部分はあると思う。

事実ドラゴンボールにしても、サイヤ人以降は明らかに開き直ってる。

502 :愛蔵版名無しさん:2008/07/11(金) 01:38:41 ID:???
竹熊がもっぱら想定してたのは70年代ジャンプだしな

503 :愛蔵版名無しさん:2008/07/11(金) 02:58:29 ID:???
「強さのインフレ」って言葉は広まったよね。
鳥山がサルまんを読んでたかどうか知らないが、そういう概念のネーミングが
発明されたとたん、確かにより強く、確信的に顕在化したと思う。
「ストーカー」って名前が出来たとたん、名前がなかった時より数が増えたり、
手口に一定のパターンが確立したのと同じ。

504 :愛蔵版名無しさん:2008/07/11(金) 03:02:48 ID:???
いや、もともとそういう単語があったストーカーよりも、
「セクハラ」の方が例えとしてはいいか。
ちなみにセクハラというのは、セクシャルハラスメントのことなんだが・・・

505 :愛蔵版名無しさん:2008/07/11(金) 05:34:24 ID:???
「するとアレか、社長になる野望を抱いてのし上がっていくよーな……」
「違ーう!! 今のサラリーマンは、もはやそんなサラリーマン像に夢や共感を抱いたりせん!!」

でも社長になっちゃったな。

506 :愛蔵版名無しさん:2008/07/11(金) 10:10:10 ID:???
むしろサラリーマン金太郎みたいに社長になれるのにならない、なってもその座を惜しげもなく捨てる、
で会社の重役や政財界の大物と強いパイプがあって、脱サラしてのんびり猟師でもしながら余生を送る

こんなスーパーサラリマンまんに夢や共感を抱くんだろう

507 :愛蔵版名無しさん:2008/07/11(金) 12:12:51 ID:???
竹熊に「島耕作はのらくろ」って広められて
こちらも作者に意識された気がするな。


508 :愛蔵版名無しさん:2008/07/11(金) 20:38:54 ID:???
社長島耕作だの会長島耕作だの、冗談で言っているとばかり思ってたよ。
社長になんかなりたいわけではない、出世や栄達に興味がない、
そういう主人公だからこそ、読者から支持を受けたとばかり思ってたからなあ。

509 :愛蔵版名無しさん:2008/07/11(金) 22:08:53 ID:???
正直、還暦の島耕作なんて見たくなかったよな・・・。
微妙に顔に皺があるのが悲しい。

510 :愛蔵版名無しさん:2008/07/11(金) 22:45:46 ID:???
じゃあ娘の奈美は相当なおさせになったんだろうな。
(因みに島耕作は、中沢さんが社長を辞めてから全く読んでいない)

511 :愛蔵版名無しさん:2008/07/12(土) 05:18:42 ID:???
>>510
俺は立ち読みした「部長」篇の劣化ぶりにビックリして、
それ以来島耕作は敬遠している。
その後もう一度だけ、取締役だかになったのを読んだら
もう読んでられなかった。ってスレ違いだな

512 :愛蔵版名無しさん:2008/07/12(土) 07:57:54 ID:???
そういやファミリー4コマの「今まで使われてないタイトルができりゃ後はテキト―な絵でウッカリチャッカリしてればそれでいいー!」
も、今じゃかなり変わってきてるな。今でも昔ながらのファミリー4コマも無論あるが、
まんがタイムきららのような萌えファミリー4コマ雑誌も出てきた

513 :愛蔵版名無しさん:2008/07/12(土) 08:29:29 ID:???
サルまん好きな人は斜めに漫画を読んでる人だと思ったが
結構熱いマンガ読みが多いんだね。


514 :愛蔵版名無しさん:2008/07/12(土) 11:05:26 ID:???
「のらくろ」の時代に比べて世の中ははるかに複雑になり価値観も多様化し、
あくせく働いて出世するだけが男の子にとっての幸福ではないということが明らかになり、
それでもやっぱりマンガの主人公だけは、昔と全く変わらず出世や栄達を求める人生、
よく考えたらすごい奇妙な事態だな。

515 :愛蔵版名無しさん:2008/07/12(土) 12:19:16 ID:???
のらくろは結構悠々自適にやってて何故か手柄を立てて
出世って感じだよ。
今の世は働かなかったらニートだし働いてもワーキングプア。
「あくせく働かず出世」は今も昔も男の夢なんだろう。


516 :愛蔵版名無しさん:2008/07/12(土) 12:23:36 ID:???
つーか、価値観の多様化が不幸をもたらしてる気もする。
主人公で相対主義的なニヒリストって、滅多にいないし。
迷いの無さが魅力なんでないの。

517 :愛蔵版名無しさん:2008/07/12(土) 14:10:56 ID:???
出世じゃなくても、何かを向上させていくという欲求は消えないように思う。
RPGだってそうでしょ。

518 :愛蔵版名無しさん:2008/07/12(土) 14:14:21 ID:???
>>517
>何かを向上させていくという欲求

勿論消えないし人気あるテーマだけど、最近は以前より人気落ちたと思う。
最近は何かを守るか(もしくは再興)、壊すかってのが人気だと思う。
向上ってちょっとサヨっぽいんだよな。

519 :愛蔵版名無しさん:2008/07/12(土) 14:59:33 ID:???
具体例を挙げないと分からないな
人間は自分の見たい範囲でしかモノを見ないし

520 :愛蔵版名無しさん:2008/07/12(土) 15:13:59 ID:???
>>512
その前の段階で4コマの回でいしいひさいちを加えて
修正を加えなければいけないな。

読者はサルまん2.0で90年代以降の漫画の再体系化を
望んでたような気がする。
竹熊にその知識の蓄積がなかったことが惜しまれる。


521 :愛蔵版名無しさん:2008/07/12(土) 23:26:14 ID:???
しかし「社長になりたい」という一般サラリーマンの夢をかわりにかなえてくれる存在として
『社長島耕作』が愛読されてるかというと、なんか違うような気もする。

そういや山岡士郎のほうはまだヒラなの?

522 :愛蔵版名無しさん:2008/07/13(日) 00:53:07 ID:???
島耕作は、どっちかっつと、この会社社会の中での処世術みたいな読まれ方をしてるように思われる。

523 :愛蔵版名無しさん:2008/07/13(日) 00:58:19 ID:???
いやそんなことないだろう。
「課長・島耕作って、今社長になってるんだって」「へ〜〜」
・・・なんていう、話のタネくらいの意味しかないと思うぞ。

524 :愛蔵版名無しさん:2008/07/13(日) 01:21:08 ID:???
>>523の意見には大体同意だな。

逆に、2ちゃんでの島耕の読まれ方とか反応は、
あれはあれでヒステリックというか、底意地が悪いというか、
世の平均的な読まれ方とは思えん。

525 :愛蔵版名無しさん:2008/07/13(日) 03:05:12 ID:???
今FM東京の番組に本多透がゲストででてる。
竹熊ブログの話もでてるぞ。

526 :愛蔵版名無しさん:2008/07/13(日) 06:11:26 ID:???
>>524
>2ちゃんでの島耕の読まれ方とか反応
そんなのがあるのか。島耕作スレッドに行ってみるかな。

527 :愛蔵版名無しさん:2008/07/13(日) 22:14:34 ID:???
まあ島耕作を本気で「サラリーマンに夢と指針を与えるマンガ」として読んでる人もいるみたいだし。
そーゆー人たちっていうのは、やっぱ『サルまん』のサラリーマンまんがの回を見て
バカにするなと怒ったりしたんだろうか。

528 :愛蔵版名無しさん:2008/07/13(日) 22:58:31 ID:???
>>526
あくまで個人的な印象だけど、2ちゃんで島耕をネタにしてる人たちって、
YAHOOニュースとかでコメントを書いてる人たちと同じような痛さを感じるんだよな。

単純にどこか権威っぽい(成功してる)ものを
貶めることで上に立ちたい気持ちが強すぎって言うか。

529 :愛蔵版名無しさん:2008/07/14(月) 08:19:00 ID:???
でも単なる信者的読者もやっぱり痛いよ

530 :愛蔵版名無しさん:2008/07/14(月) 18:02:00 ID:???
つーか、島耕の「世の平均的な読まれ方」って何よ。

俺はてっきりサラリーマンのたわいのないオトギ話として読まれてると思い込んでいたら、
なんかマスコミでの扱いを見ていたら、違うみたいだし。

531 :愛蔵版名無しさん:2008/07/14(月) 18:54:07 ID:???
初期と現在では読み方が変わってるような気がする。
長期連載によってその価値を高めたという感じで「長期連載は悪」
の竹熊理論を超えた存在であるな。

532 :愛蔵版名無しさん:2008/07/14(月) 22:31:29 ID:???
そんなこと言い出したらどの作品にだって長期連載だからこその魅力はあるだろ。
竹熊はそれを考慮したうえで「それでも業界への弊害が大きい」っつってんだから、
「超えた」と表現するのはおかしい。


533 :愛蔵版名無しさん:2008/07/15(火) 00:08:20 ID:???
課長時代はともかく、部長以降(更に言えば取締役以降)の島耕作が
サラリーマンのファンタジーとして読まれてるのかは疑問

534 :愛蔵版名無しさん:2008/07/15(火) 00:34:36 ID:???
SFだろ。

535 :愛蔵版名無しさん:2008/07/15(火) 01:00:57 ID:???
島耕作のようなわけのわからんニューウェーブが
SFをダメにしたんだ!

536 :愛蔵版名無しさん:2008/07/15(火) 02:41:03 ID:???
SF=すごく不思議

なるほど納得。

537 :愛蔵版名無しさん:2008/07/15(火) 09:12:38 ID:???
でもバラードは神だろ

538 :愛蔵版名無しさん:2008/07/15(火) 21:49:41 ID:???
島耕って、しっぺ返しを食らわない回の
ドラえもんみたいなもんじゃないの?

539 :愛蔵版名無しさん:2008/07/15(火) 23:22:57 ID:???
ドラえもんと似てるのは一度最終回を迎えた後に
延々と話が続けれるようになったというところかな?


540 :愛蔵版名無しさん:2008/07/16(水) 06:13:28 ID:???
>>539
うまいね。
確かにそのとおり。

541 :愛蔵版名無しさん:2008/07/16(水) 12:23:47 ID:???
島耕の作者って、昔SFもかいてたんだけどなぁ。

542 :愛蔵版名無しさん:2008/07/16(水) 20:19:00 ID:???
だから今もSFだって。

543 :愛蔵版名無しさん:2008/07/16(水) 23:00:27 ID:???
弘兼憲史は島耕の大ヒットのせいで表現の幅がせまくなっちゃった典型だよな

大ヒットを飛ばしたマンガ家って

ヒット作のイメージを求められてそれしか描けなくなる
ヒット作のイメージを壊そうとして無茶をやる

に大別できるよな。まあ「無茶かと思ったら傑作だった」「無茶かと思ったらそっちが本来の姿だった」とかもあるけど

544 :愛蔵版名無しさん:2008/07/16(水) 23:18:37 ID:???
島耕が労働法のポスターやってる。
なんかビミョー。

545 :愛蔵版名無しさん:2008/07/16(水) 23:30:55 ID:???
連載の長期化を悪と決めつける竹熊の見識にはそれなりに賛成もするんだが、
それを『サルまん』で、悪の権力者である編集部が無理矢理作家の良心を踏みにじる、みたいな描き方をしたのは
納得がいかなかった。
一番悪いのは、連載が長期化してスカスカになったマンガを、それでも買い続ける読者だろ。

546 :愛蔵版名無しさん:2008/07/16(水) 23:35:26 ID:???
連載の長期化が悪なら、つまらない続編はそれ以上の悪だと思う

547 :愛蔵版名無しさん:2008/07/16(水) 23:45:39 ID:???
そのつまらない続編を放り出して連載中止するのはさらに悪だな

548 :愛蔵版名無しさん:2008/07/16(水) 23:50:26 ID:???
>>545
いや〜そうとも言えない
例えば俺は大友ファンだがAKIRAが延々連載されてたら
劣化しても買い続けるだろう
一度ブームになった漫画はブランドと固定ファンが付くから
出せば売れるものは多い
止め時を見つけるのは供給する側の責任だろう

549 :愛蔵版名無しさん:2008/07/17(木) 00:00:17 ID:???
買う奴がいる限り止め時が見つからない。

550 :愛蔵版名無しさん:2008/07/17(木) 03:35:54 ID:???
例えば音楽って、ある曲を初めて聴いたときよりも、
繰り返し聴いた方が好印象を持つようになるという心理分析がある。

マンガなんかでも同じ面があって、多少作品の質が下がっても、
慣れ親しんだ作家の作風とか絵柄は、馴染みの無い作家のそれよりも
続けて読みたい気分になる(もしくは単純に読みやすい)。

それを悪とまで言ってしまうのは、人が普通に持つ感性にそぐわないんじゃないか。
まあ、劣化度合いも程度問題というのは分かるけど…。

551 :愛蔵版名無しさん:2008/07/17(木) 18:42:02 ID:???
悪じゃなくて、結果として漫画業界の不利益に繋がることもある、って意見だろ。

552 :愛蔵版名無しさん:2008/07/17(木) 22:38:23 ID:???
ああ、履歴から来たから島耕作スレかと思った。サルマンスレだったのね。

553 :愛蔵版名無しさん:2008/07/19(土) 00:07:54 ID:???
また一から新しい物語を作るよりも、
使い慣れたキャラクターをごろごろ転がしてるだけで金が入ってくるというのであれば
その誘惑に屈するマンガ家もいるだろうし。
編集部だけが悪いわけでもないだろう。

554 :愛蔵版名無しさん:2008/07/19(土) 00:41:14 ID:???
例えばバキなんか完全に過去に築いたキャラの人気だけで引き伸ばしてるが、
終わるとチャンピオンがとんでもない打撃を受けるので終わるに終われない。
作家も編集者も、全部それを納得ずくで引き伸ばしてる。システマチックに続けてる。

つまり、漫画業界が産業として成熟したってことだろう。
だから逆のニーズとして同人の規模が増殖してるわけだ。

555 :愛蔵版名無しさん:2008/07/19(土) 02:08:18 ID:DoeElnL3
キン肉マンも北斗の拳も、正直この年になってあの矛盾だらけのストーリーも
その場しのぎの適当な嘘理論も面白い訳ないんだが、
それでも新作が読めるとなると、当時の少年だった頃を思い出して胸を熱くさせてくれる
しかし、それだけで十分だから、コミックスも大人買いで揃えてしまう

ほんというと、たけくまにも、それを期待してたんだがなぁ・・・

556 :愛蔵版名無しさん:2008/07/19(土) 06:45:42 ID:???
雷句vs小学館騒動が起きたのは連載中断の直後。
連載をやめたとたんこんなにおいしいネタが!


557 :愛蔵版名無しさん:2008/07/19(土) 21:16:58 ID:???
ネタあっても急にはストーリーにうまく組み込めないんじゃね

558 :愛蔵版名無しさん:2008/07/19(土) 22:42:05 ID:???
>>556
おいしいネタと言うよりは、雷句氏の裁判も含めた現実の漫画界が抱える問題の方が、
サルまん内の世界観を完全に追い越してしまった感があるな。


559 :愛蔵版名無しさん:2008/07/20(日) 22:23:38 ID:???
「現実」の方で、訴訟などというスリリングな事態が進行している前で、
「フィクション」でどんな面白い物語を紡いだところで、かすんでしまう。
サルまんが終わっていたのは僥倖。

島本和彦のスレなんか一時期ひどいことになってたからな。

560 :愛蔵版名無しさん:2008/07/21(月) 13:27:38 ID:???
「現実は小説より奇なり」とは昔から言われてきたことだけどね。
竹熊の場合、サルまんをやるには知識量が足りなかった。
ブログで萌えサルまんのネタ募集した段階で読者に知識の底を
晒してるのに成功と見なしていたから最初の段階でズレていた。
この状態で本気で旧サルまんを超えるつもりがにあったのか疑問だ。


561 :愛蔵版名無しさん:2008/07/21(月) 14:47:17 ID:???
というか漫画業界があんなもんだってのは旧サルまんでも既にやってたじゃん。
人気あるうちは漫画家を酷使して描かせるとかさ。

562 :愛蔵版名無しさん:2008/07/21(月) 18:43:23 ID:???
知識量の問題じゃないって
旧サルまんだって必ずしも豊富なネタではない
重要なのはあれをあくまでも漫画として成り立たせるテンションだろ

563 :愛蔵版名無しさん:2008/07/21(月) 22:04:48 ID:???
フラッシュアニメを作れたらテンションが保てるということを
竹熊は言っていたのかもな。
傍から見るとわけわかんない理屈だったが。

564 :愛蔵版名無しさん:2008/07/22(火) 11:05:13 ID:???
たけくま「フラッシュアニメを作らないともう・・・やりません!!」
一見マンガという芸術を愛し妥協を許さずとことん物事を追求してやまない
信念の固まりを持った男の姿がそこにはある
しかし
はっきり言って同い歳の友達にはもう高校生の子供がいるってほど年をとった男の姿ではない!!
あきれてものがいえないのは編集である!!
なぜ漫画家がアニメを作らなければならないのか?
なぜ作らないとやらないのか!?
しかし・・・これだけの迫力・・・熱気を失わせたくない
なんにせよ作家の勢いを殺すことなど編集者最大のタブー!!
江上「・・・わかりました、必ず作りましょう!」
たけくま「で・・・出来るんですか」
江上「今回はとりあえず連載してください!」
たけくま「おっ、おやすいご用!!」

565 :愛蔵版名無しさん:2008/07/22(火) 12:08:46 ID:???
最初から蔑んだ書き方だから皮肉としても面白くないよ

566 :愛蔵版名無しさん:2008/07/22(火) 13:13:10 ID:???
たけくま「ネタが仕上がりました、江上さん」
江上「ありがとうございます!」
たけくま「で どうなりましたか、アレはっ江上さんっ」
江上「ああ・・あの話ですか・・ダメダメ、やっぱりムリ!それじゃおつかれさまーっ」

このショックは当然次の仕事に影響する
実際の漫画の作画担当は相原コージである
相原「どうしたんですか、たけくまさん!!しっかり考えてくださいよ〜」

この話は小学館江上の勝ちで幕を閉じる・・・!
・・・だが

ルンパロ「なんですか?たけくまさん、このキャラは」
たけくま「フフフ、新キャラ!!です」

まだ編集家の目はさめない
小学館がだめなら京都精華大学に作らせてもらうのだ!!
今夜も編集家は夢を見続けてブログを更新し続けているのである!

567 :愛蔵版名無しさん:2008/07/22(火) 13:20:41 ID:???
だからつまらんって
嫌韓流の韓国人描写並みに馬鹿にする意図が見え見え

568 :愛蔵版名無しさん:2008/07/22(火) 14:04:34 ID:???
サルまんが終わっていたのは僥倖。って言ってる奴には噛みつかないんだね。
終わってよかったんだからパロディにしてもいいじゃない。
俺としたらそっちの方がよっぽど馬鹿にしてると思うけどな。
みんなそんな感覚なの?


569 :愛蔵版名無しさん:2008/07/22(火) 20:55:10 ID:???
いや、単に皮肉として質が低いってだけ


570 :愛蔵版名無しさん:2008/07/22(火) 23:23:43 ID:???
面白いけど、こうやって見ると本当に相原は災難だったな〜

571 :愛蔵版名無しさん:2008/07/27(日) 02:11:33 ID:???
とんち番長
ttp://www.medicomtoy.co.jp/WI/0032.cgi?recno=3364

572 :愛蔵版名無しさん:2008/07/27(日) 12:43:41 ID:???
↑すっげーw

とんち番町の最初の最終回wには真面目に感動したな

573 :愛蔵版名無しさん:2008/07/28(月) 00:51:52 ID:???
900 名前: ◆EizHb38XPU [sage] 投稿日:2008/07/27(日) 23:52:39 ID:aEOc5hQ3O
小ネタ
・in
 37・8〜大場&小畑 バクマン。 まんが道?
 39〜大石
・36ドベ3 家電、アーツ、スケ
・37・8 金未来C田村隆平
以後高橋英樹、松雪ヨウ、平方昌宏



デスノートコンビでサルまん来た w

574 :愛蔵版名無しさん:2008/08/01(金) 15:01:36 ID:Or1lTHA/
また現実がサルまんを追い越していったな。
つ〜か、サルまんの先見の明すげぇ。
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1217562905/

575 :愛蔵版名無しさん:2008/08/02(土) 07:36:17 ID:OmCf3nMm
作者も驚いてるだろうね

576 :愛蔵版名無しさん:2008/08/02(土) 08:52:19 ID:???
でも今現在のサルまんは世界に置いて行かれちゃったけどな…

577 :愛蔵版名無しさん:2008/08/02(土) 09:35:31 ID:???
サルまん規模でやるのが革新的なつもりだったのかもしれないが
メディアミックスはもうすでに世界でやってたからなー。


578 :愛蔵版名無しさん:2008/08/03(日) 16:00:32 ID:???
今回のサルまんについて、みんな作者にばかりつまらなさの原因を帰すけど、
当時のスピリッツと今のIKKIの勢いの差を無視しちゃ駄目だろ
とんち番長のリアルタイム感覚は、
あの時期のスピリッツだからこそ可能だったんだぜ


579 :愛蔵版名無しさん:2008/08/03(日) 16:01:11 ID:???
個人的にIKKIは残念な雑誌という印象だ


580 :愛蔵版名無しさん:2008/08/03(日) 16:30:54 ID:???
編集長が旧サルまんを超えなきゃ意味がないとか言うような勘違いしてるようじゃダメだ

581 :愛蔵版名無しさん:2008/08/03(日) 19:11:43 ID:???
2.0のつまらなさを掲載雑誌のせいにするのはどうかと思うよ

582 :愛蔵版名無しさん:2008/08/03(日) 19:20:59 ID:???
たけくまと編集のせいだろ
相原が意図してたような方向でやってればあんなことにはならなかったはず

583 :愛蔵版名無しさん:2008/08/03(日) 20:02:09 ID:???
>>581
1.0の面白さを掲載誌に帰しているんだが

584 :愛蔵版名無しさん:2008/08/03(日) 20:52:17 ID:???
竹熊が悪いとしか思えない
結局、自分のしたい事が出来なかったから投げ出したわけだし

585 :愛蔵版名無しさん:2008/08/03(日) 21:17:14 ID:???
病気だから仕方ないよ。忍耐力が低下してるんだろう

586 :愛蔵版名無しさん:2008/08/03(日) 23:33:29 ID:???
2.0が残念な結果に終わりすぎたから止むを得ず前作を引っ張り出して
再読してみたが・・・

おもしれぇw
十数年前とまったく変わらないみずみずしい笑いがでちまった。
「負けたけど勝ったんだーーー!」とか、辮髪の編集者と竹熊+相原の
3人で「どうすればいいんだ」って苦悶するシーンとか、頭悪すぎで最高。
鼻水と涙をタレ流しながら「ヒィー!」って叫んですぐにリストカットする
女漫画家も最高。
2.0の打ち切りは、このノリを再現できなかったと早々に見切ったからだろうな。


587 :愛蔵版名無しさん:2008/08/03(日) 23:53:59 ID:???
最終回だけは往年のテンションに近いものがあったけどなw
俺は編集部に忍び込んで他の投稿作品を「フハハハハ」と笑いながら
焼き尽くすシーンで腹がよじれるほど笑った。

588 :愛蔵版名無しさん:2008/08/04(月) 06:12:59 ID:???
>>582
そういうことは言ってもしょうがないことだよ。
ホームランを狙って大振りして三振してしまった、
ああこんなことなら最初からコンパクトにヒット狙いをするべきであった、
なんて終わった後で言っても。

589 :愛蔵版名無しさん:2008/08/04(月) 18:35:13 ID:???
プライドの問題もあっただろ。
旧作の縮小再生産という、まさに自分たちが『サルまん』で馬鹿にしたようなことを
自分たちがやるわけにはいかんし。
やるからには、読者をアッと驚かせるようなことをやって旧作を超えるのでなければ、
という意気込みがなければ『2.0』が始まることもなかった。

590 :愛蔵版名無しさん:2008/08/04(月) 22:12:01 ID:???
サルまんのキモって、企画じゃなくて分析と笑いへの昇華だろ。
そういう意味では、出だしから旧作とは方向性が違ったと思う。

591 :愛蔵版名無しさん:2008/08/04(月) 22:40:49 ID:???
2.0にはキャラとしての相原と竹熊はいても
扉絵に出てくる作者二人の視点がなかったからね
読み切り版にはそれがあったから楽しめるものになってた

592 :愛蔵版名無しさん:2008/08/05(火) 00:10:12 ID:???
ジャンプでデスノコンビが連載するやつ、
マンガがテーマって言うけど、どんなかな


593 :愛蔵版名無しさん:2008/08/05(火) 00:44:38 ID:???
絵柄的に、西尾維新原作のやつをダシにした感じだな
維新怒るんじゃね

594 :愛蔵版名無しさん:2008/08/05(火) 01:03:11 ID:???
維新はデスノオタ

595 :愛蔵版名無しさん:2008/08/05(火) 10:13:14 ID:SQIOiREd
デスノートのノリで漫画家物描いたらサルまんみたいになりそうだね

596 :愛蔵版名無しさん:2008/08/05(火) 11:04:01 ID:???
デスノはとんち番長のパクリ

597 :愛蔵版名無しさん:2008/08/05(火) 13:18:49 ID:???
>>595
わかるw

598 :愛蔵版名無しさん:2008/08/05(火) 16:44:35 ID:???
つうかシナリオはガモウひろしなんだろ?
サルまんっぽくなるだろ

599 :愛蔵版名無しさん:2008/08/05(火) 17:45:13 ID:???
なるほど、デスノは壮大な前フリだった、と。
本気でデスノ描いてたからこそできる企画だな。

600 :愛蔵版名無しさん:2008/08/09(土) 00:25:12 ID:???
今のカンフーパンダについてのエントリもそうだけど、
竹熊の芸術至上主義的な批評は正直ウザいな。
予定調和に敬意を払ってるようにみせかけて、コケにしたくてしょうがないように見える。

601 :愛蔵版名無しさん:2008/08/09(土) 00:41:22 ID:???
いやもう見え見えじゃん。要するに芸術>超えられない壁>商業主義なのよ、このオッサン。
まあ大学の先生には向いてるかもしれんけどw

602 :愛蔵版名無しさん:2008/08/09(土) 00:49:34 ID:???
そうなんだよな。でも「商業主義は悪だ!芸術最高!」って直接言わないところが
なんとなく読者をナメてるように思えるんだよな。バレバレなのにw

603 :愛蔵版名無しさん:2008/08/09(土) 01:34:12 ID:???
たけくまのアニメ好きって
具体的にどういうものをさしてるの?
作画がどうとかそういう興味なの?
システマチックなハリウッドと対極にある日本的な
過剰にはみでた作家主義への興味が主眼なら
現在進行形のアニメやマンガでもあふれかえってるけど
それは全然追ってないわけでしょ?
単純にもったいないよ。

604 :愛蔵版名無しさん:2008/08/09(土) 04:06:25 ID:dQ6PVCMB
人間50にも60にもなって、オナニーも出来ないようになっても、生きていかなくちゃならない

漫画家が漫画を描けなくなっても、喫茶店のマスターに収まったり、
スナックのママに転身出来なければ、まだ自分が騙しうる人を騙して
生活の糧を得ていかねばならない

そういう現実の話なんだよこれは

605 :愛蔵版名無しさん:2008/08/09(土) 11:04:35 ID:???
年とるとさ、人間新しいものには手を出しにくくなってくるわけよ。
知らないもの、新しいもの、理解できないものを初心者に返って勉強したり他人に教え乞うより、
自分の知ってる範囲のところで語るほうが安心安全だし、なにより楽しい。
だからって自分の知ってる範囲から新しいものを馬鹿にしたりすれば、
「ああ、理解できないから怖いんだw」と哂われる。

606 :愛蔵版名無しさん:2008/08/09(土) 11:36:19 ID:???
俺はそれでもいいと思うんだよね。むしろそういう「昔は良かった」でガンガン攻めれば。
んで70年代80年代サブカルチャーの復権やればいいじゃん。
なんだかんだいってその頃の雰囲気を解りやすく語れる業界人少ないわけだし。

俺が嫌なのは、現在の風潮にも理解を示すフリをしてることだな。
で、そのことが読者にバレてないと思ってそうなところがムカつくw
「言わんとしてることはわかる」とか「あの違和感はなんだろう」とか、
そういう書き方ってズルいと思うんだけどな〜。

607 :愛蔵版名無しさん:2008/08/09(土) 14:04:45 ID:???
相原と竹熊の違いは、相原が自分の悩みも辛い過去も惨めな思考も
すべて紙面にさらけだすのに対し、竹熊はどこか吹っ切れず
カッコつけたがるところだろうな。表現者と評論家の違いか。

608 :愛蔵版名無しさん:2008/08/09(土) 14:58:07 ID:???
俺としては竹熊の表現者としての自我が発達しすぎたから格好つけだした気がするんだよな。
旧サルまんは相原の方が売れてたから今作よりも控えめだったし、評論家だったら作品を
つぶしてまでわがままを貫かなかったと思うんだよ。
今後プロデューサーとして制作に関わっていきたいみたいだけど、それこそ人間関係や製作での
調整能力が必要だと思うんだが、今までの失敗例をみるとからそういうのがもっとも苦手なような
気がするんだが。
せめてどっかの製作会社に入って修行した方がいいと思うんだけど、プライドが許さないのかねえ。

609 :愛蔵版名無しさん:2008/08/10(日) 11:22:51 ID:???
一言で表すと社会性に欠けるってことか。
一読者としてブログや本を見てると、竹熊はなんか自分の立場を勘違いして
他人に対して偉そうに接する人、という印象が強いな。うまく説明できんが
教祖になりたくてなりたくて仕方がない人ってイメージ。

相原は、地味だけど一目見ればすぐに分かる独特の個性を持ってて
派手な大ヒットはしないがおそらく昔からの固定ファンがいっぱいいる。
にもかかわらず、そういう漫画家にありがちな、連載が不定期になるとか
何年も休筆して連載が止まるとか、そういうのはない(よな、今のところ)。
俺の中での職人とかプロっていうイメージに近い。
昔からの固定ファンも多くそれなりに知名度もあるのに、
絶対に教祖化しない、っていうかされない。大ヒットしないがゆえの
苦労はあるだろうけど、漫画家としては幸福な立場かもしれんな。

610 :愛蔵版名無しさん:2008/08/10(日) 11:34:05 ID:???
いや、そういう感じは受けないけれども・・・。
相原が職人ってのには同意だが。

クマは多分、「モノの価値が解る人間と解らない人間がいる」って前提で何でも論じてる。
で、解る人間は解らない人間よりも高級であると思ってるよね。
多分その辺がたまに引っ掛かるんだろう。語り口は柔らかくして隠してるから、なおさら。

要するにこの人、いつまでたっても甘い反権力なんだよね。
『摩天楼』の頃から基本的に変わってないw

611 :愛蔵版名無しさん:2008/08/11(月) 11:57:12 ID:???
なんで資本主義=カンフー・パンダなんだよ。
ナメてんじゃねえよ。

612 :愛蔵版名無しさん:2008/08/11(月) 12:05:03 ID:???
英語のわからんヒスパニック移民層の子供にも見てもらえるように
単純に作った映画をわざわざ持ってきて何が言いたいんだたけくまぁ

613 :愛蔵版名無しさん:2008/08/11(月) 12:41:56 ID:???
生ぬるい反体制気取り全開ですな、竹熊センセイw

614 :愛蔵版名無しさん:2008/08/11(月) 12:46:42 ID:???
同じおっさんでも遠藤★の2chやいまどきアニメへのなじみっぷりはこわいくらいだw
竹熊もちょっと見習えばいいのによ

615 :愛蔵版名無しさん:2008/08/11(月) 13:30:12 ID:???
資本主義だからこそアートもウェルメイドもなんでも出来るんだろうよ。
金持ちが文化の裾野を広げてこそのこそのサブカルチャーだぞ。

616 :愛蔵版名無しさん:2008/08/11(月) 15:43:49 ID:???
>>595のような漫画が始まったな

617 :愛蔵版名無しさん:2008/08/11(月) 17:38:57 ID:???
出来すぎた話だが
相原の
電車乗っていたら前に座っていたカップルが「コージ宛」を読んでいた。
キモいと思われるかも試練がおそるおそる作者だと切り出してみたら
、面白いといわれた。もう少しがんばってみようと思った。

という話は好きなんだよな。

618 :愛蔵版名無しさん:2008/08/11(月) 20:24:07 ID:???
要は竹熊は未だに商業作品であるにもかかわらず
一般性から逸脱してるように見えるモノに限って
「うは w w wこれヤバくねえ? w w w w」とか嬉々として語り出す
わかりやすいカルト映画ばかりに飛びつくサブカル中高生みたいなメンタリティなわけか?
でもやっぱり日本のマンガだのアニメだの映画だのって
どんなメジャーなものであってもよくよく考えると
よくもまあこんなめちゃくちゃなもんが成立したよな、ってものばかりなわけで
そういう切り口はあんまり面白くないな。

619 :愛蔵版名無しさん:2008/08/11(月) 23:05:37 ID:???
作中の相原に「お前は周りに芸術だと持ち上げられて
チヤホヤされたいだけだー」って突っ込んでたけど、
最近の竹熊は正にそれに近いことをやろうとしているような気がする

620 :愛蔵版名無しさん:2008/08/11(月) 23:08:21 ID:???
あれはむしろ、一見相原に向けて言っているようで実は自分自身に
言い聞かせようとしていたのではないかと思ってみたり。

相原は自分の漫画を芸術扱いされたいってわけではなさそう。
人気出たいとはもちろん思ってるだろうが。

621 :愛蔵版名無しさん:2008/08/11(月) 23:27:53 ID:???
オレのまわりを見てると、頭が普通に良くて、当然大学に行くべき環境にいながら、なんとなく大学に行かなかったりしたやつは
いい歳こいて、アカデミズムに過剰な憧れと幻想を抱きつづけていたりする
竹熊は、完全にこのパターンに嵌まっているような気がする

なんにしろ、コンプレックスが強いたちだろうし、また、そのコンプレックスが竹熊の批評活動の原動力になってるんだろうな



622 :愛蔵版名無しさん:2008/08/12(火) 00:49:05 ID:???
世間的に評論家としての評価が一番高いのにそれを否定したがってるのも
創作に対するコンプレックスだろうが、これが正直よくわからない。

創作者になりたいなら自作品が終わるまで失敗作だと言うべきでないのに
言っちゃうんだよな、この人は。

623 :愛蔵版名無しさん:2008/08/12(火) 00:49:54 ID:???
というか、スタンスを明確にすればそれでもいいんだけど、
最近の評論はイイトコ取りの魂胆が目立ってしまう。

たとえばヲタの萌え関連なんかは、可愛い女の子とエロがありゃそれで済むのに
そういう部分への確実にあるであろう批判精神は隠して口をつぐんでる。
しかし最近の格差なんたらで資本主義が批判を浴びていると見るや、
今回のパンダ記事みたいなのを書いてしまうわけだ。

昔のやおいやファミリー四コマぶった斬ってたような歯切れのよさはもうないよな。

624 :愛蔵版名無しさん:2008/08/12(火) 22:22:48 ID:???
竹熊の評論見てると、人のものをただ腐してるだけっていう印象が強い。
なんだろう、あれは。

625 :愛蔵版名無しさん:2008/08/12(火) 23:55:40 ID:???
しろうとのマンガ好きがやってるブログであれば
あの程度で十分おもしろいと思うけど、
竹熊さんはそれで満足なのだろうか。

626 :愛蔵版名無しさん:2008/08/13(水) 17:07:33 ID:???
バクマンの主人公二人が相原と竹熊みたいだった

627 :愛蔵版名無しさん:2008/08/13(水) 19:34:55 ID:???
>>624
それは評論家の仕事の一つだから、ある程度は仕方がないんじゃないか。

628 :愛蔵版名無しさん:2008/08/13(水) 22:02:29 ID:???
>>626
まあそういう方向にいくんだろう

629 :愛蔵版名無しさん:2008/08/14(木) 01:48:04 ID:???
サルまんを大衆向けに浅くして、ドラマ性を強くした様な感じだったね
これは受けそう

630 :愛蔵版名無しさん:2008/08/14(木) 06:16:50 ID:???
>>627
自分の評価軸、自分の価値観というものを読者の前にきちんと出してる人は、
他人の作品を叩いてばかりであっても、
かえって辛口とか言われて人気が出たりするもんじゃない?

631 :愛蔵版名無しさん:2008/08/14(木) 22:57:59 ID:???
竹熊の場合、単なるサブカル好きのごとき雰囲気が漂ってるからな。

632 :愛蔵版名無しさん:2008/08/15(金) 02:20:01 ID:???
んだね
あくまで読者側って感じ
実は結構創作に携わったりしてるのに

633 :愛蔵版名無しさん:2008/08/15(金) 19:27:22 ID:???
そこは竹熊の良さだと思うけどな
作り手特有の「分かってる感」丸出しの批評も、けっこう的外れだったりするし」

634 :愛蔵版名無しさん:2008/08/16(土) 00:30:44 ID:???
バクマン確かにサルマンっぽかったね。
けどあっちは漫画にありがちなパターンの模索とかしないだろうからじき似なくなる

635 :愛蔵版名無しさん:2008/08/16(土) 02:49:41 ID:???
スレ違い気味のカキコだけど、スピリッツの現編集長ってコージ苑描いていた頃の
相原氏の担当だった「担当タッチャン」なのかな?

636 :愛蔵版名無しさん:2008/08/16(土) 14:08:37 ID:???
また性懲りも無く左巻き気味の記事書いてるな。
別にあれがCGで興ざめなんて誰も思ってないわ。興味自体がないわい。
むしろそういうことにかこつけて斜め視点の記事を書く根性に興ざめだわ。

637 :愛蔵版名無しさん:2008/08/16(土) 19:45:31 ID:???
ていうか2ch押井スレの与太みたい…押井スレなら別にいいんだけど。

638 :愛蔵版名無しさん:2008/08/17(日) 00:16:19 ID:???
しろうとのブログみたいだな。

639 :愛蔵版名無しさん:2008/08/17(日) 00:19:08 ID:???
今回のは本当にそうだな。
尼のアフィが空しいぞ。

640 :愛蔵版名無しさん:2008/08/21(木) 17:40:07 ID:???
このスレって、マドンナのブラがナイフでちぎれておっぱい丸出しになって、半漁人に乳首を舌でつつかれてたとんち番長の話とかするスレでOKなの?
なんか雰囲気があまりにも違う気がするんだが、このスレで合ってるよね?

641 :愛蔵版名無しさん:2008/08/21(木) 17:41:15 ID:???
もちろんおk
竹熊ヲチしてブログのエントリをネチネチつつく奴はちょっと品性卑しすぎる

159 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)