5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

シンとマユ、ふたりでおるすばん。 【8日目】

1 :通常の名無しさんの3倍:2007/11/28(水) 20:02:17 ID:???
  ___,.、-――‐-..,,_
 ,.-‐''"´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、
'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\    今日も二人でおるすばんだね
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. ::::::::::ヽ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :. :::::: :. ::::::::::::',
  :: .::::::::::::::::: : :: .. :::: ..::: . :. .::::::::::::、::'、
:::. :::::::::::::;:::::::::. .:. ::::::::l、::::::::::..:. :::::::::::::ト、!
::::..::::l、::::ハト;::::::::::::;:::::::l_ヽ:::l!:;::::::::::::::::;:'" ̄ ̄`ヽ
::::::、::l,.ヽ!ミ、';::::::::ハ::::/f''_テリf!::::::::;:−''" ̄ ̄`''┴ -..,,_
::::::',〃 {,.-''} ヽ/ `´┴―'´l::/'" ̄ ̄`ヽ       `ヽ、
::::::::ヽ"´ ̄  .::        ,.'´/::::::::::::::::O::j   ,.-― 、  ヾ´
::::::::::;ゝ     ',      /  ヽ、___,. ‐''´   ,'::O:::::::::ヽ  `
:::::::::::ヽ    ‐-- ‐''   ,'      .... ‘    l:::::::::::::::::::',
:::::::::::::::`ヽ、   ´  ,.ィ        `     ヽ:::::::::::::::::}
ゝ、::::::::::::::ヾヾ'' ー‐'' {               ` ー‐ ''
  `ヽ、::::::::::ヽ \  /ヽ
 ̄` 、`丶、__;>‐ァス''" ̄`ヽ、
_    \ ヽニフ'" ̄ ̄ ̄`''=r-;...,,,__
..`ヽ、   ヽ ' 、        l |      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ` 、   (        |  |
ー――- `ゝ、 {_       _,l_,!-- ....,,,_
__ - ァ‐''" ̄`ヾr‐r―‐''"´         ` ''−-..,,_
 /  _ ‐  ̄ ゙ヽヾ\                  `7‐- 、
/  /  _,. -―――‐ゝ、                /:::::::::::::
 /  /          `''ー-、            /:::::::::::::::


・このスレは様々なシチュエーションにおけるマユの行動に(;´Д`)ハァハァするスレです
・もちろんエロ禁止な訳ではありませんが、シチュにもこだわったネタ投下がモアベターです
・ネタを投下した人をあからさまに罵ったり、必要以上に持ち上げたりするのは、雰囲気を壊すので控えること
(ちなみにネタを投下した人は、特に必要が無いならイチイチ出てこないほうが萌え度はアップ……な気がします)
・貴方のリアル妹とマユでは色々違います。引き合いに出して妹萌えを否定するのはやめましょう
・まとめサイトhttp://www.geocities.jp/sinmayuorusuban/
・避難所http://jbbs.livedoor.jp/game/38367/

前スレ
シンとマユ、ふたりでおるすばん。 【7日目】
http://anime2.2ch.net/test/read.cgi/shar/1173790151/

2 :通常の名無しさんの3倍:2007/11/28(水) 20:09:12 ID:???
>>1乙ー

3 :通常の名無しさんの3倍:2007/11/28(水) 20:10:40 ID:???
乙です

4 :通常の名無しさんの3倍:2007/11/28(水) 21:08:49 ID:???
文字通りの姉妹スレ。こいつもテンプレに追加してくれ

シンとマユが姉妹だったら 第4話
http://anime2.2ch.net/test/read.cgi/shar/1195424486/l50#tag40


5 :まとめ”管理”人:2007/11/29(木) 02:29:04 ID:???
dat落ちするとは思わなかったんで、7日目のログがないです。
保管してる人いますか?

6 :通常の名無しさんの3倍:2007/11/29(木) 03:35:21 ID:???
>>5
これでいいのかな。
http://p2.chbox.jp/read.php?url=http://anime2.2ch.net/test/read.cgi/shar/1173790151/all

7 :6:2007/11/29(木) 03:39:45 ID:???
ダメだったみたいなのでこっちで。

2ch DAT落ちスレ ミラー変換機 ver.4
http://www.geocities.jp/mirrorhenkan/

これに前スレのURL入れて変換すれば見つけられるかと…

8 :通常の名無しさんの3倍:2007/11/29(木) 07:21:38 ID:???
>>1
乙です

9 :通常の名無しさんの3倍:2007/11/29(木) 12:07:40 ID:???
>>7
サンクス。
夜にはアップしときます。

姉妹スレの姉弟スレもまとめに保管したほうがいいのかな?

10 :通常の名無しさんの3倍:2007/11/29(木) 13:00:27 ID:???
>>9
姉弟は別にいいんじゃないか?

11 :通常の名無しさんの3倍:2007/11/29(木) 15:33:37 ID:???
マユ「>>1乙だよ」

12 :通常の名無しさんの3倍:2007/11/29(木) 18:43:11 ID:???
兄妹スレの保管してくれるなら、それはそれで嬉しい気がする

13 :通常の名無しさんの3倍:2007/11/29(木) 23:33:32 ID:0E3ALfwG
糞スレ立てんなボケ

14 :通常の名無しさんの3倍:2007/11/30(金) 01:14:01 ID:???
>>13
保守乙

15 :通常の名無しさんの3倍:2007/11/30(金) 02:44:27 ID:???
シン「八日も経つのに、いつまで留守番してればいいんだ?」
マユ「宇宙一周旅行だから暫くは無理じゃない?」




シン「……宇宙一周?」

16 :通常の名無しさんの3倍:2007/11/30(金) 08:16:10 ID:???
マユ「ねぇパパ、醤油取って」
パパ「ははは、マユは可愛いなぁ」デレデレ

ママ「あ・な・た♪ちょっとこっちに……」
パパ「まっ、ちょ違うんだこれは……アッー!」



シン「母さん、洗濯物干し終わったよ」
ママ「あら、ありがとうシン。ほら、いい子いい子♪」ナデナデ
シン「なっ!……こ、子供扱いは止めてくれよっ!///」

マユ「お・に・い・ちゃん♪ちょっとこっちに……」
シン「げぇ、マユ!お…俺なんか気に障ることでも!?」
マユ「マユ以外にドキッとするの禁止!お仕置きだー!!」
シン「アッーーー!」



ルナ「なんだこの家族」

17 :通常の名無しさんの3倍:2007/11/30(金) 10:44:41 ID:???
シン「>>1なんてことをしてくれたんだ…乙」


18 :通常の名無しさんの3倍:2007/11/30(金) 13:34:15 ID:???
>>16
これは良い家族愛www


>>17
シンはホントにツンデレだなぁ・・・

19 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/01(土) 08:36:38 ID:???
土曜は危険だから保守

20 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/01(土) 11:33:18 ID:???
20

21 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/01(土) 13:32:18 ID:???
お兄ちゃん、保守するね♪

22 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/01(土) 17:27:21 ID:???
赤ちゃんを子宮(もちろん本物の)に保守

23 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/01(土) 18:35:03 ID:???
保守

24 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/01(土) 22:03:28 ID:???
保守

25 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/01(土) 23:46:49 ID:???
マユ「保守するよ、お兄ちゃん」

26 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/02(日) 00:12:54 ID:???
シン「いっそこのまま落ち…アッー!!」

27 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/02(日) 11:24:41 ID:???
マユ「お兄ちゃんはイった、もう出ない!けれど、マユと一つになってやり続ける!」

ルナ「なんだ、何を言っている?」

マユ「アソコを掘られるなら子宮を突かれる、ケツを掘られても掘られぬいて、妊娠したらマユの勝ち!」

28 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/02(日) 17:33:02 ID:???
日曜は危険だから保守

29 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/02(日) 20:43:50 ID:???
土日過ぎかけても油断禁物保守

30 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/02(日) 23:02:55 ID:???
シン「ギガペニスブレイク!」

31 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/03(月) 08:07:13 ID:???
マユ「アッーー!!」

32 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/03(月) 12:17:54 ID:???
マユ「お兄ちゃん大好き☆」


シン「どんなにひもじい時でもこの一言があればお腹いっぱいになります」





マユ「…っていう、夢を見たよ」
シン「夢オチかよ!」

33 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/03(月) 21:37:21 ID:???
シンうらやましい

34 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/03(月) 22:35:08 ID:???
シンうらめしい

35 :シン:2007/12/04(火) 09:42:09 ID:???
絞りの連鎖は俺が断ち切るんだ!
今日、ここで!

36 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/05(水) 06:26:23 ID:???
マユ「お兄ちゃんっ♪」
シン「いつにもましてご機嫌ですねマユサン…」

マユ「あのね……できちゃったみたいなの///」
シン「( ゚Д゚;)……マジッスカ?」


このあと、シンの行動は!?
A…「そうか。元気な子を産むんだぞ!」
B…「おろしてくれ たのむ!」
C…「妊婦プレイもいいな」

37 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/05(水) 20:56:21 ID:???
逃げる

38 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/05(水) 21:35:21 ID:???
マユ 「前々から挑戦してたホットケーキが上手くできちゃったの♪さあ食べてお兄ちゃん♪」
シン 「わーい。いっただきまーす♪」

39 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/05(水) 23:45:28 ID:???
シン 「(パク) …なんだこの味は」
マユ 「性欲いっぱいつけてもらおうと思ってうなぎパイとか赤まむしドリンクとか白子とか入れてみました♪」
シン 「……」
マユ 「あれお兄ちゃんもういいの? まだまだたくさんあるのに…
    まぁいいや、それじゃ今度は私がお兄ちゃんをいただきまーす♥」
シン 「結局こんなオチかアッーーー!

40 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/06(木) 12:39:10 ID:???
「お兄ちゃんのばかぁ!トイレ入る時はノックしてって言ったじゃない!」
急いでドアを閉めたが、やはりというか当然ながら妹はご機嫌斜めらしい
「ごめん、ついクセでな。何かお詫びをするよ、何かして欲しい事とかある?」
「え・・・ん〜と・・・、そ、それじゃぁ、あ、あのね?」
頬を赤く染めて上目づかいに恥ずかしそうに妹は言った

41 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/06(木) 13:58:15 ID:???
シンうらやましい…

42 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/06(木) 18:09:54 ID:???
保守

43 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/06(木) 22:04:31 ID:???
保守

44 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/07(金) 02:03:28 ID:???
>>40
「今日……マユと一緒にお風呂に入って…ほしい、な」

45 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/07(金) 15:10:54 ID:???
保守

46 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/08(土) 02:56:23 ID:???
シン「マユはイッタイなんなんだー」

47 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/08(土) 09:37:34 ID:???
俺の朝は一杯のコーヒーから始まる…
休日だろうと関係ない、ザフトレッドたるもの生活リズムは崩せない

マユ「はいっ、お兄ちゃんコーヒー入れたよ☆」
シン「サンキューマユ。
んーいつもよりミルクの香りが良いな、味は…クリーミィだがしつこくない、それでいて何故か懐かしい!?アンタは一体何なんだー!?」
マユ「おいしかった?」
シン「最高だよマユ!!
一体どんなミルクを入れたんだ?」
マユ「マユの母ny…」
シン「アッーーー!!」

48 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/08(土) 18:42:48 ID:???


49 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/08(土) 21:55:31 ID:???
保守

50 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/09(日) 01:58:05 ID:???


51 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/09(日) 09:46:04 ID:???


52 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/09(日) 12:08:33 ID:???


53 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/09(日) 16:54:27 ID:???


54 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/09(日) 20:13:01 ID:???


55 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/10(月) 01:43:38 ID:???
キラ「母乳が出る。それすなわち、マユは妊娠して…」

シン「アッー!」

56 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/10(月) 07:32:36 ID:???
シンとマユ、そして新たな生命がさんにんでおるすばん

マユ「もうこの際コレで再出発しない?」
シン「ちょwwwそんな決定権がお前にあるのか!」
マユ「私に同調してくれなければ(下半身から精力を)排除するだけだ」
シン「アッーーー!」


57 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/10(月) 10:39:34 ID:???
痩せ細ったシンがみえます

58 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/10(月) 18:19:29 ID:???
そして虎に自宅に誘われるマユ

59 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/11(火) 05:02:24 ID:???
保守

60 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/11(火) 20:19:44 ID:???
保守

61 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/12(水) 06:21:26 ID:???
保守するお

62 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/12(水) 06:52:29 ID:???
>>58
虎「ぼ、僕はね…コーヒーの次に小さい女の子が大好きなんだ。ハァハァ」
マユ「んむー…(しまった…油断してたらいつの間にか手足と口を縛られてる)」
虎「そ、そ、それじゃあまずは身体検査だ。この衣服は邪魔だから脱いじゃおうね…ゴクッ」
マユ「ううううーー!!(い、いやぁ!助けて……お兄ちゃんっ!)」


続かない

63 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/12(水) 08:20:58 ID:???
と言いつつ既に勝機を掴んでいるマユ

64 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/12(水) 19:11:33 ID:???
その時
シン「アンタって人はー!!」
怒りで種割れしたシンが現われた!
虎「バカな…!どうしてこんなに早く…一体何故…」高山版ジブリールの如く困惑する虎
シン「…服が破けてる!?…よくもマユをー!!」
マユ「んんん(お兄ちゃん)!」
言いながらマユは密かにほくそ笑んだ
マユ(ありがとう虎…そしてさよならだ)

65 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/12(水) 19:37:18 ID:???
瞬殺される虎とその手下達
虎「ごふぉ…君はまるでバーサーカーだな…」
言い残して倒れる
勝者シンはマユへ近付き
シン「マユゥゥゥ!怖かったなぁぁぁ!もう絶対離さないよぉぉぉ」
号泣
マユ「ありがとう、お兄ちゃん…格好よかったよ…」シンの頬に口付けるマユ
照れながらその辺にあったマントをマユに着せお姫さま抱っこ
Trust you forever〜
シン「さぁ帰ろう、俺たちの家へ!」
マユ「はい!」
ガイアの上に乗って運命がはばたく…
         FIN

マユ「って話考えたんだけどどう?」
虎「…」

66 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/13(木) 01:20:25 ID:???
虎がんがれ!

67 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/13(木) 07:59:53 ID:???
虎「ラゴゥの頃は幸せでした
ムラサメの時もそんなに悪くなかったです
ただなんとなくラゴゥっぽいという理由で赤いガイアを手に入れた途端狙ってた魔乳は鷹に行き、僕の咬ませ犬人生がスタートしたのです
何か憑いてるんでしょうか?」
マユ「私の前で原作の話をするな!!」

68 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/13(木) 20:08:25 ID:???
マユ…

69 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/14(金) 12:26:16 ID:???
保守

70 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/14(金) 19:05:33 ID:???
保守

71 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/14(金) 19:51:44 ID:???
シン「マユ、虎さんが可哀相だから例の特製ミルクコーヒーを入れてあげたらどうだ?」
マユ「いやっ!お兄ちゃんのエッチ!…アレはお兄ちゃんだけの特別メニューなのっ(´ω`)」
シン「マユ…(やべ…その流し目にグッと来た)」
虎「お前等もう帰れ(`;ω;´)ブワッ」

72 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/14(金) 20:43:44 ID:???
シン「そろそろスレタイ通り留守番しないとな」

自宅に帰る途中なんかピンクカーディアンを来た眼鏡がこっちをじっと見ている事に気付く
???「まさに俺の…僕の…私の理想の幼女(*´д`*)ハァハァ」


73 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/14(金) 20:59:24 ID:???
マユ「こっちみんな」


74 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/14(金) 21:02:37 ID:???
ピンクカーディアン→ピンクカーディガン
来た→着た
誤字多くてスマソ

75 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/15(土) 01:53:54 ID:???
誰だ!?

76 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/15(土) 04:46:11 ID:???
ナドレ乙

77 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/15(土) 11:37:02 ID:???
保守

78 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/15(土) 12:33:35 ID:???
ティエリア「可愛いあの娘に相手にされず、>>75にも気付かれなかった事に絶望した!それでも!だとしても!」
めげずにストーキングするティエリア
カメラを手にアスカ宅の風呂を覗く
ティエリア「マユタソ(*´д`*)ハァハァ」
しかし男の声がする
ちっ…兄貴の方か…ん?
マユ「お兄ちゃん、太ももの内側がかゆいよ〜こすってぇ〜」
シン「ちょwwwしょうがないなぁ、虎に変な事されたんじゃないだろうな?」
マユ「そんな事ないもーん、お兄ちゃんすぐ来てくれたから☆」
シン「つーか来いってメール届いたから行っただけなんだけどな…」
マユ「いいからこすってよー早くしないと…」
シン「おいマユやめ…
アッーーー!」



ティエリアは知った、本当に絶望した時は声も涙も出ないのだと

79 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/15(土) 16:52:14 ID:???
ちょwwwティエリアかよwwww

80 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/15(土) 17:00:55 ID:???
ちょWWW
田代ティエリア…

81 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/15(土) 17:24:23 ID:???
田代ティエリア!!
ある程度狙ったとは言え適確なニックネームを貰い、複雑な笑みを浮かべつつティエリアはエロゲースレへと帰って行った…
ティエリア「今夜は脱がないかもしんないけど応援頼むぜ!!」

82 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/16(日) 02:57:19 ID:???
マユ「保守」

83 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/16(日) 13:16:45 ID:???
 世の中には、「触れてはならないもの」が数多くある。
そういうものは大抵、それに触れた者に災いだの不幸だのをもたらす。
 では何故それがそういうものだと、皆が知っているのだろう?
それは先人の苦い経験やら尊い犠牲やらが後世に伝わったから…だと思う。

 さて今回は、迂闊にもそんなものに触れてしまった俺の話である。
そう、こんなことは、もう二度と起こしてはならないから。


「37度8分。立派な風邪じゃないの…」

 母さんが水銀式の体温計を片手に、心配そうにマユの体温を告げる。

 しばらく暖かい日が続いていたのだが、昨日の夜にガクン!と気温が下がった
所為なのか、マユは風邪をひいてしまったらしい。
 まぁ確かにあれだけ急に気温が下がれば、ヘタをすると風邪をひいてしまうかも
知れない。俺も夜中に起き出してわざわざ厚手の寝間着に着替えた位だからな…。

「うぅぅ…けふっ、けふっ…」
「看ていてあげたいんだけどね…母さん、今日もお仕事なのよ。ゴメンね…」

 そう、今日は折角の土曜日だというのに父さんも母さんも仕事なのだと言う。
まぁ、平日に休みを取っているから、その辺のバランスはとれているんだろうが。

「シンに看ててもらうことにするからね…という事だから、シン?」
「ん、わかった」

 なんて話が突然振られた。出かける予定なんて無いから、とりあえず了解しておく。

「それじゃあ母さん、仕事行ってくるから。シン、マユちゃんの事…お願いね」  
「わかった。いってらっしゃい」

 玄関のドアを閉める音が小さく聞こえた。

「けふっ!けふけふっ!…ってらっしゃい」

 マユも咳混じりながら、母さんを送り出した。
マユが何か言葉を発しようとするたびに、乾いた咳が聞こえてくる。
こりゃあ、辛いだろうに…。


84 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/16(日) 13:17:17 ID:???
 マユの部屋を見回すと、あるものが目に入った。
机の上においてあった、マユが使っているピンク色の小さな携帯電話。
それを手にし、マユの枕元にそっと置いた。

「俺、部屋にいるからさ、何かあったらこれで呼んでくれよ。しゃべらなくて
 いいからな。俺の携帯を鳴らしてくれれば、ここに来るから」

 いわゆる「ナース・コール」というやつだ。
置かれた携帯を横目でちらと見て、マユは少しの間を置いてちいさく、こくり
と頷いた。

「じゃ、ゆっくり寝てるんだぞ」

 掛け布団を直しつつそれだけ伝えて、俺はマユの部屋を後にした。


 部屋で課題を進めているうちに遠くから時報が聞こえた。もう昼か。
結局、午前中は俺の携帯は鳴らなかった。何事も無くて良かった。
さて、お昼ごはんにしよう。マユの様子を見て、それで作る物を決めようか。

 マユの部屋のドアをノック。いくら妹とはいえ、勝手にドアを開けることは
許されない。「「プライバシー」っていうのがあるんだよ!」…だそうな。

 その割にマユは俺の部屋に勝手に入ってマンガを読んでたりするんだよな。
プライバシーって、本当に意味わかって使ってるのか?まったく怪しいもんだ。
まぁ別に、俺の部屋には変なモノなんて無いから入られてもいいんだけれど。

 …本当にないからな。本当だってば。

「けふっ!けふっ!…うん、けふっ!けふっ!…いいよ」

 ドア越しに咳混じりのマユの声が聞こえた。静かにドアを開けマユの部屋へ。

85 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/16(日) 13:18:48 ID:???
 マユはベッドに横になったまま、こちらを見ていた。
掛けなおした布団も、そんなに乱れてはいない。
 熱がまだ下がらないのか、その顔は上気している。
額に貼ってある解熱シートの効果が切れてしまったかな。取り替えよう。
これで残りは無し。心許ないが、この一枚で今日一日位はなんとかなりそうだ。

 枕元で解熱シートを取り替えつつ、尋ねてみた。

「あのさ、調子…どうだ?」
「…うん…けふっ…少し辛いかな。あと寒気がする」

 マユは、力なく笑いつつ応えた。

「昼ごはん、どうする?」
「いらない…なにか温かいもの、けふっ…飲みたい」
「温かいもの、か…」
「あ、あの…いいよ。お兄ちゃん、忙しいでしょ?」
「いいよ。少し待ってな」

 …なんて気軽に応えつつ部屋を出たのはいいが、さて…何を作ろうか?
記憶の糸を辿ってみた。身体があたたまって、飲みやすいもの…!

 そうだ。玉子酒を作ってみるか。
昔、俺が風邪をひいたときに母さんが作ってくれたっけ。
黄金色の、温かくて甘い飲み物。当時はそれが酒だ、って聞いた時はびっくりしたなぁ。

 作り方はそれとなく分かる。あとはやってみるだけだ。
キッチンへ足を運んで、材料を探してみる。
卵は冷蔵庫に。砂糖は棚に。お酒…昔は「ニホンシュ」なんて呼ばれていたらしいもの
を使う、って聞いていたけれど…ん、「清酒 純米吟醸・黄武 ─暁─」?
清酒、ってことはこれでいいのか。

 うん、折角だ。まだ栓が開いてないけど、使わせてもらおう。

 先ずは卵を溶いておく。酒を片手鍋に注いで、弱火で温めつつ、溶き卵を少しづつ
入れつつ静かに混ぜていく。すると鍋の中の酒が黄金色に染まっていく。
 あとは甘みを出すための砂糖を入れて完成。初めて作ったにしては上出来だと思う。

86 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/16(日) 13:19:55 ID:???
 作った玉子酒をマグカップに注いで盆に載せ、マユの部屋まで運んだ。
さて、マユをベッドから起こすか。背中に手を入れ、上半身を起こすのを手伝ってやる。

 寝間着越しに触れたマユの身体は、発熱の所為で熱く、少し汗ばんでいて、
見た目よりも随分と華奢に感じられた。

「お前…本当に大丈夫か?」
「うん…大丈夫だよ。けふっ!」

 思わず問いかけてしまったが、その問いにマユは咳混じりに小さく応えた。


 玉子酒が注がれたマグカップをマユに渡した。
見慣れない色合いとその香味に首を傾げつつ、マユはそれを両手で受け取った。

「…なに?これ…」
「玉子酒。飲んだことないか?」
「ん…わかんない…けふっ」
「ま、飲んでみてくれよ」

 うすく湯気がたつ玉子酒をふぅ、ふぅと冷ましてから、一口。

「おいしい…あったかくて、甘くて…けふっ…いいね、これ」

 良かった。気に入ってもらえたみたいだ。
少しずつ、少しずつ飲んでいくうちに、カップは空になった。

「お兄ちゃんが…けふっけふっ…これ作ったの?」
「昔さ、俺が風邪をひいた時に母さんに作ってもらったことがあってさ。
 それで俺もやってみようって思ったんだ」

 母さんが作ってくれたあの時の様な優しい甘みには、少し届かなかったけどね。


87 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/16(日) 13:20:47 ID:???
 その後、俺は再び自室で課題を進めていた。

 作った玉子酒はなんだかんだで全部なくなった。
そんなに量を作ったわけじゃあないから、余らないとは思ったけれど。
 ともあれ、満足してくれたようだ。身体も、あれであたたまるだろう。
あとはゆっくり寝ていてくれれば、じきに良くなる…そう思いたい。

 さて、大分内容も進んだし、ここで一気にカタをつけてしまおうか。
…と思ったその時、俺の携帯電話が鳴り出した。誰からだろう?

 発信 マユ
 
 …「ナース・コール」だよな、これ。何だ、何事だ…?
マユの部屋のドアをノック…返事が直ぐに帰ってこない。

「マユ、開けるぞ?」

 一応の断りを入れつつドアを開けた。

 …はぁ…はぁ…こふっこふっ!…はぁ…

 ベッドからマユの苦しそうな息遣いと、時折混じる激しい咳が聞こえてくる。
マユは此方に背を向け、丸まりつつ横になっている状態なのだろうか、ここからでは
その様子を窺い知ることは出来ない。

「マユ、どうした?大丈夫か…!?」

 思わずベッドの傍に近寄り、マユの顔を覗き込もうと枕元に手を置いた…その時

「…」
「…っ!?」

 マユは急に此方に向き直り、両手を伸ばして、俺の首の後ろへと手をまわしてきた。


 ― 後半へ続く ―

88 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/16(日) 13:21:56 ID:???
早く続きを!

89 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/16(日) 13:51:18 ID:???
>>83
GJです!!
wktkが止まりませんッ!!            
続き投下までを全裸で待機する

90 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/16(日) 16:02:28 ID:???
新シャア種全盛期のときを思い出すネタなキガス

91 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/16(日) 16:24:36 ID:???
初々しいマユ…
ダメだ今の俺にそんなもの書けない
素直にGJ!!

92 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/16(日) 17:31:33 ID:???
たまにそういうの書いても変な解釈やオチつけられて結局最後はア――ッ!にさせられるのだが。

93 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/16(日) 19:18:08 ID:???
おお、久々に神光臨!
続きが気になるんだぜ
こういうマユもいいなw

25 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)