5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【IF系】もし種・種死の○○が××だったら【統合】

1 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/01(土) 00:58:21 ID:5OHKODam
種系SSスレが軒並み落ちてきたため、統合を試みています。
まとめサイトのIF系統スレの統合を目的としています

まとめサイト
ttp://arte.wikiwiki.jp/

兄弟スレ
【もしも】種・種死の世界に○○が来たら【統合】
http://anime2.2ch.net/test/read.cgi/shar/1196339764/


2 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/01(土) 01:13:07 ID:???


3 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/01(土) 01:16:09 ID:???
if系統作品の例としてはまとめサイトのIFカテゴリーにある奴なんかを参考にすればおk?

4 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/01(土) 01:30:23 ID:???
1乙、そしてご苦労様です。あとは他のIFスレに宣伝ですね。
>>3
基本的にその認識でOKです

5 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/01(土) 01:59:02 ID:???
とりあえず勧誘テンプレ

種系SSスレが軒並み落ちてきたため、IF系統SSスレの統合を試みています
身勝手なお誘いかもしれませんが、御検討の程よろしくお願いします。

【IF系】もし種・種死の○○が××だったら【統合】
http://anime2.2ch.net/test/read.cgi/shar/1196438301/

6 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/01(土) 02:04:29 ID:???
>>4
>あとは他のIFスレに宣伝ですね。
もうすぐ1000行きそうなスレとかに移行を検討して貰ったり、
最近に新しいスレ作ったところだったら、
また圧縮の巻き添えなんてあった時に移行を考慮して貰うって所かな。
まぁ、作者さん次第なんだろうけど。


ところで、最近作品投下があったにも関わらず落ちたスレで、
「ロウがキラを助けてなかったら」が新スレ立ってないみたい。
そこの作者さんが気付いてくれると良いんだけど。

7 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/01(土) 02:12:33 ID:???
まとめサイトのBBSに紹介依頼をしてきました

8 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/01(土) 11:37:23 ID:???
宣伝先よりも先に落ちたら笑えないと思うよ

9 :592 ◆M2a2eh6/s6 :2007/12/01(土) 12:12:20 ID:???
おお、こんなスレが立っていたとは。

正直のところ、まさか朝に投稿して夕方辺りには落ちているとか吃驚しました。
最近忙しく、書くスピードも落ちておりますが、何とか続けたいと思っているので、こちらのスレで書かせていただければ、
と思います。

そういや、クローンスレ落ちる前に小ネタ書きましたけど、あれ読みたい人いるのかな…?
いや…いいか。

10 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/01(土) 13:39:48 ID:???
小ネタ投下されたの確認したんで後で感想書こうかな、と思ってたら書く前に落ちてたんだぜ_| ̄|〇



11 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/01(土) 14:09:15 ID:???
まさか半日程度、書き込みがないぐらいでスレ落ちるとは思わないよな。

12 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/01(土) 16:54:39 ID:???
「シンをラスボスにしてみる」もここでいいのか?

13 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/01(土) 17:08:41 ID:???
新作に気付く暇もなく落ちてたんだぜorz

14 :592 ◆M2a2eh6/s6 :2007/12/01(土) 20:07:16 ID:???
まあ保守代わりに、落ちる前に置いた小ネタをやっぱり投下しておきます。
なお、登場人物、物語についてはお手数ですが保管庫のクローンスレ、「愛の惑星の詩」をご参照してくださいませ

その1 千差万別

ラクス「ケイさ〜ん」
ケイ「何だバカピンク」
シン「お〜い、ケイ」
ケイ「ん?ああ、シンか。どうした?」
レイ「ケイ」
ケイ「レイ」
アスラン「ケイ、セイバーのことだが」
ケイ「ああ、はいはい」
ヴィーノ「新刊げtwwwww」
ケイ「うはwwwwwktkrwwwww」
マッド「ジャーンジャーン!」
ケイ「ゲェ!班長!」
ヨウラン「おおいケイ」
ケイ「何、ヨウラン」
ラクス「ケイさ〜ん!」
ケイ「だから何だバカピンク」
ルナマリア「ケイさん」
ケイ「何だい、ルナさん?」
メイリン「ケ〜イさん!」
ケイ「な〜んだい?」
タリア「クーロン」
ケイ「あ、艦長。なんすか?」

ラクス「何か…いまいち私の扱いがひどいような…」
ケイ「気のせいだよ(なんていうか、いじめたくなるよな。これも愛情表現ってやつ?)」


15 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/01(土) 20:11:32 ID:???
>>12
気になるネタだ

16 :592 ◆M2a2eh6/s6 :2007/12/01(土) 20:11:49 ID:???
その2 お嬢様として

ケイ「よっ!」
ヨウラン「おおー」
ヴィーノ「すっげー。本当にバク宙できるんだ」
メイリン「かっこいい〜」
ケイ「まあこのくらいは…」
ラクス「何してるんですか?」
ヨウラン「ああ、ナタリーさん。ケイさんがバク宙できるっていうんで見てたんすよ」
ラクス「へぇ〜…。あ、私もできますよ」
ヴィーノ「うえ、まじっすか?」
ケイ「おいおい、無茶しないでよ」
ラクス「行きますわよー・・・えい!(スタッ!)」
ヨウラン「おおー!ブラボー!」
ヴィーノ「すげぇ!ケイさんよりも綺麗なフォームだ」
メイリン「ナタリーさん 男 らしい!」
ラクス「おとっこ!?…はは、どうも…」

ラクス「何て言うんでしょう…こう、歌姫だった時が懐かしいです」
ケイ「無駄にトレーニングばっかりやったり、調子乗って目立とうとするからそうなるんだ」

17 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/01(土) 20:16:50 ID:???
待ってるよバカピンク・・・・ブラックK7もな

18 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/01(土) 21:46:03 ID:???
新人スレに書いてた物の続きを、ここで投下しても良いでしょうか?

種で、ガンダムの代わりにザクレロで戦う話なんですけど。

19 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/01(土) 22:01:09 ID:???
おー!ザクレロの人か。楽しみだよ。

20 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/01(土) 23:12:05 ID:???
待て、新人スレは落ちてないぞ

21 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/01(土) 23:27:15 ID:???
お願いですから新人スレに戻ってきてください

22 :ザクレロSEED:2007/12/01(土) 23:59:50 ID:???
もともと、貼る場所が無かった為に新人スレを使っていたので、
貼る場所が出来たら移るのが筋かななどと。

23 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/02(日) 00:03:51 ID:???
どっちでも続き読めればおk
楽しみにしてますw

24 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/02(日) 00:12:23 ID:???
スティング主役スレ落ちた模様です

25 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/02(日) 00:14:07 ID:???
>>24
もう次立ってる

26 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/02(日) 10:15:00 ID:???
保守ついでに落ちスレからリサイクルネタ
「もしもシンがラスボスだったら」
(キラ主役・フレイ生存(キラは知らない)・ラクス敵(シンと共闘or主従関係)
アスラン、カガリ、虎、AA組、議長はシンが倒した設定で)

キラ「てやー!」
ラクス「ぎゃー! やられたー」
キラ「てやー!」
シン「ぐわー!…だが、これでマユとステラに会える……」
キラ「終わった……。でも、みんな死んでしまった……。僕1人だけ……」
フレイ「いいえ、あなたは1人じゃないわ。キラ」(涙目)
キラ「い、生きてたんだね! フレイ!」(歓喜)
(それぞれに向かって進んでいく2人でエンドロール)

27 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/02(日) 11:00:24 ID:???
それをどうしろと言うんだw

28 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/02(日) 11:22:12 ID:???
>>22
投下していたスレに投下するのが筋じゃないのか?

29 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/02(日) 11:45:13 ID:???
新人でも投下先に困ってもいないなら別に向こうじゃなくていいじゃん。
ってかSSくらい職人が書きたいスレに書かせてやれよw

30 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/02(日) 18:11:12 ID:???
職人期待保守

31 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/02(日) 20:27:29 ID:???
>>22
新人スレの皆さんに断っておいた方がよいのでは?

32 :>>26を書いた者:2007/12/02(日) 22:19:26 ID:???
>>27
半分以上勢いで書いた。ちょっとだけ反省している

逆襲スレは「シン主役のアフター」なんで、本家逆シャアみたくシンが敵ポジの
場合は、こっちでいいんだよね?

33 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/02(日) 22:24:32 ID:???
ちょっとだけかよ!

34 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/02(日) 22:24:39 ID:???
バカピンクwww
ケイの冷たさが身内に対するものっぽくていいwwwww

35 :ザクレロSEED:2007/12/03(月) 00:10:44 ID:???
 ジンの放ったM69バルルス改特火重粒子砲。ビームの直撃を受け、アークエンジェルから射出されたばかりのミストラルが爆炎に変わる。



 ザクレロは速度を増しながら、ローラシア級モビルスーツ搭載艦ガモフに突き進む。
「‥‥落ちなさい」
 急加速に伴う高Gにより脳内の血液が偏る事で起こる現象‥‥グレイアウト。
 その症状で判断力を落とし、視覚への障害で灰色に染まった世界を見るマリュー・ラミアス。
 彼女はただ、眼前の敵を攻撃するという単純で希薄な意志しかもっていなかった。
 故に何の考えもなく、照準の中にガモフの艦影が入った瞬間に引き金を引く。
 ザクレロの口。その両脇に開く左右四連ずつ計八連のミサイル発射口。そこからミサイルが撃ち出される。
 八発のミサイルはザクレロから飛び出し、それぞれが加速を行ってガモフを目指す。
 だが、そこで本来有り得ない事が起きた。
 加速を続けるザクレロが、先行するミサイルに追いつき始めたのだ。

「敵MAおよびミサイル高速接近!」
 それを察知したガモフの中、索敵担当の悲鳴のような報告が上がる。
「対空迎撃!」
 今までアークエンジェルからのミサイル迎撃にあたっていた450ミリ多目的VLSと58ミリCIWSが、ザクレロへと向けられ、躊躇無く撃たれる。
 直後、ガモフからの迎撃ミサイルと対空機銃の弾幕が、ザクレロと共に飛来してきたミサイルの群を絡め取って爆発させた。
 ガモフの艦橋の中、迫り来るザクレロとミサイルを捉えていたモニター上が爆発の閃光で埋まった。
 迎撃成功‥‥艦橋の兵達の喜びの声が挙がる。
 しかし、その喜びは、索敵担当の報告で脆くも打ち砕かれた。
「敵MA健在!」
 直後、迎撃ミサイルと自身の放ったミサイル八発の爆発に巻き込まれた筈のザクレロが、消えゆく爆発の残滓の中からその魔獣じみた姿を表す。
 艦橋に居た者達の喜びは、瞬時に恐怖へと変わった。
 逃げ出す者が居なかったのは奇跡と言っていい。
 だが、全ての者が恐怖故にモニターを見つめる以外の行動をとれなかった。
 艦長のゼルマンですら、下すべき命令の事を考えることも出来ず、迫り来る恐怖の魔獣にただ目を見開いて見入るばかりでいたのだ。
 そして、ザクレロはついにガモフに肉薄。直後、ガモフを下から突き上げるような振動が襲った。

 ガモフ艦底部の通路。
 無重力の中を壁のガイドに掴まって、泳ぐように移動していたZAFT兵士。
 彼の真横、壁を破って巨大な刃が姿を現す。
 一瞬の後、彼の身体は前後に断たれ、上下に分かれた身体は中身を零しながら、刃が開けていった壁の穴から宇宙へと吸い出されていく。
 刃は、そんな惨状を後に残し、ガモフの中を切り裂きながら突き進んでいく‥‥

36 :ザクレロSEED:2007/12/03(月) 00:12:05 ID:???
「あっちゃあ‥‥」
 ザクレロの中、マリューはへらりと笑った。
 背後に離れ行くガモフが、モニターの一部を占めて映されている。
 ガモフは、艦底部分を切り裂かれてそこから火花や破片を吐き出していたが、未だ沈む様子もなくそこにあった。
「失敗しちゃったぁ」
 マリューのグレイアウトに思考力を低下させた脳でもそれくらいの判断は付く。
 ガモフが幸運だったのは、ミサイルの爆発にザクレロが無事でも、中のマリューはそうでは無かったという一点だ。
 機体全周で起こった爆発にマリューは気を取られ、ガモフに接触するまで何もしなかったのである。
 そうなったのはマリューの思考力が低下しているからでもあるが、戦闘慣れしていないからという理由も厳然としてありはした。
 ともあれ、ガモフにザクレロを接近させすぎたマリューは、追加のミサイルを放つことも、拡散ビーム砲を放つことも出来ず。
 艦底部を擦れ違いざま、とっさにヒートナタを引っかける位しか出来なかった。
 打撃は与えたが、撃沈の機会は活かせなかったのだ。
 ザクレロは、そのまま高速でガモフから離れていく。ターンして戻ってくるまでは、それなりの時間が必要だった。


37 :ザクレロSEED:2007/12/03(月) 00:13:06 ID:???
「艦底の被害甚大!」
「航行、戦闘に支障有りません!」
 魔獣が去って動きを取り戻した艦橋には、今の攻撃の報告がもたらされていた。
 それを聞きなが、ゼルマンは苦々しく呟く。
「黄昏の魔弾が、敵を抑えきれないとはな」
 出しうる最強の札、エースのミゲル・アイマンで、アークエンジェルを仕留めるまでの間、ザクレロを抑えるのが作戦の肝だったのだ。
 それが出来なくなった今、MSの直掩の無いガモフで大型MAザクレロに対抗するのは不可能。
 そう分析したゼルマンは声を上げた。
「退避! ヘリオポリスの陰に入れ!」
 アークエンジェルに対し、ヘリオポリスの陰に隠れる。その為、ガモフはゆっくりと動き始めた。
 もちろん、艦の速度では、再度のザクレロの肉薄の前に完全に隠れ去る事は不可能だろう。
 だから、今回は示威行動をとる。
「主砲、ヘリオポリスに向けろ!」
 ガモフは主砲をヘリオポリスの無防備な側壁へと向けた。
 その動きの意味に気付いたのは、メビウス・ゼロでガモフへの攻撃を続けていたムゥ・ラ・フラガ。
 ムゥは、この動きが攻撃終了を意味すると同時に、自分やザクレロからの攻撃も止めさせる為の牽制だと察する。
「ヘリオポリスが人質か! それはちょっと、卑怯なんじゃないの!?」
 一応は、アークエンジェルの居る方向に砲は向いているが、実際にはあからさまにヘリオポリスを狙っている。
 ここで無理に攻めれば、誤射とでも言ってヘリオポリスに穴を開けるだろう。
 いや、実際にするかどうかは微妙ではある。政治的なデメリットが大きいコロニーの破壊などという大事件を起こしたがる者はそうはいない。
 だが、コロニーの破壊を匂わせている以上、こちらもガモフの攻撃を誘発するような無理な攻撃は出来ない。
「良いでしょ、そっちがその気なら」
 ムゥは舌打ちをしながら、ガモフから離れるコースを取った。その後を追って、ガモフからの対空放火が宙を射抜くが、それに当たるムゥではない。
 ガモフへの攻撃を止めさせてはいるが、戦闘は継続中というわけだ。
 恐らく、撤退信号の発信は、アークエンジェルに肉薄しているジンの戦果を確認してからになるのだろう。
 ならば、メビウス・ゼロとザクレロは、アークエンジェルの直掩に戻るべきだ。
 そう判断したその時、ムゥはザクレロが戻ってきているのに気付いた。
 ザクレロはガモフを狙うコースを辿っている。
「‥‥あのバカ、何考えてるんだ? こっちよりも、アークエンジェルが先だろうが!」
 ムゥは、通信を開いてザクレロのマリュー・ラミアスを怒鳴りつけようとする。
 だが、ムゥは通信モニターに映ったマリューを見て、苦虫をかみつぶしたような表情を浮かべた。
「ラリってんのかよ‥‥」
 コックピットの中マリューは、操縦桿を握りしめたまま人形のように微動だにせずそこにある。
 アークエンジェルから、直掩に戻るよう通信士が悲鳴の様な声で呼びかけているのも確認できたが、それにも反応を見せていない。
 加速による高Gでグレイアウトになっているのだと、ムゥは判断した。新米にはままあることだし、戦闘開始前から危惧していたとおりの展開だ。
「全力で加速するなって言ったろうに‥‥困ったな。このままガモフに突っ込ませるわけにはいかないんだがね」
 どうする? ザクレロは放置して、自分だけでもアークエンジェルに戻るべきか?
 ムゥは迷った。
 天秤に掛けるわけではないが、ヘリオポリスが無傷でも、アークエンジェルが落とされれば自分達の負けなのだ。
 だが、逆にヘリオポリスが破壊されても、アークエンジェルが残れば連合軍的には負けではない。
 しかし‥‥
 迷うムゥ。
 その時、ムゥの目の前のモニターに警告表示。
 ムゥはアークエンジェルの後方で新たな爆発が起こったのを確認した。

38 :ザクレロSEED:2007/12/03(月) 00:14:15 ID:???
 ミストラルを仕留めたジンは、改めてアークエンジェルの艦橋を狙った。
 アークエンジェルからの反撃は無い。ジンのパイロットは勝ちを確信する。だが‥‥
 ジンのコックピットを襲う激震。一斉に鳴り響くレッドアラート。その時、ジンの下半身を爆炎が貫いていた。
 ジンの下方、アークエンジェルの船体下から姿を見せたミストラル。
 その機体には、空になったミサイル発射筒が取り付けられていた。
「や‥‥やったぞ」
 ミストラルの中、サイは震える声で呟く。
 サイのミストラルは格納庫ハッチから直接宇宙に放り出され、ジンから死角となるアークエンジェルの艦底沿いに移動していた。
 カタパルトから射出されたのは囮。ジンの注意を、一瞬でも引きつけるための。
 ジンが囮に気を取られている間に、サイのミストラルはジンの下方へと位置し、有線誘導式対艦ミサイルを発射できた。
 ミサイルは、線を曳きながらその進路を僅かに補正しつつ突き進み、ミストラルのモニター中央に映っていた物‥‥ジンへと突き刺さったのだ。
 今やジンは腰から下を失い、破断面から細かな破片と油をまき散らしながら、宙を無力に漂っていた。
 それを、ミストラルの中からサイは見ている。
 自分の戦果だとは今でも信じられない、あっけない勝利。サイに実感はない。
 と‥‥ジンは最後の抵抗を試みた。
 上半身だけで、重粒子砲を構えようとする。
 その動きは緩慢で、おそらくは放置してもそれを完遂する事は出来なかったろう。
 しかし、経験のないサイはそれを読む事は出来ず、まだ戦おうとする敵に戦慄すると同時に、単純な怒りから激高した。
「やらせないぞ! その艦には、フレイが乗っているんだ!」
 機関砲を撃ちながら、サイのミストラルはジンに突っ込む。
 照準もつけずに撃った機関砲の砲弾は、そのほとんどが何もない宙に消えた。
 焦れたサイは、そのままミストラルでジンに肉薄。
 ジンの正面に回り込んで、その身でアークエンジェルの盾となってから、マニピュレーターで掴みかかる。
 緩慢な動きしか取れなくなっていたジンは抵抗する事もなく、ミストラルに真正面からその両腕を掴まれてしまった。直後‥‥
『‥‥チュラルに! どうしてナチュラルなんかに負ける!? 動け! 動けよぉ!』
 接触したことで通信回線が開いたのか、ミストラルのコックピット内に、ジンのパイロットの物と思しき声が響いた。
『畜生、ナチュラルめ! ナチュラルのくせに、俺を殺すのか!? 殺すのかよ畜生!』
 サイは、その泣きじゃくるような怨嗟の声に驚いたが、やがてその驚きは怒りへと変わっていった。
「な‥‥何を! こいつ、勝手だ! お前達が攻めてきたんじゃないか!」
 ZAFTが攻めてこなければ、戦いにはならなかったはずだし、フレイも戦いに巻き込まれなくて、サイも戦わずにすんで‥‥そしてこいつも死ななくてすんだ。
「お前達が悪いんじゃないか! 殺させておいてさ!」
 殺す気はなかった。
 ただ、黙らせたかった。
 勝手を言う敵への怒りのあまりに。
 トリガーは軽かった。
 ジンの腕を掴んだ状態で、ミストラルの機関砲が火を噴いた。
 至近距離で放たれた砲弾は、ジンの装甲を穿って機体に無数の小孔を刻み込む。
『い、いやだ死にたくな‥‥』
 その内の幾つかは、ジンのコックピットハッチの上に刻まれ、あっけなく通信は止んだ。
 機関砲弾を全て吐き出して、弾切れの警告音を聞いてサイは気付いた。自分が、機関砲のトリガーを押していた事に。
 そうしてから、敵の声が聞こえない事に気付く。
 サイは少し惚けてから、敵の声が思ったよりも若かったなと思い返した。
 直後、サイはヘルメットの中に胃の中の物を吐き出していた。

39 :ザクレロSEED:2007/12/03(月) 00:15:22 ID:???
 どうやら、アークエンジェルにとりついたジンは撃破されたらしい。
 そう知ったムゥは、安心してザクレロ対策に乗り出すことにした。
「ちょっとでもずらせば!」
 ザクレロは物凄い速度で宙を進んでおり、猶予の時間は短い。
 ムゥは、ザクレロの機体右側に照準をあわせた。
 対装甲リニアガンに対軟目標用の榴弾を装填。そしてすかさずトリガーを引く。
 直後、ザクレロの右正面で起こった爆発が、ザクレロの進路を左にずらすと同時に、爆圧でその速度を減衰させた。
「っ!?」
 マリューは、突然に襲いかかった激震に、一瞬だけ気を取られる。直後。
『減速!!』
 コックピット内に響くムゥの怒声。
 その短い命令にマリューは反応し、何も考えずフットペダルから足を放し、逆噴射で緊急制動までかけていた。
 ザクレロが、つんのめるように止まる。
 今まで身体の後ろ側に押しつけられていた血が、一気に身体の前面に移動する。
 マリューの視界は赤く染まり‥‥レッドアウト状態となった所でザクレロは巡航速度にまで速度を落とした。


40 :ザクレロSEED:2007/12/03(月) 00:16:54 ID:???
「敵艦を攻撃中のジンが撃破されました」
 ガモフの艦橋に、ジンの反応が無くなったことが知らされた。
「攻めきれなかったか‥‥」
 ゼルマンは悔しげにそう言うと、撤退信号を上げるように命令を出す。そして、
「ジンから脱出は確認されたか?」
 ゼルマンは通信士に確認した。
 通信士は、即座に首を横に振る。
「‥‥いえ。残念ながら」
 脱出に成功したなら出されるであろう、救助要請の信号は出ていない。
 つまり、戦死と言う事だ。
「そうか」
 また、若いパイロットが死んだ。若くはあったが、歴戦の勇士でもあった。優秀な者ほど、早く死んでいく。
 そんな事を苦く思いながら、ゼルマンは残り二人のパイロットの安否を確認する。
「ミゲル・アイマンの隊はどうした?」
「確認します」
 ザクレロに突破された以上、撃墜されている可能性も高いのだが‥‥何事も確認しない事には終わらない。
 行方不明なら、探さなければならない。だが、幸いにもその手間は省かれた。
「オロール機より返信。敵MAに撃破されたミゲル機の回収に成功とのこと。艦ではなく、近いヘリオポリスに退避する許可を求めています」
「許可を出せ。ヘリオポリスにも連絡をしろ‥‥そういえば、降伏の連絡はまだだったな?」
 ゼルマンは許可を出した後、ヘリオポリスがまだ無防備都市宣言を出していない‥‥つまりまだ降伏をしていない事に気付いた。
 約束では、とっくの昔に降伏していなければならないはずだ。
「まさか、この期に及んで抵抗はしないだろうが‥‥何故、降伏が遅れている?」
 ゼルマンは訝しげに首を傾げたが、今はそれを追求している場合ではないと思い直す。
 今はまず、戦場を離れて安全な場所まで移動しなければならない。
「敵艦の動きに注意しながら後退。ヴェサリウスと合流する」


 ガモフが発した発光信号を、アークエンジェルの艦橋でも捉えていた。
「ZAFT艦からの撤退信号を確認」
 通信士の報告に、艦長のナタル・バジルールは密かに安堵の息を吐いた。
 戦闘はこれで終了だ。アークエンジェルは今、転進して攻撃できる状況ではない。
「敵艦を警戒しつつ全速離脱。各MAには帰還するように伝えろ」
 ナタルが命じたその少し後、通信士はナタルに報告を返した。
「ミストラル、応答有りません。ザクレロからは『目が見えない』と。メビウス・ゼロより、ザクレロを曳航して帰還すると連絡がありました」
「何かあったのか?」
 確認するナタル。返った報告は、前途の思いやられるものばかりだった。
「マリュー大尉は、高Gによるレッドアウトです。ミストラルの方は‥‥新兵特有の奴です。その‥‥吐いてます」
「ミストラルは、作業班にミストラルを出させ、牽引して回収させろ」
 頼みの綱のMAパイロットは、内二人が新人と言う事になる。
 これからを考えると不安ではあるが、とりあえずはそんな戦力でも生き残れた事に感謝をすべきだろう。
 ナタルは不安に押し潰されそうになるのをこらえる為、無理にでもポジティブに考えてみた。
 ‥‥あまり効果はなく、深い溜め息が出る。
 それでもナタルは、何とか気を取り直して、まだ終わらない作業に意識を向けた。
「艦内の被害状況確認急げ。航行しながら、補修作業を行うよう艦内作業員に伝えろ。艦橋要員は気を抜くな、敵の追撃や待ち伏せがあり得る。最大の注意をしろ」
 まだ、一度の襲撃を凌いだだけである。
 何も終わったとは言えない状況にあるのだ。

41 :ザクレロSEED:2007/12/03(月) 00:18:07 ID:???
「目の前が赤いわぁ‥‥」
 マリューは、ザクレロのコックピットの中、自分の目の前に手をかざして呆れたように言った。
 視界は赤く染まっており、全てが赤く見える。
『Gの影響で、目に血が溜まったんだ。戦闘中になったら死ぬぞ』
 通信機から、ムゥの声が入る。怒らせたのだろう、声が非常に険悪だ。
『艦に帰ったら、Gを発生させない戦闘法を叩き込んでやるからな』
 マリューは、モニターに映るメビウス・ゼロを見て溜め息をついた。
 今、ザクレロは、メビウス・ゼロに牽引ワイヤで曳かれて、アークエンジェルの格納庫へと入ろうとしている。
「迷惑かけちゃったわね」
 ムゥに助けてもらったのだと実感し、感謝の言葉でも言っておこうかと思ったマリューだったが、その前にムゥから言葉が返された。
『全くだ。こんな邪魔くさい物を引きずるハメになるとはよ。でかくて黄色くて丸くて、カボチャの馬車かよってんだ』
「‥‥じゃあ、あんたネズミの馬? 貧相なメビウスにはお似合いかも」
 その後は二人ともに沈黙。ただ二人の間に、どうしようもない険悪な空気が漂っていた。
 そうこうしている間に、二機のMAはアークエンジェルの格納庫に入る。
 入ってすぐに見えたのは、上半身だけのジンとそれにしがみついたミストラル。
 ミストラルに整備兵達がとりついて、コックピットの仲からパイロットスーツを引きずり出していた。
「何かあったの?」
 マリューは、返事を期待してではなく、なんとなくムゥに聞いてみる。
『あー‥‥何だろうな』
 ムゥもそれに気付いていたのだろう。確認しているのか、少しの間、声が途切れた。
『わかった、お前と同じだ。お前は下から漏らしたけど、奴は上から出した』
「あんた死になさいよ!」
 すかさず怒鳴るマリュー。だが、それを読まれていたらしく、一瞬早く通信回線は閉じられていた。
 怒りを奥歯で噛み殺し、マリューは座席に身を沈める。ちょうどそのタイミングで感じる振動。
 今、ザクレロはアークエンジェルの格納庫に着底した。


 ここにヘリオポリス脱出戦終了。
 アークエンジェルはヘリオポリス近域を脱して、地球方面に向かって逃走を開始した。

42 :ザクレロSEED:2007/12/03(月) 00:19:09 ID:???
「‥‥逃げていくなー」
 去っていくアークエンジェルの推進器の火を見送り、ZAFTのMSパイロット、オロール・クーデンブルグは暢気にそんな事を言った。
 彼の乗るジンは、ザクレロに弾き飛ばされたミゲル・アイマンのジンを抱え込んでいる。
 そのジンのコックピットから引きずり出したミゲルは、意識は無いが命に関わる怪我はなかった。
 確認の後、ミゲルはオロールのコックピットの隅に押し込めている。
「さ、帰ろうぜ」
 オロールは同室のミゲルに言って、お荷物のミゲルのジンを引っ張って移動を始める。
 とりあえず、近場と言えるヘリオポリスへ。とは言え、それなりの距離があるので時間はかかった。
 しばらくかかって、港口にオロールは辿り着く。
 この時、オロールは全く油断していた。連合軍が居なくなった今、危険はない物と思っていたのだ。
 港口に踏み込んだジンを、港奥から撃ち放たれたミサイルの群が襲った。
「なぁ!?」
 とっさにオロールは、ミゲルのジンをミサイルの方に放り出した。同時に、自機は港口の外へと飛び出すべく動く。
 ミサイルはミゲルのジンに突き刺さり、港口で巨大な爆発を生み出す。その爆発を逃れて港口の外に出たオロールは、思わず口に出して愚痴る。
「話が違うぞ‥‥ヘリオポリスは降伏するんじゃなかったのか?」

43 :ザクレロSEED:2007/12/03(月) 00:20:13 ID:???
 機動戦士ザクレロSEED‥‥以上。

 この話は、新人スレに投稿していた物です。
 ここに至るまでは、新人スレのまとめで読むことが出来ます。

44 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/03(月) 00:53:17 ID:???
>ザクレロSEED
投下乙
続きが読めて嬉しい

ところでまとめはこれまで通り新人スレまとめに入れる?
それとも過去のもふくめてこっちのまとめに入れる?


45 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/03(月) 00:59:58 ID:???
GJ!
今ちょうどGジェネ魂でザクレロ育ててるトコだからZAFT軍人の恐怖がよく分かるwww

46 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/03(月) 01:33:07 ID:???
>>43
GJと言いたいが大丈夫か?向こうに筋通す前に此処に投下してるし。

47 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/03(月) 15:11:17 ID:???
はじめまして。
逆襲のシン・アスカスレにてSSを投下していた者ですが、
スレが落ちてしまいましたので、こちらで投下を続行させてもらっても
よろしいでしょうか?

48 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/03(月) 15:17:26 ID:???
>>47
逆シンスレなら復活しているので、そちらの方がよろしいかと
現在は荒れているようなので、しばらく様子見た方が良

ttp://anime2.2ch.net/test/read.cgi/shar/1196624987/l50#tag127

49 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/03(月) 15:41:37 ID:???
>>48
早くも埋められたな・・・このままだと、新しいスレが立ってもまた同じことになりそう
にしても、名スレが悉く落ちたり、埋め荒らしが好き放題やっていたりと運営は何をやってるんだ!?

50 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/03(月) 15:44:40 ID:???
本当に埋められてますね^^;
本当にどうしようかなぁorz……

51 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/03(月) 15:49:31 ID:???
尻からマシンガン

orz……

52 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/03(月) 18:19:39 ID:???
鉄腕アトム?

53 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/03(月) 19:36:10 ID:???
何だかもうあちらが駄目みたいなので、こちらで投下してもよろしいでしょうかorz

54 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/03(月) 20:12:02 ID:???
ここに投下するかどうかは、SSを投下する人間の判断で良いと思うな。


色々なIF系SSが投下される上での問題点(例えば、どのSSが何のシチュかわかりにくくなるとか)
は後々に洗い出して対処って事で。

55 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/03(月) 21:04:55 ID:???
とりあえず名前とタイトルさえ入ってれば問題ないんじゃないかな。
逆シンスレは様子見が必要だと思うし。

56 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/03(月) 21:05:47 ID:???
しかし種で○○が××と聞くとニコ動のあのMADしか思い浮かばんなw

57 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/03(月) 21:41:33 ID:???
あれはよいものだ

58 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/03(月) 21:56:41 ID:???
とりあえず、しばらくはこちらで投下させてもらいますね。
第一話投下した直後に板落ちてしまったのですが、第二話からの投下でよろしいでしょうか。

59 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/03(月) 22:11:04 ID:???
どうせなら、一話から載せた方が、まとめにするにも話についていくにも良いと思うよ

60 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/03(月) 22:32:54 ID:???
>>59の言うとおり一話も併記した方がよいと思う。
五話も十話も転載するのだったら読み手も書き手も大変だが、一話だけなら一緒に投下してくれた方が楽。落っこちたスレに一度も足を運んだことのない住人(まさに俺とか)もいるのだろうし。

61 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/04(火) 01:38:18 ID:???
>>14,16
バカピンクもとい「愛の惑星の詩」小ネタ
※まとめ登録済

>>35-44
ザクレロSEED
※新人スレからの転入

>>47
第2話以降は1週1回土曜日投下だっけ?

62 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/04(火) 02:10:23 ID:???
え、編集長?

63 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/04(火) 02:33:42 ID:???
新人スレを見て真似したくなった偽物です。

64 :ザクレロSEED:2007/12/04(火) 07:43:17 ID:???
>>44
新人スレのまとめの方は、項目削除となるようです。
新たにまとめに保管するかしないかの判断は、お任せいたします。

65 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/04(火) 12:05:25 ID:???
機動戦士ザクレロSEED第1話〜第6話
ttp://pksp.jp/10sig-2co/novel.cgi?o=9

こちらのまとめに入れ終わるまでですが、前回までの内容が分からないと困ると思いますので。
編集が終わりましたら新人スレか雑談所に連絡お願いします。

66 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/04(火) 15:16:02 ID:???
もしもシンが主人公だったらってのは…

ごめん何でもない

67 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/04(火) 15:48:12 ID:???
>>66
全俺が泣くからやめて

68 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/04(火) 16:19:17 ID:???
>>67
いやさ、実はしがないSS書きなんだが所属スレのあまりの過疎ぶりについ…
埋められるよりはマシだよね、以下スルーしてくれ

69 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/04(火) 16:41:55 ID:???
もしフレイがルージュのパイロットなら


ってのを考えたことあるんだよなぁ

70 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/04(火) 18:26:17 ID:Rb7VYl0B ?2BP(0)
>>69
古典的だが、それがよい

71 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/04(火) 21:10:44 ID:???
書こうと思ってたら、別のスレでSS書いてるから断念した

構成としては種46話からの分岐で、キラ主役のままデス種に繋がるみたいな

72 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/05(水) 01:30:48 ID:???
どこの事かわからんが読みたいぞ?
タイトルやコテをハッキリさせて投下希望。

73 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/05(水) 08:43:37 ID:???
>>72
嬉しいけど、現在書いてるSSで精一杯。ちなみにこのスレとはあんま関係ないSSだ

まあ、それでも色んなIF展開を妄想したりするけどさ。カプなんかも本編で叶わなかったキャラに偏るけど
ラクスが議長に同調してラスボス化してアークエンジェルとミネルバが共闘したりとか(シンとレイはラクスの手駒)


もし良ければ>>71にある種46話でフレイを救出した……から書いてみれば?

74 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/05(水) 09:16:22 ID:???
>>73
おー、シンとレイがラクスの手駒なのは新しいな。大抵のデス種SSと立場が
逆なのか。面白いかもしれん。筋書きを考えてみようかな

75 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/05(水) 09:39:16 ID:???
>>74
シンって何かと信じやすいから、ラクスの下なら想定された迷いなき戦闘力を発揮できると思って
フレイがルージュでオーブ側にいればラクスはいないと思ったから、ザフト側にって考えたんだよ

期待してます。頑張ってください

76 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/05(水) 18:51:40 ID:???
期待上げ

燃えてきますな

77 :74:2007/12/05(水) 20:46:12 ID:???
期待外れにならない内に書くと、無印時の生き死にはアニメに準拠する予定

78 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/05(水) 22:46:22 ID:???
違うスレで書いてる種死再構成IFものなんですが、こちらに投下してみてもよろしいでしょうか?

コメント乞食みたい(つかそのもの)ですが、こちらのほうが勢いがありそうなので…(´・ω・`)

79 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/05(水) 23:23:21 ID:???
>>77
出来れば生きてて欲しいが、どんな展開でも楽しみ

>>78
どうぞどうぞ。活気づいてきたね〜

80 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/05(水) 23:23:25 ID:???
>>78
ここは基本的に「集まって、dat落ちにくくしよう」ってスレだから、
スレが落ちちゃったとか、それで新スレ立ててみたけど保守しかないって状態なら問題ないんじゃない?

ただ、収録保管庫が違うとザクレロの人みたいに収録SSを移転してって言われるかも。

81 :74:2007/12/05(水) 23:54:47 ID:???
>>80>>81
ありがとうございまする。
所属スレに2話分投下したんですが99%が「保守」(´・ω・`)
で、そのスレまだ生きてるんですが、こういう場合どうすればいいでしょうか?

82 :78:2007/12/05(水) 23:55:34 ID:???
番号間違えた…
何やってんだ俺、モウダメポ(AA略

83 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/06(木) 00:07:48 ID:???
「保守」のカキコがあるというのなら、読者はいるから死んではいないだろうけど、感想とかがないのなら生きているかは微妙かも。
とりあえずそっちのスレで移動する旨を告知してから投下してくれ。
あとまとめサイトがあるのならばそっちでもな。

84 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/06(木) 14:52:07 ID:???
スレ落ちて避難所で続き書いてるけど自分の書き込みしかなくって
それでも直リンでいけるまとめサイトのヒット数は平均的な伸びを見せているので
たぶん読んでくれている人はいるだろうと信じるオレが通るよ〜

>78
そちらの所属スレがどういうところかは存じませんが、第二話というと読む側としてはまだ様子見かもしれません
ストーリー構成が本編に添う形、特にアーモリーワンから話が始まっている場合、作品の特色が出るまで様子見になるでしょう
あと三話ぐらいやってみて、手応えを確かめてみてはどうでしょうか

正直、ここには何時でも移動できますし、自分もそれを支えにもう少し頑張ってみようかと思っているクチです

85 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/07(金) 23:00:55 ID:???
保守

86 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/07(金) 23:18:59 ID:???
もしクルーゼが種死の時代で生きていたら

87 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/07(金) 23:38:34 ID:???
議長になってたりして

88 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/07(金) 23:40:02 ID:???
評議会議員になっている作品ならあったな

89 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/07(金) 23:45:36 ID:???
ミネルバの艦長になってるってのはどうだ?

90 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/07(金) 23:45:48 ID:???
他の議員達とポケモンとかやってたな

91 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/07(金) 23:47:41 ID:???
確か仮面記念館だか仮面公園だかを作ろうとしてたな

92 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/07(金) 23:48:44 ID:???
クルーゼ生存スレがスルーされてる件について

93 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/08(土) 00:28:56 ID:???
確か阿部さんSEEDだったような…

94 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/08(土) 00:48:28 ID:???
俺さ……この戦いが終わって…

無事帰れたら、ディアッカが主役の種SSをさ…

書こうって思ってるんだ…

95 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/08(土) 05:59:39 ID:???
ギャグ以外だろうな?

96 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/08(土) 08:59:45 ID:???
空気読まずネタ
もし、シンがルナもろともアスランを殺していたら…
(運命も損傷激しく戦線離脱。あとは改変なし)




続きの展開頼む

97 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/08(土) 10:59:50 ID:???
>>96
そんな土壇場から変えられても
もはや大勢は決してたしどうにもならんだろ

98 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/08(土) 11:24:40 ID:???
>>73
ラクスがラスボスでシンとレイが手駒って、昔フレイスレにそんな話あったよ
ラクスが「ヒャッハァ!!」とか言いながら、鎖鎌をブン回す残忍なキャラになってて、
元キャラの面影が殆ど無くなっていたが・・・

99 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/08(土) 11:50:27 ID:???
>>96-97
超短編か

100 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/08(土) 12:07:28 ID:???
>>97
>>99
そう、大勢は変わらない。
ただ、シンが(明確な殺意を持って)2人を殺したら、さすがにキラ、メイリン
(場合によってカガリも)との和解は不可能と思うんだが
そんなFINAL PLUSをば誰か

101 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/08(土) 12:13:48 ID:???
悪夢の回でマジでキラが死んでたら

102 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/08(土) 12:39:07 ID:???
>>101
アスランが発狂してラスボス化
世界の総てを憎み、第二のクルーゼとなる
その為にザフトとラクシズを徹底的に利用
議長は殺害され、ラクスはゴミクズのように捨てられる
なんとか止めようとするカガリだが、返り討ちに遭う

103 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/08(土) 18:18:51 ID:???
『シン、もう止めて! アスランも!』
「ルナ……?」
 その言葉に、再度の突進をかけようとしたデスティニーが動きを止める。ルナマリアの
乗ったインパルスが、デスティニーとインフィニットジャスティスの間に割り込んだのだ。
 Iジャスティスのリフターは破壊され、左腕のシールドはビーム発生機構が故障し、
右のカメラアイが光を失っている。デスティニーも無傷ではない。右脚は膝から先が無く、
アロンダイトも長射程砲もライフルも破壊されていた。光る翼だけが、力強く輝いている。
『シン!もう過去に囚われたまま戦うのはやめろ!』
 アスランの言葉は殆ど耳に入っていない。シンの瞳は、インパルスから離れない。
ルナマリアは2人の戦いを止める為に危険を冒した。しかしシンには、彼女がアスランを
庇ったようにしか見えなかった。守ると約束した仲間である彼女が、敵であり許し難い
裏切り者でもあるアスランを。
『この戦いを続けても、何も戻りはしないんだぞ!』
「そう……」
 憤怒の表情を消したシンが、サイドボードのキーを叩く。MSのモデルが表示され、
点線がそれを囲む。デスティニーが戦闘態勢を解き、四肢を緩く広げた。
「ルナも、そう思ってるのか?」
『……そうよ。もう全て終わらせましょう、シン』
 通信機越に安堵の吐息が聞こえる。頷き微笑むシン。何かから解き放たれたように。
「わかった」
『え?』
 余りに穏やか過ぎ、余りに自然過ぎる声。聞き返そうとしたルナマリア。インパルスの
胸部コクピットに、フラッシュエッジ2のビーム刃が深々と突き刺さった。構えを解いた
デスティニーの姿が風に吹かれる靄のように消え去って、ビームブーメランを投げ終えた
本当の姿が浮かび上がる。ミラージュコロイドによる擬態だった。
『し、シン!! お前は、何て事をッ!!』
「戦い続けても、何も戻りはしない……」
 Iジャスティスの隻眼が輝く様を見て、シンが呟く。優しげで暖かく、まるで描かれた
絵のような微笑を浮かべたまま。
「知ってたよ、戦い始めた時から」
 逆手で2本のビームサーベルを構えたIジャスティスが、爆発を起こさずそのまま機能
停止するインパルスを押し退け、デスティニーに迫る。両手を合わせボクサーのように
ガードを固め、両手の甲から発生したビームシールドで2連続の斬撃を受け流した。
 相手の動きを予知したかの如き、流れるような防御機動。両機の距離は、ほぼゼロにまで
縮まった。
『く……!』
 生じた大きな隙をカバーすべく、右脚部のビームエッジで蹴りを放つIジャスティス。
だが、デスティニーの左掌が膝に押し当てられる。
 パルマフィオキーナの発動が一瞬遅れ、Iジャスティスの右脚とデスティニーの左腕が
共に大破して小爆発を起こした。激震とアラームの中でも、シンは笑みを消さない。
『シン……何故、お前は!!』
 アスランの声は、モニター一杯に迫る右掌と青白い光輝で掻き消された。永遠に。

104 :103:2007/12/08(土) 18:20:16 ID:???
結末に迷ってるから、ラストはちょっと待ってくれ

105 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/08(土) 19:08:39 ID:???
>>103-104
GJ!!
続きワクテカしながら待って待ってます

106 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/08(土) 19:31:34 ID:???
GJ

107 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/08(土) 20:22:16 ID:???
GJ!
冒頭の一文読んで、アスランの毛根のライフはとっくにゼロよ!
と繋げたくなったのはオレだけかw

108 :103:2007/12/08(土) 20:23:41 ID:???
 落ちる夕日が海面に弾け、波音が静かに寄せて消える。2人が、石碑を前に立つ。
「僕は、君に会わなくちゃいけなかった。2つ、伝えたい事があったから」
「2つ?」
 全てを奪われ、また自ら捨て、独りになったシンは戦後、オーブの慰霊碑を訪れていた。
大破し、動力部を損傷し停止したデスティニーはザフトに回収され、シンも救助された。
ラクス=クラインの特別な計らいだったらしく、敗北した側のザフト兵は、その殆どが
デュランダル議長に騙され、無理矢理戦わされてきた被害者として扱われ、待遇に不満を
訴える者は殆どなかった。
 シンもその1人だった。反論し、戦いを続ける気力が残っていなかったからだ。肩を
並べる仲間はいない。守るべき大切な人もいない。抗う理由が何処にも無い。
「2年前、オーブで君の家族を殺したのは僕だ」
「知ってる」
「怖かった。戦っていない人をこの手で死なせた事実を、認めたくなかった」
「だろうな。それが1つ目に言いたい事か」
 風が吹いた。1台の乗用車が2人の背後を走り去っていった。捧げられた花が、その
勢いで転がりかける。キラとシンの手が同時に伸び、それを掴んだ。目は合わせない。
「2つ目は?」
「僕とラクスを手伝って欲しい」
「俺が誰を殺したか、知らないのか?」
 シンがキラに視線をやる。キラは笑った。絵に描いたような微笑を浮かべた。
「敵味方に分かれていたんだ、仕方がないよ。僕も……あのレイ君を死なせた。
直接殺したわけじゃないけど、救えなかったんだから同じだ」
「仕方がない?……そうだな」
 問おうとしたシンだが、かぶりを振った。確かに、仕方がない以上のリアクションは
無意味だ。戻っては来ない。誰も幸せにはなれない。笑顔を生まない。
「慰霊碑に花を供えるのと同じだよ。訪れる人が本当に欲しいものは、もう……」
「じゃあ、アンタ達の手下になってやる。仕方がないからな」
「シン、手下って意味じゃ」
「1つだけ条件がある」
 言いかけたキラを、シンは立てた人差し指で制止する。
「俺を、前線以外に配置するな」
「……うん、わかった」
 キラが頷くと、シンは慰霊碑に背中を向けた。両手をポケットに突っ込み、歩き出す。
その後姿を見送り、キラもまたシンとは別の方向に向かって歩く。

 夕空を花弁が舞って、星が淡く瞬き始めた。

109 : ◆ld4xh1oLN2 :2007/12/08(土) 20:23:45 ID:???
ディアッカ炒飯日記はただいまプロバイダ規制(OCN)を受けているため
解除後の投下となります。
出先よりまずはご連絡まで。

110 :103:2007/12/08(土) 20:25:55 ID:???
思いついたんで書いた。これで終わり。

111 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/08(土) 22:02:46 ID:???
>>103

うはwGJ

112 :もしも常夏が種死&種死終了世界で暴れたら:2007/12/08(土) 22:08:51 ID:4Fvg50Z/
「そらぁ!」
クレタ沖で、もはや中古品としかみなされていないような連合のMSと、ザフトの新型が何故か互角に戦っていた。
旧式のMSは三機、カラミティ、フォビドゥン、レイダー。ザフトの新型がソードインパルス。
当たり前のように連合のMSにはそれぞれの生体CPUが、インパルスにはシン・アスカが搭乗している。
状況は丁度、レイダーの生体CPUクロト・ブエルがインパルスにミョルニルで直撃を与えたところだった。
「うわぁあっ!!」
情けない声で吹き飛ばされたインパルスに留めを刺そうと、フォビドゥンの生体CPUシャニ・アンドラスが体勢を崩したインパルスに突っ込む。
「シン!何をやっている!!」
「シンっ!!」
レイの声とルナマリアの声が重なって聞こえた。次の瞬間巨大なビーム砲と相当数のミサイルがインパルスの前を横切った。
巨大なビームは有らぬ方向に向かって逸れたが、ミサイルがシャニを襲おうとしていた。
「オラオラオラァ!」
その時、カラミティの生体CPUオルガ・サブナックが吼え、同時に彼の機体のシュラーク二門が弾けた。
フォビドゥンの目前で花火が炸裂して、ミサイルを貫通したシュラークが奥にいたグフを三機粗大ゴミにする。
「なんなんだよ、こいつらは!」
シンの叫びは誰にも届かない。

「この前来た三人は良く働いているようですね。」
J.P.ジョーンズのブリッジで前大戦で撃墜後、回収された三人の生体CPUの視察に来た連合のお偉いさんが呟いた。
「薬物強化による身体機能の向上、やはりエクステンデッドとブーステッドマンでは戦闘能力の格が違います。」
ブリッジ内のモニターにはルナマリアとレイのザクの援護射撃で辛うじて生き残っているインパルスと、
近くにいるザクやグフを巻き添えにしながら戦っているシャニ、オルガ、クロトが写っていた。
「このままなら直ぐにミネルバは落ちますね」
「いや、まだわかりませんよ。目標ミネルバ!魚雷発射管砲門開け!!てーっ!!!」
艦長のネオは命令の合間に上司の呟きに答えた。しかし彼の心はここに無かった。
――ステラ…俺がもっとちゃんと見てれば…
「高速で飛行する物体確認!インパルスとの交戦地点に向かっています!」
いきなり通信士が金切り声を上げたのではっとして切り替えられたモニターを見ると、白い機体が猛烈な勢いで飛行していた。
「三機に注意を喚起しろ!アウルとカオスも交戦地点へ!」
画面の中では正にフリーダムが彼らに切りかかろうとしていた。

113 :もしも常夏が種死&種死終了世界で暴れたら:2007/12/08(土) 22:09:41 ID:???
がんばって書きます。
ちょっと不安…

114 :94 ◆4x1/ER9Heo :2007/12/08(土) 22:13:23 ID:???
まさか帰って来れるとは……

始めに言っておくと、結構長めになる可能性があります。
あと、ギャグじゃなくマジメにやるよ。


とりあえず原作との違い。

ディアッカは、プラントの穏健派からの留学生と言う事で、
開始時点で既にヘリオポリスにてキラ達と同じ研究室に所属しています。

現時点で既にディアッカとミリアリアは多少意識し合っている微妙な関係です。

筆者のワガママでトールはこの世界にはいません。

115 :94 ◆4x1/ER9Heo :2007/12/08(土) 22:15:44 ID:???

GANDAM SEED -褐色の破壊者- Brownish Buster

久しぶりに研究室から寮に帰る事が出来た。
教授が新しいアーキテクチャを思いついたという話で、オレやキラ辺りは研究室に缶詰にされてた。
んで久しぶりに帰ってみたら郵便受けとメールボックスがすごい事になっていたってわけ。
「…………ん?」
その中の一通。
差出人は親父、つまりプラント評議委員タッド・エルスマン。
正直な話、ここに来た当初も親父の肩書きのせいでずいぶんと苦労したもんだ。
最近ようやく、キラとかサイ辺りとは普通に話せるようになってきたけど。
親父からのメールの内容は簡潔ではあった。
すぐにこのヘリオポリスを出てプラントに戻る事。
理由も何もなくただこれだけ。
「なに考えてんだ?」
不審にも程がある。さらにご丁寧にもメールにはシャトルの予約席が添付してある。
確かに、地球とプラントの関係は最近さらに険悪になって来ているが、
ここは中立コロニーのヘリオポリスだ。
プラントの偏狭のコロニーよりはよっぽど安全なんじゃなかろうか。
シャトルの期日は明日の午前。

しかし、明日の昼は重大なイベントが待っている。
キラやサイ、フレイやミリアリアと言った面々と久々に一緒に食事が出来るのだ。
「………ま、考えるまでもないよな」
論文の提出期限が迫っていると適当に言い訳をして返信しておいた。

ついでにチケットはネットオークションに出したら速攻売れた。
明日の軍資金も出来たし、久々のソファでないベッドでの安眠時間をこれ以上削るのは、
勿体無いのでさっさと寝る事にする。

さて、夢の中では少しでもアイツとの距離が近いといいね。

116 :94 ◆4x1/ER9Heo :2007/12/08(土) 22:18:19 ID:???
いきなりタイトル間違えた!

GANDAMじゃなくGUNDAMだったよ……


117 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/09(日) 00:29:52 ID:???
>>116
ディアッカ主役種再構成でしょうか?
wktkしときます(´・ω・)

118 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/09(日) 00:41:39 ID:drb+35TE
もしニコル死亡直後のキラとアスランの一騎討ちでアスランが死亡したら
もし、シンが家族もろとも死亡したら
もし種、種死のキャラでサイバーフォーミュラをやってみたら


119 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/09(日) 00:49:06 ID:???
>>118
・ジェネシスを破壊できずに地球人類あぼん。
・デュランダルがレイをインパルスの正式パイロットに任命する。マーレが嫌がらせをするが、レイはそれを見抜き糾弾の上、処刑。
・主人公が躁と鬱を繰り返すだけ。何も変わらない。

120 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/09(日) 01:01:25 ID:???
もし種・種死のキャラでエクシードラフトをやってみたら
もし常夏かファントムペインが種、種死の主役だったら
もしアスランが地球軍所属でキラがザフト軍だったら



121 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/09(日) 12:31:31 ID:???
もしアザディスタンが種世界の国家だったら

122 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/09(日) 13:10:49 ID:???
>>121
最初っからエネルギーがないので、NJの影響を受けません><

123 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/09(日) 14:01:11 ID:???
日曜日で暇だし、せっかく職人が作品を書いてくれたので、
まとめ送りにしようと思ったら編集方法がよくわからないw


124 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/09(日) 14:18:37 ID:???
種キャラでファイブスター物語をやったら


ラクスとミーアがマドラ痺Xパークか?

125 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/09(日) 14:34:35 ID:???
もしスタゲのファントムペインがザフト所属だったら
もし種キャラでドラグナーやったら
種世界に海原雄山がいたら

126 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/09(日) 14:42:32 ID:???
>>108
結末サンクス
私もちょっと書いてみた

 血の赤が、雪の白を侵していく。
 今は薄く積もっていても、明日には雪は溶け、ドロドロにぬかるんだ地面が
露わになっているだろう。
 私が殺した……私の大切な人たちを殺した『あいつ』は、最後の瞬間笑っていた。
 侮蔑でも自嘲でもない、本当の笑顔だった。
 『あいつ』にとってはこの世界こそ地獄で、私は愚かにもそこから解放してしまったの
だろうか。
 見上げた空から、もう雪は降ってこなかった。

127 :94 ◆4x1/ER9Heo :2007/12/09(日) 17:20:11 ID:???
GUNDAM SEED -褐色の破壊者- 第1話-砕かれた平和-

久々の仲間達とのゆっくりした昼食は実に有意義だった。
カレッジ内でも、微妙な立ち居位置なオレを受け入れてくれる貴重な友人。
そいつ等と研究室に向かうと、目深に帽子を被った来客がいた。
背はそんなに大きくないが、教授に用事があってきたらしい。
しかし、今日は教授はここにはいないことを伝えると、
がっかりした感じで去っていった。
教授に用事があるにしては不釣合いな背格好だったせいで、何となく印象に残っていた。
その時には、まさかまた会うことになるとは思っても見なかったんだが……

それは確か夕方にはもう少し早い時間だったと思う。
研究棟…いや、カレッジ。違う、コロニーの警報が鳴ったのは。
「な、何が起こった!?」
こんないやな感じがするのは生まれて初めてだった。
「わからないよ。でも、ここから離れた方がいいと思う」
突然のことでも冷静に対処出来る辺りはさすがキラだ、と思いながらも、
仲間と一緒にシェルターへ向かった。

「くそっ!!ここもいっぱいだ。どうするキラ?」
俺とキラは、まだ空きのあるシェルターを探して奔走していた。
サイやフレイ、ミリアリアは少しでも空きがあるシェルターに押し込んできた。
その時、シェルターとは違う工業区画の方へ走り出すキラ。
「おい?キラッ!どこに……クソっ!」
突然走り出したキラを追いかける。
一応、ここも一人ぐらいならは入れそうではあるが、
だからといってキラを置いていくわけにも行かないしな。

「離せっ!」
「いいからここに……」
ようやくオレが追いついたときには、キラは昼過ぎに研究室で見かけた子をシェルターに押し込んだ所だった。
「デ、ディアッカ!?どうして?」
「細かい事はいいからよ。目的も果たしたみたいだし、俺らも早く見つけねぇとな」
「……うん。そうだね」
振動と、炎そして遠方に見えるのはプラント……いやザフトのMSジン。
こんな状況になればいやでも分かる。
「クソッ……親父め。もっと分かりやすく書けっての」

128 :94 ◆4x1/ER9Heo :2007/12/09(日) 17:21:12 ID:???
キラと二人で走り回っているうちにたどり着いた工業区画。
そこには見たこともないMSが横たわっていた。それも3体も。
「も、MS……ザフトのか?それとも連合の…」
思わず呟いた。
「ディアッカ!これ!」
キラが投げてきたのはハンドガン。ここに来る途中でこんなもの調達していたのか。
この臨機応変さはオレにゃ真似できねぇな。
その時、MSの付近から銃声が聞こえてきた。それも複数の。
キラと顔を見合わせると、二人で銃を構え、近づく。
そこにはザフトの制服を着た工兵が、3人。いや、たった今撃たれたので2人。
そして今その一人を撃った連合の制服を着た女性が一人いた。
「民間人!?……早く逃げなさいっ!」
叫ぶ女性。そしてそのスキを見逃さずに撃とうとするザフト兵。
それに気付いた俺はその兵に向かってトリガーを二度引く。
同時に女性の方へ走るキラ。
幸か不幸か、これでも射撃の腕は自信がある。
見事、銃と肩を撃ち抜く弾丸。グレイト。これで犯罪者の仲間入りか?

体制を崩した兵に女性が銃を撃つ。
そのまま、キラと一緒に一体のMSへ走る女性。
残るは一人。俺がそちらへ銃を向けると同時に残ったひとりの兵もこちらに銃を向けてきた。
対峙してみると、死とスレスレだというのに思ったよりも恐怖感は無かった。
相手も思ったよりも若い。俺と同じくらいかもしれない。
俺と同じくらい?いや………まさか。
こちらに銃を向けたまま、ヘルメットを取るザフト兵。
その顔を見た瞬間。同時に叫んでいた。

「い、イザーク!?お前何してるんだ!?」
「ディアッカ!貴様何故こんな所にいる!」

129 :94 ◆4x1/ER9Heo :2007/12/09(日) 17:23:59 ID:???
展開上、今回が第1話に。

この前の前夜の話は第0話ということで。
サブタイトルは後付だけど 「第0話-太陽の都-」ということで。

ディアッカが主役になったので、ライバルもアスランからイザークに変わりました(笑)

130 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/09(日) 19:48:22 ID:???
>>125
D兵器じゃなくてG兵器なわけね。

ポジ的に
ケーン:シン
タップ:ディアッカ
ライト:トール
青い鷹:エンディミオンの鷹
ってとこか。

131 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/09(日) 20:29:57 ID:???
それじゃあトールが1人身に…

132 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/09(日) 21:50:55 ID:???
迂闊で残念な人がwww

133 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/09(日) 22:15:40 ID:???
もし種世界に野原一家がやって来たら
もし両津勘吉がザフトのフェイスだったら
もしアスランが一度もザフトを裏切らなかったら

134 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/09(日) 23:06:42 ID:???
>>133
・クレ種スレ化する
・両さんのことだからお金が絡めばなんでもしそう
・確実にキラ死亡確定、ジェネシス発射で地球人類あぼん

135 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/10(月) 00:06:12 ID:???
GJ。なんか先が楽しみになってきた
でもイザークだとアスランと違って、あんま気にかけてもらえなさそうだw
てかアスランのキラへの執着が異常だったんだが

136 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/10(月) 15:58:59 ID:???
機動勇者ガンダムSEED


企画倒れだ・・・

137 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/10(月) 21:41:05 ID:???
種死の最後の最後までとあることに期待していた身としては
もし種死でキラとアスランの役割が入れ替わっていたら的な話が読みたい

138 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/10(月) 22:01:20 ID:???
もし種世界にワタル一行がやってきたら
もしミネルバにこち亀の特殊刑事課のメンバーが赴任してきたら
もし本編とスタゲのファントムペインを入れ替えて種死書き直したら

139 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/10(月) 22:08:30 ID:???
>>138
最初二つはクロスだろ……

140 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/10(月) 22:39:28 ID:???
そういや逆シンの人土曜にこなかったな。今週は来るだろうか?

141 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/10(月) 23:25:56 ID:???
>>140
そーいや、そーだね。

142 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/10(月) 23:40:07 ID:???
(種死後数年先)未来のシン・アスカが(種死開始時に)タイムスリップしてきたら

とかくだらない事を考えた時期が俺にもありました。
パラドックスは起こらない方向で、過去のを諭す未来のとか
アスハの理念のせいでオーブがどうなったかを口滑らせるとか…

143 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/11(火) 00:02:58 ID:???
いきなりガンダムが5体総て奪われる
クルーゼ隊は目的を果たしたので撤収
後には乗組員の大半を失って動けないアークエンジェルが残されるのみ
しかしヘリオポリスの復旧作業中に工場エリア最深部で3体のアストレイが発見されて……

144 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/11(火) 00:37:09 ID:???
行き掛けの駄賃に護衛のいないアークエンジェルも壊されるんじゃね。

145 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/11(火) 00:42:58 ID:???
アークエンジェルの艦長がナタルだったら
マリューはメカニックとして



146 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/11(火) 01:25:41 ID:???
今はアストレイってあそこに5機あった事になってるらしい

147 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/11(火) 01:30:06 ID:???
赤・青・金・緑・?

148 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/11(火) 01:38:18 ID:???
やっぱ最後は紅一点のピンクだ(ry

149 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/11(火) 02:02:20 ID:???
>>144
アークエンジェル無視でMSだけうばうなんてあったら、
機動戦士ガンダムSeedじゃなく「大艦巨砲アークエンジェルSeed」と化しそうだな

150 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/11(火) 09:22:16 ID:???
もしシンが1クール時点でカガリを殺していたら…
(会ってすぐだと軍法会議→銃殺刑ルートしかなさそうだから、タイミングは連合とオーブの
同盟締結直後で。それなら「軍事行動です」って言い訳できる?)

151 :103:2007/12/11(火) 10:01:58 ID:???
>>150
種死のHP見てきたけど、1クール時点では難しすぎるだろwしかもカガリが
死ぬってだけじゃなく、シンが殺すわけで……うーん、アーモリーワン襲撃の
時にカガリを見つけ、事故を装って殺すとかかなあ?

152 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/11(火) 10:35:40 ID:???
>>151
ミネルバにノコノコと(シン視点)同盟締結の謝罪にやってきたカガリを縛り上げ、
「攻撃したら代表の命はないぞ!」と連合&オーブ軍を脅す。
悠々とオーブ領海を越えた後、用済みとなった(シン視点)カガリに
「あの世でウズミに言うんだな。オーブはお前の犠牲になった国民によって滅ぶと!」
とか言って、銃殺……てなことを思っていたこともありました。

153 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/11(火) 11:56:37 ID:???
>>152
ちょ、プラントが世界の敵

154 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/11(火) 12:35:47 ID:???
同盟締結の件を謝罪ってwプラント側に説明するなら通信越しで良いだろうに。
もしほんとにやってきたとしたら、「そっちが攻撃してくるんなら代表の命も
危ないよ」とは言うだろう当然。連合軍は構わず仕掛けるかも知れないが。

まあただでさえプラントの防衛は危ういんだから、カガリを殺すなんて
軽挙妄動は許さないし、素振りを見せた時点で処刑するだろ、普通。議長の
お気に入りだろうが何だろうが、理由は後から幾らでも作れる。

155 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/11(火) 18:23:34 ID:???
逆シンもの書いてるものです。遅れてすいませんorz

10〜11時の間にプロローグ投下したいのですが、よろしいでしょうか。

156 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/11(火) 18:25:18 ID:???
逆シンもの書いてるものです。遅れてすいませんorz

10〜11時の間にプロローグ投下したいのですが、よろしいでしょうか。

157 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/11(火) 18:32:55 ID:???
>>155-156
もちつけ。
22時〜23時ね。


ちなみに名前欄を作品タイトルにするとか、トリップにしたりすると
まとめに収録するとき作業しやすくなるので、できればよろしく。

158 :C.E.78:2007/12/11(火) 18:35:45 ID:???
10って……明日投下するつもりか自分(汗
それでは、22〜23時の間に投下させていただきます。
トリはこれでよろしいでしょうか?

159 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/11(火) 18:45:55 ID:???
>>158
それはトリじゃなくてただのコテ。
トリ付けるなら#のあとに全角なら4文字、半角なら8文字まで適当な文字入れれ。

あと投下するならどっちか片方にしてくれ。

160 ::2007/12/11(火) 18:46:53 ID:YERZsf+7
それはコテハンだ。抽出には別に問題ないけど。
トリップは名前の後に半角「#」を入力、それにつづけて好きな文字を入れる。

たとえばC.E.78#C.E.78と入れれば……C.E.78◆O9Yusook1Aって感じになる(はず)。

◆の後の文字はキーワードを元に自動生成。
名前欄に◆を入れても◇になるので、◆O9Yusook1Aと入力しても◇O9Yusook1Aとなる。
なりすまし防止機能ってわけだ。
(詳しいことは検索して)

では、お待ちしてますね。

161 :C.E.78 ◆RcLmeSEfeg :2007/12/11(火) 18:51:15 ID:???
こんな感じでよろしいでしょうか。

162 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/11(火) 18:52:20 ID:???
おk

163 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/11(火) 19:55:49 ID:???
このスレを見て思ったんだが全裸スレや冷静スレとかのネタみたいな物は
ここで良いのだろうか?

164 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/11(火) 20:52:51 ID:???
避難所にいけば

165 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/11(火) 21:23:20 ID:???
もしデス種で、フレイとラクスが生存かつ戦う力を持っていたら

フレイ:精神体の描写から補正として特異な空間認識能力有り(NTみたいな)、種は無し
機体:ルージュorムラサメ→アカツキ(大鷲→不知火)
所属:アークエンジェル

ラクス:フレイ生存によりプラント帰還。議長に協力。種割れ
機体:ザク→ドム→∞ジャスティス
所属:クライン隊・エターナル(ミネルバ含む)

その他変更点
・アッシュ隊の狙いはキラ(ラクスの差し金)
・イザークはインパルス二号機(ソードorフォース)、ディアッカは三号機受領(ブラスト)→脱走
・アスランはレジェンド受領後、クライン隊所属。セイバーはルナマリア、インパルスはレイ
・量産型ストライクフリーダム
・フリーダムはデルタアストレイのデータを用いて、デルタフリーダムへ(形状は同じ)
・ムウ(ネオ)は連合、虎はアークエンジェルのまま
・最終展開としてはオーブ勝利

さて、どう料理するか……

166 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/11(火) 21:26:12 ID:???
>>165
オーブとザフトで連合の領土を奪う競争ですか

167 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/11(火) 21:59:01 ID:???
どうせ>>165の連合はアニメ通り馬鹿揃いなんだろうな。まあ連合に優秀な人材が
揃ってると、物語開始時に勝者が決まってしまうからなんだろうが

168 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/11(火) 21:59:32 ID:???
>>166
フレイがラクス倒して、キラとラブラブEDなんじゃないか
シンラスボススレでもそんな展開希望してた人多かったし

169 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/11(火) 22:05:42 ID:???
あれなんでフレイなんだろうな。とんでもない女っていう印象しか残ってないんだが。
勿論、じゃラクスがヒロインなのか?と問われればNOだが。ヒロインとか別に
いなくても良いじゃないか、と思う。

出されるIFネタを見てて思ったが、キラもシンも格好良い話って不可能なもんかね。

170 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/11(火) 22:08:06 ID:???
フレイ厨は二次で天敵キャラに復讐したいのか
シン厨と同じ負け犬臭がする奴が多いな

171 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/11(火) 22:11:17 ID:???
連合各3馬鹿を手下にしたフレイはかっこよかった

172 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/11(火) 22:13:04 ID:???
>>170
フレイの良化ってのはオリキャラ出したくないときの手段ですから

他に女性キャラというとマリューとかミリミリアとかもいるけど、こいつらデフォのくっつく相手居るし

173 :C.E.78 ◆RcLmeSEfeg :2007/12/11(火) 22:15:23 ID:???
 では、投下を開始してもよろしいでしょうか。


174 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/11(火) 22:16:41 ID:???
レスがなければそれはokと同じ。

ま、宣言とはそう言う物だ

175 :C.E.78 ◆RcLmeSEfeg :2007/12/11(火) 22:17:43 ID:???
ではいきます。


プロローグ 『C.E.78』



 翼折られ、剣砕かれて月に沈むは“運命”を背負いし魔人。今はもう動けない。ただ静かに刻の流れに乗って、月の風に身を削る。その瞳に宿っていたであろう輝きは、今は無く。空虚な眼差しだけを宇宙に向ける。

―その翼は何のために?
 標された運命を次の時代へ繋げるために。
―その剣は何のために?
 立ちはだかる敵を裂き、次への扉を切り拓くために。

 今はもう全て亡くなった。
抱かされた理想も。
それを護る為の力も。

 抜け殻の鎧の手甲に、力が満ちることはもう無い。

それでも……

―敗北の先。水の星へと帰っていった主の無事を、麗しいこの月より信じて眠ろう。


 翼閉じ、深遠に消えたのは運命の子。世界の流れに取り残され、今も眠る。
 それでも何れ目覚める日は来るだろう。かつての主。炎の瞳を持つ少年とともに。



176 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/11(火) 22:18:04 ID:???
議長がファビョらない種死
ザフトが本当に正義の味方として描写
シンは若きエースパイロットで仲間と共に人間的にも成長していく
・・・てのは「普通」の物語としては王道
連合側の描写もきっちりやるが、ラクシズ側の描写を一切入れない
これでラクシズが何を考えているか解らない不気味な敵に見えてくるハズだ
こういう流れだと、ストーリーの大まかな流れは同じでも別物になるハズ
ラストはどうしてくれよう・・・


177 :C.E.78 ◆RcLmeSEfeg :2007/12/11(火) 22:19:51 ID:???
C.E76。C.E74に発足されたプラント現政権は事実上、消滅した。突如としてラクス・クライン政権に反旗を翻したのはリ・ザフトを名乗る武装集団。
当時のザフト軍主力機、ザク・ウォーリアーを上回る性能を持ったMS―ゲルググによる奇襲戦法によって、開戦間もない混乱期の間に、ザフト宇宙軍
の主だった拠点を次々と陥落していった。中には投降し、正規軍に牙を剥く部隊も現れる始末。そこまで両者の力の差ははっきりとしていた。これに対し、
プラント―ザフトはキラ・ヤマトの駆る当代最強のMS、ストライクフリーダムを中心とした作戦を展開。圧倒的火力に物を言わせ、一気にリ・ザフトとの
総力戦に望んだのだった。
 この時、ザフト軍旗艦エターナルには、プラント最強評議会議長、ラクス・クラインの姿があった。ザフト軍の士気は、歌姫の加護もあって、最高潮に
達しており、数で勝るザフト軍は徐々にその勢いをもってリ・ザフトを圧していった。ザフト軍は、己の勝利を確信した。これまで負け続けでも、ここで勝てばひっくり返せる。
 だがその時、リ・ザフトの首領――紅い騎士が現れた。

『アスラン・ザラ。ナイトジャスティス、出る』

 そのMSを見た者は、己が目に映ったそれを信じることが出来なかった。
 かつて、歌姫と共に巨悪と戦ったとされる英雄、アスラン・ザラが、その“巨悪”となって世界の前に起っていた。



178 :C.E.78 ◆RcLmeSEfeg :2007/12/11(火) 22:25:46 ID:???
『親愛なるリ・ザフトの諸君。恐れるな、正義は我らと共にある』 

 彼は常に“正義”を掲げて戦う。平和を共に享受するべく戦った同志達の前に敵となって尚、彼は己の正義を振りかざした。

『軟弱なる現プラント政権を打倒し、コーディネイターによる世界の真の統治を目指し決起した我々を、止め得る者は何処にもいない』

 アスランを思想で止められる者はいなかった。一度起こった動揺は止められない。ザフト軍は英雄の裏切りによって進軍速度を落とし、アスランの宣言に力を取り戻した
リ・ザフトはそんな弱小なる自分達の古巣を駆逐していった。

『さぁ供に往かん!真の正義を胸に抱きし同胞達よ!』


179 :C.E.78 ◆RcLmeSEfeg :2007/12/11(火) 22:27:08 ID:???
宇宙を翔ける赤と青の光。螺旋を描くように舞い、時折り交じり合っては傷付け合う。
『アスランっ!』
「キラァ!」
キラ・ヤマト―ストライクフリーダム―とアスラン・ザラ―ナイトジャスティス―は、鍔迫り合ったまま円筒型コロニーの内部へと突入していく。
かつて、連合軍が開発した戦略兵器、レクイエムの根幹を成していた巨大ビーム偏向筒。戦後、解体されたはずのそれは、確かに今、存在した。
『こんなものを持ち出して、今更何をしようっていうんだ!』
「お前に、話す必要もないだろう!」
 戦闘宙域の遥か外に控えるリ・ザフトの旗艦、グレズヘルムが誇る主砲こそ、レクイエムに代わる粛清の砲火。その名はオーディン。
『あんなもの、絶対に撃たせはしない!』
 正規ザフト軍の最優先目標。それはアスラン・ザラではなく、あくまで旗艦の撃沈と、ビーム偏向筒の破壊だった。しかし、オーディン破壊に
向かった主力部隊はリ・ザフト決死の防戦に攻めあぐね、偏向筒破壊に回った部隊はキラを残して全滅させられていた。
 恐るべきはリ・ザフトの首領たるアスラン・ザラの駆るナイトジャスティスの勢力。キラのストライクフリーダムをもってして、満足に渡り合うことが出来ずにいた。
今の拮抗状態は、スーパーコーディネイターであるキラの驚異の適応能力が有効に利いているに過ぎない。
 アスランはキラの叫びを意に介した様子も無く、それどころか鼻で哂ってみせた。
「オーディンどころか、この偏向筒すら落とせなかったお前達に、何が出来る!」
身体を押し込み、強引に鍔迫り合いを解かせるナイトジャスティス。頭突いて怯ませ、切り払い。キラとストライクフリーダムのコンビネーションですら、かわしきれずにつま先を焦がされる。
『うっ!』
「甘い!」
ナイトジャスティスの猛攻の前に臆したキラに、アスランは追撃の手を緩めはしない。背部のリフターを分離させ、ストライクフリーダムに向かって突貫させた。
鳥の意匠を極力薄くしたようなフォルムのリフターが淡い緑光に包まれていく。起源をユーラシア連邦の光波防御体に持つその力は、かつて聖者を貫いたとされる槍――
『うわぁっ!』
 ロンギヌスが、ストライクフリーダムの下半身を粉砕した。







180 :C.E.78 ◆RcLmeSEfeg :2007/12/11(火) 22:28:16 ID:???
目覚めて最初に目に入ったのは自分の血だった。どうやら額を切ったらしく、無重力に浮かぶ赤い粒が、バイザーの中をたゆっていた。
「ぼく、は……」
 負けたのか。動かそうにも、愛機たるストライクフリーダムはぴくりとも動かなかった。供給が止まったVPS装甲も色を失っていて、燃え尽きた灰のよう。
 キラ・ヤマトの敗北。それは遠回しに、ザフト軍そのものの敗北を告げていた。
 
―ザフト軍旗艦、エターナル撃沈。プラント最高評議会議長ラクス・クライン死亡。その報が本国に届いたとともに、評議会はリ・ザフトの息の掛かった議員を中心として制圧された。
 彼らは、パトリック・ザラを信奉する過激派だった。


 CE.76。平和の歌姫が約束した永遠の平和は脆くも破られ、世界は再び混迷の中へと飛び込んでいくことになる。

 それでもまだ、一人の青年の瞼は閉じられたまま。それが開かれる日は……



181 :C.E.78 ◆RcLmeSEfeg :2007/12/11(火) 22:29:50 ID:???
C.E76。プラントに宣戦布告したリ・ザフトはその武力をもって当時の政権を撲滅。評議会を掌握し、新政権を打ち出した。コーディネイターを新人類とし、
ナチュラルを“旧”人類と定めた彼ら新生ザフトの方針はかつてのパトリック・ザラ政権を髣髴とさせた。
 C.E76末。旧ザフト軍の残党はネオザフトを名乗り、現政権に宣戦布告。プラント最高評議会議長、エザリア・ジュールはすぐさま軍を動かし、これに対抗。

 誰もが疑わなかった、数で勝るザフト軍の勝利。しかし、その予想は大きく裏切られることになる。
 ネオザフト最強の剣。クライン派が抱える秘密組織、ターミナルの遺した遺産。キラ・ヤマトの新たなMS。
 その名は、『エクセリオン』。

「……」
 エクセリオンの象徴である、十枚の光の翼が、リ・ザフト軍のゲルググを切り裂いてゆく。全身を刺々しい鎧で覆われたかつてのストライクフリーダムは、
しかし以前の美しさを失っていた。今そこに在るのは、怒りと復讐に燃える男の爛れた心が表となった、悪鬼の拳。
「……」
キラは外部から響く敵兵達の悲鳴を一身に受けて戦う。ほんの少し前までは同胞だった。そんなことは関係ない。なぜなら、彼らは裏切ったのだから。
 自分を。
 ラクス・クラインを。
 平和の為だけに戦った彼女が、何故に“正義”に裁かれなければならなかった?
 自分だけならばよかった。同胞が、彼女を裏切ったことが絶対に許せなかった。
「……」
 違う。間違っている。間違っているのはその“正義”だ。親友だったはずの男が掲げた正義こそ、歪んだ“悪”だ。ならばその“悪”は本当の“正義”
によって討たれねばならない。
 それが出来るのは、自分だけだ。自分と、その剣であるエクセリオンだけだ。
「……誰にも、邪魔はさせない」
両腰に携えたビームサーベルの柄に手を伸ばす。僅かな間だが攻撃の手を緩めたエクセリオンに、三機のゲルググが殺到した。三方向からの同時攻撃。
放たれた三つのビーム。直撃コースのそれを、キラは避けようともしなった。
 否。避ける必要など無い。キラは敵の攻撃の先を読み、その軌道を斬っていた。切り払われる三つの光。ゲルググのパイロット達は、触れてはいけないものの存在を確信した。
「僕の邪魔は、させない」
 気づいた時にはもう遅く。
 刹那、エクセリオンの全身が白く輝いた。



182 :C.E.78 ◆RcLmeSEfeg :2007/12/11(火) 22:31:24 ID:???

 ほんの少し前までは同胞だった。けれどもう違う。謝れば、許してあげたかもしれない。でも、もう許すことも出来ない。彼らは皆、もう死んでしまったのだから。
 こうして今も、宇宙の塵になって漂っている。エクセリオンの眼前を浮かぶ何かを、キラは器用にエクセリオンのマニュピレーターを操作して掴んだ。
「ふふふ……はははっ!」
 ほら、君達が間違ったからこうなった。間違いを犯したら、罰が必要だよね。僕は正しいから、君達を罰するよ?
『僕が、君達を正してあげるよ!』
 エクセリオンの――キラ・ヤマトの叫びが、虚しく響いた。


 C.E76末。かつての英雄は叛徒の長となった。もう交わることの無いだろう道に進んだ友を妬んで。
 こうして宇宙に生きる新人類は、同胞殺しの戦いに身を投じることとなった。しかし、この戦いが彼らの間だけで終わるはずも無い。アスラン・ザラが旧人類と
断じたナチュラル達の生きる母なる星、地球。大地から宇宙を見上げる者達も、迫る脅威に立ち上がろうとしていた。
 一つの種として、外敵を排除しようとする本能。
 一人の人として、譲れないものを護り抜こうとする意志。
 いつか夢見た栄華を、未だ求める者の策謀。
 全てを取り込み、世界は何れ来る終末まで胎動を続ける。



 第一話 『接触』に続く


183 :C.E.78 ◆RcLmeSEfeg :2007/12/11(火) 22:32:47 ID:???
プロローグはここまでです。
逆シンからプロットを立ち上げ、シン主人公アフターのような感じで考えているのですが、
プロローグにおいては主人公であるシンが出てきませんでした。
第一話からしっかりと登場するので、ご安心を。
それではまた。

184 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/11(火) 22:34:41 ID:???
GJ!
・・・途中で割りこんでスマン・・・

185 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/11(火) 22:38:10 ID:???
続きからじゃなくて頭から投下し直しなんだな。


186 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/11(火) 22:54:37 ID:???


シンが出てこないと逆襲のシンという実感が湧かない。
それはさておき、アスランの使い道はかなり違いが出てくるね。

187 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/11(火) 22:57:20 ID:???
裏切りを繰り返さずにはいられないのがアスランの性か

188 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/11(火) 23:19:37 ID:???
もし種キャラで特攻の拓をやったら

189 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/11(火) 23:43:37 ID:???
もしデスティニープランが全世界に実行されてたら

190 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/11(火) 23:45:22 ID:???
ラブ・シンクロイドみたいな世界になる

191 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/11(火) 23:47:07 ID:???
むしろ宣言後
反論した奴ぶっ飛ばすじゃなくて
話し合いで片っ端から言いくるめていたら

192 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/11(火) 23:49:08 ID:???
その方がめちゃくちゃ平和的じゃん

193 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/12(水) 00:00:12 ID:???
>>177
乙。確か最強じゃなくて最高評議会だったような

>>167
連合忘れてたよ。追加
・スタゲ組ファントムペインは本編組とオーブの条約締結後に合流
・カナードは憎悪を抱いたままファントムペイン編入。ネオはプロトセイバー、カナードはテスタメントを受領
・シンはボンボン版に近くし、迷うこと無く憎悪の力で強くなる
・カガリとアスランはあくまで親友。ルナマリアはアスラン一筋
・DPによる圧政と弊害を根拠づける。(適性有りでも一定基準を満たさなければ淘汰・調整される、管理に反すれば即逮捕等)
・最終決戦は取り込まれた連合及びザフトvsオーブ及び反DP軍


こうすりゃだいぶ違うんじゃないかな?
ラフレシアとかクィンマンサみたいな機体ないの残念だけど

フレイに関しては後半が良い印象なので「更正されたフレイ」
キラフレが一番異種間や相互理解とかに合ってるし

194 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/12(水) 00:03:39 ID:???
まとめに登録しといた

と書こうと思ったら>>193の誤字訂正を見つけた件。
アリガト

195 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/12(水) 00:45:30 ID:???
>>192
世界をシステムと捉え、人間より社会運用を重視するならDPはいいかもしれない
でも人間の自由や夢、希望や努力を封じるのは認められない
争いは起こる可能性はある。でも、それを選ばないということもできる。起こるのであれば止めることだって出来る。それが人の持つ可能性だから

前者はシン、後者はキラの考えだと思う。個人的には後者を支持する

シン「あんたらの言う理想で戦争が無くなるのか?」
キラ「無くしてみせるさ!そのために僕は戦争そのものと戦ってみせる」

196 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/12(水) 00:49:22 ID:???
どっちかってぇとシンの台詞じゃね? >戦争そのものと戦ってみせる

197 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/12(水) 00:52:55 ID:???
実行後しばらく経ってからでないと効果が現れないだろうから5,6年くらいは様子見ないと

198 :94 ◆4x1/ER9Heo :2007/12/12(水) 01:03:14 ID:???

GUNDAM SEED -褐色の破壊者- 第2話-その名はバスター-

「お前……イザークだよな?」
そんなのは確かめるまでも無い。
イザーク・ジュール。
俺がまだヘリオポリスに来る前、プラントでの友人だ。
あの頃から何年も経ってるし、プラントと連合はとっくに会戦してるんだから、
兵士になっててもおかしくはないんだが。

その時、さっきキラが乗り込んだMSが起動を始めた。
「く……貴様に構っている暇は無いっ!」
イザークはすぐ傍の一機に乗り込むと即座に起動させようとした。
この場には3機のMSがあって、一機にはキラ、もう一機にはイザークが乗っている。
そしてこの場に残っているのは俺しかいない。
となれば?
「アレを俺に動かせってか」
俺は残った一機に乗り込んだ。

「こんなので、動かすなんて冗談にも程があるっての!」
インターフェイスが作業用のMSに比べて格段に複雑なくせにOSはてんで稚拙。
毒づきながらOSを修正していく。
各部インターフェイスと、この機体の性質、特性、機能を把握しながらOSの書き換え。
こんな時に自分がコーディネーターだって事を実感させられる。
まぁ、嫌ってワケではないんだが……

最初に起動したのはキラの乗った機体。
立ち上がると、暗灰色だった機体が赤、青、白の鮮やかなカラーリングに変わっていく。
どうやらアレがフェイズシフト装甲ってヤツらしい。
少し遅れて、イザークの機体が起動。
その機体は青と白色系の色に変わった。

199 :94 ◆4x1/ER9Heo :2007/12/12(水) 01:04:16 ID:???
始めに動いたのはキラの機体だったが、機体自体の操作に関しては、
イザークの方が習熟していたと見えて(なにしろ、中立コロニーに潜入してくる工兵だ)
イザークの機体の方が明らかに動きがいい。このままじゃイザークに逃げられてしまう。

ようやく自分もOSの修正が終わり起動する。
順に表示されていく文字。
「GA…T…えーと103…BU……バスター…」
さらに続けて表示されていく。
「ガン……ダ…ム……?」
バスターガンダム。それがこの機体の名。
「………行くぞ」
誰に言うでもなく呟く。
ゆっくりと立ち上がったバスターはホワイトベージュと暗緑色へ遷移した。

イザークの乗った機体は、これで用は済んだとばかりにさっさとこの工業区画から退避していく。
こっちは通信すらよくわからないまま、目の前を行くキラたちが乗り込んだ機体を、
何とか追いかけているといった状態。
そんな時に現れたザフトのMSジン。モノアイが不気味にこちらを見る。
考えるまでも無く、アイツを逃がそうという行動だろう。
このバスターも曲りなりにも戦闘用MSだ。
なにかすぐに使える兵装がないか、画面を切り替えて探す。
右腰部の350mmガンランチャー電磁レールガン。装弾なし、残弾もなし。
左腰部の94mm高エネルギー収束火線ライフル。ジェネレータの出力不足。
パッと見の主兵装はどちらも使用不可ときたもんだ。
残ってるのは……両肩の220mm径6連装ミサイルポッド。
右肩部のみ装弾済み。何でここだけ装弾済みなのかサッパリわからんが使えるものは使わせてもらう。
この辺は、言い方は悪いが高度なシミュレータの延長みたいな感じで。
弾幕に包まれるジン。しかし、流石にそれでトドメとは行かず、さらに迫ってくるジン。
正直、もう使用できる武器がない……というか、近接用の兵装がまったくないのはどうしたものか。
あとはこのフェイズシフト装甲とやらがどこまで堅いか頼み……

その時横合いから、視界いっぱいに広がる鮮やかなトリコロール。
次の瞬間、ジンは爆散していた。
結局、キラに最後を決められちまったな。
そう思った後に、周りを見回してみたが既にイザークの乗って機体は何処にもいなかった……

200 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/12(水) 01:09:10 ID:???
規制?それとも投下完了?

201 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/12(水) 01:26:48 ID:???


>>196
いや、シンは戦争が無くなくなるなら心を捨てるまで徹底する戦士になれば強いし
キラは人を信じてるし、戦争というものと戦うのはキラでしょう

202 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/12(水) 01:29:53 ID:???
投下完了みたいですね

バスターGJ

203 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/12(水) 02:04:48 ID:???
さすが砲戦機。ディアッカも落ち着いてて……落ち着きすぎじゃね?余りにもw
思わず過去に何かあったのかと疑ってしまうw状況把握も、いきなり現れた敵機への
対応も凄くスムーズ。そして第1話を読むとキラも只者じゃねえwなんなんだw

>>201
キラは人を信じてるんじゃなく、大切な物を絶対安全な場所に置いてるから、先の
事や不確かな事に期待をかけられるんだよ。だから主役じゃなく、一歩引いた所で
主人公をサポートするポジションが合ってる。余り出張りすぎると、その余裕が
鼻について反感を買うから。

204 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/12(水) 02:53:17 ID:???
そうかなぁ。キラも守るのに必死だと思うぜ

なんか世界に仇なす存在が、自分の大切な人や世界を守ろうとするのは好きなんだよな
シンは敵側としてのが映えるし、昭和テイスト過ぎて主役には向かない。主役にしようとすると仮面ライダー剣でいう睦月みたいなものになってしまう悪寒

205 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/12(水) 03:33:55 ID:???
キラが自分の功罪と向き合ってオーブの兵士としてルージュ(の色したストライク)に乗り、シンパルスとガチバトル

そんなことを考えている時期が俺にもあります、というか他スレで考えてます

206 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/12(水) 03:38:40 ID:???
>>203
一応ラクスやAA組も戦場に出てるんですが・・・ただまあキラが人を信じるってのには『?』だけど
暗殺=デュランダルの仕業、と即決するような男だし。他国での暗殺に最新鋭MS投入する馬鹿がどこにいるかと(ry

207 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/12(水) 08:32:05 ID:???
そもそもMS投入するなら気付かれる前に吹っ飛ばせって話ですよ

208 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/12(水) 09:45:10 ID:???
もし嫁補正がなかったら
それで心理戦というか言葉で動揺しなかったら

209 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/12(水) 09:56:56 ID:???
ああそうか。ラクスもAA組も確かに戦場出てるね。何で絶対安全だなんて
思ったんだろ俺w でもキラ達を見てても全くハラハラしないというか、
どうせ何やっても上手くいくんだろうなこいつら、という目で見てしまう。
だから物語の中心、つまり主人公として認識できない。

勿論、主役の行動は大体上手くいかないと駄目なんだが……なんか、見てて
首を傾げたくなるんだよな。見せ方というか演出が悪いよね。

210 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/12(水) 10:52:38 ID:???
>>206-207
建物制圧するんだから催涙ガス系の装備持ってけばいいのに、と思ったのは俺だけじゃないはずだ。

211 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/12(水) 11:04:38 ID:???
わざわざ中に侵入したりMS出さんでも屋敷をロケットランチャーとかで一掃すりゃいいじゃん

212 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/12(水) 11:17:59 ID:???
シンラスボススレもここで良いのか?

213 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/12(水) 11:19:46 ID:???
ロケットなんて使ったらオーブ軍に気付かれてしまうじゃないか。と思ったら
隠密行動には最悪なMSなんて出すし、しかも水陸両用機の癖に陸上でドタドタ
してるだけだし。水に半分でも潜れば、ビーム兵器主体のフリーダムとはかなり
有利に戦えるのに。誰だ脚本書いた奴は。

214 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/12(水) 11:22:48 ID:???
暗殺するだけなら、爆薬つんだトラック突っ込ませる方が確実だったよな。
テレビ放送できるかどうかは別として。

>>212
良いんじゃね?

215 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/12(水) 11:34:24 ID:???
あの暗殺はクライン派のマッチポンプ

216 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/12(水) 11:47:26 ID:???
>>214
警戒してないならそれで確実に爆殺だよな

(いくらオーブといえど、腐っても政府首脳のカガリを同じ手段で殺すことはさすがに困難だろうが)

217 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/12(水) 13:24:07 ID:???
>>215
実際はザラ派残党の仕業だっけ?議長濡れ衣www

218 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/12(水) 14:33:55 ID:???
一応最新鋭MSのアッシュをザラ派が手に入れられるか?奴等ならば使い慣れているグーンかゾノを選ぶかと。

むしろターミナル内部の内ゲバの方があり得ると俺は思う。

219 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/12(水) 14:35:32 ID:???
ザラ派はクライン派(ラクス派)のバックであるターミナルに思い通りに使われてそうだな

220 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/12(水) 14:35:35 ID:???
カイトが新型のザク入手できてんだから大丈夫だろ。

221 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/12(水) 14:59:44 ID:???
もし種・種死のキャラがKOFに参加したら

222 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/12(水) 15:09:42 ID:???
ヤプーよんだらコーディネーターの認識が変わった
人間よりも強化されているんだから人間には耐えられないような職業に進んでつくんだよ
強烈な悪臭もコーディにはいい香りとして認識されるし胃腸も強いだろうからなんだって食えるだろう
糞尿処理用コーディネーターとかに直接すすってもらったりね

223 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/12(水) 15:22:37 ID:???
>>222
(i)
さあ、お前は私のここに仕えるんだよ!

224 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/12(水) 15:34:20 ID:???
(i)<ビー

225 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/12(水) 16:50:27 ID:???
>>218
福田がインタで、襲撃の犯人はザラ派でデュラは知ってたけど黙ってただけって言ったんじゃなかったっけ?

226 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/12(水) 16:56:03 ID:???
フクダのインタビューがなんの参考になるというのか。

227 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/12(水) 17:56:41 ID:???
まて、アレは自由を奪還にきた人たちじゃないか、だからシェルター壊せるMS出したんじゃないのかい?ピンクはついで

228 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/12(水) 18:17:42 ID:???
>>165のフレイとラクスパイロットデス種における勢力関係の変更及び追加。

・アークエンジェルは連合の支配地域から脱しようとするレジスタンス支援、オーブの戦いの阻止、アスハ別荘襲撃に関してデュランダル及びラクスへの真偽究明
・ブルーコスモスはキラが「最高のコーディネーター」と突き止めて、キラ及びアークエンジェルをS級国際テロリスト認定

これでキラがデルタフリーダムに乗り換えるまでに、もしストライクだったらどう生き残るか

229 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/12(水) 18:23:52 ID:???
>>227
自由が出てきたらヨッピーびっくりしてたし・・・

230 :C.E.78 ◆RcLmeSEfeg :2007/12/12(水) 18:24:33 ID:???
こんばんわ。
第一話投下、よろしいでしょうか?


231 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/12(水) 18:33:07 ID:???
OK

232 :C.E.78 ◆RcLmeSEfeg :2007/12/12(水) 18:34:37 ID:???
では。





「一緒に戦おう」
 あぁそうか。俺は甘えたかったんだ。殺し合った人達が、俺を受け入れてくれた。

 それに、縋りたかった。

 戦おうじゃないか、一緒に。俺がするべきことは今も変わらないはずだから。場所なんて関係ない。これからも俺は、戦っていけるのなら……。


でも……世界は何時だって、俺に冷たい風を運んでくる。


 C.E78。彼はまだ、深い眠りの中にいる。



機動戦士 GUNDAM SEED ―C.E78―

『何時か還る紅花』


〜第一話 接触〜


 オーブ連合首長国。大小様々な島からなる、技術立国である。もっとも、その繁栄を支えるのは技術と言っても軍需。
最新のMS開発技術によるものではあるが。
 C.E78において、オーブは“地球でもっとも強い”軍隊を保有することでその名を馳せていた。



233 :C.E.78 ◆RcLmeSEfeg :2007/12/12(水) 18:35:43 ID:???
 鼓膜を病的なまでに苛む騒音が、今日も港に響く。本土防衛用MS、『ヤマト』の誇るオーブ最新技術の塊、エクスドライブの“安定しない”駆動音だった。元々、エクスドライブの『エクス』は『X』。すなわち『未知』を示す意味で使われていた。
何が未知なのかは分からないが、内部でもその『未知』を知るものはごく僅かだったそうだ。なんでも、ある組織からの贈り物、だったらしい。実しやかに囁かれているが、真偽の程は定かではない。
核分裂炉に匹敵する出力をたたき出すモンスター。しかし、その代償なのかなんなのか、この怪物の唸り声は猛獣のそれであった。要するに、
「……うるさいんだよ。相変わらずだな、あの新型さんのぎゃあぎゃあ声は」
 
 その男は埠頭にぽつりと立って、釣りを楽しんでいた。先程まで、入れ食いと言っていい盛況ぶりだったというのに、あの迷惑MSの群れが飛び去っていってからぴくりとも竿は動いてくれなくなった。
 最悪だ。小市民の束の間の休息を奪って、何がそんなに楽しいんだ。
「今日はもう駄目か、な」
男は名残惜しそうに、リールを回し始めた。僅かに残った餌を、海に放ってやる。オキアミだが、まあご馳走だろう。この海の魚は、基本餌に飢えていた。
「明日もよろしくな」
 魚は友達。あ、でも明日は雨だったな。男、シン・アスカは薄ら笑いを浮かべて大海原と向き合う戦場を去った。


 帰りに雑貨屋に寄って、生活必需品を幾らか補給しておく。同居人が切り詰めてくれているお陰で、生活に苦はないが、これくらいのことは手伝ってやりたかった。まったく。人も変われば変わるものだとシンは思った。
「今日は一段と暑いな」
空いている右腕で、額の汗を拭う。柄のない白いシャツと、紺のジャージという、飾り気も何もない格好。もっとも、暑さをやり過ごせるはずもない。暑いものは暑かった。こんがり焼けた肌に熱がこもっていけない。
 ふと、歩道の遥か先を見やった。
「逃げ水、か」
蜃気楼の一種。追えばそれだけ向こう岸へと逃げていく湖。渇きに喘ぐ人々は、そうと知っても追いかけるのか。
「……馬鹿らしい」
柄にも無く感傷的になっていたらしい。似合わないその装飾を、頭を振って捨てた。
「さっさと帰るか」
今は冷房が恋しかった。シンは買い込んでいたはずのビールが切れていないことを祈った。


234 :C.E.78 ◆RcLmeSEfeg :2007/12/12(水) 18:38:17 ID:???
国外追放、と言うのか。C.E73戦後、シンは復隊を許されたものの冷遇され、なし崩し的にプラントを追われた。
元から風当たりは強かった。向けられる眼差しもまた。何せ、自分は『デュランダルの私兵』だったのだから。
当時最新鋭にして、ザフトの象徴となるはずだったMS、デスティニーを与えられ、デュランダルとの接触も多かったシンを、新しいザフトはそう評価した。
彼の力と人柄を汲み取った上で、供に戦う同志として迎え入れたラクス・クラインにも、シンに対する迫害を止めることは出来なかった。
むしろ、ラクスというカリスマを取り巻く熱狂的支持者が、シンを危険分子として排除しようとしていたのだから、彼女が何をしようと無駄だったのだ。
シンは一人、恋人だった少女、ルナマリア・ホークともその縁を切って、地球に落ち延びた。

「それが今じゃ、あれだけ憎んでいたオーブに、か」
 監視が付いていることには最初から気付いていた。今、同居している女性がそれだ。娼婦だった。喰ってやった。それからも関係は続いている。
演じている恋人は甘く心地良く、毒だった。見られていても関係ない。自分はもう、何もすることができないのだから。
二年前に起こった反乱を知った時、眠っていた何かが、ほんの少しだけ動いた。だが、その後のプラント市民達の動きを知るや、それはそれまでよりもさらに深く沈んでしまった。

 彼らは受け入れた。反乱を起こした、アスラン・ザラ達を。戦うことが怖かった。というよりも、一般市民にとってはどうでもいいことだったらしい。
彼らの生活は、変わることもなく続いている。人々がこれまでどおりなのに、何をカッコつけて立ち上がろうとしている?シンはその日、久方ぶりに享楽に酔った。
もう、いくら怪しんだところで、何も出てきはしない。いい加減、気付けというものだ。もっとも、それまでこの与えられた関係が続くのなら、それはそれで構わない。
飢えだけは、あの吸血鬼の吸血欲のように絶え間なく続いているのだから。



235 :C.E.78 ◆RcLmeSEfeg :2007/12/12(水) 18:40:08 ID:???
 ふと、シンは振り向いた。
「ん?」
何となく、何か違和感のようなものを感じたから。特に意味は無かった。誰か、知っている人の気配を感じた気がした。
 自分が歩いてきた道に、一人の少女が立っていた。
「……」
ぽつんと。そんな表現がしっくりくる。彼女は“一人”だった。そこだけ切り離されて、周りの景色とは決して溶け込まない。
いや、溶け込めない。日差しにやられ、誰も彼もが肌を焦がしているというのに、その少女だけが、白かった。
 麦藁帽になびく白い髪。新雪のように白い肌。赤いワンピースだけが際立って、シンの眼に焼きついた。
 きっと、ここからでは陰に隠れて見えない瞳も、赤いのだろう。シンは何故だかそう思った。それは半ば確信だったけれども。
「あっ……」
口が独りでに開いて、何かを紡ごうとする。
 それより先。黄金の輝きが街の中心を貫いた。


街は一瞬で災厄の真っ只中に。ビームに貫かれたビルが次々と倒壊していく。街を襲う突風と粉塵。着陸した一機のMSの噴射が、熱と風を巻き上げ、下界を削る。


 巨大なスクリーンを中心に、オーブ軍服に身を包んだ男達がそれぞれに割り振られた座席に腰を下ろしていた。胸の階級証を見ると、全員が佐官以上だということが分かる。
『敵MS、市街地に侵入』
感情を感じさせない、機械的な音声がスピーカーを通して響く。分かりきっていた報告に、それでも一人の佐官がいきり立った。
「我が方の軍は、一体何をしていたのだ!」
「落ち着け。敵の狙いは明らかにモルゲンレーテだ。予期せぬ事態ではあるが、最悪の事態は回避された」
「さよう。これは幸いだよ。所詮、今のプラントと反乱軍は、海賊の成り上がりに過ぎぬさ。抗議に意味は無。こちらで勝手に処理させて頂こう」
「……多少の犠牲は付き物、か」
それぞれの打算で、現在の状況を噛み砕こうとする上層部。市民の生命を軽視した、国民を護る立場にあるべき本来の姿勢とは大きく違うが、これも彼らの常套手段。
オーブの国防は、民を護る為のものではなく、『国』を護るためのものなのだから。保持するべきは、厚き志なのだという。
「あの、なんと言ったか……ゲルググか。あの一機や二機、我が方のヤマトで十分に対応できるよ。核など、近いうちに過去の産物に成り果てる。もうエクス・ドライブの時代は近い」
自軍の優位を疑わない彼らはしかし、自分達の保有する兵器が如何なる問題を抱えているかも知らなかった。

「だぁっ!どうなってんだよこれは!」
灰色の繋を着た老年の整備士が、握り締めたスパナを思いっきり投げ捨てた。
投擲されたスパナは、隣で作業に勤しんでいた整備士の頭上を掠めて飛んでいき、廊下をバウンドした。
「わぁっ!何すんですかお頭!」
「うるせぇ!動かないんだよ!この新型MSさんがよ!」
 同じことが、同格納庫に置かれた全てのヤマト―エクス・ドライブ搭載型MSで起こっていた。



236 :C.E.78 ◆RcLmeSEfeg :2007/12/12(水) 18:42:47 ID:???
オーブ国防省本部では、刻一刻と変わっていく状況、というのは建前で、実際は何も変わっていない状況の処理に追われていた。MSゲルググ一機が、街を蹂躙している。
そこに作戦行動の意図など無く、ただ無差別な殺戮を繰り返すだけ。
「現在のザフト系列の機体だが、残党のネオザフトも保有している。果たしてネオ・ザフトの手のものか」
「もしザフトならば……幾ら海賊風情と言っても、一応は一国家の抱える軍。さすがにこれは……」
「自軍以外が、エクス・ドライブを保有することをそこまで嫌うか。警戒するのも分かるがこれは……」
宣戦布告も無しに突然の侵略行為とも取れる。しかし、今のネオ・ザフト、ひいてはプラントにはオーブを攻撃する理由が無い。今は友好国では無いにしろ、オーブは中立国。
戦中でない今、攻め込む理由も無いはずだった。それならば、今起こっていることをどう説明する?
「……他国の侵略にしろテロにしろ、今はあの一機のMSをどうにかせねばならん」
「MSゲルググ。核動力搭載、ですか。まったく厄介なものを持ち出してくれますな」
溜息を吐く。二人の後ろでは次々と入ってくる情報の対応に追われる兵達が、目まぐるしく動いていた。
 状況は変わらない。ただMSが無差別破壊を行っているだけ。しかしそれはやけに執拗だった。
「……ヤマトが使えぬというのなら、他で対応させればよい。例の機体を核に、ムラサメ三式二個小隊を付けてやれ」
 白髭を生やした老兵が、しわがれた声でようやく出撃の指示を出した。
「しかし、たった一機のMS相手に二個中隊。しかもあの機体を付けてとは。お言葉ですが、些か無駄が――」
「あの機体を侮るな。侮れば、命取りとなる。あれに対抗できるのは、本来我が軍ではヤマトだけだ」


 逃げ惑う市民の流れに逆らうように、シンは人の波を掻き分けて走った。特に理由があったわけではない。
ただ、突然の混乱に見失ってしまったあの少女のことが気になっていた。
「っ、何処に……」
シンは人の壁の間を抜けて、手を伸ばす。焦燥?自分は焦燥しているのか?
「くっ、うぁ」
 何かの意志に引っ張られるように、シンは駆ける。
 その頭上を、六機のMSが軌跡を残して飛び去っていった。

『命令は撃退だ。しかし、核搭載機を市内で破壊するわけにはいかん。四肢の破壊。なんにしろ、動力は避けろ』
「自爆の危険性は?」
『……海上に誘い出して対応する』
「……了解」

 シンの目の前で、一機のムラサメ三式が戦闘機を模したMA形態からMSへとその姿を変えた。
着地と同時、腰のウエポンラックに収納されたビームサーベルを抜き、すぐさま刃を展開。車道を滑るようにゲルググへ肉薄する。
ムラサメ三式が黄金に輝く刃を振り下ろす僅か前、ゲルググは腰を沈めると前面に配置された推進器を吹かして一気に後退。
その一太刀を危なげなくかわしてみせた。今度はゲルググが攻撃に転ずる。
右手に構えたライフルを腰にマウントすると、左腕に固定したラグビーボールを平面にカットしたような大型シールドからサーベルを取り出して摺り足の姿勢でムラサメ三式との距離を縮めて斬りかかった。
振り下ろしの体勢に入った瞬間に、ビーム刃が形成された。

 シンは展開される狂乱の様を見つめて、
「負ける」
と、一言だけ残して走り去った。 
 あれだけ続いていた人の川も、もう抜けている。


237 :C.E.78 ◆RcLmeSEfeg :2007/12/12(水) 18:43:46 ID:???
 シンの呟きは予言だったのか。数回かわされた攻防を制したのは、ゲルググだった。コクピットを一突きされたムラサメ三式は、力無く倒壊したビルに沈んでいた。
 ゲルググは、ゆっくりとその巨体を動かす。隆起に富んだグラマラスなボディを包む光沢の青に、飛来する後続の敵機を映しながら。
「ちぃっ!化け物が!」
ムラサメ三式のパイロットは、ゲルググを前にして驚愕に震えていた。操縦桿を握る手が震える。パイロットとしての矜持が、自信が、脆くも崩れていく。
 白兵戦を得意とする一機が先行して勢いを殺し、空中からの牽制で、海上へと案内する。そのはずだった。実際はどうだ。
先制攻撃を仕掛けたムラサメ三式は容易く倒され、あっさりと一個小隊が片付けられてしまった。
「こんなことが……」
失意の声を溢した時、彼は真下から飛び込んできたゲルググの一刀に、真っ二つに断ち切られた。
 
その後ろで、戦闘に参加すらせず、ただ浮いているだけだった一機のMSが戦闘から逃れるように降下を始めた。そのMSのパイロットは、オーブ軍の中でも精鋭と呼べる逸材であった。
あのメサイア戦をも戦い抜いた彼は、自分のパイロットとしての実力に、確かな自信があった。
 そんな彼が、たった一機のMSすら制することが出来ていなかった。
「一体、なにが!?」
彼の悲鳴に、答える者はいなかった。街の一角に新たに備えられたかのような空き地。先程までの戦闘で作られたそこに、MSは着陸した。
機体の自由は利かないが、外の光景だけは入ってくる。
そこで彼が見たものは、白の少女と、一人の青年の姿だった。

 燻る炎の中を行くシンは、引き寄せられるようにそこへたどり着いた。
原型を留めていないMSの残骸―ゲルググに一蹴されたムラサメ三式の、許しを請う様に天に突き出された掌。
 白い少女は、そこに腰掛けていた。
「君か」
「……」
シンの問いに、少女は答えない。麦藁帽が作る陰で、表情も読めない。
 感情を感じさせない少女に、シンは薄ら寒いものを感じた。
 一分ほど、シンが少女を一方的に見つめていただろうか。ふと、シンが気を逸らすと、
「あなたは」
少女が口を開いた。
「!?」
驚き、少女を凝視するシン。戸惑いと、期待。期待?自分は、この少女に何を期待するというのだろうか。
「あなたはまだ、生きている?」
その問いに、どのような意味が込められていたというのだろう。少女の背後。彼女を守護するかのように、一機のMSが降り立った。
シンはそのMSを、静かに見上げた。
 灰色の、MS。直線で構成された、連合のダガータイプMSを髣髴とさせるフォルム。シンはしかし、このMSにかつての愛機達に感じた愛着のようなものを感じた。
それは暖かな感触。苦難を供にした彼らに抱いた想いとは、同じようで違うその感覚を、シンは持て余した。
「(いや、まったく違うはずだ。ならこいつは……)」
戸惑うシンに、少女は言う。
「生きているのなら、戦って」


238 :C.E.78 ◆RcLmeSEfeg :2007/12/12(水) 18:44:26 ID:???
『オーブ、オノゴロ島市内にて、所属不明機とオーブ軍MS隊の交戦を確認』
「やってくれるぜ。にしても地球最強さんは、新型MSの一機も持て余すのかい!?」
『おおかた、エクス・ドライブの不備でしょう。“粗悪品”しか保有していないオーブじゃあ、あの奇跡も、ただの物言わぬ動力扱いなのよ。
こちらとしては、予想通り、と言ったところかしらね』
「……まったくもって、救えんね」
『エド。私達は任務を果たすだけよ。これからあの国がどんな運命を辿ろうと、関係ないわ』



 機体が、鳴く。そんな表現が自然か。シンは今まで感じたことの無い感覚を乗り込んだMSから感じた。 
搭乗したパイロットは締め出した。後は動かすだけ。
「この感覚は、何なんだ?」
このMSは生きている。シンはそう思った。この唸りは、生物の鼓動に近い。
 ドクン。機体の中心に火が付いた。
 ドクン。ゴーグルの中に光が奔る。
 ドクン。何かのギアが、一気にかち合っていく。MSの中で。シンの中で。
 そして立ち上がるは灰色の翼。


 その名はジム。

 
「上手く……いってくれよ」
 陽光と爆煙を等しく受けて、そのゴーグルに崩壊する街並みを映した巨人は、躊躇い無くゲルググへと踊りかかっていった。




 不思議と、あの少女への違和感は消えていた。






次回 第二話 『染まる日々』
 


239 :C.E.78 ◆RcLmeSEfeg :2007/12/12(水) 18:45:39 ID:???
第一話はここまでです。
今後は一週間に一度の更新を目指していきたいとおもいます。


240 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/12(水) 18:48:09 ID:???
GJ
脳内では機体がアレで想像されるから困るぜw

241 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/12(水) 19:28:36 ID:???
>>239
うおおんGJなんだけど前回から一週間以上空いてただけに、
今回は第二話まで拝読できるかなと期待してたんですが……
まあ気長にお待ちしてます。

242 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/12(水) 19:32:09 ID:???
>>232-238
鷹姉妹がそれぞれキラとアスランの愛人に納まっていて
子どももいそうで怖いのは私だけ?
ルナの方は違うかもしれないが、逆シンの過去スレでそういう設定のヤツ
ちょくちょくあったから

243 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/12(水) 19:50:20 ID:???
もし無印種でキラがラクスと出会わなかったら



244 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/12(水) 19:55:37 ID:???
>>243
ラクス=回収されず宇宙の藻屑。

キラ=アスランに落とされた後、ジャンク屋に拾われてそれっきり。

アークエンジェル乗員=アラスカでアボーン。ナタルやフレイなど一部は生き残る。

245 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/12(水) 19:58:16 ID:???
>>244
そのままアストレイなんたらフレームに乗って、遺作自由&凸正義に挑むんだったら、次回を楽しみにしても良い。

246 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/12(水) 20:50:50 ID:???
ザクレロやべぇwww
ハマった!

247 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/12(水) 20:53:56 ID:???
もし戦争が起きなかったら

248 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/12(水) 21:38:12 ID:???
>>247
嫁の理想通りの昼ドラ展開を踏まえた学園物になります

249 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/12(水) 21:39:43 ID:???
サイフレ、アスラク結婚。
トールミリ鉄板。
キラとカズィは良い人として喪人生を歩む。

250 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/12(水) 21:46:41 ID:???
>>239
GJ!!

……ところで、形式番号はRGM-79じゃないですよね?w

251 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/12(水) 21:48:54 ID:???
>>249
キラはどっかでオーブの王族の親戚ということが発覚して〜というエンドもあると思うぜ

252 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/12(水) 22:02:19 ID:???
>>251
姉弟とは知らず、カガリと結ばれてエンド?

253 :C.E.78 ◆RcLmeSEfeg :2007/12/12(水) 22:19:09 ID:???
第2話を投下させていただきたいのですが、よろしいでしょうか。

>>250さん
はい、RGMではありません(汗。


254 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/12(水) 22:22:43 ID:???
バッチコイ来いやー―!!!

255 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/12(水) 22:24:04 ID:???
ちょ、はえぇw
wktkして待ってるぜってか、他の人と重ならない限り投下宣言→投下開始でいいんじゃないかなぁ?

256 :C.E.78 ◆RcLmeSEfeg :2007/12/12(水) 22:24:48 ID:???
 ジムの正パイロットは、立ち上がる乗機の姿を見上げた。MSの動作には、ある程度の法則性があり、同型機の場合、チューンでもしない限りは同一化されている。
だが、それならば説明が付かない。
 なら何故、先程まで自分が操っていたはずの機体が、全く違う姿をするのだ。概観が変わったわけではなく、その風格が変わっていた。強者だけが纏える一種の見えざる刃。
彼にはまだ届かぬそれが、目の前にあった。
「あのMSそのものも大概だが……。あの男、何者だ?」
 その疑問に答えることなく、ジムはかつての主の頭上を飛び越えていった。


 第二話 『染まる日々』


 半ば惰性のように機体を動かしたシンは、とりあえず状況を整理してみた。
 まず、フェアと言えるだろう。敵機は1対1。旧時代の戦争ではほとんど起こりえなかったが、MS戦においては意外と起こるカード。
スーパーエース(稚拙な言い回しだが、一番当てはまる)同士の戦闘の場合、僚機がその間に立ち入る間が無い。むしろ戦いの邪魔となるからだ。
勿論、中には卓越した実力者二人が最高のコンビネーションを発揮する場面もあるが、極稀だ。スーパーエースは、そうそういるものではない。
 だが、この敵は十分にエースと言えるだろう。たった一機でMS中隊を壊滅させた実力は、侮ることは出来ない。
「……いまいち、なんで戦うか分からないんだけどな」
一応の安寧をぶち壊しにしてくれたヤツに対する八つ当たりだろうか。大きな理由はこの機体にまで自分を誘った白の少女な気がするが。
シンは搭乗後、モニターでは確認できなかった少女の安否が気になってはいたが、とりあえずは目先の危険に対処することとした。
「まったく。女の子に誘われてたんじゃな。メルヘンじゃあるまいし」
哂ってはいたが、 笑えてはいなかった。


動く。シンはゲルググに向けていた意識を少し割くと、己の乗るMSに傾けた。
この機体がどう動くのかすら定かではないまま、シンは核動力搭載MSに立ち向かう。
スカートから火を噴かせて、粉塵を巻き上げながら、ゲルググは前進した。
ナギナタを大きく振るい、リーチの差を生かした攻撃を仕掛けてくるが、シン――ジムは身体を僅かに沈ませてかわした。
発光するビーム刃が、ジムの頭部から伸びるアンテナを焼いた。
「っ!」
ほんの少しの意識との誤差。シンは舌打ちする。傍目には鮮やかと言える手並みでも、シンには満足できない。
不満を隠しながら、シンはバックパック上部に収められたビームサーベルの柄を取らせ、抜きざまにゲルググの右肩を切り落とした。


257 :C.E.78 ◆RcLmeSEfeg :2007/12/12(水) 22:25:54 ID:???
オーブ宙域を浮かぶ、黒い艦艇があった。宇宙に溶け込むその色は、同時に姿を隠す暗幕。実体はあっても、現在のいかなるレーダーには決して映らない、現状で、最高の隠密装備。
「オーブで動きです」
「……」
艦長席に座る恰幅の良い老年の男は、歳に見合った深い皺を歪めて、歳に似合わぬ不適な笑みを浮かべた。
「地上のエドワード達には、現状を維持させろ」




 その光景は圧倒的の一言だった。
右腕を肩から根こそぎ奪われたゲルググは、ジムを恐れるように身を揺らした。勿論、それは見間違いであり、体勢を崩したゲルググの身動ぎがそう見せただけなのだが。
シンは躊躇わず、ゲルググのコクピット(ザフト時代の経験から、おおよその位置を割り出した)に、淡い赤を揺らすサーベルを突き入れた。
その巨体を痙攣したかのように震わすと、ゲルググはぴくりともしなくなる。駄目押しの蹴りを入れられ、ゲルググは仰向けに倒れた。
本来ならば、聴取の為に、捕虜にするのが適当かとも思われたが、シンは原因の究明よりも、自爆の危険性を排除することを優先した。
確かに手強そうな相手ではあった。が、それまでだった。錆付いたと自覚するシンですら容易い相手。それが現代のエースなのか。
 興味を失ったように、シンはジムのコクピットを開けて、外に出る。とりあえず自宅の安全の確認をしたかった。のだが、
「あ」
シンはやっとこさ、自分のやってしまったことに思い立った。軍用機の無断使用。及び、パイロットに対する暴行。
「駄目だこりゃ」
数分後、シンはオーブ当局に拘束された。


258 :C.E.78 ◆RcLmeSEfeg :2007/12/12(水) 22:27:03 ID:???
自室にて、書類の整備に追われていた女性が、開けた窓から流れ込んだ風に前髪を押さえた。
カガリ・ユラ・アスハ。オーブ連合首長国連邦の、元首長。数年前まで、地球圏最大の軍力を持っていた勢力の一端を担っていた彼女はしかし、ここ数年続く苦悩の渦の中で流されていた。
「全く嫌になる」
目の前に積まれた紙の山に判子をする仕事。ならばどんなに楽だったろう。ある程度の返事も返してやらねばならなかった。国政と言う形で。
「民の不満は募るばかり。軍は旧来然とした体制を崩そうとはしない。現状で、何が国家か。民在っての国だと、何故気付けぬ」
もっとも、自分が本当の意味でそれに気付けたのは最近だったのだけれど。それでも今のカガリは一国の主として完成されていた。
オーブの政には直接介入せず、その力をもって守護する女神、ロンド・ミナ・サハクとは違う目線で、彼女はたしかにものを見ていた。
「変えていかねば。この国を」
未だに力こそ、この体制こそを至上とする現在の主流派は、その姿勢を改めようとはしない。それでも何時かは。
それだけを信じて、カガリは今も世界の表舞台に立っていた。
 そんな彼女の前に、意外な来客が舞い込んでくるのだが、それはこれより五時間ほど後のことだった。



 夕暮れ時。昼間の戦闘で破壊された街の中を歩く二人の男女がいた。
誰もが瓦礫の中から家財を、今も助けを待っている市民を救出する為に動いているというのに、二人はそちらには眼もくれず、ただ歩いていた。
 男がおもむろに口を開いた。
「連中もやってくれるぜ。どうしてこうも戦いたがるのかねぇ、アイツらは」
不満げに口に咥えた火の付いていない煙草を弄びながら、男は女に同意を求めた。女は目線も合わさずに答える。
「それが彼らの抱く意義だからよ。自身の持つ力こそが正義。それ以外の力は認めない。彼らがやろうとしていることはこの一言で片付くわ。支配よ」
「支配ねぇ……」
男は納得のいく答えを得られなかった様子で、項垂れた。不味い酒でも飲んだかのように顔を顰めると、彼は咥えていた煙草を携帯灰皿の中に突っ込んだ。
「不味い酒と、煙草っていうのはよくないねぇ。戦争よりよくねぇ」
「煙草はともかく、お酒については同意しておくわ」


259 :C.E.78 ◆RcLmeSEfeg :2007/12/12(水) 22:28:45 ID:???
二人は切り開かれたかのように大きく広がる街の一角に出た。二人はそこに横たわるムラサメの残骸を見上げる。
「ここで、彼とジムは拘束されたようね」
女はムラサメの突き出された掌に腰掛けた。奇しくも、そこは昼に、白の少女が座っていた場所だった。
「ジムはともかく……その男、シン・アスカとか言ったっけか?そのボウズにそんなに価値があるのかねぇ?」
男は怪訝に思っていた。―シン・アスカ。前大戦時、ザフトきってのエースとして讃えられた男。
当時は少年と呼ぶのが相応しい年齢だったが、生きていれば、今はもうひとりの大人となっているはずだった。
しかしエドは、隣に立つ女性と、自分の上司がシン・アスカを高く評価しているらしいことに首を捻っていた。
「そこまでのもんなのか?」
男の言葉に、女は僅かに頬をゆがめた。それは、苦笑だった。
「生きていることだけは、前から分かっていたわ。でも彼が今、どんな男性になっているかは私もモーガンも知らない。
分かっているのは、彼女が彼を選んだと言うその事実。それだけなのよ」
 女の言葉を、男は笑ってみせた。
「はっはっは!彼女彼女って、そんなにアレがエライかねぇ」
「えぇ。彼女達は利口よ。知性という面では、私達は彼女達の足元にも及ばない。何故なら、彼女達は戦争をしたりしないもの」
女は、悲しげに首を振って、次の言葉を紡ぐ。
「それでも、そんなあの子達の一面を利用して、私達は戦っている。彼女が選んだと言うのならば、私は彼がどのような人物でも引き入れるわ」



「最悪だ」
シンは独房の中で膝を抱えていた。手首に嵌められた手錠が、少し窮屈で痛い。
「誰も逃げやしないよ」
ベッドしかない檻の中で、シンは俯き、呟いた。

「大人しいもんですよ」
シンの様子は、常に監視されていた。勿論、シンもそれには気付いているのだが、鮮明な映像で映されるシンの表情には、何の気負いも感じられない。
人の目も、気にしていないようだった。
「ふむ。しかし彼がシン・アスカだとすると……」
「やっぱり上の方も戸惑いますかね?」
 シン・アスカ。この名前はオーブでも大きな意味を持つ。オーブの人間であったにも関わらず、国を捨て、祖国を焼いた男。
それがオーブ軍内におけるシン・アスカへの共通認識であった。
 彼が、かつては戦争の一犠牲者であったことは、彼らにとって関係無かった。
「彼の一面を知っている、我々としては複雑なところではあるがね。大体、今の彼の表情を見て、あのシン・アスカだと誰が想像できる?」
シン・アスカの素顔を知る者は少なくない。だが、それは大戦時の兵士としての顔。
ともすれば狂気染みたものに浸かっていた当時のシンを知る人間は、今のシンの何処か抜け出してしまった姿を見ても、それが同一人物であるとは、理解できないことだろう。
それほどまでに、シン・アスカは変わっていた。
「それでもやっぱり怖いんじゃないですか?上層部の方では軍用MSの無断使用の罪で、即刻死罪にしてしまえという意見が出てるそうじゃないですか」
「……今の彼は、善良な一市民だよ。そんなに怖いのか?シン・アスカが」
しかしそれも仕方あるまいか。男は思う。シン・アスカ。彼は英雄、キラ・ヤマトを下したただ一人の人間だったのだから。
未だに半ば神仏的に崇拝されているキラ・ヤマトという人間。それとただ一人、対等に戦えたという事実を持つシン。シンは、そういう意味で一つの神と同義の位置にいたのかもしれない。
「英雄は今や逆賊に。英雄殺しの男は、ただ平穏な生活を送っていたと言うのに……。世が世なら、君はこのまま埋もれていたかもしれんな」
 しかしそれを、状況が許さない。



260 :C.E.78 ◆RcLmeSEfeg :2007/12/12(水) 22:31:30 ID:???
 それから間も無く、シンは開放された。黒服の男四人に、がっちり周りを固められて。
「……これって開放っていうのか?」
「シン・アスカ様。ご無礼をお許しください。もうしばらくご足労願います」
取っ付き難い外見通りに、突き放された。シンは肩を竦めて苦笑い。
何処にも、無礼と感じている様子の無いこのオッサン四人が案内人では、苦笑の一つも出ようと言うものだった。
「で?この後、俺は何処に連れて行かれるんだ?」
シンの問いに、黒服の一人が、低い声で答えた。
「行政府までですよ、シン・アスカ様」
 僅かだが、シンの気だるげな苦笑いに、綻びが生じた。そうして、シンは連れられていく。オーブ首長、カガリ・ユラ・アスハの元へ。



現在のザフト正規軍―リ・ザフトの構成員がそのほとんどを掌握している―は、地球でも活動している。
旧ザフト軍の残党狩りの為だ。C.E.78において、地球圏の情勢は混迷を極めていた。
C.E.73の大戦後、世界はオーブを頂点として再編された地球統一連合と、キラ・ヤマト、アスラン・ザラ率いるザフト軍。
この二つの勢力によって統治されていた。
平和をひたすらに愛したラクス・クラインと、カガリ・ユラ・アスハの政策は、争いに疲れた人々の心を癒し、無敵を誇る軍力で、あらゆる反乱を許さない。
 その筈だった。実際は、世界全体の平和を優先するラクス・クラインと、あくまで人々の幸福を善しとするカガリ・ユラ・アスハ両名の意見は対立。
揺るがないはずだった二人の協力関係は、あまりに脆く崩れ去った。それでも、一応の平和を叶えるだけの力は、同じ世界を夢見た二人の手元に残った。
やり切れぬ確執を残したままの彼女達だったが、それぞれ別の形で、世界の安定を護り続けようとしたのだった。
それを砕いたのが、プラントの双璧であったアスラン・ザラだった。
「アスラン……」
仕事を終え、机に突っ伏したカガリは、一度は愛し合った男の名を呟いた。しかしそれはもう遠い日。今の二人を分かつ壁は、到底取り払えそうには無い。
「何故続ける。戦いを」
あまりに強すぎる力の誇示。アスラン自身も嫌悪したそれを、今は彼自身が行っていた。今のプラントは地球統一連合に対して、明確な敵対姿勢をとっていない。リ・ザフトとして活動していた頃に掲げた、ナチュラルの駆逐の思想など、陰も形も無かった。
 だから余計に怖い。アスランが、何を考えているのかが分からない。
「キラとも、もう和解の道を選ぶことは出来ないだろう。お前はそうやって、同胞を殺し続けるのか?」
ザフト軍は今、ただ旧体制の残党を狩ることだけにその力を奮っていた。行き場を失った以前の英雄達の中には、今を生きる為に宙賊(かいぞく)に堕ちるのを余儀なくされたものも多くいる。
それらを粛清するのが、今のザフト軍のあり方だと、プラントは言う。
「今日の事件も、時代に取り残された哀れな逆賊の仕業だと、お前は言うのか……」
しかし、ザフト軍の動きはあまりに不透明だ。残党と見せかけて、主要施設の破壊を行っているとさえ言われている。認めたくは無い、その所業。
しかしカガリはそれを、真実として受け止めた。
「私は、お前を認めない。言葉が通じぬと言うのなら、我が力の全てをもって、止めてくれる」
その為に、彼をここへ呼ぶのだから。長い間、うやむやのままにした痛みとも、向き合うために。
 そうしてドアは叩かれた。
 




第三話 「往く道」に続く。





261 :C.E.78 ◆RcLmeSEfeg :2007/12/12(水) 22:33:10 ID:???
第2話投下完了。今日はここまでです。
第1話までは逆シンスレでの投下分ですので、あちらから読まれている方に悪いと思いまして(汗。
疑問点なども多いかと思いますが、今後、出来る限りは本編で答えていこうと思っています。
それでも足らないときは、個々に説明していこうかと。

262 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/12(水) 22:37:28 ID:???
>>261
投下乙です。
シンの腕も錆び付いているとはいえ相当なもんなんですねえ。
どんな戦いになるのか、wktkしてます

263 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/12(水) 22:53:30 ID:???
乙です。
今のところまだ謎だらけだな。ジムもそうだけど、各主要登場人物の行動もよく
解らないし。勿論、本編で答えて貰えるのを待つだけだが。

あと、ちょくちょく発生する「シンがラスボス」案は何なんだろう。結構前から
レスがある割に、SSは投下されないが。

264 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/12(水) 23:09:46 ID:???
それはラクシズ厨のたわごとだから・・・
それにそういう話は本編でやってしまったじゃないかw
なにを今更www

265 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/12(水) 23:14:34 ID:???
もし種・種死を真船一雄先生が書き直したら

266 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/12(水) 23:20:20 ID:???
>>264
ラクシズ厨の戯言と切り捨てるのは早計過ぎだな
正直本編のアレはラスボスと戦う前の強敵A位の扱いじゃないか

どうせやるなら堂々たるラスボスになって欲しかった……って言う話じゃないのか?

267 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/12(水) 23:24:55 ID:???
正直シンを悪者に仕立て上げてラスボスに担ぎ上げる話なんぞ考えても胸糞悪くなるだけで面白くない
読んでてスカッとする話や、感動する話、意外性のある話、笑い転げる話のネタとしてはちょっと・・・

268 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/12(水) 23:28:12 ID:???
自分の好みから外れた展開にファビョる奴はラクシズ厨と変わりないだろ
ラクシズフルボッコなSSにケチをつけてきた奴らをそうやってレッテル貼りして排除してきたんだし

269 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/12(水) 23:34:26 ID:???
シンをラスボスにしてみるスレを見ていたが、シンはラスボスになりにくい、
という事が解った。レスの殆どが、シンの設定をどうやってラスボス向けに
改変していくか、という流れだったからなw

勿論シンでもラスボスに出来ない事は無いだろうが、キラ=ヤマトという
比類なき戦闘能力、枯れない才能、広く深い金脈人脈、最強のMS、傲慢さを
全て持ち合わせているナチュラルボーン・ラスボスと因縁浅からぬ仲だから、
主人公として描かれた方が自然なんだよね。

270 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/12(水) 23:35:57 ID:???
しかし現にシンラスボスのSSは投下されずじまいだ
やはり素材としてダメなのかも

271 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/12(水) 23:36:59 ID:???
シンラスボスか……

どういうシチュなんだろう?


キラ・ラクス等オーブを主役に据えるとアニメ同様ラスボスと称した、名有り雑魚Aになっちゃうし。
アスランをザフト側のままにして、ザフト軍分裂でもさせるか?
(レイ、ルナあたりを主人公にしても良さそう)
それとも、ファントムペインあたりを主役に据えるか?

272 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/12(水) 23:39:06 ID:???
>>269
スレdat落ちしているが、1だけ見れた

……シンへの哀を感じた。

273 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/12(水) 23:40:52 ID:???
考え方を変えるんだ
主人公(=キラ)が悪行の限りを尽くすというSSとして考えるんだ
エロゲにはそういうの珍しくないし・・・
最後まで立ちはだかる良識を持った一般人がシンなんだ・・・

274 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/12(水) 23:41:29 ID:???
>>261 アスキラ対立ってのは新鮮ですね。三主人公三つ巴っぽいのは普通に楽しみです。

275 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/12(水) 23:47:44 ID:???
頭の中で俺構成が大体定まってるのに「こんなんじゃ読むに堪えねえ」と消していく日々

半端なところで切れてるから投下もしづらいし、己の文章力の無さが愚かしいです('A`)

276 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/12(水) 23:53:29 ID:???
そういえばだいぶ昔ルナ主人公スレでシンがラスボスの短編SSがあったな。
あのシンは割とシンらしさが残ってて良かった。


277 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/12(水) 23:54:53 ID:???
>>261
 GJ!なんかアストレイ系のぶっ飛んだ話になりそうだな。そういうのも
好きなので期待して続きを待ちますね。

 シンをラスボスにしたい人は何故かオーブの勝利をプッシュするね、凄く。
どうしてもオーブ、つかカガリに良い所を持っていかせたいらしい。あと、
連合をプラントの配下に置きたがる。>>165 >>193辺りか。この構図は
ラスボスにしてみるスレの頃から毛筋程も変わってない。ただし、SSは
投下しない。せいぜい>>26程度の断片的な妄想レスだな。

278 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/12(水) 23:59:08 ID:???
もしガンダムが強奪されなかったら・・・
種でも種死でもOK

279 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/13(木) 00:00:12 ID:???
>>275
よし、無理矢理、続きがありそうなのに短編化するんだ。
もしくはまとめにある避難所にネタ捨て場のスレ作ってくるぞ?


……あれ、掲示板が死んでるやorz(したらばが障害中らしい)

280 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/13(木) 00:01:08 ID:???
なんでオーブ勝利なんだろうな

281 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/13(木) 00:03:30 ID:???
>>280
そりゃ連合勝たせたい人はブルコススレ辺りに行くからじゃないかい?

282 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/13(木) 00:08:09 ID:???
>>277
本気でシンをラスボスにしたかったら、ザフトがジブリールを逃がさずにオーブを無血占拠
氏族に代わってオーブを行政を代行
かえって民衆はザフトによる支配を受け容れてしまう
行政代行はオーブ出身という事もあり、フェイスのシンが適任と判断される
命辛々脱出したカガリがラクシズの助けを借りてオーブ奪還を試みるが・・・てな流れもアリかな

283 :275:2007/12/13(木) 00:10:21 ID:???
>>279
文章になった部分での主な改変
・アスランがヤキン後ザフトに出頭、議長に恩赦
・ルナマリアがちゃんと射撃できる
・ビームサーベルが交錯すると瞬間的に反発して互いに吹き飛ぶ→対艦刀の優位性が生まれる

他に至るところで改変してるんだが書いてないので一応伏せておく

284 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/13(木) 00:16:09 ID:???
もしもネオが完全に別人だったら
ラウと同じようにアルのクローンで空間認識能力持ちで

285 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/13(木) 00:20:30 ID:???
なんか「、」を使いすぎてて微妙に読みにくい

286 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/13(木) 00:21:11 ID:???
>>284
OPのように魔乳と対峙して撃ち合うんだろ
そして魔乳に重核子爆弾の起爆装置の場所を教えて事切れる・・・
あれ?
なんか変な事云ったか?

287 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/13(木) 00:45:59 ID:???
>>275
ナカーマ
ちょくちょくシンのラスボス案投下してるけどさ、文章力の無さに落胆して書いては消してます

案だけは浮かぶんだよな

288 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/13(木) 00:51:18 ID:???
シンが戦後に新勢力立ち挙げてラクシズぶっ倒すけど結局ラクシズと大して変わらない傲慢振りで破滅するSSが書きたい。

289 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/13(木) 00:56:35 ID:???
傲慢とか言わずとも、倒した瞬間から共通の敵がいなくなってgdgd、
勢力はいくつにも分裂して、最後にはラクシズ残党に漁夫の利をされるでokかと。

290 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/13(木) 01:05:16 ID:???
シンは鉄砲玉だろ。ボスとか組織のトップとか無理無理。


291 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/13(木) 01:22:56 ID:???
もしデスティニーがブルーデスティニーだったら

292 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/13(木) 02:36:00 ID:???
>>291
マリオンの変わりにレイの人格データがEXAMに登録されています

293 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/13(木) 08:00:55 ID:???
>>288
書けば良いじゃない。面白ければ受け入れられるだろう。

294 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/13(木) 08:26:03 ID:???
とりあえずたくさん羽があるエクセリオンとグングニールが記憶・・・・・

295 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/13(木) 08:32:38 ID:???
脚本家と監督が違う人で福田も演出にまわっていたら

296 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/13(木) 08:39:53 ID:???
シンラスボススレちょっと見たかったな。今は亡きにくちゃんねるが惜しまれる。
でも彼はどちらかというと敵としてはライバルキャラであってラスボスではないような……。


297 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/13(木) 09:33:12 ID:???
それこそ種死の結末に絶望して破滅指向のコロニーかなんか落とすクルーゼもどきになるとか。
でも一人で落とせるもんでもないし、せいぜい神出鬼没のテロリストが限界だろうか。

298 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/13(木) 10:45:56 ID:???
もし種世界がXのAW並に荒廃してたら

299 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/13(木) 11:49:49 ID:???
もしもキラが乗ったのがF90で、
AAにAからZまで全てのオプションが揃ってたら……

300 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/13(木) 12:53:26 ID:???
Type-C.Aを積んだ2号機もろともオプションの大半を奪取されると。
とてもじゃないが勝てそうにないなw

301 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/13(木) 14:53:35 ID:???
あるスレで書いてた長編なんだがシン、ラスボスアイディアいただいてよいだろうか?

302 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/13(木) 15:37:42 ID:???
>>301
どこのスレの長編?
未完モノだと、マユ主人公スレの『隻腕の少女』のシンがラスボス路線バリバリで
私の好みだった

303 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/13(木) 16:24:09 ID:???
もしネオがベルリンでAAじゃなくシンもしくはミネルバに拾われてたら

特にレイといい絡みになりそうだ

304 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/13(木) 17:00:27 ID:???
>>301
大丈夫だと思うけど
続き物なら作品名をよろしく

305 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/13(木) 19:40:14 ID:???
>>303
ステラの件でシンが瞬殺しなきゃ、即裁判→処刑なんじゃね?
その後は、オーブでアカツキ墜としてカガリ死亡→オーブ占領→月基地墜として
ジブ死亡→DP発表後、難癖付けるラクシズ全滅させて大団円、と

306 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/14(金) 00:10:27 ID:???
DPは反対側にとっては限りなくBADだな。究極的社会主義体制だし
自由を封じられるなんて苦痛だな。平和とは自由な心で勝ち取れると思うよ←法学部の意見

いつも思うんだけどDP支援者って社会主義者と思ってしまう。すべての人がそうとは思わないけどさ
俺は民主主義派だからキラ(ラクシズ)に近い考え方なんだよね。夢とか大切にしたいし

307 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/14(金) 00:14:35 ID:???
>>306
戦後の復興が完全に終息しきったならDPは確かにいらんとは思うよ
あとラクシズは自由というよりは勝手といった方が近い気がする

308 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/14(金) 00:16:35 ID:???
>>306 強制はしないと言いつつジェネシスとレクイエムで脅してるしな。

309 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/14(金) 00:18:34 ID:???
確かに。
ザフト全般から見ればG強奪以来の因縁の相手にしてベルリン大虐殺の指揮官でも
あるわけで、正直A級戦犯以外の何者でもないし、
シンからすれば(背後にジブ公や連合ブルコス等色々居るとは言え)
ステラを操り煽って戦わせた直属の上司としてキラに次ぐ仇のようなもんだからな。
レイに取っても当初は違和感の素でしかなかったものの素性や経歴が明らかになれば
憎悪しか残らないだろうし、またもしそこで凸が「これはムウさんだ」とか
庇い立てしようものなら怒りに火を注ぐだけの事。
仮に単身で脱走試みた場合射殺するのにためらう理由はないし、凸とつるんで
脱走の場合もTVのメイリン道連れよりもはるかに躊躇なく撃墜できるし……
あれ、何だかイイ事づくめじゃね?w

310 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/14(金) 00:19:43 ID:???
>>309>>303>>305宛ね

311 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/14(金) 00:23:00 ID:???
思うにDPって極めてロウ寄りの考え方だよな
反対にラクス達の考え方は極めてカオス的


ここでロウ=善とかカオス=悪とか言い出す人が現れませんように

312 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/14(金) 00:28:20 ID:???
>>306
CE73時点の戦乱とNJC等で荒廃した環境の地球圏で、
ラクスの掲げる自由に基づく平和が訪れるまであと何人餓死凍死するのやら?
というSSもあったけどね

313 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/14(金) 00:31:34 ID:???
基本的に無責任無政府主義者だからな

314 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/14(金) 00:38:51 ID:???
 ラクシズを皆殺しにしてDPを完成させ、世界が復興した後も「いいや、
人は信用できない。DPによる管理はまだまだ必要だ」として管理者側が抑圧を
続け、その尖兵として戦い続けるシンと、新主人公が対立するような話はアリだと
思う。「管理計画社会はなぜ永続しないのか」という問題にも絡められるし。

「人の命を守る為なら、自由が犠牲になっても止むを得ない。どれほど無節操な
破壊と殺戮が繰り広げられたか。人類には自由など要らない。これからも」
「貴方がたは戦争を止め、秩序と豊かさを取り戻してくれた。けれど、何時までも
貴方がたのゆりかごで守られ続けるわけにはいかない。前進せねばならない」

みたいな、さ

315 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/14(金) 00:45:17 ID:???
どうなろうが結局はCE世界はターンタイプに滅ぼされるしなw

316 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/14(金) 00:58:02 ID:???
>>308
まだこういうアホな事言ってる奴いたのか
00の影響で来た新参か?

317 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/14(金) 01:04:00 ID:???
>>314
TVの種死もDPをもう少し早く、あるいは明確に提示・導入して
最終決戦のテーマをそんな具合に描くか、あるいはTVでは採用ENDにして
劇場版をそういう話にするとか、やり様はいくらでもあったろうにねえ…

318 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/14(金) 01:04:37 ID:???
連合の時は停戦交渉も無しにいきなり艦隊差し向けてきたから迎撃しただけだし、オーブの時もあっちが攻め込んできたの確認してから照準向けたしな

319 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/14(金) 01:06:46 ID:???
結局DPには「難しい事はよく分からんが、これを許すと滅茶苦茶ヤバい事だけはワカる」って感じの危機感ってヤツが全く無い
なもんだから、それを遮二無二滅ぼそうとしているラクシズがただの池沼集団にしか見えない

320 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/14(金) 01:07:22 ID:???
確かに無条件でシン様正義!悪はラクシズ!的な考えはちょっと引くな・・・
種世界の人間は妥協を知らないよな。ラクシズも議長ももうちょい穏便に事を進めろよ・・・

321 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/14(金) 01:11:53 ID:???
昔何かのスレで見たレス
「ラクシズはアニメ通りに描写したらヘイト」
あまりに酷すぎる発言だが、反論できなくてワロタ

322 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/14(金) 01:16:28 ID:???
本編通り描写したら全員糞キャラになっちゃうよw

323 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/14(金) 01:34:38 ID:???
>>321
なつかしいなw

324 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/14(金) 01:49:51 ID:???
>>315
大人のためのガンダムって本では、黒歴史は宇宙世紀+平成3部作なのでCEとOO西暦は含まれてないらしい
富野監督や長谷川にインタビューしてるからかなり公式に近い

シンのラスボススレであったデスティニープランの内容
・適性ありだとしても、要求された水準を満たせなければ切り捨てられる
・遺伝子が定めていない恋愛や行動、職場の禁止
・逆らえばすぐさま淘汰の対象

325 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/14(金) 02:24:19 ID:???
種キャラがサイバーフォーミュラの世界に飛ばされたら(生身のみ)

326 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/14(金) 06:39:19 ID:???
>>324
 確かにそこまで変えれば、何とか……適正はともかく、能力の水準は生まれてから変化、
成長していくんじゃないのかとか、あんまり厳しくすると淘汰される方が多くなって、結局
DPが失敗するからそれほど減らしはしないんじゃないかとか、思うところはあるわけだが。
 生殖行為でなく恋愛を禁じている辺り、笑っちゃうよなw

327 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/14(金) 08:58:20 ID:???
>>326
まさに世界のための人間を揃えるってわけだね。DPは大多数は成功するわけだけど、それに比例して社会的に切り捨てられる人も多くなる
失敗しないためにレクイエムとかがあるわけだし

結婚は全て遺伝子適合したもの同士

328 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/14(金) 09:17:23 ID:???
そんな特撮ヒーロー物か子供向けヒーローロボットアニメに出てくるような
悪の帝国やら宇宙からの侵略者が言いそうな物をガンダムキャラに言わせる訳にもいかないわけで。

329 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/14(金) 09:20:00 ID:???
>>327
本当に成功するのかよ。
各職種の需給バランスとか給料格差とか大丈夫なのか?

330 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/14(金) 09:33:23 ID:???
>>329
 お前ら好き勝手やりすぎ。ちょっとは自重しないと何もかも無くしちゃうよ、
というのがDP。だから滅茶苦茶になったCEを建て直す時には有効だけど、
豊かになって人々の生活に余裕が出てくると不満が噴出す筈。独裁国家とか、
そういうのあるじゃない。

 DPは永続しないだろう。だから>>314みたいな話も有り得ると思う。だが、
あの時期に、何の提案もしないラクシズがDP潰したのは正しくない。単なる
強者の傲慢。製作陣もそう思ったから、アニメ本編でプランの詳細を明らかに
しないまま、ラクシズ陣営に「あれは未来を殺す」「死の世界が云々」とか
言わせたんだろう。「そういう事にしておこう」って意味で。

331 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/14(金) 09:44:44 ID:???
DPみたいな制度が成立している作品を見つけた。
竹本泉のSF漫画なんだけどな。一定年齢で、適性のある職業をコンピュータに教えてもらうらしい。
その中では、未来を殺されるなんて事もなく、普通に生活してたな。DPも意外に快適かもしらん。

でも、DPで出た職業適性が「ドモホルンリンクルの雫を一滴一滴見守る人」とかは嫌だな。



332 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/14(金) 09:47:50 ID:???
てかなんでDPで復興できるんだぜ。

333 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/14(金) 09:54:37 ID:???
>>332
CEの連中が例外無く殺し好きで、後先考えずに戦いまくっちゃうような
類人猿だから抑制が必要ではないか、という話。

334 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/14(金) 09:58:40 ID:???
>>333
単なる職業斡旋したところで抑制なんてできるんかいな。
制限がかかるのは職業選択の自由だけで他は何の制限もなしだろ?

335 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/14(金) 10:06:53 ID:???
え、なんか懲罰があるんじゃないの?決められた仕事に就かなかったり、
決められた土地から離れたりするとと。つか、そういうのがあるから
ラクシズが反抗したんじゃないの?でないと、連中はただの職業斡旋所に
押し掛けて責任者をぶっ殺した事に……

ああ、かなり記憶曖昧だわ。じゃあラクシズって、本当に何の理由も無く
あんな事をやったわけ?

336 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/14(金) 10:29:22 ID:???
>>335
本編通りならノート一冊で証拠を固めもせずに攻め込んでるな

337 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/14(金) 10:45:47 ID:???
なんかインタビューによると、DPの強制性って一切無いらしいぜ。
だから俺は、

コーディネーターに対する不満逸らし、

適職への斡旋によ労働力の効率的な分配と復興の加速、

それから、

コーディネーターの不妊問題を解消する研究の為の莫大な遺伝情報の獲得

の三つを同時に成し遂げられる一石三鳥のハローワークプランだと思ってた。

尤も、差別の温床になる可能性も無きにしも非ずだから、反対する理由も判らなくはないが……。
つうかさ、十何年も前(だよね)の議長の同僚の残したノートを根拠に攻撃を加えるあいつらって一帯どう言う基地外なの?

338 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/14(金) 10:55:48 ID:Nffn4n4E
>十何年も前の議長の同僚の残したノートを根拠に攻撃を加える
きっかけは何でも良かった、とにかく政敵を潰す口実が欲しかった、今でも正しいと思っている
(後年ラクシズ幹部のインタビューより、検閲により削除)

339 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/14(金) 10:56:17 ID:???
一番の狙いは3つ目かもな。デュランダルは何よりもプラントの指導者だし、
遺伝子関係の研究者だったよね、奴は。復興が一定以上のレベルに達したら、
確かに不正の温床になるだろう。対立が生じるとすれば、その時だろうな。

まあラクシズの所為でおっぱっぴーだがw

340 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/14(金) 11:00:10 ID:???
考えてみると、ラクシズってコーディネータを自然交配でナチュラルに還すって方向性なんだよな?

もしかして、これが成功するとコーディネーターが種として確立してしまいそうだったから議長を攻撃したのか?

341 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/14(金) 11:08:48 ID:???
つまりコーディネイターをナチュラルに回帰させるため、デュランダルには
死んで貰ったと。シーゲルの思想を継いでいるわけk……
しかしそのシーゲルを、フリーダムを奪う事で間接的に殺してるんだよな。
自分が主役になりたかったって事なんだろうか?

342 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/14(金) 12:03:13 ID:???
言葉の上では強制こそしない。でも、戦争を終結させた当代の英雄が混迷の世界を導いてやるぞって言いくるめていくんだよ
一種の洗脳操作だな。DPが正しいと植え付けていくんだろう

現に刃向かおうとした連合に対し、警告なしのレクイエム。ラクシズも一応、目的ばレクイエムの破壊゙だし

343 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/14(金) 12:15:05 ID:???

いや、ラクス派の母体はシーゲル派だから、
その支持を受け権力を行使する為には、当然シーゲル派の大儀を守る必要があるわけで……。


かつて自分の愛を阻んだ『コーディネーターの運命』。
それを、英知と言う刃で切り拓く為、議長は多少強行であってもDPを施行する為の道を選択する。
そのためには、コーディネータへの悪意を多少強引でも何かに転嫁せねばならぬと、
『過激派としてのブルーコスモス』の黒幕であったロゴスを生贄の羊とし、
自らの望む未来へと道をつなげてくれるだろう若きエースに、運命と言う名のモビルスーツを託す。
愛と言う唯一つの目的の為に軍機を犯した少年の姿に、
議長は、ただ一人への思いのために議長となり、世界を動かしている自分の姿を重ねていた。


それに対するは、ラクス派を維持する為に何としてでも議長のDPを潰さなければならぬ若き覇王ラクス・クライン。
DPが施工されれば、出生率の低下と言うコーディネーターの運命が解消される可能性が高く、
一時的に噴出するだろう遺伝子差別は、技術の進歩と相俟って全人類のコーディネータ化を促進するだろう。
それではいけない。
ラクスは自らの信者である最強の兵士、キラ・ヤマトとアスラン・ザラに、
侵略する自由と、無限の正義とを与えた。

両雄の激突は、近い!


……こう書くとなんだか面白そうだよな、種死

344 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/14(金) 12:29:36 ID:???
三国志みたいだな

345 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/14(金) 12:35:17 ID:???
>>340
そのわりにはラクシズのコディナチュカプは破綻しまくってるがな。
キラフレ→キララク、アスカガ→アスメイ、ディアミリ→解消、マリュ虎?→マリュムウ・・・

346 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/14(金) 12:49:15 ID:???
カプはキラフレ、虎マリュ、ディアミリが異種間恋愛として正当

アスランは運命に振り回されるとして、アスラクが妥当

347 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/14(金) 12:55:00 ID:???
別に作中キャラがカップルにならなくたって……お見合いパーティじゃあるまいし

348 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/14(金) 13:57:03 ID:???
我が世の春の四馬鹿御行幸の場に、レクイエムで滅亡したヴェスターラントもとい
コロニーの遺族が乱入して『ジブリールの共犯者!』と糾弾したらどう反応するんだろ。

349 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/14(金) 14:14:25 ID:???
もしラクス暗殺に成功してたら

350 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/14(金) 14:59:35 ID:???
そりゃヴェスターラントの例を出すんなら、終わり方も当然同じように……

351 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/14(金) 15:11:14 ID:???
議長がレクイエム撃った時は講和もまだだったし、一発プラントにぶちかまされた報復として撃たなきゃならなかったってのもあるかもしれん。世論的とか立場的に。
そしてついでだからとDP推進に暗に脅してみちゃったら、ラクシズが出てきちゃった。というオチ

352 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/14(金) 15:56:53 ID:???
もし種・デス種キャラでΖ(展開に逆シャアやオリジナル含む)をやったら
SEEDはNTの上位種(いわゆるエスパー組)。本編ではパイロットでなかったものも可
一年戦争はあまり深く考えずに

キラ:大戦の英雄で、危険分子として軟禁されていたがカラバに参加
後にエゥーゴに合流し、宇宙にも行き、さらにはグリプス戦役を終結させる
機体はリックディアス→メガΖ→ν及びHi-ν
シン:ティターンズに家族を殺されてエゥーゴ入隊。妹のマユを守りつつ、戦争終結を目指す
マユを人質に取られ、一時期ラクスの下へと走るが、カガリに救出されてエゥーゴに戻る
機体はガンダムマークU→Ζ→ΖΖ及びフルアーマー
アスラン:アレックス・ディノという偽名を用いているが、実は前大戦の戦犯パトリックの息子であり、ジオンの元エース
エゥーゴを建設して活躍するも、ラクスに感化されてアクシズ(ネオジオン)に走る
機体はリックディアス→百式→サザビー→ナイチンゲール
ラクス:ジオンの残党・アクシズを纏める若きカリスマ。
自らをSEED理論を提唱したシーゲルの娘と称して、地球圏支配を目論む
機体は専用ガザC→キュベレイ→ラフレシア
カガリ:キラの双子の姉。サイと共にカラバを建設し、エゥーゴを後方支援
機体はΖプラス
フレイ:キラの恋人。常人とは違うという認識を持っていたキラを受け入れる
機体は量産型Ζ→リ・ガズィ
ステラ:ティターンズの強化人間。シンと出会ったことで自我を取り戻していくが……
機体はサイコ→サイコマークU

353 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/14(金) 16:08:37 ID:???
SEEDを他のガンダムと絡めちゃ駄目だ、という事が解った。クロスオーバーが
嫌がられるわけだ

354 :275:2007/12/14(金) 16:31:40 ID:???
メサイアを目前にして、キラはかつてないほどの圧力を受け続けていた。
既にドラグーンは目前の紅い翼の機体に全て打ち落とされ、自らのVLを最大稼動させている。
「もうやめてくれ、シン!君だってわかっているんだろう、デスティニープランによる平和なんて、儚いものだってことを!」
相手の残像で頼りにならないレーダーを捨て、自らの眼を頼りにビームライフルを撃つが、デスティニーはそのことごとくを盾で防いだ。
「――っ、だったら、どうだっていうんだ!!」
目前で振りかぶられたアロンダイトを寸前で避けて、再び距離を取って連結ライフルを放った。が、それもかの大剣によって薙ぎ払われる。
「俺は、戦争のない事こそが平和だと信じてる。今更曲げられないんだよっ!!」
その叫びがキラにはまるで自らに言い聞かせているかのように聞こえた。
「シン、完全な平和なんてないんだ、そんなのはまやかしなんだ!」
もう距離を取れる状況ではないと感じたキラはライフルを捨て、両手にビームサーベルを抜き放ち、デスティニーに突撃をかける。
「それがアンタの信念なら――、俺に勝って証明してみせろ!」
デスティニーも剣を正中線に構えなおし、VLを最大展開した。
……次の交錯で、決まる。そう2人は直感していた。
「……行くよ、シン!」
「でやあああああああああっ!!」
瞬間、2機の、3本の剣が交錯した。

355 :275:2007/12/14(金) 16:32:47 ID:???
「くっ…!」
2本束ねたビームサーベルといえど、相手の刀を凌げないと悟ったキラは、寸前に構えたレールガンで手を打ち抜こうとした。しかし。
「なんだって……!?」
レールガンはデスティニーの横を掠めただけにとどまった。完全に慣性がつききった瞬間にシンはアロンダイトから手を離し、機体を横に流していたのだ。その手には何も握られてはいないが――
「もらった……!」
そうシンが言った瞬間、キラは自分の死を覚悟した。それでも瞬間的に腹部のビーム砲を発射していた。
「うわああああああああっ!」
数瞬後、爆酸した。――デスティニーの腕が。
そしてそれと同時に運命の位相は移り変わった。そのままの勢いで月面に叩きつけられるデスティニー。
「シン……君は……」
キラの顔には苦しみとも悲しみともとれる表情が浮かんでいた。あのタイミングで彼の掌部ビーム砲に間に合うはずが無かったのだ。
「行けよ……アンタの勝ちだ」
それだけシンは素っ気無く吐き捨てると、そのまま通信をシャットダウンした。
その言葉に返せる言葉も無いまま、キラはメサイアへと機体を走らせた。

356 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/14(金) 16:34:40 ID:???
クロスオーバーは嫌いじゃないがコレは酷い。

357 :275:2007/12/14(金) 16:34:44 ID:???
シンラスボスをなんとなく書いてみた。今は反省している。

自分のメインSSは進まないのに('A`)

358 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/14(金) 16:37:13 ID:???
すまん、物凄く紛らわしい位置に割り込んでしまったorz

359 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/14(金) 19:21:28 ID:???
種・種死を少年漫画みたくしたら

360 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/14(金) 19:24:27 ID:???
種・種死を漫画太郎先生が書き直したら

361 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/14(金) 19:30:12 ID:???
見得るぞ、ラクスが凄いことになって、やたらロリィなキラがケツに押しつぶされた挙句、屁を吹きかけられる姿がっ!

362 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/14(金) 19:34:08 ID:???
>>360
マリュー「こんガキャー!」 バチーン!!

キラ「ブベラ!」

363 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/14(金) 20:07:25 ID:???
種キャラがニトロプラスのキャラだったら
デモベは専用スレがあるのでそれ以外で
一番やりやすいのは鬼哭街だが

364 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/14(金) 21:54:50 ID:???
>>363
言われてみればクローンスレのは鬼哭街の主人公に似てる立場だな。
バカピンクのおかげで鬼哭街のようにならなかったのとブラックk7と。


365 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/14(金) 22:51:51 ID:???
ぽまいらGSC氏が帰還ですよ

366 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/15(土) 10:46:50 ID:???
もしギナが生きていたら

367 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/15(土) 16:09:14 ID:???
もし、種・種死がときた以前のボンボン漫画のノリだったら
(例:ボンボン版Vガンダム・ガンダムF91、後ボンボン版餓狼とか)

368 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/15(土) 19:48:31 ID:???
アークエンジェルでゾノを押しつぶすマリュー艦長
それを肯定するハルバートン提督
ええい!このスイッチだ!(ジンに殴りかかるストライク
キラ・ヤマト様の大発明!
砂漠の虎が褌一丁
貴様は電子レンジの中の核爆弾だ!
こうですか?わかりま(ry

369 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/15(土) 19:52:27 ID:???
ウッソ君w

370 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/15(土) 20:11:17 ID:???
フェイズシフトパンチ!とか
喧嘩を仰ぐ魔乳とか

371 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/15(土) 22:18:47 ID:???
もし岩本版ロックマンXのノリで種・種死を書き直したら超名作の予感

372 :94 ◆4x1/ER9Heo :2007/12/15(土) 23:49:27 ID:???

GUNDAM SEED -褐色の破壊者- 第3話-それぞれのできること-

自分に宛がわれた部屋の窓から外を見る。
漆黒の中に浮かぶ無数の星。
そして、少しずつ小さくなるヘリオポリスの残骸。

そう残骸だ。
どう言い繕おうと、自分が原因の一端を握ってしまっている事実。

あれから、見たこともない戦艦(あまりカッコいいとは言い切れないフォルムだったが)
に収容された俺とキラ。
キラの機体に乗り込んでた女性はマリューさんといって実際に連合の兵士だったらしい。
この戦艦…アークエンジェルというらしいが…に搭載されるはずだった新兵器。
その情報がザフトに漏れて、結果奇襲を受けて3体が奪取されてしまい、戦艦の乗組員も
多数が死傷したという。

で、俺とキラだ。

成り行きとはいえ、軍の超機密事項に触れた上に、二人して機体のOSを弄ってしまったモンで、
俺とキラ以外には使えなくなってしまったらしい。
二人の間でなら、何とかなる……というか、あの後二人で二つの機体のOSを同じにしたんだけどな。

ちなみに、あの時主兵装が使えなかったのは単にロックがかかってただけだったらしい。

あの後、ザフトの襲来がもう一度あった。
その時にはもうこの艦に収容されて多少説明を受けたとはいえ、いざ戦場に放り出されると
やっぱり自分でも驚くぐらい冷静に、そして冷徹に、戦うことが出来た。
そう、正規の兵士でも何でもない俺がだ。


373 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/15(土) 23:49:33 ID:???
まだだ! まだだぜクルーゼ隊!!
トールの残した作戦は…まだ終わっちゃいねぇーーーっ!!!!

374 :94 ◆4x1/ER9Heo :2007/12/15(土) 23:50:29 ID:???
コーディネーター。
実際、一口にコーディネーターといっても様々なヤツがいる。
正確には様々な分野に特化したヤツがいるって言った方がいいか。
実は俺自身は、今までどんな分野に適性があるのかとかは考えた事もなかったんだが。
もしかしたら……俺はこういう戦いの……

唐突に部屋のブザーが鳴った。
といっても非常召集とか物騒なものじゃない。ただ単に来客が来たというだけだ。
泳ぐようにして、ドアまで行き、ロックをあける。
ドアを開けると目の前にミリアリアの顔があった。
「ちょっと、何で逆さまなの?」
いやに顔が近いと思ったが、通路に正立したミリアリアと天井から倒立した俺とじゃ確かに顔は近いわけだ。
「いや……まぁ……色々と考え事をな……」
歯切れの悪い返事をしながら、改めてミリアリアの様子を見る。
違和感を感じる。そしてすぐに思い当たった。
「それ、軍服だよな?」
「そう。っていうか、何でアンタは着てないのよ」
「俺は……だって正規の兵士じゃ…」
「あー……また考え込んでたんだ」
大げさに肩をすくめて、ため息までつかれた。
「そんな…お前に心配されるような事じゃねーだろよ」

「あのね。誰も表立って言ってないけど、アンタやキラには感謝してるんだよ。
 まぁ、結果的にヘリオポリスはああなっちゃったけど、
 それでも私とか含めて沢山の人が助けて貰ったのは事実だもん。
 これから、この戦艦に乗ってる間、また戦うことになるかもしれない。
 それでも……私に、私たちが出来る事をしたいから。
 二人だけに背負わせたりしない。私達友達でしょ」
そこまで一気に捲し立てたあとで、大きく息を付いたミリアリア。

375 :94 ◆4x1/ER9Heo :2007/12/15(土) 23:51:36 ID:???

私たちが出来る事……か。

自分ができること。
今時分に出来る事は、あのバスターに乗る事。
そしてこの艦とこの艦に乗ってるコイツ等を守る事。
今までの悩みがアホみたいにすっきりした。なんだ、とても単純な事じゃねぇか。
俺には戦争なんて大層なことは出来ねぇ。ただ、目の前の、自分に出来る事小さな事をしていけばいい。

「ああ。そうだった。なんか色々忘れてた。アリガトな。ミリアリア」
そのとたん、急に不機嫌そうな顔になるミリアリア。
「ミリィ。またそんな他人行儀な呼び方して」
「あ、ゴメンな。ミリィ」
「よろしい。じゃ、また後でね」
そう言ってミリィはドアを閉めていってしまった。

俺の、キラの、ミリィの、そして仲間たちの……出来る事。
ゆっくりとベッドの上まで移動すると、まだビニールに包まれていた制服の封を破った。



376 :94 ◆4x1/ER9Heo :2007/12/15(土) 23:52:37 ID:???
今回から、ちょっとずつ原作のエピソードを省いたり
オリジナルな展開がはさまっていったりするかも。
原作と大幅に立場の違う人が出て来るかもしれません。

ディアッカが戦闘時の極限状況ですごかったのはきっと、
コーディネーター+主人公補正です(笑)

あと、キラの活躍はディアッカから見た補正でちょっと誇張されてしまってます。

それから、今後もディアミリ成分は随時足して行きます!(笑)

377 :373:2007/12/16(日) 00:39:52 ID:???
GJ
そして、投下割り込みスマソ

378 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/16(日) 01:07:48 ID:???
グレィトゥGJ

379 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/16(日) 08:47:30 ID:???
炒飯GJ!
ディアッカの今後に大期待!

154 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

                                ;\    ヽ,,,,l
  ;      ;             ;    ;       ;;ヽ ; ; ;;│
  i;;;   ;;    ;   ; ; ;  ;       ;  ; ; ;;   ; \ ; ;|
  .i;; ;;; ;;   ;  ;  ;     ;   ; ;       ;;      ;;ヽi'
  i;;;; ;;  ;;   ;  ; ;;  ; ;  ;   ; ;   ; ;; ; ; ; ;;  ; ;;;| ━━━━━━━━━━━━━━
. 104887620/1" target="_blank">>>1
>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1
>>1★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)