5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

歴代主人公が兄弟だったらpart26

1 :通常の名無しさんの3倍:2008/06/29(日) 00:36:17 ID:???
『歴代主人公が兄弟だったら』は
アムロ以下の兄弟達(映像化作品限定)の生活全般を書いてみるネタスレです。

基本ルールは以下の通り
1. 原作にある程度則ったキャラ設定、他の作品を崩さない作品推奨
 (あくまでも推奨。これに反すると思った作品でも作品叩きは厳禁)
2. サブキャラなどの設定、諸々は過去スレ倉庫の作品を参考のこと。
 (ただし、設定は固定ではなく書く人間が好きに弄って可。パラレル進行などの抜け道もOK)
3. 自分がウザイと感じた作品でも叩きは禁止。煽りにはスルーを推奨。

過去スレ倉庫 http://aw0015.hp.infoseek.co.jp/g_brothers/
(職人希望の人は先ず、過去スレにあるネタ群を読んだあとでネタを書くことを推奨)

【避難所】歴代主人公が兄弟だったら.2【議論所】
http://axiz.fcpo.net/test/read.cgi/axiz/1049403320/l50
(長くなりそうな議論はこちらに)

前スレ
歴代主人公が兄弟だったらpart25
http://anime3.2ch.net/test/read.cgi/x3/1211381576/

2 :歴代主人公・兄弟プロフィール 長男〜五男:2008/06/29(日) 00:38:19 ID:???
長男アムロ・レイ(29) 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
兄弟家の大黒柱。父親代わりとして個性派揃いの兄弟達をまとめながら、
ペットロボット『ハロ』やモビルシチズンを製作した(株)ラー・カイラムの幹部として
忙しい日々を送っている。交友関係は幅広く、機械弄りが趣味。

長女セレーネ・マクグリフ(28) 機動戦士ガンダムSEED C.E.73 STARGAZER
深宇宙探査開発機構『DSSD』所属のAI関連技術者。AI研究、
開発に夢中になりすぎて私生活はだらしない面が目立つ。そのことで
兄弟達から色んな意味で心配されている。

次男シロー・アマダ(24) 機動戦士ガンダム 第08MS小隊
兄弟と町の平和を守る使命に燃える熱血漢の刑事だが、時折熱暴走して
手がつけられなくなる困った一面も持ち併せる。アイナを巡って彼女の
兄であるギニアスとの熾烈な攻防が日々繰り広げられているとか。

三男オリヴァー・マイ(23) 機動戦士ガンダム MS IGLOO
不良品量産電機会社ヨーツンヘイム社に勤務する技術者だが、製作した物はやたらと空中分解する。
真面目かつ冷静沈着な性格で、趣味は報告書風の非常にくどい観察記録をつけること。
同僚のモニクには憎からず思われているようだが、天然フラグクラッシャーなので何の進展も無い。

四男ドモン・カッシュ(20) 機動武闘伝Gガンダム
東方不敗マスターアジアの弟子で、格闘技大会で広く名を知られた
ガンダムファイター。無骨で不器用、常識も無ければ協調性も低いが、
時折まともな正論を言うことがある。幼馴染のレインに滅法弱い。

五男コウ・ウラキ(19) 機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY
お坊ちゃん気質の強い性格で、ニンジンが嫌いなMSオタク。大学で
ラグビー部に所属しているはずなのだが、あまり話題に上がらない。
何かと熱烈アタックをかけてくるシーマ姐さんの影に脅える日々が続く…


3 :歴代主人公・兄弟プロフィール 六男〜十二男:2008/06/29(日) 00:40:22 ID:???
六男カミーユ・ビダン(17) 機動戦士Zガンダム
短気で喧嘩っ早く女たらしだが、何故かモテる。女の名前をつけられた
ことに対するコンプレックスから男の証明を手にしようとホモ・アビス、
プチMS、空手に手を出し、現在ハンバーガーショップのバイト店員。

七男シーブック・アノー(17) 機動戦士ガンダムF91
個性派揃いの兄弟達の中では比較的にまともで、地味なツッコミ役を自認。
「なんとぉーっ」と叫ぶ癖がある。「怪盗キンケドゥ」との同一人物説があったが、
本人はセシリーのパン屋でのアルバイトと趣味のエアグライダーに励む至って普通の好青年。

八男ロラン・セアック(17) ∀ガンダム
兄弟一家最後の良心であり、主夫。中性的な顔立ちと声から、本人の
預かり知らぬところで人気者となっている。穏やかで争いごとを嫌うが、
怒らせたら兄弟一恐ろしい実力者。本人曰く「女装は趣味じゃないです」

九男キラ・ヤマト(16) 機動戦士ガンダムSEED
コンピュータに精通しており昔は盗撮サイト経営、現在はクライン・
カンパニーのバイトプログラマ。ラクス達との平穏な生活を望むも、
朝食は御大将ことギンガナムに踏み荒らされ、フレイにつけ狙われたりで前途多難…

十男シン・アスカ(16) 機動戦士ガンダムSEED DESTINY
黙っていればいい奴だが生意気で喧嘩っ早く、すぐ増長して大失敗する。
キラとの相性は最悪で、貧乏くじを引かされ大喧嘩に発展させてしまう。
不思議系少女のステラにご熱心だが、最近ルナマリアが絡んでくるようだ。

十一男刹那・F・セイエイ(16) 機動戦士ガンダム00
自らをガンダムと称する寡黙で無愛想な少年。
価値観と思考の多くがガンダムで占められており、16歳という実年齢より幼く見える。
マリナとの関係は文通相手なのか。ネーナに追っかけられている。

十二男ヒイロ・ユイ(15) 新機動戦記ガンダムW
無口で無愛想、その思考回路は奇々怪々。任務と称された依頼を断れない
厄介な性格持ちで、更に何かと失敗したり追い詰められたりすると自爆する
一触即発ぶりに周囲は戦々恐々。リリーナ・ドーリアンにぞっこん。


4 :歴代主人公・兄弟プロフィール 十三男〜十七男とモビルシチズン:2008/06/29(日) 00:42:25 ID:???
十三男ガロード・ラン(15) 機動新世紀ガンダムX
行動力溢れるやんちゃ者。金もうけの話に目が無く、それで懲りずによく騒ぎを起こす。
ニュータイプに若干の劣等感を見せることがあるが、基本的にはいつもポジティブ。
恋愛面はティファ一筋で、手を握っただけで真っ赤になるほど初心。

十四男ジュドー・アーシタ(14) 機動戦士ガンダムZZ
ガロードと並ぶムードメーカーでもあり、トラブルメーカー。何事にも
前向きで、ジャンク屋もする。結構モテるようだが恋愛にはまだ興味がない様子。
担任のハマーン先生がいろんな意味で苦手で毎日逃げ回っている。

十五男ウッソ・エヴィン(13) 機動戦士Vガンダム
年上の女の人に良く好かれよく弄り回される、羨ましいのか可哀相なのか
心中複雑な年頃の少年。最底辺人類からの脱却なるか。
見かけによらず生活力は高く、家庭菜園を営んだりもしている。

十六男アルフレッド・イズルハ(11) 機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争
素直で誰とでも仲良くなれる無邪気な少年。兄弟一家では少数派のザク好きだが、
他の兄弟達がガンダム乗り揃いであることから何度か喧嘩し、騒動になったことも。
バーニィと仲が良いが、他のジオン系の大人の受けもいい。

十七男シュウト(10) SDガンダムフォース
キャプテンと仲良しの元気一杯な兄弟最年少。アル同様誰とでも仲が良いが、
他人からの好意には鈍感で、ラクロアのリリ姫の好意にも気づいてない。
好物はご近所のセーラさんとお隣のクリスが作ってくれるケーキ。

キャプテン・ガンダム SDガンダムフォース
ラー・カイラム社で開発されたモビルシチズン。家事雑用に用心棒と何でもこなし、
ありとあらゆる事象の確率を算出することもできる。ロランをつけ狙う変態対策に
アムロがテストの名目で連れて来たが、一家の中にキャプテン自身を狙う者もいる…。
「コウがニナさんにふられる確率は、26.268%と思われる」

5 :通常の名無しさんの3倍:2008/06/29(日) 00:44:27 ID:???
※00は今秋に第二部の放送が予定されているため、
 刹那をはじめとする00登場キャラについては第二部終了後に設定変更がある場合もあります

6 :通常の名無しさんの3倍:2008/06/29(日) 00:55:07 ID:???
ギンガナム「>>1はスレ立て乙とみたなあ小生は!」

7 :通常の名無しさんの3倍:2008/06/29(日) 17:48:27 ID:???
ネタが出ないので、とりあえず>>1乙とだけ言っておく!

8 :通常の名無しさんの3倍:2008/06/29(日) 18:07:56 ID:VLBoflYZ
兄弟達に見ていたNHKドラマを聞いてみました。
カミーユ・・・太平記、花の乱(欝話)
ジュドー・・・水曜時代劇・宮本武蔵(大河じゃない方)
ヒイロ・・・ちりとてちん(実はバイトで、どんど晴れにも出演していた)
ウッソ・・・風林火山
(好きだが、ヒロインがルペ・シノ似なのがちょっと嫌だった。主役が虎似、板垣が青い巨星似でキラ・アムロも視聴)
キラ、シン・・・ちりとてちん(キラはA子派、シンはB子派)
(番外)
シャア、ギル・・・風林火山(越後の龍目当て)
シャクティ、カツ・・・ほんまもん(シャクティはレシピ作りのため、カツはヒロインに萌え)

こんなスレも見つけました
http://bubble6.2ch.net/test/read.cgi/natsudora/1214130482/

9 :通常の名無しさんの3倍:2008/06/29(日) 20:31:49 ID:???
太平記はゴクミが男役で出てるけど女装した男萌えなグエン卿からみればどうなんだろうか

10 :通常の名無しさんの3倍:2008/06/29(日) 20:37:07 ID:???
>>9
グエン「君は何か勘違いしているな。私が好きなのはローラだけだ。
    女装した男がいたとしても『ああ、女装しているのだな。』で終わるし、
    男装の女性も『なるほど男装しているのか。』で済む話ではないか。

    ・・・・・・で、ローラはどこにいるのだ?隠すと為にならないと言っておこう。」

11 :通常の名無しさんの3倍:2008/06/29(日) 20:46:17 ID:???
>>9-10
それなら風林火山のカピバラ様と北条氏康・氏政親子は普段は女装して舞台に出てますよw
氏政役は映画デビュー作の北野版座頭市でアッー!な役だったし。

12 :通常の名無しさんの3倍:2008/06/29(日) 23:01:02 ID:???
前スレの単語検索結果です。
アムロ472 セレーネ159 シロー116 マイ253 ドモン108 コウ106
カミーユ49 シーブック(キンケドゥ込み)98+7 ロラン(ローラ込み)235+12
キラ123 シン117 刹那(せっちゃん込み)171+10 ヒイロ56 ガロード239 ジュドー178 ウッソ216
アル218 シュウト99 キャプテン136 クリス(隣に住んでる方)291 バーニィ271 ガトー9
シャア122 グエン25 ギンガナム21 鉄仮面(カロッゾ込み)11+7 ブライト31
アイナ57 モニク31 レイン8 シーマ21 セシリー(ベラ込み)59+1 ディアナ8 ラクス24
ステラ3 ルナマリア(ルナ込み)10+1 リリーナ16 ティファ128 ハマーン49 シャクティ98
セイラ19 ベルトーチカ5 チェーン31 アリョーナ2 カニンガム1
アスラン(アヅラン込み)50+12 カガリ(チリソース込み)47+20 フレイ2 メイリン4 
マリナ38 ネーナ28 スメラギ(アル中込み)28+1 クリス(CBにいる方)30 フェルト42
グラハム(ハム込み)3+5 ロックオン(ロッリコン込み)40+3 アレルヤ&ハレルヤ7+9 ティエリア26
コーラサワー(コーラ込み)2+7  アレハンドロ2 リボンズ4 DOME2 A.R.3 アマクサ1
シャギア20 オルバ30 トロワ32 デュオ9 カトル6 五飛21
ガンダム433 ザク55 ハロ21 ミンチ20 空中分解10 兄さん153 兄ちゃん21 兄貴4 お兄様3

アムロ兄さん首位譲らず、マイが兄弟中2位に躍進でロランはローラを足しても及ばず。ガロードとウッソとアルが引き続き好調。
影が薄いといわれたシュウトとキャプテンよく頑張った。そしてカミーユが新たな影薄王の地位に。
第25スレのヒロインは長編が多かったクリス姉ちゃん。バーニィも一緒に出番大幅増。Wクリスネタは数える方は面倒ですw


13 :通常の名無しさんの3倍:2008/06/29(日) 23:22:01 ID:???
>>12
集計乙ですー
やっぱりアムロ兄さんは強いな

14 :通常の名無しさんの3倍:2008/06/29(日) 23:25:36 ID:???
えらい伸びたなガロード
スパロボ効果かな?

15 :通常の名無しさんの3倍:2008/06/29(日) 23:26:14 ID:???
マリナとネーナのカウント忘れてました。
マリナ63回、ネーナ36回です。

16 :通常の名無しさんの3倍:2008/06/29(日) 23:31:29 ID:???
>>12
乙ー
カミーユとヒイロがエラい少ないな

17 :通常の名無しさんの3倍:2008/06/29(日) 23:40:52 ID:???
そういやスパロボPVの影響でキラが落ち込んでそうだな。シンは逆に喜んでそうだが。

18 :通常の名無しさんの3倍:2008/06/30(月) 01:15:22 ID:???
アムロ兄さんは一家の家長という立場とSD世界まで至る人脈の広さのおかげで、
あらゆるジャンル・作品のキャラクターに対応できるのが強みだが、
このスレのキャラクターとしての弱点は、エロ大名で確定しているため、
ガロード&ティファ、キラ&ラクス、コウ&シーマ、シーブック&セシリー、バーニィ&クリスのような、
砂糖まみれになりそうな恋愛もの(だいたい長編になるので出番も稼げる)の主役にはなれないところだな。
おかげでアムロ兄さんの彼女の皆さんはそろって出番が少ないw

カミーユが影薄くなっていくのは、兄弟キャラを食うほど強烈な脇キャラへの人脈が少ないせいだろうか。
シャアにからまれるアムロ、グエンどころかシャアにまでからまれるロラン、シーマに食われそうなコウ、
鉄仮面に翻弄されるシーブック、ハマーンとアクシズ一家に追い回されるジュドー、デュバルの尻拭いばかりしてるマイ、
なんかが定番になってる中で、カミーユにはそういう定番のネタが無い。

19 :通常の名無しさんの3倍:2008/06/30(月) 01:31:27 ID:???
月曜日はアムロのハンマー♪火曜日はグラハムスペシャル♪
水曜日にキャプテンパンチ♪木曜日は蟹に挟まれ〜♪
金曜日は修正食らい♪土曜日は天驚〜拳♪
日曜日は月光蝶で分解され〜る〜♪
シャア!シャア!シャア!シャア!シャア!シャア〜!
懲りない変態ねぇ〜〜♪

20 :通常の名無しさんの3倍:2008/06/30(月) 13:16:05 ID:???
エル「あっつい日が続くよねぇ……」パタパタ
プル「夏だもん……」パタパタ
プルツー「だがこの湿気はたまらん……」パタパタ
フェルト「家に引きこもりたい……」パタパタ



ウッソ「スカートの裾をつまんでパタパタ……おおっ、胸元も! いや、これはほんっとに眼福ですよ」
ビーチャ「暑いのによくやるぜ……」
イーノ「砂漠とは違うからきつい……」
モンド「帰りに●リガリ君買お……」


21 :通常の名無しさんの3倍:2008/06/30(月) 14:31:48 ID:???
シャングリラ組枯れ果ててるw

22 :通常の名無しさんの3倍:2008/06/30(月) 15:36:03 ID:???
カガリ君かと思った 間違いなくチリソース味のアイス

23 :通常の名無しさんの3倍:2008/06/30(月) 15:39:30 ID:???
ガロード「チリソース味のアイスなんて誰が食うんだよ?」
ジュドー「悪趣味だよな……」

24 :通常の名無しさんの3倍:2008/06/30(月) 15:51:33 ID:???
カガリ「・・・・・・(#^ω^)」

25 :通常の名無しさんの3倍:2008/06/30(月) 16:32:14 ID:???
シャングリラ組って、脇役連中の中じゃかなり出番多いよな

26 :通常の名無しさんの3倍:2008/06/30(月) 16:40:57 ID:???
宇宙船やコロニーで育った連中には、ここの夏は辛かろうw

アムロ「…シロー、お前は毎年元気だな…」
シロー「ああ、昔、熱帯のジャングル奥地に出向したことがあるから…
    あそこは湿度も気温も殺人的だったからね」
刹那「…その汎用性…シロー兄さんも、ガンダム…だ…」←湿気にKO
セレーネ「………」←口も利けない
アムロ「廊下で寝るな。 せめて服を着ろ!」
ドモン「まったく、皆だらしがないぞ! 心頭滅却すれば火もまた涼しと言うだろう!」
ガロード「…ほんっと、元気だよな、ドモン兄ぃ…」←寒さに強い分、暑さが苦手
レイン「鈍いからばててるのに気付いてないだけよ」


ロラン「今日は暑気払いにピリ辛の四川風冷やし中華にしてみましたー。
    チリソースの過剰使用には注意してくださーい」

シャア「暑さに髪を上げてるロラン君…いい…」
グエン「ローラのうなじ…」ハァハァ
キャプテン「とう!」↑【投網】
コマンビー「毎度すみませんねぇ…それじゃあ、引き取っていきますんで」ズルズル
シャア「うおっ! やめろコマンダー! 引きずるな!」
グエン「熱っ! ま、摩擦熱がっ! 熱っ!」

ギンガナム「うむ! さすがの小生も少々早めの夏バテ気味だが、
      このピリリとした辛味が食欲をそそるのである!」
シャギア「これは…異なるメーカーの豆板醤をブレンドしているな」
オルバ「なるほど、だから辛味がこんなにも豊かなんだね、兄さん」
シャギア「うむ。 どこぞのチリソース・マニアに見習って欲しい仕事だな、オルバよ」
オルバ「…でも兄さん、この辛さはアル君やシュウト君にはきつすぎないかな?」
ディアナ「ふふっ、一人一人に合わせて味付けを変える…
     ロランにその程度のことが出来ぬとお思いか?」
ロラン「ディアナ様…いつのまに…」

アル「おいしー♪」
シュウト「おいしー♪」
マリナ「おいし♪」

27 :通常の名無しさんの3倍:2008/06/30(月) 17:11:27 ID:???
>>26
ナチュラルに姫様が(一人女王だけどw)食卓囲んでるガンダム家スゲー!

28 :通常の名無しさんの3倍:2008/06/30(月) 18:37:06 ID:???
なんかここと刹シン愚痴スレの所為で姫様が可愛く見えてきたw

29 :通常の名無しさんの3倍:2008/06/30(月) 18:56:15 ID:???
姫様が兄弟家で優雅に食事しているその時に、家でインスタント食品を食べているシーリンを想像した

30 :通常の名無しさんの3倍:2008/06/30(月) 19:20:01 ID:???
シーリン…!(´;ω;`)

31 :通常の名無しさんの3倍:2008/06/30(月) 19:32:37 ID:???
マリナ「シーリン? ロラン君からお土産もらってきたから…ね?
    電気点けて、いただきましょ?」(汗

32 :通常の名無しさんの3倍:2008/06/30(月) 20:21:46 ID:bcCKDpDh
>>8
訂正
ヒイロの場合、「ちりとてちん」ではなく「やんちゃくれ」でした
なお「葵徳川三代」には、グエン、鉄仮面、レイフ、カガチ、デキム、ハイム父が出演していました。

33 :通常の名無しさんの3倍:2008/06/30(月) 22:55:44 ID:???
>>32
中の人ネタつまらんからどうでもいいよ。

34 :通常の名無しさんの3倍:2008/06/30(月) 23:39:37 ID:???
>>23-24
ウッソ「カミーユ兄さん、ロシアンルーレットやらない?6本のうち5本がスイカバーで、1本はスイカバーに見えるけど実はチリソース味」
カミーユ「チリソース味なんてどうやって用意したんだ」
ウッソ「僕が作った」
カミーユ「作るなそんなもん」

35 :通常の名無しさんの3倍:2008/06/30(月) 23:41:23 ID:???
ウッソスゲェw
無駄な所でスペシャルだww

36 :通常の名無しさんの3倍:2008/06/30(月) 23:49:52 ID:???
そんなもの作った所で、「匂い」を嗅ぎ付けてきたバカガリの視線とヨダレを見れば一目瞭然
そもそも、調味料を無駄にした時点でロランが・・・

37 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/01(火) 00:04:52 ID:???
機動戦士ガンダムさん見たらこのスレの昔のシャアにしか見えなくなってきた。
つか面白いな。フラウ可愛いし、ギレンはニートだし、ザクさん頑張りものだし、ブライトがなんかイってるし

38 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/01(火) 03:40:11 ID:???
ロアビィ「プールは良いねぇ。寝そべってるだけでカワイコちゃん達が目の前を通りすぎてくれるよ」
ディアッカ「グレイトォ……見ろよロアビィ、あの茶髪の髪くくった娘の胸」
ロアビィ「ほう? なかなかのパイオツカイデーな娘に目をつけるじゃないのディアッカ君ったら」
ディアッカ「いやいや、ロアビィ先生に比べたらまだまだだって」
ウィッツ「良く飽きないぜ、こいつら……」
イザーク「まったくだ……たまの休日に無理矢理連れ出されたらこれだからな…………」
ロアビィ「いやぁ、色男がこれだけいたら女の子は放って置かないっしょ?」
ディアッカ「うんうん。それにロックオンも後から来るんだ。そんな俺達が揃えば大概の女の子なんて――」



ロックオン「よし、変な人に付いて行くなよ? あと、お腹減ったら金渡すから」
フェルト「分かった……」
エル「いやー、暑かったから助かったよロックオンさん!」
プル「ねえねえ! あのかき氷食べようよプルツー!」
プルツー「姉さん、先に泳ごうよ」
ガロード「良いのかな? 俺が来ちゃって……」
ティファ「ガロードがいなかったら……き、来てないから……」
ガロード「ティファ……!」
モンド「プールだー!」
ビーチャ「焼きそばだー!」
イーノ「カレーだー!」
ジュドー「泳ぐぜー!」


ディアッカ「…………(呆然」
イザーク「良かったな、賑やかになるぞ」
ロアビィ「確かに一人で来いとは言ってないけどさぁ……こぶつきってレベルじゃないじゃんの……」
ウィッツ「ありゃあ色男というか保父さんだな」


39 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/01(火) 09:18:56 ID:???
かってに>>34氏の続きw

カミーユ「よし、スイカバーだな」
ウッソ「ちぇっ、やっぱりカミーユ兄さんは、引きも強いや。 ハロ!」
白ハロ「ハロ!ハロ!」
カミーユ「…なんだ、この白いハロは?」
ウッソ「このあいだ作ったんです」
 ぱかっ!
カミーユ「冷蔵庫…いや、冷凍庫になってるのか!」
ウッソ「冷蔵庫にもなりますよー。 この時期、便利でしょ?」ハイ、ドゾー
カミーユ「いや、便利なんだろうけど…すごいんだけど…」

40 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/01(火) 09:32:19 ID:???
ジュドー「なあ……」
ガロード「どうしたんだよ?」
ジュドー「あれ」
ガロード「あれ?」




カガリ「ええい離せ! チリソース味のアイスを売っても構わないだろ!」
ジュリ「はいはいプールにまで来て騒がないで下さいねカガリ様」
マユラ「皆さんに迷惑になりますから流れるプール行きましょうね〜」
アサギ「で、このアイスどうすんのよ?」




ガロード「うっわ、嫌なもん見た。買っちゃった人は災難だぜ……」
ジュドー「ああ。本当にな。買った奴がいないことを祈るぜ」


41 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/01(火) 10:07:23 ID:???
何だかカガリへの悪意を感じるな。ネタスレであんまりそういうのは良くないぜ。
とウッソの件に全く無反応だったオレが言ってみる。
新シャアでの種(ラクシズ)叩きが多いから敏感になってんのかもな・・・。

42 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/01(火) 10:19:31 ID:???
ただのチリソースのネタだろ?

43 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/01(火) 10:19:34 ID:???
虚武羅丸「……(もぐもぐ)
      む、意外といけるな」



虚武羅丸=コブラガンダム=インド=スパイシー、ということでw

44 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/01(火) 10:29:02 ID:???
ディアッカ「まさか……ただのギャグだと思……ぐふっ!」
ロアビィ「ふふっ……まいったねこりゃ……ごふぁっ!」
イザーク「だから止めておけと言ったのに」
ウィッツ「つか、マジでチリソースでできてるぞコレ………」


45 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/01(火) 10:54:00 ID:???
虎「そんな君達には口直しに、このヨーグルト……」
キラ「引っ込め虎!!」
虎「うわぁ〜〜〜〜〜〜!?」

キラーン

キラ「ふう……危なかった」
シン「……フローズンヨーグルトって、普通にあるぞ」
キラ「あ」

46 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/01(火) 11:43:11 ID:???
>38
ルーがいない…

47 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/01(火) 11:49:31 ID:???
>>38
プール売店のおばちゃん「はい、焼きそば一つね。おじょうちゃんのパパ若くてカッコいいわね」
ロックオン 「やだなー、カッコイイだなんて。あ、フランクフルトも追加で」
フェルト 「・・・orz」

48 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/01(火) 12:13:49 ID:???
虎「パピココーヒー味もなかなかイケるんだな」

49 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/01(火) 12:16:14 ID:???
>>46
ルー「あいつら……! 帰ってきたら覚えてなさいよ……!!!」

50 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/01(火) 12:39:28 ID:???
>>40
カガリ・・・売るのならチリソース味のアイスではなくチリソースカキ氷にしなさい

51 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/01(火) 12:41:47 ID:???
>>45
キラ「さっきははしゃいだけど……あ、あづい……帰りたい……」
ラクス「駄目ですわ。キラったら家に引きこもりっ放しなんですからお日様に当たらないと」
キラ「そう言われても暑いよ……」
ラクス「はい。ですから」
キラ「ですから?」
ラクス「ア………アイスを二人で食べあいっこ……」
キラ「…………」
ラクス「駄目……でしょうか?」
キラ「ま、まさかっ! 嬉しいよ、うん!」
ラクス「でしたら……キラ、あーん♪」
キラ「あーん」
ラクス「うふふっ♪」キラ「えへへ♪」



シン「あー、あついあつい」
ステラ「うん、あついね。シン、プールはいろ」
マユ「マユもマユも〜」

52 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/01(火) 14:00:34 ID:???
………そうか、このスレのラクスはきれいなラクスやんだった。

53 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/01(火) 14:17:57 ID:???
>>47
>>51
フェルト「うらやましい…………」
エル「ど、どんまい!」

54 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/01(火) 15:42:01 ID:???
>>51のちょっと前。
ウッソ「あ、シン兄さん」
シン「ん?」
ウッソ「マユちゃんとプールに行くんですよね? コイツ連れて行ってくださいよ」
青ハロ「イヨゥ!」
シン「なんだ? アスランが作ったヤツ…にしては大きいな…って、軽っ!」
ウッソ「素材の8割を発砲素材で作ってあります。
    緊急時にはさらに膨らんで、女の子一人くらいなら充分支えられるだけの
    浮力を発生させられますから、水の事故にも安心です」
シン「へぇ〜、ラー・カイラムの新製品か?」
ウッソ「僕とシュウトで作ったんですよ。(エッヘン!)
    あ、カメラとかは内臓してないですから、覗きには使えませんよ?」
シン「使うかっ! …まあ、お前はともかく、シュウトが咬んでるなら安心か」
ウッソ「うわ、僕って小学生以下ですか!」
シン「能力じゃなくて、倫理の問題だ、倫理の。
   お前、自分が何をやってきたか忘れたのかよ。
   …まあ、コイツはありがたいけどな」
ウッソ「後で使用感聞かせてくださいねー」イッテラッシャーイ

ちょっと、この路線で行って見るw
色々便乗することになるので、先に謝っときます。<(_ _)>


55 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/01(火) 16:03:37 ID:???
>>44
こいつらってさ、年齢を種死基準にした場合、イザークとディアッカの方が年上なんだよな……
Xキャラは本当に、車田漫画並に年齢設定を間違えてるんじゃないかって位大人びている。

56 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/01(火) 16:07:44 ID:???
>>55
Xの二人って10代だったのか?!

57 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/01(火) 16:12:54 ID:???
オルバ「僕達も実は相当若いんだけどね。ね、兄さん」
シャギア「ふっ……そうだなオルバよ」
ガロード「テメエら、プールまで来て何やってやがる」
オルバ「やだなぁ、僕達だってたまにはヴァ〜カンスッ、てのを楽しむに決まってるじゃないかガロード」
シャギア「ブルーハワイを片手に浮輪で流れるプールなんて素晴らしい贅沢だと思わないかガロード」
ガロード「無害なんだけどさぁ……なんか腹立つんだよな」


58 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/01(火) 16:13:35 ID:???
主要なフリーデンのクルーはジャミル、テクス、シンゴの3人を除いて、皆10代。

59 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/01(火) 17:52:56 ID:4VqB3P3N
アズラン「カガリ……」
カガリ「食べて」
アズラン「俺の味覚は正常だ。はっきり言って喰えんぞ。」
カガリ「………食べて」
アズラン「(っう、かw…イカンイカン)無理だ、絶対喰わんぞ」
カガリ「何故だ!!何故チリアイスを食おうとしない!!」
アズラン「何故チリアイスを食わせようとする!!」
カガリ「私がチリ地獄から抜け出そうとして使用量減らしたら(前スレより)
    恐ろしいぐらい余って困ったからだ!!」
アズラン「それがもったいなくてアイスにして処理するなら
     ゲテモノ食い友達のリリーナ嬢に頼めばいいじゃないか!!」
カガリ「アイツは今サファリパークだ!!ヒイロの護衛付きで!!」
マイ「…………………」(チリアイスを見つめる)
アズラン「…………あのー、どちら様で?」
マイ「あ、これは失礼。僕はヨーツンヘイム社社員の(名刺を出す)
   オリヴァー・マイ・ガンダムです。今日は休暇が一日もらえたので
   あそこの弟達の保護者代理で来ました。」
カガリ「へぇー、キラの兄貴か。で要件は?」
マイ「はい。早速ですが、そのチリアイス、
   う ち で 開 発 し ま せ ん か 」


キラ「マイ兄さんものすごいことするなぁ」
シン「いや、あれ暑さにやられたんだろ」
ルナ「シンーさっさとこのアイス処理しないと…」
オルバ「いや、このまま放っておくとガロティファ砂糖台風が起こるからね」
シャギア「いい中和剤と言える。」



そのころ
モニク「うぇ〜〜〜〜〜〜〜ん」(大泣きしながら書類総見)
エンマ・ライチェ「デュバル課長がヅ(省略)しなければ
    こんな仕事しなくてすんだのになぁ」
モニク「わ、わたしもマイとそいとげたかった
    よぉ〜〜〜〜」(あまりのショックに壊れ始めている)
ライチェ「ゲモ・ガモフで連邦のジムのフリしてバックれましょうか……」


60 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/01(火) 18:49:28 ID:???
ロラン「ウッソ、何を熱心に作ってるんです?」
ウッソ「有機物を菌や微生物で分解するハロです。
    『バイオ・ハロ』とか…『オリゼー・ハロ』の方がいいかなぁ…」ピッピッ
未完成ハロ「カモスゾー」
ロラン「へぇ〜、生ゴミ処理に使うんですか?
    …でも、ウチの生ゴミって、全部ウッソが堆肥にしちゃうから、
    別に要りませんよね?」
ウッソ「んーー、なんか、困ってる人が居るような気がするんですよね…
    この辺にぴきーんって」カチャカチャ

61 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/01(火) 18:53:16 ID:???
やべえwwそのハロほしいわwww
カモスゾー

62 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/01(火) 20:14:12 ID:???
ガロード「いや〜。やっぱり夏といったらプールか海だよなー」
ジュドー「そうだよなー。後はお祭りとか花火とか」
ガロード「怪談とか肝試しとか」
ティファ「………夏コミ…とか?」
ガロ・ジュドー「「え?」」



シャクティ「で、一応文章の方は出来ましたけど、どう思いますか?」
ヒイロ「…………なぜ俺達に聞く?」
トロワ「俺達ではあまり参考にはならないと思うが…」
シャクティ「まあ、いいじゃないですか」
ヒイロ「……そうだな、最後のクライマックスに当たる部分で、ヒロインが主人公を銃で追い詰める
    シーンがあるが、素人が銃を片手で扱えるはずがない。武器として使うならば、
    この間合いでは鈍器として使った方が効率がいいだろう」
トロワ「あとはそうだな……。これには挿絵はないのか?」
シャクティ「まずは文章を作ってから、それに合わせてティファさんに挿絵を描いてもらう予定です」
トロワ「これだけ文章が生々しいと、逆に挿絵は必要ないかもしれないな。表紙絵だけで充分だろう」
シャクティ「ふむふむ。ありがとうございます」
ヒイロ「あとは、主人公が教室の箒置き場に隠れるシーンがあるが、見つかったら最後の袋小路に隠れる
    べきではない。この人物にそれなりの腕前があれば、ダンボールでもなんとかなるだろうが…」
トロワ「それにしても、最後がバッドエンドというのはどうかと思わなくもないが…」
シャクティ「たまには男女間の絡みを書いてみようかと思いまして、今はやりのヤンデレを題材にして
      みました。あとは、ティファさんに手伝ってもらえば完成ですね」



ガロード「な、なあ、ティファ。止めといた方がいいって絶対」
ジュドー「そ、そうそう。またあんなものを見せられた日には……」
ティファ「大丈夫、今回は、普通の恋愛ものだって言っていたから…」
ジュドー「それならいいんだけど…」
ガロード「なんか嫌な予感がするんだよな…」

63 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/01(火) 20:35:09 ID:???
そういう相談は向こうのヒイロにしたほうがいいんじゃないか
というかティファ、染まっちゃ駄目ー!!!

64 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/01(火) 22:52:27 ID:???
勝手に>>59の続き

モニク「くっ、誰だこんな忙しい時に電話なんか…!マイ!?なんだ?大事な話がある?今プールに…?わかった、お前が
    そこまで言うのなら行ってやろう。では今からそちらに向かう!というわけだ、後は頼んだぞライチェ!」
エンマ「ちょっとどこ行く気ですか!?まだ書類残ってるんですって!!」
モニク「私 は 故 あ れ ば 裏 切 る の さ ! 」
エンマ「どこの女海賊よー!?」


エンマ『あ、もしもしマイ君…秘書課のエンマ・ライチェだけど。キャディラックさんはああ言ってたけどやっぱり仕事が押しててね…
    そちらから来てくれるとありがたいんだけどなー…え、そう?悪いわね、じゃあそう伝えておくわ」
モニク(着替えてきた)「では悪いが後はまかs」
エンマ「あ、マイ君ならさっき電話かけ直して向こうから来てくれることになりましたからw というわけで安心してデスクに戻って下さい」
モニク「な、何ー!?は、謀ったなライチェ!!」
エンマ「私 は 故 あ れ ば 裏 切 る の さ ! 」
モニク「だからどこの獅子身中の虫よー!?」

一方プール

シン「大変だ、マイ兄さんが倒れたー!」
ロックオン「早く日陰に運べ!お前ら手伝ってくれ!」
キラ「滅多に屋外に出ないのに急に暑いとこ来るから…」
ジュドー「マイ兄さん、キラ兄の次くらいにもやしっこだからな…」

カガリ「わ、私はなんて恐ろしい物を造り出してしまったんだ……!こんな、こんな人を傷つけるのなら……
    私 が 自 分 で 始 末 し て や る ー !! 」ガリガリガリガリ…
アスラン「止せカガリ!!あー!折角味覚障害から更生しかけてたのにー!!」

65 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/01(火) 23:18:08 ID:???
リリ姫「これがプールというものなのですね!シュウト!!」
シュウト「リリ姫、はしゃぎすぎだよ。あと入る前にちゃんと準備運動しなきゃ!」
黒リリ「この水、塩素が入ってます……枯れてしまうかも……」
シュウト「無理しないでいいよ。一緒にプールサイドでビーチバレーしようよ」
アヤカ「お兄ちゃん、浮き輪膨らまして?」
シュウト「任せてよ!」
ナナ「お兄ちゃん、アイス貰ったー」
シュウト「ナナちゃん、知らない人からモノを貰っちゃ駄目だよ!」



シュウト「あれ?兄さんたちも来てたの!?」
キラ「シュウト、今日はセーラちゃんとプールに来る予定じゃなかった?」
シュウト「うん、でも急に用事ができちゃったんだって(ショボーン」
ジュドー(他の女の子アウトオブ眼中かよ!?)
ガロード(やっぱり上の兄弟がああだから……)



アムロ「くしゅん!」
チェーン「夏風邪ですか、アムロ?」

カミーユ「へっくしゅ!」
ファ「カミーユ、汚いわ」

ロラン「はっくしょん!」
ソシエ「ちょっとロラン、使用人が体調管理できなくてどうするのよ」

シン「バーーックション!!」
ステラ「シン……風邪?」

ウッソ「クシュッ!」
シャクティ「ウッソ、風邪のフリなんてしてないで畑仕事手伝ってね?」

66 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/01(火) 23:20:28 ID:???
ウッソw

67 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/02(水) 00:42:35 ID:???
エンマはコミック版のみ登場だっけ。
確かコミックでは、マイの大学の主席で、マイが好意以上のもの感じてたっぽい才媛が出る話もあったな。
名前忘れたし、話の結末もロクに見てないけど。

68 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/02(水) 01:00:12 ID:???
>>65
ナナってSDガンダムフォース本編では赤ん坊じゃなかったか?

69 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/02(水) 01:42:44 ID:???
セーラちゃんて実在したんだ・・・・・・

70 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/02(水) 02:23:03 ID:???
>>68
X年後のシュウトとナナが出てくる話があって・・・

71 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/02(水) 02:28:13 ID:???
母親譲りの巨乳になってたな>ナナ

72 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/02(水) 03:09:14 ID:???
エル「しっかしさぁ……」
プル「どしたの?」
エル「改めて水着姿見て思ったんだけどさ、でかいよねフェルトのおっぱい」
フェルト「っ……!」
プルツー「お、真っ赤になった」
エル「あたしもそれなりにあるけどさ、同年代とは思えないほどにフェルトのはご立派だよ」
フェルト「それは……その……きゃっ!」
プル「わ〜、フェルトのおっぱいゴム毬みたいでぽよんぽよんだ〜♪」
フェルト「あ、や、そこ駄目…………いや、やぁん!」
プルツー「ちょ、姉さん!? 何やってるのよ!」
プル「すっごいよプルツー。プリンみたいにプルプル揺れる〜♪」
フェルト「やめ………あ、んぁ……そこ……いやぁ……!」
エル「おー、胸ってこんなにもたっぷんたっぷん揺れるもんなんだねー……水着越しだと良く分かるわ……」
プルツー「ってエルも見てないで止めてよ!」
エル「や、ごめん。同性ながら見とれちゃった」
プルツー「あ〜〜も〜〜!」




ビーチャ「す、すげえぜ…………(前屈み」
モンド「う、うん生きてて良かった…………(前屈み」
イーノ「プールって、最高に危険な天国だ…………(前屈み」
ディアッカ「グレイトォ……(鼻血」
イザーク「は、破廉恥な……(真っ赤」


73 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/02(水) 03:12:11 ID:???
>>69
SDGFのセーラちゃんは、出す必要あったのか?ってぐらいにもの凄く空気です…

74 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/02(水) 03:21:14 ID:???
>>72
知ってるか?
ルーも結構胸、あるんだぜ・・・・・・

75 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/02(水) 03:22:12 ID:???
つーかフェルトの胸の話はワンパターンでもう飽きた。

76 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/02(水) 03:34:08 ID:???
ガロード「ティファ。その……えっと……か、可愛い水着だね」
ティファ「う、うん……ありがとうガロード」
ガロード「い、いい、一緒に泳ごっか?」
ティファ「ガロードが一緒ならどこでも……」




オルバ「すぐ横であんな事が起きてるのにティファ以外の女性が目に入らないとはね」
シャギア「砂糖の柱を立てるまでには至らずとも流石と言うべきか」


77 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/02(水) 04:10:52 ID:???
カガリ「おい、そこの二人!」
カガリ「さ、砂糖のちゅ、中和にこのチ」
オルバ「兄さん、なんだかお腹がすかないかい?」
シャギア「うむ、我々もそろそろ昼食をとりに行くか」

カガリ「リソースアイスを・・・って、もういないじゃないか」

78 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/02(水) 06:20:27 ID:???
>>67
ナタリーさん出したらモニクさんが可哀想なことになるんで勘弁してやってください・・・

79 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/02(水) 07:56:00 ID:???
あの話はなんか浮いてた
別の物語のキャラとエピソードを無理矢理IGLOOに当てはめただけみたいで

80 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/02(水) 11:56:34 ID:???
>>74
ルー「そうよ! 私だってあの子みたいにボンキュッボーンなのに何であの子だけなのよ!」
ハマーン「まあ落ち着け。この仕事が終わったら私もジュドーに会いにプールに行くつもりだから」





ジュドー「ピキーンときたぞ………なんか悪寒がしてきたぞ………」

81 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/02(水) 12:32:06 ID:???
ここにきてカガリとルーのキャラが確立しつつあるなw

82 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/02(水) 12:54:19 ID:???
ここだけの話ハマーンはあんま胸ないよなうわなにをするやめ

83 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/02(水) 14:53:29 ID:???
チェーン「それじゃあ、弟さんたち、プールに行ってたんですか?」
アムロ「ああ。 チェーンも溜まってる有給を消化してきたらどうだ?」
チェーン「有給って言うなら、アムロもいっぱい…って言うか、人事部の方から
     消化しろってうるさいんですよ?
     あと、休日出勤も減らせって」
アムロ「そんな暇があればな…」
チェーン「私も、小さい仕事が溜まっちゃってて…」
アムロ「やれやれ、チェーンは真面目すぎなのが欠点だな」

クリス「で、ホントのところ、あと何キロなんですか?」
チェーン「うっ…やっぱり、ばれてるのね…あと、2Kg…できれば4Kgくらいは…」
クリス「毎年言ってますけど、気にしすぎですよ、先輩…」
チェーン「うう…事務職の苦悩は、パイロットには判らないのよ…」ムギュッ
クリス「ちょ、先輩!?」
チェーン「何よこの、出るトコは出てるくせに、
     引っ込むところは引っ込んじゃってるスタイルはっ!」
クリス「ちょっと、やめ…きゃはははは! そこ、だめぇ!」

チェーン「ふぅふぅ…ちょ、ちょっとはしゃぎ過ぎちゃったわね…ゴメン」
クリス「ぜぇぜぇ…いえ…
    で、でも、こっちはこっちで、筋肉付きすぎて困ってるんですよ?
    腕とか、太腿とか…首周りなんて特に…」
チェーン「上手く行かないものね…」
クリス「世の中そんなに甘くないってことです」


ベルトーチカ「ふむ、完・璧!
       待ってなさいよアムロ、今年も悩殺したげるんだから♪
       …一緒に出かける暇ができれば、だけど…」クスン

84 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/02(水) 17:28:55 ID:???
そろそろ七夕ですねぇ〜てなわけで投下

ウッソ「アムロ兄さん、頼まれていた笹です」
アムロ「よし、あとは短冊を書くだけだな」

食事後(兄弟+α)
アムロ「というわけで全員書いてくれ」
全員「はーい」

シロー「アムロ兄さんは何を書いたんですか?」
アムロ「ん?秘密だ。そういうシローは?」
シロー「いい加減ギニアス義兄さんに認められますように…」
アル「僕はザクUのプラモがもらえますように」
シュウト「僕はキャプテンがいつまでも元気なように」
アムロ「そうか。マイは?」
マイ「ヨーツンヘイム社が人気になるように…」
ロラン「シーブック兄さんは?」
シーブック「セシリーと関係が進展するように」
カミーユ「そういうロランはどうなんだ?」
ロラン「内緒です」
ドモン「さて、そろそろ飾るぞ」

その夜…
アムロ「ふう…ここならバレないだろ」
ロラン「あれ?アムロ兄さんもいたんですか?」
アムロ「ああ…みんなに見せるのが恥ずかしいんだろ?」
ロラン「そういう兄さんこそ」
アムロ「お、コウのがある」
ロラン「シーマさんに追われませんように…か」
アムロ「大学に行けますように…カミーユにしては珍しいな」

85 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/02(水) 17:29:24 ID:???
ロラン「無病息災…ドモン兄さんシンプルですね」
アムロ「ティファと仲良く…ガロードらしいな」
ロラン「みんなが元気なように…ジュドーらしい…かな?」
アムロ「キラはラクスと仲良く…ガロードと変わらんな」
ロラン「シンはマユがミンチになりませんように…切ない」
アムロ「刹那は…ガンダムになれますように……頑張れ」
ロラン「姉さんはAIが進化するように…生活面を進化してください」
アムロ「ウッソは…俺たちと同じか…」
ロラン「さて、帰りましょうか」
アムロ「ああ、明日も早いしな」

3人の短冊には「兄弟がずっと健康なように」と書かれてたとさ。

七夕をテーマには難しいですねぇ〜

86 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/02(水) 17:32:41 ID:???
忘れてた…オマケ

シャギア&オルバ「健康に暮らせますように」
マリナ「せ…アザスティンが助かりますように」
シャア「ずっと兄弟が仲良しなように」
グエン「ロー…(真っ赤な短冊となっている)」
ギンガナム「ローラとその兄弟が健康であるように」

87 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/02(水) 17:40:17 ID:???
>>86
シャアが珍しくいい事書いてる!
グエンと同じこと書くと思った

88 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/02(水) 17:45:12 ID:???
シャアとギンガナムにちょっと感動した

ところでヒイロは不参加か?

89 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/02(水) 17:49:34 ID:???
>>87
たまにはシャアもいい人にしたかったんです。

>>88
…orz

ヒイロ「リリーナが健康であるように」
これで許してね…ヒイロ

90 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/02(水) 18:00:12 ID:???
ハマーン「くっ! プールにようやく来たというにジュドーがいないではないか!!」
エル「いやさ、なんか悪寒がするとかで帰ったんだよねアイツ」


91 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/02(水) 22:09:03 ID:???
エンマ「ハッ、プールなんて楽園に逃げられた日にゃあ、商売上がったりさ!」
モニク「ライチェ…獅子身中の虫め!」
エンマ 「フフフフフ、動くなよキャディラック。敗軍の将は潔く、なぁ!」

ジーン・ザビエルく秘書課)「星の屑コントして現実逃避する暇あったら働いて下さいよ!」
ハンナ・カリーナ(技術科から駆り出される)「(やってられないわ、もう…)あら電話。はい、ヨーツンヘイム社…
         マイ君の弟さん?あら、急に体調を崩して?そう、それなら今日は家に帰ってゆっくり休んで貰って
         下さい。ええ、お大事に」
キム・ハラミ(同じく秘書課)「お二人さーん、聞こえてますかー!?マイさん来れなくなったそうなんでその辺で切り上げて
          仕事に戻って下さーい!」

エンマ「モニク・キャディラック、今のお前は人よりわずかに抜き出たおのが腕におぼれているにすぎない。 そんなザマでは
    マイを落とすどころか、お前の恋敵、ナタリーに勝つ事すら夢のまた夢! キャディラック!」
モニク「ああっ…」
エンマ「己の腕がどれほどの物か、このゲム・カモフにたずねるがいい! 私の言葉が誤りだと思うのなら、いつでも向かって来い!
 相手になってやる!」
モニク「くっそぉぉ!」

ハラミ「ちょっ、いつの間にゲルマン忍者コントに移ったの!?」
ザビエル「だーかーらー働いて下さいってー」
カリーナ(ワシヤに押し付けてばっくれようかしら…)

92 :中の人ネタです:2008/07/03(木) 00:01:43 ID:???
アムロ「マイの様子はどうだ?」
ロラン「水分と休息を十分とれば大丈夫だとレインさんが…今はウトウトしながら眉間に皺を寄せてうわ言を呟いてました」
アムロ「研究に根を詰めすぎたんだな。俺も最近あいつの声を聞いてなかったし
     急に暑いところに引っ張り出して保護者代理をさせたのが悪かったか…」
ロラン「兄さんが気に病むことはありませんよ。プールではマイ兄さんも楽しそうにしてたそうですから」
アムロ「それならいいんだが。ところでうわ言って…」



 
??「チェェェェーーーーンジ! ガンダァァーーーーーム!!!!  エ ン ペ ラ ァ ァ ァーーー!!!!」




≪ 宇宙を震撼させる その声(ボイス)は まさしくオリヴァー・マイのものだった ≫

(ガタッ)刹那「俺の知らないガンダムだと!?」

ロラン「マ、マイ兄さん!?一体どんなうなされ方を」
アムロ「まあ、これだけ大きい声を出せるくらいなら心配はいらないか」

レイン「ああ、びっくりした。マイさんってあんな声も出せるのねえ」
ドモン「なぜだろう…妙に胸騒ぎがする声だった…」
セレーネ「そういえばIGLOOもいつかスパロボに参戦したりするのかしら」
シーブック「マイ兄さんの顔グラだけ周りから浮きそうだなあ」
カミーユ「その時はアムロ兄さんもEVOLVE版になればいいさ」

93 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/03(木) 00:04:44 ID:???
>>91
モニクもさっさと仕事終わらせてマイの見舞いに行けばいいのに・・・・・・

94 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/03(木) 00:12:34 ID:???
>>83
ああ、それでクリスやベルトーチカはビキニでアピールしてたのにチェーンはパーカー着て隠してたのかw(注:某極のイラスト)

95 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/03(木) 00:30:49 ID:???
>>92
マイ「でもスパロボは一応正義の側と取れる描写がないと駄目だからなあ……
僕たちは正義も悪もないただの技術屋だし普通の絵でも出られなかかっただろうしこれからも出られないだろうなあ」
デュバル「何を言っているんだ、ヅダが正式採用されなかったのはジオニックの陰謀、
つまりジオニックを敵として出せば正義の側として出られるに決まっている!バンプレストに直判談に行くぞ!もちろん性能を見せつけるためにヅダで出撃だ!」

ロラン「ああ、ひさしぶりにデュバルさんがミンチよりひどいことに」

96 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/03(木) 00:34:20 ID:???
水着と言えばフェルト以外のCBの女性達を見て他作品のキャラはどう反応するだろうか?
あとマリナはここでも監視員のバイトとかしてそうだw

97 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/03(木) 00:40:55 ID:???
「垂れ乳だ」>アル中もといスメラギ

98 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/03(木) 00:44:35 ID:???
>>95
マスター・P・レイヤー「確かに我々はある意味肩身が狭いかもしれないが、
             アニメ顔にもなれたしちゃんとゲームにも出ているじゃないか。
              諦めたらおしまいだぞ?」
ユウ「・・・・・・(うんうん)。」


マーク・カラン(僕達はいつまで待てばいいんだろう……?)

99 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/03(木) 01:25:41 ID:???
>>96
マリナ  炎天下でバイト
シーリン 「エアコンの利いたオフィスは快適ですよ」

100 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/03(木) 01:30:12 ID:???
>>99
その後シーリンは冷房病で夏風邪
ちょっと勝ち誇った感じでマリナはお見舞い

101 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/03(木) 01:49:11 ID:???
>>62
ティファ「あの……シャクティ?」
シャクティ「はい、なんでしょう?」
ティファ「描いて欲しい絵って……」
シャクティ「………私に聞かないでください。アドバイスを受けていたら、
      気がつけばこうなっていたんです」


ガロード「………自爆のススメ?」
ヒイロ「そうだ。この世界ではミンチになってしまうことが多すぎるだろう?
    ならば、ミンチになるような危機的状況へ陥った場合は、迷わず自爆し、自らの
    損傷は最小限に押さえるべきだとは思わないか?」
トロワ「とりあえずガロードにはこの初級編を渡しておこう。これなら女性や子供にも
    優しく、手軽に自爆が出来るようになる」
ガロード「………」
ヒイロ「大丈夫だ。俺の経験上必ず生き延びることが出来る。死ぬほど痛いが、
    ミンチになるよりはましだろう」
トロワ「どれほど売れるかは分からないが、一人でも多くの人がミンチにならずに
    すむなら、結果としてはプラスになるはずだ」


シャクティ「…え〜。…と、言う訳なので、ティファさんには、この、自爆をする人の絵を
      描いてもらいたいかな〜なんて………」
ティファ「…………」
ガロード「ティ、ティファ!?泣いちゃダメだ。ほら、え〜と、恋愛物が描きたいなら、
     描けばいいじゃないか。俺がいくらでも感想を言ってあげるし。な?」
シャクティ「なんでこんなに内容が変わったんでしょう…」
ヒイロ「とりあえず、自爆仲間に意見を聞いてみるか」
トロワ「そうだな。情報は多い方がいいだろうしな」

102 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/03(木) 02:15:05 ID:???
>これなら女性や子供にも
>優しく、手軽に自爆が出来るようになる

もうね、ヒイロwww

103 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/03(木) 06:19:56 ID:???
兄弟の泳ぎの上手い下手はどうなんだろう。
本編でいきなりおぼれたロランも地球に下りてまず始めたのが川遊びだから、元々水が苦手だとは思えないし、
泳げないというのはいないかも知れない。

104 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/03(木) 07:38:00 ID:???
>>103
正規の軍人組は泳げるだろうな

105 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/03(木) 08:23:06 ID:???
おそらく普通に泳げると思うんだが
ヒイロはドザエモンになっている図しか思い浮かばない

106 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/03(木) 10:17:47 ID:???
原作準拠なら、ガロードはゾンダーエプタで着衣のまま泳いでたから、相当上手いと思われ。
但し、ティファ追いかけ補正が掛かってたので、参考にならんかもしれんがw

あと、ロランは「運河人」に育てられてたから、本来は泳げたはず。
地球でおぼれたせいでトラウマになってる可能性はあるが。

107 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/03(木) 10:31:10 ID:???
コウとマイはなんか泳げないイメージがあるな。

108 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/03(木) 12:12:26 ID:???
キラ「ぜーひーぜーひー……も、もうだめ……」
ラクス「キラ、大丈夫ですか?」
シン「ああ大丈夫。キラ兄はただ体力ないだけだから。泳げることは泳げるんだけど」
ステラ「ステラ、プールなら1キロ泳げる」
マユ「キラお兄ちゃん私より体力ないんだね」
キラ「僕は……知能労働派なんだ…………」

109 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/03(木) 13:05:15 ID:???
ステラは泳げないんじゃなかったか?

110 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/03(木) 13:08:26 ID:???
シンが一緒なら大丈夫なんだよ多分

111 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/03(木) 13:12:42 ID:???
ビート板+浮き輪+バタ足で1キロ泳ぐんだよ

それはそれで結構大変だ

112 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/03(木) 14:20:02 ID:???
シン「ガイアに支えてもらってちゃ、泳いでることにはならないの!
   っていうか、プールにMS持ち込んじゃダメ!」
ステラ「うぇい…」

ザコット「ぎくっ!」

113 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/03(木) 14:46:27 ID:???
久しぶりに泳いだら足をつって溺れかけたアムロを幻視した

114 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/03(木) 14:48:31 ID:???
黒い三連星のガイアがステラを支えるてる絵が浮かんだw

115 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/03(木) 15:38:54 ID:???
マッシュ「ならば!」
オルテガ「俺たちもっ!」
メイリン「キャー!キャー!!」
ルナマリア「変態退散ん!!」バキッ!
オルテガ「ぐはぁっ!!」

ガイア(大尉)「…何をやっとるんだ、お前たちは」
ガイアガンダム「………」カシカシカシ

116 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/03(木) 16:32:00 ID:597uakYx
シンクロやってる三連★が見えた
ガイア(スク水黒)「マッシュ、オルテガ、ジャイアントシンクロアタック(技名)
         を掛けるぞ」
三連星(スク水黒)「うおおおおおおおおおおおおお」
シン「ウン、凄いけどさ、濃い。」
ワッケイン「夏の日の、水辺に浮かぶ、黒き星
      あつい(暑い、熱い)時代とは思わんか」

そしてシリアスネタ
〜片手の少女、片手の戦士〜

ルイス「……………沙慈」
沙慈「うん?」
ルイス「海、綺麗だね…」
沙慈「うん…」
僕らは海に来ていた。
事の始まりは結構遡り、もう先々月になる。
テロ組織とトリニティズの戦闘に、ルイスは巻き込まれ傷を負った。
幸い片手の指を失う事だけで済んだ。いや、幸いじゃない。
ルイス「沙慈…」
沙慈「な、何?ルイス」
ルイス「ごめんね、せっかくのプレゼント…」
沙慈「…いや、いいよ誤らなくて…」
とりあえずいつもこんな感じだ。ここ最近ルイスとまともに話していない。
そんな所に刹那のお兄さん、コウという人がきて
『知り合いが海でMAのテストをするんだ、良かったら一緒に行かないかい?』
と言った。

117 :片腕の少女、片腕の戦士:2008/07/03(木) 16:59:16 ID:597uakYx
海をみられたのはいいがこんなアンニュイな時に何の効果があるんだろう。
とりあえず好意には答えなければいけないと思い、僕らは海に来た。
カイ・シデン「お〜い、そっちのお二人さん」
沙慈「っは、はい」
絹江「今からこの船で沖まで行くから、早く支度しなさい」
何故かこの集まりには姉さんの会社の人が五人も着いてきた。
他にも刹那の兄弟やその関係者も来ていた。
ルイス「……行こ、沙慈」
沙慈「………ルイス」
ルイス「折角刹那君のお兄さんが紹介してくれたんだもの、行かなきゃ損だよ」

船は出発した。コウさんが言ったようにMAがあった。
ルイス「おっきい……」
アル「高機動戦闘用モビルアーマー、MA-06ヴァル・ヴァロ…」
沙慈「宇宙用?水中用じゃなくて?」
マイ「大型のMAは、宇宙に運んで試験運用するよりも
   浮力のある水中でやった方が安上がりで済むんです」
ギュンター「まあ、もしもの時に備えて俺らが来たんだけれどな」
ホルバイン「爺さんが言っていたが、一度海の底に沈んだ船を引き上げるのはキツイからな」
ブーン「サイクロプス隊の五機も足せば、十分すぎるがな」
沙慈「それでアル君も来たのか…」
アル「コウ兄ちゃんも居るから警護のMSは(カイさんのとこも含めて)10機だよ」
沙慈「そんなに?」


118 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/03(木) 17:04:28 ID:???
とりあえず、メール欄にsageと入れるといいことがあるらしいぞ
それと、書きながらの投下はやめた方がいい

119 :片腕の少女、片腕の戦士:2008/07/03(木) 17:25:09 ID:597uakYx
船は出航した。マイさんは海が初めてらしく、すぐさま酔った。
僕もやられたが、ルイスは何ともなかった。今回僕らを呼んだ張本人が話しかけてきた。

コウ「沙慈君、ルイスちゃん、逢わせたい人が居るんだ。」

海を見て黄昏れるルイスの手を引いて僕らはMSデッキに行った。
シュタイナー「この機体は海に浮くのかね」
???「元はグラブロと同じビグロだが、水に浮くかどうか…」
コウ「ケリーさん、例の女の子連れてきました。」
ケリー・レズナー「ん?」
作業用のツナギを着たガタイの言いその人はなんだか怖そうな気がして、
僕もルイスもちょっと固まった。
でもそのケリーさんは親しげに話しかけてきたから、僕らは緊張を解いて
僕は右手でルイスの手を握っていたから、余った左手で握手を求めた
沙慈「沙慈・クロスフォードです、こっちは…」
ルイス「ルイス・ハレヴィ。よろしくお願いします」
ケリー「沙慈君にルイス嬢か。覚えておく…が」
ケリーさんは困った顔をした。握手に答えない彼の左手を見ると。
ルイス「………!!!」
沙慈「け、ケリーさん…それ」
ケリー「そうだ、俺はMSラグビーやっているが、昔事故ってな」

ケリーさんは、左手が二の腕から下が無かった。



120 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/03(木) 17:38:04 ID:???
sageて

121 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/03(木) 17:38:12 ID:???
マユ「そろそろ出番ですか?」

122 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/03(木) 17:45:16 ID:???
虎「いやいや、ここは僕がロケットパンチとだね」


123 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/03(木) 18:02:35 ID:???
>>122
カミーユ「声はあてます。まず笑って……ガラガラガラ」


124 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/03(木) 18:18:21 ID:???
メール欄にsageで下がるよ。

125 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/03(木) 18:23:08 ID:???
>>122-123
アグリッパ「ロケットパンチなら声をあてるのは、私だ。JK」

126 :片腕の少女、片腕の戦士:2008/07/03(木) 18:32:38 ID:???
ご指摘ありがとう御座います。つーか自己厨でごめんなさい。
これ投下したらちょっと失せます。24時間ぐらい

ホルバイン「えんとりぃぃぃぃいいいいい!!!!!!」ズゴック
ギュンター「うるせえええええ!!!」ザクマリン
ブーン「うちの馬鹿(ゾック乗り)寄りはマシだ」ゴッグ

シュタイナー「よしアンディ、容態はどうだ?」ズゴックE
アンディ「ああ、大丈夫だ。何とかいける」ハイゴッグ
ミーシャ「うー、祝い酒が楽しみだぜ。」
ガルシア「隊長、俺はあんなガキと小娘が来るとは聞いてませんぜ」
シュタイナー「む、まあアルの家族の頼みだ、聞いてやれ」

沙慈はMSデッキを出た。片腕の人の思いを理解できるのは、同じような境遇の
人間であり、自分には不釣り合いだと思ったからだ。
マイ「……ぅうおおおおええええぇぇぇぇ………」船酔いでバケツに吐いている
沙慈「うぁぁぁぁ…」
マイ「いやあ、海は初めてだからね…」
沙慈「まあ、胃液が出てないからまだ大丈夫そうですけど」
フラン「……ぅうおおおおおえええええぇぇぇぇ………」同じく船酔い
沙慈「……………」
フラン「う、運河人は違うんだけどね、基本ムーンレイスはこんなかんじなんだ」
沙慈(そうだ、ムーンレイスは地球の六分の一の重力で生活して居るんだった)
カイ「おーいフラン、船酔いして居るんなら休んでもいいぞ。」
フラン「い、いいえ、もう収まりました」
カイ「ならいいが…ジェス、ちゃんと取っているか?」
ジェス「ばっちりだ、編集長。アウトフレームは良好だ。」
カイ「ま、こういった危険な撮影は臆病位がちょうどいいのよね。」
絹江(その危険な取材を計画したのは編集長なんだけどね…)
カイ「ん?」

ギュンター「だあから、エントリーエントリーうるせえんだ!!」
ホルバイン「えんとりいいいいいいいいいい!!」
ミーシャ「おいおまえら、おれも混ぜろ!!」
バーニィ「ちょ、皆さん止めて下さい!!」
マイ「ゆ、揺れて、うううううう…」
コウ「マイにいさーん、部屋にいってくださーい!!!」
沙慈「大丈夫かな……………?」




127 :827:2008/07/03(木) 19:44:08 ID:???
何というか、アレだな
ここ数日、マイのもやしっぷりがやけにクローズアップされてるなw

128 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/03(木) 20:20:54 ID:???
まあ、マイが船酔いするのは漫画版の設定だけどな。でも兄弟のなかでは一番体力ないだろうな・・・

129 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/03(木) 20:28:10 ID:???
ドモン>越えられない壁>ヒイロ>シロー>ガロード
≧ジュドー>コウ>>カミーユ>ウッソ>シーブック
>アル&シュウト>シン>アムロ>マイ≧キラ

こんなイメージがある

130 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/03(木) 20:29:37 ID:???
ガロードってそんなタフだっけ?
でも、シローは何気に身体能力相当高いよね
生身で至近距離のビーム砲避けてたような

131 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/03(木) 20:34:48 ID:???
ガロードも生身でMSに勝ったこともあるから、それなりに身体能力は高い方だぞ

132 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/03(木) 20:34:57 ID:???
ロランが抜けてるけど彼の身体能力もトップクラスだよな
肉体もスリムマッチョだ

133 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/03(木) 20:35:03 ID:???
幼い頃に一人で生き延びたぐらいだから逞しいだろ?
でも刹那を忘れてないかい?

134 :827:2008/07/03(木) 20:36:45 ID:???
>>130
原作だと荒廃しきった(普通のおばさんがライフル携帯してる)世界で、
ずっと1人で生きてきたわけだからな
生存能力は主人公勢の中でも群を抜くと思うぞ

>>129
小学生より体力ない高校生って問題だろw>シン
で、セレーネは?

135 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/03(木) 20:39:26 ID:???
コウは低重力で暮らす月の人にボコボコにされた事があるので普通の成人男性より貧弱だな

ウッソはカミーユより体力あってもおかしくない
少なくとも筋力以外全て上な気がする

136 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/03(木) 20:49:51 ID:???
ギンガナム「ロランは強いのであーる!月の御大将である小生が刀で斬りかかって互角の勝負だったのである」
ドモン「確かに、それも凄い話だな」
ギンガナム「何度か必殺の太刀筋が決まりそうになったのであるが、そのたびに変なのがロランの隣に現れて
      『何をしようと決して真実に辿り着く事はない』とか言われて攻撃をなかったことにされたのである」
ドモン「それは体力勝負じゃない……!」

137 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/03(木) 20:50:08 ID:???
シュウトは意外と化け物だったりするぞ。キャプテン抱えて泳ごうとしたり

138 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/03(木) 20:51:21 ID:???
伊達にGF隊員じゃないって話だな

139 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/03(木) 20:53:35 ID:???
しかし、アルは至って普通の短パン坊やだぞw

140 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/03(木) 22:49:34 ID:???
シンは人命救助が出来る程度の体力はあるぞ
普通の者なら溺れている者を助けようとすると、逆に自分も溺れるハメになるそうな・・・
この場合、相手は暴れるエクステンデットだったんだぜ?
あと完全に死に設定だけど、ナイフコンバットが得意だそうな

141 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/03(木) 22:53:46 ID:???
刹那…(´;ω;`)

142 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/03(木) 22:57:06 ID:???
それが、アルはコロニーの端っこにある宇宙港でサイド6へ向かっていた核ミサイル搭載ジオン艦が降伏したのを聞いて、
バーニィが戦う必要がなくなったから止めに行こうとして、短時間で連邦軍基地(には見えない秘密研究所)まで走っている。
実はとんでもない韋駄天。

>>135
かなり酔ってる上にガンダム壊して気力ゼロ状態なのを差し引いて考える必要がある。
むしろ、逆にボコボコにされても一晩寝たら元気に動いているタフネスを見せているぞ。

143 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/03(木) 23:02:32 ID:???
シン「まあ、ナイフの扱いはできるけどさ…………」
ステラ「ステラもナイフ得意だよ」
デュオ「へぇ。だったらよ、トロワのサーカスで夫婦ナイフ投げでもやってみたらどうだ?」
シン「め、めおと!?」
ステラ「うぇい?」
カトル「あはは、それ面白そうだね。この際だからトロワ手伝ってあげたら?」
トロワ「ああ、構わない。演目の追加ならば今からでも団長に話をつけよう」
カトル「へっ?」
デュオ「いいっ!?」
シン「ま…………マジっすか?」
トロワ「いや、ただの冗談だ」
デュオ「真顔で言うから今の冗談に聞こえなかったぜ……」

144 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/03(木) 23:05:26 ID:???
コウは原作じゃ正規の軍人だからな・・・
ファ〜ミコンウォ〜ズがで〜たぞ♪とか歌わせられながらの猛烈なシゴキを乗り越えてパイロットやってんだからな・・・
これはシローやシンも同様
それを生かしてか、このスレじゃやたら体力いりそうなラグビー部って事になってる

145 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/03(木) 23:19:13 ID:???
まっとうな修練積んだ兵士としての軍属はコウ・シロー・シンの3人か。


146 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/03(木) 23:23:29 ID:???
>>143
「いくらナイフが得意だからといっても、芸人としては素人の君たちに危険な芸をさせる訳にはいかない」
「よく考えたらそうだよな」
「うぇい」

「という訳で、的役を用意した。次の舞台で思う存分ナイフの腕前を披露するがいい」
「マジですか!?」
「うぇーい!」

いつも通りの的になればいいと言われてやってきたが、シンとステラ、二人が投げた合計10本のナイフは総て急所に命中した
早かったな俺の死も

147 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/03(木) 23:27:43 ID:???
物凄く複雑なデンドロの火器管制をつかいこなすあたり、コウの実力はかなりのものと思われる
細かくリミッターを制御しつつ白兵戦を挑むシローもなかなかのものだ

148 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/03(木) 23:31:23 ID:???
>>146
他スレとはいえ自分自身を実験台にさせて死んでも平然としているトロワがシュールだ


スウェンは軍隊での訓練のシーンの回想が多かったな。
それだけしか許されない生活だったわけだが。

このスレでは合コンとかでカラオケに連れて行かれて、歌のレパートリーが軍隊関係しかなくて、
真顔でハートマン軍曹の訓練ソング(ファミコンウォーズのCMソングの元ネタ)を平然と歌って、引かれそうだ。
「ママとパパはベッドでごろごろ」って。

149 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/03(木) 23:32:47 ID:???
1本目が急所に命中した時点で芸を止めろよ、シンとステラ……

150 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/03(木) 23:35:15 ID:???
きっとどこぞの吸血鬼のマネして1人5本ずつ、いっぺんに投げたんだよ

151 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/03(木) 23:37:02 ID:???
>>149
逆に考えるんだ
二人で計十本同時に投げたと考えるんだ

152 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/03(木) 23:37:35 ID:???
きっとシンはステラのバニー服(キャスリン着てたっけ?)に見惚れてたんだろ。
ステラは…的当てと勘違いしてたんだろうなw

153 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/03(木) 23:38:36 ID:???
「投げナイフって急所に命中させて仕留めないとこっちも危ないだろ?」
「反撃させない・・・うぇーい」

154 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/03(木) 23:40:37 ID:???
つまり狙ったんだ・・・・・・

155 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/03(木) 23:43:50 ID:???
トロワ「良くやってくれた。俺の給料だ」
Tトロワ「なに、向こうのカトルにギガドリルブレイクされるよりはマシだからな」

156 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/03(木) 23:46:49 ID:???
ちなみに棒手裏剣なら一度に21本投げて全部的に当てる事が出来たやつがいたそうな

157 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/03(木) 23:56:02 ID:???
ぷ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん・・・

ヒュッ!

「すごいな刹那。よく刃物を投げて蚊をしとめられるな」
「いや、シン程じゃない」
「蚊を退治するんだったら殺虫剤を使って下さいよ!ああ、もう、壁に穴開けちゃって・・・って、壁から血が!?」
「やるじゃないか刹那。壁の向こうの御曹司まで仕留めるとは」
「それ程でもない」
「変態を退治するんだったら表で銃でもなんでも使って下さいよ!ああ、もう、壁に血のシミ作っちゃって・・・!」

158 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/03(木) 23:58:17 ID:???
>>153
さすがは軍人ということか。正中線上にぴったり当てるとは……向こうのデュオが見たらさぞ喜ぶぞ



……ん?俺の涙か

159 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/04(金) 00:11:39 ID:???
>>135
直接の描写は無いけど、コウはラビアンローズで3号機を受領する際に、銃を持って警備してる連邦兵倒して、格納庫に侵入してるよ。 
しかも足手まといの女(ルセット)を連れて。 
かなりの実力だと思う。

160 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/04(金) 01:39:15 ID:???
話題に上がらなかったが、
アッシマーに体当たりしてバラバラになって落ちていく輸送機から平然と無傷でパラシュートで脱出し、
すぐ下でマーク2やザクマリナーが戦っている海に手に手錠をかけられたまま飛び込んで、
ハサウェイを救助して泳ぐアムロ兄さんもなかなかに異常だ。

161 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/04(金) 01:42:52 ID:???
アムロ兄さんは
15のときに連邦陸軍兵士にマウント取って
ア・バオア・クーでシャアを殺しかける御方だぞ
なにか悪い霊でもついてるのかとw

162 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/04(金) 02:10:39 ID:???
アムロ「ノーマルスーツに剣が付いてたなんて、後にも先にもあの一回だけだったな」
シャア「私もそうだったな。なぜあの時だけ都合良く装備されていたのだろう」
アムロ「モビルスーツのコックピットの中にあんなものがあったら邪魔なだけなのに……」
シャア「ジオングのコックピットの中に用意しておいてくれたのは誰なんだろう。
    まさか、あの剣まで含めて『ジオングの性能は100%』だったんだろうか……」


ララァ(で……真相は、あなたですか)
セイラ「あの時死んでくれれば……」

163 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/04(金) 02:31:57 ID:???
コウってへたれ扱いされているけど、
しっかりと軍の士官学校出てMS部隊に配属されているぐらいだから
知力、体力とも人並み以上あることは間違いないぞ。

間が抜けているとかお人好しだとかは別問題だが。

164 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/04(金) 03:28:25 ID:???
シン「思うんだけどさ」
カミーユ「なんだ?」
シン「キラ兄とアスハの奴を足して二で割ったらちょうど良いんじゃないか? 知能的にも肉体的にも」
カミーユ「……分からなくはないな。本編で兄弟とか言ってたがどちらも見事に体力と知能が極端に特化してる」
シン「キラ兄は頭良いけど、耐久力あっても体力なしだし」
カミーユ「あの姫様は脳味噌まで筋肉かと思うほどに体力馬鹿だ」
シン「ちょうど良いよなぁ」
カミーユ「そうだな」



ジュリ「それができたらどれだけ私達の苦労が和らぐか……!」
マユラ「フュージョンとかできたら良かったのに……」
アサギ「嘆いても無駄よ二人とも………では始めますか、カガリ様のお勉強タイム」


165 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/04(金) 05:05:23 ID:???
体力三強
ドモン(ビル蹴り飛ばす)
シュウト(生身でファンネル避ける)
ヒイロ(自爆しても生きてます)

166 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/04(金) 05:27:15 ID:???
誰にせよ主人公特権?で驚異的な運動能力とか見せるようだし、
ドモンは別格として他の面々はポテンシャル的にはあまり変わらんのだろうな。

167 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/04(金) 06:20:35 ID:???
>>162
ネタとしてはともかく、あの剣はノーマルスーツの付属品ではなく、
最後に決闘した場所が中世の武器や鎧のコレクションを置いていた部屋で、そこにかけてあった剣を使っただけの話だ。
シャアが軍服にぶら下げてるのはライフルだし。

シャア「あそこにあったのが日本刀なら私が勝てたな!HAHAHA」
アムロ「ハンマーだったらこっちの圧勝だったさ!HAHAHA」
セイラ、無言で機関銃を取り出す。

168 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/04(金) 11:36:51 ID:???
刹那「それでも、真のガンダムであるアムロ兄さんならきっと生身で(ry」

169 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/04(金) 11:42:21 ID:???
>>166
主人公特権ってレベルじゃねーぞと思うが

170 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/04(金) 11:44:23 ID:???
刹那話題に出なさ過ぎてカワイソス(;ω;)
ナイフ投げはこの流れの為と言わんばかりに本編でしてたのに。
後幼少の頃からMSと戦ってたから体力も高いと思われ。
まぁドモンやヒイロにはかなわんだろうが。

171 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/04(金) 12:04:31 ID:???
>>169
気にしたら負けだ

172 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/04(金) 12:07:21 ID:???
上位二人は人間やめてるレベル

173 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/04(金) 12:31:15 ID:???
むしろ上にあんなのがいたらシュウトみたいになるのが普通なのにアルは割とまっとうに育ったと言える

174 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/04(金) 13:02:06 ID:???
>>170
海潜ったりもしてたよな
あの深さを潜水するのはなかなか大変だと思う

175 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/04(金) 13:13:25 ID:???
ウッソも両方の手でナイフを投げられるのに話題にすらならない。
パラグライダーに乗れたりかなりスポーツ万能なのに。

176 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/04(金) 14:45:22 ID:???
一応コーディなのに完全に最下位確定しているキラも不憫だ。
あれでもパンピー相手に「やめてよね、僕が〜」ってできる程度の運動神経はあるのになw

177 :片腕の少女、片腕の戦士:2008/07/04(金) 14:53:35 ID:???
そろそろ復帰します。お見苦しいところをスイマセン

ケリーは黙っていた。ただ黙々とMAの操縦系のテストデータを見直していた。
MSデッキにはテーブルが一つだけあり、そこにルイスは折りたたみのパイプ椅子を
持ってきて座っていた。そこでルイスは黙って麦茶を飲んでいた。
コップを片手で持って。

外は予想以上に激しかった。血の気盛んな男どもがそれぞれの水中MSで
殴り合いつかみ合いしている。流石にビーム兵器は使わなかったものの、
その戦闘の激しさと言ったら正にドッグファイト、
いやクラブファイトかフィッシュファイトだった。(と言うかアッガイファイト)
艦上ではバーニィが必死で止めるように呼びかけ、その間アルとジェスは目を輝かせて歓び、
海での戦闘による激しい揺れに兄弟家最もやしっ子マイは部屋の奥に行き、
残る者はただ現状に呆れるだけだった。
コウがGP01から降り、沙慈に話しかける。
コウ「や、やあ、どうだい?海の景色は…(苦笑い)」
沙慈「と…とても綺麗です……」
アル「あぁ、あのハイゴッグの動きなんか特にね…(うっとりした目)」
沙慈「…………………………」
沙慈「ところで、コウさんとケリーさんてどういった関係で………?」
コウ「ん〜〜………………MSラグビーと…人生の師匠かな?」
沙慈「人生の………」
絹江「ケリー・レズナー。ジオン国立大学MS工学科MSラグビ−部元部員。
   卒業と同時に盟友アナベル・ガトーと共にプロのMSラグビ−選手になる。
   が、ある試合にてコックピットに直撃を喰らい重症を負う。
   命(ミンチ化)に別状は無かったけれども、この事故で彼は左腕を失う。
   射撃プログラムよりもマニュアル操作の格闘、アンバック機動の駆使を
   重要視したMSラグビーはもう二度と出来ないと医師に宣告され、生きる希望を
   失いフォンブラウン市で細々とジャンク屋を経営していた。」
カイ「だが、最近のMSラグビーのルール改正によりMAの参加が許されるようになった。
   他のMSが三機でられない代りにMAを出せらるようになったんだ。」
コウ「MAで第一線を守るのはMSよりも難しい。だけど、操縦は簡単なんだ。右手のみでも。」
沙慈「あ、だから…」
コウ「ってゴメンゴメン、話が逸れたね。……ケリーさんとの出会いはね…」


178 :片腕の少女、片腕の戦士:2008/07/04(金) 14:54:54 ID:???
一応これで今日は終わり、明日また書く。自己厨ですんません

179 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/04(金) 15:40:18 ID:???
ギンガナム「ふむ、義手にサイ○ガンを仕込むくらいの気概が欲しいなぁ!小生としては!!」
ディアナ「うら若き乙女に何を期待してるんです!…これだから度し難いと言うのだ、ギム・ギンガナム!」
バルトフェルド「そうそう、女性の手は花を愛でるためにあるのだよ、御大将!」

?シーブック「えっと、アナハイムの義手は、けっこういけるよ?
       …へんな機能も無いし」

180 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/04(金) 15:55:03 ID:???
カッシュ「U細胞をうまく応用出来れば、本物の腕と寸分変わらぬ義手を作ることも出来るぞ」
ミカムラ「しかし、少なからずリスクはあるがね」

181 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/04(金) 15:59:18 ID:???
マユ「ミンチになっても片腕だけ毎回無傷でーす」
バーニィ「ミンチになる時は全身でーす」
ニコル「僕の場合は破裂してミンチと言うべきでしょうか?」
マユ「でもコーラさんの近くにいるとミンチキャンセラーが働くから安心だよね」
バーニィ「うんうん」
ニコル「重宝しますよね」



コーラサワー「びぇっくしょい! うー、誰かこのスペシャルな俺の噂をしてるな? ………はっ! まさか大佐か!?」

182 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/04(金) 17:19:25 ID:???
>>180
沙慈「ルイスがゲルマン忍者になっちゃうんですか!?」

183 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/04(金) 17:40:01 ID:???
ルイス「沙慈のハートにロケットパ〜ンチ…………なんちゃって♪」


184 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/04(金) 17:43:21 ID:???
>>182
ルイス「あまい!あまいぞ、沙慈・クロスロード!!
    その様なざまで、この私の愛を受け止められると思っているのか!?」

185 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/04(金) 18:11:53 ID:???
手足が欠損したところで、翌日には生えてくるだろ・・・
なにを悲観してるんだか
それともサイボーグにでも憧れているのかい?

186 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/04(金) 18:13:47 ID:???
>>162
あれはア・バオア・クー内部の部屋に飾られていたものじゃなかったか?

187 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/04(金) 18:14:16 ID:???
>>185
こういったネタにその手のツッコミは野暮ってもんだぞ

188 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/04(金) 18:15:24 ID:???
>>176
多分キラはサイくらいにしか勝てんよ
カガリには負けてしまう

189 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/04(金) 18:37:24 ID:???
キラ「うらなりはステータスだ!希少価値だ!!主人公補正かかりまくりの厨設定がいけないんだよ!」
マイ「いや、さすがに女性より貧弱なのはどうかと・・・(それに厨設定に関して君は人のこと言えないだろ・・・)」

キラ「・・・『デラーズブートキャンプ』、試してみようかなあ・・・」

190 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/04(金) 18:39:56 ID:???
>>179
アナハイムじゃなくてサナリィ製の義手のハズ。

191 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/04(金) 18:53:10 ID:???
申し訳ない、テストさせてください。

192 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/04(金) 19:03:33 ID:???
また俺がヅダの実験につきあわされるとはな



やはり気付けば空中分解で地面に叩き付けられるところ………早かったな、俺の死も


193 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/04(金) 19:04:53 ID:???
191なんですが、アクセス規制に巻き込まれてしばらく書けなかったんです。
大変失礼いたしました

>>189
アムロ「…一日保たずに帰ってきそうな気がするんだが…」
ロラン「噂によると凄いらしいですからね…」
シャア「何、凄いだと?ロラン君、私を差し置いて何を言って」
アムロ「どこから沸く!豆腐の角に頭をぶつけてろ」
シャア「そんなものにこの私が…(メキョ)ウボァー」
シーブック「赤い変態の人が倒れるなんて、どんな豆腐なんだ…」
カミーユ「デパートとかで売ってる普通の豆腐だよな…」

※古谷徹さんの実家は豆腐屋さんでした(現在は畳んでいるとのこと)

194 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/04(金) 19:06:19 ID:???
>>190
おぅ、みすてーく! ツッコミさんきゅー!!

シルエットの方がアナハイムだったか

195 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/04(金) 19:34:09 ID:???
>>184
シュバルツ「うむ…概ね悪くは無いが、もっと、こう、胸を張って、背筋を伸ばしてだな…」
ルイス「こ、こうですか、先生」
シュバルツ「よしよし、大分良くなった。 あとは、腹の底から声を出せれば、完璧だ」
ルイス「おなかの、底から…」
シュバルツ「こうだ。 『あまい!あまいぞドモン!!』」
ルイス「おお〜〜!」

沙慈「刹那…君んちのキャプテン、借りていい?」

196 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/04(金) 19:42:07 ID:???
キャプテンも弟子入りか

197 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/04(金) 19:53:11 ID:???
「脂肪を燃やせ!儂について来い!デラーズブートキャンブ!」
「サーコォー!サーコォー!!」   「コロニーブンブン!」
デラーズ「もっと声を出せ!ワンツープレス!スリーフォープレス!ワンモアセッ!」
ガトー「ワンツースリーフォー!」

 3 ! 2 ! 1 !
「「「「  ヴ ィ ィ ィ ク ト リ ィ ィ ィ  ! ! ! 」」」」

キラ「暑苦しッ!やっぱりやめときます!」

ビリー・カタギリ「では僕が企画した『ビリー・K(カタギリ)’sブートキャンプはいかがかな?あちらとは違いメンタル面での強化を図るプログラムだ」
キラ「ぐ、具体的にはどういう効果があるんですか?」
ビリー「意中の相手がアルコール依存症どころか小学生男子にストーキング行為をはたらく最底辺に転落しても、温かく見守り続けれるようになります」
キラ「要りませんし帰って下さい」




198 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/04(金) 19:58:02 ID:???
つうかあのスレまだあったのかw
一年保っててワロタ

199 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/04(金) 23:21:41 ID:???
勝手に>>53の続き

フェルト「ロッ、ロックオン。」
ロックオン「んっなんだ?」
フェルト「ロックオン。わっ、私。あっ、あい…………」
エル「いけっ!フェルト!そのまま告白しちゃえ!」

ロックオン「……わかったぜフェルト。」
フェルト「(伝わった(////))」

ロックオン「みんな集まれ〜。お兄さんがアイスおごっちゃうぜ。」
ディアッカ「グレイトォ。」
ロアビィ「お姉さんアイスちょうだーい」
一同「ワーイ。」


フェルト 「シクシク」
エル「なっ泣かないでフェルト。まだチャンスはあるから。」
ロックオン「おーい。2人はなんにする。」
エル「私はメロン。フェルトはストロベリーで!」
エル「ねっ泣かないでフェルト。まだアイスはあるから。」
フェルト 「・・・orz」

200 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/04(金) 23:24:45 ID:???
どうやら時代はブートキャンプと弟子入りによる鍛えなおしのようだな。

201 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/05(土) 00:52:00 ID:???
>>193
刹那の中の人も実家が豆腐屋なんだぜ

202 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/05(土) 01:19:30 ID:???
トラップ協力ウッソ
ビターン
シャア「む、無念」ガク
刹那「真のガンダム!この豆腐はどうだ!」
アムロ「お!なかなか良い線行ってるじゃないか!」
刹那「これで俺も…」
「二人とも!後ウッソ!」
三人「はっ、しまった!!」
ロラン(フシュウ)「食べ物を粗末にしない!自分らで食べること!それが夕食です!」
刹那「流石、最強のガンダムだorz」

203 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/05(土) 01:21:28 ID:???
アズラエル「わざわざ鍛えるだなんてまだるっこしい。
       僕に任せてもらえれば、3日で超人に改良してあげますよ」
キラ「そしたら別スレの住人になっちゃうじゃないか!!」



歴代強化人間が兄弟だったら
http://anime3.2ch.net/test/read.cgi/x3/1212681587

204 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/05(土) 02:11:53 ID:???
兄弟達が寝静まっている夜。
屋根裏で眠っていた刹那は体に違和感を感じ目を覚ました。
「・・・何だか視界が高い様な。まぁいい、刹那・F・セイエイ喉の渇きに介入する」
刹那は寝ぼけ気味のまま目標の飲み物を飲みにキッチンを目指した。


「色々アドバイス有難う御座いました兄さん」
「いや、オレも技術者には多少の無茶も必要だと気付けた。有難う」
こちらはアムロ自室。マイが技術者の在り方についての相談が終わった所だった。
「もうこんな時間ですか。じゃあ明日もありますし僕はコレで」
「ああ、他の奴らは寝てる筈だから静かにな。」
アムロの部屋を出たマイ。
ドアを閉めた直後彼は遠くリビング上に幻影を見た。
「なんだ。まだ起きてた奴がいるのか。」
しかしマイは直ぐに違和感を感じた。
(・・・おかしい。僕と兄さん以外の年長組は今日はいない筈・・・じゃああの背の高い人影は誰だ)
ドモンやシロー達年長組は仕事でこの日出払っていた。
兄弟中体力で最低辺クラスに入る彼はしかし、アムロの部屋の入り口に
転がっていたハンマーを掴むと勇気を振り絞ってキッチンに向かう背の高い人影に迫っていった。


いつもより天井の低い我が家に違和感を感じながらも刹那は目的地であるキッチンにたどり着いていた。
「・・・こんなにこの冷蔵庫は小さかっただろうか」
兄弟+御大将+変態兄弟の食を賄う業務用の巨大な砦はしかし、今は二周り程小さく見える。
訝しみながらも扉をあけて目標を取り出し蓋を開ける。
この開けた時のカポッという音が鳴る時が彼にとって至福の時であった。
刹那は早速腰に左手を当てると目をつむり一気にビンに入った白い液体を飲み干した。


背の高い影はキッチンの方へいった。マイは気付かれぬ様にキッチンへ歩を進める。
耳を澄ますとどうやら飲み物を飲んでいるらしい。
(ケンカなんて一度もした事無いのに勝てるだろうか・・・)
不安になりながらもマイは手元のハンマーを見る。
拭っても拭いきれない変態の血がこびり付いたハンマー。アムロは学生時代これと警棒で無数の不良をなぎ倒し、
その白ランも相まって『白い悪魔』と呼ばれていた。『赤い優等生』、『黒い三年生』と共にこの町の伝説の1人である。
(そうだ。これがあれば勝てる。兄さん僕に力を!)
勇気を振り絞って飛び出したマイだったが目の前にいたのは拍子抜けするぐらい背の小さい少年だった。

205 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/05(土) 02:12:45 ID:???
「んっ、やはりミルクはガンダムだ。・・・なんだか視界が低くなった様な」
喉の渇きへの介入に成功した刹那は目の前で呆然としている兄に気付き声をかけた。
「何かあったのかマイ兄さん。アムロ兄さんのハンマーなんて持って」
その声にマイは我に帰る。
「刹那、ここに背の高い人が来なかったかい?」
「いや、オレはずっと1人だったが」
「そっそうか、それならおやすみ。ちゃんと寝るんだぞ」
「ガンダムだ」
そう言ってマイは寝室に戻っていった。

後日マイは刹那の背丈伸縮自在説を論文にま

206 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/05(土) 02:14:44 ID:???
「んっ、やはりミルクはガンダムだ。・・・なんだか視界が低くなった様な」
喉の渇きへの介入に成功した刹那は目の前で呆然としている兄に気付き声をかけた。
「何かあったのかマイ兄さん。アムロ兄さんのハンマーなんて持って」
その声にマイは我に帰る。
「刹那、ここに背の高い人が来なかったかい?」
「いや、オレはずっと1人だったが」
「そっそうか、それならおやすみ。ちゃんと寝るんだぞ」
「ガンダムだ」
そう言ってマイは寝室に戻っていった。

後日マイは刹那の背丈伸縮自在説を論文にまとめるが誰も信じてくれなかったそうな。

おわり

刹那2期バレ記念。分かりにくくてすまん。

207 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/05(土) 02:25:09 ID:???
少なくとも刹那生存確定か

208 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/05(土) 04:14:34 ID:sL8IL9TU
ジュドー「ハマーン、俺、ハマーンの事好きだぜ」
コウ「シーマさん、僕と結婚して下さい」

209 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/05(土) 09:27:57 ID:???
>>207
これだな
ttp://nov.2chan.net/24/src/1215106439943.jpg

ロックオン生存確て…い?
立ち位置のせいかちょっと縮んだような…

210 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/05(土) 10:17:12 ID:???
>>209
それロックオフじゃね

211 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/05(土) 11:42:52 ID:???
それにしても服ださいな

212 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/05(土) 11:52:28 ID:???
ださいのは今に始まったことじゃない。
種もださださだったし、Zだって袖なし大尉とかサラの私服とかださださだった。

213 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/05(土) 12:03:27 ID:???
∀とWは結構服飾センスよかった気がする
後者は落差激しいが

214 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/05(土) 12:09:54 ID:???
>>213
ただしハリー・オードは除く、という条件で。

215 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/05(土) 12:23:04 ID:???
地球育ちにあのセンスは理解できぬか

Wは出渕デザインとそうでないものの差が顕著だよな
パイスーのデザインはWが一番好きだ
まあスパッツはセンス以前の問題だがキャラ立ての一環だし

216 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/05(土) 13:44:02 ID:???
ガロードのセンスはとても勇者系だと思います

217 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/05(土) 15:40:54 ID:???
シュウトもな

218 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/05(土) 15:51:49 ID:???
キャプテンがGフェニックスと合体して、荒野の勇者ガンダムXになるとな?

219 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/05(土) 15:55:26 ID:???
シロー兄さんは新幹線と金色の機体に乗ると性格が若干変化します

220 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/05(土) 17:17:19 ID:???
>>219
刹那「兄さんは勇者だ。」

221 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/05(土) 18:26:46 ID:???
リリーナさんもつけて

222 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/05(土) 20:14:06 ID:???
つまり、リリーナがエンジェルハイロウのような装置でサイコウェーブを
発しながらラクスのように歌うわけですね、わかります。

だ、ヒイロはエースのジョー(宍○ジョー)のコードネームを使って
シロー兄さんをサポートするわけかw

223 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/05(土) 20:16:19 ID:???
>222
×だ、ヒイロ(ry
○で、ヒイロ(ry


224 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/05(土) 20:34:14 ID:???
一足先に夏休みネタ

ロラン「起きなさーい!今日は出校日でしょ!!」
シン「やばっ、すっかり忘れてた!遅刻する……!」
キラ「シン、コアスプレンダー使おう!あれならMSより小さいし、すぐに学校に着くよ!」
カミーユ「ちょっと待て」
シン「止めるのかよ、カミーユ兄さん?!」
カミーユ「止めるものか。俺も乗せてくれ」
ジュドー「俺も俺も!」
ガロード「俺も頼む!」
ヒイロ「……俺も乗る」
シン「待った待った!そんなに乗れないよ!乗れてもせいぜい俺含めて三人だって!無理してもう一人くらいならいけるかもしれないけど……」
ウッソ「じゃあコアファイターも使いましょう!」
ジュドー「よっしゃ、それならなんとかなるか?!」
シン「待て、コウ兄さんは出校日がないからいいとして、シーブック兄さんと刹那兄さんとアルとシュウトは?」
ロラン「あの真面目なシーブックが寝坊なんてするわけないでしょう。刹那も『遅刻はガンダムではない』って言って、早々と出て行っちゃいましたよ。アルとシュウトもしっかり早起きして学校に行きました」
キラ「どうせなら僕たちを起こしてくれれば良かったのに……」
ロラン「それは言ってもしょうがないでしょう。それより、みんなして何の話をしてるの?まさかMSで学校に行こうだなんて話してるんじゃ……」
シン「いや、それは……」
キラ「えっと……な、何の話をしてたっけ、カミーユ兄さん?」
カミーユ「あ、ああ。それは……」
ロラン「怪しい……」
ジュドー「……え、えーっと……逃げろーっ!」
ヒイロ「任務了解。各員、二班に別れ機体に搭乗」
ロラン「あ、こら!待ちなさーい!」
ガロード「ごめんよロラン兄ー!」
カミーユ「わかるはずだ。こういう日は遅刻しちゃいけないって、ロラン兄さんにもわかるはずだ!」

ドタドタドタドタ……

ロラン「帰ってきたらお説教ですからね―――!」
オルバ「平和だね、兄さん(モグモグ」
シャギア「平和だな、オルバよ(ムシャムシャ」
ロラン「……なんであなた達もナチュラルにウチで朝ご飯食べてるんでしょうねぇ……」
キャプテン「今更だぞ、ロラン」

225 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/05(土) 21:23:36 ID:???
あるあるwww
登校日って忘れちゃうんだよね

226 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/05(土) 21:41:49 ID:???
シンより刹那の方が兄貴になるのか?

227 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/05(土) 21:51:23 ID:???
ハリーの私服設定はファッション雑誌を参考に格好良く見える様にデザインされたんだが
他の連中のアニメ的に洗練されたスタイルと比べられたら変に見えてしまった

という事らしい

228 :224:2008/07/05(土) 22:14:22 ID:???
>>226
スマソ……シンの方が兄貴だった……orz

229 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/05(土) 22:38:58 ID:???
だが第二期になればむしろ刹那が兄に・・・ドモンと同じ20歳か21歳ぐらいのはず

230 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/05(土) 22:49:06 ID:???
>224
あとカミーユの方がロランより年上

231 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/05(土) 23:00:58 ID:???
まあそれを言ったらシーブックとかキラはどうなるって話だし。
あと一応オフィシャルである?年後ガロードとか。

232 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/05(土) 23:17:37 ID:???
グレイストークのじじいとかいるしな

233 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/05(土) 23:22:09 ID:???
ジュドーは女装だってできるんだ
じじいに変装しても不思議はない

234 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/05(土) 23:34:33 ID:???
ルナマリア「おはようございまーす。」
ロラン「はーい、どちらさま(パタパタパタ)・・・あっルナマリアさんおはようございます。
    ごめんなさい、シンはまだ寝てて。今起こしてきますね」
ルナマリア「いえ、今日はシンに用があるんじゃなくて・・・」
ロラン「アスラン君、今日キラを尋ねてくる予定なんですか?」
ルナマリア「アスランでもないんです。刹那君、呼んでいただけますか?」
ロラン「刹那?いったいまたどうして」

刹那「待たせたな、ルナマリア・ホーク」
ルナマリア「おそいよ刹那。委員会の仕事始まっちゃう」
刹那「ああ、行こう」
ロラン「刹那、委員会なんて入ってましたっけ。CB関係かい?何をする委員会なんだ?」
刹那「CBとは関係ないが、似たような目的のものだ。アムロ兄さんも所属している」
ロラン「アムロ兄さんっ!?学校の委員会じゃ・・・」
刹那「詳しいことは機密のため話せない。しかしこれだけ。『七夕』と『クマ』だ。いってくる」

ロラン「なんのこっちゃ・・・」


235 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/05(土) 23:50:20 ID:???
今更だが、普段から普通にMSで登校しているぞ?

236 :224:2008/07/06(日) 00:26:07 ID:???
>>230
スマソ……出校日忘れた兄弟以上にうっかりしてたorz
ちょっとアムロ兄さんにミンチにしてもらってくる


>>235
そこはネタのためにパラレルルーしたんだ。紛らわしくてすまない

237 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/06(日) 02:35:34 ID:???
>>231
本編途中に4年も成長する主人公ってガンダムじゃ初めてだしな。
このスレの扱いがどちらになるか気になるな。

238 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/06(日) 03:09:42 ID:???
登場時の16歳のままでいいと思うよ
ヒイロはEWがあるにも関わらずTV登場時の15歳のまま
キラも種時の16歳のまま
大抵のTVシリーズのキャラは劇中で1歳年食ってるハズだが、そのまんま
ロランに至っては劇中で3年程経ってる・・・(地球降下時15歳、祭りの時17歳、劇中で1年前後経過?)

239 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/06(日) 03:43:42 ID:???
前スレに赤と青のキャンディーが出てきたから、
いざとなったらそれを使えばいいw

240 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/06(日) 05:08:39 ID:???
他にも「成長するのが刹那の特技」とか
「なぜか近所にいる4年後刹那」とか、
色々と手はあると思うの。

241 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/06(日) 09:46:08 ID:???
ネタスレなんだから、書く人の裁量にお任せさー。 
困った時には魔法の言葉、パラレルパラレル〜(笑) 
まぁこれ以上議論したいならば議論所行きっしょ。

242 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/06(日) 10:18:29 ID:???
>>236
学校に行けばティファに会えるハズのガロードが、登校日を忘れるとは思えんなw
むしろ生真面目組と一緒に朝食とった後、迎えに行くくらいじゃないか?
DXか…このネタ的には、自転車かなぁ。
もちろん荷台には、ティファ専用のシート。


243 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/06(日) 12:24:12 ID:???
>>242
そして二人で海に行くんだな?
海に行くんだな!?

244 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/06(日) 14:09:20 ID:???
>>243
ttp://imepita.jp/20080706/508190
こういう事か!!

245 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/06(日) 15:42:59 ID:???
スクーターっぽいな…ローマの休日ごっこ?
ノーヘルだとシロー兄さんが困ったことになるぞ、ガロードw


246 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/06(日) 15:44:19 ID:???
ノーヘルといえばシン

247 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/06(日) 15:58:53 ID:???
こんなのも見つけた
tp://www.jet.ne.jp/~nanase-n/gundam.htm
こうなるのはいつのことやらw

248 :242:2008/07/06(日) 16:27:49 ID:???
メイリン「ひゅーひゅー! 朝っぱらからオアツイわよ、お二人さん!」
ルナマリア「こーらー! なに見せ付けてんのよ!!」
 ミニスカを翻して追いかけるルナマリアであったが、あっという間に置いていかれる。
ティファ「ガロード、大丈夫?」
 何しろ、中等部、高等部校舎は小高い丘の上にあり、門前へと続く坂道は通称『心臓破り』…
 体力の無いティファにとっては、歩いて上るだけでも一仕事、と言う難所であった。
ガロード「平気平気! しっかりつかまってろよ、ティファ!」
ティファ「う、うん」
 ぎゅっ!
ディアッカ「そこで捕まるのがシートのグリップって所が…」
ニコル「ティファさんにしがみ付かれたら、ガロードがどうなるか判りませんよw」
イザーク「しかし、ガロードも毎度毎度…この坂を自転車、それもふたり乗りで駆け上がるとは…」
ミゲル「愛だねぇ…」
ラスティ「くそっ! タダでさえあちーのに、不快指数上げてんじゃねー」ウラヤマシクナイゾ!
ニコル「はいはい」クスクス

ガロード「ぬおおおおおおおお!!」
 がしがしがし…
パーラ「おらおら! チンタラ走ってないで気合いれろー!!」
セシリー「がんばれー! あと半分よー!」
シーブック「すっかり名物だな、こりゃ…」

249 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/06(日) 16:50:28 ID:???
>セシリー「がんばれー! あと半分よー!」
>シーブック「すっかり名物だな、こりゃ…」

あんたら、小説版では自転車通学で親しくなってたじゃないかw

250 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/06(日) 17:00:20 ID:???
ジュドー「とはいっても流石に雪降った時とかはやらないんだよな」
ガロード「滑ってティファが怪我したら大変じゃないか」
カリス「僕は雪国育ちですから余裕ですよ、雪の日に自転車」
刹那「………」
アムロ「無理だからな、ガンダムでも雪上運転は無理だからな、刹那」
刹那「そうか、カリスはキュベレイだからな」
カリス「ベルティゴです(怒」

251 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/06(日) 17:04:33 ID:???
自転車で坂を上ってると、KraftWerkのTourDeFranceが頭の中で流れる。

兄弟達もそういうのってあるのかな。

252 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/06(日) 17:25:31 ID:???
>>250
さすがにアイスバーン張ってたら危ないけどな、雪の日に自転車。

雨の日ならアレだな、相合傘だな!

253 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/06(日) 17:31:06 ID:???
刹那(しかしアムロ兄さんなら轍に99.99%正確にそって運転できるはずだ。ガンダムなのだから)

254 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/06(日) 17:35:13 ID:???
>>252
ロラン 「でもアムロ兄さんならチェーンさんとベルトーチカさんとセイラさんとアリョー(略)・・・たち全員と
 一度に相合傘ができるはずですよね。ガンダムなのだから」
アムロ 「・・・何か怒ってるのか?」
刹那 「兄さんスゲー」

255 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/06(日) 17:40:36 ID:???
アムロ兄さんはTV・映画版準拠ならエレカ通学、オリジン準拠なら原チャリ(でもたぶん電動)通学か

256 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/06(日) 19:36:36 ID:???
アムロ「ロランだって、ディアナさんとソシエさんとキエルさん
    三人と一度に相合い傘ができそうなものだと思うんだが……」
ロラン「そんなことするはずないでしょう、ちゃんと三人ぶんの傘をご用意します。僕を含めると傘4つですね」
アムロ「そ……そうか……」 (シーブックより進展遅そうだ……)

257 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/06(日) 20:11:30 ID:???
少なくともディアナ様に傘を持たせるというというのは執事としてどうなんだ?
スプーンより重いんだしw

258 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/06(日) 20:32:52 ID:???
原作準拠なら、ロランは車でお出迎えw
晴れていようと雨が降ろうと。

ハリー「雨は私のスモーがIフィールドで遮る。
    ディアナ様が傘を使われるなど有得ん」

259 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/06(日) 20:53:21 ID:???
だがリリの様に日傘を持って微笑むディアナ様なんて
想像してみたら麗しいとは思わないかね

260 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/06(日) 20:59:51 ID:???
常にターンAでディアナ様の上にシーツを広げてればおk

261 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/06(日) 21:15:05 ID:???
ディード「リリの日傘を持つのは私だ!むしろ私が日傘になってリリに持たれたい!私を掴んで欲しい、リリー!!」

262 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/06(日) 22:02:08 ID:???
>>259はリリ・ボルジャーノ様のことを言うとるんだと思うが、ディードじゃ、しょうがないか…

ジュドー「おーいゼロ、お前んとこの変態がこっち来てるぞー」

263 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/06(日) 22:08:16 ID:???
>>262
ゼロも同じ事言い出しそうだw

264 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/06(日) 22:17:26 ID:???
デスサイズ「リリという名前はこの世に一輪だけの最も高貴で美しい名前なのだ
        他のものがリリを名乗ることなどあってはならん!私が全て石にしてやる!!」
ジェネラルジオング「あーバグバグね。新作?旧作?旧作の方なの。一泊二日と七泊八日、どっち?一週間ね、じゃ350Gね」
デスサイズ「まて、バグバグはやめて新作のリリ姫コレクション4を借りるぞ」
ジェネラルジオング「毎度」

ゼロ「こうして危機は去ったのだ」
DOME「ふむ、それは良かった」
ゼロ「しかし私は新作を借りることができなかった!許さないぞ、ディード!!」
ハロ「ハロハロ(あ、ドメさん、最近GN粒子がきつくてねーマッサージお願いします)」
DOME「はいはい、Gビット三号機、オレンジハロくんにマッサージお願いするよ」


今日も居酒屋ざくれろは繁盛だ

265 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/06(日) 23:41:05 ID:???
プロペラ機乗り同士ってことで、あるZキャラと∀キャラの接点を無理矢理作ってみることにしました。

あるヒコーキ屋の話

私はラダラム・クン。一介のヒコーキ屋だ。爺さんの代からレシプロ機一筋でやっている。
時代遅れ?そうかも知れん。しかし世の中レトロ趣味とかいろいろいて、ごひいきにしてくれるので何とかやっているよ。
近所のラインフォード家には代々世話になっているし、ハイム家のソシエお嬢さんもよく遊びに来ていて…、
え?表にカプルが何台も置いてあった?MSもやっているじゃないかって?あー、あれは娘とソシエお嬢さんのなんだ。
まあレシプロ機一筋なのは私一人のことだし、娘がいいと考えるなら娘の代で事業の多角化を選んでもいいだろうさ…。
で…?限界速度に達しても空中分解しない方法?いや、だって君の専門はMSだろう、マイ君。私とは分野が違うじゃないか。
お役に立てるかどうかはわからんよ。私に出来るのは古い技術屋の経験談だけだ。

…で、6・7年ぐらい前だろうか、私が改造したのはこの「コメット」という名前のビーチクラフト17型なんだが。
ああ、本物なら博物館ものの貴重な複葉機だよ。これはもともと私の工場で作ったレプリカだがね。
クライアントがうちのごひいきのお嬢さんで、まだハタチ前だったんだが結構なおてんばだったねえ。
うちの娘も結構なおてんばでこんな調子で彼氏が出来るのかと思ってたら、いきなり月から男を連れてきて…。
済まん、聞き流してくれ。それでそのお嬢さんが、カラバの巨大輸送機アウドムラに追いつく速さにしてくれと言うんだ。
カラバが何かって?君が話の腰を追ってどうするんだ。カラバは地球のネコ派の組織だよ。
長靴をはいた猫に出てくる猫の飼い主のカラバ伯爵にちなんでつけられたらしいが。
話を戻すが、注文を受けてお嬢さんの正気を疑ったよ。アウドムラは熱核ジェットエンジンで飛ぶんだぞ。
補給やらなんやらで高度を下げて速度を落として飛ぶといっても、レシプロ機で追いつく速度じゃないわけだし、
追いつく必要があるならジェット機を使う方がいいと最初は反対したんだが、まあ…成功報酬の額に負けたわけだ。
それでレシプロエンジンを最大限にチューンアップして、機体がバラバラにならないようリベットを打ち直して…(中略)、
それでもアウドムラの気流に巻き込まれて操縦不能になるとかいろいろ不安はあったんだが…、
結局追いついた後、アウドムラからワイヤーを出して引っ掛けてもらって何とかなったそうだ。

そういえば、その後そのアウドムラに乗っていたという青年が何度も、どうやってそんな無茶なエンジンを作ったのか教えて欲しい、
調べさせてくれ、と何度も訪ねてきていたなあ。え…マイ君のお兄さんなのかね。血は争えないものだなあ。

(了)

266 :第一回美少年&美青年コンテスト:2008/07/07(月) 05:47:06 ID:???
それはロクでもない男たちのしょーもない一言から始まった……



ロアビィ「いいかい、女の子の紹介する女の子ってのは大抵その子より可愛くはない」
ディアッカ「なるほど」
ロアビィ「……と、ココで撤退しちゃう男は二流ね」
コーラ「わかるぜ」
ディアッカ「どういうこと?」
ロアビィ「女性の魅力を引き出してこそ男も一流ってことさ」
コーラ「アンタとは気が合いそうだな!」
ディアッカ「勉強になるぜ」


留美「……などという話を小耳に挟みまして」
エル「男ってどうしようもないわねー」
ルナマリア「失礼しちゃうわ、まったく」
留美「そこでふと思いましたの、逆に男性の紹介する男性ってどうでしょうか?」
ソシエ「という訳で、第一回男子推薦美少年&美青年コンテスト!!」
ドロシー「提供はカタロニア財閥、王家、ハイム家でおおくりしますわー」
アレンビー「うわーなんか金持ちの道楽っぽい」
ストーカー「ではルールを紹介しましょう!」
ルナマリア「うわ、どっからでてきた!?」
ストーカー「自薦は不可!すでに彼女持ちも不可!優勝者には賞金300万円!!」
エル「ちょっと待ってよ!賞金だしたらそりゃみんな頑張っちゃうわよ!」
ソシエ「……あ」
留美「まあいいじゃないですか。もう告知してしまいましたし。私達は美少年が拝めるのですから」
アレンビー「結局それ?」


そうしてヒマをもてあました淑女達によるしょーもない大会が開催された




〜コンテスト当日〜
ストーカー「皆さんお待たせしました!第一回ガンダム美少年&美青年コンテスト……レディー……」
観客「「「ゴーーーー!!」」」

ガロード「うわー凄い人だかり……」
ジュドー「稼ぎ時、稼ぎ時、……ポップコーン、ベーグル、ビールにジュース、他にも色々ありますよーー」
ヒイロ「女性ばかりだな」←警備の仕事
シーブック「カミーユ達は参加しなったのか?」←ハングライダーからカメラ担当
ガロード「そりゃ、"彼女持ちは不可"ですから」
ジュドー「出たら複数から突き上げを食らうわけよ」
      


ストーカー「ではその前に審査員を紹介しましょう!!桃色注意報、ティファァァァァ=アディィィィル!!」
ティファ「よ、よろしくお願いします……」
ストーカー「キング・オブ・ハートを尻に敷く女、レィィィィン=ミカムラァァァ!!」
レイン「……後でゆっくり話し合いましょうか、ストーカーさん」
ストーカー「クラインカンパニーの天然アイドル、ラクゥゥゥス=クライン!」
ラクス「よろしくお願いしますわ」
ストーカー「ライオンを踏みつける女王、リリィィィィナ=ドゥゥリアン!!」
リリーナ「ヒイローー!私を殺しにいらっしゃーーい」
ストーカー「最後はこの人!名物一家長男、歩くエロ大名、アムゥゥゥロ=レェェェェイ!!」
アムロ「ちょっと待て、どうして俺がここに座ってるんだ!?」
刹那「兄さんはガンダムだからだ!!」

267 :第一回美少年&美青年コンテスト:2008/07/07(月) 05:49:16 ID:???
ルナマリア「主催者なのに審査員やらないの?」
留美「彼氏持ちの方がよりよい審査をできると思いまして」
ドロシー「一応、視点はばらけてましてよ。ティファ様が庶民代表、レイン様が大人の女性代表、ラクス様が芸能界代表、リリーナ様がセレブ代表」
アレンビー(レインさん、まだ20歳なのに……)
エル「ジュドーのお兄さんは?」
ソシエ「男性からの視点が一人あってもいいと思って」
ドロシー「それもプレーボーイの」
留美「あら、ルナマリアさん、エルさん、オペラグラスはよろしいの?」
エル(うわ、当たり前のように取り出したよ、この金持ちたち)
ルナマリア(セレブだわ、ここにセレブがいるわ!)
留美「さ、はじまりますわ。紅龍、紅茶などを用意して」
紅龍「はっ…」
ソシエ「ロラン、私もケーキ」
ロラン「はいはい」
アレンビー(まだ男を侍らせ足りないのかな……)


ストーカー「それでは参りましょう!エントリーナンバー1、ドレル=ロナ!!」
シーブック(お、一番か)
ドレル(シーブック、推薦感謝しよう。これで私も影の薄いキャラクターから脱却できる!)
シーブック(影の薄いって辛いからな!頑張れ!)
ドロシー「あら、なかなかエレガントな方ですわね」
ストーカー「ではまず特技のアピールタイムから!」
ドレル「私の特技は利きパンだ。目隠ししていてもパンの種類を当てられる!これは食パン、これはチョココロネ、これはメロンパン!」
ラクス「まあ、凄いですわ!」
レイン「いや、普通分かるわよ……」
ストーカー「おおっと、審査員も観客の反応もよろしくない!さあ、次は審査員から一人選んで口説いて貰いましょう!ドレル選手、ここで挽回できるかー!」
ドレル(く……まさか利きパンがこんなにウケないとは!どうするドレル=ロナ!ロナ家の者としてここで倒れる訳にはいかない!)
ストーカー「さあドレル選手、誰を選ぶ!!」
ドレル「ではティファ=アディール、君に決めた!」
シーブック(なんだって!?無茶だドレル!!)
ガロード「あいつ、ぶっ殺す!!!」
ジュドー「お、おちつけガロードーー!!」
ドレル「(逆転に賭けるにはコレしかない!!)……お嬢さん」
ティファ「はい……」
ドレル「私のイースト菌と一緒に愛も育まないか?」
ストーカー「おおっと、ここでもパンだー!ドレル選手、あくまでパンを貫いたー!!」
ティファ「済みません、私、心に決めた人がいるんです。私が思う人……私を思ってくれる人です」
ストーカー「撃沈!やはり撃沈だーーー!!ドレル選手、心なしか巻き毛が緩くなってるぞーーー!!」
ドレル「無念…」
ストーカー「では最後に審査員から質問タイム!」
リリーナ「ドレルさんはヒイロがたまに持ってきてくれる美味しいパンのお店の方でしょう?私、お礼が言いたかったのです」
ストーカー「おおっと、これはただの世間話だ!いやノロケ話だぁぁ!!ドレル選手、すでに背中が透けてみえているぅぅ!!」


ストーカー「では気を取り直して、エントリーナンバー2、レイ=ザ=バレル!!」
シン(300万!!)
レイ(シンに言われて出たものの、何をすればいいんだ……?)
ストーカー「さあ、クールガイである彼は一体どんな特技を見せてくれるのか!!」
レイ(特技…特技……困った。ミゲルやハイネなら歌を歌ってるんだろうが、俺はコレと言って無趣味だ。どうすればいい?
   ラウがいつもやっているおいなりさんの真似はどうだ?いや、それだけはやるなとシンに言われていた……)
ストーカー「おっと、どうした?レイ選手うごかない!?」
ルナマリア(ありゃ何にも考えてないわね……メイリン!!)
メイリン(了解、お姉ちゃん!!高帽子スタンバイ、射出!!)
シン(アレは……!!)
ルナマリア(シン、これでレイが優勝したら山分けだからね!)
ストーカー「おっと!?観客席から何か飛んできたぞー!?」
レイ(アレは……前にシン達が俺にやらせた宴会での一発芸!?シン!!)
シン(レイ、俺達友達じゃないか!!)グッ
ヒイロ(友達は人身御供などしない……)

268 :第一回美少年&美青年コンテスト:2008/07/07(月) 05:51:25 ID:???
レイ「レイ=ザ=バレル、一発芸でるぞ!」
ストーカー「おっと、レイ選手飛んだーーー!!高帽子を被ったぞー!!」
レイ「メーテル!!」
ストーカー「似ている!これは似ているぞーー!!観客もじわじわと笑いが来ている!!」
アムロ「これはアレだな。普段レイのような少年がこういう一発逆をする。そのギャップがいいんだ。
     特にちょっと照れているところなんか、大人の女性にはチャーミングに映るのさ」
ストーカー「おおっと、アムロ審査員の解説が入りました」
デュランダル「はっはっは、レイも中々頑張っているようだね、ラウ」
クルーゼ「うむ、レイの勇士をビデオに収めておかなくてはな」
ガロード「あのオッサン達、子供の運動会にきてる親みたいだな」
ジュドー「女だらけの観客席に目立つな、金と黒のワカメ……」
ストーカー「さて、ではレイ選手、告白タイムにいきましょう!さあ誰を指名する?」
レイ「誰でも構わないが、縁もあることだ、ラクス=クラインにしよう」
ラクス「よろしくお願いしますわ」
レイ「ああ。ラクス=クライン、俺はラウとギルに作られたクローンだ。故にテロメアが短く、長く生きられない。
   だが、それでもいい。シンやルナマリアや……沢山の友人ができた。できるなら彼らの住む世界が平和であって欲しいものだ
   だから君の歌がみんなの心を癒すというなら、歌い続けて欲しい。それだけが俺の願いだ」
レイン「ちょっと、告白の意味が違うわよ!!」
ラクス「……分かりました。私、力の限り歌い続けますわ」
ティファ「哀しい時代……」
リリーナ「必ず完全平和を……」
シン「レイ……お、俺は!俺は!レイの気持ちにも気づいてやれず、お金の為にレイを利用して、なんて最低なんだーーー!!」
デュランダル「レイ……良い子に育って(涙」
ラウ「これこそ人の業!人の思い!!(涙」
シロー「あーそこの二人、話は警察署で聞こうか?」
グラハム「ギルバート=デュランダル、ラウ=ル=クルーゼ、遺伝子法違反で逮捕する」
アムロ(まあこのスレなんだから寿命はきっと大丈夫だろう)


ストーカー「……さ、さあ、アクシデントはありましたが、気を取り直してエントリーナンバー3、いきましょう!ロッシェ=トゥーノ!!」
ロッシェ「ふ……星屑の三騎士として恥じない活躍をしよう」
エル「誰?」
ドロシー「トレーズ様の推薦ですわ。やはり我々としても一人エレガントな方を出さなくてはと思いまして。トレーズ様は既婚者なので、代わりに推薦なされたのですわ」
カトル「ドロシー、困った事があったら頼ってくれていいのに……」
ヒイロ「カトル、お前は時に残酷だ」
ストーカー「さあ、ロッシェ選手、特技は一体何か!?」
ロッシェ「特技だと?愚問だな。私にできないことなど無い!全てにおいて秀いている。そうでなくては騎士とは言えん!!」
アムロ(自己中心的、高慢、評価減点だな……)
ストーカー「え〜…そうはいいましてもですね……」
ロッシェ「ふ、どうしても一つというならば、決闘だな。まあ先の見えている勝負だが、剣をとりたま…」
アリサ「ロッシェ様……」
ロッシェ「ア、アリサ……」
ストーカー「おぉっと、なにやら女性が現れたぞ!?」
ロッシェ「い、いや、これはだな、私は別にだな……」
ストーカー「もしかして彼女はロッシェ選手の彼女か!?いけません!ルール第二条・彼女持ちは参加不可に抵触します!!」
アリサ「いいのです!私はロッシェ様の彼女などではありません!!」
ロッシェ「ま、待ちたまえアリサ!私は……」
アリサ「遊びでも……私はロッシェ様になら……」
ロッシェ「ち、違う!私は……」
ストーカー「おおっと、問題発言が飛び出たー!!会場はすでにブーイングの荒らしです!!」
アムロ「最低だな」
シーブック「アムロ兄さんがそれを言うのか……」

269 :第一回美少年&美青年コンテスト:2008/07/07(月) 05:53:54 ID:???
ストーカー「中々波瀾万丈な大会になって参りました!ロッシェ選手棄権の為、続いてエントリーナンバー4、ギニアス=サハリン!!」
留美「青年というにはお年を召してませんか?」
ソシエ「一体誰の推薦かしら?」
ノリス(ギニアス様にもよい方さえ見つかればアイナ様に構ってることは無くなる筈……!!)←推薦人
ストーカー「では特技をどうぞ!」
ギニアス「特技か……やはりアプサラスの開発だろうな。ブハッァ(吐血)。アプサラスは素晴らしい、素晴らしいぞ。
       まずミノフスキー…ブハッァ(吐血)…クラフトによって…ブハッァ(吐血)…単騎で……ブハッァ(吐血)……」
ストーカー「おおっとギニアス選手、延々とMAの事について話し出しました!吐血と相まって会場ドン引きだぁぁ!!」
アムロ「ふむ、MS開発者としては中々興味深い話だ」
セレーネ「そうね、私のAIに耐えられるボディには新しい技術も必要だわ」
ガロード「姉さん居たの!?」
セレーネ「アムロ兄さんが観ろっていうから、今来たんだけど、こういうことだったのね……興味深いわ」
シーブック(アムロ兄さんが姉さんに興味を持って貰いたかったのはMSじゃなくて男の人だと思う……)


ストーカー「えー…ギニアス選手、語り出して止まらないので棄権とみなし、次に進みます」
ジュドー(最後まで予定通りに進んだの、ドレルさんだけじゃん)
ストーカー「エントリーナンバー5、翼の騎士ゼロ!!」
ゼロ「ふ……美しい者と言われては私の他にいまい」
ドロシー「人外は却下。ポチっとですわ」
ゼロ「ぬわ!?落とし穴だと!?美しくないぞーーーーーーーーーーーーーー」
シン「………」
ジュドー「………」
ガロード「なあ、あのゼロって奴、自力で空飛べるのになんで落とし穴に落ちたんだ?」
ヒイロ「落とし穴に落ちるというのは様式美だ」


ストーカー「……エントリーナンバー6!!」
シーブック(だんだんやる気なくなってないか?ストーカーさん)
シン(椅子に座り始めたもんな)
ストーカー「マシュマー=セロ!!」
マシュマー「ハマーン様に優勝を捧げるぞ!!」
ゴットン(ムリヤリ推薦人にするんだもんなぁ、もう)
ストーカー「では特技をどうぞ」
マシュマー「ふむ、やはりハマーン様について語らせたら私に敵うものはいまい。
        生年月日、身長、体重、スリーサイズから、最後におねしょをした日、最初にブラジャーを着けた日……」
ハマーン「ファンネル!!!」
マシュマー「ぎゃぁああぁぁぁ!?!!ハマーン様ぁぁばんざぁぁぁいーーー!!」


ストーカー「あー…マシュマー選手が焦げてしまったので、次に参りましょう」
ルナマリア(ラクスさん、寝てない?)
エル(審査員ヒマだもんね……)
アレンビー(あんまりイライラすると小じわが増えるよ、レインさん!)
ストーカー「エントリーナンバー6、ユウ=カジマ!!」
ユウ「………」
シーブック(ユウさん!?)
ガロード「こりゃ珍しい人がきたね」
ジュドー「美味しくないパン屋の紹介?」
ユウ「………(フィリップに言われて出たが、俺なんかが美青年でいいのか?)」
ソシエ「あら、寡黙な感じがいいじゃない」
留美「いままで騒々しいのが続きましたしね」
ストーカー「特技をどうぞ」
ユウ「……特技と言っても、俺はMSの操縦ぐらいしかできん」
レイン「また、不器用な人ね。私の知り合いにもそんなの多いけど」
ユウ「すまん、俺はこんな風にしか生きられん」
リリーナ「あやる必要はないです。飾らないことは美徳ですよ」
ストーカー「では告白タイムにいきましょう。ユウ選手、誰を選びますか?」
ユウ「ティファで(NTだからか?マリオンに似ている……)」
ティファ「は、はい……」

270 :第一回美少年&美青年コンテスト:2008/07/07(月) 05:55:35 ID:???
ジュドー「げ、マズ…」
ガロード「ティ…」
ヒイロ「任務完了、気絶させた」
ユウ「……一緒に暮らさないか?」
ストーカー「おおっと、ストレートだ!直球だ!!ついでに色々すっ飛ばしてるぞーーー!!」
ティファ「ごめんなさい」
ユウ「そうか(……何となくだが離婚したら家を取られる気がした)」
ストーカー「では最後に審査員から質問を……」
モーリン「ちょっと待ってください!!このコンテストは彼女持ちは参加できないんじゃなかったですか!!」
ユウ「……(モーリン……)」
マリオン「……ユウ」
ユウ「……(マリオン……)」
ストーカー「あのー…また修羅場ですか?しかも今度は二股?」
ユウ「……いや、問題ない。俺はフリーだ」
モーリン「ユウ……」
シン「おい、泣いてるぞ、彼女」
モーリン「い……一緒に寝たじゃないですか!!」
ガロード「ブッ…!」
マリオン「ユウは……私の一番深い所に触れてくれた(NT的な意味で)優しい人……」
ジュドー「オイオイオイ」
ユウ「…………確かに、モーリンとは寝たし、マリオンを感じたが、俺は別に二人と付き合ってるわけじゃない」
シーブック(あ、ある意味、男だ……)
ストーカー「ユ、ユウ選手の発言に会場はブーイングの荒らしだーー!!ちょ、ちょっと、落ち着いて、モノを投げないでください!!」
モーリン「ひどい……初めてだったのに…ッ!!(逃」
マリオン「またね、ユウ」
ユウ「…………司会者、迷惑をかけた。続けていいぞ」
ストーカー「無理です」


ストーカー「えーユウ選手を会場の皆で吊し上げた為に、会場は異様な興奮状態と熱気に包まれて降りますが
       エントリーナンバー7、プリオ選手です!!」
プリオ(こんな状況でどうしろというんだ、レオナルド!!)
レオナルド(プリオ、プリオならできますぞ!!)
プリオ(しかし……!!)
???「ええい、私の出番はまだか!!
ストーカー「あ、ちょっと待ってください、色々押してまして。次ですから……」
ウルベ「私には仕事もあるのだ。先に出させて貰うぞ!エントリーナンバー8、ウルベ=イシカワだ!!」
レイン「何やってるんですか!?ウルベ会長(←ガンダムファイトの)」
ストーカー「ちょっと待ってください、貴方は誰です!?次はハンス・ボルガー選手の筈では……!?」
ウルベ「フハハハハ!では特技を見せるぞ!!こんな事もあろうかと鍛え続けたこの身体ァァァァァァ!!!」
留美「青年って歳ではありませんわ、見苦しい。ポチっと」
――ドッカーーーーン!
ジュドー「おい、そんな至近距離で爆発なんて!!」
ガロード「ティファーー!!!」
――キュィィン
ティファ「ガロード……」
ガロード「大丈夫かい、ティファ」
シン「いや、おかしいだろ。なんでガロードがフィンファンネルバリアつかえるんだよ」
刹那「問題ない。ガロードもガンダムだ。アムロ兄さんも生身でファンネル使える」
ジュドー「いや、使えないから、使えないから」
シーブック「愛だな……ヒイロもいつの間にかリリーナさん庇ってるし」
セレーネ「どうでもいいけどストーカーも一緒に吹っ飛んじゃったわよ?どうするの?」
ラクス「ふあぁぁ……」←起きた

271 :第一回美少年&美青年コンテスト:2008/07/07(月) 06:35:45 ID:???
ザコ赤「はいはいはい、ザコたち司会に呼ばれたザコよ」
ザコ青「いわゆるピンチヒッターってやつザコね」
ザコ黄「違うんですよーそーなんですよ!やっぱりむさ苦しいストーカーさんより、愛らしいザコ達を呼んだ方が良かったんですよー」
ザコ赤青「「やんややんや」」
ザコ黄「それにザコ達は三人でもストーカーさんよりお給料安いザコ。とっても経済的ザコよ」
ザコ赤「薄給ザコ」
ザコ青「でも負けないザコ。空と君との間には今日も冷たい雨が降るザコー」
ザコ赤「ハイハイ、それじゃあエントリーナンバー9、ティエリア=アーデさんザコー!!」
ティエリア「なんで私が……ロックオンの頼みとはいえ、やはり断るべきだった……」
ザコ青「………」
ザコ黄「………」
ザコ赤「………」
ティエリア「なんだ?お前たち司会だろう」
ザコ赤「ザコォ…」
ザコ青「なんだかとってもやりにくいザコ」
ザコ黄「この人の声、どこかで聞いたことがあるザコ」
ティエリア「司会者なのに司会をしないなど万死に値する!まあいい、特技を見せればいいのだろう?
       みていろ、これがヴェーダとのリンクだ!!」
ザコ赤「あー目の色が変わったザコ!」
ザコ青「すごいザコー!すごいザコー!!」
ティエリア「ふ……」
ラクス「あら、それなら私もできますわよ(パリーン」
ザコ黄「あーラクスさんも変わったザコ!目の色が変わったザコよ!!」
ザコ赤「凄いザコー凄いザコー!人間の神秘ザコねー」
ティエリア「ば、馬鹿な…ッ」
ザコ青「アレ?アレアレ?でもラクスさんにもできるってことは、実は凄く無いザコ?」
ティエリア「そ、そんなことはない!これができる人間なんて……」
シン「あ、俺もできるぜ(パリーン」
ティエリア「!?」
ザコ赤「あーコッチもザコー!!!」
ザコ青「目の色変わったザコー!!」
ザコ黄「でもここまで乱発されるとありがたみが無いザコ」
ティエリア「僕は…俺は…私は……OTL」
ザコ赤「アレ?どうしたザコ?」
ザコ青「なんか落ち込んでるザコよ」
ザコ黄「元気出すザコよ!ホラ、次は告白のコーナーザコ!!」
ザコ赤「指名してくださいザコ!いつまでもOTLしてないで」
ザコ青「もう指指すだけでもいいから決めて下さいザコ!時間がないザコ!
ティエリア(もうどうでもいい……)
ザコ赤「わかりましたザコ!アムロさんザコね!!」
ザコ青「ティエリアさんがアムロさんに告白するザコ!!」
ザコ黄「それではどうぞザコ!!」
アムロ「おい、ちょっと待て!俺は男だよ!!」
ザコ赤「ルールザコ!」
ザコ青「別に告白するフリだけザコ!」
ザコ黄「違うんですよーそーなんですよー!なんだか会場の女性達もワクワクとソワソワしてるんですよ!!」
シーブック「うわぁ……」
セレーネ「刹那、あんた友達は選びなさいよ」
刹那「?」
ジュドー(ホモに狙われるのはロラン兄だけで充分だぜ……)
フェルト(やっぱりホモだったんだ……ロックオンを守らないと)
ティエリア「……私は……」
アムロ「やめろー!!聞きたくないーー!!!」
ザコ赤「あー逃げちゃ駄目ザコーーー」
ザコ青「追いかけるザコー」

272 :第一回美少年&美青年コンテスト:2008/07/07(月) 06:38:36 ID:???
ジョニー「おいおい、俺の推薦人がトンズラしちまったのかい?」
ザコ黄「あ、エントリーナンバー10、ジョニー=ライデンさんザコ!」
ジョニー「よぅ、紅い稲妻とは俺のことさ。どっかのピンクとは間違うなよ」
ザコ黄「おお、なんか余裕があるザコ。大人の魅力ザコね」
ジョニー「おいおい、まだそんな歳じゃないっての。ええっと、まずは特技だっけ?ありきたりだけどハーモニカでも吹くか?」
ザコ黄「カッコイイザコー!!」
ルナマリア「なんかようやくマトモになってきたわね」
留美「見せ物としては前の方が面白かった気がしますわ」
アレンビー「音楽よくわかんなーい」
ジョニー「つーてもあんまり格好良い曲弾いても逆にシラけちまうからな、ここは逆にダサい曲で……
      ザコ君、歌頼めるか?何、単純な歌詞だから即興でOKさ」
ザコ黄「ザコ!コレボレーションザコね!!」
ジョニー「よし、いくぜ。1、2、3……」
ザコ黄「ビーム輝くフラッシュバックに〜♪奴の影〜♪シャア!シャア!シャア!!」
シャア「コラーーーー!!貴様、この曲のドコがダサい曲だというのだ!!!」
ジョニー「でやがったな、偽物野郎」
シャア「なんだと?」
ジョニー「だいたい、テメーのドコが赤い彗星だ。タラコ色じゃねぇーか」
シャア「貴様こそ中途半端にショルダー部だけ黄色ではないか!」
ジョニー「耳しか赤くないジオングに乗っておいて何をいいやがる!」
シャア「あれはジオングが未完成なのがいけないのだ!」
ハマーン「シャア!貴様がマシュマーに私の過去を教えたなどと…ッ!」
シャア「ええぃ、彼をロラン君に近づく為の布石にする作戦が……完璧にならんとは!!」
ジョニー「その行為が俺のモノと誤解されるから赤は止めろというんだーー!!」


ザコ黄「結局また有耶無耶になったザコ」
ザコ赤「とりあえずアムロさんは連れ戻したザコ」
ザコ青「もう残り三人ザコ。一人ぐらいは最後までやり遂げたいザコ」
ザコ黄「ザコォ……志が低いザコねぇ……」
ザコ赤「エントリナンバー11、カリス=ノーティラスさんザコ!!」
カリス「どうも」
ガロード「カリス?」
カリス「キッドというかパーラに無理矢理……ははは」
ザコ赤「それでは特技をどーぞザコ」
カリス「そうですね、スノーボードが得意ですが……ここでは無理ですね」
留美「紅龍、今すぐトラックに雪をつめて持ってきなさい、三分以内に」
紅龍「了解しましたお嬢様」
ドロシー「私たちに不可能など御座いませんわ!」
――三分後
カリス「とまあ、こんな所です」
ザコ赤「格好良かったザコよー」
ザコ青「会場のお姉さんもウットリザコよ」
ザコ黄「それじゃあ、次にいくザコ。告白タイムザコ」
カリス(告白ですか……ティファは……できませんね、本気になってしまう。ラクスさんとアムロさんは既に指名されてますから
     レインさんかリリーナさんにした方がいいでしょう。……う、ヒイロさんが睨んでる……)
ザコ赤「さあ、誰を選ぶザコ?」
カリス「レインさんで」
レイン「え?わ、私!?」
カリス「はい。あの……僕は年下ですし、世界を知らない子供ですから、レインさんみたいな大人の女性には釣り合わないかも知れませんけど
     ……でも、届かないと分かっていても、どうしても胸が締め付けられて痛いんです。こんな愚かな僕と付き合ってくれませんか?」
レイン「え…ぁ…あの……」
ザコ赤「おおっと、これは!?」
ザコ青「解説のアムロさん、解説のアムロさん!」
アムロ「これは恐らく、普段からドモンの恥も臆面もないストレートな告白ばかり受けてきた、しかも幼なじみなどの近しい遠慮のない関係でだ。
     だからレインさんにとって、この告白は新鮮なんだろうな。まあ男の俺からすれば年上の女性ってのは通る道だから、カリス君の切ない感じも
     よくできていると思うよ(後半は別の人に向けて言ってるようだけど)。はぁ……マチルダさぁぁ〜〜〜ん」
ザコ青「なるほど〜解説ありがとう御座いました……ザコ」
ザコ黄「それではそれでは、最後は審査員からの質問ザコ」

273 :第一回美少年&美青年コンテスト:2008/07/07(月) 06:40:39 ID:???
カリス「……痛い、痛い……」
ザコ赤「あのぅ、カリスさん、告白コーナーは終わったザコよ?」
カリス「頭が痛い〜〜〜〜〜!!!!」
ザコ青「ええ!?」
ザコ黄「ちょ、ようやく最後までいけると思ったザコに〜〜」
ザコ赤「タンカ!タンカザコ〜〜〜」
ガロード「カリスーーー!!」
テクス「いかんな、NTが多い会場にいたせいでシナップス・シンドロームが早まったのだろう。暫く安静にしてないと」



ザコ赤「はー大変だったザコ」
ザコ青「まさか安全な大会で負傷者がでるとはザコ」
ザコ黄「ザコ達、ストーカーさんが負傷しなかったら登場してないザコ!だからこのコンテストは安全じゃないザコ!」
ザコ赤「ザコー!やってらんないザコ!薄給の上に危険ザコか!?」
ザコ青「ザコ達に保険も労災も降りないザコよ!ザコ達に人権は無いザコ!!」
ザコ黄「真面目に頑張れば頑張る程危険ザコ!次からテキトーに司会をするザコ!」
イライジャ「……聞こえてるって、オイ」
ザコ赤「ザコー!!エントリーナンバー12、イライジャ・キールさんザコーー!!」
イライジャ(ヴェイアの奴、ラクスのサインの為だけに俺をこんな所に送り出しやがって……)
ザコ黄「う、美しいザコ……」
ザコ青「ザコ達にも分かるザコ、超絶美形ザコ……」
ザコ赤「会場がウットリしてるザコ」
イライジャ(俺、自分の顔嫌いなんだけどな……)
ザコ赤「ハッ!見とれてる場合じゃないザコ、司会の仕事しなきゃザコ!」
イライジャ「適当にやるんじゃなかったのかよ」
ザコ青「は!?哀しいザコ、ザコたちの生まれついての労働根性ザコ!!」
ザコ黄「取り敢えず特技ザコ!」
イライジャ「特技ねぇ……MSの操縦じゃ劾に敵わないし、格闘技じゃロレッタに敵わないし
       酒じゃリードに敵わないし敵いたくないし、風花にすら口論で負けるからな…………なんか憂鬱になってきた」
ザコ黄「ちょ、元気だすザコ」
イライジャ「うーん……そうだな、花を育ててるぐらいかな」
ザコ青「花?ザッパーザク様みたいにザコか?」
イライジャ「俺の初めての依頼の報酬が花だったんだな」
ザコ赤「ロマンチックザコね〜〜」
イライジャ「そんなもんじゃないけどな」
ザコ青「それじゃあ告白タイムザコ」
イライジャ「んじゃリリーナさんで」
リリーナ「私ですか」
イライジャ「んー…俺はアンタの横にいても見劣りしない男になってみせるよ、だから俺の女になってくれ」
リリーナ「お友達から始めましょう(ニッコリ」
ザコ黄「普通に告白して普通に振られたザコー!!」
イライジャ「うるさいな」
ザコ赤「はいはい質問コーナーザコ」
アムロ「じゃあ質問というかアドバイスというか。さっきからちょっと君は卑屈すぎないかい。もっと自身をもっていいと思うよ」
イライジャ「ん……今の自分はそんなに嫌いじゃない。けどコレで満足してる訳じゃない。そんなところだ」
ティファ「お花の種……今度貰えますか?」
ガロード「ティファ!?」
イライジャ「いいけど?」
ティファ「綺麗な花が咲いたら……ガロードにあげたいから……」
ガロード「ティファァ…」
ラクス「私も頂けますか?お仕事で一緒に居られない分、キラに押し花にして差し上げたいのです」
イライジャ「質問じゃなくてノロケのコーナーになってるな」
ザコ青「以上、イライジャさんでしたザコ」
ザコ赤「おおー初めてマトモに終わったザコ!!」
ザコ黄「でもでもでもでもーなーんか物足りないザコねーー」
ザコ赤「何言ってるザコ!平和が一番ザコ!!」
シーブック「会場のスグ後ろでシャアとハマーンとジョニーさんがMS戦してるけどね……」

274 :第一回美少年&美青年コンテスト:2008/07/07(月) 06:42:03 ID:???
ザコ赤「さあさあ遂に最後のエントリーザコ!13番ザコ!」
ザコ青「ではリボンズ・アルマークさんどーぞザコ!!」
リボンズ「やあ、00から二人目だけど許して欲しいね」
ザコ黄「それじゃあまず特技からザコ」
リボンズ「僕の特技はいっぱいあるよ。でも一番得意なのは女性を上手にエスコートすることさ」
ザコ赤「おお、色男ザコね」
リボンズ「例えばね、一昨日なんかはお昼は会社の部下と一緒にランチを食べたんだ。勿論、軽いスキンシップもしてね。
      誤解しないで欲しい。スキンシップって言っても、太股を撫でるとか、うなじを愛撫するとか、その程度さ」
――ガタン
ザコ赤「ちょっとアムロさん、いきなりどうしたザコ?」
アムロ「い、いや……」
リボンズ「続けていいかい?夕方からはベルt…おっと、名前は伏せないとね。金髪の彼女と空のデートだね。MSもいいけど
      あえて旧時代のプロペラ機で夜と夕方の狭間を漂いながら、甘い言葉を囁きあったよ。その内容はちょっとここでは言えないな」
――ガタン!
ザコ青「もーアムロさん、今いいところザコ!静かにして欲しいザコ」
アムロ「ちょ、ちょっと待ってくれ……リボンz」
リボンズ「その後、ホテルを借りていたんだけどね、急に会社から呼び出しがかかっちゃって金髪さんとは一旦別れたんだ。
      会社のトラブル事態はすぐ解決したんだけど、会社を出ると入り口で家出少女が僕を待っててね……」
――ガタン!!
ザコ黄「アムロさん!今ホンッとにいいとこザコ!邪魔しないでザコ!!」
アムロ「リボンズ、君の目的はなんだ!何がしたいんだ!!」
リボンズ「何をいってるんだい?これはあくまで僕の経験した話さ、オリジナルの僕。ええっと、どこまで話したっけかな?ああ、クェs……おっと、いけないいけない」
アムロ「リボンズーーーー!!!」
リボンズ「僕は父親代わりになんて慣れはしないけど、せめて優しく慰めることぐらいはしたよ。でも結局彼女を啼かせてしまったけどね」
ザコ赤「ジゴロザコね」
リボンズ「なに、僕にとっては日常さ。気がついたらもう電車が無くてね。ホラ、その日は空中デートだったろ?MSやエレカでは出勤してなかったんだ。
      まあ会社のを借りることもできたんだけど、そういう理由で会社に泊まるよって、家で待っている弟に電話した訳だね。
      その後、僕が囲っているアリョー…おっと失礼、失礼、少女の家に泊まっていったのさ」
ロラン「……兄さん」
アムロ「ロラン、僕は嘘は言ってない……」
リボンズ「そう、大人は汚いね。さて、翌日は出張だった。出張先のラー・ザイム……ああ、いけない、女の子の名前を出さないことばかり気を回してて会社の名前をつい言ってしまった!
      まあ兎に角、その出張先でね、カニンガムって子がいるんだけど、まあ彼女もチェーンと同じだね、扱い的には。性格は全然違う……いや、健気な所は一緒かな」
アムロ「隠せよ!せめて隠す努力をしろよ!!」
リボンズ「それで仕事はお昼で終わりね。午後は偶然フラウに会って、ハヤトが出張だっていうから女一人じゃ物騒だろ?だから……」
アムロ「やめろ!ハヤトの家庭に冬が来るぞ!!」
リボンズ「自分が原因のくせによくいうよ。だから器が小さいっていうんだ。まあ、色々あってね、子供達が学校から帰る……いや、日が沈む前には失礼したよ。
      その後、金髪さんと……ああ、ベルトーチカじゃなくてセイラさんね、彼女と待ち合わせをしててバーに入ったんだ。でもセイラさんから遅れるって電話があってね
      そしたら偶然、そのバーでバイオリンを弾いてたのがクスコ=アルでね、いや、懐かしかったな。でも僕たちはNTだからね、肌を触れあえばスグに時間なんて埋められるのさ。
      ああ、誤解しないように。肌を触れあうってのはお肌の触れあい回線みたいなものさ。実際に開戦した訳じゃない。それは後日の約束。おっと下品に過ぎたね」
シャア「えぇい!それでアムロとアルティシアはどうなったのだ!?」
ハマーン「シャア!戦いながら器用な真似を!!」
シャア「あそこにいるのは女の敵なのだぞ!!」
ハマーン「お前が言えたことか!!」
シャア「えぇい!まだだ、まだ終わらんよ!!」
リボンズ「金髪さんと会えたのはもう今日になってからだよ。他の子は、特にララアとはいつでも会えるけど、金髪さんとは中々会えなくてね。でもそれぐらいの関係がいいと思っている。
      それでそのあと、強制的にこの場所に連れてこられたって訳だね。いや、いくら先読みの得意なNTとはいえ、このタイムスケジュールをこなすのは正に特技、いや絶技だね」

275 :第一回美少年&美青年コンテスト:2008/07/07(月) 06:44:38 ID:???
アムロ「インテリはいつも過激なことしかやらないんだ……」
リボンズ「さて、次は告白コーナーだっけ?ふふふ、いいよ、女の子を落としたセリフを順々に言っていくだけだからね」
アムロ「これは美少年コンテストなんだ、色男コンテストじゃないんだよ……だからもうこれ以上は……伊達じゃ済まなくなる……」





ソシエ「……コホン、それでは第一回美少年&美青年コンテスト受賞者発表!
     第三位!レイ=ザ=バレル選手!!賞金50万円!!おめでとーございまーす!!」
レイ「感謝する。このお金はギルとラウの保釈金に使いたいと思う」
シン「レイ、お前って奴は……」
ソシエ「第二位!カリス=ノーティラス選手!!賞金100万円!!おめでとーございまーす!!」
パーラ「サンキュー!サンキュー!」
ガロード「なんでパーラが受け取ってるんだよ……」
ソシエ「そして第一位!イライジャ=キール選手!!賞金300万円!!おめでとーございまーす!!」
イライジャ「まあお金はあって困るもんじゃないし、貰っておくか」
ヴェイア「なんか繰り上げで一位もらったみたいだね」
イライジャ「初セリフなのに辛辣だな、おい」
留美「それでは審査員特別賞の発表を致します……」
ジャカジャカジャカジャカジャカジャカ♪
留美「審査員特別賞、アムロ=レイ選手!!」
アムロ「……あれは花火かな?違うな、花火はもっとボワァァって光るもんな……」
ドロシー「審査員特別賞の賞金ですわ。皆さまどうぞ」

ガロード「偶にはお灸を据えないとね……ツインサテライトキャノン!!」
ドモン「話は聞かせて貰った!石破天驚拳!!ばぁぁく熱!ゴットフィンガー!!!」
キラ「やめてよね、兄さんが本気だしたら冗談ですまないに決まってるでしょ?ハイマットフルバースト!」
ヒイロ「任務了解、ツインバスタービームライフル発射」
ジュドー「アニメじゃない、ホントの事なのかよーー!!ハイメガキャノン!!」
シーブック「なぜか知らないけど10年分のいらだちを込めて、ヴェスバー!!」
シン「このアロンダイトで全てを断ち切……え?俺だけ接近戦?ちょwまw兄貴達俺ごt…」
刹那「ひっぐ…えっぐ……兄さんは…ひっく……ガンダムじゃなかった……えっぐ……」



アムロ「これだけ食らってもミンチになるだけだ……こんなに嬉しいことはな…ジュッ

276 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/07(月) 07:35:40 ID:???
乙!
オチのシンにワロタ。
キラは巻き添えじゃなくて、しっかりロックして撃ってるなw

277 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/07(月) 08:01:04 ID:???
GJ
しかしコアなキャラ多かったなww

278 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/07(月) 08:16:24 ID:???
せっかくの七夕なのに雨か…そんなことを小ネタにした。

アル「雨か…」
シュウト「雨だね…」

2人が楽しみにしていた七夕の日…天候は雨…
アル「雨じゃ仕方がないね…大人しく帰ろうか…」

バーニィ「アル…待ってろよ!俺が晴れにしてやる!」
クリス「バーニィ…その格好じゃストーカーよ」
バーニィの奮闘『宇宙、七夕の果てに…』
バーニィ「ここはやはり雲を退かせばいいんだよな」
クリス「じゃあ雲にでも攻撃したら?」

高層ビルの屋上に立つザクU改
クリス「バーニィ…無理だと思うよ」
バーニィ「俺は不可能わ可能にするんだ!」
ザクU改から雲へと炸裂弾が飛んでゆく…そして30分後

バーニィ「…無理だったか…アル…ゴメンよ」
クリス「やれやれ…(仕方がない、アムロさんに頼むか)」

アムロ「ふむ、わかった。刹那に向かわせる」
刹那「了解!ガンダムになるためにも成功させる」

バーニィ「…後はこの予備のグレネイドだけか」
クリス「(そろそろね)バーニィ、ダメ元で撃ったら?」
バーニィ「…そうだね。じゃあ撃つよ」

刹那「ザクU改の攻撃を確認。エクシア、雨雲に介入する」

バーニィ「…嘘だろ!?本当に晴れちまった!」

279 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/07(月) 08:18:10 ID:???
アル「よかった、晴れた」
シュウト「てるてる坊主が効いたのかな?」
ロラン「2人共、始めるよ。早く降りてきなさい」
2人「はぁーい」

バーニィ「しかしなんで晴れたんだろう?」
クリス「頑張ってたバーニィへのご褒美じゃないの」
バーニィ「そうしておくか」

終わり
ちょっと無理やりだった気もするが…まあいいや!

280 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/07(月) 11:20:21 ID:???
>>275
リwwボwwwンwwwwズwwwwww

281 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/07(月) 12:10:37 ID:???
>>278
おお、なんか始めてこのスレでエクシアがまともに活躍したのを見た気がする!

282 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/07(月) 13:26:06 ID:???
>>275
刹那が何気に接近戦回避してるwww

283 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/07(月) 16:47:59 ID:???
連合三馬鹿「うぜーから暴れるぜええええええぇぇぇぇ」
被害を受ける町、奴らに立ち向かう術は無いのか、と思ったその時
マイ「いくぜぇぇお前らぁぁ!!!」
ホル・ソン「了解ぃ!!!」
マイ「ヨーツンへイム!!(オーップンゲット!!)」
ソン「チェェェンジ真ヅッダァァスリィィィィ!!」ヒルドルブに変形
ソン「戦争を教えてやる。大戦車おろしぃぃぃぃぃ!!」ナパーム弾打ちまくる
ソン「ヨーツンヘイム!!」
ホル「チェェェンジ真ヅッダーツゥゥゥゥゥ!!」ズィーゴッグに変形
ホル「爺さんが言っていた(ry)エントリィィィィィ!!」ビームやらミサイルやら打ちまくり
ホル「ヨーツンヘイム!!」
マイ「チェェェンジ真ヅッダーゥワアアァァン!!!!!」ビグランクに変形
マイ「てめぇらまとめて地獄にたたき落としてやる!!
   真ヅッダーよ俺達に力を!!社員スパアアアアクッッッ!!!」
マイ・ホル・ソンと各メカの後にヅッダーエンペラーが
三馬鹿「ちくしょおおおおおおおお!!!!」

マイ「って言うのを…」
アムロ「却下!!!!!!!」


284 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/07(月) 17:05:37 ID:???
それぞれの形態のサイズが違いすぎるw

それと、マイは何で部外者のアムロに許可取ってるんだ?

285 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/07(月) 17:13:47 ID:???
1.とりあえずアムロにネタ出ししてみる
2.ヨーツンヘイム社内の企画課で発案してみる
3.ダイクン社から発売。大惨事
4.シャアが土下座会見

という一連の流れの最初の部分なのだよ

286 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/07(月) 17:17:32 ID:???
>>283
社員スパークに吹いたww

287 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/07(月) 18:57:00 ID:???
>>284
元々、ヨーツンヘイム社には新規商品を開発、販売する力がないんじゃないかな?
ヅダで言えば評価試験とかを請け負ってるツィマッド社の下請けだろう。

マイ「だから、ヅッダーの開発をラーカイラム社で…」
アムロ「ウチにもそんなトンデモメカを開発する技術力なんて無いっ!」


キャプテン「警告する。 私はガンダム家に不法侵入する者に対して、
      武装火器の使用を認められている。 直ちに撤収せよ」

カミーユ「輝き光って轟き唸るソウル・ドライブ搭載自律メカ…」
シーブック「充分トンd…ケフケフ」

ドモン「(どう考えても、DG…もとい、U細胞使えばできるよなぁ…)」

288 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/07(月) 18:57:20 ID:???
>>275
腹黒リボンズクソワロタw

アムロがミンチになるのは珍しいなw




にしても攻撃してる弟陣にウッソが入ってないな。
美少年、美青年コンテストだから来てすらいないのかな?

289 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/07(月) 19:08:41 ID:???
アムロの成れの果てにD.O.M.E.やらARチップやらアマクサ脳に加えてリボンズがいるように、
ウッソにも未来の姿があるのさ・・・
ttp://anime3.2ch.net/test/read.cgi/x3/1200034354/565-568

290 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/07(月) 20:07:45 ID:???
彼女持ちさんか不可だから出場したらシャクティに殺される
しかしシャクティも黒なので審査員はできない
コンテストの情報自体知らなかったんじゃない
しってても「男がでるコンテストなんて何が楽しいんですか!」だろう
会場が女性で満たされたのは計算外

291 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/07(月) 20:33:41 ID:???
亀だが美青年コンテストGJ
レイの一発芸禿藁wwwww
職人さんオリジナル?
長兄の解説通り笑い死ぬwwwww

292 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/07(月) 21:13:52 ID:???
アwムwロwww
兄さんはやっぱりガンダムだ!

293 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/07(月) 21:20:54 ID:???
やっぱり人間としてシャアのライバルはアムロしかいない

294 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/07(月) 21:27:48 ID:???
しっかしベルやチェーンやセイラさんやクスコ・アルは
美少年でも、美青年でも、美中年でもないアムロの
どこがいいんだろうな?

295 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/07(月) 21:33:29 ID:???
どこぞの漫画家曰く、
顔よりも女に優しくて相手に合わせた気配りが出来て、
気さくであれば下手な二枚目よりモてる、と。

その証拠に顔は悪くない筈なのにイマイチ女に縁が無いのが兄弟にいるじゃないか。

296 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/07(月) 21:36:00 ID:???
ララァもナナイも言ってたじゃないか「アムロは優しい」て
そこじゃね?

297 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/07(月) 22:36:50 ID:???
>>294
アムロの凄さは、見た目に反したハイスペック


298 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/07(月) 22:47:35 ID:???
あとは絶倫なところだろうな


299 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/07(月) 22:59:05 ID:???
ラクス「もう夏休みですねぇ」
キラ「そうだね」
ラクス「キラは夏休みはどうしますか?」
キラ「家で一日過ごしてたいかな」
ラクス「もうっ。キラったらそればっかりです」
キラ「じゃあ、ラクスと一日部屋にいたいかな」
ラクス「わ……私とっ!? そそ、それってつまり……」
キラ「ラクス?」
ラクス「き、き、キラったらまさか私と……あああ、あんなことやこんな事を? だだだ駄目! 駄目ですわ私達はまだ子供なのにそんな……っ!」
キラ「ラクス? もしもーしラクスー?」



オルバ「実に初々しいね、兄さん」
シャギア「そうだな、オルバよ。某所の彼女からは想像もできん初々しさだ。ここのキラは恵まれているな」
オルバ「…………そうでもないかもしれないよ兄さん。あちらから禍々しいオーラを感じる」


フレイ「キラったら最近私のこと忘れてるんじゃないかしら……ぶつぶつ……ぶつぶつ……」



シャギア「…………ああ、もう一人キラには彼女がいたな。オルバよ、被害を受ける前に逃げるか」
オルバ「うん、それが良策だね」

300 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/08(火) 00:19:59 ID:???
>>295
コウ「ん?」
マイ「何か呼ばれた気がしますねぇ・・・」

301 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/08(火) 00:41:07 ID:???
>>275
大名どころじゃないエロ公方ww

話題に出なかったレッドスネークの子はアムロとは何も無いのかリボンズも察知できないほど隠密にいちゃつけるのか、
単に存在が薄いのか…w

302 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/08(火) 00:56:32 ID:???
チェーン、ベル、クェス、アリョーナ、カニンガム、フラウ、クスコ、セイラ

一週間に一人ずつでも一人余るw
このエロダムめ

303 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/08(火) 00:58:49 ID:???
兄弟家に突っ込むアウドムラが!って感じが一部から漂ってくるなw

304 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/08(火) 01:07:55 ID:???
原作の話だが、フラウは違うと思う
きちんとフラウの相手をしてやっていれば
後半で疎遠になる事もなかったはず

このスレでは隠れてやっている、ということでもいいんだが

305 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/08(火) 01:10:57 ID:???
個人的な意見だが、流石に他人の奥さんに手を出すようなことはしないと思う

その一線を越えると、きっとガンダムではなくなるぞw

306 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/08(火) 01:21:46 ID:???
いや、アムロならやるね
憧れの人がマチルダさんだったし・・・

307 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/08(火) 01:22:04 ID:???
シャア「今日はロランの話ではない!玄関から堂々と入らせてもらう!」
アムロ「貴様に食わせる湯麺などない!!」
シャア「アルテイシアと籍を入れるか、アルテイシアと別れるか、どちらかを選べ!アムロ」
アムロ「貴様にそんな決定権があるなど!!」

ララア・ハマーン・レコア・クエス・ナナイ

カミーユ「まあ兄さんよりは」
ウッソ「穴兄弟……」
キャプテン「目くそ鼻くそを笑う、人のフリみて我がふりなおせ」
ジュドー「シャアの方が地雷率が高い」

308 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/08(火) 02:23:09 ID:???
マチルダに憧れてたのはまだ婚約中だってことを知らない頃だろ。
ジャブローでウッディに結婚予定だったと聞かされて、思い切りへこんでたし。

309 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/08(火) 02:31:21 ID:???
>>299
キラ逃げてー、かなり本気で逃げてー

310 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/08(火) 03:00:36 ID:???
リボンズ「みんな勘違いしないでほしい。別に全員と生殖行為をしたわけじゃない
      クェスには悩みをきいて理解するところは理解し、諭すところは諭してあげた
      そしたら彼女は感極まって啼いてしまったダケだよ
      アリョーナとはちゃんとパジャマを着て一緒のベットに寝ただけだし
      フラウとは子供達が帰ってくるまで談笑してただけさ











      その日はね」

311 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/08(火) 03:06:12 ID:???
>>309
そして裏口からラクスをお姫様抱っこしたキラがダッシュで逃げ出す、と。

312 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/08(火) 03:11:12 ID:???
>>307
シャア、寝取られまくってないか?
いや、愛想尽かされてるだけか?

313 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/08(火) 07:48:56 ID:???
>>312
ああ見えてシャアは、女より仕事を取るタイプだからな。
逃げられて悔いなし、といったところか。

314 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/08(火) 07:59:49 ID:???
一番大事な女の人ってアルテイシアだもんな、あの人

315 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/08(火) 08:01:46 ID:???
>>313
キラの体力じゃお姫様だっこで逃げるは無理そうだな…


316 :315:2008/07/08(火) 08:03:47 ID:???
アンカーミスった…>>311
すまない>>313

317 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/08(火) 09:10:43 ID:???
キラ 「シンにラクスをお姫様抱っこさせて
 ヒイロに僕を負ぶわせて2人で逃げればいいじゃないか」

ロラン 「それは2人ではないのでは・・・」

318 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/08(火) 09:21:11 ID:???
フレイ「シンくんに刹那くぅん、キラはお家にいるかなぁ?」
刹那「!」
シン「あ……はい、今はたぶん部屋にいると思いますよ」
フレイ「そぉ……ふふっ」




刹那「彼女はキラの歪みか……ガクガクブルブル」
シン「今日は血の雨がふるな……よし、ヨウランとレイ達のところに行くか」


319 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/08(火) 09:24:07 ID:???
>>310
究極の長兄ハンターになりつつあるリボンズww

320 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/08(火) 09:37:25 ID:???
留美「フレイさんにもキラさんの他によい人が見つかればよろしいのですわ」

ノリス「ではギニアスさまを!」
ハマーン「(ジュドーの兄に恩を売っておくのも悪くない)……マシュマーはどうだ?」
留美「フレイさんにも選ぶ権利はありますわ」

シン「レイ、俺達友達だよな?」
レイ「友達だから断るときは断るぞ」
シーブック「影が薄いままか、フレイの彼氏になるか、どうするドロロ……じゃなかった、ドレル」
ドレル「影の薄いままでいい」
フェルト「ティエリアも彼女つくったら?」
ティエリア「興味ない」
フェルト(やっぱり男の方が好きなんだ……)
ガロード「カリs…」
カリス「キュピーン……お断りします、ガロード」

アムロ(ジョニーさんなら……)
ジョニー「どうせ一人ぐらい増えても変わらんだろ、お前」
アムロ「邪気はゴメン被る!」

ヒイロ「ユウ、任務だ」
ユウ「………(同じ無口キャラでも、俺はお前と違って任務キャラではない)」
ヒイロ「イライジャ、依頼だ」
イライジャ「依頼を受けるかどうかの決定権はコッチにある」
ヒイロ「……任務、失敗」

321 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/08(火) 09:39:38 ID:???
>>319
D.O.M.E「当然だよ、僕たちが彼には付いてるからね」

322 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/08(火) 09:45:38 ID:???
>>317
なんという他力本願w

323 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/08(火) 10:05:34 ID:???
ラクス「で……ではまた(キラとあんなことやこんな事あんなことやこんな事……!」
キラ「うん、じゃあね」
フレイ「キイィラァァァ……?」
キラ「ひっ!」
フレイ「最近ラクスと仲がよろしいみたいだけどどうしたのかなぁ?」
キラ「へ? あ、ああ、あの、それは、その!」
フレイ「ちょっと二人の今後についてじっくり相談しましょうか……」
キラ「い、いやあああぁぁぁぁぁぁぁぁ!」



ウッソ「あれ? キラ兄さんは?」
カミーユ「キラならフレイさんと出て行ったよ」
ウッソ「ああ…………こってり搾り取られコースですか」
カミーユ「説教も兼ねて思い切り攻められてるだろうよ」

324 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/08(火) 10:07:20 ID:???
アムロ「奴らのせいだったのか!」


シャア(自分の責任は飽くまで認めないようだな)
シャア「というわけだ。私ではアムロは話を聞かん。旧友である君に任せるよ」
カイ「たしかにラー・カイム社のアムロのゴシップならいいネタだけどねえ」
シャア「裏切れないと?」
カイ「ブライトさんはね。その記事で結果的に得をするのはネオ・ジオン社だろ?」
シャア「ふ…完璧な作戦にならんとはな。だが情けないアムロに勝っても意味がない。次の作戦を考えるとしよう!」
ナナイ「ええい!ロランの家にゆかないからといっても時間を仕事に使ってくれないのでは意味が無い!」
コマンビー「私は労力が浮くぞ」

325 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/08(火) 10:33:00 ID:???
>>319
アムロvsリボンズはみてみたい

326 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/08(火) 12:07:28 ID:???
そこでMSに一緒に乗って逃げると言う発想はないのか…
あと、変態でないとはいえあれだけ黒いオーラ出してたら
NT能力持ちの兄弟かキャプテンが気づきそうなもんだけどなw

327 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/08(火) 12:25:58 ID:???
>>326
原作漫画フレイには自由召喚があるからMSで逃げようとすると原作版の自由を呼び出して撃ち落すと思うぞw

328 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/08(火) 13:29:14 ID:???
フラウもそうだけどクェスにも手を出してないと思うんだよなぁ
最近のリボンスは何か嫌だ……

329 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/08(火) 13:35:08 ID:???
アムロは自分が一年戦争時に大人の都合で犠牲になった子供だったから
大人のエゴで子供が何かされるのは良しとしない印象
本人が望んでいようがいまいが
シャアは逆に本人が望むなら遠慮なく利用する感じ
ほんと対照的な二人だ

330 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/08(火) 13:48:30 ID:???
俺も禿げしく同意だが、そこはそれ、職人さん次第と言うことでよかろ。
ちょいとキャラを貶めるネタが続いてる気もするが、ま、気にするな。

レイ「俺は気にしないようにしている」


331 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/08(火) 14:07:50 ID:???
>>326
カミーユ「関わりたくない」
アムロ「キラの問題だし」


332 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/08(火) 15:55:20 ID:???
このスレじゃ、フレイが黒化してまでキラを追う理由ってのも、実は薄っぺらいんだよなw
ただ単にキラが逃げるから追いかけるってのと、ラクスへの対抗心くらいか?

種序盤の歯牙のかけなさっぷりからすると、明らかにフレイの好みはサイなんだがw

333 :1/2:2008/07/08(火) 16:17:20 ID:???
最近『やつら』を見ない気がして寂しいんで小ネタ投下

ブライト「最近シャアの会社ずいぶん業績が上がっているようだな、株価も上昇傾向だし」
アムロ 「どうもやつが真面目に仕事をしているようだ。ナナイからもシャアの行方を
     尋ねる連絡はないし、ロランにもちょっかい掛けに来ない」
ブライト「お前そんな連絡もらってたのか・・・。まあ奴さんが大人しいのは不気味ではあるが
     悪い事ではないだろう。うちも負けていられないな」
アムロ 「そうだな」

(長兄帰宅途中)
アムロ 「ふう、今日は思ったより早く帰れたな。最近残業続きだったからありがたい」
??? 「探したよ、マイエンジェル!」
アムロ 「(ピキーン)邪気が来た!ハンマー!!・・・って」
??? 「ゴフゥッ!・・・あ・・・愛が痛いよエンジェル・・・」
アムロ 「あなたは確かアレハンドロ・小物・コーナー」
アレハン「『小物』は余計だ!おや、よく見れば君はガンダム家の長男の白い悪魔。
     おかしいな確かにエンジェルの声がしたんだが」
アムロ 「リボンズがどうかしたんですか?」
アレハン「良くぞ聞いてくれた、白い悪魔よ。じつは『いいバイトが見つかったんでしばらく留守にします。
     まぁしばらくといわず永遠にあなたの元からお暇したいんですけどね』などと
     ジョークを交えつつ言って出かけてからもう2週間もたつのだよ!
     これはエンジェルに何かあったのではと私は居ても立ってもいられなくなり夕日に映える
     私の美しいアルヴァトーレで探していたというわけだよ」
アムロ 「はぁ・・・(金色のMSに乗ってるやつってこんなのばかりなのか?)」
アレハン「というわけで、何かしらないかね?」
アムロ 「あいにくと何も」
アレハン「そうか(がっかり)。まあいい、いざとなったらアルヴァアロンを出せばリボンズなら
     きっと通信を入れてくれるはずさ。では私は忙しいのだ、これで失礼する」
アムロ 「絡まれたのは僕の方なんだがな」


334 :2/2:2008/07/08(火) 16:18:22 ID:???
つづき

アムロ 「ただいまー」
アル&シュウト「「おかえりなさーい」」
アムロ 「お、お出迎えありがとう。他の連中は?」
アル  「お肉に夢中になってる」
アムロ 「にく?」
シュウト「ナナイ、って人がお世話になってますからって前沢牛の塊もって来てくれたんだ!」
アル  「それでどうやって食べるかで今みんなで会議してる」
アムロ 「ナナイが何でまた・・・。うーんあっちと共同でやったのなんてカラバん時ぐらいだし・・・
     最近業績いいから嫌味な目的か?まさか、シャアならともかくな」

ジュドー「焼肉だ!」
ガロード「ステーキだ!」
コウ  「ステーキでもいいけど、付け合せににんじんのグラッセだけは止めてね」
ドモン 「新鮮な良い肉は生で食える!刺身だ」
キラ  「いい肉で作る肉じゃがってのもいいよね」
シーブック 「塊でもらったからね、切り落としにして牛丼ってのもいいな」
カミーユ「それならハンバーグという手も」
シン  「邪道だ!生と焼いたのを両方味わえるたたきだろここは」
シロー 「いやー張り込みになるとろくなもん食えないからな。いいときに家に居たよ」
刹那  「豚でないのなら、いい(ムスリム的な意味で)」
ヒイロ 「動物性たんぱく質の適度な摂取は良い筋肉をつけるために有効だ」
セレーネ「何でもいいけどご飯まだ〜」
ロラン 「今日のご飯はもう出来てますよ。お肉は明日の晩御飯です。一向に決まらないようなので
     メニューは主夫権限により僕が勝手に決めさせてもらいますね」

アマクサ脳 「ま、なんにしろ」
A.R.チップ「僕たちに」
D.O.M.E.「感謝してよね」
アムロ 「ほ〜、お前たちに何を感謝するのか聞かせてもらおうか」
ロラン 「あ、兄さんお帰りなさい。すみません食事出来てるんですけどまだ並べてないんです」
アムロ 「そのくらい待つさ。その前にこいつらに今度は何やらかしたのか締め上げて
     吐かせなきゃいけないからななきゃいけないからな」
D.O.M.E.「やらかしたとは人聞きが悪いな生前の僕」
A.R.チップ「そうそう、純然たる人助けさオリジナルの僕」
アマクサ脳 「そのおかげで感謝されてお礼をもらえたんだから一石二鳥だよ前世の僕」
アムロ 「その言い方やめろ。で、具体的に何をした」
アマクサ脳 「ネオ・ジオン社の人がシャアが仕事しないって嘆いてたから」
A.R.チップ「リボンズ君を派遣して」
D.O.M.E.「シャアに張り付いて発破かけてもらってる」
アムロ 「リボンズ?そうか、アレハンドロ・コーナーの言っていたバイトってこのことか。
     しかし何でリボンズなんだ?」
アマクサ脳 「サボってる自覚本人にもあるらしいから、そんな時怒られたらいやだよね」
D.O.M.E.「しかもライバルの声で」
A.R.チップ「『情けないやつっ!』とかね」
アムロ 「なるほどな・。・・・シャア、本気で情けないやつめ。ところで聞く限り、
     お前たちのおかげといえる要素は何もないわけだが」
D.O.M.E.「やだなあ生前の僕」
A.R.チップ「僕たちは同心異体じゃないかオリジナルの僕」
アマクサ脳 「リボンズも同じさ前世の僕」
アムロ 「肉だけはありがたくもらっておくが、もう帰れ・・・お前ら・・・」



335 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/08(火) 16:21:12 ID:???
GJ!
シャアの周りはドSばっかだ

336 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/08(火) 17:13:37 ID:???
金色のMSに乗ってるやつ〜にフイタw
前沢牛の刺身食べたくなった

337 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/08(火) 17:34:44 ID:???
焼肉は争奪戦が勃発する可能性が大きいため、おそらく長兄権限で無しだろう。
争奪戦に強そうなジュドーが発言してるあたり…職人さま、GJ!

スキヤキとしゃぶしゃぶを出さないあたり、かなり舌が肥えてやがるな、コイツラ。(シナプス的に)

338 :333-334:2008/07/08(火) 17:49:36 ID:???
訂正です

334 中ほど

×アムロ 「そのくらい待つさ。その前にこいつらに今度は何やらかしたのか締め上げて
       吐かせなきゃいけないからななきゃいけないからな」

○アムロ 「そのくらい待つさ。その前にこいつらに今度は何やらかしたのか締め上げて
       吐かせなきゃならないからな」


339 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/08(火) 18:03:51 ID:???
シャア「ふ、私はたかがそっくりさんごときで手の震えが
    とまらなくなる事など」(ザクグフゲルググ)
リボンズ「情けない奴」
シャア「む、私としたことが、株の目利きが衰えたのか?」
リボンズ「インテリはいつも過激な事しかしない…」
シャア「ふん、元々こんな会社明日にもつぶれそうなのだ
    これ以上の支出は控えようと思っていた所…」
リボンズ「こいつ、動くぞ」(シャアが株主止めた時点から急上昇)
シャア「む、クェスか、悪いが私は用事が…前に約束した?
    私は古い人間でな物覚えが…」
リボンズ「貴様だってNTだろうに」
シャア「この程度でやられはせんよ…何?あの会社がミネバ嬢の
   所に行っただとおのれハマーン…」(ミネバは幼女なので憎めない)
リボンズ「ホントの敵はザビ家ではないのか?」
シャア「む、空調が壊れたか、すこし外で涼んでこよう」
リボンズ「シャアめ逃げたか」

マイの(ry
その後、ダイクン社の出口から3mのところで
シャア・アズナブル氏が
いつもの三倍酷いミンチになっていた…

340 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/08(火) 18:06:20 ID:???
>>337
過去スレにそんなネタあったなW
ドモン・コウ・カミーユ・キラ・ヒイロ・シン・ガロード・ジュドー
の問題児軍団をアムロ兄さんが一つの鍋に隔離してた。
自分はロラン達とまったり食ってたな

341 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/08(火) 18:22:59 ID:???
ステラ「シンの家、やきにく?」
シン「うん。色々あってさ」
ステラ「やきにく……(うるうる」
シン「うぐっ! ス……ステラも食べたい?」
ステラ「うん……だめ?(うるうる」
シン「だ、だ……だめなもんか! ステラのお肉だって俺が守ってやるから!」
マユ「お兄ちゃん、私もやきにく行って良い?」
シン「かはっ……! だ、駄目なもんか……マユの焼肉だって守ってやるさ……」
マユ「やったぁ! 一緒だねステラおねえちゃん♪」
ステラ「うぇ〜い♪」



スティング「離せ! 離しやがれアウル! アイツの肉を取ってやるのは俺の役目だぁぁぁぁ!」
アウル「落ち着けってスティング。たかが焼肉じゃん。目くじら立てんなって」
スティング「離せぇぇぇ!」

342 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/08(火) 18:29:40 ID:???
シンがマユとステラの肉を死守するのか……頑張れお兄ちゃん

343 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/08(火) 18:32:50 ID:???
こういう時に限ってデュバルさん暴走
事後処理でうちに帰れず、焼肉にありつけなかったマイ。というのを幻視した

344 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/08(火) 18:48:57 ID:???
アル「アムロ兄さん〜ちょっと相談があるんだけど」
アムロ「む?なんだい、言ってごらん」
アル「最近メイちゃんとドロシーが喧嘩してるんだ」
アムロ「ふむ、何が原因なんだい?」
アル「よくわからないけど僕と遊ぶ資格って言ってたよ」
アムロ「………(アル…お前も俺の兄弟なんだな)」
アル「とにかく何とか解決したいんだ」
アムロ「わかった、俺が少し助言してこよう」
アル「アムロ兄さんありがとう」

ドロシー「アルの事をよく知らないあなたには無理よ!」
メイ「でもあなたよりもアル君の好きなことには詳しいわよ!」

アムロ「ちょっといいかな?」
2人「あ、アル(君)のお兄さん。こんにちは」
アムロ「君たち、アルが好きな女の子ってどんなタイプだかわかるかい?」
2人「えっ…わからないです」
アムロ「それはね…相手のことを傷つけない女の子だよ」
2人「あっ!!」
アムロ「まあ、僕もそんな女性が好きなんだ」
ドロシー「…ごめんね」
メイ「こっちこそ…ごめんなさい」
アムロ「じゃあ僕は帰るよ」
2人「あっ…ありがとうございました」

後日
アル「最近2人が仲がよくなったんだ」
アムロ「そうかい、よかったな」

オマケ編にいけるか?

345 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/08(火) 18:53:10 ID:???
さすが兄さん、弟の修羅場をあっさりと解決してしまう、そこに痺れる憧れるゥ!

346 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/08(火) 18:58:01 ID:???
>>339
このリボンズって、台本読んでるだけなんだよな、たぶん……
それでいいように使われるシャアも哀れだ

347 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/08(火) 19:04:29 ID:???
>>332
スレ初期からの慣例です
当時放映中だった種の内容を取り入れて独自解釈されたらああなった

348 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/08(火) 19:13:03 ID:???
>>334
ロンド「ほう、私も変態の類と申すか」
ビーチャ「百式ユーザーはグラサンかけた変態だけじゃねーんだぞ!」

349 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/08(火) 19:14:38 ID:???
>>333だった・・・
迂闊なアンカーミスは死に繋がる・・・

350 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/08(火) 19:15:19 ID:???
>>344
メイって誰?
メイ・カーウィン?

351 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/08(火) 19:36:48 ID:???
>>350
少し前にアルと仲良くなったネタがあったはずだ。
警察署見学と遊園地だったかな?

352 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/08(火) 19:48:19 ID:???
数少ない小学生面子だしな>メイ
そう言えばキッドは10歳のわりに同世代と遊んでる印象薄いな

353 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/08(火) 19:55:27 ID:???
メイって14歳じゃなかったっけ
クェスと同じ歳でウッソよりひとつ上
中学生たちもなかなかやかましい日常を送っていそうだ

354 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/08(火) 20:15:28 ID:???
>>352
10歳だったの!?
嘘だッ!

12、3歳かと思ってたのに・・・

355 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/08(火) 20:16:51 ID:???
ジュドー・ガロード・・ティファ・シャングリラチルドレン組・フェルトあたりか<中学生

356 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/08(火) 20:28:12 ID:???
Xのキッドは13歳だったような……
あとトビアが13歳かな

357 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/08(火) 20:32:50 ID:???
ミネバの歳が判りません!
このスレじゃ10歳程度っぽいけど・・・?

358 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/08(火) 20:39:41 ID:???
アムロは独特のフェロモンでも出してるのですか?
15歳のときだけでもフラウはまだいいとして、ハモン、セイラ、マチルダ、ララァ、クスコ・アル、ユウリ等から好意(又はそれに準ずるモノ)をもたれている。

とくに、ユウリなんか幼女の頃に「大丈夫かい?」と声を掛けただけのニアミスで憧れて追っかけパイロットになるほど。


ロラン「当時の兄さんは母性本能をくすぐりましたから…(ビキビキ」

359 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/08(火) 20:41:34 ID:???
おくるみでゼナに抱かれてたから、一年戦争当時で新生児と思われ。
Zの頃で8歳前後、CCAだと13〜14くらい?


360 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/08(火) 20:53:51 ID:???
プルにも出会った瞬間気に入られるアムロ


よくアクシズ一家ネタを書いてる人だけど、なんとなくミネバ≧プル≧プルツーかな、と思って書いている
プル≧プルツー>ミネバかもしれないけど、その場合は年齢差ではなく血筋の差でミネバが最年長扱いを受けている、ということで

361 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/08(火) 20:55:52 ID:???
>>538
待てロラン、お前当時いくつだったんだよw

362 :ヨーツンヘイム社の危機 1/11:2008/07/08(火) 20:59:14 ID:???
ナナイ「赤字です」
シャア「ああ……そうだな……」

ダイクン社の社長室。
スクリーンに表示された収支状況の折れ線グラフに厳しい視線を投げかけているのは秘書室長のナナイ・ミゲル、
同じくうつろな視線を宙にさまよわせているのが社長であるシャア・アズナブル、本名キャスバル・ダイクン。
秘書見習いの中学生アルバイト、クェス・パラヤはスクリーンに目を向ける事もなく、
シャアの顔を見てニヤニヤ笑みを浮かべたり、ナナイに嫌な顔を向けられるとぷいっと視線を外している。

ナナイ「赤字ですから、どうにかしなければいけません」
シャア「まあ、普通はそうだろうな……」

シャアの声は、明らかに気乗りがしていない。
この話題から逃げたいという内心が、ニュータイプのクェスにははっきりと感じ取れるし、顔に出ているのでナナイにも見え見えである。
ダイクン社に取っても無視できない赤字を出している一部門とは、先日新型モビルスーツを売り込んできて子会社となった
ヨーツンヘイム社の事であった。

363 :ヨーツンヘイム社の危機 2/11:2008/07/08(火) 21:00:03 ID:???
シャア「しかしだな、一応経営改善の努力は認められるのだ」

ナナイの視線に、シャアは一応の反論を試みた。

シャア「先月、モビルスーツの生産に一本化させるために人間大砲ヨルムンガンドの生産中止指示を受け入れさせたところなのだ。
    生産中止にしたとたんプレミアが付いたらしく、在庫も全部はけたようだし」
ナナイ「あれを買っていく人間がいたんですか……」
シャア「ぢをん体育大と附属幼稚園、それとガンダムファイト国際委員会が大口で購入したようだ。
    使わなくなったズゴックを改修して軌道上から大気圏突入ジェットコースター
    『オペレーション・メテオストライク』はなかなかうまく行ったじゃないか、大事故も出さなかったし」
ナナイ「マフティーを名乗るテロリストが襲ってきた事件がありましたが」
シャア「偶然乗り合わせたハサウェイ君が解決してくれて助かったな、あれは。
    そうそう、これまでボールが完全に市場を支配していたモビルポッド部門にオッゴが切り込んでかなりの成果を上げている。
    ボールはサラミスの外にケーブルでくくりつけておくだけだったが、オッゴはビグ・ラングできちんと管理ができるのが
    大きいな。省エネのためにモビルスーツ通勤から切り替える会社も出てきた」
ナナイ「確かにオッゴの売り上げは認めましょう。が……」

ナナイの顔が一際厳しくなる。それを見たクェスがクスクス笑いを忍ばせる。
明らかに一番言いたくない話題を避けたがっているシャアと、本題に入るナナイ。

364 :ヨーツンヘイム社の危機 3/11:2008/07/08(火) 21:01:49 ID:???
ナナイ「ヅダの被害額が大きすぎるのです」
シャア「うわあああああああ」

大声をあげ、耳を両手でふさいで聞こえないようにして机に突っ伏すシャア。
こんな場面をアムロが見たらどう思うだろうか。

シャア「ちゃんと安全基準を満たして販売しているのに勝手に違法改造する消費者が悪いんだぁぁぁ
    どうして違法改造機の損害補償まで会社が請け負ってリコールまでしなきゃいけないんだぁぁぁぁ」

ヅダの損害というのは、実は売り上げの事ではなかった。売り上げだけなら意外に悪くない成績を出している。
多発する空中分解の損害賠償がヨーツンヘイム社の売り上げを大きく超える額にのぼっていたのである。
その責任が開発元のヨーツンヘイム社ではなく、販売に名前と流通ルートを貸しているだけのダイクン社にかかっていたのだ。

ナナイ「世間の視線は厳しいですから。
    ダイクン社はどうしてヨーツンヘイム社の製品を売っているのだと株主からも突き上げが来ています」
シャア「だ……だから、ヨルムンガンドは生産停止させたし在庫も売れたし、オッゴは売れ行き好調だし……」
ナナイ「切りましょう。赤字の子会社はすっぱりと」
シャア「ああああああああ」

再びシャアは悲鳴を上げる。ようやく、話の要点に辿り着いた。

365 :ヨーツンヘイム社の危機 4/11:2008/07/08(火) 21:03:19 ID:???
シャア「今ヨーツンヘイム社との取引を停止してみろ、同業他社にヅダを売るためのアピールと称して
    私の専用ザクがヅダとのスピード耐久試験で負けたビデオを他社に持ち込むに決まっている!
    そんな事になったら赤い彗星シャア・アズナブルの威厳が今度こそ完全に壊滅してしまう!
    もしラーカイラム社にでもあのビデオが渡ったら私は破滅だぁぁぁぁぁ」

ナナイ(このスレではとっくの昔に壊滅済みです)
クェス(威厳保ちたいんだったらロランにつきまとわなきゃいいのに)
ララァ(私に気付いてもくれなくて、ニュータイプの出来損ないと言われてますよ……)

次々に心の中でツッコミを食らうシャア。口に出して言わないのはせめてもの慈悲というやつである。
しばらく机に突っ伏して泣きわめいていたが、やがてシャアも気を取り直した。

シャア「……仕方がない。ジオニック社に、高機動型ザクの値引き交渉を持ちかけよう。
    ヅダの値段はザクよりは高いが、高機動型ザクやゲルググよりは安い。
    若い購買層が、普及品のザクよりは一段上の性能をと考えた時に、ヅダが人気商品になっているからな。
    高機動型ザクの値段をヅダ並みにすればヅダの人気も下がるはずだ」
クェス「駄目だと思うよ〜、そんなの」

やっとのことでシャアが考えを出したものの、あっさりと横から口を出してきたクェスに否定される。
中学生の秘書見習いアルバイトの分際で社長に偉そうな態度を、という顔でナナイが睨み付けるが
シャアはクェスに悪い顔はしない。

366 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/08(火) 21:04:21 ID:???
>>358
ロランおちつけ、アムロ兄さんからコナをかけたのはほとんどいねーw
せいぜいマチルダさんにカッコイイとこ見せようと張り切ったくらいで、
モーションなら写真をせがんだカイの方がよっぽどはっきりしている。

シャギア「と、言うか…ディアナ、キエル、ソシエ、フラン、テテス、
     ドナ・ロロイ…」
オルバ「メシェーも一時期いい雰囲気だったね、兄さん」
シャギア「彼女はソシエ嬢に遠慮して、すぐに身を引いたからな」
オルバ「なるほど、なるほど…ああ、そういえば、月で双子のメカニックと
    仲良くしていなかったかい? ロラン・セアック」
ロラン「………(滝汗」
シャギア「まあ、そう言う訳だ。 あまり兄上のプライバシーに干渉するのは
     どうかと思うな」
オルバ「そうだね、兄さん。 少なくとも、誰かさんと同じ位には誠意のある
    お付き合いだったみたいだし」
シャギア「…時に、オルバよ。 今夜は和食が食べたいと思うのだが、どうだ?」
オルバ「いいね兄さん。 薄味のさっぱりしたものがいいな」

367 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/08(火) 21:04:28 ID:???
マスターグレードについて兄弟が一言
アムロ「MGガンダムver2.0はほんとよく動くな…」
セレーネ「スウェンの機体はMG化しているのに何故…」
シロー「陸ガンもEz8も悪くはないが古さが隠せないな…」
ドモン「俺もそろそろ俺のガンダムのver2.0が欲しい…」
コウ「俺もそう思いますね…こっちは初期のMGですよ…」
カミーユ「Mk2ver2.0は★マーク付いてるやつを買った方がいいぞみんな!
     あとΖver2.0はロック機構の関係で関節が固いから力を入れすぎて壊すなよ!」
シーブック「F91は組みにくいぞホント…」
ロラン「100体目にホワイトドールが選ばれたのはまさに奇跡でした…」
キラ「フリーダムの胴長はどうにかならないの…?」
シン「やっと全機出たか…」
刹那「1/100エクシアの出来がものすごくいいから今は満足だがアムロ兄さんのようにMGが出てこそ真のガンダムだ」
ヒイロ「TV版ゼロと無印ウィングはまだか…」
ガロード「MG化した機体自体ないんだが…」
ジュドー「ZZver2.0出してくれよ…」
ウッソ「兄さん方はまだ可能性があるからいい方ですよ、
    僕のVやV2は変形機構と小ささの関係で完全変形とプロポの両立困難だからMG化絶望的ですよ…」
アル「ジオン系MSが多いのは嬉しいけどFZザクはまだ…?」


368 :ヨーツンヘイム社の危機 4/11:2008/07/08(火) 21:04:42 ID:???
クェス「だってさ、アタシたちから見るとザクに乗ってるってだけで根性無し決定だもん。
    ヅダ使う勇気ないの?って、さ」

専用のニュータイプ用モビルスーツをシャアに買ってもらっているので、自分のことは棚に上げて言いたいことを言う。

シャア「そんなにザクは駄目なのか?一番普及している機体じゃないか」
クェス「だから、だって。ザクとかジムとか乗ってる奴って、そーゆー奴なのね、としか思わないもん。
    やっぱ高機動型とか変形とかスーパーモードとかファンネルとか、なんかないとダメでしょ?
    あと自分で改造できるやつ。自分だけのカスタム機って憧れるじゃない?」
ナナイ(中二病……)
クェス(中二だもん☆)
   「でさ、そういうのってやっぱ高いんだよね。
    自分でカスタマイズできるっていうやつ、F90とかGユニットとか、どう組み替えても根本的にダサイし」
C.A.チップ「ダサイって言うなー!」
クェス「ダサイ。1号機もダサイけど、それよりもっとダサイ」
C.A.チップ「ぐすぐす。えぐっえぐっ」
クェス「で、そういうことで、ヅダってちょうどいいんだよね。アタシたちのお小遣いでも買える値段だし」
シャア「ザクに高機動型パーツとかザクキャノン改造パーツとかザクマインレイヤー改造パーツとかじゃ駄目か?」
クェス「だってザクだよ?どうしたって優等生がママに買ってもらいました、って感じが抜けないんだもん」
ナナイ(不良学生が男に貢いでもらったのはいいのか……)
クェス(勝手に買ってくれたんだもん☆)
シャア(アルは優等生だからなぁ。やっぱり不良娘とは趣味が違うんだな)

369 :ヨーツンヘイム社の危機 6/11:2008/07/08(火) 21:06:35 ID:???
クェス「じゃ、その実例を見せてあげようかな」

おもむろに携帯を取りだし、どこかに電話をしていくクェス。通話の相手は同じ社員のギュネイである。
中学生という年齢ではないが、若者のリサーチという意味ではある。

ギュネイ『もしもし』
クェス「もしもしギュネイ?会社終わったらさ、一緒にドライブ行かない?」
ギュネイ『え……!い、いいのかクェス!?』
クェス「うん、倉庫に置いてあるヅダのリミッター外して、どーん!って飛ばそうよ」
ギュネイ『……………………それ、やらなきゃ駄目か?』
クェス「ダメ」
ギュネイ『あ、あのさ、仮にも社員が違法改造機使ったらまずいって、その空中分解が怖いって意味じゃなくてさ、社会的道義的に』
クェス「ふぅ〜ん…… だったらいいわ?ハサウェイに頼んで、クスィーガンダムに載せてってもらうから」
ギュネイ『わ、分かった、ヅダで行くから。でも制限速度はきちんと守って』
クェス「ヅダに乗ってて制限速度守る奴ってこの世にいるの?」
ギュネイ『う……ううっ……。分かったよ……』

二人の会話は部屋にいるシャアたちにも聞こえるようにされていた。
ヅダがどういう評価を受けているか、本音の部分ではこういう扱いなのだ。

シャア(ギュネイも不憫な奴だ……)
ナナイ(ヨーツンヘイム社の前にこの娘を解雇できないのかしら……)

370 :ヨーツンヘイム社の危機 7/11:2008/07/08(火) 21:07:37 ID:???
シャア「もはや最後の手段だ。直談判しかない」
ナナイ「社長の個人的な弱みを握られて脅迫されているようなものですからね……」

シャアは机に備え付けられている電話機を手に取り、ヨーツンヘイム社にダイヤルを回した。

マイ『はい、ヨーツンヘイム社です』
シャア「ダイクン社のシャアだ。社長をお願いしたい」
マイ『社長ですね、しばらくお待ちください』



マイ「社長、ダイクン社のシャア社長からお電話です」
プロホノウ「ダイクン社から?」
ワシヤ「それってまさか」
ソンネン「ヘッ……いよいよ提携打ち切りかい?」
マイ「かなり無茶なことしてますからね、うちは。あながちありえない話では」
デュバル「ジオニック社の(r」
ホルバイン「エントリィィィィィィィィ」
カスペン「待て、まだそうと決まったわけではない!」
プロホノウ「とにかく、相手の話を聞いてからだ……」
モニク「頼みますよ」

息を飲む社員たちが見守る中、プロホノウ社長が受話器を取る。

371 :ヨーツンヘイム社の危機 8/11:2008/07/08(火) 21:08:30 ID:???
プロホノウ「もしもし、マルティン・プロホノウです」
シャア『突然お伺いして申し訳ない。実はヅダの安全性についての話なのだが』
プロホノウ「はい」
シャア『薄々察してくれているとは思うが、世間からの信頼が損なわれている。
    我が社でも対案を検討してみたが、そちらで解決できればそれに越した事はないのだが』
プロホノウ「そうですな……」

プロホノウ社長は、モビルスーツ開発部ヅダ課のトップであるデュバル課長の顔をちらりと見た。デュバルの顔色はやはり悪い。
続いてマイに視線を送ると、申し訳なさそうな顔で首を横に振るマイの顔が見えた。
いろいろ努力はしているが、やはりヅダの欠陥は根本的に改善しようがない。安全運転を心がけてくれるのを祈るしかないのだ。
ヅダを愛用する少年たちの考えはクェスが言っていた通り、正反対の暴走志向なのだが……。

プロホノウ「我が社の基準では、ヅダの安全性は確保されているつもりです。
      問題は利用者が不正に改造を行うことにあるのではありませんか」

ヨーツンヘイム社の社長の立場として、ヅダに欠陥ありと認める事はできない。
だが、それはシャアが一般世間や、ヅダの危険性を面白おかしく煽り立てるマスコミに言いたい事であった。
シャアの口調は、明らかに不機嫌なものに変わる。

シャア『安全運転キャンペーンでもすれば、それで収まるものと考えているのかね』
プロホノウ「改造機でなくとも、最高のチューンナップを施したザクよりも優れている事が世間に分かってもらえれば
      違法改造機は減少すると考えますが」

すなわち、シャア専用ザクが空中分解したビデオをマスコミ各社に送りつけるという脅迫である。
電話機の向こうからの返事は、しばらくの間なかった。
不気味な沈黙がヨーツンヘイム社に漂い、社員たちは緊張した顔を見合わせた。

372 :ヨーツンヘイム社の危機 9/11:2008/07/08(火) 21:09:13 ID:???
プロホノウ「もしもし、シャア社長。もしもし?」
ナナイ『もしもし、お電話替わりました。社長は部屋の隅で丸まって女子学生に泣きついてます』
プロホノウ「はあ……」
ナナイ『あ、蹴り転がされてます。それはともかく』
プロホノウ「はい」
ナナイ『安全性を証明するために、ザクと性能を競うという話は承りました。
    安全性、耐久性を示すために最も印象的な映像と言えば、やはり模擬戦闘が一番だと思います』

ナナイもさるものである。スピード競争のビデオは使わせない、と暗に伝えている。
そして戦闘は機体の性能だけではなく、パイロットの技量も大きく影響するのである。
そのテストでヅダが敗北すればビデオの件を相殺にできる。従ってヨーツンヘイム社を切れる。
ヨーツンヘイム社で最高のパイロットと言うと、デュバルかカスペンかソンネンか。
アルバイトとしてよく勤務しているトロワ・バートンが現れたとしても、ダイクン社には絶対の自信がある。
なぜなら、あの赤い彗星シャア・アズナブルがいるのだから。アムロやハマーンでもない限り負けるはずがない。
スピード競争で見事に敗北したという事実はこの際忘れる事にする。

ナナイ『実験の日時は後日連絡いたします。それでは』
プロホノウ「分かりました」

電話が切れると、プロホノウ社長は深く溜息を付いた。

373 :ヨーツンヘイム社の危機 10/11:2008/07/08(火) 21:10:23 ID:???
シャア「直接対決というわけか……あちらが用意できるパイロットはトロワかヒイロぐらいだろうな」
ナナイ「社長が直接出ますか?」
シャア「いや、いい考えが浮かんだ。マシュマー・セロのザクV改を臨時に雇おう。
    クィン・マンサが手も足も出なかった化け物だぞ、あれは。
    ハマーンのブロマイドでも渡せば一発でハイパーモードになってくれるだろう」
ナナイ「もうちょっとまともな助っ人はいないんですか……」
シャア「Gジェネレーション社が企画書を持ってきたザク50を本当に採用してやるか……あの超兵器ならヅダぐらい……」
ナナイ「あれをザクと言い張るなら、ザクタンカーがザクの仲間に入ってしまいますよ」
シャア「むむう……。よし、あの手で行こう。
    もしもし、マリ少尉か。赤い彗星のひとだが、1日ザクで倒して欲しい相手が…… うっ」
ナナイ「どうしました」
シャア「声に邪念があるから偽物だと言われて切られてしまった」
ナナイ(本体が邪念だらけだから、別人格の「赤い彗星のひと」が生まれるのかしら)
シャア「ならば最後の手段……」

さらに電話機に手をかけた瞬間、轟音と共にダイクン社の社屋の壁に攻撃が仕掛けられた。

ナナイ「な、なんです!?」
シャア「これはビーム矢文! モビルスーツを出せ、矢文を開いてみろ」

ギュネイ「『お主の依頼と言えど此度の件は引き受けかねる リョウガ』  ……だそうです」
シャア「フフッ、さすがはGよ。読みが早いわ……」
クェス「口調変わってるよ、大佐」

リョウガ(「ザクの影忍」など話にもならぬ……!)

374 :ヨーツンヘイム社の危機 11/11:2008/07/08(火) 21:11:11 ID:???
翌朝、ガンダム家食卓

シロー「『若者の暴走止まらず 連日のヅダ空中分解』か……くそっ……」
ジュドー「おはよー。それ、昨日の夜のやつ?」
シロー「おはよう、ジュドー。
    それだよ……。 『違法改造による速度軽減装置の不具合が原因と見られ』……
    『大破した機体からは、搭乗者のギュネイ・ガス君とクェス・パラヤさんが遺体で発見され』……
    どうして若い奴は命の大事さが分からないんだ!
    暴走族なんかやってても身になる事なんか何一つ……」
ジュドー「あー、やっぱそれね。昨日ネットで思いっきり盛り上がってたよ」
シロー「どういう事だ?言いたくないが、ヅダの爆発事故なんてもう珍しくもないじゃないか」
ジュドー「だってさ、社員がリミッター外して運転してたんだぜ?
     もう、リミッター外す方がデフォって会社が認めたようなものじゃん」
マイ「おはようございます。それだと困るんですけどね、こちらとしては……」
シロー「やあ、おはよう。どうにかならないのか、ヅダは」
マイ「リミッターを外していない機体の事故率は他のモビルスーツと変わりませんよ。
   安全運転を心がけてくれれば……」
ジュドー「そう言うけどさ、ヅダ改造wiki見るといろんなのあるぜ〜?
     理論上亜光速まで加速可能なV2ヅダアサルトバスターとか」
ウッソ「あ、それ僕が投稿したやつですね」
シロー「こらっ!」
ウッソ「ま、待ってくださいよ、ヅダに光の翼とアサルトパーツとバスターパーツくっつけただけで
    本当に亜光速のスピードが出るわけないじゃないですか。ギャグですよギャグ」
シロー「若い奴は冗談と本気の区別も付かないんだぞ……!そのおかげで若い命を無駄にするなんて……!」
ウッソ(シロー兄さんが大真面目に考えすぎですよ)
マイ(とは言え……これは本格的にまずいかもしれませんねぇ……)

375 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/08(火) 21:18:49 ID:???
>>374
次の日には復活してるから、命の大事さなんて分かりっこないと思うがw

376 :366:2008/07/08(火) 21:27:09 ID:???
職人様、お話を楽しんでた方々、割り込み、すまん。<(_ _)>

そしてなにやら丁々発止のビジネスドラマをありがとう!

377 :ヨーツンヘイム社の危機:2008/07/08(火) 22:04:11 ID:???
・規制であとがきだけ書き込めませんでした(汗)
 ここまで前半です。前スレ354-358の続きです。直接対決は次回。
・ツィマッド社の下請けだったヨーツンヘイム社がヅダの開発、
 新しく親会社になったダイクン社が販売をしています。
・シャアの経営する会社の名前が「ダイクン社」です。
 職人さんによってはネオジオン社とかレウルーラ社とか
 別の名前の時がありますが気にしないでください。
・ヨルムンガンドの生産中止
 →原作でシャアザクに追い抜かれた場面のパロディです。
 また出したければ「注文客が増えたので生産再開した」で進めてください。
・オッゴの健闘
 →ヅダより売り上げ良さそうですよね、あれ。
・ヅダの損害額
 →桃鉄でよくある、収益はあるけどマイナスイベントがきつい物件をイメージしています。
・兄弟家にA.R.チップが居着いてるので、シャアの執務室にC.A.チップを出してみました。
・ヨーツンヘイム社のライバル役として同業のトンデモメカ開発企業
 Gジェネレーション社を名前だけ登場させてみました。
 後日出てくるかは未定です。とりあえず後半部分では出ません。
・次回で対決となるザク代表パイロット、ヅダ代表パイロットを誰にするかまだ決まってません(汗)
 ネタがあれば出してみてください。無責任で済みません……

378 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/08(火) 22:13:28 ID:???
>>377
アクトザク乗りのマレット・サンギーヌとか
ディアッカとか

ヅダのほうは、ゼクスとかトレーズはどうだ?(トールギス乗り)
ロザミィとかヤザンもありか?(ギャプラン乗り)


379 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/08(火) 22:23:54 ID:???
>>348
ロンドは弟の方は変態気味だし、
ビーチャは変態度はともかく、自分のためならエルも乗ってるアーガマごとアクシズに売り飛ばそうとし、
グレミーに狙われたら味方のルーを盾にするド外道だな。

380 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/08(火) 22:34:27 ID:???
ゲラートという、専用のザクTでガンダム落としたやつもいるぞ

381 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/08(火) 22:43:38 ID:???
>>377
乙でした。あとがきいらんと思う。
パイロットは旧ザクでガンダム六号機を倒したゲラートさんとか。マイナー過ぎるな・・・

382 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/08(火) 22:59:27 ID:???
>>358
その程度でフェロモンって言ってもなあ。
ウッソだって自分の命を軽んじるほど愛されてるんだぜ。

383 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/08(火) 23:16:39 ID:???
上の作品見てて突発的に思いついたので書いてみる。

ザラ社

パトリック「……以上が今回の企画ですか。」
クルーゼ「開発部も、それなりの考えがあって提出をしてきたのでしょう。」
ユウキ「しかし、これはあまりにも露骨過ぎでは……?」
クルーゼ「何を言う?あれはダイクン社の商品だが、特許をとった登録商標ではない。」
ユウキ「ですが、スペックや性能は確かに優れていますし、
    うちはエコ(核ではなくバッテリーを使っているってことでw)に
    気を使っているので、そこで差別化は出来ると思いますが……」
パトリック「ゲイツで失敗した今の我が社が、今のところこれに変わる商品を用意できるのかね?
      アレはザラ社期待の新型と触れ込んでいたのだが、
      アズラエル社のダガーに同じような性能でコストで大きく差をつけられ、
      知っての通り、今我が社は存亡の危機だ。」
ユウキ「しかし……だからと言って、何もダイクン社の製品を真似た商品を出すのは……」
クルーゼ「では、一つ聞かせて頂きたい。
     現状、フリーダムのコストを大きく下げ、エコをうたい文句として
     売り出そうとしていると聞きますが、如何せん乗り手を選ぶフリーダムに
     どれだけの収益率が見込めるとお考えなのでしょうか?」
ユウキ「ですが……。」
パトリック「もう良い。ユウキ、お前の心配も判らないではない。
      だが、最終的に商品の価値はお客様が決める事だ。」
クルーゼ「私達のお客様は常連(コーディネイター)が多い。
     ゲイツやフリーダムで失った信頼だ、今度はパクリかと蔑み、失望する者もいるだろう。
     その言葉攻めはあえて受け入れよう、だが、その雪辱は商品の質で払拭するのだ。
     確かな品質と出来うる限りの安定した価格で提供し、そのよさが分かれば、
     口コミから自然と悪評は消えていくはずだ。」
パトリック「……クルーゼの言うとおりだ。商品の質で勝負しよう。」
ユウキ「分かりました、社長。」

こうしてザラ社は、新型MS、ザクウォーリアの発売に踏み切った。

シャア「ええい、ヨーツンヘイム社の事でかなり足元が緩んだと言うのに!」
ナナイ「ヅダでだいぶ信用を失いましたからね、
    エコロジーで品質も確かなザクウォーリアは、
    若者向けの我が社の主力とは購買層こそ違いますが、
    些か軽視できるものではないかと。」
シャア「だが、それを打開する手段がまるで思いつかん。」
リボンズ「人の英知は、そんなものだって乗り越えられる!」
シャア「だったら、今すぐ私に英知を授けて見せろ!」

384 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/08(火) 23:24:46 ID:???
ネオ・ジオン社はモビルシズンのザコソルジャーの売り上げがほぼ独占も良いところの黒字だろ

385 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/08(火) 23:30:10 ID:???
GJ、ビジネスネタがあっという間に出てくるこのスレは見てる人の平均年齢高そうだ。
だけど特許・商標で訴えられるのを避けたつもりでも意匠権(デザイン)で引っかからないか?
(商標も「ザク」をつける時点でやばそうだけど)

緑ザコ「我らはSDだけど差別化のためにザクじゃなくてザコを名乗るザコ!」
黄ザコ「ザラ社もザコウォーリアーにしておけば大丈夫ザコ!」
赤ザコ「グフ・イグナイテッドはどうなるザコ!」
緑ザコ「0時の方向から12時の方向へ受け流すザコ!」
黄ザコ「ヅダもOEMでヅラにして売れば大丈夫ザコ!」
アスラン「誰がヅラだー!」

386 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/08(火) 23:36:14 ID:???
ザクウォーリア
商標問題で訴訟されるぞ

387 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/08(火) 23:51:37 ID:???
シャア「商標を『旧ザク』『ザク』から『ザクT』『ザクUJ型』『ザクUF型』に変えたのは失敗だった……」
ナナイ「どうして古い商標をそのまま取っておかなかったんですか」

388 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/09(水) 00:00:37 ID:???
>383
さり気なくリボンズがまだバイトしてるw

389 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/09(水) 00:11:36 ID:???
とうとうシャアもマリナと同じ生活か

390 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/09(水) 00:13:59 ID:???
大丈夫だよ
シャアが路頭に迷ったら、アムロ兄さんがツンデレながら助けてくれるから

391 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/09(水) 00:17:34 ID:???
っていうかシャアって0とか少数から生み出すのは得意だけど(エゥーゴ、ネオジオン)
そっから増やすのは得意じゃない?

392 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/09(水) 00:33:24 ID:???
未知数

393 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/09(水) 00:36:48 ID:???
素質的には大きな組織のリーダーもいけるんだろうけど、本人が陣頭指揮大好きな人だからなあ。

394 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/09(水) 00:49:38 ID:???
まあ、後書無かったら前後編かわからなかったし。
格闘ならククルス・ドアンが最強だろう

395 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/09(水) 01:18:01 ID:???
>>385
ザコ「青と黄はともかく、赤ザコって言うと、コマンダー様のスペアボディみたいザコ。
   ちょっと前の職人さんが書いてたみたいに、『ザコ赤』ってした方がいいと思うザコ」

396 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/09(水) 01:25:56 ID:???
マリナ「MS開発……」
シーリン「分かってると思うけどアザディスタンにはMSを作る資本も資源も何もないわよ」
マリナ「わ、分かってます!」
シーリン「……ふっ」
マリナ「ふっ、て! なんですか今の、ふっ、て〜〜!(涙」
シーリン「別にぃ?」
マリナ「うぅぅ〜……」

397 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/09(水) 01:32:17 ID:???
>>383
>その雪辱は商品の質で払拭するのだ
正しくは「その雪辱は商品の質で果たすのだ」だな。
まさに「汚名挽回」ではないか。

398 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/09(水) 01:36:52 ID:???
>>384
ザコソルジャーは愛嬌はあるが、まるで役に立たない・・・
シチズンジムは無愛想だが、そつなく仕事をこなす
この違いで棲み分けが出来てると思われる


399 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/09(水) 08:09:22 ID:???
ザコソルジャーはイベント会場や売り子なんかで大活躍してそうだな。
シチズンジムはオフィス用か。

400 :うんこ:2008/07/09(水) 09:22:12 ID:???
ウッソ「全アニメの元祖男版ツンデレってカミーユ兄さん?」
カミーユ「なっ、何で僕なんだ!?」
アムロ「カミーユはどちらかというと元祖ヤンデレだな」
アル「うん」
アムロ「男ならやっぱり巨人の星の父親なんじゃないか?」
ヒイロ「どうでもいいな」
ロラン「どうでもいいですね」


シロー「…いや別にいいんだけどな」
コウ「何が?」
アムロ「……あぁ、お前達…」
コウ「えっ?」

401 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/09(水) 09:41:02 ID:???
>>398
ザコソルジャー(ペット)
ドーガボマー(仕事)

ネオジオン社の圧勝

402 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/09(水) 11:26:00 ID:???
>>360
プルとアムロって
会ったことあるっけ?

403 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/09(水) 11:51:27 ID:???
>>402
小説版で。
小説版アムロ、テレビ版カミーユのどちらもジュドーより対応がいいんだ……。

404 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/09(水) 12:27:11 ID:???
なんかスパロボZのようだな
ジュドーが

405 :視野を広げて狭めてカオスって 1/2:2008/07/09(水) 12:49:55 ID:???
ルルーシュ『ナナリィィィイイイ!!』

アムロ「ん? 何だ、テレビの声か…刹那、これはなんてアニメだ?」
刹那「コードギアスというアニメだ。ガンダムではないがナイトメアフレームが出てくる」
アムロ「へえ、メカのデザインは先鋭的じゃないか」
刹那「いいや! ガンダムの方が先鋭的だ!」
アムロ「そうやってケチつけながらアニメを見ても面白くないだろう」
刹那「そうかもしれない…」
アムロ「ガンダムもいいけどな、ガンダムをよく知るには、ガンダム以外の物も知らないと駄目だぞ」
刹那「どういう事だ?」
アムロ「たとえばガンダムの性能を比べるにしても、ザクやゲルググと比べる際は、
     相手のMSの性能も知らなきゃならなくなる…世の中、ガンダムだけじゃないからな」
刹那「そうか…」
アムロ「だからお前もガンダム以外のものに目を向けて、視野を広げていこうな」
刹那「うん!」

その後

刹那「違うな、間違ってるぞスメラギ!」
スメラギ「は?」
刹那「こういう時は地形を崩して大損害を与えたところを強襲するんだ!」
スメラギ「今回の任務はガンダムの性能を見せ付ける事にあって…」
刹那「刹那・F・セイエイが命じる! 全力で武力介入し戦争を根絶せよ!」
ロックオン「イエス! ユア・ハイネス! なーんつってな」
アレルヤ「ロックオンは付き合いがいいね…」
ティエリア(ギアスごっこ…混ぜてもらいたいなんて言えない…)
スメラギ「あんた達、真面目にやりなさーい!」
フェルト(ロックオン…もっと身長が高くて手足が長い人が好みなのかな…でも絵柄の差なんてどうしたら…)
クリス「フェルト、何考えてるの?」

Ξガンダム「何だかよくわからないが敵は混乱している! 今のうちにギンガナム艦隊を叩くぞ!」
メッサー「了解!」
ギンガナム「貴様らのせいでローラ=ローラの朝飯を食べ損ねたのだ、存分に暴れさせてもらうぞ!」
ハリー「ギム・ギンガナム! ディアナ様がお近くにおられるのだぞ! 暴れられては困る!」
Ξガンダム「心配無用! 今回のターゲットは、仕事をサボって朝飯をたかりまくるギム・ギンガナムの粛清だ!」
ギンガナム「上等ォ! かかってこい、テロガンダム!!」

406 :視野を広げて狭めてカオスって 2/2:2008/07/09(水) 12:50:55 ID:???
アムロ「ディアナさん、臨時ニュースでギンガナムがマフティーのテロを受けてますよ」
ディアナ「まあ、大変ですこと」
ロラン「ディアナ様ー、オムレツが焼けましたよ」
ディアナ「ありがとうロラン。月で身代わりをしているキエルさんには感謝しなければなりませんね」
アムロ「ま、キエルさんもハリー大尉と一緒にいられてそれなりに楽しんでいらっしゃるでしょう」
ロラン「あ、ゴールドスモーが堕ちた…って、墜としたのエクシアですよ!?」
ディアナ「エクシア? あのガンダムは、確か…」
アムロ「フンッ!」バキィッ!「おっと急にテレビの電源が切れたぞ。古いからな〜…」
ディアナ「アムロさん、今テレビを殴りませんでしたか?」
アムロ「調子が悪い時は、こう、斜め45度の角度で殴ると調子がよくなるんですよ」
ディアナ「電源が切れる前に叩いていたような…」
アムロ「気のせいです。ロラン、ディアナさんの味噌汁は豚肉多目で」
ロラン「はい、ただいま」
ディアナ「まあ、そんなに気遣っていただかなくてもいいのに」

ギンガナム「厨二病になぁ…ターンXを倒せるわきゃねぇぇええええええだろぉぉぉおおおおおおお!!」
刹那「フンッ、戦術的勝利などいくらでもくれてやる!」
スメラギ「私の戦術が〜、CBの予定が〜…」

後日、刹那は再教育(ガンダムのビデオを見せた)を受けて今まで通りのガンダムオンリーに戻されましたとさ

刹那「うっふん、ぼっぴん、うっふん、ぼっぴん」
シャア「SDガンダムだと!?」
刹那「シャー」
シャア「うわぁっ! 汚い、やめろ! アムロ、助けろー!」
アムロ「変態の撃退……刹那の教育……僕はもう疲れたよ、ララァ」
シャア「ら、ララァと通信中なのか!? ぬえーい! 私とも通信させろ!」
刹那「ガンダムトルネードスパーク!!」
シャア「ぎゃああああ!!」
ナイトガンダム「たった一日で習得するとは、彼にはすばらしい騎士の素質がある! さすがはアムロの弟だ」
アムロ「あ、来てたのか。お茶でも飲んでけよ」
ナイトガンダム「かたじけない。ところでシャアはいいのか?」
シャア「な、ナイト…ガンダム…! た、助け…」
アムロ「ユニオン牙翔剣! シャアは混乱した」
シャア「ぼっぴん」
ナイトガンダム「今日はいつになくカオスだな」
ブラックドラゴン「まったくだ。お茶おかわり」

407 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/09(水) 13:50:37 ID:???
刹那wwwテラカオスwww

408 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/09(水) 16:55:42 ID:???
>Ξガンダム「心配無用! 今回のターゲットは、仕事をサボって朝飯をたかりまくるギム・ギンガナムの粛清だ!」

シン「協力するぞ!!」
キラ「誰にだって、食べたい朝ご飯があるんだぁぁぁ!!」

409 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/09(水) 19:15:24 ID:???
>>399
むしろジムは本編でやってたみたいに、工事現場なんかの単純重労働にこそ需要があるだろ。
特にこのスレじゃぁゼネコン業界は大忙しだろうし…どこの家族のせいとは言わんがw

ザコは介護や育児の補助など、家庭向けだと思う。
ちっちゃくて場所とらなさそうだし。
販売じゃなくて、レンタルやリース形態かもな。

410 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/09(水) 19:24:59 ID:???
>>409
あんな連中に育児をまかすなw

411 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/09(水) 20:21:05 ID:???
子供の頃から親近感を植えつけたら、大人になってMS免許を取っても自然とザク派になるかもしれんな!

412 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/09(水) 20:52:02 ID:???
デュバル「それはジオニックの陰謀だ!」

413 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/09(水) 20:57:45 ID:???
シャア「チャンネルを変えるな!このCMで言いたい!
     このテレビを見ている一家団欒中の皆さまには、突然の無礼を許して頂きたい。私はネオ・ジオン社のシャア・アズナブル社長であります。
     私はこの場を借りて、ザコソルジャーを販売した者として語りたい。もちろん、ネオ・ジオン社のシャアとしてではなく、一人のモビルシチズンユーザーとしてである。
     ザコソルジャー達の遺志は、機械のような消費社会に根差したものではない。ネオ・ジオン社は家電製品を作ったのでは無い。
     現在この町の路地裏に野良になったザコソルジャーがいる事実は、どんな差別より悪質であると気付く。
     人がモビルシチズンを造ったのは、彼らが人間と共に生きる為だ。だが、ザコソルジャーを買った一部の人は、彼らに興味を失うことによって、彼らを破棄した。、
     ザコ達は所詮機械だと誤解をして、野良ザコが社会問題になってしまったという歴史を持つ。それは不幸だ。もうその歴史を繰り返してはならない。
     彼らに感情があることによって、ザコ達は心があると、何故信じられないのか?
     我々は友人を人の都合で捨てるなと言っている。野良ザコ達は面白半分で彼らを買った人々に捨てられて、路上で朽ちようとしているのだ。
     モビルシチズンは長い間、科学者達の開発室の中で研究されてきた。しかし!時はすでにモビルシチズンを研究から、巣立たせる時が来たのだ。
     その後に至って何故モビルチシズンが軽視され、人権を無視されなければならないのだ。
     モビルシチズンを生活のパートナーに戻し、人間は機械を奴隷から解放しなければ、地球は平和では無くなるのだ。
     この我々が設けた収容施設でさえ野良ソルジャーに飲み込まれようとしている。それほどにザコは疲れきっている。
     今、誰もがこの新しい友人を残したいと考えている。ならば自分の欲求を果たす為だけに、彼らを使い捨てて、良い訳がない。
     現にザコソルジャーはこのような時ですら人の為に仕事をしたいと言っている。見るがよい、この暴虐な行為を。
     彼らを捨てた者は路上に廃棄されたザコを、街の景観を損ない、犯罪の温床となる悪と称しているが、それこそ悪であり、人類を衰退させていると言い切れる。
     テレビを御覧の方々はお分かりになる筈だ。ザコソルジャーを買うならば責任を持たなければならないのです」

414 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/09(水) 21:05:30 ID:???
ヅダのリコールとか野良ザコ問題とか
シャアもいろいろ大変だな……

女でしか苦労してないアムロ兄さんと比べて
社会的責任を果たそうという姿勢が大きく違う
代わりに私生活はアレだが

415 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/09(水) 21:06:22 ID:???
最近シャアが格好良く見える・・・


アルは野良ザコ拾ってバーニィと一緒に治してそう

416 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/09(水) 21:09:17 ID:???
>>413
新しいタイプのCMだな
CM好感度のアンケートで上位に行くか?

417 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/09(水) 21:16:28 ID:???
ちなみに次世代ロボットのコンペで、ラーカイラム社が提案したのが人々に馴染み深いMS型のモビルシチズン
ダイクン社が提案したのはょぅι゛ょ型・・・しかもララァ似
倫理的問題から満場一致で蹴られたとか・・・

418 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/09(水) 21:16:32 ID:???
ザコレッドがザコまとめて人(?)権運動とかデモやりそうだな。

そして人間の味方かモビルシチズンにつくのか迷うキャプテンを責めたてるガーベラ。
そしてザコを捨てる人間のエゴを見てグレるシュウト。

419 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/09(水) 21:26:18 ID:???
「ヨーツンヘイム社から大切なお知らせです。(ry」

420 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/09(水) 21:42:04 ID:???
>>377
やっぱりGジェネレーション社はあの「ハロ」シリーズも作ってるのか?
アムロ兄さんに莫大なライセンス料を吸い取られてそうだが

421 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/09(水) 21:49:52 ID:???
ナナイ「>>413が30秒CM、次が15秒CMです」


ドズル「モ」
Bザク「ビ」
ラル 「ル」
Gグフ「シ」
三連星「チ」
Dドム「ズ」
クエス&
ギュネイ「ン」
ドーガs「は」
ナナ  「ト」
ガーベラ「モ」
シュウト「ダ」
キャプテン「チ」
ララア「!」
エルメチュ「エルメチュー!」

字幕:モビルシチズンを捨てないで!   
    ネオ・ジオン社からのお願いです






ガタン!
アムロ「なんでシュウトやキャプテンまで参加しているんだ!」
シュウト「シャアさんに頼まれたんだ。キャプテンと一緒に出演してくれって」
キャプテン「これはモビルシチズン全体の問題だ。私も参加すべきだと思う」
アムロ(ぐ……確かにそうだ。シャアは間違ったことはしていない。
     だが、これではまるでラー・カイラム社がモビルシチズンでネオ・ジオン社に降ったようじゃないか!!
     提供もネオ・ジオン社だし……謀ったな、シャア!!)
ジュドー「諦めろって、アムロ兄。俺らの周りでもザコの方が人気だし」
ウッソ「モビルシチズンでのシェアは完璧にネオ・ジオン社が占めてますよね」
カミーユ「ザコの話題をするとアムロ兄さんが不機嫌になるから、家では避けてきたけど、
      こういう社会問題になってるんだから、クワトロ大尉との個人的な私怨は捨ててくださいよ」
シロー「確かにな、警察でも野良ザコは問題になっているんだ。そのまま捨てられたザコなんてまだいい
     中には遊び半分で購入してドーガボマーと二個イチに改造されたザコや、Ζの頭を付けたΖザコなんてのもある」
ハロ長官「武闘派組織やヤクザが捨てられたザコを兵器に改造する例もあって深刻な問題になっているんだ」
シャギア「うむ、これが我々が調べたザコを不法取引及び改造に使っている団体のリストだ」
シーブック(何件か、キンケドゥの襲撃予定の場所があるな……よし、なんとかしてみよう)
オルバ「ネオ・ジオン社は野良ザコを回収して届けてくれると懸賞金を出すそうだよ。これは結構効果があったみたいだね。
     会社の赤字にはなるけど、企業イメージのアップにはなっているみたいだ」
グラハム「野良ザコは引き取り手がいた場合は審査の後に無料で受け渡すことになっているぞ。実は私の家にも13機のオーバーフラッグザコがいるぞ!!」
シン「警察官が魔改造していいのかよ……」
ガロード「確かちゃんと手続きを出せばOKなんだよな?改造用の部品も売ってるし」
キラ「へー…僕も一体買おうかな」
ギンガナム「ギンガナム隊にもザコ部隊を編成するのであーる」
コウ(なんか家の食卓が警察会議の場になってる……)

422 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/09(水) 21:55:18 ID:???
>>421
クレアラシルのCMを思い出したw

423 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/09(水) 21:56:08 ID:???
>>421>>413が「30秒」のCMだという驚愕の事実が明らかに!!

424 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/09(水) 22:03:57 ID:???
刹那「アムロ兄さんのライバルだ。その位は問題はない。真のザクであるシャアなら30秒で演説などできて当然だ
    真のガンダムであるアムロ兄さんなら25秒で可能だ」

425 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/09(水) 22:12:21 ID:???
「『ヅダ命のユーザー』よりヨーツンヘイム社へ。

自分、ヅダが一番自分に合うMSでヅダのよさをみんなにも分かってもらいたいのですが、
みんな「強度不足でフルスロットルにしたら分解するから嫌」って言うんですよ。
自分、スロットル操作はいつも慎重にしているので機体には負担がかかっていないのですが、
とっさの操作が必要になった際、不慣れな人はフルスロットルにしがちなので危ないと思います。
もっと、機体の強度を高めてはどうでしょうか?
もう、衛星高度から地上に落下させても大丈夫なほどの強度を持たせればフルスロットルにしても分解する事は無いと思いますが…同でしょうか?」

見ていたら頭の中に浮かんだので書いた。
責任は取らない。

426 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/09(水) 22:20:31 ID:???
>>420
おおむね、既存品の改造型の企画書を出しては没(ネティクスだのグレートジオングだの)
没にならなかったものはちゃんと許可をもらって製造販売(ノイエジール2とか)
ライセンス不明な怪しげなブツをたぶん勝手に製造・販売(トルネードガンダム、サイコロガンダム)
ごくまれに自社製品(フェニックスガンダム)

ゴッドハロやサイコハロのライセンス料はアムロ兄さんの懐に入っているが
アムロ兄さんは「俺のハロをあんな怪物にするな」と内心良く思っていない


こんなところだろうか……

427 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/09(水) 22:25:08 ID:???
>>417
なんでだろうか趣味で物を作りそうなのはアムロのような気がする。

428 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/09(水) 22:26:41 ID:???
>>417
そう言う公の場で蹴られるのはラーカイラム社製の方がしっくり来る

429 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/09(水) 22:37:35 ID:???
シャアの場合、アホな企画は社内で没になってそうだし

430 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/09(水) 22:44:07 ID:???
>>427
趣味で作るものはあっても、製品にするのはνガンダムみたいに手堅く開発したものな気がする。

ただたまに無意識にトンデモなものが開発企画書に紛れ込んでそうだが。
アムロ「この設計図(デンドロキャプテン)を書いたのは誰だ?」
チェーン「このサイン(『4』にも見える『A』のサイン)はアムロですよ」
アムロ「覚えが無いな…こっちの設計図(南京玉すだれにもなるフィンファンネル)は?」
クリス「アムロさんでしょ」
アムロ「うーん…じゃこれ(一家のガンダムが合体して完成する巨大ガンダム)は?」
アストナージ「しっかりして下さいよ〜。これだってアムロさんが残業してる間に書いたやつでしょう」
アムロ「記憶にない。残業して居眠りして起きたらこんなのがあったんだ」

431 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/09(水) 22:46:08 ID:???
基本有能だがどこか致命的な部分に欠陥があるシャア
有能で絶倫だが根っこが引篭もりでオタクなアムロ

こんなイメージ

432 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/09(水) 22:52:24 ID:???
二人フュージョンしてシャムロになれば完璧なのに

433 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/09(水) 22:57:46 ID:???
それはララァが喜ばない

434 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/09(水) 23:19:33 ID:???
>>432
バーナード・ショーの故事や星新一の短編を思い出す。
「良いところだけが合わさればいいが、大抵は悪いところだけが合わさる」というお話。

435 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/09(水) 23:19:57 ID:???
アムロ「試しにやってみよう」
シャア「いいか、3分で戻るからな」
二人「「フュージョン、はっ!!」
クェス(息がぴったり……)



           __   , ---- 、
         /   `rイ       ヽ、_.ィ
      ト、___{    ト、{        <
      >-     }┼⌒ヽ \  \ ヽ
     //  / | / {{   _}_|≧、   \i
    / /{  / /├‐--、___r'´  ......::ヾ    |   
    l/ ! { /.ヽ!..:::::::::j⌒ヽ....::::::::::::H l  }  
      ∨l/|....::::::::/j U \::::::::ノ | i__ /   
         トr─'U 〈 -`   ̄}N ̄ レ┤  
         { レ!U  __...._  U _」  |) }       
         ヽ !  '´ -- `` U\   j丿
         \ハ U      U メ「
             ~ヽ     U //レ!
             | ヽ、  _. '"/  |
      , -─‐ァァソ''"~´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄} ̄ ̄\
     /     |_| |            〈  /|  \
結果:基本有能だがどこか致命的な部分に欠陥があり根っこが引篭もりでオタクな喪男

436 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/09(水) 23:24:53 ID:???
まさに、だなww
紅茶を噴いてしまったじゃないかwwww

437 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/09(水) 23:38:33 ID:???
ポダラを使おう
アムバルならきっと……

438 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/09(水) 23:53:42 ID:???
ランスローになるだけのような……

439 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/09(水) 23:54:14 ID:???
>>430
つメガゼータ

440 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/09(水) 23:55:15 ID:???
じゃあ中和剤としてもう一人を加えて三身合体とすべきか

441 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/09(水) 23:55:18 ID:???
>>435
その発想はなかったがぴったりすぎるwww

442 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/10(木) 00:00:16 ID:???
カミーユ+トビア+ロランが最強合体だと思う

443 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/10(木) 00:00:56 ID:???
>>430
小人さんじゃなくて悪いレイがやったんだな、たぶん

444 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/10(木) 00:25:03 ID:???
>>442
邪鬼+幽鬼+精霊の3身合体ですね、わかります。

445 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/10(木) 00:27:11 ID:???
>>435
これは上手いなあw

446 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/10(木) 00:40:22 ID:???
>>430
ハイストだとリ・ガズィを作ったけどチェーンに酷評されてるらしい。

447 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/10(木) 01:33:22 ID:???
それどころかνガンすら暗に独創性の欠けらもない、と面と向かっていわれてるな。

448 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/10(木) 01:47:14 ID:???
独創性があふれるとZ終盤〜ZZの頃とかクロスボーンとかGのビックリドッキリメカになっちゃうし
難しい所だな

449 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/10(木) 03:17:45 ID:???
結局のところアムロにあんまりセンスがないってことなんだと思うが。

450 :我々はモビルシチズンを応援します:2008/07/10(木) 04:00:03 ID:???
それはクリスマスセールに売れ残ったザコソルジャーでした。
ワゴン品に混じって「ここままでは返品されるザコね」なんて思っていた頃、厳ついオッサンが買っていったザコでした。
オッサン――ロイザーは一人の少女の為にザコを買っていったのです。
オッサンは仲間達と一緒に工場を経営してました。その中で孤児だった少女を引き取って育てていました。
少女の話し相手になるような同年代の子供は居なくて、クリスマスにモノを買って挙げられるほど裕福ではなくて
大人達はそれでも屈託なく笑う少女に僅かばかりのお金を集めてセールにでていたザコを買ったのです。
その日から、町工場に一人の家族が加わったのでした。

しかし細々と経営を続けるロイザー達に、大企業の圧力がかかってきました。
ライバル会社の牽制に、彼らはロイザーの会社の土地を欲しがったのです。
それでも真っ当な方法で負けたならまだ納得できたでしょう。しかし工場は悪質な嫌がらせを繰り返し、繰り返し受けたのです。
ザコは無力でした。
ザコにできることと言えば、少女と一緒に工場の手伝いぐらいしかできません。
「根性だけじゃどうにもならないんだぜ? 現実ってやつは」
いつも笑顔の少女がそんな事をいうと、ザコはたまらなく哀しくなるのです。

ネオ・ジオン社のモビルシチズンは、会社に行けば購入後1年間は無料で整備をしてくれます。
まだまだモビルシチズンは過渡期にあるので、様々なデータを取る必要があるのです。
「直ったぞ。しかしお前は疲労が激しすぎる。あまりココにくるのは感心しないな」
「ありがとう御座いますザコ、プロフェッサーガーベラ様ザコ」
過酷な労働環境にあるザコにとって、無料で整備を受けられるのがどれだけありがたいことか、言葉に表し尽くせません。
その日もザコは整備を受けて、工場へと戻る途中でした。
「火事だ!火事!だれか火消しをよべー」
消火装置をもったトールギスVが飛んでいった方角は、工場のある方角だったのです。

「ザコォ……」
工場が綺麗サッパリ無くなってから、もう一年以上が立ちました。
ザコの身体は節々が錆びていて、動くのが億劫でしかありませんでした。
光の差し込まない森の中に倒れ、ザコは自分が朽ちていくをの感じました。
会社に戻ろうと思えばできました。そこで整備をしてもらい、新しい雇い主と出会う……
でもザコはそんな気分にはなれなかったのです。自分は大事な時にあの場所に居られなかったのですから。
もうゆっくりとこのまま錆びていこうとザコは思いました。それは消極的な自殺でした。
ただ随分と時間がかかりました。
ネオ・ジオン社の技術が優秀であり、そう決めた日は整備をした当日だったのですから、そうもありましょう。
ザコは最近はずっと、工場に居た頃のメモリーばかり再生しています。
「まるで夢を見ているみたい……ザコ……」
夢がどんなものかは分かりません。
楽しかったり、哀しかったり、寂しかったり、恐ろしかったりするものだと、少女は言ってました。
それを聞いたとき、ザコは漠然と「いいな」と思ったのです。
予備電源が切れていくのをザコは感じていました。
――特別あつらえだぞ!? 嬉しいだろ?
少女が不良品を叩き直して造ったヒートホークのレプリカを、ザコは知らずに握りしめていました。



「ねえバーニィ!ザコが倒れてるよ!!」



アルは野良ザコを家に連れて帰るのは難しいと思いました。
長兄であるアムロはザコのライバル会社の重役ですし、
次兄のシローは警察官です。
隠して持っていくのはできるかも知れません。だけどザコは非道く破損してて、修理が必要に見えました。
ザコを修理する材料と技術ならガロードとジュドーが幾らでも持っていそうですが
彼らに知られれば、彼らにその気がなくてもバレてしまうでしょう。
任務といって口封じをしてヒイロに頼むという方法もありますが、なんだか騙すようで気が乗りません。
というより、ヒイロは知らない間に家に帰ってきて、知らない間に出て行くので捕まえることが難しいのが問題でした。
他に優秀なメカニックとして弟のシュウトも居ますが、弟に頼むというのは情け無く
またキャプテンガンダムと仲良しのシュウトに、ザコソルジャーを修理して貰うというのはザク派のアルとしては複雑な気分だったのです。
結局、仲良しのバーニィの家に置いて貰い、一緒に修理することにしました。

451 :我々はモビルシチズンを応援します:2008/07/10(木) 04:01:23 ID:???
アルは野良ザコを家に連れて帰るのは難しいと思いました。
長兄であるアムロはザコのライバル会社の重役ですし、
次兄のシローは警察官です。
隠して持っていくのはできるかも知れません。だけどザコは非道く破損してて、修理が必要に見えました。
ザコを修理する材料と技術ならガロードとジュドーが幾らでも持っていそうですが
彼らに知られれば、彼らにその気がなくてもバレてしまうでしょう。
任務といって口封じをしてヒイロに頼むという方法もありますが、なんだか騙すようで気が乗りません。
というより、ヒイロは知らない間に家に帰ってきて、知らない間に出て行くので捕まえることが難しいのが問題でした。
他に優秀なメカニックとして弟のシュウトも居ますが、弟に頼むというのは情け無く
またキャプテンガンダムと仲良しのシュウトに、ザコソルジャーを修理して貰うというのはザク派のアルとしては複雑な気分だったのです。
結局、仲良しのバーニィの家に置いて貰い、一緒に修理することにしました。


二人はザコソルジャーをコツコツと修理していきました。
必要なパーツはケリィさんからジャンクを分けて貰い、
図書館で機械工学等の本を借りて、本と睨めっこしながら、
あっという間に一ヵ月が過ぎていきました。

「駄目だ、ウンともスンとも言わないよ」
アルはザコの機動スイッチを何度も入れ直しながら言いました。
「コンピューターに繋いで動かす分には動くんだ。関節の接続に問題は無いはずだ。
 そうなると壊れているのはAIということになるな。こればっかりは専門外だ。本を読んだって分からないよ」
モビルシチズンに使用するような高度な超AIなど、市販されてはいません。
もちろん、一から作るなんて素人であるバーニィとアルには不可能です。
「そんなぁ……」
涙目になるアルに、バーニィは諦めとは言えません。
バーニィだって諦めたくないのは同じなのです。
「そういうことなら簡単じゃないか」
後ろからかけられた声に二人は思わず振り向きました。
「シーブック兄ちゃん!?」
「なんか最近おかしいと思ったら……」
シーブックはザコソルジャーの具合を確かめると、やはりAIであることを認めました。
影が薄くてすっかり忘れてましたが、シーブックもまた、エアグライダーを自力で制作する優秀なメカニックだったのです。
「AIのことならウチに専門家がいるだろ?」
頭を撫でるシーブックにアルは答えました。家には持って行けないと。
「馬鹿だなぁ、兄弟にそんな遠慮をする奴がドコにいるんだよ。言ってくれればみんなお前の力になるよ。
 例えアムロ兄さんが認めなくても、俺やカミーユやロランが認めさせてやるよ。さ、セレーネ姉さんにAIチップを持っていこうぜ?」


「駄目だ!俺にもラー・カイラム社としての立場がある。キャプテンの開発者である俺がザコを持ってるなんて知れたら
 ラー・カイラム社のモビルシチズンがネオ・ジオン社のモビルシチズンに負けてるって宣言するようなものじゃないか。
 アルの優しさはわかる。でもこればかりは認める訳にはいかない。今まで通り、バーニィ君の家に置いておきなさい」
アルとシーブックの話を聞いたアムロは、迷うことなく宣言しました。
それを予想していたアルは、肩を落として俯いてしまいます。
「そういう言い方ってないじゃないか!」
普段温厚なシーブックも、この時ばかりは声を荒げて抗議しました。
「そういう大人の理屈を子供におしつけるなよ!」
「公人と私人は別でしょ、兄さん」
キレやすいカミーユも、理屈屋のキラも、アムロを責め立てます。
「そんな簡単に割り切れるものか」
「そんなんだからリボンズにも器が小さいって言われるのよ」
「今はあのパチモノは関係ないだろう、セレーネ」
「俺はガンダムファイターとしての自分と家の自分とは別々だと考えて行動しているし、それでトラブルが起きたことはない」
「それはレインさんがフォローしてるからさ」
「なら俺達もアルとアムロ兄さんをフォローすればいい……」
ヒイロの言葉に、アムロは言葉を詰まらせます。

452 :我々はモビルシチズンを応援します:2008/07/10(木) 04:02:42 ID:???
「まあまあ、アムロ兄さんだってバーニィさんの家に行けばいいって言ってるじゃないか。何も会うななんて言ってないんだし」
コウが兄らしく、仲裁をしようとすると弟たちから一斉に攻撃を受けました。
「ちょっと空気よめよな、コウ兄さん」
「今そういう話じゃないだろ!?」
「アムロ兄の大人の理屈が許せないってんだよ」
「大人になるってことはそういう事でもある」
見かねたシローが彼らを宥めると、流石に大人しくなりました。ああ格の違い。
「俺としても野良ザコは警察に届けろと言わなきゃいけない立場だけど、それは目を瞑る。これも大人の判断だ」
「それって妥協ってことですよね?」
「そういう言い方もあるかも知れないが……でも俺はアムロ兄さんのやり方も自由があるとは思えないな」
「シロー!」
「家じゃセレーネ姉さんの造ったAI以外は立ち入り禁止かい?ドモンの試合を放送しているときは他のチャンネルを見ちゃ駄目?」
「それは屁理屈だよ」
「アムロ、人は理屈だけでは動かない。どうしてもあがらいがたい感情に突き動かされたとき、屁理屈というものは生まれるのだと思う。
 アムロ、私は例え屁理屈でもシローの意見を支持したい。私もシュウトが居なければ目覚めることはなかった。そこに理屈はない」
「キャプテン……アムロ兄さん、やっぱりザコがかわいそうだよ!」
「キャプテンまで…ッ!えぇい!駄目だ、これは家長命令だからな!!破ったら罰を与える!!」
アムロは逃げるように食事を終えると、その日はそのまま部屋から出てきませんでした。
その夜はアムロに味方をしたコウと、一貫して沈黙を続けたロランと刹那は気まずい食事をしたのでした。
同じく沈黙していたマイだけは平然としていましたが。



翌日の夕方、アムロが会社から帰ってくると家はザコで溢れていました。
「AIの研究で会社で借りてきたのよ」
「警察署から野良ザコの社会更正の監査でつれてきた」
「ヅダソルジャーです」
「特訓相手だ!」
「キースに借りた」
「サラに借りた」
「ドロシーに借りた」
「ギャバン隊長にお借りしました」
「イザークに借りた。後で傷を付けて返す」
「レイに借りたら、ルナマリアにも借りさせられた」
「俺がザコだ」
「プリペンターでもザコは数機配備されている」
「パーラに借りたんだぜ」
「イーノに借りた」
「シュラク隊のお姉さん達に借りました」
「元気丸に貸して貰った」
流石のアムロもこの時ばかりは冷静さを欠いて叫びました。
「なんなんだ、お前達、示し合わせて!!そこまで僕を悪者にしたいのか!」
「示し合わせたんじゃありませんよ。みんなそれぞれにザコ達を借りてきたんです」
兄弟を代表してロランが反論しました。
「……ッ!!もう知らん!!今日はチェーンの所に泊まる!こんな家、帰らないからな!!」
親指を噛みながら、アムロは踵を返して家を出て行きました。



そんな話を聞いてしまっては、ザコは「どうしてザコを起こしたザコ!!」などと文句は言えなかったのです。
人の善意ほど重たいモノはありません。
それに……
「ねぇねぇ、ザコ!僕の宝物見せてあげるよ!ホラ、本物のジオン階級章!!」
無邪気な視線を向けてくる、この新しい主人がザコは好きになっていたのです。
「ザコに付けてあげるね!」
「いいザコ?アルの宝物じゃないザコか?」
「いいんだよ!」
アルと一緒にいる時間が楽しければ楽しい程、ザコは胸のパーツの軋む音が聞こえてるのです。
それが意味することを、ザコはなるべく感じないように過ごしていました。

453 :我々はモビルシチズンを応援します:2008/07/10(木) 04:04:27 ID:???
「なぁ、ザコ、ザコ〜ちょっとコッチこいよ」
ガロードが手招きをするときは大抵ロクな事にならないことをザコは知っていました。
「どーせ、拾ってきたパーツでザコを改造する気ザコ」
ザコはキャプテンと比べて拡張性の高いのが特徴です。なのでコアなザコユーザーになればなるほど、魔改造を行っているのです。
「勘弁して欲しいザコ」
「今度のパーツは安心だって!キッドのお墨付きだしよ」
「信用できないザコ!だいたい、どこで拾ってきたパーツザコか!」
「いや、それは分かんないけど」
「拾ってきた場所も分からないってドーユー事ザコか!?」
「だって拾ってきたのはパーラだし」
悪気のない顔で頬を掻くガロードは、ザコの顔色が変わったことに気付きませんでした。まあ基本緑色ですから。
「パーラ?パーラなんていうザコ?!」
「へ?パーラ・シスだけど」
その名前をザコは知っていました。
なんと懐かしい名前なのでしょう。
もう聞くことはないと思っていた名前。
(生きてた……)
思わず視界が揺らいでいるのをザコは感じました。
しかし、ガロードの一言が、ザコの踏み出そうとした一歩を止めるのです。
「そーいや、アイツもザコ持ってたな」
「ザ、ザコ……!?」
「どうした?」
「な、なんでもないザコ……」

きっと罰が当たったのだとザコは思いました。
パーラの事を忘れようとした罰が。
パーラに新しいザコが居るなら、自分は会わない方がいいだろうと、ザコは思いました。
(思ったのに……ザコ)
自然と足が、パーラの働いているジャンク屋「フリーデンV」に向かっていったのです。
(一目、一目だけザコ……)
自分に言い聞かせるようにして、ザコは足を進めます。
小さくて乱雑な工場は、かっての「サテリコン」を思わせました。
「誰ザコ?お客さんザコか?」
「!!」
「ザコ?同じザコザコ。お使いザコか?今は誰も居ないザコよ。ザコがお留守番ザコ」
パーラの持っているザコが話しかけてきました。
パーラが今居ないことは、残念なような、ホッとしたような、そんな気持ちです。
「ザコォ……えっとザコね……」
「ザコ?」
「ザコはいつから働いてるザコ?」
「ザコ?なんでザコのこと聞くザコか?」
(ザコォ……ザコのくせに鋭いザコね)
適当に言いつくろったザコは、そのパーラのザコが一年程前にザコに拾われたことを話しました。
(火事があった後ザコ……)
「パーラが前に持ってたザコは行方不明になってたザコ。そんな時にザコと会ったザコ。パーラはザコの事を前のザコの生まれ変わりみたいに思ってるザコよ」
ザコはパーラに貰ったというヒートホークを見せました。それと同じモノをザコは持っています。
「ザコは野良だったザコ?前の主人のことはどうしたザコ?」
「覚えてないザコ」
「AIにバグがあるザコか?」
「工場で出荷された記憶はあるザコ。会社に雇われてたザコよ。でも会社の名前と人と、パーラと会う直前の記憶だけ無いザコ」
「ザコ?」
そんなピンポイントで忘れるということがあるでしょうか?ザコは不審に思いました。
「(もしかしたらプロテクトがかかってるかも知れないザコ)……ザコ、セレーネさんにAIを見て貰えばいいザコ!」
「ザコ?別にいいザコよ。ザコは今が楽しいザコ!別に過去なんて知りたいと思わないザコ」
そうでしょう。このザコにとって過去を知ると言うことは、自分を捨てた人を知るということなのですから。
「そう……ザコね」
それ以上強いることもできず、ザコは引き下がるしかありませんでした。

454 :我々はモビルシチズンを応援します:2008/07/10(木) 04:06:00 ID:???
(……でも、あのザコにはどこかで会った気がするザコ)
ザコ同士は人間には区別が付かないかも知れませんか、彼ら同士からしてみれば充分それぞれ個性があります。
ザコはパーラのザコにどこかで会った気がしてならないのです。それも随分前に。
(……仕方ないザコ)
ザコはセレーネの部屋のドアを叩きました。
「ザコのメモリーを画像にして見てみたいザコ。コンピューターと繋いで欲しいザコ」
この兄弟の長女も大概にしてメカオタクですから、一も二もなく飛び付きました。
ただしザコは、そこで見たことは絶対に秘密にすることと、強く念を押してから望みました。




アル、いいザコか、よく聞いて欲しいザコ。この包みの中には、ザコの記憶を収めた映像や、ザコの調べた証拠の品が入っているザコ。
ガーベラ社がモビルシチズンを使ってサテリコンに放火した事件を、ザコが調べた限り残したザコ。
もしザコが死んだら、これをシローさんに渡して欲しいザコ。
できるならパーラとそのザコには秘密にしてくれるなら、ザコは救われると思うザコ。
ザコが直接警察に訴えようとも思ったザコが、なんていうか……そうするのが逃げるみたいに思えたザコ。
ここで戦うのをやめると、ザコがザコでなくなるような……
ガーベラ社が憎いとか、ロイザーさんたちの仇を討ちたいとかいうんじゃないんザコ。
上手く言えないザコが……ザコは、ザコ自身と戦ってみたくなったんだザコ。
ザコが心を持ってるからなのか、理由は自分でもよくわからないザコ。
……アル、俺はたぶん死ぬだろうザコね。そのことで、ガーベラ社の社員やパーラのザコを恨んだりしない欲しいザコ。
彼らだってザコと同じで、自分がやるべきだと思ったことをやってるだけなんだザコ。
無理かもしれないけど、他人を恨んだり自分のことを責めたりしないでほしいザコ。
これはザコの最後の頼みザコ。もし、運良く生き延びて全部が終わったらザコ、かならずこの家に帰ってくるザコよ。
会いに来るザコ。約束ザコ。……これでお別れザコ!ごめんなさいザコ、アル。元気で暮らすザコよ!バーニィによろしくザコな!


「それにしてもダサいザコね……また故郷を亡くしちゃうなんてザコ」
「なんだ、ザコではないか。一年ぶりだな」
ネオ・ジオン社の工場でザコに対して話しかけたのはガーベラでした。
「ザコ……プロフェッサーガーベラ様、どいて欲しいザコ。ザコはガーベラ社に用があるザコ」
「ん?我らの生産工場のガーベラ社に、なんの用だ?修理ならば私が受け付けるが」
ガーベラ社はネオ・ジオン社の系列会社です。
「一寸のザコにも五分の魂ザコよ!」
「いきなりやってきて、なんなのだお前は」
丁度その時でした。ガーベラ社の代表のザイデル社長と、ランスロー専務がフロントに降りてきたのは。
「ザコーーー!!見つけたザコよ!!ザコ達を利用して悪いことする悪い奴ザコーー!!」
「な、なんだこのモビルシチズンは?。プロフェッサー、何をしているか」
「は……!ホラ、帰れ。帰らなければ解体してスクラップにするぞ」
「サテリコンに火を付けたザコ!ザコ達を使って火を付けたザコ!!」
「何を言ってるんだ?」
困り顔のプロフェッサーガーベラと違い、ザイデルとランスローには明らかに心当たりがあるようでした。
「ええい、警備のドーガボマーを呼べ」
「お待ち下さい、社長。やはりあの時の過ちは償わなければならないのです」
「君は何を言っているのかね。あの時とはいつのことだ、ランスロー専務」
「貴方という人は…ッ」
「そいつザコ!嫌がらせを渋るランスローさんに業を煮やして、ザコ達を洗脳して犯罪に使ったザコ!!
 許せないザコ!!ザコ達はモノじゃないザコ!でももっと許せないのはそんなことに気付くのに1年もかかったザコ自身ザコ!!」
ザコは骨だけになって、プロフェッサーガーベラの拘束から抜け出しました。
「ザコザコパーーンチ!!ザコ!!!」
蚊をはたいた程度の威力のパンチが、ザイデルの頬にめり込みました。
「ええい、この!!」
「おやめ下さい、社長!!」
「私が悪いというのか!!あの時ブラッドマンを出し抜かなければネオ・ジオン社に切られていた!ガーベラ社は今頃存在していないのだぞ!!」
「例え会社の為でも……越えてはならぬ一線があるのです」

455 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/10(木) 04:33:57 ID:???
wktk

456 :我々はモビルシチズンを応援します:2008/07/10(木) 04:34:39 ID:???



「ひどいザコ。パーラには教えないで欲しいってお願いしたザコ」
ザコはアルに対して口を尖らせて言いました。
「だって……ザコは今でもパーラの事が好きなんでしょ?」
「ザコ……」
「いいんだよ、ザコは友達だもん」
「ザコは……ザコはアルの事も好きザコ!!」
「うん、僕もザコのことは大好きさ!」
二人は抱き合いました。
「僕の宝物の階級章、ザコにあげるよ」
「大事にするザコ!一生大事にするザコ!!」
パーラが走ってくるのを認めたアルは、ザコから体を離しました。
「お別れだね、ザコ」
「違うザコ、アルとはいつだって会いに行けるザコ」
「うん!!」





<幕>



この物語は実際の出来事を元に脚色してあります。


出演

アル    アルフレッド・イズルハ
ザコA   ザコソルジャーA
バーニィ  バーナード・ワイズマン

パーラ   パーラ・シス
ザコB   ザコソルジャーB
ロイザー  ロイザー

Pガーベラ  マドナッグ
ランスロー  ランスロー・ダーウェル
ザイデル   ザイデル・ブラッドマン

シーブック   シーブック・アノー
セレーネ    セレーネ・マクグリフ
アムロ     リボンズ・アルマーク
ガロード    ガロード・ラン

ガンダム兄弟のみなさん(友情出演)

457 :我々はモビルシチズンを応援します:2008/07/10(木) 04:35:36 ID:???
音響     ナナイ・ミゲル
照明     ギュネイ・ガス
衣装     クェス・パラヤ
撮影     レズン・シュナイダー

脚本     けい子
舞台協力  マーガレット・ギャザームーン
特撮     ハロ長官
編集     ジュリ

CG制作   カリス・ノーティラス
宣伝     ジャミル・ニート
舞台美術  キッド・サルサミル
企画担当   サラ・タイレル


監督    シャア・アズナブル



制作   ネオ・ジオン社


この映画の売り上げは野良モビルシチズンの社会復帰の為に使われます














爆熱丸「おろろ〜〜〜」
ゼロ「なんという美しい映画だ……」
パーラ「なんか照れるなぁ」
ザコ「実際はあんなに劇的ではないザコ」
ロイザー「俺、死んでねぇし」
ユウ「…………グス」
アイナ「シロー、格好良かったわ」
シロー「そ、そうかい?」
刹那「実にガンダムだ…ッ!」

シャア「うむ、興行収入は中々のようだな」
アムロ「納得いかん!いつのまにこんなモノを撮影していたんだ!
     それも俺が料簡の狭い男みたいに描かれているじゃないか!!」
ガロード(実際、あんな感じだったよな)
ジュドー(ああ)

458 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/10(木) 05:16:26 ID:???
感動大作GJ!
ヅダソルジャーってなんだよw

そして最近思うこと
アムロ兄さんの器の小ささ

459 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/10(木) 06:20:32 ID:???
シャアとアムロは反比例する関係にあるのさ

460 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/10(木) 07:36:30 ID:???
>>457
感動をありがとぅ。 
っていうか 

脚本・・・けい子  



誰だよ?w

461 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/10(木) 07:38:35 ID:???
アムロがリボンズに足を引っ張られるのに対しシャアは落ちようも無いからか?議長校長が全くシャアと接点が無いのに対しリボンズは…


462 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/10(木) 07:42:23 ID:???
>>460
シュウトママ

463 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/10(木) 07:52:56 ID:???
アムロ兄さんに名誉挽回させようと思って…
>>344のオマケ編

アル「アムロ兄さん〜女の子と遊ぶコツって何かな?」
アムロ「やっぱり自分から引っ張っていくことだ」
アル「そうなの?」
アムロ「いざという時は自分が守らないといけないんだよ」
アル「うん、わかったよ」

アムロ「ふむ…どうやら順調に進んでるな」
ロラン「不安だからってストーカー紛いなことは止めましょうよ」
アムロ「む…いかん!不良に絡まれてる!」

不良「おいガキ!ぶつかっといて謝らないとはいい度胸だ!」
ドロシー「ご、ごめんなさい」
不良「えぇっ!!聞こえないな!」
不良はドロシーの手を掴んだ!
ドロシー「きゃ!!は、離してよぉ!」

アムロ「いかん!助けに…アル!?」

アル「…ど、ドロシーを離せぇ!!」
突撃するアル…不良は不意をつかれて倒れる…
アル「さぁ、逃げよう」

不良「まて!このが…誰だおまえはぁ!どけ!」
アムロ「俺かい?通りすがりの正義の味方だよ」
ロラン「小学生相手にキレるなんて!」
不良「ひっ、ひぃぃぃ!!」

アル「大丈夫?ケガはない?」
ドロシー「あ、ありがとう。ケガはないわよ」
アル「なら大丈夫だね」
終わり

464 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/10(木) 07:56:41 ID:???
アムロ兄さんに名誉挽回させようとしたつもりが…
ストーカー紛いなことをさせちまった…
どちらかというとアルが活躍しただけで終わった…

ちなみに不良はその後シロー兄さんによって補導されました。

アムロ「シロー、よーくしぼってくれよ」
シロー「はい。サンダース、頼むぞ」
不良「ひ!!ひぃぃぃ!!」

465 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/10(木) 08:01:44 ID:???
要はアムロが落ちるとシャアが上がるんだな。
アムロが上がってた間はシャア落ちっぱなしだったし。
ララァを支点にした天秤の両端に乗ってるんだな、きっとw

466 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/10(木) 08:16:35 ID:???
アムロクオリティ×シャアクオリティ=一定ってわけか。

467 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/10(木) 08:31:34 ID:???
話の焦点が公私のどちらになるかで分かれるんだろう
公:シャアは英雄、アムロは引き籠もり
私:エロ大名アムロと解消無しシャア

468 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/10(木) 08:33:22 ID:???
やべぇw
アムロ公私共に尊敬できねぇww

469 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/10(木) 08:40:52 ID:???
家:立派な家長アムロとザ・変態ミンチなシャア

今までアムロが上がってたのは、家が舞台だったからなんだなあ。

470 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/10(木) 09:21:37 ID:???
最近は刹那やセレーネを始め、弟たちの恋愛に口出しまくってるからな
自分のことは棚に上げて


ガンダム家に父権の崩壊が起きてる

いや、自壊か

471 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/10(木) 09:30:08 ID:???
刹那「俺がザコだ」

ちょwwwwww

472 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/10(木) 09:31:13 ID:???
逆に考えるんだ!
「シャアが毎日襲撃に来るおかげで、アムロは家長としての威厳を保ててる」と考えるんだ!!

473 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/10(木) 09:37:47 ID:???
ああだからシャアが真面目に仕事していると瞬く間に・・・

474 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/10(木) 09:42:03 ID:???
まぁ実際、今Zがアニメとして放送されてたら間違い無くあだながニートだからな>アムロ
主に軟禁的な意味で

475 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/10(木) 10:03:11 ID:???
もうアムロ兄さんが家出しても知らないぞ、みんな

476 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/10(木) 10:12:57 ID:???
この流れで24スレの>>211のネタを思い出した

477 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/10(木) 10:42:21 ID:???
      外敵                    ∧_∧
       /⌒ヽ                Σ (・∀・∩)
⊂二二二( ^ω^)二⊃                (⊃  ノ          
      |    /                    /( ヽ ノ \                               【アムロの愉快な分身達】
       ( ヽノ                 /   し(_)  \ ←財布と胃袋
      ノ>ノ                /【アムロ】【ロラン】 \
  三  レレ                / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
  【シャア・グエン】          /    【シロー】 【ドモン】   \ ←頼れる兄
                   /  【カミーユ】  【ギンガナム】  \                     ~○~ハロ!ハロ!
                  /                        \
                / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\                                 【マリナ】
               /        【アル】    【シュウト】        \ ←保護対象
              /                                 \
            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\                    【グラハム】
          /     【シーブック】    【ヒイロ】  【キャプテン 】      \ ←優等生
         /                                         \ 
       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\                          【変態兄弟】
      /        【キラ】   【ガロード】   【ジュドー】  【刹那】          \ ←問題児
    /                                                 \
  /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
 /                  【マイ】         【セレーネ】                 \←死活問題 
/                                                        \   
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\                      ※ ガンダム家ヒエラルキー
                【コウ】                   【シン】                 \←存在感
                                                             \
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                           【ウッソ】                                                【Tトロワ】



昔はこんな風に言われてたのに・・・

478 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/10(木) 13:45:44 ID:???
今でもそうだろ
アムロ兄さんだって仕事(パイロット能力)は一流だし
彼女がたくさんいても誰からも恨まれてないし(各媒体で二股かけたことはない)

479 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/10(木) 13:51:36 ID:???
え・・・・フラウは?
最終的に愛想尽かされてるけど、かなり扱いひでえぞ。

480 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/10(木) 16:24:05 ID:???
あれで「ひでえ」つうなら、普段どんだけお姫様あつかいしろってんだよw
たしかに、疲弊して追い詰められてた頃は乱暴な言い方もしてたけどさ、
あんな状況で、15才のガキが他人を思いやれる方が変だろ。

それに、「愛想尽かされ」ってよりは、「英雄」になって、社会的にどんどん「偉い人」に
なっていくアムロに、普通の女の子であるフラウが付いていけなくなっただけ。
愛想尽かした相手に、義理とは言え息子預けるか?

481 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/10(木) 16:58:32 ID:???
ヴ男「しゃぶれよ↓」

482 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/10(木) 18:06:47 ID:???
パーラ「おい、オイル塗れじゃねーか」
ザコ「ザコ?」
パーラ「洗ってやるからコッチにきな」
ザコ「ザコザコ〜くすぐったいザコよ」


ウッソ(パーラさんのオパーイに顔を埋めるなんて羨ましいですよザコさん!)
カミーユ(最近マトモになったと思ったのに)

483 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/10(木) 19:08:42 ID:???
ルペ・シノさんの胸に埋まる権利ならいくらでもあるというのに

484 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/10(木) 19:38:52 ID:???
ドモン 「甘い!甘いぞウッソ!!たった一人に全力の愛を注いでいれば、周りがどうであろうと
     羨ましがる事はないではないか!!」
シロー 「そうだ!ドモンの言う通りだ!!みんなどうしてたった一人を愛そうとしないんだ!?
     態度をハッキリさせておけば、修羅場になることもなく、双方共に幸せになれるものを!!」
ガロード「う〜ん。俺はティファ以外に相手がいないから、修羅場とかはよく分かんねーや。
     でも俺にはティファさえいてくれれば…」
ヒイロ 「本日3回目のノロケモード確認。正気に戻す」
ガロード「痛っ!デコピンは止めてくれよヒイロ兄!!」
シロー 「考えてみると、兄弟で相手が決まっているのは俺達くらいじゃないか?」
ヒイロ 「コウ兄さんやジュドーのようなパターンを除けば、そうだな。
     ハーレム属性、まだ関心がない年代、問題外とばらばらだ」
ドモン 「まったく……男なら大衆が見ている前で堂々と告白するくらいの気概を見せてみろ!」
ガロード「それが出来れば今頃はあっちの俺達みたいに……はぁ…」
シロー 「ガロードはティファ嬢の保護者の方々からも公認の関係だからいいじゃないか。
     俺はギニアス義兄さんが……はぁ…」
ヒイロ (リリーナとの時間が取れない。それにもしリリーナと結婚する事になったら、俺は毎日
     あの手料理を食べなければならないのか?……鬱だ…)




シーブック(セシリーとの仲は悪くない。カロッゾさんからの受けも悪くない。なのにどうして関係が
      一向に進展しないんだ!?)

485 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/10(木) 19:43:12 ID:???
山間部にある小さな集落に住むお婆さんと共に住むザコがいました。
足腰の弱ったお婆さんを常に支え、助けてくれるザコをお婆さんは本当の孫のように可愛がっていました。いつもありがとう、と言うお婆さんにザコは言います。

「お礼なんかいらないザコ。お婆ちゃんが元気で幸せならザコも幸せザコ」

お金はなくとも平和で、幸せな毎日。
そんな毎日がずっと続くと、思っていたお婆さんとザコ。

しかし

そんな毎日を壊すように、お婆さん達が住む山間部を超大型の直下型地震が襲います。

「お婆ちゃん!!お婆ちゃん大丈夫ザコか!!」

崩れ落ちた家屋からお婆さんを助け、足腰の弱ったお婆さんを背負い瓦礫だらけの道を避難所へ向けて必死に進むザコ。

「お婆ちゃん、安心するザコ!お婆ちゃんはザコが守るザコ!」

避難所になっている小学校の校庭には住民を助けるためのヘリコプターが着陸して、救助隊の人達が住民達を誘導していました。

「お婆ちゃん、もう安心ザコ!」

お婆さんが担架に乗せられてヘリコプターに運ばれていきます。
お婆さんがヘリコプターの窓からザコを見ています。
早く乗りなさい、お婆さんの口がそう動いたのにザコは気付きました。
ですがザコは首を横に振りました。
ザコは知っていたのです。

人命救助のためのヘリコプターにザコが乗る余地が無いことを。

傷付いた人々を乗せ、ヘリコプターが校庭を飛び立ちます。
窓から見えるお婆さんは泣いていました。
瓦礫しか残らない集落に一人取り残されるザコのために泣いていました。

「お婆ちゃん、泣かないでほしいザコ…。ザコは、お婆ちゃんが無事ならそれで嬉しいザコ…」

ザコは精一杯の笑顔でお婆さんに手を振ります。
泣かないで、泣かないでと呟きながら…。

ちょっと乗り遅れたか…w

486 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/10(木) 19:49:04 ID:???
>>480
フラウの場合はアムロが戦士として精神的にも独り立ちしていったのが原因だと思うが。
サイド7にいた頃は自分が世話しないと生きていけない、っつー感じでかいがいしく世話してたけど。
だからあの時点でヘタレ臭をまき散らしていたハヤトに惹かれたんじゃないかねぇ。
ハヤトはフラウに頼ってたし。(精神的に)

フラウって結構地雷女の性質持ってるよ。アレはアレで。

487 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/10(木) 20:34:34 ID:???
>>484
逆に考えるんだ。
十年後確実にくっつけて子沢山にも恵まれるじゃないかって考えるんだ。

488 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/10(木) 20:43:53 ID:???
>>487
さらに逆に考えるんだ
十年後にくっつく予定なのは原作のシーブックだ
このスレのシーブックじゃない

489 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/10(木) 21:08:21 ID:???
ガロードですら自分の周囲から世界全体の動きを考えるようになっていった時期には
一時的にとは言えティファを寂しがらせるようになったくらいだし
(おかげで伝説の甘々エピソード『私を見て』が生まれたわけだが)
男が成長する時というのはそういうものかもしれん。

490 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/10(木) 21:09:20 ID:???
>>485
だからお前ら何で俺の涙腺決壊させようと……GJ!

491 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/10(木) 21:27:47 ID:???
>>484
>ガロード「う〜ん。俺はティファ以外に相手がいないから、修羅場とかはよく分かんねーや。

パーラとエニルが凄い顔して睨んでるが
ガロードはティファしか目に入ってないという図がありありと浮かんだ

492 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/10(木) 21:30:33 ID:???
エル「私を見て……か。うわ、背中がムズムズする」
ティファ「それは……あの……」
パーラ「いやぁ、甘いですなぁ」
プル「パフェみたいに?」
プルツー「姉さん、それは良いから」
フェルト「…………(私も真似するべき?」

493 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/10(木) 21:31:45 ID:???
パーラやエニルがいくらちょっかい出そうとも、ガロードは

 テ ィ フ ァ で し か エ レ ク チ オ ン し ま せ ん

494 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/10(木) 21:44:11 ID:???
>>492
こういう会話に参加しないから、ルーは出番がないんだと思う

495 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/10(木) 21:53:56 ID:???
>>494
彼女たち中学生組の若々しい会話に入っていくのは、高校生のエルには微妙に抵抗があるのです。

496 :495:2008/07/10(木) 21:54:31 ID:???
訂正 エル→ルー

497 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/10(木) 22:01:20 ID:???
ルー「私を見て……か。うわ、背中に寒気が」

グレミー(ルーさん私を見てくださいルーさん私を見てくださいルーさん私を見てくださいルーさん私を見てください
     ルーさん私を見てくださいルーさん私を見てくださいルーさん私を見てくださいルーさん私を見てください)
カリス「電波の出力が足りないです、もっとティファのように強烈なものでないと届きませんよ」
ジュドー「おまえら何やってんだ……」

498 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/10(木) 22:17:10 ID:???
ティファのような強烈な電波を飛ばしたら人体砂糖化現象が起こるよ?

499 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/10(木) 22:31:20 ID:???
かってに>>485のつづきw

 数日後。
 きゅいーーーーーん……
ザコ「…ん? なんの音ザコ?」
コマンビー『ザコさーん! ザコ・ソルジャーさーん!
      いらっしゃいませんかー ザコ・ソルジャーN26485さーん!』
 山間部に拡声器で拡大された声が響く。
ザコ「おおー、あの人、空を飛んでるザコ…」
コマンビー『あ! あなたですね!』
 嬉しそうな声と共に、真紅のモビルシチズンが進路を変えた。
ザコ「こんにちはザコ」
コマンビー「はい、こんにちは。 私はコマンダー・サザビー。
      あなたのユーザーからお話を伺い、迎えに来ました」
ザコ「ユーザー?」
コマンビー「おばあちゃんですよ。 残されたあなたのことを
      とても心配しておいででした」
ザコ「おばあちゃん、無事だったザコ?」
コマンビー「ええ。 あなたのおかげです。
      さあ、おばあちゃんに元気な顔を見せにいきましょう」
ザコ「判ったザコ!」
コマンビー「さあ、しっかり捕まっててください! 飛ばしますよ!」


500 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/10(木) 23:27:51 ID:???
>>484
>ガロード「う〜ん。俺はティファ以外に相手がいないから、修羅場とかはよく分かんねーや。
     でも俺にはティファさえいてくれれば…」

エニル…可哀想に

501 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/10(木) 23:29:35 ID:???
コマンダーの口調が穏やか過ぎてこそばゆい

502 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/10(木) 23:30:24 ID:???
アムロ「クリスは脱いでもスゴいんだ」

503 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/10(木) 23:30:25 ID:???
よっぽどシャアに調教されたんだな>コマンダー

504 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/10(木) 23:46:29 ID:???
アムロ「まあ、コールガールを呼んでも経費で落とせるから女性に不足はないよ。」

505 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/10(木) 23:49:45 ID:???
コマンダーはシャアのお母さん的なフォローを回りにしてたんじゃないか?

506 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/10(木) 23:55:21 ID:???
本編でもコマンビーを演じる時はシャアとは違う役作りを求められたんだったか。

議長は「シャアと同じでいいです」だったらしいが。

507 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/11(金) 09:32:35 ID:???
>>503
シャアにそんな甲斐性(技術力)はありません。
コマンビーの最終調整をしたのはナナイですw

508 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/11(金) 11:00:26 ID:???
さすがナナイ、ギュネイのことといい、オスの調きょ…調整は上手だな。メスのクェスは失敗だったが。

509 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/11(金) 11:24:47 ID:???
C.A.チップ「酷い事を言われているぞ、オリジナルの私。私が手伝っただけなのに」
アフランシ「しょうがない人だな、記憶の中の俺は」
赤い彗星のひと「だから私のような者が生まれてしまうのだよ、表層意識の私」
シャア「帰れ!!」

510 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/11(金) 21:16:01 ID:???
>>498
シャギア 「あのエピソードさえなければ、向こうのカリスの苦労は半分以下になり、
      私達も地下室に閉じ込められずに済んだはずなのにな、オルバよ」
オルバ  「あの前にもティファがガロードに夜這いみたいな事を仕掛けてるし、
      遅かれ早かれ結果は変わらなかったと思うよ、兄さん」
シャギア 「つまりガロードが相手をしてくれない寂しさから、逆に自分を積極的に
      アピールするようになったということか」
オルバ  「このスレであれほど関係が進んでいないのは、逆説的にガロードがティファから
      目を離していないからかもね」


ガロード 「ティファ、そ、その…い、一緒に映画に行かないか?」
ティファ 「う、うん。……ガロードが一緒なら…」


オルバ  「ああいうのを見てるとまどろっこしくてついつい背中を押したくなるよね」
シャギア 「耐えるのだ、オルバよ。向こうのカリスの末路を忘れた訳ではあるまい」
シャクティ「分かります。純白ってついつい染めたくなりますよね。
      ティファさんは放置プレイが弱点っと…」
シャギア 「……こちらはこちらで危険だな」
オルバ  「性格が白いキャラクターは気をつけないとね、兄さん」

511 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/12(土) 00:13:01 ID:???
原作アムロは今思えばよくあそこまで立派になった物だと思うがな。
親を失い、帰る場所を取り上げられ長い間軟禁され自分の最大の理解者の一人であるシャアとは最後まで殺し合うことしかできなった。



512 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/12(土) 00:57:24 ID:???
つウッソ

513 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/12(土) 00:57:39 ID:???
ブライトとシャアのどちらか一方でも欠けてたら、いまのアムロはなかったと思う

514 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/12(土) 01:02:54 ID:???
シャアがいてこそのアムロで、アムロがいなくてもシャアはシャアでいられたと思うな。

515 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/12(土) 01:36:48 ID:???
勝新太郎かよw

516 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/12(土) 01:42:27 ID:???
コマンビー「おぉ、キャプテンではないか」
キャプテン「コマンダーサザビーか。上機嫌のようだが何かいい事があったのか?」
コマンビー「あぁ。最近マスターが真面目に仕事をしてくれるのだ。
      おかげで私の負担が減り助かっている」
キャプテン「そうか・・・」
コマンビー「そういうお前は元気がない様だが、何かあったのか?」
キャプテン「実は原因は分からないのだが、最近アムロの元気がないのだ。
      家にいる時も部屋に篭りがちになり、あまりみんなの前に姿を見せなくなった。
      食事を運びに行ったロランの話では『僕が一番ハンマーをうまく扱えるんだ』と言いながら
      何かの図面をひいてたらしい」
コマンビー「それは心配だな・・・」
キャプテン「あぁ。
      すまない、この様な話を聞いてもらって」
コマンビー「気にするな。モビルシチズンとはいえ、偶には愚痴ぐらい吐いたほうがいい。
      それより、お前のマスターが早く元気になるといいな」
キャプテン「あぁ、ありがとう」


後日、この話を聞いたシャアがアムロの様子を見に兄弟家を訪れたのだが、
なんとなく嬉しそうな顔をしたアムロに新作ハンマーでミンチにされたそうだ。

517 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/12(土) 03:28:35 ID:???
シャア「この調子>>509ではまさかラクロアの猫耳騎士まで出て来ないだろうな…ん?」
幼稚園児の服を着た金髪の幼児が天パの幼児と一緒に車体に「アーガマ幼稚園」と描かれた足こぎ車を漕いで近づいてきた。
名札に「しゃあ」と書かれている。隣の天パの幼児の名札は「あむろ」だ。
シャア「えーい、SDといってもそっちの方か!」
幼児しゃあ「…こんなカッコわるいオトナになりたくないね」
シャア「私はそんな小さい頃からシャアと名乗った覚えもないし、アムロと同級生になった覚えもない。
    大人をからかってないで、おうちに帰りたまえ」

518 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/12(土) 04:19:19 ID:???
その頃、シャアが立っているところの下を走る下水道内では。

ズゴック&ゴッグ「うわ〜〜〜〜〜〜」

クレイジーアングラーが流されていましたとさ。

519 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/12(土) 07:15:21 ID:???
>>517
シャア、隠し子と間違われるぞw

520 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/12(土) 07:17:18 ID:???
ジュドー『だからさぁ、ホントに単位がヤバイみたいで、いつもとは別に真剣な顔でハマーン先生が……』
プル『ジュドーの嘘つき!今日は遊園地に連れて行ってくれる約束だったのに!!』
ジュドー『悪かったよ。また今度な』
プル『やだやだ!今日じゃないとやだ!』
プルツー『姉さん、なら二人だけでいけば問題ない』
プル『そっか!プルツーは頭良いね!』
ジュドー『駄目だぞ!そんなのは。子供二人で』
プル・プルツー『『子供じゃない!!』』
ジュドー『子供だろ!!……あ、待て、切るな!!』
ガロード「なあジュドー、何一人で悶えてるんだ?」
ロックオン「フェルト、あんまりあの坊主に近づいちゃ駄目だぞ」
ハサウェイ「NTの電波で会話していただけですよ、ジュドーは」
ガロード「ああ、アムロ兄がララアさんとやってるアレか。俺達には不気味だから止めて欲しいぜ」
ジュドー「うっさいな」
パーラ「まぁまぁ、補習仲間同士仲良くやろうぜ!」
オデロ「そうそう」
ハマーン「落第生同士で妙な連帯感を持つな。さっさと席に着くのだ」
ティファ「じゃあガロード……待ってるから」
フェルト「さよなら、みんな」
ハサウェイ「頑張ってね」
ビーチャ「じゃーな」
ハマーン「最後、逃げようとしても無駄だ!」
ビーチャ「作戦失敗……」


オルバ『兄さん、もう無理だよ。こんなに暑いのに着ぐるみのバイトは限界だ』
シャギア『オルバよ、考えるのだ、逆に考えるのだ。これはダイエットなのだと』
オルバ『ホーク姉妹じゃないんだから、男の僕がソレには誘われないよ。逆に冷たいモノが食べたいよ』
シャギア『食べ物だって、このバイトを終えてからでなくては買えん……』
オルバ『なら変わっておくれよ、兄さん。どうして僕が着ぐるみで、兄さんがウォーターランドの監視員なんだい?』
シャギア『オルバよ、アッガイスライダーが滝を降る度に水しぶきがかかる私の仕事も大変なのだ。一張羅のシャツが台無しだ』
オルバ『兄さん、それでも兄さんのバイトの方が羨ましいと思うよ』
プルツー「おい、ユニコくん。さっきから私は風船をくれと言っている」
オルバ「おっと、これは失礼(珍しいね、カッコは良いが女癖が悪くて言い様に人に使われるユニコくんの風船を欲しがるなんて)」
プルツー「二つくれ」
オルバ「駄目だよ、一人一個だ」
プルツー「姉さんの分だ。融通の利かない奴だな」
オルバ(このガキ……)
プルツー「白じゃない、紫をくれ」
オルバ(注文の多い子供だ、まったく。でもジオンランドのバイトは給料は悪くない、我慢だ我慢)
タッタッタ……
オルバ(フン、風船を貰って楽しそうに。やっぱりガキだな)
タッタッタ……
オルバ「?」
プルツー「おい、姉さんが居ないぞ。知らないか」
オルバ「知るわけ無いだろう」
プルツー「困った……きっと迷子だ」
オルバ「迷子は君だろ」
プルツー「なんだと!私が迷子な訳ないだろう!!」
オルバ「迷子はみんなそういうのさ」
プルツー「く……やはりユニコくんは性格が悪いな。まあいい。NT電波で姉さんに連絡を……」
オルバ(コイツNTか!忌々しい)
プルツー「あれ…ええい、混み合っているな……連絡が付かない」
オルバ(ざまーみろ)
プルツー「………」
オルバ「?」
プルツー「……オロオロ……オロオロ……」
オルバ「………」
プルツー「姉さん……う……うぅ……」
オルバ「ええい、泣くな鬱陶しい!一緒に探してやるから!」

521 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/12(土) 07:18:53 ID:???
.

アムロ「だから安易に電波を飛ばすなといったんだ」
ジャミル「ミノフス境界の復旧のめどは?」
シャリア「夕方まではなんとかなるでしょう」
ランスロー「そろそろちゃんとした法制度を考える時期じゃないのか?」
アムロ「それはエゴだよ」


プルツー「だいたい姉さんはいつもいつも私に嫌な仕事を押し付けるんだ」
オルバ「……僕もそう思うよ」
プルツー「そのくせ、本人には押し付けているという自覚がない!当たり前だと思っている!!」
オルバ「全く非道い話さ」
プルツー「なんだ、意外と話の分かる奴じゃないか」
オルバ「それはコッチの台詞さ」
プルツー「考えたら腹が立ってきたぞ。どうして私は遊園地まできて姉さんを捜さなきゃならないんだ!」
オルバ「まったくさ。どうして僕が炎天下で着ぐるみを着なきゃならないんだ」
プルツー「決めたぞ!私はこのまま遊園地を楽しむ!付き合え、ユニコくん」
オルバ「僕ももうこんなバイトなんてやってられるか!」
プルツー「!!……そ、そんな……ユニコくんの中から人が……」
オルバ「………」


プル「それでね、プルツーってば……」
シャギア「ふ……下の子というのはそういうものだ」
ガチャ
シャギア「さあ、迷子センターに案内したぞ、あとは係の人間が……」
プル「この人、寝てるよ?」
シャギア「酒瓶だと……なんという職務怠慢だ……」
プル「どうしよう?プルツーのこと見つけられないの!?」
シャギア「仕方ない、話を聞くと他人とも思えないことだし、私が手伝ってやろう」
ぐ〜〜〜
プル「………」
シャギア「その前に食事をとらなければならないようだな(ええい、財布の残りが少ないというのに!)」


プルツー「もう1回!もう1回!」
オルバ「もうジェットコースターは三度目だろう!他のにしろ!」
プルツー「じゃああそこにする」
オルバ「ミラーハウスか……まあいいだろう」
カツカツカツ……
オルバ(さっきから随分大人しいな)
カツン!
オルバ「おい、頭からぶつかったぞ、大丈夫か?」
プルツー「………」
オルバ「おい!」
プルツー「私がいっぱい……」
オルバ「ああ?それは鏡だからだ」
プルツー「嫌だよ、嫌だ……私がいっぱいいるのは嫌だ……」
オルバ「おい!急に走……そっちは鏡だ!!」

シャギア「……!!」
プル「どうしたの?」
シャギア「弟に何かあったようだ」
プル「え?」
シャギア「痛みが伝わるのだ。場所は……ミラーハウスだな」

522 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/12(土) 07:20:03 ID:???
プルツー「あ……ああ……私を庇って……」
オルバ「本当に嫌な日だね、今日は」
プルツー「顔から血が出ているぞ!」
オルバ「ああ、そうみたいだね。君は怪我はないのか?」
プルツー「私の事などどうでもいい!」
オルバ「よくないな。君のお姉さんが心配する。兄弟に心配をかけるのは僕の美学に反するのさ」
プルツー「お前、あとちょっとずれてたら失明してたかも知れないんだぞ」
オルバ「まったくもって、君のせいだ。だから君はとっととお姉さんの所に帰るといい」
プル「プルツー!!」
プルツー「姉さん!?」
プル「どこにいってたのよ!私心配したんだから!!」
シャギア「オルバよ、このハンカチで血を拭くといい」
オルバ「ありがとう、兄さん。それにしても偶然だね、迷子の姉妹をそれぞれ見つけてたなんて」
シャギア「血を分けたものというのは、数奇な運命で繋がっているものなのだよ」
ぐ〜〜〜
プル「あはは、安心したらお腹空いちゃったよ。ご飯にしよ?」
シャギア「そうしたほうがいい。この炎天下の中で何も食べずにずっと探し回ってたのだ。
       お腹が鳴るで済めばいいが、脱水症状を起こしたら冗談にはならないぞ」
プルツー「ずっと?……ご、ごめんなさい。姉さん、私、姉さんを捜そうともせずに遊んでた……」
プル「全く、しょうがないわね。でも私はお姉ちゃんなんだから、これぐらい当然だよ!!さ、プルツー、パフェたべにいこう!!」
タッタッタ……
プルツー「おい」
オルバ「なんだ?」
プルツー「その、なんだ、今日はありがとう。楽しかった」
オルバ「ふん。僕も中々有意義な時間を過ごせたよ」
プルツー「また遊んでくれるか?ユニコくん」
オルバ「オルバだ。オルバ・フロスト。……お姫様のお願いとあれば、また向かえにあがりましょう」
プルツー「なんだ、それは……フフ、おかしな奴だな。おいオルバ、ちょっとしゃがめ」
オルバ「(オルバさん……だろ!!)……こうかい?」
CHU!
プルツー「きょ、今日のお礼だ。お姫様からの。……またな!」


ジュドー(あ……ありのまま、起こったことを話すぜ。
      プル達が帰ってきてないと知って慌てて遊園地に来てみたら、
      プルツーが我が家で時々飯をたかってる変態兄弟の弟のホッペにチューしてた……ッ!
      何を言ってるかワカンネーと思うが、俺もわからねぇ……
      NTのトンデモ世界とか、パイパー化とか、断じてそんなチャチなもんじゃねぇ
      もっとスゴイものの片鱗を味わったぜ!!)

523 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/12(土) 07:20:45 ID:???
翌日
ガロード「御馳走さま!」
シャギア「待ちたまえ、ガロード。まだ茶碗に米粒が残っているぞ」
オルバ「もったいないだろう?」
ガロード「お前達に言われたくねぇ!!帰れ!!」
ジュドー「そうだ!帰れ!!ハイメガキャノン発射!!」
ウッソ「ちょっと、食卓ですよ兄さん!!」
ジュッ
シャギア「むう、危なかった。とっさにウッソ君を盾にしたが」
オルバ「しかしどうしてジュドー君が僕たちを排斥しようとするのだろうね」
ジュドー(プル達を守らねーと…ッ!!)
シャア「前回は見舞いの品などを持って損をした!今日はロラン君に一直線に向かわせて貰う!!」
アムロ「ええい、邪気がきた!ジュドー、仲間割れをしている場合じゃないぞ!」
ジュドー「コイツらが仲間だってのかよ、兄さん!」
アムロ「えぇい、キャスバル専用ガンダムだと!!だがハンマーは持っていまい!!」
ギンガナム「ひさびさのシャア退治であーる!ターンXの力を見せるときがきたぁぁ!!」
シャギア「降りかかる火の粉は振り払わねばなるまい」
オルバ「ヴァサーゴとアシュタロンにΖΖで勝てるかな?」
ガロード「丁度いい機会だ、DXで変態兄弟を追い出してやる!!」
シン「くそう!ドサクサに紛れて飯が取られた!!デスティニー、出るぞ!!」
ロラン「コウ兄さん!ドサクサに紛れてニンジンを残さないでくださいよーー!!」
コウ「月光蝶はやりすぎだ、ロラン!!」
シーブック「ああもう、デンドロビウム出し始めたよ。しまうの大変なのに……」
キャプテン「騒ぎに乗じて侵入した御曹司を捕獲した」

ハム「うむ、今日も朝からガンダムがいっぱいだな〜」
刹那「ああ、ガンダムだ」

524 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/12(土) 08:49:43 ID:???
GJ!
双子繋がりか。やりとりが新鮮で面白かった
しかし変態兄弟よ、子供に親切なのはいいが、バイトをサボって給料はもらえたのか?

525 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/12(土) 09:18:57 ID:???
>>523
キラ「朝御飯を御大将に食べられる心配は今日はないんだよね…………でも」
ラクス「はい、キラのスタミナアップに私が考えた特製料理です。沢山作りましたからい〜っぱい召し上がって下さいね♪」

オォォォ……

キラ「(食べ物の出す効果音じゃないよラクス!)始めるか、僕の種割れ……大丈夫、コーディネーターは砕けない………」


526 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/12(土) 10:13:49 ID:???
だれだ〜?ナデシコ型怪奇料理精製ウィルスをこのスレに蒔いたのは?
女性にしか感染しないからフェミな野郎どもが塗炭の苦しみを味わうんだぞ?

527 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/12(土) 10:29:49 ID:???
ヒイロ「五飛、教えてくれ……俺は後何回耐えたらリリーナの料理で自爆しないですむ? ゼロは何も答えてくれない……」

528 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/12(土) 10:32:11 ID:???
>>525
あれ?料理の腕が破壊級なのはご近所のラクスで、こっちにはそんな設定付いてたか?

529 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/12(土) 10:54:54 ID:???
でもラクスが料理うまいと何か間違ってる気がするのはなぜだろう

530 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/12(土) 11:01:41 ID:???
お嬢様キャラは料理下手というのが定番になってるわけだ

531 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/12(土) 12:19:26 ID:???
>>528
ここのラクスも以前から破壊料理だった

532 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/12(土) 12:45:28 ID:???
男の料理の腕前は、
アムロ:小説でCCAの年齢では料理が出来ると明記。スレ的にはロランが成長するまで弟たちを食わせてるので熟練者。
ロラン:映像で家事一流とわかる。スレ的には現時点での兄弟一家の台所の主。
    その料理は変態相手に、ドラえもんの桃太郎印のキビダンゴ級の威力を発揮する。
シロー:正直08未見だが、野外生活慣れしてるので、その手のものは作れるだろう。
ドモン:正直Gも未見だが、不器用と言っても修行生活長いし、ある程度の料理技術無いとやっていけない。
ヒイロ:正直Wも(ry、基本的に単独行動なので、食料調達も自力でこなすはず。刹那もその口だろうか?
ガロード:正直X(ry、サバイバルに必須の技術として出来るはず。
ウッソ:スペシャルなら出来るんだろ。
シーブック:パン作りとジャガイモの皮むきは上手だ。
カミーユ:スレ的には、ハンバーガーはマニュアル通り焼けます。
ジュドー:スレでは不明。小説ではヤザンにおごるハンバーガー代がもったいないと自分でチキンを焼こうとするが、
      焼けるまでに台所をゴミの山にしてリィナにどやされた。無駄になった卵多数。要するに下手。
他の兄弟:わかりません。
鉄仮面:このスレでは至高のパン職人。
サビーネ:黒パン焼けるよ!
東方不敗:中華料理の名人。
ディアッカ:チャーハン作るよ!
サイ・サイシー:中華ならチャーハン以外も作るよ!
ランバ・ラル:本人が作るかどうか知らないが、スレ的には経営してる居酒屋は人気。
マツナガ:熟練の寿司職人。
ジョニー:料理はうまいが店には定着しない。
シナプス:美食家として時々登場。作るかどうかは知らんが、元ネタのアレは作るのも一流。味皇コジマは出ないねw

533 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/12(土) 13:20:15 ID:???
ジェリドとシナプスが料理を巡って確執があるってのはどこのスレでも定番だよな
カレーとバッテラ

534 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/12(土) 14:18:15 ID:???
コウ「シナプス教授がテレビに出ているんだって?」
ロラン「すごいいい料理番組なんですよ!コウ兄さんもメモとって、ほら」

〜シナプスの美味すたる・クッキング〜この番組は○○の提供でお送りします
シナプス「この世界で生まれ育った全てのジムカスタム(特徴がないのが特徴)
     な料理しか作れない男の人にお伝えさせて頂きます」
ガトー「っとまあ始まりましたね、シナプス先生。」
シ「はい、ところでバニングさん、最近暑いと思えませんか?」
ガ「はい、実は先日自分も夏ばてしまいまして、そろそろロートルかなと思い始める今日この頃」
シ「いやいや、貴方はまだ若い。そんな時にはこの梅干しが効果があるんですよ。」
バ「ほう、これはこれは…一つ宜しいですかな、…ウン…美味いですな」
シ「でしょう、これ実は私の知り合いの家からお中元にもらった物なんですが
  なかなかいい味をだして。これがお茶漬けに良く合うんですよ…」
バ「確かに今では梅干し入りのお茶漬けも市販出ていますね」
シ「ですがそれだと塩気が多いでしょう」
ガ「確かにアレは多少気になりますな」
シ「なので今回ご紹介するレシピは『ジムカスタム男必見!簡単で素早くバランスのとれた
  おいしい梅干し茶漬け』です」
ガ「それでは早速料理に取りかかりましょう…」

ロラン「あーーーー、あの梅干し家で漬けた奴ですよ!!ぃやったぁ、美食家の
    シナプス先生に認められるなんて……(感涙)」
コウ「くそ…ガトーめ最近見かけないと思ったら」
刹那「この男の声どこかで……お茶漬け美味そう…ガンダムな料理だ!!」


535 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/12(土) 14:26:22 ID:???
間違えた
シ「はい、ところでバニングさん…
正しくは
シ「はい、ところで明夫…
要は禁断の声優ネタだ

536 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/12(土) 14:41:39 ID:???
ちょ、ガンダムな料理って何さ刹那w
ちょっと面白いじゃないか(爆)

537 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/12(土) 14:43:03 ID:???
なんとなくだが、ヒイロが調達する料理は全部ミリメシのような気がする。
副業でミリメシ評論家とかもやってたりしてw

538 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/12(土) 14:46:13 ID:???
禁断の声優ネタとかいう前に出演者の構成がよくわからんかった。
ホスト=シナプス、司会=ガトー、ゲスト=バニングの3人でいいのか?

            _,....-―――-、
       __,..:-‐'"          `::、
     ( ̄ ゙  ´    _,.......      ,i
     \ __,.:r<二:-――-/ヲハ i
       l>ー-、_。-.、__    ヾテ彡‐"
       .i゙ヘニトf" ,r≧、_ ̄`゙ー-l
       .ト、〈.トハ  ̄ヽ__゚ゝ、.  ヽ.
       ハ_/' ヽ  ー-'",. `ト:t-、_ゝ
      ,/ /  ! ,r-‐〃_ l"
     ハ、 ヽ、  / ;   >ァ'
__,..r‐/   ヽ-、ヾ:、  ゙*"/ ←梅干しを食べたシナプス先生
    ヽ、     \.>、__ ,_/
     \     / ̄ーiT<__
       ゙ヽ.__/   .!l   `゙ー


539 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/12(土) 14:47:24 ID:???
ソ連製レーションを食うたびに
ヒイロにしては感情を込めて「……まずい!!」などと酷評
日本製カップラーメンを見つけて大喜び
現地の野生動物・植物について情報を得るたびに、返事は「で、美味いのか?」

なんてことになってそうだ

540 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/12(土) 14:48:45 ID:???
>532
このラインナップにセレーネがいないのはやっぱり・・・

小説版の描写だが、ウッソは確か自分で家畜をばらして燻製を作ったりしてた
TVでもオデロ達に自分の作ったソーセージを食べられてしまうというシーンがあった
まぁ両親が一人で生きて行けるように教育してたからサバイバルにも強いはず



541 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/12(土) 15:04:26 ID:???
ヒイロは工作員のカリキュラムに掃除、裁縫、料理が含まれているそうです

542 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/12(土) 16:00:51 ID:???
セレーネは少なくとも「やらない」だろうな。
家事堪能な人間が一人居ると、他の家族はなかなか手を出そうとはしない。
セレーネ「兄さん、お腹すいたー」

それなのに「兄さんのお手伝い」とがんばるロラン君の優しさが…

マイも原作では正規の軍人なので、最低限の自炊は出来るはず。
このスレでは、性格的に材料と分量をきっちり揃えそうなので、
味は旨いが時間がすっごくかかりそう。
マイ「味付けに塩を2g増やしてみました。 いかがです?」

コウも同上。
このスレ的には、ラグビー部伝統の漢料理(合宿料理:原型はシナプス教授監修)は
叩き込まれてそうだが、自分からはやらない。
コウ「そんな時間があったらガンプラ作るよ」

キラはやれば出来る子。
ただし用意と後片付けの面倒が先にたって、ほっとくとレトルト、カップ麺、
カ○リーメイトのヘビーローテで済ませてしまう。
キラ「こっちの方が合理的だし…」

シンはやれば(ry
ただ、盛り付けとか考えない「男の料理」な上に、器具の扱いがなっていないので、
洗い物と台所の掃除が大変なことになる。
シン「うわっ!(ガラガシャーン!) …ま、あとで洗えばいいか」

アル&シュウトは、危ないので一人では台所に立たせてもらえません。
このスレじゃお手伝いは率先してやる「いい子」みたいだが…
二人ともパンケーキくらいなら焼きそうだ。

キャプテンは過去スレに家事万能で、ロランが存在意義崩壊の危機に
立たされる話があったはずw

補完はこれくらいかな?

543 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/12(土) 16:08:52 ID:???
シュウトは料理を作るメカくらい作れそうなんじゃないかな

544 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/12(土) 16:29:56 ID:???
たしかにマイは経験則とか信用しなさそうだよな

545 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/12(土) 16:32:56 ID:???
いや、でも料理では分量ってとっても大事なことなんだよ。
とくにお菓子作りとかだと。
主婦の料理が今ひとつなのは目分量でやっちゃうことが多いから。
面倒くさがらずにきっちりレシピ通りに作ると驚くほど味が変わったりする。

546 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/12(土) 17:28:11 ID:???
>545
しかし作る側になってみろ。そしてやたら急かす奴がいると考えてみろ。
…マイのやり方が悪いとは言わんが、急かす奴がうるさくてかなわんだろうが。
面倒なんじゃない、時間との戦いなんだ。

…イヤ、正直面倒な日もあるさ。と弱腰になる俺OTL

547 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/12(土) 17:32:16 ID:???
ちょ、シナプス先生のAAワロス
何となくガトーとシナプスの組み合わせ(中の人は親子)
ってネタはあまり使われなかったからやってみただけのこと

ゲストは毎回代り、ディアナ様をはじめと東方不敗先生、王留美などが…
なお、砂漠の虎がゲストの時はアスハ邸でガンダムファイトが勃発する

548 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/12(土) 17:50:00 ID:???
>547
そのガンダムファイトも中継あったり、ストーカーが司会だったりするのかな?w
毎回勃発するんだったらやらんだろうがw

549 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/12(土) 17:56:47 ID:???
>>532
ジョニーは自分で料理した上に自分で配達してそうだ。
出前と言わずにデリバリーと言ったほうが良いかな?

550 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/12(土) 17:59:44 ID:???
>>547
ガンダムファイト国際条約第七条:自宅ががリングだ!

551 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/12(土) 18:01:40 ID:???
やっつけ仕事でスマンが、禁断のヒロイン編!

ベルトーチカ「そう言うのはプロに任せるに限るわ。
       雇用は増える、私は美味しいものを食べられる。 合理的でしょ?」
チェーン「一応、自炊はやってますけど…一人暮らしじゃどうしても面倒で、
     簡単なものしか作りませんね。
     誰か、作る相手が居てくれれば…」チラチラ
セイラ「同僚の評判はあんまり良くないわね。 『味はともかく色気がない』そうよ」
小説の二人はわからん!

ソル「料理? …叔父さんが家事のぜんぜん出来ない人だったから…得意なほうじゃないかな?」
スウェン「…いや、俺はそう言うのは…」

アイナ「ええ、得意ですよ?」
ノリス「ギニアス様は舌が肥えておられますので…」
アイナ「現在のサハリン家では、料理人を雇うのもままなりませんしね。
    …ちなみに、私のお料理の先生はノリスです」クスクス
ノリス「アっ、アイナ様、それはご内密にとっ!」

エルヴィン「姉さんですか? …えっと…それなりに?」
モニク「何故疑問形なんだ! 私も軍人だから、一通りはこなせる!」
エルヴィン「(一通りしかこなせないから、疑問形なんだけど…)」

レイン「まぁ、さすがにロラン君には負けちゃうけど…ファイターの健康管理は私の仕事ですからね。
    栄養学的にはバッチリよ?
    …でもね、どんなに気合を入れても、あっと言う間に食べ散らかして終わりなのよ…」

552 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/12(土) 18:02:33 ID:???
コッセル「料理…ですかい?
     そりゃぁ、俺たちシーマ組の野郎は全員、胃袋を鷲掴みにされてるようなモンでして」
モーラ「え? ニナの…料…理? ……はははは…はは…はぁ…」

ファ「料理は…まあ得意な方、かな? クラスの中じゃ胸を張って言えるけど、
   この場合、比較対照はロランな訳でしょ?」
フォウ「私はぜんぜんダメ。 そういう事、一度もやったこと無いから」
ロザミィ「私は得意! この間のお弁当、お兄ちゃんも美味しいって言ってくれたわ!」
ファ「………」
フォウ「………」
ロザミィ「ん?」

セシリー「ふふん?」←余裕の笑み

ディアナ「私は食べる専門ですから。 …と言ってしまうのはまずいのでしょうけれど。
     ロランより美味しいものを作るとなると、大事ですね」クスクス
キエル「マロン・グラッセとか、お菓子なら少しは…でも、ウチもジェシカに頼りきりですから」
ソシエ「…」ブィッ!

ラクス「あらあら?」
カガリ「その、得意…な、つもりだったんだけど…」

ステラ「うぇ〜い!」
ルナマリア「それじゃ判んないでしょーが!」
メイリン「えっと、姉さんはちょっと体育会系というか…そんな感じです。
     私はお菓子とかなら少し…」

553 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/12(土) 18:03:24 ID:???
シーリン「お姫様に何を期待してるんですか」
マリナ「む…最近じゃハンバーガーのパティ焼きもやらせてもらえるようになってるんですよ?」
ネーナ「んん?」

リリーナ「勉強中です。 お料理って大変ですのね…」

ティファ「ルチルさんから、教わってるところです。
     …ガロードに美味しいって言って欲しいから…」(////)

エル「あたしは、それなり、かなぁ?」
ルー「訓練学校で一通り。 でも、ああいうのって無闇に男っぽいのよねー」
プル「リィナのご飯は美味しいよ!」
プルツー「姉さん、この場合、問われているのは私たちの腕前だ」
ハマーン「(……かつての忌まわしい記憶が…)」

シャクティ「野草、山菜の料理なら、ロランさんにだって負けません!」

クリス「ふっふっふ、何を隠そう、ロランに料理の手ほどきをしたのは私です。
    …今や弟子の足元にも及びませんが」orz
ロラン「ああっ! ほ、ほら、ケーキとかならクリスの方が美味しいし!」

シュウト「セーラちゃんのケーキは最っっ高だよ!」
リリ「え? ケーキって作るものなんですか?」

554 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/12(土) 19:59:54 ID:gQXIiIoI
ヒイロなら、声優ネタで、マーボーカレーを持って来そうだ。

555 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/12(土) 20:19:57 ID:???
クwリwスwwww
がんば

556 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/12(土) 20:27:33 ID:???
声優的に桑島ず(ステラ、フレイ、ナタル)が壊滅的で
林原ず(クリス、マリオン)が戦略兵器なんですね
あと、モニクはチーズケーキを極めし者

557 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/12(土) 21:02:34 ID:???
>>542
補完の補完ってことで

某アニメ雑誌によると刹那はマイスターのなかでアレルヤの次に料理がうまいらしい

あと、種きゃら劇場とかいう奴でルナマリアがシンは料理がうまいと言っていたってのも聞いたことがある

558 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/12(土) 21:14:07 ID:???
シンはやれば何でも出来る子
その為の努力も怠らない
てゆうか、執念で成し遂げるタイプだ

559 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/12(土) 21:24:17 ID:???
>>558
なるほど。コウに通じるところがあるな
>執念で成し遂げるタイプ

560 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/12(土) 21:26:15 ID:???
>>559
だがコウはニンジンだけは駄目だ
紫豚も駄目だし、シーマ様の愛も受け入れない

561 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/12(土) 21:31:01 ID:???
弱点があってもいいじゃない みつを

562 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/12(土) 21:34:47 ID:???
プルは小説版で料理を作った事がある
プルツーと戦う直前

563 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/12(土) 21:43:16 ID:???
ロンメルはクスクスとかの北アフリカ料理やカレーのようなスパイスを使った料理が得意そうだ
ゴップは企業の重役だけど趣味で美味い料理を作ってそうな気がする

564 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/12(土) 21:54:14 ID:???
種きゃらのシンは女装も凄い
兄弟で女装対決させたら、おそらくローラとシンの一騎打ちになるだろう

565 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/12(土) 21:59:39 ID:???
イーノをなめるな!

566 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/12(土) 22:05:06 ID:???
イーノは兄弟じゃねーw
女装ジュドーは化け物だしなw

567 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/12(土) 22:19:39 ID:???
セレーネがちゃんと化粧して、余所行きの服に着替えた姿を「女装」だと一瞬でも思った俺はどうすればいいんだろう?

568 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/12(土) 22:28:56 ID:???
輪切りにされればいいよ思うよ

569 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/12(土) 22:41:35 ID:???
ジュドーの女装は顔だけだったらそこまででもないと思うんだが
いかんせん剥き出しの足と二の腕が逞しすぎた
あと声

570 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/12(土) 22:42:40 ID:???
ロランは華奢なのか意外とガッシリしてるのかわからんな

571 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/12(土) 22:46:27 ID:???
体操選手みたいな体つきと言えばよいのか
無駄な脂肪はついていない、それでいて筋肉はしなやか
野生の豹とか、そんな感じ

572 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/12(土) 22:49:03 ID:???
若いころのアムロ兄さんには
影武者が女だった時代もあるんだぜ
きっと女装アムロと女装セレーネが最強だ

573 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/12(土) 22:49:08 ID:???
             _,.‐ '"´ ̄ ̄ `'丶 、
          ,. ‐'"            `' 、
           /                    ヽ
.       /                        ',
      , '                           !
.      /                         |
    '       /   i      i           |
    i       i|   l i i ! !            |
    |   i   ||i    | | | jハ             | <逆に考えるんだ!俺の声が朴ろ美だったらって
    |  !. {   ハ、___」 r=マ;ヾ´ ヽ          |
     !  {  l、  」_     ヾ;ゾ   |        i   |
    ヽ、‐'ヘ='"マ;ヽ            |   i   l   |
         ヽヽ‐゙ノ          |   |   |  リ
            |.、 ヽ         |   |    j _ノ
           | ヽ  -‐ '´       |   | , イ_
.            i  、  ´    ,  | |  」'"/ }
             |.   ヘ、_  ,. イ   | | /   ,.‐' ヽー- 、_
             i  ル ',....... 〈 |r'´ リ´   /        `゙ 丶、
           ヽ_//    ヾ__  -‐ '"         _,.-一-、


574 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/12(土) 22:49:18 ID:???
亀レスだがマイは軍人じゃなくて軍属だぞ。だから一般兵が受けるようなサバイバル技術とかはあまり習っていないはず。

575 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/12(土) 22:50:40 ID:???
>>571
シャア「正確な評論だな。つまり夜の女豹というわけか。」
グエン「ローラ・・・(*´Д`)ハァハァ」

576 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/12(土) 22:51:06 ID:???
>>572
<<警告! アンノウン急速接近中!>>



<<ブレイク! ブレイク!>>

577 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/12(土) 22:58:48 ID:???
>>575
豹は物凄く獰猛な肉食動物なんだけどね・・・
ミンチで済むといいねっ♪

578 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/12(土) 23:02:24 ID:???
>>575
>>573に相手してもらえw

579 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/12(土) 23:04:17 ID:???
>>576
君はサイファーとピクシーを知ってるね?

ピクシーと言えばRX―78XXという機体だな…
一応アムロ兄さんが乗る予定だった機体らしい。

アムロ「あれはあまり俺には合わなくてね…」
ボルク「運搬していた私に譲っていただきました」
アムロ「しかし、よくあんな紙装甲で使えるな」
シャア(後半殆ど避けてた貴様が言うな!)
アムロ「む!ガンダムハンマー!」
シャア「ギャァァ!」

580 :532:2008/07/12(土) 23:21:38 ID:???
>>540
「男の料理」の話なので書いてませんw
セレーネ自身については判断するだけのネタがないのでなんとも書きようがないけどさ。
スレネタだけだったら、ギンガナム「ぐうたらのセレーネがぁ!付け焼刃でやったってできるわきゃねえだろぉ!!」にしかならんし。

あそこでは料理下手な女性陣の話が続いたので、男の方はどうだというつもりで書いたんだが…。

581 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/12(土) 23:25:04 ID:???
セレーネは作れもしない(作ったことのない)料理に勝手にアレンジを加えようとして凄いことに・・・、ってイメージ

582 :547:2008/07/12(土) 23:35:15 ID:???
>550
マジかwっていうか普通にありそうでこええw

>581
で、上下の兄弟から散々マズイって言われて、ロランから最終的に"全部自分で食べて下さい(ハート付きっぽいけど目が笑ってない)"って勧告受けるんだなwで、意地張って本気で全部食って、寝込むんだなw
…自業自得か(ry

583 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/12(土) 23:36:27 ID:???
>>582
「自己解決したんなら良いじゃん」という声が兄弟の中からあがってますが?

584 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/12(土) 23:40:24 ID:???
味はいいんだけどやたら時間がかかるっつったらこれを連想する

      オリヴァー・マイシェフの夏野菜スペシャル

マイ「兄さん、パイ食べませんか?」
アムロ「なんでパイなんだ?」

585 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/12(土) 23:40:42 ID:???
アル 「セレーネ姉さんより、姉さんの作ったAIの方が料理上手そうだよねー」
シュウト 「ねー」

586 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/12(土) 23:43:36 ID:???
>>584
どうでしょうワラタ

587 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/12(土) 23:58:57 ID:???
自動料理マシーンとか
家事は全部作ったものにやらせるのかw

588 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/13(日) 00:01:58 ID:???
「ミスター味っ子」にそんなキャラがいたな

589 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/13(日) 00:10:17 ID:???
>>540
ウッソって家畜をばらせるんだ。
なにげにすごいなあ、食べるために生き物を殺せるって生物として基本
なんだけど人としてそうそうできるもんじゃない。
うまい料理を作るならロランだが、料理人としたらウッソかも知れん。

590 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/13(日) 00:12:50 ID:???
>>589
ガンダム家では変態どもをバラしてミンチ以下にするのが基本
全然すごくない・・・

591 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/13(日) 00:18:26 ID:???
挽き肉が主かよw

592 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/13(日) 00:24:45 ID:???
>>590
ミンチになるけど殺したことあったっけ?
正直食べるために生き物を殺すのはキツイ。まずくてもパック入りのほうがいい。

593 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/13(日) 00:31:30 ID:???
【A.Iが】妹のメシが不味い【止まらない】


ギニアス「気の毒にwww」
ジュドー「ねーよwwww」
ドレル「妹の手料理サイコーwww手作りパンうめぇww」


セレーネ「兄さん、ちょっと、いらっしゃい・・・?」
アムロ「俺はやってない、無実だ!」

ゼクス「私でもないぞ、リリーナ」
リリーナ「わかっております、お兄様は喜んで召し上がってくれますもの」
ヒイロ「・・・・・・・・・(リリーナに真実を伝えられる者は誰もいないのか・・・)」


594 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/13(日) 00:41:25 ID:???
マリナは最近皇女として担ぎ出されて、それ以前は一般ピーポーだった
みたいだから料理は出来ると思うぞ。出身国的にも。

それより今思ったんだが2期マリナって長兄と
同 じ 歳 に な る ん だ よ な
子供が親と同じ歳の異性を相手とする心境に長兄は耐えられるのか・・・?

595 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/13(日) 00:43:02 ID:???
あやまれ!ディアナさまにあやまれ!

596 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/13(日) 00:49:39 ID:???
2期刹那「『俺がガンダムだ」、か……
      フ、そんなことを言っていた時もあった。若かったな俺も」

ネーナ「違ーう! こんなのあたしのせっちゃんじゃなーい!」
マリナ「あなたのかどうかは別として、確かにあの刹那とは思えないわ」
アムロ「なぜだろう、こうなるのを望んでいたはずなのに……
     この何とも言えない強烈な違和感は……」

597 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/13(日) 01:04:00 ID:???
>595
まあまあ、そう目くじらを立てるな。このスレのアムロ兄さんなら大丈夫じゃないか?
…たぶん。

598 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/13(日) 01:13:35 ID:???
>>594
コウとシーマの年齢差よりはましだろ。シーマはアムロよりずっと年上だし。

599 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/13(日) 07:54:53 ID:???
シーマさんはすでにひとつのジャンル!何も問題はなかろうなのだァー!!

600 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/13(日) 09:50:31 ID:???
>>594
一般ピーポーってほどでもないんじゃないか?
有力部族の娘みたいだし

601 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/13(日) 10:13:38 ID:???
>>564
シャクティ「この様な声が上がってますけど、悔しくありませんか?」
ガロード「………なんで?」
シャクティ「世間はガロードさんを誤解してます!
      無知蒙昧な輩に、真の美と言うものを見せ付けてあげようではありませんか!」
ガロード「いや、だからなんで俺に…美形っつーならカリスの方が…」アレ?
ティファ「………」ギュッ!
ガロード「あの、ティファ? 放してくんない? なんだかちょっと怖いんですけど!!」
シャクティ「それでは先生方、お願いいたします」
キエル「うふふ、なんだかドキドキしますね」
ディアナ「ふむ…素材は、意外と悪くないですね…さすがにロランの弟と言うところでしょうか」
キエル「それを言うなら、ローラの妹、では?」
ディアナ「なるほど」
ガロード「なるほどじゃねー! ティファ、お願いだから放してー!」

シャギア「その気になれば簡単に振りほどけようものを…」
オルバ「ティファに怪我をさせるかも、という恐怖が彼を縛る鎖になるんだね、兄さん」
シャギア「やはり、所変われど、ガロードはガロードというわけだな、オルバよ」
オルバ「ラブラブだね、兄さん」
シャギア「ああ、ラブラブだ」

シャクティ「あ、ウッソ! 例のアレは?」
ウッソ「これ? シュウトのボイスチェンジャーを、とりあえずチョーカーに
    してみたけど…こんなの何に使うの?」
シャクティ「いいことよ、いいこと」
ウッソ「シャクティがニコニコしてると、すっごい不安なんだけど…」

 後日、ガンダム家の近隣に、むせび泣く美少女の幽霊が出るとの噂が流れた。
 また、シャクティは謎の美少女のブロマイドを売りさばいて一財産築いたとかなんとか。

シャクティ「出来ればアイドルデビューまで持って行きたかったんですけど」
シャギア「それは後日のお楽しみに取っておくべきだな」
オルバ「急いては事を仕損じる。
    こういうことはじっくりと手間をかけて取り組まないと」
シャクティ「う〜ん、そういうものですか…」

602 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/13(日) 13:06:05 ID:???

      _            ..:::´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
.   /r‐‐〉      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
   //   |      f´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...   .::::::::::::::ヽ.
.  //   .!      /:::::::::〃⌒/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::く
/./     .    /::::::::::::| ト-′::::::/>-____:::::::::::::::::::冫
./      .、   |:::::::::::: : | |_/::::::::/ //i、  \ _.ノ|::::::::::::::::::_)
        ._\/:::::::::::::::::〉' |/|:::::ト、 {_,  \、ヽ.|!  ./:::::::::::::::::::::〉
       / ∧ノ:::::/|:/|{.   |:::::| ヽ.   |i〉八 /:::::::::::::::::::::::{
     / / |::/  .{!..|!   .|:::::ト.    ____/::::::::::::::::::::::::::::、
/ ̄ ̄` / /         .|:::::| |   ´ ̄`ー―‐/:::::::::::::::::::::::::::\___,
 i: :| !  l/      、.     |:::/ ' _       ト、. |:::::::::::::::::::::::::::::::ト-- ′
 ∨ .___ノ        \   .|/  .、\〕    ̄}//!:::::::::::/|:::::::::ト、::}
   f´\:..         \           ./|::::::::::::::/ .|:::::::::| |/
―‐'    }.         //`ー‐―――< //!:::/  |:::::::/
      `ー 、  / ̄ ̄}ノ   !\        〃  |/   /::/
        .r―<  r―――‐┘ .\    {L      .|/
      /   \}┘,=============}
          人/| // \

グエン卿が興味を示しそうだな

603 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/13(日) 13:36:04 ID:???
>602
グエン「私が心から愛しているのはあくまでローラだけだ!!!・・・まぁ、屋敷のメイドの一人として雇うは別に構わないが」

604 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/13(日) 14:42:38 ID:???
小説版で美青年の秘書に女装させてカマ掘りまくってたのはどうなのよグエン
あと別の話しじゃディアナも孕ませてたし

605 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/13(日) 14:56:20 ID:???
>あと別の話しじゃディアナも孕ませてたし

ロラン「女性にも興味を持たれていただけたんですね、グエン様!
    これで僕も安心して眠れますよ!!」
グエン「ローラ、その有無を言わさぬ目つきと、隣に立っている変なのは何だ(汗)」
ロラン「あ、これに殴られると痛みがゆっくりゆっくり噛みしめるように伝わってきます。
    と に か く、女性相手でもよかったんですよね?」
グエン「い、いやまあ、小説版なら」


シャア「凄い迫力だな」
アムロ「嫌だと言ったら無駄無駄が飛ぶだろうな」

606 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/13(日) 14:59:17 ID:???
グエン「う、うむ、確かに女性相手でも大丈夫なことは大丈夫なのだ。
    しかし心から愛しているのはロー」
ロラン「無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄ァーーーッ!!!」
グエン「ヤッダーバアア!!!?」


シャア「結局こうなったか」
アムロ「さて、次はお前の番だぞ、シャア」
シャア「え!?」

607 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/13(日) 15:32:14 ID:???
シャア「私はグエンとは違うぞ、ロラン。
   私はナナイもハマーンもレコアもその都度、心から全力で愛していた。そして今は、君、ロラ(ry」
ロラン「無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄ァーーーッ!!!」

アムロ「そういう物言いだから、器量が小さいのさ。」
ミンチ「貴様だっておなじだろうに」
アムロ「俺は常時全力で全員を愛している。」

608 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/13(日) 15:59:16 ID:???
>>607
>アムロ「俺は常時全力で全員を愛している。」
それ何て世直し源さん?

609 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/13(日) 16:07:28 ID:???
>>601
マジカルスプライツ
Gロード・ランですね

610 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/13(日) 16:49:59 ID:???
>あと別の話しじゃディアナも孕ませてたし
ハリーの子を孕んだキエルが、ディアナとして生きていかなきゃいけなくなって
政略結婚の相手だった「グエンの子」と方便を使っただけだぞ

グエンではなくディアナ様の名誉のために
ネタバレになろうとも誤解を正しておきたかったのだとご理解いただきたい

611 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/13(日) 17:01:27 ID:???
ブラックドールVSモビルアーマー月光蝶の戦いの末
行方不明になったグエンとディアナ(本人)が南洋で一家を築いてる場面があったはず

612 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/13(日) 17:12:12 ID:???
>>607
でもスパロボDだと情けなかったよね。しかもイヴにも優しいし。
スパロボだからって言ったらそれまでだけどさ。

613 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/13(日) 17:29:07 ID:???
>>612
Dはスパロボの中でも凄い超展開シナリオだからな
ZもDのネオジオンと同じで無理矢理ザフトを味方組織にしました感を感じる

614 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/13(日) 17:38:07 ID:???
久しぶりの無駄無駄
久しぶりのミンチ×2
アムロ兄さんも普通に戻ってきた……

615 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/13(日) 18:54:34 ID:???
GCやXOではアムロはシャアを頼りにしてたりしたんだけどな

616 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/13(日) 19:52:10 ID:???
二次媒体に頼らずとも
原作のΖの時点でアムロはシャアを頼りにしている

617 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/13(日) 20:31:47 ID:???
>>604
そういや福井版だとキエルと入れ替わったディアナに撃たれる直前に戦争が終わったらキエルと結婚したいとか言ってたような

618 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/13(日) 20:44:16 ID:???
>アムロ「俺は常時全力で全員を愛している。」
原作のアムロって本当に女性を愛せてたのかな?
ララアの呪いは別にしても女性に対して対等に接していたとは思えない、
その反動かこのスレだとプレイボーイ化してるけど。

619 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/13(日) 22:04:01 ID:???
>>609
変身後の飛行姿勢がGXと同じだったりする・・・

620 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/13(日) 22:15:15 ID:???
>>618
愛情がないってわけじゃないけど、愛の為に何かを犠牲にするタイプではないよな。
シャアを止めるという自分に課した使命のためには自分自身も犠牲に出来るけれど。

621 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/13(日) 22:16:32 ID:???
そりゃ兄さんどんだけシャアのことがす(ry

622 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/13(日) 22:26:32 ID:???
シャアもアムロもララァに取り憑かれてるから

623 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/13(日) 23:06:46 ID:???
ロラン「>621なんて言われてますよ?アムロ兄さん」
アムロ「はぁ…そんなものにいちいち目くじら立てるのもバカバカしい」
ドモン「ところで兄さん…そのハンマー、どこへ持って行くんだ?」
アムロ「ん〜?ああ、メンテだ、気にするな」

その日兄さんは「完全に直らなかった」と言って僕の所にハンマーを持って来た。何故か赤いものがついてた気がするけど…気のせいか。
P.S.どこかでミンチを見かけた気がする。気のせいだといいけど。
-ロランの日記より

624 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/13(日) 23:29:52 ID:???
兄弟の成人組の価値観ってこんな感じだろうか。

アムロ:家族>仕事>愛
セレーネ:AI=仕事>家族
シロー:愛>(越えられない壁)>家族>仕事
マイ:仕事>ヅダ>家族
ドモン:ガンダムファイト>師匠>愛>家族

625 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/13(日) 23:32:30 ID:???
シローとドモンの愛はそのまま彼女の名前を書いても問題ないつーか、
アムロが愛って言葉で騙してるだけかと。

626 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/14(月) 00:29:15 ID:???
アムロ:家族>仕事>女
セレーネ:AI=仕事>家族
シロー:アイナ>(越えられない壁)>家族>仕事
マイ:仕事>ヅダ>家族
ドモン:ガンダムファイト>師匠>レイン>家族


レイン「ドォ〜モォ〜ン? やっぱり私はお師匠様より下なのぉ〜!?」
ドモン「まっ、待てレイン、そのビームサーベルはどこから持ち出した!?
    それにレインに酒飲ませたのは誰だっ!?」
アレンビー「ランキング外のあたしと……」
シュバルツ「私だ!!」

627 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/14(月) 00:46:34 ID:???
刹那:ガンダム>(越えられない壁)>それ以外


628 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/14(月) 01:14:08 ID:???
仕事=作戦、任務
家族=部隊で、解釈すればだいたい原作通りだなw
ただ、ドモンってガンダムファイトは手段であって師匠や家族の為に
やってたような。
レインって最終回でそれらの問題が解決してやっとトップに踊り出たかんじだな。

629 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/14(月) 01:16:21 ID:???
ジョルジュ「まったく友達がいがない話ですね」
サイシー「オイラたち無視かよ〜、そりゃないぜアニキ」
チボデー「まっ、俺に同じ質問されても、やっぱドモンのことは忘れてるかもしれねぇけどな」
アルゴ「だが……友の危機の時には決して忘れはしない。それだけで十分だ」


ドモン「だったらこの危機を助けに来てくれぇぇぇぇ」
四人「自分でなんとかしろ」

630 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/14(月) 01:22:55 ID:???
>>629
この4人はガンダムファイト分に含まれてないか?

631 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/14(月) 01:39:13 ID:???
ガンダムファイト(アレンビー含む)>師匠>レイン>家族

レイン「ドモォォォォォン!!!!」
ドモン「ご、誤解だレインっ、た、助けてくれぇ〜〜!!!」


ジョルジュ「そろそろ止めにいきましょうか」
アレンビー「ん、もーちょっと見てようよ♪」
シュバルツ「自業自得だ」

632 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/14(月) 01:55:09 ID:???
俺たちは勘違いをしていたのかも知れない
レインはデビルガンダムに取り込まれていた時は、ガンダムファイト分に含まれていたんだ!
だから告白にこぎつけられたんだよ!

633 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/14(月) 03:21:43 ID:???
つまりドモンもまた全力で(ガンダムファイター)全員を愛してるわけか
さすがはアムロ兄さんの弟だ

634 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/14(月) 05:24:46 ID:???
>>632
つまりは今はガンダムファイターじゃないから結婚できない・・・。
そういう事なのか?

635 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/14(月) 07:02:51 ID:???
ライジングガンダムに乗るんだ・・・!
ドモンと結ばれるにはそれしかない・・・!

636 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/14(月) 07:32:05 ID:???
イボルブではゴッドガンダムをフルボッコにしてたしな……イける!

637 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/14(月) 09:31:39 ID:???
え〜、最終回で伝説のこっぱずかしい告白したんだから、もうラブラブだと思ってたよ原作版。前に古本屋で買ったガンダムのイラスト集みたいなのには、結婚式のビジュアルだってあったのに。
このスレじゃあ、ギニアスの妨害にも挫けないシロー兄さんに気を使ってる感じだったハズ。

638 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/14(月) 10:36:32 ID:???
このスレでもラブラブではあると思うぞ。
単にドモンが女との付き合い方を知らないだけで。

639 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/14(月) 11:03:57 ID:???
アムロ:家族>仕事>恋人's(セイラさんとシャアはランク付け出来ない)
セレーネ:AI≧家族>恋人(?)
シロー:家族=恋人>仕事
マイ:家族≧ヅダ=仕事
ドモン:家族=師匠=レイン=キョウジ≧ガンダムファイト&ガンダムファイター



俺はこんな感じだと思った

640 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/14(月) 11:20:14 ID:???
>>627
なんというガンダム馬鹿www

641 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/14(月) 11:25:09 ID:???
完全にゴールインしてラブラブであとは結婚を待つばかりなのに
たまにレインが妬いて大騒ぎ
それがいいんだ

642 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/14(月) 11:26:21 ID:???
>>627
つまり、ガンダムに乗ってるネーナがマリナに対して1歩リードっと・・・・・・

643 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/14(月) 11:29:08 ID:???
ノーベルガンダムが200歩ぐらいリードしてそうだな

644 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/14(月) 11:33:49 ID:???
つまりアレンビーとひっつく刹那(ry
そういやアレンビーって14だったっけ?

645 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/14(月) 11:35:58 ID:???
刹那の中の擬人化エクシアがマリナ似だからどうだろう?
いっそエクシアにモビルトレースシステムを組んでマリナを乗せてみるか

マリナ「ん……っ……ぁあ、きつい……」


アムロ「いいじゃないか!(性的な意味で」
刹那「ガンダムだ(ガンダム的な意味で」

646 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/14(月) 11:38:42 ID:???
>>644
16歳。

647 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/14(月) 11:56:03 ID:???
>アムロ「いいじゃないか!(性的な意味で」

ウッソ「……………………」
アムロ「うっ」
ウッソ「あの、アムロ兄さん」
アムロ「いや、そのだな。いつもは家長として厳しく躾けているつもりだけど
    悔しいけど僕は男なんだな、というやつで、こればかりは本当に」
ウッソ「僕の役を取らないでくださいよ!出番がなくなっちゃうじゃないですか!」
アムロ「他に出番を考えるんだ!」

シャア(どっちもどっちだ……)

648 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/14(月) 11:58:55 ID:???
>>646
mjd?
べっ、別に興奮なんかしてないんだからね!ハァハァ……ウッ

649 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/14(月) 12:00:47 ID:???
何言ってんだ、ドモンとレインはラブラブだぞ。ガンダムのイラスト集では結婚式のビジュアルだってあったんだから。
このスレじゃあシロー兄さんに気を使って、レインに待って貰ってるって感じだったハズ。

650 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/14(月) 12:04:51 ID:???
ごめん17歳だった(汗)
サイ・サイシーも17歳。とてもそうは見えないが。

651 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/14(月) 12:11:21 ID:???
>>637>>649
OK、分かった。
分かったから2人がラブラブなネタを書くんだ!!

まぁ、個人的にはラブラブな2人ってのがいまいち想像できないんだけどな・・・・・・

652 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/14(月) 12:15:00 ID:???
コウ:ガンプラ≧家族>授業
カミーユ:女≧家族>腐った大人の修正
シーブック:セシリー>家族≧パン
ロラン:ディアナ様>>お嬢様ズ≧家族
キラ:家族≧楽しいニート生活>ラクス
シン:マユ、ステラ>家族≧ルナ
刹那:ガンダム>>>越えられない壁>>>その他全て
ヒイロ:リリーナ>>任務>越えられない壁>>家族(ただし任務は家族が出す
ガロード:ティファ>>>>>>>>>>越えられない壁>>>>>>家族>>>>その他全て


653 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/14(月) 12:20:54 ID:???
>>652
カミーユ、女ってw 恋人じゃなくて女ってw

ジュドー:リィナ>家族≧友人>>>>ハマーン って感じ

654 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/14(月) 12:34:29 ID:???
カミーユの近くにいる女の人は皆カミーユに親しげだから(特にエマ)
恋人との境が曖昧なんだな…

655 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/14(月) 12:37:54 ID:???
ロザミィ「本当に締め付けられるみたいで苦しいよ」
ぷるんぷるん
ルー「ほんっとにキツイわね」
ぷるんぷるん
マヘリア「押しつぶされちゃうよ、胸が」
ぷるんぷるん
キャサリン「サーカスの衣装だと思えば……」
ぷるんぷるん
パーラ「よくこんなの着られるよなー」
ぷるんぷるん
キエル「きつさはコルセットのようなモノだと我慢しても、このピッタリとした感じは……」
ぷるんぷるん
ミーア「汗とかどうなっちゃうんでしょう?」
ぷるんぷるん
ジュリ「こういう仕事は長官にお任せします」
ぷるんぷるん
マリナ「………」
すかすか
マリナ「……ガンダムなんて嫌いです」
刹那「なぜだ!?」

656 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/14(月) 12:38:39 ID:???
恋人どうの以前に、カミーユにとって女はみんな友達というか守るべき存在みたいな感じだからなー
唯一ベルとは仲悪かったけど和解したし

657 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/14(月) 13:14:23 ID:???
>>642
残念ながらネーナは、本編で刹那に「お前はガンダムじゃない」宣言を受けておる。

658 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/14(月) 14:00:54 ID:???
>>657
ネーナ「!!!」
ミハエル「ネ、ネーナ?」
ネーナ「ムシャクシャするからちょっと武力介入してくる」
ヨハン「待て、ネーナ!ミハエル押さえつけろ!ネーナやめるんだ。やめろぉぉぉぉ〜……」ズルズル


マユ・バーニィ「むっ!」ピキーン

アル「どうしたの?」
マユ「ミンチの予感……ちょっとコーラさん呼んでくる」
バーニィ「急がないとまたミンチに……」

659 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/14(月) 15:20:32 ID:???
スメラギ「むしゃくしゃしたから?
     そういうのは武力介入じゃなくて、武力行使って言うのよ!
     ガンダムマイスターが戦いを引き起こしてどうするの!」
刹那『こちら刹那・F・セイエイ、ガンダム・エクシア。
   これよりスローネ・ドライを撃墜する』サンダーフラッシュ!

スメラギ「まったく、どいつもこいつも…」ギュゥゥ…
アル「………」
ロラン「なんだか、アルの目が大仏様みたいになってますよ…」
アムロ「彼女の仕事はストレスが大きいというのは判るが…」
クリス「すみません、アル君のヒーリング効果で、
    酒量が目に見えて減ってるもんですから…」

660 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/14(月) 15:54:27 ID:???
ネーナ「やった! せっちゃんあたしと遊んでくれるんだ〜♪」
刹那「っ!?」
ロックオン「お、逃げたか」
ネーナ「に・が・さ・な・い・ぞっ♪」
刹那「ガンダッァァァアアァァァァァム!!」




マユ「ミンチの気配が遠ざかった気が……」
バーニィ「ふぅ、助かった」

661 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/14(月) 18:11:04 ID:???
>>652
ニートはともかく家族第一なキラがほんの少しいい子に見えた

662 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/14(月) 18:22:25 ID:???
キラ「だって家族がいないとニート生活が送れないじゃない。家族に支えられてるからこういう生活が送れてる訳で」
カミーユ「こんな弟…修正してやる!!」
シン「カミーユ兄さん落ち着いて!キラ兄は学生だよ!!ニートじゃない!!」

663 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/14(月) 19:34:47 ID:???
>>657
マリナが小さいんじゃなくて00女性陣がデカすぎなんだ!
納得出来ないならせっちゃん妄想マリナ(胸増量)で!

664 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/14(月) 21:07:49 ID:???
>>659
GN肝臓の持ち主はそう無理に酒量を減らさなくてもいいと思うw
金銭的な問題かな?
ポニテに貢がせればいいさ!

665 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/14(月) 22:27:17 ID:???
ギニアス『ギニャー!!愛が何だ若さが何だー!粘膜の生み出した錯覚が何だというのだ!』

アイナ「ギニアス兄様はお部屋に引きこもって何を騒いでいるのかしら」
ノリス「さっきまでユーリ・ケラーネ様が恋人と訪れておりましたので」
アイナ「またあの人がギニアスお兄様の気に障ることを言ったのでしょうね」
ノリス「ユーリ様ははっきり言う方ですからな」

ギニアス『たかが粘膜のこすり合いが何だというのだー!!』

アイナ「…何を言われたのかしら」
ノリス「……」

ギニアス『私は彼女が作れないんじゃない、作らないんだ!私は面倒が嫌いなんだ!』

ノリス「先ほどはユーリ様にそう主張して笑われておりました」
アイナ「…面倒だなんて言う異性と付き合いたがる人なんて普通いません。いい薬だわ」
ノリス「はい。シロー様のつめの垢でも煎じて飲むべきですな」
アイナ「つめの垢が薬になるのなら、シローだけといわず、ガンダム一家全員のを使えば…」
ノリス「…アイナ様、これはものの例えです。本当にやったら雑巾の絞り汁並みの嫌がらせですぞ」

666 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/14(月) 22:39:17 ID:???
食卓に置かれた紙切れが一枚、それを目について何気なくアムロ兄さんはそれを
読むことに…

開発NO.717GBU
ヅダ型かき氷製造器を開発着手
2号機をベースで開発に着手する、頭を押す事により胸のコクピットハッチが
開き(氷投入口)背中のバーニアから粉砕した氷が出る仕組みとした。
何処でも使えるのを前提に手動式を採用とする。
腰の予備マガジンをダイヤルに見立て氷の荒さを調節ダイヤルとし、シールド
装着側の腕をハンドル機能とした。

開発経過
手動式にも関わらず氷を投入した直後、バーニア部分からかき氷にが噴き出した。
原因は不明である。
原因を追究し製品化にこぎ着ける為にはまだまだ時間がかかると思われる。

アムロ「問題解決せずに…そのまま売った方がいいじゃないのか?……」

667 :決戦!ザクvsヅダ 1/25:2008/07/14(月) 22:48:23 ID:???
        注:シャア・アズナブル
               ↓

                       _ -―- __  
                    r/ (@-、) _´ヽ''ー、    >>383 ザクの後継機には必ずしも直系でないものもあるが……
                  ,./yη≫-:(_(9_) ,}、_,j    『ザクウォーリア』……ってよォ〜〜。
                 /_ }ー,r==ゞ;, ヽ,___ノ(_)ノ   
                ( 〈7  /'i!〈.・.);j! @ノ(⌒ノ    『ハイザック』ってのは、わかる……スゲーよくわかる。
   _,. - ー ―- ,. -┐ 一'^ 7 u / u ''==''ヾ;;r=-:、'ー'    ティターンズはジオンの技術を接収しとるからな…。
  ,. ´ ⌒ヽ;: .  ,/ー''ノ__「o/| ,/u     :,_ノ|!、・):》      
/       iヽ, / ,r<└,ソ/ |u.    <ミョ   'ヶ=''     だが、「ザクウォーリア」ってのはどういう事だああ〜〜〜っ!?
'〉       j / /、  ,r''=┐__Li_, u   7' `/-''  ー-、   ジオンと関係あるかっつーのよーーーーーッ!
ノ     r'': r/ /´  /,r‐'' ´,」└‐ソ、_, ,/ rへrへ_ 
     i:::r'7 /- />- _,.-‐'' `''-‐ r一〈  i {  i〈:::::::`    ナメやがってこの機体ィ、超イラつくぜェ〜〜〜ッ!!
__  _,:::ノ/ .     ′  /_    ,r‐|  l __ ヽrt」;;_:::
>> ン         ,/ ̄  ,i ̄{__},)  ヽ┌ 〉┴′   `   ジオンの技術が使われてないならリーオーかジェニスじゃあねーか!
,.-‐'' i         、_,.r一'' 7'' ::::ヾ,_r_}‐′  .|       ザク作れるもんなら作ってみやがれってんだ!チクショーーッ。
    ヽ        ノ     ,/::::::/  \      |
    _}丶  ,__, -‐′   ,/:::::::/      \  _|_      どういう事だ!どういう事だよッ!クソッ!
_,,..,/    r:/        l:::::::::,!____У/ ̄     ザクウォーリアって、どういう事だッ!ナメやがってクソッ!クソッ!
      ,::::/        |::::::::| ̄ ̄ ̄ ̄| ̄L/>


クェス「大佐、なんか違うよ」

668 :362-374の続きです 2/25:2008/07/14(月) 22:49:24 ID:???
ナナイ「ザクのパイロット候補についてはいろんな案が出ていますね。
    マレットのアクトザクとはまた珍しい機体を」
シャア「サザビーより強いとかいう化け物か?」
ナナイ「ゲームバランスというものを考えて設定したのでしょうか、あれは。
    他にはゲラートの旧ザクが人気ですね」
シャア「やはりガンダムを撃破しているというのは大きい。だが……」
ナナイ「何か問題が?」
シャア「このスレで闇夜のフェンリル隊って、暴走族じゃなかったか?
    エイガーが警察で……」
クェス「別に気にしなくてもいいんじゃない?」
シャア「他の人にもそうしろと言うわけではないが、設定を流用して書くのも楽しいものなのだ。
    そういうわけでゲラートは扱いに困るので今回は見送る事にしよう。
    だがガンダムを倒した功績という発想は使わせてもらおうか」

669 :規制回避のために少しずつ 3/25:2008/07/14(月) 22:50:03 ID:???
マイ「やはりここはヅッダーロボを本当に開発してですね」
モニク「今からはそんな時間も予算もない!」
デュバル「私が証明して見せよう、ヅダは歴史のゴーストファイターではないということを」
カスペン「しかし、ダイクン社の代表選手はおそらくシャア社長……
     私とて勝てるという見込みは乏しい」
ワシヤ「またトロワ君に連絡します?」
モニク「ここ一番という事態には弱そうだしなぁ……」

候補者選定に難航していたヨーツンヘイム社に一本の電話が入る。
社員がそれぞれ案を出し合っていたため、電話を取ったのはプロホノウ社長だった。

プロホノウ「はい、ヨーツンヘイム社です。ご注文ですか、それはありがとうございます。
      ……カスタム機のご相談ですか、チラシを見て……。
      ……は、はい、まさか……!
      実は、こんな事を申し上げて恐縮ではございますが、近々ヅダの品質を披露するために
      セレモニー開催を予定しておりまして、その際にですね……」

受話器を握る社長の手に力が籠もる。
そして電話を終えたプロホノウ社長は、頭を悩ませている社員一同を見回して告げた。

プロホノウ「パイロットは決まった。トロワ君や、シャア社長以上の方に力を貸していただける事になった」

670 :決戦!ザクvsヅダ 4/25:2008/07/14(月) 22:56:05 ID:???
バーニィ「やあ、アル……マイさんはいるかな?」
アル「ううん、まだ会社から帰ってきてないよ」
バーニィ「そうか、その方が話しやすいんだ。実はさ……ザクとヅダのコンペをすることになって」
アル「こんぺ、って?」
バーニィ「ん……。と、分かりやすく言うと、どっちが強いのか戦ってみる事になったんだ。
     それで、ダイクン社のシャアさんから、ザクのパイロットとして戦って欲しいって……」
アル「本当!?」

星の数ほどもいるザクのパイロットの中には、バーニィよりも上手の者などいくらでもいる。
代表として恥じない戦いができるのか、相手に勝つ事はできるのか……
押し潰されそうな不安を抱えて相談に来てみたのだが、それを聞かされたアルの目は無邪気に輝いていた。

アル「それって凄いじゃない!他にもいっぱい凄い人がいるのにバーニィが選ばれるなんてさ!」

純粋な瞳の輝きは、不安や迷いを消してくれた。
バーニィは心から「ありがとう」と告げると、アルの肩に手を置いた。

バーニィ「頑張ってみるよ……できる限り、精一杯のこと。アルも手伝ってくれるかな?」
アル「うん!」

小さな手を固く握りしめるアル。二人はそのまま、戦場となる実験予定地に向かっていった。
……それを物陰から見つめる少年が三人。

ジュドー「これは……」
ガロード「ひともうけの……」
ウッソ「チャンスですよ兄さん!」

671 :決戦!ザクvsヅダ 5/25:2008/07/14(月) 22:57:46 ID:???
そして、運命の日がやってきた。
ダイクン社本社敷地内に作られた特設会場には黒山のような人だかりが集まった。

ウォン「さあ、ついに待ちに待った瞬間が近づいてきています。
    最も多くの人に愛された大衆機ザクと、空中分解のたびに不死鳥のごとく復活してきた幻の量産機ヅダの対決!
    ゲルググとギャンのような宿命の関係にある両機、勝負の結果はどうなるのでしょうか?
    実況は私、ネオホンコンのアイドル、ウォン・ユンファ。
    解説にはご存じ先代キング・オブ・ハート、東方不敗マスターアジア先生をお呼びしています」
東方不敗「よろしく」
ウォン「さて東方先生、さっそくですが勝負の流れはどのようなものになるとお考えでしょうか?」
東方不敗「モビルスーツの勝負は機体の性能ばかりではなく、それを操る者の技量こそ重要なもの……。
     特に今回の勝負、まずザクは特に優れた性能はない、ごく一般的な機体。
     性能において勝るヅダに勝つためには、機体の性能を完全に出し尽くさねばならぬ。
     一方のヅダは無理をさせれば空中分解の可能性がある危険な機体……
     己の力を過信せず、己の限界を知る者でなければ、本当に操る事はできぬと言えよう。
     機体の性能を十分に引き出し、なおかつ無理をさせてはならぬ……すなわち人機一体!!
     ワシらガンダムファイターと同様、機体と己をひとつにした者に勝機ありと言える」
ウォン「ありがとうございました。それでは、映像を来賓席に移しましょう。
    本日の試合には多くのザク愛好家が訪れ、来賓の席にはザビ家の方々も……」


プロホノウ「……こんな大事になっているとは思わなかったな」
モニク「ダイクン社はこの試合でヅダを倒したら、本格的に我が社を切るつもりか……」
マイ「しかし、よくこんなに観客が集まったものですね。ただのモビルスーツのコンペでしょう?」
デュバル「ジオ(r」
カスペン「あるいは本当かもしれぬ……ジオニック社やツィマッド社のお偉方も来賓席に見えるぞ」
ワシヤ「勝てますかねぇ、本当に」
マイ「大丈夫のはずです」

672 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/14(月) 23:01:15 ID:???
連投規制を狙い撃つぜ!

673 :決戦!ザクvsヅダ 6/25:2008/07/14(月) 23:01:28 ID:???
ニッキ「それはいいから、早く始めろよ!ヅダもいいとこ見せてくれるんだろうな……!」
シャルロッテ「やっぱりザクよザク、ヘンなのに手を出しても駄目。
       一番売れてるのが一番いい品物なんだから」

ギャバン「新品のボルジャーノン、勝てるかな……。相手の機械人形の方が性能が上なんだろう?」
ロラン「解説ではパイロット次第って言ってますよ。始まる前からは分かりませんよ」
ギャバン「ヅダってのが掘り出されたら使ってみたいんだがなぁ。買うとなるとやっぱりお金がな」

ライデン「ったく、高機動型ザクでいいだろ?比べる必要なんかないだろ」
ガイア「いやいや、ドムやリック・ドムがあればそれも必要ない」
マツナガ「なんにしろ、ヅダよりは優秀な機体があるはずなのだが。こんな大がかりな事をするものだろうか……」

フランドール「凄いですね、この熱気…… やっぱりザクもヅダも人気あるんですね」
カイ「へっ、そんなもんかねぇ……。ま、物見高いのが多いってことだね、この街はさ」


観客たちはザク派とヅダ派に分かれて盛り上がり、凄まじい熱気が場内を包み込んでいる。

ジュドー「いや、こんなに集まるとは思わなかったなー」
ガロード「ジャンク屋組合総出で、大急ぎで観客席作ったかいがあったね」
ウッソ「会場の経費を差し引いても、これだけ純利益がありますよ」

電卓の数字を兄たちに見せるウッソ、その数字を眺めたジュドーとガロードの顔ににんまりと笑みが浮かんだ。

674 :決戦!ザクvsヅダ 7/25:2008/07/14(月) 23:03:17 ID:???
シャア「……こんなに客を呼んだかな。テレビ中継なんて予定はなかったが」
クェス「さあ?ヨーツンヘイム社が呼んだんじゃない?」
ナナイ「絶対の自信があるというわけか。小癪な……」

ストーカー『さあ!それでは皆さんお待ちかね!両陣営の選手入場です!!
      まずは赤コーナー、統合計画を経てさらに完成度を増した最高のザクU!
      MS−06FZ、ザク改です!! パイロットは史上初の奇跡、ザクでガンダムを倒した男!!
      当スレッドの名物、兄弟スレ・ミンチ・リザレクション現象(フェノメノン)の元凶!
      バーナード・ワイズマンです!!』

場内から盛大な拍手が鳴り響いた。
テレビ中継の画面には貴賓席で腕組みをするドズル・ザビが映る。ザク応援派で最も有名な人物だ。
ドズルの側には娘のミネバが座っており、その隣には貴賓席には場違いなほど庶民的な服を着ている
アルの姿が見える。ザク愛好者たちの中ではマスコット扱いを受けており、アルが応援しているのは
もう定番として受け入れられていた。

ストーカー『そして青コーナーからは…… こ、これは! 内部の性能は変更していないとの事ですが、
      まことにきらびやかな装飾を施されたヅダが現れました!! 今伝えられた情報によりますと……
      これは今夏の目玉新商品! 上流階級専用機、その名は、ロイヤルエレガントヅダ!!
      パイロットは、あのOZの総帥! トレーズ・クシュリナーダ氏が駆けつけましたーーー!!』

675 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/14(月) 23:06:56 ID:???
……なにい?

676 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/14(月) 23:08:08 ID:???
何やってんの閣下w

677 :決戦!ザクvsヅダ 8/25:2008/07/14(月) 23:09:42 ID:???
シャア「ト、トレーズだと!馬鹿な、なぜ貴様がそんなところに……!」
トレーズ「先日のパーティーでドズル氏と娘たちの話をしてね。その時、一緒にいたガルマ君から
     この機体の話を聞いたのだよ。ドズル氏の趣味には合わなかったようだが、
     エレガントと名の付く機体を私が放っておくわけには行かないだろう」

話を聞いたシャアは慌てて貴賓席にいるガルマの携帯に掛ける。

シャア「は、謀ったなガルマ!!」
ガルマ「君はいい友人だったが、君の父上がいけないのだよ」
シャア「私とてダイクン家の男だ!無駄死にはしない!」

クェス(なにボケツッコミやってるんだか)
ナナイ(ごく自然に応対するガルマ氏もさすがです)
ララァ(私やアムロといる時より元気そうね……)


ドズル「ぬう……!まさかあの男、ヅダの事など笑い話かと思っておったら……
    本当にザクの前に立ちはだかるとは!!」
アル「マリーメイアちゃんのお父さんって、ヒイロお兄ちゃんと同じくらい強いんでしょ!?
   そ、そんなのひどいよ……!!」
マリーメイア「私も……お父様にこんな事はして欲しくなかったのです……」
ミネバ「……もしかして、明日からあれで学校まで送られてくるのか?」
マリーメイア「人間大砲よりは、少しはマシですわ……。うううっ……」
アル(うわー、あれは嫌だ)
ミネバ「ま、まあそう気を落とすな、私もキュベレイを買ってもらえないのだ」
ドズル(に、人間大砲は駄目なのか!?幼稚園では大受けだと言うのに!?)

678 :回線の調子が悪いです 9/25:2008/07/14(月) 23:12:15 ID:???
ライデン「おい、あれじゃ本気でやばいぞ。バーニィじゃ勝てっこない」
ガイア「技量に差がありすぎる……!代わって戦ってやりたいが……」

ニッキ「よっし!これでもらったな、絶対ヅダが勝てる!」
シャルロッテ「素敵ね……。私のもあんな風に綺麗に改造しようかしら……」
ニッキ「おい、もう鞍替えかよ」

ジュドー「あちゃー、あれじゃ一瞬で勝負がついちゃう」
ガロード「終わる前にさっさとビール売って回ろうぜ」

場内の空気は、完全に決まったかのようだった。
バーニィはザク改のコックピットの中で、豪華な礼装に包まれて優雅に足取りを進めるヅダを見つめて呆然としていた。
あれが普段空中分解で新聞を賑わしているヅダの動きだろうか?とても同じ機体だとは思えない。
あんな怪物とこれから戦う事になるなど、この場に来ていても冗談のようにしか思えなかった。
その時、機内に通信が入る。

シャア『バーニィ君。聞こえるか、バーニィ君?シャアだ』
バーニィ「は、はい」

バーニィはその声で気を取り戻した。一瞬、代わって戦ってくれるのかと、本気で考え、それに安心してしまった。

シャア『この展開は私も予想していなかった。しかし……恐らく、君はトレーズに勝てるだろう』
バーニィ「はあ!?」

完全に裏返った、素っ頓狂な声が漏れる。
シャア・アズナブルの前で情けない声を出してしまった、その羞恥心が気持ちを少しずつ普段のバーニィに戻していく。

679 :決戦!ザクvsヅダ 10/25:2008/07/14(月) 23:14:40 ID:???
シャア「トレーズは確かに素晴らしいパイロットだ。私が戦っても勝てるかどうかは分からん。
    だが、君にはトレーズにも、私にも勝るものがある」
バーニィ『あるんですか、そんなものが』
シャア「君は……ザクの全てを知り抜いている。この世の誰よりも深く、恐らくジオニック社の開発陣よりも深く。
    私は百式やサザビー、ジオングなど多くのモビルスーツに乗ってきた。だから専用機を持ってはいても、
    ザクに乗って戦った時間は君よりも短いだろう」
バーニィ『は……はあ……』
シャア「トレーズはヅダに乗るのは今日が初めてかもしれない。トールギスを乗りこなせる男がヅダに振り回されるとは思えないが
    それでもトレーズはヅダそのもののことはほとんど知らないはずだ。興味がないと言ってもいいだろう」
バーニィ『興味が……ない?』
シャア「彼が欲しいのはエレガントと言う名前だけだ。そうでなければ、トレーズはヅダに見向きもしなかっただろう。
    ヅダの中身が欲しいのではない、トレーズが欲しいのは外面だけなのだ。
    君は、そうではあるまい」
バーニィ『は……はい!』
シャア「たとえ旧ザクだったとしても、逆にザクVを用意しても、君ならば力の限り戦ってくれるはずだ。
    その気持ちは、ここに集まったザクを愛する者たちの誰にも負ける事はない」
バーニィ『それで……僕にザクの代表を任せていただけたんですか……』
シャア「信じているぞ。私にもできなかった、ガンダムを倒した男の力を」

680 :決戦!ザクvsヅダ 11/25:2008/07/14(月) 23:17:04 ID:???
通信を切ると、シャアは椅子に深く座り、窓越しに見える二機のモビルスーツに視線を向けた。

シャア「まさに道化だよ……」
ナナイ「しかし、これで戦略的には勝ったのです」
シャア「そうだな。バーニィにはきつい話だが」

もはや、この時点でダイクン社陣営がバーニィに求めているものは、できるかぎりザクらしさを見せて……負ける事だった。
観客の誰もが納得するほどパイロットの力の差があるのだ。しかもトレーズはヅダと関わりが深い人物ではない。
ザクが負けても、それはヅダに負けた事にはならないのだ。トレーズが出てこなければ勝負は別の結果になるのは明らかだ。

トレーズが勝てばヨーツンヘイム社を切る事はできないだろう。しかし、ヅダの販促映像はこれからの試合のものとなり、
シャア専用ザクがヅダに追いつけずに空中分解を起こしたビデオとの交換を迫る事ができる。
そして脅迫材料がなくなれば、ヨーツンヘイム社を切る口実は今日のコンペでなくとも構わないのだ。
つまり、ヨーツンヘイム社がトレーズを助っ人に呼んだ時点で、大局的にダイクン社の勝利は決まってしまったのである。

クェス「調子に乗りすぎかな、あっちは。ハサウェイみたい」
シャア「戦いとは二手、三手先を読んでやるものさ……」
ナナイ「先がない中小企業には、そんな余裕はありませんが」

681 :決戦!ザクvsヅダ 12/25:2008/07/14(月) 23:23:39 ID:???
ストーカー『そぉれではぁぁぁッ!! ザクヅダファイトォォッ!!』
トレーズ「レディ……」
バーニィ「ゴーーーーーッ!!!」

試合開始の雄叫びと共に、両者は全力で突撃した。


ウォン『さあ!両雄正面から立ち会いました!ザク改、マシンガンで弾幕を張りつつ前進……
    飛んだ!飛んだぁーっ!!エレガントヅダ、華麗なジャンプで弾幕を全て回避!
    そのままザク改に向けてヒートホークを振り下ろします!』

シュィィィン……!!

金属が激突する音とは思えないほど鋭く、透き通るような心地よい音を立ててザクのシールドが切断される。

バーニィ「なっ……!?」

東方不敗「むう……!!」

ドズル「く……!!」

ライデン「お、おい、あんな破壊力ありかよ!? 何かおかしいぜ!?」

シャルロッテ「かっこいい……」

優雅に地に降り立つヅダは、驚愕の一瞬から覚めるのを待つ余裕すら見せていた。

682 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/14(月) 23:25:45 ID:???
連投規制に介入する!

683 :決戦!ザクvsヅダ 13/25:2008/07/14(月) 23:25:54 ID:???
ウォン『か、解説の東方先生。今なにが起きたのでしょうか?
    ヅダの武器はザクと同じ、ヒートホークとザクマシンガンです。
    同世代のモビルスーツ同士で戦って、一撃で装備破壊などできるものでしょうか?』
東方不敗『今のトレーズの一撃……機体の速さと重さ、そしてザクの動きの流れすら利用して力を高めておる。
     そしてあの装飾……一見ただの飾りに見えるが、まぎれもなく機体とパイロットの意思を一つにし、
     機体がもともと備えておる機械の力を超えた、目に見えぬ力を発揮しておる!!』
ウォン『び、美形フィールドというものでしょうか』
東方不敗『機械が限界に達すれば空中分解の可能性がある……ならば機械の力に頼らず、
     パイロットの力が機体の能力を超える!!
     これぞ、ヅダという危険な機体の力を上限以上に引き出す方法か……』
ウォン『空中分解を美形フィールドで無効化するわけですね!』
東方不敗『今の一撃、まともに受ければワシのマスターガンダムとてただごとでは済むまい。
     それほどの威力が秘められておる!』


アレンビー「ウォンの解説、わかりやすいねー」
ドモン「デビルガンダムを使った悪事など企まずに、解説者だけやっていればいいんだがな……」

ウッソ「おかしいですよ!これじゃビールを売るより早く試合が終わっちゃう!」
ミーシャ「お〜いそこの坊主、ビール一本」
ウッソ「あ、はいはいただいま〜♪」
ガルシア「おい、ウイスキーが切れたら今度はビールかい」
ミーシャ「うるせぇ、酒なしで見れるか、こんな試合」


ナナイ「予定どおり、いえ、それ以上ですね」
クェス「ザクが負けるのは美形フィールドのせい、ってことになるからねー」
シャア「……………………」

684 :決戦!ザクvsヅダ 14/25:2008/07/14(月) 23:27:42 ID:???
バーニィ「う……嘘だろ? これじゃさっきの話と違う……!!」

確かにトレーズが欲しがっていたのはエレガント属性だけだったかもしれない。
しかし、その属性さえあれば、トレーズはどんな機体でも無敵の戦闘能力に変えてしまう。
バーニィの戦意は急速にしぼんでいく。

ドズル「ぐう……や、やはり駄目か!ガルマ、シャアと回線繋げ、俺が代わって出る!!誰か、俺のザクを持ってこい!」
ガルマ「無茶ですよドズル兄さん、この会場にはモビルスーツは持ってきていないでしょう」
ミネバ「マリーメイアの父上は無茶苦茶に強いのだな……」
マリーメイア「うふふふふ、楽勝ですわね」
アル「そんなことないよ!!」
マリーメイア「!?」
アル「バーニィは、バーニィは絶対勝つんだ!!」


ガルマ『シャア、聞こえているなら』
シャア「謀ったなガルマ!!」
ガルマ『それはもういいから。ザクのパイロットと回線を繋いで欲しい。アルフレッド君からだ』
シャア「……よし、すぐに回す」
ナナイ「今さら、何を?」
クェス「しゃべってる間に試合終わっちゃうよ」

685 :決戦!ザクvsヅダ 15/25:2008/07/14(月) 23:31:17 ID:???
ウォン『続くヅダの攻撃、あーっと今度は止めた、止めたー!!』
バーニィ「同じヒートホークなら……!」
ウォン『……あ、あーっと駄目だー、弾き飛ばされたー!!』
バーニィ「うわぁぁぁぁっ!!」
東方不敗『外見はただのヒートホーク……しかしその威力シャイニングフィンガーソードのごとし!!
     ザクのパイロット、よく一刀両断にされず生き残ったものよ』
ウォン『しかし耐えた!!ザク改、倒れずに態勢を立て直しています!そしてヅダがさらに襲いかかるー!!』


ナナイ「デモンストレーションということでしょうか、一撃で倒そうとはしていませんね」
シャア「よし……繋がったぞガルマ」
ガルマ『了解。いいよ、アルフレッド君』

バーニィ「無理だ……!こんなに差があったら……!」
アル『バーニィ!』
バーニィ「あ……アル?」
アル『頑張って!絶対、絶対勝つんだよ!二人で準備したじゃないか!』
バーニィ「う……うん、そうだっ……!」

686 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/14(月) 23:39:30 ID:???
連投規制を殲滅する!

687 :やっぱり規制食らいました 16/25:2008/07/15(火) 00:08:36 ID:???
ウォン『ザク改、ヒートホークで斬り結びつつ後退していきます!
    競技場の中央から押しまくられ、木々が立ち並ぶ森林にまで……」
東方不敗『だが、この試合には場外ルールはない。木の中に隠れて戦う事もできるであろうが……』
ウォン『しかし、そんな戦い方が、あのトレーズに通用するのでしょうか!?』


ヒイロ「アルには悪いが……ザク改の勝率はゼロだ」
トロワ「ザクだからということでパイロットを選出したらしいが……
    敵の戦力を把握する前に行動を起こすべきではなかったな」
ヒイロ「トレーズが負ける可能性があるとすれば、一つしかない。
    だが……バーナード・ワイズマンは、そこに到達する事は恐らく不可能だ」
トロワ「ああ……」

リョウガ「森の中……障害物があればヅダの速さを殺せると見たか。だが……」
シュバルツ「甘いぞバーニィ!トレース・クシュリナーダは、その程度の策が通用する相手ではないッ!!」


688 :支援ありがとうございます 17/25:2008/07/15(火) 00:12:20 ID:???
ウォン『さあ、なんとか森の中にまで後退しました!両機、距離を取って、武器をマシンガンに持ち替えます!』
バーニィ(ここまで引き寄せれば…… これで……!)
ウォン『あっと……! 森の中に、なにやら巨大な物体が起きあがって……
    サンタ……?サンタクロースの、巨大なオブジェクトが現れました!』
東方不敗『冬に使うためにしまっておいたものか?なんであんなものが』
トレーズ「何だ……これは?」

観客からはサンタクロースの像にしか見えない巨大な物体は、ヅダのコックピットのモニターには
ザクが何機にも分身しているように見えた。

トレーズ「増援か…… だが、この機体の機動力には、数など問題ではない……!」

ヅダはマシンガンの弾を正確に命中させ、反撃を予測して機体を移動させる。
あっけないほど簡単に標的の反応が消える。
トレーズは、それは自分の機体の攻撃力が高まっているからだと判断した。

東方不敗『む……? 勝負の邪魔と見たか? わざわざサンタクロースから撃っていくとは』
ウォン『射撃を披露しているのでしょうか、それもやはり見事な腕前です』

マイ「い、いえ、違います!あれは……!」
デュバル「ジオニック社の陰謀に違いない!!」

689 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/15(火) 00:13:16 ID:???
規制よ、死ねぇ――――っ!!!

690 :決戦!ザクvsヅダ 18/25:2008/07/15(火) 00:14:36 ID:???
突如、ヅダの足下が爆発した。
装甲が吹き飛び、足首の関節に衝撃が走る。ヅダは転倒こそしなかったものの、片足の機動をほぼ完全に失う被害を受けた。

トレーズ「くっ……!?」

デュバル「や、やはり!!」
モニク「当たった!?」

マリーメイア「な、なんですの、あれは!」
アル「や、やったあ!!」

サンタクロース型のダミーも、森の中に仕掛けたブービートラップも、数日前にバーニィとアルが二人で用意したものだった。
(試合前日に観客席を速攻で作り上げたジュドーたちが間違えて吹っ飛ばされなかったのは幸運である)

場内は騒然となった。
突然の奇襲に抗議の声をあげるヅダ陣営、奇跡の形勢逆転に盛り上がるザク陣営。

モニク「試合を中止して抗議する!これはモビルスーツの性能を競うコンペでは……!」
トレーズ『いや、これでいいのだ』
マイ「えっ……!?」

691 :決戦!ザクvsヅダ 19/25:2008/07/15(火) 00:21:31 ID:???
トレーズ「さあ、戦いを続けよう。ザクのパイロット」
バーニィ「いいんですか……? 許して……くれるんですか、こんな事をした僕を」
トレーズ「許しを求める必要はない。むしろ私が感謝を送りたいほどだ」
バーニィ「え……!?」

その声は場内スピーカーやテレビ中継の放送を通して、試合を見ている全員に届いていた。

トレーズ「もしも君がこうして本気で向かってくる事がなければ、
     私もただ機体の性能を見せるだけの遊びで終わらせていたかもしれない。
     戦士とは持てる力の全てを尽くして、その行いに命を賭けるべきものなのだ。
     それを、君は私に思い出させてくれた」
バーニィ「………………」
トレーズ「ヅダのパイロットとは、皆そういうものではなかっただろうか。
     機体の限界を超える速さを求めて死んでいった多くの者たちは
     その一瞬の輝きのために命を賭け、そしてその望みを叶えていった。
     彼らは皆、己自身に対する勝者として死んでいったのだ。一人として無駄死になどしてはいない……」

トレーズの言葉を聞いた観衆たちは静まりかえり、これまでヅダに抱いてきた認識を改めていた。
そしてバーニィも、これまでの考えを打ち消した。
トレーズは自分に酔うだけではない、本当にヅダが好きになって乗る事にしたのだと。
自分が、ザクを好んでいるのと同じように。

トレーズ「そして……!!」
バーニィ「…………!!」

片足のヅダはマシンガンを捨て、ヒートホークを手に宙に舞った。
バランスを失わずに立っているのもやっとだった機体は、まともに着地する事はできない。

692 :決戦!ザクvsヅダ 20/25:2008/07/15(火) 00:23:13 ID:???
ウォン『あーっと、と、飛んだぁーっ!!これは無茶だーーーっ!!』

ガトー「英霊たちに捧げる戦いのために……
    抗議などで止める事も、逃げる事もせぬか……」

アル「バーニィ……!!」
マリーメイア「お父様……!!」

ザクはヒートホークを構える。
降下してくるザクを見据え、勢いよく振りかぶる。

ナナイ「避けろ、避けるだけでいいんだ!ヅダはもう動けまい!」
シャア「………………」
クェス「な、なんで避けないのっ!バカじゃないのあいつ!」

東方不敗『戦士の誇りのためにか……』

ザクとヅダのヒートホークが交錯する。
閃光と衝撃音が周囲に轟き、そしてヅダはゆっくりと地面に倒れていく。

マイ「ああ……!!」
モニク「だ、駄目か……!」

アル「やった……!?」

693 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/15(火) 00:25:08 ID:???
連投規制を駆逐する!

694 :決戦!ザクvsヅダ 21/25:2008/07/15(火) 00:34:58 ID:???
静寂が周囲を支配した。
ヅダは倒れたまま動かず、それを確認するとザク改はゆっくりとヒートホークを下ろす。
勝負が終わった事が分かると、静寂は歓声と拍手に変わっていった。

ウォン『や……やりました!一方的展開と思われたこの試合!最後はザク改が見事、ヅダの猛攻を凌ぎきりましたー!!』
東方不敗『むうう……。負けは負けとはいえ、トレーズの身の処し方も天晴れなものよ。
     最後の一撃を正面から迎え撃ち、防ぎきったザクのパイロット……なかなかのファイターと言えるわい』

バーニィ「僕が…… 勝ったんですか……」
トレーズ「そうだ……素晴らしい勝負だったよ」

コックピットを開け、姿を見せたトレーズにバーニィは深く頭を下げた。
その返事として、トレーズは握手の手を差し出した。
固く握り合う二人の手に、再び盛大な拍手が場内から送られていった。

ウォン『それでは、今日の試合を振り返って、いかがでしたでしょうか東方先生』
東方不敗『うむ、両者ともに、機体に己の全てを伝え、まさしく己の分身として戦っておった。
     機体の良し悪しではなく、要は機体を動かす者が大切なのだ。それは我らガンダムファイターも、モビルスーツのパイロットも同じことよ』
ウォン『ありがとうございました。それでは、本日の中継は、このあたりで終わらせていただくことにします』

ニッキ「パイロットが上手いと、あそこまで動き回っても空中分解しないんだな……!またヅダにチャレンジしてみようか……」
シャルロッテ「ああ……やっぱりザクが勝ってくれたじゃない、結局私のザクが最高よね♪」
スワガー(またさっきと逆になってますな……)

695 :決戦!ザクvsヅダ 22/25:2008/07/15(火) 00:37:28 ID:???
ドズル「見事だッ!!よくやったぞワイズマン伍長ッ!!」
アル「ああ……。ほ、ほっとしたら、疲れちゃったよ……」
マリーメイア「お父様……熱くなるとすぐ、こうなるから……また悪い病気が……」
ミネバ「ん?いい勝負だったと思うのだが?」

ヒイロ「トレーズが負ける唯一の可能性……」
トロワ「『私は敗者になりたい』病が出たか……」
ヒイロ「あれさえなければ無敵なんだが、ああなるとバーニィにすら負けるからな」

だが、その敗因が分かるのはヒイロたちWキャラしかいない。
場内の全てが感動の渦に包まれている中、二人は水を差すのも悪いと考え、そのまま会場を後にしていった。


ガロード「それはともかく」
ウッソ「入場券と、飲食物の売り上げがこれだけありますよ」
ジュドー「大もうけだなっ!」
ティファ「いました……ガロードたちはここです」
ガロード「ティ、ティファ!?」
シャクティ「探しましたよ、うふふふふふ」
ウッソ「シャクティ!?ま、まさか、その」
ジュドー「こ、この売り上げは俺たちが苦労してっ」
プル「あ、いたいた、ジュドー♪」
プルツー「大もうけしたそうじゃないか」
デュオ「さーて、会場作り、手伝ってやったんだし。ジャンク屋組合全員で打ち上げでもやろうかね」
キッド「あがりは持ってるんだろ、ガンダム坊や?」
三人「「「うわああああああああ」」」

696 :決戦!ザクvsヅダ 23/25:2008/07/15(火) 00:40:22 ID:???
ワシヤ「負けちゃった……ねぇ……」
マイ「ええ……」
モニク「やはり抗議を通していれば……!こんなコンペひとつで提携打ち切りなどさせてたまるものか!」

バーニィ「なんとか、勝てましたよ。シャアさんやアルが勇気づけてくれたおかげで……」
ナナイ「勝利まで得られるとは正直予想していなかったが、よくやってくれた」
クェス「これで赤字子会社とも縁切りできるね、大佐♪ ……大佐?」
シャア「バーニィ君……本当に、素晴らしい戦いだった。私も君を選んだ甲斐があったよ」
バーニィ「シャアさん……」
ナナイ「それで社長、ヨーツンヘイム社のことですが」
トレーズ「ああ、その事なら私も話に入れてもらえないかな」
クェス「え?」
トレーズ「ヅダの販売はダイクン社が行っているのだろう?
     ぜひOZにエレガントヅダ隊を編成してみたい、近いうちに50機ほど揃えてもらいたいのだが」
ナナイ「ごじゅっ……!?」
クェス(この人バカじゃ……んぐぐ!?)
ナナイ(待て、50機も一度に売れるなんて奇跡だぞ、しばらく黙っていろ)
シャア「分かった、すぐにヨーツンヘイム社に打診するよ」
トレーズ「受注があれば、赤字の子会社を切る事もないだろうからな」
シャア「きつい事を言うな、おまえも」
トレーズ「いやいや、私が見込まれていて勝てなかったのだ。これぐらいはしてやらなければな」
クェス(……バレてたんだ)
ナナイ(売れればどうでもいい、売れれば)

697 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/15(火) 00:46:41 ID:???
俺は!
スペシャルで!
2000回で!
連投規制なんだよぅぅぅぅぅぅぅぅ・・・

698 :決戦!ザクvsヅダ 24/26:2008/07/15(火) 00:48:06 ID:???
そして、3日後。

シロー「『暴走族に異変 超高速よりも優雅でエレガントに ヅダ空中分解事故激減』……
    ……俺たち警察があんなに取り締まっても言う事を聞かなかった連中が……」
カミーユ「モビルスーツに綺麗な模様を描くサービスも出てきたらしいよ。
     ガルバルディβのロイヤルガード仕様やマ・クベ専用グフが、時代を先取りしてたって妙に評判だよ」
マイ「うちもロイヤルエレガントヅダが大売れで本当に助かりました。一時は倒産かと思いましたよ」
ガロード「そうなんだ……」
ジュドー「そりゃあよかったね……」
ウッソ「こんなのおかしいですよ……」
ロラン「どうしたんですか、三人ともちょっと前から元気がないですが」
ジュドー(売り上げが全部チョコパフェになってプルの胃袋に消えた……)
ウッソ(シャクティ、僕から取り上げたお金で何をしたんだろう……)
ガロード(ティファと旅行に行こうと思ってたお金がぁぁぁぁ)
三人「「「はぁぁ〜〜〜〜〜っ」」」
アル「でも、バーニィが勝って、本当に良かったよ!」

699 :今回はあとがきはありません 25/26:2008/07/15(火) 00:49:42 ID:???
シャア「ついにやったぞ!消費者アンケートで、来月から違法改造機のリコールに応じない措置に賛成意見が多数を占めてくれた!」
クェス「それじゃ、もうヅダが分解事故起こしても、うちのダメージはなくなったってこと?」
ナナイ「それならヨーツンヘイム社を切る必要はなくなりましたね」
シャア「ああ、モビルシチズンの新型ヅダソルジャーも作り始めて、いまや優良子会社だよ。
    こんなに何もかもうまく行くとは思わなかったな」

トレーズ『12時になりました。お昼のニュースエレガントです』
シャア「ん?」
トレーズ『本日未明、OZ精鋭部隊に配備されたロイヤルエレガントヅダ50機が全滅しました。
     マフティーを名乗るテロリストの襲撃との発表があり、当局は……』
シャア「……いつからアフロに髪型変えたんだ、この男」
ナナイ「服が煤けてますし。爆発現場からそのまま撮影場に来たのでは」
クェス「えっと……
    もしもしハサウェイ?アンタ、OZのヅダ隊襲撃した?」
ハサウェイ『知らないよ、僕たちだって驚いてる。有名になるのはいいけど、なんでもかんでもマフティーのせいにされるのも困るんだよね。
      マフティーを悪者にするための偽宣伝とか、おびき出すための作戦とか、こっちも大騒ぎさ』
クェス「そ、そう……。関係ないんだったら、あんまり暴れない方がいいと思うよ」
ハサウェイ『僕はそう言って、みんなを止めてる。ありがとう、クェス』
クェス「うんっ、じゃ、切るよ」
    ……だってさ?」
ナナイ「つまり……よりによってOZの精鋭部隊が……」
シャア「空中分解で全滅したか……」
クェス「トールギスと一緒のペースで移動しようとしたんじゃないかな、無茶しちゃってさ」

700 :決戦!ザクvsヅダ 26/26 (代理):2008/07/15(火) 00:57:14 ID:???
トレーズ『幸いなことに、損壊した機体は一週間以内に大破した場合の保険に加入しており、全額が支給される見通しで……』
クェス「……へ?」
ナナイ「リコール制度打ち切りは……」
シャア「来月の頭からだぞ!?」
トレーズ『損害額は現在試算中ですが、相当な規模にのぼる模様です』
シャア「やかましい!!」
クェス「もしもしハサウェイ、やっぱOZを襲撃してよ?」
ハサウェイ『今行くのは無茶だってば、罠にかかりに行くようなものだよ!しばらく潜伏するから、この電話も切るよ』
クェス「あっ!!ハサウェイっ、ハサウェイ!!! ……ったく、肝心な時に役に立たないんだ!!」
ナナイ「ヅダ50機ぶんのリコールですか……装飾まで付けて……」
シャア「……サボテンの花が咲いて」
クェス「逃避するなー!!」

プル「あはははははははっ、な、なにあの髪の毛〜〜!?」
プルツー「ね、姉さん、笑っちゃ駄目だろ、ほら……!」
ミネバ「……なあ、今ニュースに出てたアフロの人、ひょっとしてマリーメイアの」
マリーメイア「知りません、知りません!!」


かくして、町中を巻き込んだザクとヅダの戦いは終わった。
ヨーツンヘイム社は提携打ち切りの危機を回避し、街からはヅダ空中分解の被害が大幅に減る事になった。
万事丸く収まった日常の影に、頭を抱える者たちがいるのも、やはりこの街の騒がしい日常の一幕である……。

701 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/15(火) 01:08:32 ID:???
ミッション終了、帰投する

702 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/15(火) 01:16:05 ID:???
総員、職人氏に敬礼!
そして支援者各員、乙である!

アルとバーニィが活躍してて、クリスが一言も無いのがちと悲しいが。
ええ、綺麗なお姉さんが大好きですとも。

703 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/15(火) 01:16:57 ID:???


704 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/15(火) 06:17:38 ID:???
乙だが、トロワスレの人に代理投下させたのはミソつけてしまったな。
ウチは独自の避難所があるのに、よそ様に面倒かけるのは良くないよ。

705 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/15(火) 08:38:33 ID:???
ドモン「懺悔する事があるだろう、>637に>649。貴様らが同一人物であるという事を」
>637>649「痛い痛い痛い痛い頭を掴まないで謝るからぁぁぁぁぁ」
レイン「やめてあげてよドモン。この人携帯から投稿してて、ページ更新してもすぐに表示されなかったから、投稿できなかったと勘違いしたみたいだし」
ドモン「なら半年程ROMるべきだ。じゃなきゃ周りが言うように、俺達の話を書けばいい。ちなみにこれは修正という名の小噺だから数には入らん」
>637>649「ごめんなさいごめんなさいもぉしません自作自演のつもりはなかったんですすみませんだから離してミシミシ言ってるぅぅぅぅぅっ!」
ドモン「でりゃっ!」

>637>649はミンチになりました。復活までしばしかかります。ご迷惑おかけして誠に申し訳ありませんでした。
m(__)m

ドモン「ミンチより酷い事にならなかっただけマシだと思え!」

706 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/15(火) 14:11:44 ID:???
GJ
閣下何やってんだよ。ガルマ久しぶり。私服のミネバとマリーメイアとドズル中将萌え。
そしてフェンリル隊万歳!いや、ホントジオフロファンとしてはとても嬉しかった。
なのでネタエントリー

アル「ねえ、ゲラートさん。フェンリル隊って暴走族なの?」
ゲラート(バーニィのザク仲間)「いや、いつもは普通にしているんだが…
   ガンダムが暴れ回っていると……」
連合三馬鹿「ヒマだから暴れるぜぇぇ!!!」
ル・ローア「素人が!!」
マット「強化人間がやられるのは今日か〜?!!」
レンチェフ「切り刻むぜええ!!」
ソフィー「残念だけど…貴方なってないわ(得意のドム正拳付き」
サンドラ「ザクだからって甘く見てると絞め殺すぞ!!」
マニング「言うことがない……………」
無惨にミンチになっていく連合三馬鹿ガンダム
ゲラート「ああやって見境無く攻撃するんだ…以前ガンダムにボロボロにされたせいか…」
アル「ご…ごめんなさい…」
ゲラート「何、誤ることはないそれよりも
   こらぁぁぁぁ!!お前達ぃぃぃぃ!!こんなところで暴れるなあぁぁぁ
   ご近所様に迷惑掛かるだろおおおぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!!」
バズーカやらキャノンやら特殊マシンガンやら打ちまくるゲラートザク
そして次々やられるフェンリル隊のMS。
アル「………………(唖然)………………」
ゲラート「っと、騒ぎを起こしたからこれから我々は警察に自主するよ」
アル「お、お気を付けて………」
ニッキ、シャル、スワ(しゃしゃんなくて良かった………………)
アル「………………………………」 
ゲラート「お、警察が着たぞ」
マット・ヒーリイ「そこのMS、早く戦闘を中止…ってもうしてるか…」

アル「刹那お兄ちゃん、あんまりガンダムで張り切りすぎないでね…」
刹那「ガンダム??!!(刹那語で『なんだと?』)」

707 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/15(火) 14:25:44 ID:???
フェンリル隊の面々も楽しそうだよな
いつか上手く絡めた話を読んでみたいものだ

708 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/15(火) 16:06:21 ID:???
>>707
外伝作品をほとんど網羅している物がなぁ…
唯一浮かぶのがカードビルダーなんだよ…
しかしどれも中途半端な登場だしなぁ…
とりあえず外伝での未登場キャラは…
戦記→アニー&ダグラス
閃光→キルスティン、キャノン隊、マレ&リリア以外のジオン
コロ落ち→WD隊3人&ヴィッシュ以外の全員…
ジオフロ→ゲラート&シャル&ソフィ以外のフェンリル隊…
この足らない奴らをなんとかすればなぁ…
大会ネタでも作りたいんだが…優勝はアムロだがw

709 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/15(火) 16:49:16 ID:???
刹那「エコール・デ・シュエル……ニュータイプの勉強……これはガンダムだ!」
ジュドー「だってさ。さっきからずっと学校のパンフ見て目ぇ輝かせてんよアムロ兄」
アムロ「言うな」
ガロード「いやぁ、覚悟した方が良いんじゃねえかなぁ。ほら、願書とかあるし」
アムロ「止めてくれ……」


710 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/15(火) 17:06:48 ID:???
>>708
小説版を集めるしかないな・・・戦記は小説と漫画で全然違うから注意な。

711 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/15(火) 17:37:55 ID:???
Gジェネはジオフロ以外は完璧なんだけどな。と思ったんだが、Wiiで出た奴も収録はされてないか

712 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/15(火) 18:47:03 ID:???
>>710
いや…ジオフロとコロ落ち以外は一応知ってるんだ…
ジェーンがグール隊でズゴかハイゴでゲルググ倒したよね。
閃光は両方とも読んでいるから問題ない。
問題はジオフロとコロ落ちなんだよね…探すか…ただ答えるのも何なので小ネタ投下!

シャア「アムロ、最近私と君の扱いがヒドくないかね?」
アムロ「お前はいつも通りだろ…だが同意だ」
シャア「ならばしばらく真面目に暮らさないか?」
アムロ「何が狙いだ?」
シャア「何、そろそろアルテイシアと結婚を…」
アムロ「…ガンダムハンマー!」
シャア「ふっ、当たらなければ(ry」
アムロ「なっ、確かにセイラさんは憧れの人だがなぁ…」
セイラ「兄さん!勝手に人に縁談を薦めないでください!」
シャア「…ふ、後は若いものに任せようか」
アムロ「シャア!謀ったなシャア!」
セイラ「とりあえず兄さんの家へ行きましょうか…」
アムロ「は、はいっ!」

その日、シャアの家は3人で明るかったそうだ。

アムロ「シャア、セイラさんって料理が上手いんだな」
シャア「ジンバ・ラルに鍛えられたからな」
セイラ「そういう兄さんこそ」
アムロ「シャアが料理!ぷっ!あっはっは!」
シャア「わ、笑うな!」

713 :ヨーツンの業務拡大?1/3:2008/07/15(火) 18:54:32 ID:???
それはとある日曜の午後〜兄弟が集まる茶の間でぇ〜マイが何やらDVDを持ってきた〜

マイ「えー、まぁ我がヨーツンヘイム社で新しい事業として映像関連の仕事を試験的にやってみようと言う事になりまして・・・」
アムロ「つまり、その映像作品の感想を聞きたいと言う事なんだろ」
マイ「まぁ、その通りです」

そう言いながらマイはDVDを割と高級なデッキ(ガンダムファイトの副賞)にセットしました
マイ「ええとまずは女の子向けのアニメなんですけど」
ガロード「へぇ、だったらティファも呼べば良かったかなぁ」
ジュドー「あー、最近プル達がはまってるのがあったっけなぁ・・・」
ロラン「二人とも始まりますよ」

〜OP〜
(かてごりでえふえふっ、かてごりでえふえふっ)
白いお屋敷のベランダで優雅にお茶する変態兄弟
(かてぃえふ ふぉろーすっ!!)←タイトルコール
タイトル文字と一緒に変態兄弟のUP
(大きくなったら何になりたい?何になりたい?)
なんか元気に草原を走るオルバ、図書館らしい所で本を読むシャギア
(世界に復讐果たしたい はたしたい)
なんか決意するよーなガッツポーズの変態兄弟
(力が認められない時には)
雨の中をずぶ濡れで歩くオルバ
(力づくで認めさせちゃお メタモルフォーゼ!!)
ずぶ濡れのオルバに傘を差し出すシャギアと笑って受け取るオルバ
(ふーくしゅうする為、うーまれたー)
なんか凄い良い顔で笑う変態兄弟のアップ
(で、き、る、よ、双子の子ー)
それぞれの愛機をかたどったよーなきわどいコスの変態兄弟
(力を認めさせた未来へー)
きわどいコスのまま空をぐりんぐりんときりもみしながら飛んでく変態兄弟
(ピンチからチャンスにー、タフに変身!!)
変態兄弟それぞれの変身バンク
(かてごりでえふえふっ、かてごりでえふえふっ、YES,ファイト〜)
も一回変態兄弟のUP
(かてぃえふ ふぉろーすっ!!)

     ジーーーガシャ・・・・・・・
ガロード「そおおおおい!!」
      パッキーーーン
マイ「ああ、ガロード!!何するんですか!?」
ガロード「却下ぁ!!こんなの見せたらティファのトラウマになるわ!!」
ジュドー「さ、流石にこれは無いわ・・・・」
マイ「駄目ですかね?」
アムロ「これは駄目だな」
刹那「・・・・これはガンダムじゃない」
シロー「刹那・・・・一応女の子向けだからガンダムとかは・・・」
刹那「使いまわしのバンクが多すぎる、もっと描写をしっかりとすべきだ」
シロー「ってそう言う意味の台詞だったのか!?・・・・・あとそこなんでダメージを受けてるんだ?」
キラ・シン「「ほっといて下さい」」

714 :ヨーツンの業務拡大?2/3:2008/07/15(火) 18:56:39 ID:???
マイ「ふぅ、仕方ありませんねぇ・・・次は深夜枠を狙ったドラマなんですけど」
セレーネ「どんな内容なの?」
マイ「ええ、超能力を持った兄弟が巨大な悪と戦うと言う、題名はナイ・・・・」
アムロ「ちょいやっさあ!!」
       ドーーーォン
マイ「に、兄さん、いきなりハンマーは酷いと思うのですが・・・」
ドモン「また、変態兄弟を使ったパクリか・・・・・変態兄弟プッシュなのか?」

アムロ「もうちょっと、安心して見られるのは無いのか?」
マイ「じゃあ、これなんかどうですかね」

〜ただ今、視聴中です〜
なむさんぽ〜
御大将「今日の散歩は千住の町なのであーる」
おばちゃん「あら、御大将、ちょっとよってけって」
御大将「これは美味しそうな団子であるなー」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・
〜視聴、終り〜

アムロ「・・・・うーむ、なんというか・・・・」
カミーユ「違和感が無いというか」
ロラン「落ち着きはしますけどね」
シーブック「まぁ、言いたい事があるとすれば・・・・」
マイ以外全員「「「「パクリじゃねーーか!!」」」」

715 :ヨーツンの業務拡大3/3:2008/07/15(火) 18:58:29 ID:???
〜後日談〜
マイ「はぁ、結局、映像製作に乗り出すってのは延期になりました」
アムロ「当然だろうな」
マイ「まだ幾つか企画があったんですがねぇ」
アムロ「まだ、やるつもりでいたのか」
マイ「兄さんにも看板司会として出演してもおうかと思ってたんですが・・・・・」
アムロ「俺に?」
マイ「ええ、兄さんに」
アムロ「・・・・一応聞くがどんなタイトルなんだ?」
マイ「亜無路倶楽部と言うタイトルでして」
アムロ「・・・・あるのか?」
マイ「は?」
アムロ「その、亜無路倶楽部のOPデモのDVD」
マイ「ありますよ、見ますか?」
アムロ「ああ、見させてもらおうか」
マイ「どうぞ」

その後アムロ兄さんの部屋から 「お○りがこんなにいっぱい!!こんなに嬉しい事は無い・・・」とか聞こえたとか聞こえなかったとか・・・・・・

716 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/15(火) 20:28:34 ID:???
>>712
フッ、俺の中でアムロ兄さんの株が鰻登りだぜ

>>715
俺の中でアムロ兄さんの株が底値を割った

717 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/15(火) 20:43:58 ID:???
>>714
ナイトヘッド懐かしいなぁ。

718 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/15(火) 21:16:00 ID:???
前々からトロワスレを異常に蔑んでる人がいるのは見て知ってたが、まさかここまで浸透してるとは思わなかった
もうゴミ捨て場ってのはネタ書きの間でも共通認識みたいね

719 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/15(火) 21:19:55 ID:???
蒸し返すな
エレガントに行こうぜ

720 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/15(火) 21:29:51 ID:???
>>712
いいなコレ
和んだ

721 :712:2008/07/15(火) 23:44:51 ID:???
とりあえずGジェネをやってて浮かんだネタ…

シロー「あれ?エイガーさん…なんでボロボロなんですか?」
エイガー「ザクやグフの集団にMSごとぼこされた…」
ルース「お前もか…うちのフォルドもなんだ…」
マイク「うちの隊長もジムをボロボロにされてたぜ」
レオン「ここだけの話、犯人はフェンリル隊です」
シロー「……ああ、理由がわかった気がする」
ユウ「………(一方的な逆恨みか…どうする?)」
ケン「知れたこと!ユウキの仇をとる!」
マット「………(ラリー…俺はどうしたらいい…)」
ゲラート「すみません、うちの若い奴らが…」
シロー「…ゲラートさんじゃないですか?」
ゲラート「とりあえずうちの若い奴らはシメたので…」
レオン「あなたも参加した証拠がありますけど…」
ゲラート「くっ…せめてエイガーだけにも…」
エイガー「うおっ!?」
シロー「すげぇ…ガンダムに勝ったぞ…」

ゲラート「その直後に全弾撃ち込んだ奴のセリフではない!」
エイガー「ちっ…俺はザクに勝てないのか…」

722 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/15(火) 23:56:18 ID:???
>>709
その1
コウ「あれ、エコール・デュ・シエルって山の手の女子校だって情報があったような…(注・過去スレの話)」
ガロード「…そういやパンフに乗ってるのって女の子ばかりに見えるな」
刹那「女子校……くっ、俺はガンダムに……」
ジュドー「……」
アムロ「……」
刹那「……いや、問題ない」
ジュドー「ちょ、ちょっと刹那兄ちゃん俺の女装グッズ持ってどこに行くんだぁぁ!!」
ガロード「いや、自分は良くても刹那兄貴はダメなのかよ」
アムロ「……orz」

その2
シャア「ぬ、エコール?コードネーム・コンバット刹那という傭兵になるのかね」
アムロ「せっかくだから俺はこの赤い奴を撃つぜ!…あ、照準が合ってない!(それがデス様クオリティ)」
刹那「俺のコードネームはコンバット・ガンダムだ!」
アムロ「そういう焼きビーフンが好きそうで女性の扱いが苦手っぽいコードネーム(それもデス様クオリティ)は止めなさい」
刹那「…!うえから来るぞ、気をつけろ!」
アムロ「…上から?」
ウッソ「兄さん大変だ!お腹を空かせたマリナさんが玄関前で失神してる!」
アムロ「”飢え”からか…」
刹那「俺は…ニュータイプだ!」

723 :小ネタ:2008/07/16(水) 00:06:09 ID:???
アムロ「セイラさんは、とてもスレンダーで女性的でありながらも少年っぽさを兼ね備えた素晴らしい肢体だ」
アムロ「マチルダさんは、俺に初めてオトナの女性のナンたるかを教えてくれたヒトだな。あのヒトとの様々な経験が今日に活きてるよ」
アムロ「ハモンさんからはマチルダさんとはまたひと味違った愛し方を教わった。言うなれば、愛の凄まじさってところか」
アムロ「クスコ・アルには…何て言うんだろう、年上なのに対等に見て欲しいってイメージしかなかったな。彼女にとって僕は『良薬口に苦し…ヨ、愛しい坊や』、寝物語でよくそう言われたよ」

アムロ「………ベルトーチカ達の話はまた今度にしよう。それよりも二人とも、いい加減朝が早いんだからもう寝よう」


セレーネ「………15歳の時からそんな女性経験重ねちゃあ、ね?」
クリス「ある意味感謝すべきかもしれませんね、私達……」
セレーネ「まったく……、なんて無邪気な寝顔」
クリス「一体何人の女性が夜明けと共に見てきたのかしら」



セレーネ「とりあえずは、額に〈肉〉ね」


724 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/16(水) 00:13:00 ID:???
>>723
いくら妹と隣人だからって、女にそんな話するなw

アムロ兄さんだから額に肉で済むんだろうな。

725 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/16(水) 00:21:15 ID:???
酔ってんのか?眠いだけか?w

726 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/16(水) 00:22:53 ID:???
自白剤か何かで無理矢理言わされたようにしか見えんのですが

727 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/16(水) 01:09:10 ID:???
なんというかセレーネ姉さんが前にマイ辺りが作った夢を見せる機械を改造して
アムロ兄さんに無理やり自白させてるとしか思えんな。


728 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/16(水) 03:55:59 ID:???
>>722
ネーナ「ヨハ兄ヨハ兄ぃ〜〜」
ヨハン「どうしたネーナ?」
ネーナ「あたし学校行く!」
ヨハン「そうか……ネーナも年頃の友達が欲しいのか。で、どこの学校だ?」
ネーナ「エコール・デュ・シエルっ♪」
ヨハン「……………」


ピポパ


ヨハン「ミハエルか? ああ、留美の店でのバイトだがシフトを週六でいれるんだ。ああ、ネーナの学費のためだ」


729 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/16(水) 04:49:45 ID:???
あの学校って、過去スレ参照にするとZZ売っても学費が足りないっていうスゴイ所だったよな・・・・・・

730 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/16(水) 10:07:33 ID:???
グエン「ローラを渡してくれれば妹さんの学費などいくらでも援助しよう、さあどうするかね」
ジュドー「うっ、うううううう」
「ファンネルっ!!!」

どがどがどがどがどが

グエン「うぎゃああああああ」
プル「やーだよ、勉強難しい学校なんてー」
ジュドー「プル、たぶんお前の話してたんじゃないぞ」

731 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/16(水) 10:21:23 ID:???
>>730
ロラン「悩まないでくださいっ!」

ガロード「いやぁ、アレは承知するふりしてだまくらかす算段してたんだと思うなぁ」
ロラン「……僕は、弟たちの教育を、どこで間違えたんでしょう…」orz


732 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/16(水) 10:31:58 ID:???
ジュドー「次こういう話があった時のために、
     ローラという名前の猫を飼おうと思うんだけど」
ロラン「いいけど世話できるんですか?」
ジュドー「……この話はなかったことで」

733 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/16(水) 10:37:37 ID:???
ウッソ「はい♪」
ローラ「ハロ?」
ロラン「………」
ジュドー「………」


734 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/16(水) 10:44:04 ID:???
>733
ちょ、そう来たかウッソ!wちゃんと銀色かコーヒー色にしとけよw

735 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/16(水) 11:27:53 ID:???
>>734
コーヒー色とは!ローラのあの肌をコーヒー色と!君は!
君には再教育が必要なようだ

736 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/16(水) 13:18:44 ID:???
プル「そーよ! ロランお兄さんはチョコレート・パフェの色なんだから!」ジュル‥


737 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/16(水) 13:23:22 ID:???
プルお前www

738 :734:2008/07/16(水) 13:28:27 ID:???
>735
ちょ、待て!悪かった!悪かったから白い部屋は勘弁( ̄□ ̄;)!!ザクグフゲルググ…

739 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/16(水) 13:59:29 ID:???
>>729
ヨハン「スローネアインを質にいれたが……」
ミハエル「ツヴァイもだぜ……」

740 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/16(水) 14:14:08 ID:???
所変わって山の手の学校エコール
アスナ「あ、時間だ…」
エルミ「え、美術部今日無いでしょ?」
アスナ「いやぁ、ちょっと野暮用で…」
エルミ(シン(バルナック)の事じゃなくて?あ、前にきたアキラって子?)
アスナ「っちょ…違うよ、それとこれは…」
エリシア「何かありましたの?」
アスナ「と、とりあえず行くね…」
エリシア「…………?」
エルミ「なんか野暮な用事だそうで…」
エリシア「へぇ…」
サクヤ「ねぇ〜エリシア〜テニス部行こうよ〜」
エリシア「無理よ、私たちテニス部に出入り禁止って言われているから…」

どっかの峠
アスナ「アスナ・エルマリート、付きました…」
マリー「遅いぞ!!アスナ!!今日は久々にフェンリル隊の連中と一緒になって
    改造機でぶっ飛ばすって言うのによぉ!!」
ユーナ「全く、整備の調整にパイロットが必要なのにさ!」
ミガキ「いやぁ、まあそんなに固くならんでもいいがな」
アスナ「よろしくお願いします…ところでこの機体は?」
ニッキ「EMS-10、ヅダの改造機だ。プロペラントと追加ブースターで加速性を強化している」
シャルロッテ「空中分解はあんまりしないように作っているけど…どうかなぁ」
アスナ「…………………ははぁ?」
アキラ「とりあえず、死なない程度にしなよ…」
アスナ「あ、来てたんだ」
アキラ「きてたんだって…まあいい、マリー、さっさと始めないと彼方さんがしびれちゃうよ」
シーマ「そういう事さね、今日はアタシが直々にガーベラで出るからね。それなりの人材を
    連れてこないと、話にもならないからねぇ」
マリー「ッフン、昔取った杵柄だ…と言いたいところだがあたしも最近がたが来ているからな」
シーマ「だからって、ゲラートの親方を使うのかい?ご老体にこんな酷いことを」
ゲラート「あ、いや私はまだ現役だが…」
マリー「フ、今日はウチのアスナが相手だ」
シーマ「あの小娘とかい?!このシーマも嘗められた者だな!まあいいやってやるよ!!」







741 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/16(水) 14:24:16 ID:???
アキラ「アスナ、彼方さんとの話、決着がついたようだ」
ユーナ「モノアイだからって嘗めない方がいいよ、ガーベラは足が速いからね」
アスナ「わかった、アスナ・エルマリート、ヅダ改造機で出ます」
コッセル「いいか野郎共!!全力でシーマ様を応援するんだぁ!!!」
シーマ「コッセル、ありがとうよ。シーマ・ガラハウ、行くよ」

エンマ「大変よ、モニク!!昨日暴走族の非公式MSレースで、ヅダがガーベラに勝ったわ!!」
モニク「何!!エンマ!!何があってもデュバルには知らせるな!!舞い上がって何をしでかすかわからん!!」
ワシヤ「え?むしろ会社の利益になる話じゃ…」
モニク「奴がもしとんでもない宣伝をして、ヅダの空中分解事故が多発したら
    ウチの会社は信用丸つぶれだ」
マイ「真ゲッターロボ(OVA)面白いなぁ……………」

以上、のりでやった

742 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/16(水) 15:04:43 ID:???
>>736
頭がバニラクリームで体がチョコレートアイスか……

743 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/16(水) 15:38:24 ID:???
マリナ「メロンのフラッペにチョコパフェで、新商品『ローラ・ローラ』ってどうかしら?」
シーリン「いいかもしれませんが…余計な面倒も招くかもしれませんよ?」


744 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/16(水) 15:45:48 ID:???
>>739
ヒイロ「(ヴェーダを使えば簡単なんだが…教えるべきか、黙っておくべきか…)」

745 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/16(水) 16:46:12 ID:???
>744
やめとけヒイロ、ティエリアが怖いからやめとけ…

746 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/16(水) 16:49:24 ID:???
>>740とは別の学校で

ミネバ「ところで、どうして私たちがアルやシュウトと同じ学校に通っているのだろう」
マリーメイア「たぶん、全員同じクラスに入れた方が話が作りやすいからではないかと」
ミネバ「凄い理由だな」
マリーメイア「私なんて、ミネバさんにちょっかい出すライバル役(しかも毎回負ける)しか登場できませんもの」
マリアルイゼ「申し訳ありません、私がそういう役所が似合わないからと作者の方が」
ミネバ&マリーメイア「「おまえも同じクラスだったのか!」」

リィナ(……他人の振り、他人の振り)
プル「そーやって自分だけいい子ぶるんだもん、リィナは嫌いだ」

747 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/16(水) 16:54:04 ID:???
あ、リィズ忘れた

そしてマリアルイゼは13歳なので本当はウッソと同じ中学生組
マリーメイアは7歳…… く、苦しい

748 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/16(水) 17:03:28 ID:???
>747
逆に考えるんだ。マリーメイアはいわゆる帰国子女で、海外で飛び級したと考える…

…無理矢理感がぁぁぁぁぁっ(泣)

749 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/16(水) 17:33:16 ID:hkz29bC0
だがその無理矢理感によるちょっと浮いてる感じがいい!!たぶん

750 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/16(水) 17:33:55 ID:???
すまんsage忘れた

751 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/16(水) 18:26:39 ID:???
ある程度の年齢は弄るのも可
マユは12〜14歳くらいの感覚で書いてるが、設定年齢だと享年10歳・・・
このスレのジェリドとカクリコンはカミーユと同学年=17歳くらいになってる・・・

752 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/16(水) 18:32:20 ID:???
全員異世界旅行へご招た〜い
ttp://anime3.2ch.net/test/read.cgi/x3/1205871030/381

753 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/16(水) 18:38:13 ID:???
ギンガナム「むむむ…兄弟全員で旅行とな?」
シャギア「しょうがないな…わかってるな?オルバよ」
オルバ「もちろんさ、兄さん。みんなが帰ってくるまでは歴代ヒロインスレでたかることにするんだね」

マリナ「無効にも私が居るなら私はお邪魔できないわね…どうすればいいのかしらw;」

754 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/16(水) 18:49:41 ID:???
「これからこのスレの主役はこのマーク・カランだ!」

755 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/16(水) 18:52:21 ID:???
シャア「兄弟全員がいない?ふむ…これは」
グエン「ローラの下着を頂くチャンスがキター!!」

756 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/16(水) 19:39:55 ID:???
>>751
そういやコウたちの部活動がかなり年齢カオスだった気がする
ずいぶん前のスレを読み直さないといけないが……

757 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/16(水) 19:40:35 ID:???
パトロールジム『シロー隊長〜! おられませんかー!!』
シャア「むっ!」
グエン「ぎくっ!」
パトロールジム『う〜ん、やっぱり留守みたいだなぁ…少なくともロランさんは
        居る時間なんだけど…本部本部、こちらパトロールジム3号…』
グエン「これは、不味いんじゃないか?」
シャア「いや、留守だからと言って、警察が強制捜査は出来ないはず…」
パトロールジム『は? いいから家内捜索を?って、そんな無茶な
        …は?リリ署長が?
        …いえ、正規の手続きがされてるんでしたら…』
グエン「なんだか、雲行きが…」
パトロールジム『えー、ただ今よりガンダム家の強制捜索に入ります。
        …玄関に鍵が掛かってないじゃないですか、物騒だなぁ…』

二人の変態に救いの手は差し伸べられるのか!
続かない。

758 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/16(水) 19:59:29 ID:???
一角獣がアニメになったらミネバ様だけ急成長だな

経歴一切不明の謎の若手人気女優オードリー・バーン、その正体は……

759 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/16(水) 20:20:42 ID:???
マリーダの犯人はシャア

760 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/16(水) 20:33:56 ID:???
>>754いいや!この俺、リード・フォックスだ!!

761 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/16(水) 20:37:12 ID:???
アムロ「無事帰ってきたな…あれ?ウッソはどうした?」
ロラン「また置いてきちゃいましたか…連れてきます」

アムロ「で?そこの2人は何をしていたのかな?」
シャア「私はただ様子を見に来ただけだ」
グエン「決してローラの部屋に忍び込んだ訳じゃない」
アムロ「…そうか、ガンダムハンマー!」
シロー「倍返しだぁぁぁ!!」
ドモン「超級覇王電影だぁぁぁぁん!!」
コウ「コウ・ウラキ吶喊します!」
カミーユ「ここからいなくなれぇぇ!!」
シーブック「なんとぉぉぉ!!」
キラ「やめてよね(ry」
ヒイロ「ターゲット確認、排除する」
シン「アロ…って前衛組は俺だけバリアなしか…ぎゃぁぁ!!」

セレーネ「シンが巻き込まれたわね…」
マイ「GP03にはIFがあるからね…」
アル「F91は質量を持った残像があるからね」
ロラン「ウッソを連れてきましたよ〜」

終わり

762 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/16(水) 20:37:37 ID:???
次スレからは「歴代主人公がマーク・カランだったら」にスレタイを改めるべきだ!

763 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/16(水) 20:50:24 ID:???
>>761
いつものパターンですね(苦笑)
シーブックは「抵抗するんじゃない!いっちゃえよ!」に
したほうがいいかな?

764 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/16(水) 20:50:47 ID:???
>>741
マイに熱血ロボアニメ好きという設定が追加された!
って事で良いのかな

765 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/16(水) 20:54:00 ID:???
中途半端に分身機能があるシンは悲惨だな。
これからも巻き込まれ続ける事だろうw

766 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/16(水) 20:55:35 ID:???
>>763
しまった…シーブックにはそれがあったか…orz

本当はX1で格闘やらしたかったんですよ…
ABCマントがあるから大丈夫だし…
ところで帰しちゃいましたがよかったですかね?
ゼロ魔はよく読みますが、ルイズとの2人組が好きですから…
多数が来たら正直ルイズが可愛くなくなりそうだし…

767 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/16(水) 20:59:49 ID:???
>>761
とりあえずお前がシンが嫌いな事だけは判った

768 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/16(水) 21:03:56 ID:???
>>767
いや、きっとスパロボZのPVネタだと思うよ、多分

769 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/16(水) 21:07:10 ID:???
>>768
アレでは高エネルギー砲ぶっ放しているじゃねぇか・・・

770 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/16(水) 21:07:44 ID:???
>>617
すまん…少し前にあったネタを拝借したんだ…
決して俺はシンが嫌いなわけではない。
ただこうした方が普段のような気がしたんだ…

771 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/16(水) 21:08:01 ID:???
こんなもんで嫌いなんだったら
ウッソなんか多くの住人に蛇蝎のように嫌われてる事になるなw

772 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/16(水) 21:16:01 ID:???
>>770
なにやってもミンチにならない奴がズタボロになるなら判るんだが、シンはミンチになる方じゃない・・・

773 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/16(水) 21:17:07 ID:???
>>770>>767の間違えだ…

ウッソ「なんであっちにもっといさせてくれなかったんですか?」
ロラン「よそ様に迷惑をかけるのはよくないです」
ウッソ「これから目の前で服を脱いだり…」
ロラン「ピキッ!」
ウッソ「キュルケさんの胸に顔を押し付けたり…」
ロラン「ピキッ!ピキッ!」
ウッソ「姫様とキスをしたり…」
ロラン「ピキッ!ピキッ!ピキッ!」
ウッソ「ティファさんの胸を揉んだり…」
ガロード「ツインサテライトキャノン!!」
ウッソ「ウンディーネ隊のみんなと女湯を…ってぎゃぁぁ!!」

ウッソならきっとこう言ってくれるだろう…
そろそろ自重するよ…すまなかった。

774 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/16(水) 21:25:07 ID:???
>>712の続きです。この空気をぶち壊したかったんだ

アムロ「シャア、その弁当はセイラさんが作ったのか?」
シャア「む、なぜそう思うのかね?」
アムロ「なに、かなり綺麗で色鮮やかな弁当だからだ」
シャア「ふむ、さては食いたいのだな?」
アムロ「いや、俺にはロランの弁当があるからな」
シャア「少なくともロラン君にはかなわないさ」
アムロ「そうか?それはそれでうまそうだぞ」
シャア「そうか、ありがとう」
アムロ「なぜ貴様が返事をする…」
シャア「…(この弁当は私が作ったんだが…言えないな…)」

そんな2人の昼休み。

775 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/16(水) 21:25:24 ID:???
グエン卿なんかどうなるんだ
登場→ロランハァハァ→ミンチ以外見た事がないぞ
会社で働いてるシャアみたいに復権の話が書かれるとも思えないし

776 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/16(水) 21:29:24 ID:???
シャアはこのスレ風にデフォルメされているが、グエンはマジでガチホモだもんなぁ・・・
ボケた父親に掘られて目覚めた訳だし・・・
ロランに女性としての礼儀作法を教えた部下は実はオカマだったし・・・
グエンサイドは書きたくない・・・

777 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/16(水) 21:29:54 ID:???
>ウッソ「ティファさんの胸を揉んだり…」

シャギア「待てニュータイプの少年、それは不可能だ」
オルバ「どう考えても物理的に無理」
Gティファ「………………」
ティファ「………………」
Tティファ「………………」

ガロード「ティファが三人もっ!!ゆ、夢みたいな光景…………ああ、ミンチよりひでぇや」
ウッソ「僕が巻き込まれなくて良かったです……」

778 :停電時のお供に:2008/07/16(水) 21:33:38 ID:???
 ブツッ

ガロード 「うわ、なんだ!?」
シン   「急に電気が消えたぞ!?」
ロラン  「お隣さんも電気が消えてる……どうやら停電みたいですね」
ガロード 「参ったな、これじゃ何も見えな……イタッ!?」
シロー  「大丈夫かガロード……イタッ!」
ロラン  「ああ、こんな暗闇の中で動いたら蹴躓いて大変ですよ」
ガロード 「全くだ。目が慣れるまで動かない方がいいかもな」
カミーユ 「ん? なんでだ?」
ジュドー 「障害物なんて避けりゃいいじゃん」
ウッソ  「どこに何があるのかは大体把握できますしね」
ガロード 「クッ、これだからNTは……!」
シロー  「ともかく、早く明りをつけないと……懐中電灯、どこにしまってたかな」
アル   「ご、ごめん」
シュウト 「今日、アルと二人で遊んでて、電池切れちゃった」
シロー  「おいおい……ダメじゃないか、非常時に使うものを遊び道具にしちゃ」
ジュドー 「まあまあ……ああいうのってサバイバル気分が味わえて楽しいしさ、気持ちは分かるよ」
シロー  「お前なあ」
ロラン  「仕方がない……こうなったら、アレを使いますか」
ガロード 「アレって何?」
ロラン  「誰か、台所に行って水道の蛇口をちょっとだけ開けてもらえますか? 水が滴り落ちる程度でいいので」
ジュドー 「ん……このぐらいか?」

 ピチョーン

ドモン  「(カッ)見えた、水の一滴!(明鏡止水発動)」
ガロード 「うおっ、スゲエ明るい!」
ロラン  「フフ……これぞ流派東方不敗が奥義、『停電時にドモン兄さん』です!」
アムロ  「なんでそんなノリノリなんだお前……」
ジュドー 「いやー、しかし凄いね、懐中電灯要らずだ」
ガロード 「これから毎晩やってもらえば、電気代浮くんじゃないの?」
アムロ  (……明鏡止水の境地とやらも、安っぽくなったもんだな……)

779 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/16(水) 21:34:18 ID:???
>>777
それ、ティファニアじゃね?

ウッソ「エルフ耳・・・ハァハァ」

780 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/16(水) 21:34:32 ID:???
>ボケた父親に掘られて目覚めた訳だし・・・
掘ったのは祖父
幼少時からずっと女装を強要して掘りまくってた
グエンの両親は気が弱くてグエンが酷い目にあってても我関せずで無視

まあギャグで殺し続けるのとどっちが酷いかは第三者の判断に任せる
個人的にはマリーダの件並に気分悪いのでグエン自体ネタにしたくない

781 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/16(水) 21:36:08 ID:???
シャア自炊かw
まあ何をやらせてもこなしそうではある

782 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/16(水) 21:39:00 ID:???
>>744
GJ
そのうちシャアが毎日アムロに弁当作ってきて(弁当をセイラ作と偽る)
いつかセイラさんがあんまり料理が得意じゃないってバレる
お約束ネタが・・・

783 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/16(水) 21:40:10 ID:???
セイラさんがこのスレでぴりぴりしてるのは
なんでも上手にこなす兄に対してかw

784 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/16(水) 21:42:39 ID:???
>>780
しかも祖父が息子の妻=グエンの母を寝取ってて、実父がこの祖父というもっとひどい話もあったような…重すぎる。

まあ主人公側もアムロは自分が本当にテムの子か疑ったことがあったらしいが。

785 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/16(水) 21:46:06 ID:???
色んな意味で最大の障害っぽいからなあ>セイラにとってのシャア
何だかんだとアムロと一番理解し合ってるのはシャアだしさw

786 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/16(水) 21:46:22 ID:???
テムはアムロに宇宙を見せてやりたくてサイド7に連れ出したんだよな
当のアムロは全然乗り気じゃなかったっぽいが

787 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/16(水) 21:46:49 ID:???
>>782
いや…一応>>712で料理してしまいましたからね…
自分の中では
ロラン>アムロ>シャア>セイラのイメージです。
シャアは何でもこなせるキャラにしたいんです。
>>783
セイラ「私は…兄さんに…勝ちたい…」
アムロ「…(それ僕のセリフです…)」
シャア「だったらアムロに教えてもらえばいい」
アムロ「なっ!?僕は料理はそんなに…」
シャア「だが君は私に勝っただろ?」
セイラ「アムロ、教えてくれないかしら?」
アムロ「は、はい!」

こうして2人の料理特訓が始まった…

こうですか?

788 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/16(水) 21:51:54 ID:???
兄と一緒のセイラさんは可愛いなーおいw

しかしこのスレじゃあシャアがセイラさんとアムロの仲を取り持とうとしていると
あわよくばロランに「義兄さん」と呼ばれて同居する算段なんじゃと思える
汚れてすまん

789 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/16(水) 21:52:34 ID:???
シャアとかスペシャルウッソとかは恐らくオールマイティーになんでもできるよな
長兄設定によりこのスレではアムロもそんな感じがあるけど

790 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/16(水) 21:52:41 ID:???
テムは改めて見るとすげえ息子思いで泣けてくる

791 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/16(水) 21:54:26 ID:???
しかし息子のアムロにはてんで通じてないのが泣けてくる


792 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/16(水) 21:55:45 ID:???
まあそういう算段は頭の隅にはあると思うが
ほぼ本気で妹の為に取り持とうとしているんじゃないか、シャアは
セイラさんもいい歳だし、アムロの事は一番認めてるし
セイラさんは自立した女性だけど、そういう女性をシャアはあんまり好かないような気がするな

793 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/16(水) 21:57:38 ID:???
シャアの事だから一つの行動で複数狙いがあると思うよ!

794 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/16(水) 21:59:19 ID:???
某スレのシャアは駄目オヤジでしかないから凄く違和感がw

795 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/16(水) 21:59:58 ID:???
女の幸せは嫁に行くことだとおもってたり?

ナナイ 「私達の幸せは」
レコア 「どこなのでしょう?」
ハマーン 「……」
シャア 「ぎくっ」

796 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/16(水) 22:01:21 ID:???
てかララァてこのスレではどうなってんだっけ

797 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/16(水) 22:02:20 ID:???
ハマーンにはジュドーがいるじゃないか!
少なくともルーなんかよりはよっぽど脈があるってもんだ

798 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/16(水) 22:03:31 ID:???
>>796
唯一の故人
死因は病死(コロニー風邪とも、S2型インフルエンザとも)

799 :787:2008/07/16(水) 22:09:48 ID:???
>>708で述べたように、兄弟+αでビルダーネタを書きたいが
やっぱりわからない人にはつまんなくなるかな?
一応ほぼ全員のネタを作れそうなんだが…

わからない人の為の解説も作ります。

800 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/16(水) 22:17:37 ID:???
>>778
キャプテン「我々にもライトくらい標準装備されているが…」
Vハロ「ハロ!ハロ!」
シュウト「楽しそうだし、もうちょっとほっといたげてよ」


801 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/16(水) 22:17:55 ID:???
>>797
脈あるのかwwwwwww

802 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/16(水) 22:32:52 ID:???
>>798
D.O.M.E.「忘れられてるけど僕も故人だよ」
アムロ「おまえはこのスレの住人じゃないだろうが」

803 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/16(水) 22:36:03 ID:???
>>802
ティファ「いえ、あの人は生きています」

804 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/16(水) 22:37:32 ID:???
そういえばマリーメイアの母親のレイア・バートンも生きてるんだな
本編で登場時既に故人だったからどんな話にも出しようが無いが

805 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/16(水) 22:48:39 ID:???
>>795
シャアが拒絶した女性は見事に自立した女性ばかり……
そしてララアは三歩下がって尽くす女だった

806 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/16(水) 22:52:43 ID:???
>>805
つまり、自立していない自分に尽くす女性を母に欲しがってたということか。

難しい人だな。

807 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/16(水) 22:53:27 ID:???
なにせルチルが生きててジャミルと結婚してるし
ガロティファスレのサラ涙目wwww

808 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/16(水) 23:04:08 ID:???
難しくはないと思う>シャア
内助の功を求めてる訳だし
自分の仕事に口出しせずに、家に帰ったら仕事の愚痴を聞いてくれる女の人が欲しいんでしょ?



要するに赤ちゃんプレイがしたいんでしょ?

809 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/16(水) 23:09:49 ID:???
働く女性の慰めにはなれない男>シャア
だからロリコン

810 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/16(水) 23:12:16 ID:???
>>808
アムロ・カミーユ「「・・・・・・・・・・・・。」」


他NT兄弟「(伝染するから)想像しないで下さい!!」

811 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/16(水) 23:13:36 ID:???
>>808
ウッソ「赤ちゃんプレイ・・・なんて羨ましい」

812 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/16(水) 23:16:06 ID:???
>>732
そういえば犬のフランダースって誰が飼ってるんだろう。
原作ではウッソの飼い犬で良かったと思うが、兄弟スレで出た事は無いな。

…まさか、食ったのか?    …シャクティ。

813 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/16(水) 23:17:08 ID:???
>>811
そんなこと言ってるとルペ・シノが来るよ!

814 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/16(水) 23:19:10 ID:???
>>812
風雲再起の馬小屋にでも間借りしてんじゃない?

815 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/16(水) 23:23:46 ID:???
シャアはラルさんに育てられた訳だからな
反動でマザコンになってしまうのは致し方ない気がする

816 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/17(木) 00:17:56 ID:???
マリナ「>>811 と、いうようなことをウッソさんがおっしゃっていましたけど、ウッソさんはカルルマンさんとあそんでいらっしゃらないんですか?」
シーリン「マリナ、>>811は、そういう意味じゃないわ…」
マリナ「え? ではどういう…」

シャクティ「フフ。ウッソったら、結局最後は私のところが一番落ち着くのね。」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ…

マリナ「わぁ。ねぇシーリン。シャクティさんの背後のアレ、発電プラントかなにかでしょうか?
    うちにもエネルギー分けてもらえないかしら?」
シーリン「あれはエンジェル・ハイロウよ。違う意味でエネルギー問題は解決するかもしれないけどオススメはできないわね」

817 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/17(木) 00:24:24 ID:???
エンジェル・ハイロゥで何をどう解決するつもりなんだw

818 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/17(木) 00:34:15 ID:???
>>761
たまには刹那のことも思い出してあげてください

819 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/17(木) 00:59:22 ID:???
>>817
ウッソを白痴化させてかわいがる(相撲部屋的な意味で)

820 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/17(木) 01:17:52 ID:???
かわいがり電力があざでぃすたんを救うわけですね!

821 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/17(木) 01:22:21 ID:???
>>818
ガロード 「離せ、離してくれキャプテン!」
キャプテン「落ち着くんだ、ガロード!」
シュウト 「キャプテン、どうかしたの?」
キャプテン「シュウト。実はガロードがラブラブカップルとして召喚された自分たちに、
      どうすればティファ嬢ともっと仲良くなれるか聞くまでは帰らないと…」
刹那   「ワガママはガンダムじゃない。真のガンダムであるアムロ兄さんの判断は
      絶対だ。おとなしく帰るぞ、ガロード」
ガロード 「嫌だ!!俺はティファともっと仲良くなりたいんだ!!」
シュウト 「ガロード兄ちゃん、兄ちゃんが帰らないと、ティファさんが悲しむよ?それでいいの?」
ガロード 「やっぱ帰る」



きっとこういうやりとりがあったんだろう

822 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/17(木) 06:13:43 ID:???
>>814
馬だけでなく犬までも流派東方不敗の使い手になってしまうw

823 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/17(木) 09:01:06 ID:???
>>816
AH従えるのかよw
怖すぎるよシャクティさん……

時に相手を眠らせ、時に幻を見せ、時に進化させる最強兵器……

824 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/17(木) 09:28:25 ID:???
>>812
過去スレのどっかで、シャクティが「ウチのフランダースがどうかしましたか?」って言ってる話があったはず。
つまり、メ○チ。

まあ普通に考えれば一人暮らしが寂しいのと物騒だからってんで飼ってる可能性が大きいがw

あるいは、スージィのウチの飼い犬でもいいかもしれんな。
ここじゃ両親健在なんだし。ヨカッタネ…

825 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/17(木) 12:40:28 ID:???
>>787の続き?

セイラ「兄さん、私と勝負してください」
シャア「ふむ、どうやらアムロ君と頑張ったようだな」
セイラ「兄さん、なぜわかったのですか?」
シャア「手を見れば分かるさ。アルテイシア、頑張ったな」
セイラ「……さ、さあ勝負です」
アムロ「…(セイラさん、赤くなって可愛いなぁ…)」

シャア「ふむ、どうやらロラン君にも教えさせたな?」
アムロ「ああ、俺は和食を作るのは苦手だからな」
シャア「ふむ、さらにクリスさんにも教えさせたな?」
アムロ「ああ、俺は菓子を作るのは苦手だからな」
シャア「それじゃ意味がないじゃないか!!」
アムロ「上手い人に習わせることの何が悪い!」
シャア「アルテイシアと2人っきりにさせるのが狙いなんだぞ!!」
アムロ「あのなぁ…」
セイラ「…(兄さん、あなたは私を結婚させたいのですか…)」

826 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/17(木) 12:47:01 ID:???
ジュドー「なんかさぁ・・・俺、最近のシャアなら応援してもいいかなって思う時がある」
シーブック「確かに」
シン「妹の事を心配するのって普通だよな」
ガロード「最近はちゃんと仕事もしてるみたいだし」
アル「ザクもくれるし」
キラ「ロラン兄さんだけが被害をうけるぐらいならね」

827 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/17(木) 12:48:27 ID:???
アムロ兄さん普段はスケベ心満載なのに
肝心なところで親切心出して台無しか・・・
小説版のアリョーナとかもそんなだったっけ

828 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/17(木) 12:49:08 ID:???
なんで押しが弱いんだ ガンダム

829 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/17(木) 13:02:02 ID:???
アムロ「仕事シーンでシャアが人気を上げているようだ。俺もラーカイラム社での日常を描けば」
ブライト「セクハラシーンしか思いつかんぞ」
アムロ「ちょっと前はそれが長兄の威厳になったもんだけどなぁ……」

830 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/17(木) 13:09:49 ID:???
>>825から発展ver

シャア「む、ハマーンか」
ハマーン「シャアか!」

アムロ「シャア、そろそろ和解したらどうだ?」
シャア「ハマーンは確かに可愛かった…」
アムロ「…(どうやらああなったのが原因か…)」

アムロ「というわけだ、ハマーンさん。協力してもらう」
ハマーン「な、何をする気なのだ?」
クリス「せっかく素材はいいんですから」
アイナ「メイクなどを施して」
チェーン「差し上げましょう」
ハマーン「ちょっ!?いや、やめ…」

アムロ「む…見違えたな」
ハマーン「そ、そうか?」
アムロ「さあ、シャアに会いに行きましょうか」

シャア「は、ハマーンか?ずいぶん可愛く…」
ハマーン「シャア!私とデートしてくれないか?」
アムロ「ひそひそ(そこはデートしてくださいです)」
ハマーン「私とデートしてください」
シャア「あ、ああ。わかった」

アムロ「これでロランの被害が減りそうだな」

ジュドー「最近ハマーンが遊びに来なくなったな」
ガロード「朝も来なくなったしな」

ハマーン「シャア、私に料理を教えてください」
シャア「いいぞ。じゃあまずはみそ汁から…」

綺麗なシャアとハマーンを書きたかったんだ…

831 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/17(木) 13:31:57 ID:???
白ハマーンは新訳カミーユくらい嘘くさいwww

だがそれもありだ

832 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/17(木) 13:46:10 ID:???
>>829の要望に応えて、綺麗なアムロ兄さんを…

アムロ「シャア、最近ハマーンとはどうなんだ?」
シャア「ああ、仲良く暮らしているさ」
アムロ「ならいいんだ。だがもう過ちを犯すなよ」
シャア「ああ。そっちはどうなんだ?」
アムロ「最近仕事も大変でね…正直疲れたよ」
シャア「なら有給を使えばいいじゃないか?」
アムロ「だが今の仕事はやりがいを感じるしそれに…」
シャア「それに何だね?」
アムロ「俺にしかできない仕事なんだ。まあ頑張るさ」
シャア「ふむ、頑張ってるならいいだろう。無理はするなよ」
アムロ「ああ。さてとお互いに頑張ろうか」
シャア「うむ、アルテイシアにもよろしくな」

後日兄弟家に栄養ドリンクやウナギなどが届いたそうだ…


あれ?むしろシャアがカッコいいだけ…だ。

833 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/17(木) 13:50:11 ID:???
カッコイイ勝負で真面目にやりあったらシャアに勝てるわけがないからな

834 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/17(木) 13:57:27 ID:???
シャアって他人>自分になってるときは格好いいをだな
純粋にジオン軍人やってる時とか、ブレックスの意志を引き継いだ後とか、アムロがやってくる前の総帥とか

835 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/17(木) 13:58:59 ID:???
シャアは本編かっこいいのに
このスレだと駄目男なのが面白いんじゃないか?
ホモでもない妹思いのアムロの親友なんて面白いか?

836 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/17(木) 14:00:48 ID:???
妹思いで仕事もできてカッコイイけどホモ

↑は普段からダメ男よりも強烈だな・・・

837 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/17(木) 14:02:24 ID:???
周りにいる中で一番いい女が妹なんだよ
妹は口説けないじゃん
だからロランに走る

838 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/17(木) 14:07:36 ID:???
シャアは本編でも充分情け無いだろ

839 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/17(木) 14:13:26 ID:???
シャア「さてと、そろそろ計画を実行に移す時がきた」


シャア「ふ、この3日間の間で私のイメージは変わった」
グエン「シャアめ、まさか堂々とローラに会えるとは…」
シャア「私は3日待ったのだ!兄弟よぉ!私は帰ってきたぁ!」
アムロ「信じた俺がバカだった…フィンファンネル!!」
ハマーン「信じていたのに…ファンネル!!」
シャア「なぜバレたのだ!私の計画は完璧なはずだ」
ララァ「私がバラしたのよ。うふふ」

綺麗なシャアを戻すために書いたネタです…
やっぱりこれがここのシャアらしいのかなぁ…

ジャイアンみたいに長編ではカッコよくしよう…

840 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/17(木) 14:16:19 ID:???
>ホモでもない妹思いのアムロの親友なんて面白いか?
>>712>>825は十分面白い

>綺麗なシャアを戻すために書いたネタです…
>やっぱりこれがここのシャアらしいのかなぁ…
その1レスで他の職人さんたちが作ってきたものを台無しにするためだけにやったのなら荒らしと変わらんぞ

841 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/17(木) 14:20:22 ID:???
>>838
本編でもシャアは充分に格好いいが

842 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/17(木) 14:21:04 ID:???
ホモで駄目なシャアも、仕事でかっこいいところを見せるシャアも、セイラとアムロをくっつけようと奔走するシャアも
それぞれ職人さんたちがきちんと話を作ってきたのに「綺麗なシャアを戻すために書いたネタです」って正気か?
一人の人間にいろんな面があるんじゃないか
アムロだって弟たちをまとめる家長でもあるし、いろんな女をはべらせてる時もあるし、DOMEやARチップに囲まれて被害を受けてる時もある
全部それぞれの面白さがあるじゃないか
一つの方向性だけにするために他の人が書いたネタを全部潰すなんて
書いてきた人に失礼だろう

843 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/17(木) 14:22:26 ID:???
>>840
>>712>>825>>839は全部私が書いたネタなんですよ…
綺麗なシャアは需要がないみたいなので
元に戻そうとしたのが>>839です。
まあ、たまにはこういうアムロとシャアを書きたかったんです…

844 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/17(木) 14:22:33 ID:???
>>838
本編での情けなさなら
アムロ>シャアだと思うんだが・・・

845 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/17(木) 14:22:42 ID:???
>>840
SSは面白いとは思うけど
ここは『歴代主人公が兄弟だったら』スレだから
ネタとしては面白くない
兄弟関係ないし
もっとシャアと兄弟を絡めて欲しい
ホモじゃなくていいから

846 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/17(木) 14:25:00 ID:???
本編のアムロはただのヒッキーだからな・・・
このスレの家長として奮闘してるアムロなら好感もてるけど

847 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/17(木) 14:28:38 ID:???
セイラさんとアムロのカップリングは好きだから
もし職人さんがよければセイラさんとアムロのスレにもSS投下してください

848 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/17(木) 14:35:55 ID:???
つか別に誰か一人が面白いスレじゃないし
歴代のガンダムキャラが闇鍋状態でこのスレに放り込まれた結果
そこで起こるケミストリーで笑うスレなんであって
特定キャラを芸人扱いするスレじゃないんだ

849 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/17(木) 14:45:00 ID:???
最近シャアの扱いが酷すぎた感じがする

850 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/17(木) 14:49:11 ID:???
最近っていうか現スレに至るまで殆どホモの変態だったからな
本編でガチホモだったグエンがホモだったり
本編で盗撮していたウッソが盗撮魔だったりは
ある種の本質の反映と言える範囲内だが

851 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/17(木) 14:56:32 ID:???
シャアはロランにララァの姿を重ねているだけだろ?
だからグエンみたいな真正とは違う
いつだってシャアはララァが一番てことだ

ハマーンが頑張ってララァの呪縛から解き放てば(ry
無理か・・・

852 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/17(木) 14:58:15 ID:???
アムロの恋人が揃うのも、ダイクン兄妹が朗らかに会話するのも
このスレならではの醍醐味だと思う

853 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/17(木) 15:22:14 ID:???
アスナ「いくらアイスおいしいよね〜」
刹那「ああ……」
エリシア「刹那さんもアスナさんも何でそんなゲテモノが食べれますの……?」
アスナ「えーっ!エコール・デュ・シエル名物なのに〜。ね、刹那!」
刹那「まったくだ」
エリシア「理解できませんわ……」



ヤハギ「何度見ても俺の目には刹那・F・セイエイが男に見えるんだが…………疲れてるかな」


854 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/17(木) 15:34:35 ID:???
ナナイ「………」orz
ギュネイ「フ、ファイトっスよ、所長!」
クェス「そうよ! あんな幽霊とか、おかっぱショタに負けちゃダメよ!
    あんたはあたしのライバルなんだから!」

855 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/17(木) 16:03:17 ID:???
>>853
何食わぬ顔で女子校入るのは良いがネーナが追っかけてくるぞ刹那

856 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/17(木) 16:07:23 ID:???
刹那「俺はノーベルガンダムだ」
ヤハギ「なんだそうか、じゃあやっぱり女だな」
刹那(こう言えばいいと教えられたが本当に上手くいった。さすがドモン兄さんもガンダムだ)

857 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/17(木) 16:19:08 ID:???
???「フンッ!これだからソレスタル・ビーイングは何もデキねえって言われるんだよ!!」
刹那「何っ!!お前は誰だ!!」
ロックオン「あぁあ!!アイツは!!」
アレルヤ「ガンダム00の重たげな空気クラッシャー第二号(第一号は炭酸)」
ティエリア「フェレシュテのフォン・スパーク!!!!」
フォン「あぎゃぎゃぎゃぎゃぎゃぎゃぎゃぎゃぎゃぎゃぎゃ!!そのとうり
    俺の名はフォン・スパーク、世界を見届ける男だ!!」
スメラギ(よく発音できるなぁ…彼)
874「私たちはフォンの監視に来ました」
シェリリン「どうも、今回お邪魔します」
刹那「何が、何がダメだと言うのだ、ソレスタル・ビーイングは!!」
フォン「あぎゃ、刹那、お前の目的は何だ?」
刹那「真 の ガ ン ダ ム に な る こ と だ !!」
フォン「その一貫で元女子校のエコール(現在共学だが女子の割合が高い)に偵察に行く…」
刹那「そのとうりだ!!」
フォン「あぎゃぎゃぎゃぎゃぎゃぎゃぎゃ!!灯台もと暗しとは言うもんだなぁ!!」
ティエリア「っ!!!!!!!!!!!!!!」
スメラギ「 あ 」
刹那「………………がんだむ!!(刹那語で何か閃いた時に言う相づち)」

858 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/17(木) 16:28:48 ID:???
>>856
あぁ所詮教官もニュータイプということかw

859 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/17(木) 16:36:11 ID:???
娘は絵を描くのが好きなニュータイプだしな…………ん?



ティファ「似てる気がします」
ルチル「どうかしたティファ?」

860 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/17(木) 16:43:25 ID:???
ティエリア「で、何で私まで女装しなければならないのだ…」
874「あなたがCBの中で一番女の子っぽかったからです」
ティエリア「だったらフェルトあたりを連れて行けば良いだろう!!」
ヒイロ「うかつな行動は死につながる。この学校には元MSパイロットの教員が多い
    素人がやるよりは良かろう…」
ティエリア「なんでこんな奴も一緒にいるんだ」
874「刹那とあなたに何かあったときにバックアップするように頼まれました」
刹那「2人ともこの学校の名物いくらアイスを持ってきたぞ」
ティエリア「何なのだね、そんないかのもまずそうなアイスは」
ヒイロ「………………………………う、美味すぎるっ!!!」
874「!!!!!!???????」
ヒイロ「少なくともリリーナの飯よりは格段に美味い」
刹那「これもガンダムな食べ物だったのか」
アスナ「おーい刹那〜」
すぐさまハロに隠れる874、すぐさまダンボールに隠れるヒイロ
アスナ「あれ?(何かいたような、後このダンボールは何?)」
刹那「紹介する、こちら転校生の…」
ヤハギ「こらぁ、刹那ぁ!!」
刹那「!!!?」
ヤハギ「一部始終みてたぞ、そこのス○ーク見たいな奴もだ!!」
ヒイロ「!!!!!?」
ヤハギ「お前ら、あ の ガ ン ダ ム 兄 弟 だ ろ 
    潜入か何か知らんがココで乱闘して欲しくないから出てってくれ…」
ヒイロ「任務失敗、刹那、教えてくれ、俺は後何回バイトすれば布教用と
    保存用のMGS4を買えるんだ…………」
刹那「ガンっっっっダァァァァァム………………!!!」
ヤハギ「行ったか、あんな堂々とした不法侵入者は初めてだ…あとアスナと
    転校生、次の時間 女 子 は 体育だ早く行った方がいい」
ティエリア「え?」

物陰から874「予想外だわ、こんな時ヴェーダは…いえこのまま観察するわ
       (面白そうだから)これは私の意志…………」
終わり

861 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/17(木) 17:00:36 ID:???
>860
うわぁ、GJ!w
続き見たいケド、刹那もヒイロも追い出されちゃったんだよなぁ…
っていうかガンダム兄弟ってだけで追い出されんのかw

862 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/17(木) 17:17:05 ID:???
GJ
ガンダム兄弟どんだけご近所様に迷惑かけてんだよっwww

863 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/17(木) 17:22:59 ID:???
サイ・サイシー&五飛「四つ足なら机と椅子以外なら何でも食べるぜ」
マリナ「机も椅子も余り美味しくありませんでした…どうにも硬くって」

刹那「マリナ…オマエはガンダムだ」
ロラン「刹那、目上の人をオマエ呼ばわりするのはどうかと思いますよ?」
アムロ「突っ込むトコはそこなのか…?」

864 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/17(木) 17:43:46 ID:???
そういやヒイロって外伝小説でシスターに女装してなかったっけ?
ご丁寧にシスター・リリーナなんて名乗って。

865 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/17(木) 17:52:02 ID:???
ティエリア「や、止めろ、更衣室に連れ込むな、ぼ、僕は男だ!!」
エルミ「『ぼく』?」
エリシア「ああ、サクヤと同じ乗りでしょう」
サクヤ「僕のこと呼んだ?エリシア?」
エリシア「いいえ」
ティエリア「!!ガーン!!」

フォン「あぎゃ?アレは?」
874「ガンダムナドレ?生命反応が弱いわ」
アキラ「近くにル・ニーシュとギャプラン、アッシマー、ジムカナールがいたようだ」

ユーナ「でぇ、どうしたのぉ?」
アスナ「………………(機嫌悪い)」
ユーナ「わかった、その子の女装がアスナの女装より可愛かったから落ち込んでるんでしょ!」
アスナ「ち、違うよ!!!」

ガトー「ゲバラの逆襲、メビルを助けろ、何処までしつこい発狂大佐」
ヒイロ「逃亡者、スナイパー、超能力者、MGS、」
ジョニー・雷電「MGS、CQC、MGSwithCQC…」
コウ「このカラオケは…地獄だ…」
刹那「ガンダム………(鬱だ………)」
ヒイロの憂さ晴らしに付き合わされた二人だった


866 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/17(木) 18:02:31 ID:???
そう言えば外伝主役キャラも兄弟姉妹になるのかな?
センチネルのリョウやクロスボーンのトビア、F90のデフとか
あ。となると、フォンはアスナと兄弟とか妄想すると面白いな

867 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/17(木) 18:05:11 ID:???
ならない
映像作品に限り兄弟入り
マーク・カラン? 誰それ?

868 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/17(木) 18:34:45 ID:???
>>866
過去スレ見て来い。
つーか、これ以上収拾がつかないカオスにするのは止めてくれ。
リョウ…は、乗機にさえ負ける微妙さだが、トビアもちゃんと出てる。

869 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/17(木) 18:34:51 ID:???
>>866
保管庫で過去スレを見て来ることを
お勧めする。

870 :読書をしよう!:2008/07/17(木) 18:49:26 ID:???
キラ「兄さん、何読んでるの?」
アムロ「小説さ。いい小説は心を豊かにして教養を広めてくれるからな」
キラ「へー……」
アムロ「俺もZ時代はたくさんの本を読んだものさ。
     インテリは過激な事しかやらないとか世捨て人になるとか、色々と勉強になったよ」
キラ「うんさすがアムロ兄さん立派だねじゃあ僕はこれで……」
アムロ「待て。せっかくだからお前も小説を読まないか?」
キラ「僕はいいよ。2chのSSスレとかネタスレとかだけじゃなく、携帯小説だって読んでるから」
アムロ「お前にいきなりドストエフスキーとか読ませてもまず理解できないな。
     『そして誰もいなくなった』なんてどうだ? 面白いだけじゃなく読みやすいし、ミステリーの名作だ」
キラ「ミステリーとか頭が痛くなりそうだから……ちょっと……」
アムロ「そうだな。これから夏休みだし、ちょっと長いシリーズ物に挑戦するのもいいかもな。
     『指輪物語』『ナルニア国物語』『ゲド戦記』の世界三大ファンタジーを制覇したら学校で自慢できるぞ」
キラ「あの……海外ファンタジーとか小難しそうだから、ちょっと。
   『スレイヤーズ』とか『ゼロの使い魔』とかそんな感じの読みやすい小説の方が」
アムロ「それは小説じゃなくてライトノベルだ。しかしライトノベルがいいなら、それはそれでいい物がある。
     『十二国記』あたりは普通の小説と比べても遜色がないし、作者も一般小説を書いてる人だから――」
キラ「あの……歴史物とか中華系のとかは漢字が多くてつらいから……。
   ちょっと兄さんの本棚見ていいかな? ……あ、ラノベもあるんだね」
アムロ「まあ、俺だっていきなりドストエフスキーを読めた訳じゃないからな。
     漫画感覚で読めるライトノベルで小説入門するのもひとつの手だ」
キラ「ライトノベルを漫画感覚で読むだなんて普通に無理だよね、漫画と文章量が全然違うよ」
アムロ「いいから俺の本棚にあるライトノベルを適当に選んで持ってけ。
     オタクに媚び媚びしたハーレム物のライトノベルとかは、一切無いから安心しろ」
キラ「そういうのが読みたいんだけどな……あ、SF物がある。SFなら僕でも簡単に読めそうだから、これに――」
アムロ「ん? SFのライトノベル……何かあったかな」
キラ「えーと、機動……ガン……作者、とみ――」
アムロ「でぇい!」 ズギャアッ!
キラ「うわぁ!? いいいい、いきなりガンダムハンマーでミンチにしようとしないでよ!」
アムロ「キラ……それは読んではならない。難解な文章はまさしく魔術書と形容するに相応しく、
     見た者のSAN値……すなわち正気を奪い、闘争本能を覚醒させ、選択肢は皆殺しと精神崩壊の2つだけ……。
     まさにリアルラヴクラフトというべきか……それを読むくらいなら邪神と契約を交わした方がマシだ……」
キラ「ちょ、兄さん!? 正気に戻って兄さん! あきらかに正気を奪われてるよ!」
アムロ「ハァッ、ハァッ……見たかキラ、小説を手に取るのを妨害しようとしただけでこの有様だ……。
     その本は以前……奴等を知り奴等に対抗するために得た資料……生半可な気持ちで触れてはならない……」
キラ「う、うん分かった……そうする……」(兄さんがこんな風になるって事は、例のトミノ教関連か……)
アムロ「ふ、ふふふ……そうだ、魔道には魔道……! ネクロノミコンは……難易度が高い、いきなりは無理か。
     ならば……そうだ! ラヴクラフト全集を! 少々難解な文章だが、あの濃密さなら、奴等に対抗できる!
     イア! イア! クトゥルフ フタグン! キラ、このラヴクラフト全集をただちに読むんだ!」
キラ「えーっと、僕、世界三大ファンタジーを制覇するよ」
アムロ「そうか? それでいいのか? ハァーッ、ハァーッ、ちゃんと感想文を出すんだぞ……いいな!?」
キラ「は、はい! 分かりました!」

後日、キラは『ロード・オブ・ザ・リング』と『ナルニア国物語』と『ゲド戦記』の 映 画 を観て感想文を書いた。
指輪物語とナルニア国物語は何とか誤魔化せたが、ゲド戦記は原作ブレイカーだったため、バレてしまったとさ。
罰としてまた本を読まされる事になった。

アムロ「新しい魔術書を仕入れてきた。読むと死んだり発狂したりする本は無いから安心して読みなさい。
     ただし実際に悪魔や魔王を呼び出したりしないように。
     サタンガンダムは安物のお茶じゃ満足しないから、出費が痛いんだ。ジオダンテは大喰らいだし――」
キラ「誰か助けて……」

871 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/17(木) 19:40:05 ID:???
>870
うは、GJ!久々にアムロ兄さん壊れてんな(苦笑)
ところでキラ…ラノベ読むなら"スレイヤーズ"もいいかもしんないが、声ネタ的にコレを薦めるぞw
⊃ロスト・ユニバース

872 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/17(木) 19:51:46 ID:???
ネクロノミコンを持ってるアムロ兄さんはいったい何者だ、つーか読んだのか!?

873 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/17(木) 19:55:35 ID:???
>>870
ガロード「あー、大丈夫大丈夫。 姉貴ー」
セレーネ「ん? またバグったの? てい!」ガン!
アムロ「はっ! ここは? なんだ、この本は…」
ガロード「あ、悪りーな、アムロ兄ぃ、
     わざわざ俺の本持ってきてくれてさ」ヒョイ
アムロ「え? あ、ああ…」
キラ「……(唖然」
ガロード「あ、そうだ、キラ兄ぃ、どうせ読むんなら詩集とかどう?
     ラクスさんと…歌手と付き合うんなら、
     ちっとは文学に親しんだほうがいいんじゃね?」
キラ「えっ? あ、う、うん、そうだね…」
セレーネ「そうねー、どうせなら作詞できるくらい目指しちゃったら〜?」ネム‥
アムロ「腹を掻くな腹を。 せっかく身奇麗にするようになったのに…」

 ちなみに魔術書はと言うと…
ガロード「ウッソー、お前、レーザー焼却システム乗せたハロ作ってたよな?」
ウッソ「燃えハロですか?
    ええ、今度刹那兄さんのCB活動に使ってもらうつもりですけど…」
ガロード「んじゃ、この本頼むわ。 なんかヤバそうだし」
ウッソ「うわぁ…へんなプレッシャーだだもれですねー…ハロ!」
燃えハロ「ハロ? ウッソ、ヨンダカ?」
ウッソ「これ、お願い」
燃えハロ「オウ、マカセロ!」マグマグ
 ぶしゅーー…
???「ぐおおおおぉぉぉぉ…」
ガロード「うわ…」
ウッソ「あー、レーザーって光ですから、
    こういったモノには有効だったんですかね?」
ガロード「いや、俺もオカルトはよく知らないけどさ…
     アムロ兄ぃも、よくこんなの手に入れてくるよな…」

874 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/17(木) 20:06:34 ID:???
ジュドーも「妖蛆の秘密」とかいう魔道書を持ってるぜ

875 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/17(木) 20:10:27 ID:???
ヒイロも「ナコト写本」ってのを持ってるぜ

876 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/17(木) 20:18:08 ID:???
けどシロー兄さんが食べちゃったとさ

877 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/17(木) 20:18:32 ID:???
富野で1番キツいのはバイストンウェル物だと思う
あれ読んだらウッソとか大変な事になるぜ

どうでもいいがエルガイムの小説版(否富野)
後半が銀河英雄伝説のパクりだらけで参った

878 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/17(木) 20:18:35 ID:???
>>874
待て、その方向だとシローが「ナコト写本」を喰ってしまうぞ

879 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/17(木) 20:22:44 ID:???
>874
声ネタ的にスレイヤーズとかは…ないか。スマソ吊ってくる…

880 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/17(木) 20:46:20 ID:???
ガトーなんか「セラエノ断章」の著者なんだぜ

881 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/17(木) 20:50:23 ID:???
サタンガンダム「アムロ。お前の兄弟達は様々な魔導書を持っているらしいな、よかったら貸してくれ」
アムロ「ああ、勝手に持っていけ」
サタンガンダム「うむ。ところでせっかく来たのだから茶くらい出さんか」
アムロ「なあ、確かにお前は某黄金竜の半身だが、基本的に俺の敵だろう」
サタンガンダム「過去は水に流さんか。玉露はまだか? 茶菓子もな」
アムロ「……玉露なんか置いてない。ロラン、とりあえず家に適当なお茶を」
ロラン「は、はい……」(本当はお客様用に玉露を置いてあるのに……)
サタンガンダム「ところで子育てに定評のあるアムロに相談がある」
アムロ「隠し子がいるような言い方はやめろ、俺が育てたのは弟だ」
サタンガンダム「最近、ドラゴンベビーがな……うんぬんかんぬん……」
アムロ「そりゃ、まだ子供なんだから……もっとうんぬんかんぬん……」
サタンガンダム「むうう……ならばもっとうんぬんかんぬんしてやれと?」
アムロ「ああ、そこにさらにうんぬんかんぬんしてやればお前も無理せずにだな……」
ロラン(何だかんだで仲がいいんだなぁ)
シャア「そうなのだ、私もこう見えて実はアムロと仲良しでね。ロラン、私にもお茶を……」
アムロ「ムービガン!」
サタンガンダム「ムービールフィラー!!」
シャア「ぎゃー!」
アムロ「で、子守をしつつ仕事の時間を持つためのコツはだな……」
サタンガンダム「ふむふむ……なるほど」
ロラン(やっぱり仲がいい……アムロ兄さんは無いって嘘を言ったけれど、玉露を用意して差し上げよう)

882 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/17(木) 21:03:43 ID:???
デスサイズが「ネクロノミコン」の原本持ってるって話だぜ
昔は寅さんが持ってたらしいけどな
組長先生も「水神クタアト」てのを持ってるんだぜ

883 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/17(木) 21:07:42 ID:???
キラ「うちに玉露なんてあったんだ、知らなかったなぁ」
シン「俺、飲んだことないよ。つかお客様用なのに、マユやステラを連れてきても出てこないよな?」
ロラン「贔屓するわけじゃありませんけど、お客様といっても様々ですから。
    たとえばディアナ様や、ラクロアのリリ姫に粗茶を出しては失礼でしょう?」
キラ「そうだね。親しき仲にも礼儀ありって言うし、それ相応の身分の人にはそれ相応の物を出さなきゃね」
ロラン「うちは貧しいですけれど、決してケチじゃありません。必要なお金はちゃんと出します」

マリナ「ほ、ほ、本当にいいんですか!?」
刹那「アムロ兄さんの許可は取ってあるから大丈夫だ。カルピスでもオレンジジュースでも、好きなのを選ぶといい」
マリナ「ででででで、でも、このオレンジジュース、果汁100%ですよ!?」
アムロ「やあマリナさん。それくらい遠慮しないでググッとどうぞ。冷えてますからおいしいですよ」
マリナ「あ、あ、ありがとうございます……!!」
刹那「マリナがこんなに喜んでいる。さすが兄さん、真のガンダムだ」
マリナ「果汁100%……ああ、なんておいしいのかしら」
アムロ「ははは、これくらいお安いごようですよ」

キラ「……同じお姫様なのに……」
シン「……うちはケチじゃないんだよね?」
ロラン「……マリナさんは、逆にああいう安くておいしい物がお好きなようですから……」

884 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/17(木) 21:13:37 ID:???
姫の清貧っぷりは本気で支援して差し上げたくなるな
本編ではどこの国も助けてくれなかったからここでくらいは小さな幸せを得てくれw

885 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/17(木) 21:21:22 ID:???
マリナは下手に玉露なんて出すと気を失いかねないからなw

886 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/17(木) 21:21:53 ID:???
アザディスタンが貧乏なのは、クルジスを攻め滅ぼして国連制裁を受けているからだと思います!

887 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/17(木) 21:23:22 ID:???
ギンガナム「急に魔術師相手に拳闘がしたくなったのであーる!」

888 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/17(木) 21:25:18 ID:???
シーブック「僕だとセシリーが来ると紅茶を出してくれるよ」
シロー「俺もアイナが来ると出してくれるな」
ドモン「師匠が来られると上質な烏龍茶を(バキッ×2)」
カミーユ「俺は専ら外で飲んでくるからそういうことはないな」
キラ「ラクスのところでいつもご馳走になっちゃって(砂糖)」
シン「ステラとマユに奢ってばかりさ。俺が良いからいいんだ!」
刹那「…ガンダム、お魚銜えたどら猫騒動に介入する」
ヒイロ「リリーナが来ると高確率でレモンティーが出る…」
ガロード「ティファと一緒に来ると兄ちゃんがミルクティをさ(砂糖)」
ジュドー「ってか、俺誰か連れてきたっけ?(即ミンチ)」
ウッソ「お姉さんのところでいつもご馳走になっちゃって」

889 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/17(木) 21:26:10 ID:???
>>886
単にアザディスタンにろくな産業がないからだろ

890 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/17(木) 21:32:49 ID:???
>>888
アムロ 「セレーネ。お前は誰か連れてこないのか?紅茶でも玉露でもなんでもだしてやるのに」
セレーネ 「あー、だめだめ、あいつそんな玉露と煎茶の違いなんて分かんないから」
アムロ 「……人のこと言えるのか?」

ロラン (あれ?姉さんにも一応連れてくる当てはあったのですね)

891 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/17(木) 22:07:46 ID:???
>889
石油が輸出できてたころは今の中東諸国のようにオイルマネーにブイブイ物を言わせてたんだろうけどね>アザディスターン

それはそうとそろそろ誰かマリナ様に定職を世話してあげないかw?

892 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/17(木) 22:11:22 ID:???
>>891
ガンダム一家専用のメイドとかか?

893 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/17(木) 22:12:11 ID:???
ウッソの肉奴隷に決定だな

894 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/17(木) 22:13:13 ID:???
カロッゾ「ふはははは、暑かろう!」
シーブック「確かに…って、カロッゾさん暑くないんですか?」
カロッゾ「うむ、よく聞いてくれた。実はだ、私が被ったこの仮面には
     これ以上ないほどのビックリドッキリメカが満載されている!」
シーブック「なんとぉー!?」
カロッゾ「その一つがミニエアコンシステムだ。これがあるおかげで
     どんなに暑くとも涼しいのだよ!ふはははは、凄かろう!」
セシリー「…そんなに自慢しなくとも、店内はエアコン完備よ」

895 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/17(木) 22:16:18 ID:???
>894
パン屋も厨房(窯付近)内はかなり熱いらしいから丁度いいんじゃない?

896 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/17(木) 22:23:55 ID:???
共同経営者には逃げられたけど、一応まだ「メイド喫茶S&M」のオーナー。

という設定で、俺はネタを作ってる。
新ネタもちまちまと作っちゃいるんだが…時節ネタの方を優先してるもんで、
うpできるのはいつになることやらw

それとも、刹那のところへ永久就職ネタを書け、と?w

897 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/17(木) 22:26:16 ID:???
ウッソ「>893め、僕がそういう奴だと疑われるじゃないか!あ、ああ…刹那兄さん睨まないで!」( ̄□ ̄;)!!ザクグフゲルググ
刹那「いくら何でも言っていい事と悪い事がある。>893、お前はガンダムではない…!」
ウッソ(ホッ、僕じゃないみたい…)
刹那「ウッソも誤解されるような物言いをしているから、こういう事になるんだ。身から出たサビだ」
ウッソ「はい…以後気をつけます…」

898 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/17(木) 22:28:05 ID:???
身から出たザビ

899 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/17(木) 22:31:47 ID:???
>896
さすがに刹那も今嫁に来られても困るだろw学生なんだし

900 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/17(木) 22:47:34 ID:???
そうだよ
屋根裏で新婚生活なんて可哀想だろ

901 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/17(木) 22:52:54 ID:???
屋根裏部屋にて
マリナ「こ、こんな立派な部屋に住まわせてもらってよろしいんですか!?」

ロラン「……なんて事にならないでしょうか?」
アムロ「ははは、いくらなんでもそれは……いや……しかし……」

902 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/17(木) 23:00:39 ID:???
シーブック「パン屋に住み込みとかは浮かばないのかな…」
マリナ「嬉しいんですが…シーリンがいますし…」

アムロ「ふむ…あと浮かぶのは…シャアか」

シャア「別に私の使っていない別荘になら泊まっても構わんが…」
マリナ「!!!」バタッ!
アムロ「気絶するほど喜ぶとは…」

アムロ「はっ!?なんだ…夢か…」

夢オチってことなので勘弁してください

903 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/17(木) 23:01:24 ID:???
このスレ入ってから、ウッソはハロ関係で凄くスペシャルだよな
レーザー焼却システム搭載のハロって中学生に作れるもんじゃないだろw

904 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/17(木) 23:01:30 ID:???
屋根裏部屋って子供には人気ないか?

905 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/17(木) 23:05:20 ID:???
>>899
キラ「でも生徒と女教師の秘密の関係とかいいじゃないか萌えるじゃないか…ってシロー兄さん何するの止めてギャアアAAAHH!!」
ジュドー「良いワケないという前にシロー兄ちゃんが切れたけど…何があったんだ」
ウッソ「僕もファラ先生みたいな人がお嫁さんだったら怖いなぁ」
カミーユ「エマ先生とだったら迷うな、いや僕が先生役でロザミィが生徒役ってのも」
ドモン「…俺は男の先生しか知らん」
ロラン「でもレインさんは先生役似合いそうですよね。というかお医者さんだから先生って言われる仕事だし」

906 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/17(木) 23:05:23 ID:???
押入れもいいな
マリえも〜ん

907 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/17(木) 23:05:56 ID:???
屋根裏部屋にはたまに次期主人公or放送中主人公が潜んでいるので立ち入り禁止になってるとか
入ろうとしても無駄無駄無駄されて「屋根裏部屋に入った」という真実に到達できない

908 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/17(木) 23:08:00 ID:???
>900
あれ?刹那って屋根裏部屋にそのまま住んでるのかw
一緒に暮らすのも良いけど、また一人扶養家族が増えるだけで給料入れてる兄貴達涙目じゃねw

909 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/17(木) 23:10:08 ID:???
>>904
換気悪いわ蒸し暑いわで不評と見た
ダニとか虫とか色々いそうだし

ライヤー署長「エアコンは快適だよ?」
コジマ副署長「わざわざ屋根裏部屋にまで付けますかな?」

910 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/17(木) 23:10:30 ID:???
>>905
ギンガナム「歴史の先生は小生に任せるのであーる! 黒歴史の勉強は楽しいなぁー!
        ついでに剣道部の顧問も任せてもらおうか!」
ロラン「…逆に似合いそうで怖い」

グエン「ならば私は社会の教師になって産業革命を…!」
シャア「乗馬クラブの顧問になって女学生の人気を独占だ!」
ギンガナム「月光蝶である!」
ロラン「校庭の砂が増えましたね」

911 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/17(木) 23:12:25 ID:???
>>903
それどころかきっと
「高校生が自作装置で核融合」ってホント?
とか核融合ハロがニューストピックになってるよw

912 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/17(木) 23:13:14 ID:???
ロラン「マリナさんが安定した職に付かない限り刹那を嫁にはあげられませんよ」

ジュドー「…普通逆じゃねw;?」

913 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/17(木) 23:16:18 ID:???
>>853
そしてヤハギ先生はこっそり眼鏡を買いに行った。

無論生徒に見られて学校中にばらされて、「オギ・ヤハギ先生」と呼ばれるようになったのは言うまでもない。

914 :2人はプ…兄弟のキューピッド! 予告編:2008/07/17(木) 23:23:45 ID:???
アムロと綺麗なシャアを描く(たぶん)最後の作品!
どうしてもシャアを綺麗にしたかったので、
兄弟と絡ませるために作っています。では予告編です。

アムロ「セレーネ…マイ…刹那…はぁ…」
シャア「ふむ…兄弟の異性に興味がない組か…」
アムロ「ああ…どうにかして興味をもたせたいんだが…」
シャア「ならば私たちでキューピッドでもやるか?」
アムロ「どうやってだ?」
シャア「なに、手は考えればあるはずだ」
アムロ「なるほど…ならやってもいいだろう」
シャア「じゃあとりあえずうちに行くぞ」

2人は兄弟のキューピッドとなれるのか?
立ちはだかる大きな障害…2人は乗り越えられるのか?

…しかし、どうやってオチをつけたもんか…

915 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/17(木) 23:27:04 ID:???
>>835>>845
自分が見たいものと違うから文句垂れてるだけの乞食なんだから
そんなに気にしなくてもいいと思うけど
作者さん当人が言うなら止めたりはしない

916 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/17(木) 23:30:54 ID:???
俺も綺麗なシャアの方が見たいです
頑張ってください

917 :2人は兄弟のキューピッド!? セレーネ編:2008/07/17(木) 23:57:12 ID:???
アムロ「シャア、今日は2人で例の計画を実行するぞ」
シャア「ああ…まずはセレーネ君からだな」

セレーネ「あれ…兄さんとシャアさん…どうしたの?」
アムロ「とりあえずこのAI達の話を聞くんだ」
AIa「僕たちは恋愛感情がない人なんかに作られても」
AIb「完璧になるなんて思えません!」
セレーネ「なっ!?確かに…」
アムロ「セレーネ…今からスウェン君とデートにでも…」
セレーネ「ええ、行ってきます!」
シャア「ナナイ、メイクを頼むぞ」
ナナイ「はい。お任せください」

918 :2人は兄弟のキューピッド!? マイ編:2008/07/17(木) 23:58:00 ID:???
アムロ「マイ…モニクさんとはどうだ?」
マイ「モニクさんは同僚でもかなり素晴らしい人です」
シャア「…(あれ?案外脈ありなんじゃないか?)」
マイ「とにかく仕事が上手で見習わせてもらってます」
アムロ「くっ、お前は女性に興味はないのか?」
マイ「今は仕事一筋ですね。恋愛には手が回りません」
シャア「だがマイ君、本当に仕事ができる男性は」
アムロ「女性と付き合う余裕ができるはずだ」
マイ「別に余裕なんかなくても…」
アムロ「そうやって会社の空気が悪くなるんだ!」
シャア「モニクさんとの空気が悪くなれば広がる」
マイ「し、しかしならばどうしろと言うんですか?」
アムロ「まずは今からデートだ」
シャア「では、まずは身だしなみからだな」
マイ「は、はぁ…」
アムロ「とりあえずブライトを呼んできた」
ブライト「では、俺が手伝わせてもらうぞ」

シャア「さてと…うまくいけばいいな」
アムロ「少しでも興味をもってくれればいいんだ」
シャア「さてと…刹那君はあっさり終わるかな?」

919 :2人は兄弟のキューピッド!? 刹那編:2008/07/17(木) 23:59:13 ID:???
刹那「ガンダムに近づく方法を教えてくれるのか?」
シャア「ああ、アムロと付き合いが長い私にはわかる」
刹那「ぜひ教えてくれ!感謝する」
シャア「とりあえず窓の外を見たまえ」
刹那「アムロ兄さん…と金髪の女性…?」
シャア「あれもガンダムにはなくてはならないものだ」
刹那「つまり…女性をエスコートするのか?」
シャア「話が早いな。そうだ、君も少しは勉強したまえ」
刹那「わかった…今からマリナと会ってくる」
アムロ「そうか、ようやくわかってくれたか」
刹那「いつの間に!さすがガンダム!」
シャア「ただ会うのはいかんな…アルテイシア」
セイラ「はい、わかりました。礼儀作法を教えます」

アムロ「やったなシャア!」
シャア「ああ…こうもうまくいくとは…」

920 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/18(金) 00:01:46 ID:???
さて、このままつまらないオチを載せるべきか…
それとも少し変えて、シャアに活躍させるべきか…

921 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/18(金) 00:11:09 ID:???
職人がネタ以外で語るな

922 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/18(金) 00:20:26 ID:???
>>905
>ウッソ「僕もファラ先生みたいな人がお嫁さんだったら怖いなぁ」
ジュドー「いや、あの人彼氏のメッツェさんの前では優しいらしいぞ」
ガロード「え!?彼氏いたの?」
メキョッ
カミーユ「ロラン、怪我人一人追加だ」
ドモン「おお、なかなかのギロチンだ。ガンダムファイターでも避けるのは難しそうだな。」

923 :2人は兄弟のキューピッド!? シャア編:2008/07/18(金) 00:25:42 ID:???
シャア「ではまずは刹那君の様子を見てこよう」
アムロ「頼んだぞ」

シャア「ふむふむ、意外と普通のデートじゃないか」

ネーナ「あっ!せっちゃんだ」

シャア「いかん!邪魔はさせない!」
ネーナ「邪魔よ!せっちゃんが見えないじゃない!」
シャア「すまないが彼は今忙しい。後にしてくれないか?」
ネーナ「いやよ!そこをどいて!」
シャア「どかないさ…」
ネーナ「どいて!!無理やり通らせてもらうわ」
シャア「ぐっ…がはっ…うぐっ」
ネーナ「なんで攻撃を避けないのよ…MSがボロボロよ…」
シャア「ここで動いたら周りに迷惑がかかるからだ」
ネーナ「っ!今日はあなたの言うことを聞くわ」
シャア「アムロ…刹那君は大丈夫だぞ」
アムロ「そうか…次はマイを頼みたい」
シャア「了解した」

924 :2人は兄弟のキューピッド!? シャア編2:2008/07/18(金) 00:28:01 ID:???
シャア「マイ君も大丈夫なようだな」
アムロ「シャア!ヅダがまた事故を起こした!」
シャア「何!いかん、ミノフスキー粒子散布!」

ワシヤ「ダメです、2人とも繋がりません」
プノホロウ「仕方がない、我々だけで頑張ろう」

アムロ「OKだ。作戦は成功したようだ」
シャア「了解!続いてセレーネ君のところに向かう!」

シャア「セレーネ君には何の問題もなさそうだな」

ソル「セレーネ!なんで僕を忘れてるんだい!」
シャア「…疲れてきたよ」
ソル「む、そこの人。すみませんがどいてください」
シャア「すまない、これが仕事なのでな…どけない」
ソル「なら無理やり行くまでです!」
シャア「またMSがパーか…ナナイに叱られるな…」

アムロ「シャア、大丈夫か?」
シャア「ああ、無事にデートは済んだようだ」
アムロ「いや…お前の体を心配したんだが…」
シャア「大丈夫だ。まだ…終わらない…さ」バタッ!
アムロ「シャア!?大丈夫か?返事をしろ!」

綺麗なシャアの苦労な終わりにしました。
明日あたりに後日談を書きます

925 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/18(金) 00:46:50 ID:???
>>922
ぱられるぱられる〜

ウッソ 「ルペ・シノ先生だったらお風呂を一緒に……」
シロー 「お前まだそんなことを!」
ロラン 「兄さん、待ってください…ああ、すでにミンチに。覚えてらっしゃいませんか?
     ルペ・シノ先生は保育園の先生で園児にお風呂の入り方を教えてくださる方ですよ」

アル 「俺らもあの先生に習ったよ」
シュウト 「ねー」
シロー 「あ!」

926 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/18(金) 07:54:27 ID:???
>923
君の中では刹那がマリナと添い遂げる事になってるのか?
ほのぼのGJだが後日談気になる。急かしはしないから、ゆっくり頑張ってくれ(^_-)

>925
GJだが、一連の流れでシロー兄さんがキレてる理由がイマイチ解らん;

927 :2人は兄弟のキューピッド!? 後日談編:2008/07/18(金) 08:17:28 ID:???
アムロ「シャア、怪我は大丈夫か?」
シャア「ああ、問題ない」
アムロ「シャア…あの作戦は失敗だった…」
シャア「いったい何があったんだ?」
アムロ「実は…

セレーネ「兄さんの言うとおりにしたらダメだわ」
アムロ「なっ!?なぜそんなことを言う?」
セレーネ「会社のAIが感情をもちすぎるし…」
アムロ「だが感情がないと完璧なAIでは…」
セレーネ「何よりソルがなぜか機嫌が悪くなるのよ」

アムロ「とか言ったり、マイは…

マイ「兄さん、やはり僕には女性と付き合う余裕がありません」
アムロ「なぜだ!まさか…昨日会社に行かなかったからか?」
マイ「はい、遊んでいて電話に出れなかったのは問題でした」

アムロ「そして刹那まで…

刹那「兄さん、俺はガンダムにはなれない…」
アムロ「なぜだ!?なぜお前たちは皆そうなんだ!」
刹那「昨日だけは平和だが、今日からネーナがしつこい」
アムロ「ならネーナ君とも遊べばいいじゃないか?」
刹那「複数の女性と関係をもつのはよくないと習った」

アムロ「シャア…俺はもう疲れたよ…」
シャア「なら2人で仲良く入院するか?」
アムロ「それはイヤだ!俺は帰るよ」
シャア「頑張れよ」

終わり

928 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/18(金) 09:31:12 ID:???
昨日の銀魂みて、この兄弟がサバイバルしたらどうなるかと考えたが
逞しい奴が多いんだよな・・・

929 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/18(金) 09:57:20 ID:???
2期に入ったら刹那とマリナで砂糖を降らせる事になるんだろうか?
今ん所砂糖降らせる事があるのはガロティファ、最近キララクか。
他に誰かいたっけ?

930 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/18(金) 10:13:02 ID:???
ガロード「シロー兄の所には負けるから」
キラ「全世界ネットで大告白やらかした人も、忘れちゃダメだよね」
ガロード「シーブック兄も、けっこうオアツイし…」
キラ「シュウトと、キャプテン?」

ガロード「………キラ兄、あんまシャクティから本借りないようにな?」
キラ「え…あ、うん…」

931 :927に便乗:2008/07/18(金) 10:13:02 ID:???
>刹那「昨日だけは平和だが、今日からネーナがしつこい」
>アムロ「ならネーナ君とも遊べばいいじゃないか?」
>刹那「複数の女性と関係をもつのはよくないと習った」

アムロ「いや刹那、複数の女性と円満に関係を持ってこそ真のガンダムに近づけるんだぞ」
刹那「真の…ガンダム…でもドモン兄さんやシロー兄さんやキラ兄さん、それにヒイロやガロードは
    現時点において一人の女性年としか付き合っていない。彼らは真のガンダムではないのか?」
アムロ「う…いやそれは…」
シャア「ははは…アムロ、弟君に一本取られたな」


932 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/18(金) 10:54:13 ID:???
円満つても恋愛関係だけじゃないでしょw
友人関係も大事、エニルやパーラにアレンビーにノインその他に仲良くしてない兄弟達か?

933 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/18(金) 10:55:38 ID:???
本編のアムロ兄さんはシャア以外とはそれなりに円満にやってけるからな

大人として当然かw

934 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/18(金) 11:02:12 ID:???
>928
過去スレ見てこい。兄弟追加前だが一応決着してる。でもまぁ、新しく書くのもアリかもしれんな。
あ、そう言えばそろそろ次スレ誰か準備してくれないかな…俺は携帯だからできん。

935 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/18(金) 11:12:56 ID:???
自分928じゃないけどサバイバルネタは小ネタ以外であったっけ?
サバゲーネタはあったけど
サバイバルってちょっと野生的なキャンプだろ?

936 :934:2008/07/18(金) 11:19:47 ID:???
>935
スマソ、俺が勘違いしてたんだ…サバゲーネタのコトかと思って勝手なコト言ってしまったな…
そっちなら誰も書いてないと思ったな。
ソレはそうとして、ドモンに天驚拳食らって名無しに戻る。

937 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/18(金) 11:38:13 ID:???
敢えてサバイバル得意そうなメンバーを排除するとか
シロー、ドモン、ヒイロ、ガロード、ジュドー抜き

938 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/18(金) 11:40:28 ID:???
セレーネ、キラ、カミーユはあまり役にたたなそうだけど(スマソ
アル&シュウトと一緒の5人でサバイバルだったらがんばりそう

キャプテンは留守番で

939 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/18(金) 11:54:56 ID:???
アムロとマイも役にたたなそうだな

940 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/18(金) 12:00:50 ID:???
つ アクシズ一家

941 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/18(金) 12:05:02 ID:???
アムロ 「とりあえず食材を取ってくるよ。(銛を持って)
    スカート付きか(←エイのこと) 一つ、次(ry 八つ。九つ(ry」
マイ 「ぜ、全滅?12匹のエイが全滅?3分もたたずに?…
    でも兄さん。エイを使った料理なんてできるんですか?」
アムロ 「あ!」

942 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/18(金) 12:14:11 ID:???
役立たずなアムロのところにシャアが来て
シャア「君を笑いにきた」
と言わせたくなるじゃないか。やりてえw


さて、現在兄弟でGCBやらせるネタを執筆してます。
予告編をどーぞ

アムロ「シャア…これはどうしたんだ?」
シャア「セ○とバ○ダイから買ってきた」
アムロ「なぜ4台も買う必要がある!」
シャア「最低でも4台からしか買えないからだ」
アムロ「俺を呼んだ用件はこれか…?」
シャア「ああ、兄弟で大会をしてもらいたくてな」
アムロ「そんな簡単にできるわけないだろ」
シャア「まあ、やってみたまえ」
アムロ「ふん、1回だけだぞ」

アムロ「…というわけだ。すまんがやってくれ」
シロー「それはいいんですが…兄さんポケット…」
シーブック「カード見えてますよ」
アムロ「と、とにかく大会にでてもらう」

アル「じゃあ今のうちに練習だね」
シュウト「でもお金はどうするの?」
ウッソ「ロラン兄さんとシャアさんの家に行きましょう」
ロラン「仕方がないですね…特別ですよ」

キラ「ふむふむ、今はハムロが強いのか。よし早速…」
シン「あんたって人はぁ!ズルするのは卑怯だ!」
刹那「真のガンダムが強いのは当然だ。問題ない」

943 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/18(金) 12:16:31 ID:???
マイ「やっぱり使われない機体で勝ちたいですね」
ドモン「俺はアッガイで勝ち抜いてやる!」
セレーネ「私は…BDでいこうかしら」
カミーユ「じゃあ俺はシャアを使う」

ヒイロ「俺は…普通にユウを使わせてもらう」
ジュドー「プルが見に来るのか…赤い機体にしよう」
ガロード「じゃあ俺はG04でいくよ」


????「我々の一部が出ているゲームの大会だ」
???「隊長に全てを任せます」
???「正拳突きを見せてあげてください」

続く…

944 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/18(金) 12:51:44 ID:???
さあ、ついに外伝キャラが来た
楽しみだなー

945 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/18(金) 13:35:00 ID:???
避難所に行けないんだが…「ログインしる!」って出る…
んなもん必要だったっけ?

946 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/18(金) 13:40:09 ID:???
普通にアクセスできるよ

947 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/18(金) 13:45:43 ID:???
ひょっとしたら何かの規制か?次スレ立てる人いないのもそのせいかな…

948 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/18(金) 13:53:45 ID:???
ああ、そんなもんもあるか…大人しく待つよ。

949 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/18(金) 16:46:39 ID:???
ニッキ「…………………ハァ」
シャル「ま、まあ元気出してよ、ほら、ヅダは出ているから」
ニッキ「…いいよ、装甲値低いし勝手にHP減るし…」
シャル「そんな根暗になんないでよ〜」

ゲラート「部下のほとんどがあんな感じでさ…」
マスターPレイヤー「私の所もそうだよ…」
マイ「僕のビグランクはいつ出るんでしょうか?」
アル「それより僕の声がへんなんだけど…」

シャア「ココに逃げ込めば」
ハマーン「逃げられると思ったか?シャア!!」
シャア「っげ、ハマーン!!!」


950 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/18(金) 17:18:02 ID:???
しかし>>937みたいにナチュラルに刹那を忘れてるの見ると、
このスレ00見てない人多いな〜と真面目に悲しくなるオレ00厨。

951 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/18(金) 17:29:37 ID:???
>950
ここは旧シャア板だしね
そういうときは刹那も小さい頃からサバイバルしてたんだよとネタで書けばいい
見てない人に知って貰うにはネタで書くのが一番…オレはそうしてるよん

952 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/18(金) 17:37:16 ID:???
ガロードはこのスレでも幼少時代は兄弟と離れて一人で生きてきたようだし、
ヒイロはここでも原作とそう変わらない描写がある。ドモンは言うに及ばず。
それぞれちゃんとこうしたネタがあるから、サバイバルが強くても当然という評価を受けている。
要はネタ次第だと思うよ。

953 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/18(金) 17:58:09 ID:???
>>950
サバイバルじゃないだろ
刹那は傭兵に育てられただけであって
そのレベルでのサバイバルなら軍人経験者なら全員通る

954 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/18(金) 18:20:03 ID:???
シローも軍人経験だけならそういわれなかったんだろうけど、配備が東南アジアの密林地帯だったからなぁ…

955 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/18(金) 18:24:00 ID:???
まぁ砂漠地帯でのサバイバルなら刹那に分があると見る
唯一の中東出身だし

刹那「砂漠では迂闊な動きが死に繋がる」
コウ「いや、ここ鳥取砂丘だしダイジョブじゃないかな…」

956 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/18(金) 18:36:57 ID:???
トリアーエズ日付が変わったら次スレを建てるよ
テンプレは今のところ現行のままで
追加・修正案があるならこちらへ
http://axiz.fcpo.net/test/read.cgi/axiz/1049403320/l50

957 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/18(金) 21:46:39 ID:???
HTTP 403 アクセス不可

なぜだ?なぜ繋がらないのだ?これまでこのスレに何度も投稿してきて追加案もあったりするのに
なぜ避難所は俺を拒否し続けるのだ……
ん…… 俺の涙か……

958 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/18(金) 21:55:51 ID:???
シローは学徒兵じゃなかったっけか
大学から士官待遇で移籍とかの

959 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/18(金) 22:17:58 ID:???
本編のシローは正真正銘、軍人志願で士官学校を卒業した正規の軍人さん。
戦時中だったから、ひょっとしたら卒業の前倒しはあったかもしれんが、
前線の実戦部隊を任されたことから、少なくとも正規の訓練はすべて修了しているはず。


960 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/18(金) 23:32:48 ID:???
>>957
その追加案をとりあえずここに投稿してみたら?
むこうでもまだ案は出てないみたいだし…

961 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/19(土) 00:14:51 ID:???
トリアーエズ建ててみるよ
追加テンプレ案を仮実装してみる

962 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/19(土) 00:18:51 ID:???
駄目だった・・・
誰か・・・俺の屍を乗り越えてスレ建てしてくれぇぇぇぇぇっ!!!!


テンプレ(特に前スレの部分http://anime3.2ch.net/test/read.cgi/x3/1214667377/)間違えるなよ!

963 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/19(土) 09:43:06 ID:???
>>928
むかしむかしガンダム兄弟は〜
助けたアッシマーに連れられてー
竜宮城にいっ……

ザザーー


アムロ「……ここは?」
ザザー
アムロ(そうだ、たしか竜宮城にいく途中で空中分解して……マイに修理などさせるから!!
     ええい、言ってる場合か!他の兄弟は?ここはドコだ?)
テクテクテク……
アムロ(誰もいない……ま、まさか無人島か?くそ、無線は……ええい、この程度の海水で……!!
     俺だってNTだ、この際シャアでもいい、気付け!!)
キュピーン
アムロ「……だれも反応してくれない……」
アムロ「もしこのまま誰も助けが来なかったら……」
アムロ「ダメだ!ネガティブに考えるな!!ポジティブになるんだ!俺は一人ぼっちじゃない、周りに人がいないだけだと考えるんだ!!
     社会の色んなしがらみから解放されたんだ!!見ろ!この青い空!広い砂浜!そうだ、普段ならやれないことだってできる!!」

アムロ「麗き乙女の純情を汚す輩は私が許さん、アデュー!
     戦いの中にあって友情の放つ輝きは常に美しい……さらばだ!」
アムロ(キザな台詞を叫んでみるっていうのもやってみるとカッコイイもんだな。よし、今度はこの葉っぱで仮面を作って……)


アムロ「ドコの誰だか知らないけれど、乙女はみんな知っている……白い悪魔見参!」

コウ「そう、宇宙を手に入れるのだ。失った物の大きさを思えば、せめてそれくらい手に入れなくて、どうするのか!」


アムロ「………」
コウ「………」
アムロ「………」
コウ「………」
アムロ「……お互いに見なかったことにしよう、な」
コウ「はい」

964 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/19(土) 12:24:35 ID:???
銀魂かよwww

965 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/19(土) 12:47:59 ID:???
ワラタ

966 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/19(土) 12:54:51 ID:???
>>963
タキシード仮面とラインハルト?

967 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/19(土) 14:24:58 ID:???
「何処の誰かは知らないけれど、乙女はみんな知っている、白い○○見参」

キラ「エロ大名がこんな風に言うと無駄にエロい、そしてグロい」
ウッソ「ほんとですよね〜」
アムロ「…お…ま…え…ら………」

ジュドー「あ、ありのままのことを話すぜ、みんなが寝静まった夜、
     キラ兄とウッソの部屋に入った時、とても凄い者を見たんだ
     あれはAIフェチとか勇者王とか空中分解とか明鏡止水とかファイナルフラッシュとか
     ゼータの発動とか質量のある残像とか月光蝶とかヒナミザワ症候群とか逆ギレとか
     ガンダムとかダンボール自爆装置とかサテライトラブラブキャノンとか
     光の翼とかバーニィ特攻とか獅子の牙とか、
     そ ん な チ ャ ッ チ な 物 じ ゃ ね え 
     もっと恐ろしい物の片鱗を味わったぜ…な、何を言っているか自分でもわからない…」
アムロ「そこにいたのか…ジュドーそんなに僕の株を落として面白いかい?」
ジュドー「げっっっっっっっ………………」
アムロ「怖くて動けないかい?ふふ、情けない奴………」
 そ し て 誰 も い な く な っ た 

BGM 
最終鬼畜長兄〜アムロ・レイは白い悪魔なのか〜

968 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/19(土) 16:36:23 ID:???
ティファ「いつも立ててもらったのを使うばかりだったので、
     初挑戦してみる、と書いてる人が言ってます」
ガロード「避難所にアクセスできないってことなんで、
     テンプレはほぼそのままで行くってさ」
パーラ「よーし、ここまで言っとけば後には引けねぇだろ!
    どーんと氏んでこい!」

969 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/19(土) 16:46:49 ID:???
シャギア「『ERROR:新このホストでは、しばらくスレッドが立てられません。
      またの機会にどうぞ。。。』」
オルバ「おやおや、あれだけ大口を叩いていてこれだよ、兄さん」
シャギア「そう攻めてやるな、オルバよ。
     人生何事も失敗はある」
オルバ「どうしたんだい? 随分優しいじゃないか」
シャギア「いや、こう言っておけば、レス主がどう応えてくれるか、実に楽しみだ。
     そう思わないか、オルバよ」
オルバ「ふふっ、相変わらずで安心したよ兄さん」

キッド「つーわけで、早い話が失敗したらしい。
    レス主はくたばったみたいだから、誰か頼むぜ!
    んじゃぁ、よろしくな!」

970 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/19(土) 17:11:19 ID:???
今テレ東見てたらアムロ兄さんの中の人が最高の味噌・具を集めて日本一の味噌汁を作るという番組でナレーションをしていた。
特に意味はない。

さっきまで0080のDVD借りて久々に見てたのだが、アルもバーニィもクリスもそろってゲジゲジ眉毛だったことに気づいた。
犯人は(キャラデザの)美樹本か。

971 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/19(土) 17:14:43 ID:???
そんなこと言ったらエコール組もゲジ眉だわさ

972 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/19(土) 17:26:14 ID:???
あのレベルの眉をゲジ眉と認識してしまうのは明らかにアニメ脳だろう。
一種の心の病気だよ! テクス先生のカウンセリングを受ければまだ社会復帰の可能性はある。
放っておくとどんどん病状が悪化して、二次元しか愛せない人間に……

973 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/19(土) 18:10:12 ID:???
アニメ、漫画のキャラクターは表情が命だからな。
故に動かしやすいように目が大きく、マユが太くなる。
細い眉だと、大きく動かさないといけないから、逆に漫画チックな表情になるw

バーニィ「まあ、特にクリスのモデルになった女優さんが、
     表情のはっきりした人だったってのもあるけど」

974 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/19(土) 20:01:06 ID:???
シン「そうだ、マユが太くなれば、マユの存在が太くなれば、消し飛ばされなくて済むんだ・・・!」
マユ「ええ〜!?おデブさんにはなりたくないよぅ!」

975 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/19(土) 20:07:50 ID:???
目差せ体脂肪率120%

976 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/19(土) 20:49:07 ID:???
それはもう人間じゃないw

977 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/19(土) 22:22:25 ID:???
120%って完全なメタボリックじゃないかw

978 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/19(土) 22:22:48 ID:???
携帯でもスレを立てることはできる…テンプレはキツいが…
とりあえずスレだけでも立ててきます。
テンプレはお願いしてもよろしいでしょうか?

979 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/19(土) 22:26:04 ID:???
アムロ「偉そうなことを言ってたくせに>>729め…」
シャア「落ち着けアムロ…>>729はすでに反省している」
ゲラート「早く>>729は我々が出る」
レイヤー「作品を書き上げるんだ!」

すいません失敗でした…大人しく執筆作業に戻ります…

980 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/19(土) 22:29:10 ID:???
>>979のミスです…ダメだもう今日は大人しく寝よう…

アムロ「どうせ優勝するのは俺だよ」
??「自惚れるな。そのカードの性能ということを忘れるな」
アムロ「あ、あなたは!?」

CMかな?

981 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/19(土) 22:29:34 ID:???
>>978に続いてやってみたが、俺もダメだった。

982 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/19(土) 23:21:53 ID:???
とりあえずスレ立てだけすればいいのか?
それで良いならやってみるが……

983 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/19(土) 23:25:38 ID:???
立てさせて貰いました、と

歴代主人公が兄弟だったらpart27
http://anime3.2ch.net/test/read.cgi/x3/1216477481/

後のテンプレは頼…んだ……

984 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/19(土) 23:26:58 ID:???
スレ立て乙です

985 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/19(土) 23:27:39 ID:???
>>983
無茶しやがって・・・
とりあえず俺は力の限りテンプレを貼る

986 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/19(土) 23:27:41 ID:???
テンプレやろうか?

987 :986:2008/07/19(土) 23:28:45 ID:???
>>985
先のようだ、任せます

988 :985:2008/07/19(土) 23:30:59 ID:???
と、思って貼ろうとしたら誰か先に貼ってる人がいるようだテンプレはその人に任せよう

989 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/20(日) 04:22:42 ID:???
ステラ「乙♪」


990 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/20(日) 17:12:01 ID:???
ならば!千取り合戦、レディィィィゴーォォォォォ!!!!

991 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/20(日) 17:15:36 ID:???
メリーベル「ギムー! >>1000取りだって! あはははは!!」

992 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/20(日) 17:59:13 ID:???
シャア「よし、>>1000は私が…」

993 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/20(日) 18:13:54 ID:???
アムロ「とりあえず、シャアに取られるのだけは阻止だ」

994 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/20(日) 19:05:50 ID:???
ギンガナム「絶 好 調 で あ る !!」

995 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/20(日) 19:08:03 ID:???
クワトロ「まだだ! まだ終わらんよ!」

996 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/20(日) 20:16:10 ID:???
996

997 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/20(日) 20:25:04 ID:???
ヒイロ「>1000ならばリリーナがまともな料理を…」
リリーナ「ヒイロ?どうしました?」
ヒイロ「…任務失敗、自爆する」

998 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/20(日) 20:39:09 ID:???
ガロード「もし>>1000だったら…」
ウッソ「シャクティの性格がまともに…」
シャクティ「私がなにか?」
ガロード・ウッソ「ヒッ!?」


ティファ「>>1000だったら…次の世界でも皆が仲良くできますように…」

999 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/20(日) 20:41:17 ID:???
シーマ「もし>>1000ならコウは、私のもの」

1000 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/20(日) 20:42:46 ID:???
迂闊な1000取りは死に繋がる

1001 :1001:Over 1000 Thread
あなたの来るのが遅すぎたのよ・・・
このスレッドはもう1000を超えたわ・・・
  , -v-、
 ( _ノヾ )☆.。.:*・゜    ☆.。.:*・゜
 O ・_ ・ノ)
 /^ ¥ ^\           ∧_∧ 新スレを立てればいいじゃないか
 7    ヽ~~  ☆.。.:*・゜(・∀・ )
  '〜〜〜'          ⊂  ⊂ ) ☆.。.:*・゜
   U U            (_(_つ        シャア専用classic@2ch掲示板
☆.。.:*・゜      ☆.。.:*・゜          http://anime.2ch.net/x3/

449 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)